スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党は、何を考えての外交か

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


民主党には鉢呂氏曰わく独自の外交政策など無いそうだが、それにしても酷い。最近は相次いで日本周囲の仮想敵国と考えるべき特亜やロシアとなにやら画策している。キジルシ鳩の東アジア共同体構想は、あまりの発想の酷さに民主党内でももう誰も相手にしていないと言われているのだが、民主党のやっていることを見ると、相手にしていないというのは表向きで、実際はどんどんその構想を進めているのではないかとの疑いさえ出てくる。

前原口だけ番長が先日ロシアに行ったが、領土問題に決着を付けると言っていた。しかし、出てきた話はガス供給であり、領土問題についてはロシア側から絶対に日本の要求が通ることはないと、声明が出された。

そのガス供給についてだが

赤文字は引用


ロシアから稚内にと前原氏、天然ガスパイプライン検討

【モスクワ共同】民主党の前原誠司政調会長は3日午前(日本時間同日午後)、ロシア政府系天然ガス独占企業「ガスプロム」のメドベージェフ副社長とモスクワ市内で会談し、ロシアから日本に天然ガスを供給するパイプライン敷設の可能性を日本政府が検討する方針を伝えた。会談後の記者会見で明らかにした。会談で前原氏は「北海道の稚内につなげることができる」と指摘。副社長も「技術的に実現可能だ」と応じた。

サハリン2に就いて少し調べてみるとよく分かるが、サハリンで開発されたガス・石油設備は、日本の会社とロシアの会社が共同で受注し、実際には日本の技術で生産にこぎ着けた。

wiki サハリン2

に依れば、当時のソ連政府が、国際的に開発に対する出資を募り、この事業を実施するサハリンエナジー社に対し、出資比率は英蘭シェルが55%、三井物産25%、三菱商事20%であり、開発にかかる総費用は当初約200億ドルと見積もられた。また、製品の輸入は、当時日本の総輸入量のそれぞれガス4%、石油18%が見込まれていた。

しかし、施設が完成した直後、環境汚染問題が突如持ち上がり、開発が中断され、その後サハリンエナジー社の株を、ロシアの国営企業ガスブロムが全株の50%+1株を買い取り、結果として英蘭シェルが55%から27.5%-1株に、三井物産25%から12.5%、三菱商事20%から10%に減少となった。

これは環境に口実を借りた明らかな詐欺であり、そもそも、最初から海外3社の持ち株が100%であったのだから、増資する場合同じ比率で三社が株を受け取る権利があるが、大体は話し合いで新株の持ち株比率が決まる。しかし、全く第三者であるロシアの国営企業が割り込んできて全株の50%以上を強制的に保有してしまうのは、明かな違法行為だろう。当初の契約がどうだったか分からないが、そもそもソ連の法律を信用して出資した方が馬鹿だと言うことになる。

そして、領土問題を巡って、その気になれば日本を20分で消滅させられるとうそぶくロシアと、今回ガス供給について合意したという民主党の馬鹿さ加減が理解出来ない。

それでなくとも当初日本に供給するはずだったサハリンのガスは、後から割り込んだ中国に優先されていると言う話もある。そもそもガスはロシアにとって戦略製品であり、つい最近もロシアからのガスに頼っているリトワニアに逆らうなとばかりにガスパイプラインの元栓を閉め、それを脅威に感じた欧州が原発ルネッサンスに動いたのだ。いまも欧州の多くがロシア産のガスに依存している事実は変わらない。

エネルギーは国家の存続に関わるものだが、それをロシアに握らせて良いのか。何度裏切られれば気がつくのか。いや、民主党は学ぶと言うことをしない。何度でも同じ事をするだろう。

それも慌てふためいてエネルギー確保をしなければならなくなった馬鹿政権の思いつきでしかない。その場しのぎのための前原ロシア訪問ではないのか。

たしかに、日本のエネルギーは逼迫している。


(情報提供:共同通信社)

枝野経産相「関西電力管内の計画停電計画を」


枝野経済産業相は3日、BS朝日の番組収録で、今夏に大幅な電力の供給力不足が見込まれる関西電力管内について「計画停電の計画は立てないといけない」と述べ、計画停電の用意を進める方針を示した。

