スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ、鬱陶しい

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



先頃モナコで開催された国際水路機関総会で、日本海呼称問題に就き結論が出たが、その報道が日韓では大きくニュアンスが異なる。

赤文字は引用

「日本海」単独呼称を維持 国際水路機関総会、韓国側「結論先送り」と反発

2012.4.26 19:19

 世界の海図や海、海峡の名称などを調整する国際水路機関(IHO)は26日、モナコのモンテカルロで開催中の総会で、韓国が「日本海」の呼称を「東海」と併記するよう求めている問題を討議、「日本海」単独呼称のままとすることを決めた。

 日本の報道を見る限り、結論として日本海単独表記が決定されたかのように思えるが、

 韓国代表団はこの決定を「結論先送り」と受け止めており、今後も国際機関の会合の場などで併記実現を働き掛けていく方針。
 
 韓国側の報道では単に併記問題が先送りされ、今回も結論が出なかったかのようなニュアンスになっている。実際はどうなのだろう。
 
IHO、「東海」併記の結論出せず…結局2017年に持ち越し

国際水路機関(IHO)が「東海併記」の国際標準採択について結論を出せず、結局、5年後の2017年に持ち越されることになった。

韓国側の報道は、先送りされただけでまだ決着が付いていないかのような報道しかない。しかし、

IHOは今回の総会でも東海(トンヘ、日本名・日本海)併記問題に結論を出せず、1953年発行の「大洋と海の境界」(第3版)の改訂版も延期される見込みだ。

53年発行の「大洋と海の境界」(第3版)がそのまま使われると言うことは、普通に考えて変える必要がないと判断された、と採るべきではないのか。韓国が言い出した東海とすべき根拠はすべて崩れている。

東海呼称問題:IHO総会で併記認められず

 世界の海、海峡の名称などを調整する国際水路機関(IHO)は26日、モナコで総会を開き、東海(日本海)の呼称問題で、国際標準海図集に「東海」「日本海」を併記することを求めた韓国政府の主張は認められなかった。また、「日本海」と単独表記された海図集の改訂版も刊行しないことを決めた。
 
 IHOは、当事国の合意に基づくべきだと言っているが、事実上日本が合意するわけが無く、つまりは今のままで行くべきだと言っているに均しい。なにしろ、日本が合意しないことは分かり切っているのだから、5年先に蒸し返しても同じ事だろう。
 
 韓国は何を根拠に、今回の決定が持ち越されたと信じ込んでいるのだろうか。決定が持ち越されるには、その決定が正当化される何らかの理由が要るが、それをIHOは日韓の合意だと言っているのだ。韓国が出来ることは日本を説得することだけなのだが、それが可能だと考えているのだとしたら、すでに論理的に物を考える能力がないと言わざるを得ない。

 IHOは今回の総会で、国際標準海図集のうち、「大洋と海の境界」(S-23)の改訂4版の刊行問題を協議した。しかし、東海の呼称問題をめぐる合意には至らず、協議を中断した。これにより、S-23海図集に東海を併記するか否かに関する決定は、5年後に開かれる次回のIHO総会に持ち越された。
 
 日本の、太平洋と反対側の海が日本海であることは、別に日本人が決めたのではない。日本が開国する前、すなわち日本が国際的に命名に関与する前から、自然発生的に日本海と呼ばれるようになっていた。当時、朝鮮の存在感は国際的にはほとんど無く、中国の一地方くらいにしか思われていなかったから、当然日本の名を架したに過ぎない。韓国の言う、2000年間東海と呼ばれていたなど、何処にも記録はないし、第一朝鮮等という存在が2000年前に無かった。西欧の認識通り、日本が下関条約で朝鮮を独立させるまで、事実上朝鮮は中国の一地方にしか過ぎなかった。そして、その中国が東海などと呼んではいなかったのだ。
 
 朝鮮の東にあるから東海だとは朝鮮人が勝手に思っているだけで、日本の東にある大洋を日本洋とは誰も呼ばないし、アメリカの東にある大洋をアメリカン・オーシャンと呼ぶ者は居ない。インド洋をあれはパキスタン洋だとか、スリランカ洋とイチャモンが付けられたことはない。
 
 日帝が勝手に日本海に変えたと言うおとぎ話を信ずる国など無い。だから、53年の海図がそのままでかまわないと結論が出ただけで、それを朝鮮では5年後にまた協議が行われると国内に宣伝しているだけに過ぎないと考えるのは当然だろう。
 
 しかし、内心連中もそれは理解しているのだろうと思う。なにしろ、当事国の合意が条件だと言われ、それが不可能であることが理解出来るなら(尤も日本国内の獅子身中の虫にはそうすべきだという輩もいるのだろう。なにしろ、あのキジルシ鳩は、尖閣列島の領有権は中国と話し合って決めるべきだ等と言い出す始末だから)が、現時点ではその可能性はない。
 
 で、連中が考えた方法は、紙で印刷される地図は駄目だが、今後電子版による地図が普及するはずだからそれを東海にすればいいニダといういかにもというものだ。

「東海」単独表記の電子海図を独自に制作、世界普及を目指す=韓国

2012/04/27(金) 15:28


  総会に出席した韓国代表団は、「電子海図の急速な発展により、現行の印刷された海図集はこれ以上意味を持たないとの認識が広がっている」と発言。今後は電子海図の普及が呼称を決める重要なカギになると見て、対策を立てる必要があるとの見方を示した。
  
 IHOの存在意義を全く理解していないとしか思えない。紙であろうが電子版であろうが、国際的な規格が正式に決まっている以上、電子版で勝手に東海としてもそれは正規版ではない。そんな物が通用するようでは、国際規格など意味がない。
 
 日本が極めて正確な電子版でも紙でも海図を無料配布し、ただし、大韓民国を大姦民国、朝鮮半島を超汚染半島、ソウルはベンジョと記した地図を作ればそれで通用するかという事だ。
 
 実際そうしたい誘惑には駆られるが、国際機関に加盟しそこで正式な規格としてこれを使おうと決めた地図を、電子版でごまかせば良いニダと考える思考方式が理解不能だ。

  韓国メディアによると、電子海図はIHOの海図集とは違い、海の名前や地名の決定権は地図を制作する各国にある。自国の地名を優先的に付けられることから、「東海」単独表記も可能となる。当然、日本産の海図には「日本海」の名称が使われているため、東海表記が国際的に認知されるかどうかは、電子海図の市場占有率で左右することになるという。メディアは、「電子海図の国際的マーケティングが重要になる」と主張した。
  
 確かに電子海図のマーケッティングは重要なのかも知れないが、国際規格から外れたまがい物が、本当に世界で通用すると考える頭の連中が、何故ノーベル賞を取れないニカ、と騒いでも、なぜロケットが飛ばないニカと騒いでも、勝手にせいと言われるのが落ちではないのか。ロケットをとばせない理由として、なんとか言う責任者が、最高機密であるロケット技術を教えてくれる国がないからだ、と言っていたのを読んでのけぞるほど驚いたことがある。国際規格が気に入らないから、自分たちの規格で勝手に作ってマーケッティングをやると、冗談ではなく本気で考えているのだ。

こんな動画が出回っている。

韓国人、図書館の洋書地図にある日本海の上に東海のシールを貼る

動画ではおそらく韓国内の図書館の洋書なのだろうが、図書館に断ってやっていないのであればこれは器物損壊という歴とした犯罪。もし、図書館が了承しているのであれば国がらみで韓国人はもう治らない病気としか言いようがない。

実際ドイツなどで韓国人が勝手に地図を書き換えたりシールを貼る事態が発覚している。韓国語でなんと言っているのか動画では分からないが、他のところで読んだ記事に依れば、同じようなことを世界中でやる、日本でもやると言っているらしいし、実際やられているようだ。

こんな事が外から見れば、日韓で張り合っているかのように見えるのかも知れないが、

日本はなぜ韓国を「ライバル視」するのか=中国メディア

  経済団体連合会(経団連)の専門委員会が近日発表した報告によると、2030年には、韓国の国内総生産(GDP)は日本を超えると見込まれ、日本は「貧困国」に落ちぶれる。日本の財界が「日本が韓国に超される」との考えを示したのはこれが初めてであり、大きな波紋を呼んでいる。
  