今更枝野氏の無責任さを嘆いても仕方がない。どうしてこんな羽目になったのか、その張本人が、人ごとのようにこのようなことを言うのだ。その前に土下座をして自らの間違いを謝罪し、あと二日後に原発ゼロになる日本の今の惨状は、自分たちの罪ですと認めるべきだ。認めても馬鹿さ加減が治るわけではない。だからこんな事をやっている。

日露原子力協定5月に発効で合意

2012.4.3 22:18
 玄葉光一郎外相は3日、ロシア国営原子力企業ロスアトムのキリエンコ総裁と外務省で会談し、日本とロシアの原子力協定を5月3日に発効させることで合意した。使用済み核燃料から取り出したウランを再度燃料として使うため再濃縮をロシアに委託するのが主な目的。

脱原発なら、何故ウランの再濃縮が必要なのか。なぜロシアなのか。ロシアが誠心誠意日本との約束を守ると何故そんなに思いこめるのか。ロシアは歴史上常に他国を裏切り、そして日本を裏切ってきた国ではないのか。

そして民主党の馬鹿さ加減は、事もあろうにキムチ国債、ザーツァイ国債の購入まで巨額のばら撒きをする始末だ。

韓国国債の購入表明 日本、中韓と投資促進合意

 【マニラ=杉原淳一】日本、中国、韓国は3日、東南アジア諸国連合(ASEAN)との会議に先立ち、財務相・中央銀行総裁会議を開いた。3カ国は相互に国債投資を促進することで合意し、日本はこれまで保有していなかった韓国国債の購入を表明した。金融・経済分野での協力強化が狙いだが、人民元の国際化など為替政策の議論には踏み込まなかった。
 
 日本がキムチやザーツァイ国債を買って何の意味があるのか。経済的な結びつきを今この特亜と強めて、食い物にされる以外の何か効果があるのか。
 
 最近も象徴的なニュースがあった、日本で米菓の大手、亀田製菓が、韓国の農心と提携し、技術提供や共同販売をするそうだ。このニュースが伝えられるや、ネットでは大問題となり、亀田製菓のブログコメント欄が大炎上しているとのこと。ほとんどが、がっかりした、もう亀田の菓子は買わないと言う物だそうだ。
 
 そもそも農心とは、韓国で日本のカルビーや森永の製品をそのままパクって韓国開発のスナックとして売り大きくなった会社であり今でも多くの韓国人は、セウカンがかっぱえびせんのパクリ、ペペロがポッキーのパクリとは知らないと言う。それだけではない。ありとあらゆると言っていいほどの日本の菓子が韓国でパクラれている。
 
 さらに、農心は創業以来、多くの異物混入事件を起こし、韓国内でも非難されているのだ。ネズミの頭やゴキブリ、穀象虫、蛆虫など何度も製品から発見され、役所から指導を受けているのにいっこうに改善しない会社だ。
 
 農心にしてみれば、亀田製菓と提携することでブランド力があがるかも知れないが、亀田製菓は、単に国際化したいと言うだけの思惑でこんな札付き韓国企業と結びついた。国内では今まで築いてきた信用が音を立てて崩れている。亀田のお菓子を愛好していた人間が大量に離れてゆくだろうし、このようなことは口コミで広がる。
 
 テレビ局が韓流をごり押しした結果、今のテレビの視聴率低下は隠しようがない。同じ事が亀田製菓に起きる。数年もすれば亀田製菓は心底それを理解するだろうし、そして数十年間で築き上げてきた信用も、一度失えばそれを取り戻すのは前に倍する年月がかかる。
 
 そして日本経済も同じようなことをやったわけだ。

政府、韓国国債を初購入へ…年内に数百億円規模

 会議には日本から安住財務相と白川方明(まさあき)日本銀行総裁が出席した。会議終了後、安住氏は国債持ち合いについて「通貨の信用と3か国間の信頼を深めるために有効な方法だ」と意義を強調した。
 