  例の経団連の何チャラ研究所のレポートは、まったく裏付けのない無意味な物であり、あれが日本国内で波紋を呼んでいるとは到底思えない。なにしろ、記事はあれ以来広がっていない。誰も、ふーん、またか・・位にしか思っていない。
  
    2010年の韓国の経済成長率は6.2%で、国民1人当たりの平均所得は2万ドルの大台を超えた。「韓国の経験」は世界の多くの国の手本となっている。近日、米国のオバマ大統領が名を挙げた、医学者の韓国系米国人、ジム・ヨン・キム氏は、現任のロバート・ゼーリック総裁の後任として、6月に世界銀行の第12期の総裁に就任する。キム氏は「韓国の経済開発の経験を生かして、発展途上国の貧困問題を解決したい」と述べている。

 韓国の経済発展は日本があってのこと。それは故朴正煕氏が一番良く知っている。韓国経済が自立出来る状態でないことは、今の通貨価値の相違一つで説明不要だろう。
 
 ポスコといえば、韓国経済発展の象徴のような存在だが、あれも日本の技術と金で出来た浦項総合製鉄が前身だ。韓国最大であり、世界でも有数の規模を持っているが、持ち株比率の半分以上が外資であり、今ではインドのミタル製鉄などにTOBをかけられるとの話もある。それを支えているのが未だに一番大きな関係を持つ新日鐵だが、その新日鐵から技術を盗むようなことを平気でする。
 
 これが日本のライバルになる存在だろうか。この記事は中国製だが、その中国自体、経済が相当厳しくなっている。この記事でも、日本はたいしたことがないと中国国内に印象づけ、あわよくば日本国内でもそのように思わせたいのではないのか。まあ、今の政権が政権だから、せっせと日本経済を沈める努力はしている。

新日鉄、韓国ポスコなどを提訴 1000億円賠償求める

 新日鉄は、ポスコが「方向性電磁鋼板」と呼ばれる高性能鋼板の製造技術を、元社員と共謀して不正に取得し使用していると主張。新日鉄は自社と技術ライセンス供与先を合わせて方向性電磁鋼板で世界シェアの過半を占めるが、2000年代後半から販売しているポスコも近年台頭しているという。新日鉄はこれまでポスコに対して警告などをしてきたが、「問題解決の端緒が見えず、提訴に踏み切った」としている。
 
 韓国企業が世話になった日本企業から盗み、後足で泥をかける真似は日常茶飯事であり、そこから学ばない日本企業もどうかとは思う。泥棒と組むこと自体が間違っているのだが、ポスコが設立された当時は、何の必要もない日韓基本条約による補償の一環として、新日鐵が協力させられた経緯がある。

新日鉄とポスコの蜜月関係が壊れた理由

 26日付日本経済新聞は、韓国鉄鋼大手のポスコを相手取り特許訴訟を起こした新日本製鉄が、ポスコの特許侵害に関する確実な証拠を確保したと報じた。新日鉄は本格的な訴訟を控え、メディアを利用し、機先を制した格好だ。
 
 韓国企業は世界でも一番知的所有権問題で訴訟を起こされている。日本企業は余り問題を大きくはしないが、無数にそのようなことはある。また、韓国企業は、日本なら余り問題にしないだろうと高をくくっている節がある。

 一方、ポスコは「あきれる内容だ」といった反応だ。同社関係者は「当時の裁判でポスコの元研究員が有罪判決を受けたのは、元研究員が流出させようとした技術がポスコの独自技術だと裁判所が認めたことを示している」と指摘した。韓国鉄鋼業界の関係者は「新日鉄が訴訟を有利に展開するため、メディアを利用しているのではないか」と述べた。
 
 最終的に新日鐵が突き放せば、ポスコは韓国企業でなくなる。ミタルは製鋼量ではすでに世界一だが、いかんせん技術が低いためのどから手が出るほど技術をほしがっている。ポスコは、新日鐵の技術が入っているから、ミタルは虎視眈々とねらっている。金さえ積めば、新日鐵の離れたポスコの株など、外資関係者から見ればミタルの言う高値で売った方が良いと考えるのではないだろうか。
 