 特亜の通貨の信用力アップには確かに役立つだろう。だが、日本の信用力は不良債権を買ったと言うことでそれだけ落ちる。亀田製菓と同じ後悔を、今後日本がすることになる。

上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。



ロシアから稚内にと前原氏、天然ガスパイプライン検討

【モスクワ共同】民主党の前原誠司政調会長は3日午前(日本時間同日午後)、ロシア政府系天然ガス独占企業「ガスプロム」のメドベージェフ副社長とモスクワ市内で会談し、ロシアから日本に天然ガスを供給するパイプライン敷設の可能性を日本政府が検討する方針を伝えた。会談後の記者会見で明らかにした。会談で前原氏は「北海道の稚内につなげることができる」と指摘。副社長も「技術的に実現可能だ」と応じた。


(情報提供:共同通信社)

枝野経産相「関西電力管内の計画停電計画を」


枝野経済産業相は3日、BS朝日の番組収録で、今夏に大幅な電力の供給力不足が見込まれる関西電力管内について「計画停電の計画は立てないといけない」と述べ、計画停電の用意を進める方針を示した。


 関電管内の供給力不足を巡っては、政府は今夏の電力需給を検証する有識者会議で2日、節電の上積みなどを見込んでもピーク時に約15%不足すると指摘した事務局案を提示した。

 枝野氏は「(供給力不足が)15%というレベルだと、節電をしてもらっても足りなくなる可能性がある」と述べ、関電管内における計画停電の備えの必要性を強調した。

(2012年5月3日22時12分 読売新聞)


日露原子力協定5月に発効で合意

2012.4.3 22:18
 玄葉光一郎外相は3日、ロシア国営原子力企業ロスアトムのキリエンコ総裁と外務省で会談し、日本とロシアの原子力協定を5月3日に発効させることで合意した。使用済み核燃料から取り出したウランを再度燃料として使うため再濃縮をロシアに委託するのが主な目的。


韓国国債の購入表明 日本、中韓と投資促進合意

 【マニラ=杉原淳一】日本、中国、韓国は3日、東南アジア諸国連合(ASEAN)との会議に先立ち、財務相・中央銀行総裁会議を開いた。3カ国は相互に国債投資を促進することで合意し、日本はこれまで保有していなかった韓国国債の購入を表明した。金融・経済分野での協力強化が狙いだが、人民元の国際化など為替政策の議論には踏み込まなかった。

 日本は昨年12月に中国国債の購入を表明している。中韓はすでに日本国債を保有しており、日本が韓国国債を買うことで3カ国間の国債持ち合いが成立する。同日会見した安住淳財務相は「通貨の信用と3カ国間の信頼関係を深めるために有効な方法だと思っている」と語った。

 日本にとっては外貨資産の運用先を広げる利点もある。韓国国債の購入金額については「少額からスタートする」(安住財務相)とした。システム対応などの準備があり、実際の購入時期は半年以上先になる見通しだ。

 中国は4月に人民元の変動幅を拡大したが、今回の会議では「それぞれの国からの報告、合意文章の作成が中心だった」(安住財務相)ため議題に上らなかった。

 会議には今回から初めて中銀総裁も参加した。同時期に中国内で米中戦略・経済対話が開催されていることから、中国の謝旭人財政相と中国人民銀行の周小川総裁は欠席し、それぞれ代理を立てた。



政府、韓国国債を初購入へ…年内に数百億円規模

【マニラ=鎌田秀男】日本政府は、韓国の国債を初めて購入する


 。規模は数百億円の見通しで、年内にも始める。マニラで3日開かれた日中韓の財務相・中央銀行総裁会議で、3国が互いの国債を持ち合うことで合意した。日中韓が経済面の結びつきを深める狙いがある。

 会議には日本から安住財務相と白川方明(まさあき)日本銀行総裁が出席した。会議終了後、安住氏は国債持ち合いについて「通貨の信用と3か国間の信頼を深めるために有効な方法だ」と意義を強調した。日本は昨年12月に野田首相が訪中した際、中国国債の保有を決めた。今年3月に中国当局から650億元(約8200億円)の購入許可を受け、年内にも買い始める。中韓両国は既に日本国債を保有している。