 まあ、ポスコにしてみれば、その辺り新日鐵の足元を見ているのかも知れない。どうせ、突き放しはしないと。ミタルに技術が渡れば、日本の製鉄業にとって大打撃になるからだ。
 
 まあ、これは私の推察に過ぎないが、朝鮮企業ならそう考えるだろうと言うことだ。

上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

「日本海」単独呼称を維持 国際水路機関総会、韓国側「結論先送り」と反発

2012.4.26 19:19

 世界の海図や海、海峡の名称などを調整する国際水路機関(IHO)は26日、モナコのモンテカルロで開催中の総会で、韓国が「日本海」の呼称を「東海」と併記するよう求めている問題を討議、「日本海」単独呼称のままとすることを決めた。

 韓国代表団はこの決定を「結論先送り」と受け止めており、今後も国際機関の会合の場などで併記実現を働き掛けていく方針。

 IHO総会は5年に1度開かれ、今回は23日に開幕。「日本海」の呼称問題は初日から断続的に協議された。閉幕は27日。(共同)
 
 
 
IHO、「東海」併記の結論出せず…結局2017年に持ち越し

2012年04月26日18時07分

国際水路機関(IHO)が「東海併記」の国際標準採択について結論を出せず、結局、5年後の2017年に持ち越されることになった。

IHOは今回の総会でも東海(トンヘ、日本名・日本海)併記問題に結論を出せず、1953年発行の「大洋と海の境界」(第3版)の改訂版も延期される見込みだ。

IHOは02年と07年の2度、総会で東海併記について議論したが、韓日両国の意見が激しく対立し、結論を出せなかった。

今回の総会で韓国代表団は、国家間の紛争で地名に合意しない場合は併記するというIHOと国連の規定を根拠に、少なくとも「東海」が「日本海」とともに併記されるべきだと主張した。

一方、日本代表団は国際標準として通用する日本海を改訂版で改める必要はないという従来の立場を固守した。 .



東海呼称問題:IHO総会で併記認められず

 世界の海、海峡の名称などを調整する国際水路機関(IHO)は26日、モナコで総会を開き、東海(日本海)の呼称問題で、国際標準海図集に「東海」「日本海」を併記することを求めた韓国政府の主張は認められなかった。また、「日本海」と単独表記された海図集の改訂版も刊行しないことを決めた。


■決定を留保


 IHOは今回の総会で、国際標準海図集のうち、「大洋と海の境界」(S-23)の改訂4版の刊行問題を協議した。しかし、東海の呼称問題をめぐる合意には至らず、協議を中断した。これにより、S-23海図集に東海を併記するか否かに関する決定は、5年後に開かれる次回のIHO総会に持ち越された。


 日本は25日、「日本海」と単独表記された1953年の改訂3版に基づき、S-23海図集の一部改訂を提案したが、日本を除く全ての国が反対または棄権し、提案は否決された。韓国代表団長を務めた外交通商部の白芝娥(ペク・チア)国際機関局長は同日「今回の表決により、IHO総会で『日本海』と単独表記されたS-23海図集の改訂版の刊行は事実上不可能になった」と述べた。日本は今回、状況判断を誤り、取り返しの付かないダメージを受けた格好だ。

 白局長は「(59年前に刊行された)S-23海図集は歴史の陰へと消えゆこうとしている。民間と協力し、外国の地図製作会社、メディアなどを対象として、東海という表記を広めていく」と述べた。

今回の総会では、S-23海図集の実効性に疑問を投げ掛ける意見も出た。中国代表団は「国際標準指針しての機能を失ったS-23(海図集)の規定を廃止すべきだ」と主張した。


 加盟国の間で、「日本海」単独表記に関する批判論が高まっていたにもかかわらず、韓国代表団は「東海」「日本海」の併記案を総会には提出しなかった。白局長は「もし併記案が否決されれば、S-23海図集に『東海』という名称を盛り込むことが将来的に不可能になる可能性がある。百パーセント可決が確信できない状況だったため、『東海』併記のカードは戦術的に切らなかった」と説明した。


■北朝鮮代表団も同調


 世界の海の名前の基準となっているS-23海図集は、1929年の初版から53年の改訂3版まで、いずれも韓半島(朝鮮半島)と日本の間の水域を日本海と単独表記してきた。当時、韓国は植民地支配と韓国戦争(朝鮮戦争)を経験し、東海の呼称問題でいかなる主張も行うことができなかった。


 韓国は91年に国連に加盟して以降、東海の呼称問題を本格的に主張し始めた。2000年以上にわたり、「東海」という名称を使用してきた以上、少なくとも「東海」と「日本海」は併記されるべきだと主張した。その後は、「日本海」の単独表記を主張する日本と併記を主張する韓国の主張がぶつかり、S-23海図集の改訂4版の刊行は先送りされてきた。


 今回の総会では、北朝鮮代表団も「東海」「日本海」の併記を主張し、外交舞台で韓国と同じ声を上げた。北朝鮮代表団関係者は、総会で「日本による単独表記は地名をめぐる犯罪行為だ」と日本を非難した。


モナコ= 李性勲(イ・ソンフン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版




「東海」単独表記の電子海図を独自に制作、世界普及を目指す=韓国

2012/04/27(金) 15:28


  モナコで開催中の国際水路機関(IHO)総会で「日本海」単独表記の維持が決まったことを受け、韓国代表団は26日、今後は「東海」と単独表記された独自の電子海図を世界に普及させる必要があると主張した。複数の韓国メディアが報じた。
■「日本海 東海」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト
  総会に出席した韓国代表団は、「電子海図の急速な発展により、現行の印刷された海図集はこれ以上意味を持たないとの認識が広がっている」と発言。今後は電子海図の普及が呼称を決める重要なカギになると見て、対策を立てる必要があるとの見方を示した。

  韓国メディアによると、電子海図はIHOの海図集とは違い、海の名前や地名の決定権は地図を制作する各国にある。自国の地名を優先的に付けられることから、「東海」単独表記も可能となる。当然、日本産の海図には「日本海」の名称が使われているため、東海表記が国際的に認知されるかどうかは、電子海図の市場占有率で左右することになるという。メディアは、「電子海図の国際的マーケティングが重要になる」と主張した。

  韓国外交省の当局者は、「印刷本の海図集では日本海に地名を先占された」としながらも、電子海図分野では東海表記が普及する可能性は高いと話した。(編集担当:新川悠)

【関連記事・情報】


日本はなぜ韓国を「ライバル視」するのか=中国メディア

2012/04/26(木) 14:48



  日本は絶えず強い危機感を抱いている国であり、中国経済の迅速な発展への警戒心だけでなく、隣国の韓国に対しても特別な「対抗意識」を抱いているようだ。韓国は中国と違い、日本と似ている部分が多く、日に日に発展を遂げ、日本は前代未聞のプレッシャーを感じている。中国網日本語版(チャイナネット)は25日付で「日本はなぜ韓国をライバル視するのか」と報じた。
■「日韓関係」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト
  経済団体連合会(経団連)の専門委員会が近日発表した報告によると、2030年には、韓国の国内総生産(GDP)は日本を超えると見込まれ、日本は「貧困国」に落ちぶれる。日本の財界が「日本が韓国に超される」との考えを示したのはこれが初めてであり、大きな波紋を呼んでいる。

  日本の人口は約1億3000万人であるのに対し、韓国はたったの5000万人である。日本のGDPは5兆4000億米ドル(2010年)で、韓国は1兆1000億米ドルだ。日本の1人当たりGDPは4万2820米ドル(2010年)で、韓国は2万591米ドルである。この3つの指標を見ただけでも、日本と韓国はまだ同じレベルでないことは明らかである。

  もちろん、長期的な視野に見れば、一方は衰退の一途を辿っているのに対し、一方は活気に溢れている。どんどん迫ってくる韓国を、日本はとても気がかりに感じている。40年間の繁栄を誇った日本は今では、GDPで中国に追い越され、世界3位の経済体となっている。さらに肝心なのは、日本経済は停滞して前に進まず、どん底で何年も彷徨っており、希望の光は一向に見えてこない状態にあるということだ。
  