(2012年5月4日16時47分 読売新聞)
スポンサーサイト

コメント

もう5月

敦賀原発の件では、未だに供給を増す具体案がないと、あの元官僚の方がやっていましたね。もう少しマトモな方かと思っていましたが、あにはからんやの感を否めません。
あと2ヶ月もしない内に真夏となるのに、大掛かりな供給設備等出来る訳ないのに。
中高生の頃の普段怠けて試験前日の一夜漬けを思い出します。
でもこちらは赤点追試は許されません。
原発を停止した時に再稼働を考えねばならぬのは、列車高速化に対して如何に停車を考えるかと同じで、私達の体に交感神経と副交感神経があるのと同じです。
相場をはるにしても、いつ反転するかを見極めるのであって、場合によっては両建て等、一見無意味と取れる手を打つのではないですか。
怠けて間際になってしまったら、間際なりの行動を取るべきでしょう。
電力会社から自分らの求める回答が出て来なければ、株主の影響力を行使すると常々言っているのですから、求め方を変えて誘導すべきでしょう。さもなくば、単なる反原発集団と変わらず、行政としての責任遂行を怠っているに等しいと云えます。
昨年、首都圏で為された所謂計画停電によるユーザー負荷の実態がありながら、能力的に満たされた環境でそれを行う等と云う愚策を取るとでも云うのでしょうか。観光客誘致だ、企業誘致だとは聞いて呆れます。
一方で財政赤字を嘆きながら、企業を赤字ベクトルに追い込み、自ら税収を減らす姿は、蛸が己が脚を食すにも似ています。蛸の脚には再生能力がありますが、自分で喰った場合には再生しない自然の摂理もまたよく出来ているものです。

亀田製菓は何を血迷ったのでしょうね。知らぬ内に変な原料が混じる危険を感じるので、今後は買いません。
そんな所迄は今回考えていないと言われても、そうする事になった場合に告知される保証はなく、それなら買わぬのが安全と思う故です。
ブランドとは如何に確立されるのかを理解していない会社の製品とは、そう評価されても仕方ない事です。
花王はとっくに止めてます。

書き忘れましたが

民主党は何を考えているのかについてですが、

あれはクラゲです。
脳ミソがない生物です。
あちこち漂って、増殖して害を為しています。

もう5月

>2012-05-05 02:49 | あづまもぐら様

>敦賀原発の件では、未だに供給を増す具体案がないと
・・・
>私達の体に交感神経と副交感神経があるのと同じです。

クラゲには無いのでしょうね。調べてみると、クラゲには神経系はなく、全身に神経細胞が散らばっている、つまり刺激に対して場当たり的に反応するだけであって、系統だった反射は出来ないらしいですね。民主党はクラゲだとおっしゃる意味がよく分かります。

>相場をはるにしても、いつ反転するかを見極めるのであって、場合によっては両建て等、一見無意味と取れる手を打つのではないですか。

安全策は必ず用意して置かなくてはなりません。山登りで、命綱を確保してから、確実な足場から離れて岩壁に取りつくだろうに、民主は岩壁に取り付いてから命綱を探す馬鹿です。まあ、橋下氏などは命綱がないのに足場から飛び降りろと言ってますが。

>怠けて間際になってしまったら、間際なりの行動を取るべきでしょう。
>電力会社から自分らの求める回答が出て来なければ、株主の影響力を行使すると常々言っているのですから、。求め方を変えて誘導すべきでしょう。さもなくば、単なる反原発集団と変わらず、行政としての責任遂行を怠っているに等しいと云えます

あの悪性癌が浜岡原発を停めた総理の権限を、原発を動かせと使えばいいでしょう。地元が反対だ鉢の頭だというのも首長が反対派に突き上げられているからであって、政府命令だと言えば、別に政府に責任を押しつけることが出来るんだから、問題はありません。