  日本経済の全体的な衰退によって、製造業は海外に拠点を移すことを余儀なくされた。また、人口も大幅に減少している。総務省が4月17日に公表した最新の人口推計(2011年10月1日現在)によると、定住外国人を含めた総人口は1億2779万9000人で、1年前に比べて25万9000人の減少となった。減少幅は0.5%で、過去最高を記録した。人口だけでなく、経済ともども落ち込むなか、日本は少子高齢化という難題も抱えている。

  人口から言っても、国土面積から言っても、韓国は北東アジアの小国である。しかしながら、韓国のここ半世紀あまりの経済成長は驚くべきものだ。2012年1月末現在、韓国の外貨準備高は中国、日本、ロシア、台湾、ブラジル、スイスに続いて、世界7位となっている。

  2010年の韓国の経済成長率は6.2%で、国民1人当たりの平均所得は2万ドルの大台を超えた。「韓国の経験」は世界の多くの国の手本となっている。近日、米国のオバマ大統領が名を挙げた、医学者の韓国系米国人、ジム・ヨン・キム氏は、現任のロバート・ゼーリック総裁の後任として、6月に世界銀行の第12期の総裁に就任する。キム氏は「韓国の経済開発の経験を生かして、発展途上国の貧困問題を解決したい」と述べている。

  韓国も日本も米国の同盟国であり、産業構造における類似点も多い。韓国の製造業、例えば自動車産業は世界的に見ても、日本に匹敵する強力なライバルである。文化産業も同様に世界をリードしており、お互いをライバル視している。日本と韓国は米国のひいきを得るために、「嫉妬心を抱く」ことも少なくなく、米国が「アジア地域において、日米関係は米国の『基盤』であり、米韓関係は『支柱』である」と明言せざるを得ないほどである。つまりは両方重要であり、どちらがより重要かは詳しく述べる事はできないということだ。(おわり 編集担当:米原裕子)

新日鉄、韓国ポスコなどを提訴 1000億円賠償求める

2012.4.25 17:17

 発電所の変圧器などに使う高性能鋼板で自社の製造技術を不正取得されたとして、新日本製鉄は25日、不正競争防止法などに基づき、韓国鉄鋼大手ポスコなどを相手取り、総額1000億円の損害賠償と高性能鋼板の製造・販売差し止めを求める訴訟を19日付で東京地裁に起こしたと発表した。

 提訴の対象はポスコと、ポスコの日本法人「ポスコジャパン」(東京都中央区)、新日鉄で研究開発部門にいた元社員。新日鉄は米国でも、ポスコを相手取って24日付で提訴した。

 新日鉄は、ポスコが「方向性電磁鋼板」と呼ばれる高性能鋼板の製造技術を、元社員と共謀して不正に取得し使用していると主張。新日鉄は自社と技術ライセンス供与先を合わせて方向性電磁鋼板で世界シェアの過半を占めるが、2000年代後半から販売しているポスコも近年台頭しているという。新日鉄はこれまでポスコに対して警告などをしてきたが、「問題解決の端緒が見えず、提訴に踏み切った」としている。

 訴えに対し、ポスコジャパンの担当者は「詳しい内容や状況を確認している」とコメントしている。

 新日鉄はポスコと株式を相互保有し、2000年からは戦略的な提携関係にあるが、方向性電磁鋼板の技術は提携の対象から外した。ただ、新日鉄は「提携関係を破棄する考えはない」としている。


新日鉄とポスコの蜜月関係が壊れた理由

 26日付日本経済新聞は、韓国鉄鋼大手のポスコを相手取り特許訴訟を起こした新日本製鉄が、ポスコの特許侵害に関する確実な証拠を確保したと報じた。新日鉄は本格的な訴訟を控え、メディアを利用し、機先を制した格好だ。


 同紙によると、新日鉄は1990年代にポスコが電磁鋼板製品を発売した当時から新日鉄の技術を利用していると疑い、複数回の警告を行ったが、決定的な証拠をつかむことができなかった。電磁鋼板は発電機やモーターの鉄芯に使われる高付加価値の鋼板だ。新日鉄は2007年に韓国・大邱地検がポスコの関連技術を中国企業に流出させたとして、ポスコの元研究員を起訴した裁判で、特許侵害の証拠をつかんだと主張した。


 同紙によると、ポスコの元研究員は当時の裁判で、中国に流出した技術はポスコの独自技術ではなく、新日鉄の技術だと主張したとされ、新日鉄は裁判記録を分析し、ポスコに技術を漏らした元自社幹部を特定したという。新日鉄は昨年12月、日本の裁判所に証拠保全を申し立て、日本の司法当局は元幹部の自宅の家宅捜索を行い、特許関連書類、元幹部とポスコの関係を裏付ける文書を押収したとされる。


 一方、ポスコは「あきれる内容だ」といった反応だ。同社関係者は「当時の裁判でポスコの元研究員が有罪判決を受けたのは、元研究員が流出させようとした技術がポスコの独自技術だと裁判所が認めたことを示している」と指摘した。韓国鉄鋼業界の関係者は「新日鉄が訴訟を有利に展開するため、メディアを利用しているのではないか」と述べた。


 日本では、両社の経営陣の世代交代が訴訟の背景にあるとの分析も聞かれる。ポスコ創業者の朴泰俊(パク・テジュン)名誉会長が昨年12月に死去し、両社をつなぐ人脈が切れたとの見方だ。新日鉄が長期にわたり訴訟準備を進め、朴名誉会長の死去を受け、行動を起こしたとの見方もある。日経産業新聞は「両社がこれまでの蜜月関係を取り戻すのは難しいのではないか」と報じた。


 また、世界的な金融危機以降、電子、自動車、鉄鋼などの分野で韓国に押され始めた日本企業が、技術を盾に本格的な対応に乗り出したという分析もある。ソニーなど日本を代表する企業が韓国企業に圧倒され続けていることに対する被害意識や反省が台頭しているとの見方だ。


東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員
スポンサーサイト

コメント

世界的視野

現在、韓国では、黄海を西海、玄海灘をを南海、日本海を東海と呼んでいますね。
西海と南海は何故訴えないのでしょうか。
ついでに云えば、対馬海峡はどうなのでしょうね。
大体、日本でも玄海灘と呼ぶ様に、灘であって海ではないのですよね。
海の何たるかも理解していないではないですか。

一度に言えば馬脚を現すから、一つ一つと云うのが見え透いています。
日本の名が国際地図にあるのが気に入らない、そんな偏狭な理由で国際会議を煩わす事に恥じる…、あっ、そんなデリカシーは無いなぁ。

気になって調べた

対馬海峡は、英名ではKorean Straightになっていますね。
場合によりKorean/Tsushima Straightと併記するとか。
この併記が頭から離れないのでしょうか。でも、こちらも南海としろとは主張しないのでは一貫性に欠けますね。

経団連のSINK TANKの戯言が早速使われていましたか。
何をどう解釈し、どう伝えて一時の満足感に浸ろうが、結果は一つしかありません。
それは希望的と言っても空想ないし妄想に沿った虚言を選び出しただけなら、お花畑のブログに等しいものでしかなく、真にジャーナリズムを指向するなら、裏付けのあるデータを基に自らの見方を示すべきでしょう。
民主主義のない所に健全なジャーナリズムは望むべくもありません。
民主主義があってもジャーナリズムが狂っているのも問題ですが。

世界的視野

>2012-04-28 04:25 | あづまもぐら様

>現在、韓国では、黄海を西海、玄海灘をを南海、日本海を東海と呼んでいますね。

とにかく、おっしゃるように日本という名前が付いていることだけに反応しているようです。

>一度に言えば馬脚を現すから、一つ一つと云うのが見え透いています。

すでに馬脚は現れているようで、ホワイトハウスの公式サイトがパンクするほど陳情を送りつけたり何度も何度もアメリカにロビー活動をしたりで、連中に対し辟易しているような雰囲気があると聞きますが、実際はどうかは分かりません。ただ、普通に考えれば、連中のやり方は異常だと、普通の国家であれば気がつくと思いますが。 それでなくとも世界各国から嫌われ度が順調にアップしているような。