しかしこの期に及んで、政府は一切責任を取ろうとしません。そして、最大20%の電力削減があるから計画停電もやむなしとあの一級戦犯の枝野氏が言っています。

>昨年、首都圏で為された所謂計画停電によるユーザー負荷の実態がありながら、能力的に満たされた環境でそれを行う等と云う愚策を取るとでも云うのでしょうか。観光客誘致だ、企業誘致だとは聞いて呆れます。

その愚策を採るでしょうね。民意がそうだから俺は知らないと言うだけのこと。その民意を作った責任など、全く自覚していません。

>一方で財政赤字を嘆きながら、企業を赤字ベクトルに追い込み、自ら税収を減らす姿は、蛸が己が脚を食すにも似ています。蛸の脚には再生能力がありますが、自分で喰った場合には再生しない自然の摂理もまたよく出来ているものです。

本当にやることなすこと、確信的に日本を衰弱させる方向に向かっています。馬鹿の振りをして本当は極めて巧妙に宗主国の命令を果たしているとか?
>
>亀田製菓は何を血迷ったのでしょうね。知らぬ内に変な原料が混じる危険を感じるので、今後は買いません。

ええ、私も買いませんし、コンビニでは亀田製品を置かないと決めたところもあるそうです。

>そんな所迄は今回考えていないと言われても、そうする事になった場合に告知される保証はなく、それなら買わぬのが安全と思う故です。

亀田製菓のトップがハニトラにでも引っかかったかと思えるようなものですが、そもそも同業他社の製品をパクル様な会社と組むことは、日本の菓子業界を敵に回すようなことではないのでしょうか。

>ブランドとは如何に確立されるのかを理解していない会社の製品とは、そう評価されても仕方ない事です。

ええ、基本的に彼らはブランド力が何かを本当に理解していないんでしょうね。ブランド力を保つには、客が何を考えているか事前に把握すべきなんですが、もう後の祭りでしょう。今提携を止めるなどと言えば農心の思うつぼでしょうし。

>花王はとっくに止めてます。

フジの花王専用時間帯がとんでもない低視聴率で、花王が激怒しているとか。しかし、花王自身の姿勢を反省している様子はないですね。花王に対する反発も確実にその低視聴率に関係していると思うのですが。

私も花王は買おうと思いません。亀田もやめだ。

他社も、固唾をのんで亀田の行く末を見て居るんじゃないですか?Kの法則を知らないなど、あり得ないと。

書き忘れましたが

>2012-05-05 02:56 | あづまもぐら様

>民主党は何を考えているのかについてですが、
>
>あれはクラゲです。
>脳ミソがない生物です。

ええ、実に納得しました。

>あちこち漂って、増殖して害を為しています。

こんどはオザワクラゲなんてのが増殖を始めたようです。ドジョウもクラゲには勝てないでしょう。

No title

こんにちは。
GWいかがお過ごしですか。

FaceBookで放射能に関するガセネタを真に受ける外国人をよく目にしますが
最近こういう情報を見かけました。

http://quasimoto.exblog.jp/17914296/
元ネタ
http://blog.kuruten.jp/itagakieiken/205490

今のご時世で緘口令が敷けるのか甚だ疑問ですが...

No title

>2012-05-05 12:39 | ひろおじさん様

>こんにちは。

こんにちは。

>GWいかがお過ごしですか。

以前から作りたいと思っていたものがあり、それに取りかかっています。まあ、進展してませんけどね。

>FaceBookで放射能に関するガセネタを真に受ける外国人をよく目にしますが
>最近こういう情報を見かけました。

外国人に限らず何処にでも居ますし、おもしろ半分にデマを振りまく奴も大勢居ます。特亜なんかは成りすましでやりますし。

板垣センセはおそらく何かの病気でしょうね。梶川ゆきこクラスかも。もっとも、デマを振りまいて飯の種にしている輩も居ます。騙されるお花畑もいるでしょうが時間と共に冷めるみたいですよ。

>今のご時世で緘口令が敷けるのか甚だ疑問ですが...

中国や北朝鮮でさえ無理なんですから。地上10センチの物まで見分けられる情報衛星が四六時中飛んでいる現代、そんな箝口令がしけるなどと言うこと自体がデマですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。