ユーチューブでも嫌韓内容の物が増えているような気がします。実際はどうなのかは私にも分かりません。

>日本の名が国際地図にあるのが気に入らない、そんな偏狭な理由で国際会議を煩わす事に恥じる…、あっ、そんなデリカシーは無いなぁ。

無いでしょうね。日本叩きのためには他のことなど一切目に入らない連中ですので。

気になって調べた

>2012-04-28 04:57 | あづまもぐら様

>対馬海峡は、英名ではKorean Straightになっていますね。
>場合によりKorean/Tsushima Straightと併記するとか。

なるほど。早速Japanan Straightだと主張しなければ。世界各国の図書館の地図にシールを貼り、本屋の地図を手書きで訂正し、ホワイトハウスのHPをパンクさせる運動を開始しなければなりませんね。

>この併記が頭から離れないのでしょうか。でも、こちらも南海としろとは主張しないのでは一貫性に欠けますね。

まあ、合理性とか一貫性等という概念を持たない連中ですので。

>経団連のSINK TANKの戯言が早速使われていましたか。

はい、こう言うのは早いですねぇ。

>何をどう解釈し、どう伝えて一時の満足感に浸ろうが、結果は一つしかありません。
>それは希望的と言っても空想ないし妄想に沿った虚言を選び出しただけなら、お花畑のブログに等しいものでしかなく、真にジャーナリズムを指向するなら、裏付けのあるデータを基に自らの見方を示すべきでしょう。

中国ネットもメディアもすべて公表される記事は党の指導の元ですから自主性など無い物との前提で、なぜ党のメッセージがこうなのかを考えるべきだと思っています。記事の正確性など最初から考えても意味はないでしょう。

>民主主義のない所に健全なジャーナリズムは望むべくもありません。

はい、健全なジャーナリズムは、独裁制の最も避けなければならない要素ですので。

>民主主義があってもジャーナリズムが狂っているのも問題ですが。

でも世界中で、一貫してまともなジャーナリズムは存在しません。ただ、多様な記事があり、まともな記事も多くあり、国民がそれを選択出来ると言うだけですね。時には赤非でさえ、ごくたまにまともな記事を書きますから。

そして、正しく選択出来るほどの知性を国民が持っているかどうかも大きな民主主義の要素です。その知性を身につけるためにも多様な記事が自由に得られることがまず最初に求められるはずです。

記事が宣伝の道具であれば当然ジャーナリズムとは言えません。記事が単なる商品であれば、これも健全とは言えません。その意味で、政府に管轄されず、商品ではないネット記事は、玉石混淆ながら本来のジャーナリズムに近いと思います。むろん、取捨選択する知恵は受け取る側の責任ですが。

No title

たかおじさん今晩は。

どう考えても南北朝鮮のやる事なすこと日本が妬ましくてしょうがない。
金でも技術でも盗めるだけ盗んで自分達が最初に開発したとか作ったと主張したいのでしょうね。

日本企業もさっさと韓国や中国から手を引くべきなのに。それがすぐには難しいならば最大限の距離を保ち最小限の付き合いに留めるべきでなぜ日本企業がそのような行動をさっさと取らないのかなと思います。
ポスコ(浦項製鉄)は新日鉄が協力しなければ出来なかった製鉄所です。
彼らだけではろくな物は出来なかったでしょう。本当に知れば知るほど嫌いになる国ですね韓国や北朝鮮、支那は。

No title

>2012-04-28 23:02 | 一有権者様

>たかおじさん今晩は。

こんばんは。例の場所、最近ご無沙汰していますが、いかがですか?

>どう考えても南北朝鮮のやる事なすこと日本が妬ましくてしょうがない。

中国もそうですね。とにかく劣等感で身の置き所がないから、妄想で自分たちが日本より上だと思いこむしかないのでしょう。世界でもそれは気がついていて、最近は他国から言われていますね。

>金でも技術でも盗めるだけ盗んで自分達が最初に開発したとか作ったと主張したいのでしょうね。

そうですね。日本から盗むことは手柄という国ですから。

>日本企業もさっさと韓国や中国から手を引くべきなのに。それがすぐには難しいならば最大限の距離を保ち最小限の付き合いに留めるべきでなぜ日本企業がそのような行動をさっさと取らないのかなと思います。

まあ、金とか、女がらみもあるんでしょうし、中韓で食っている会社もあるのはしょうがないですね。でも、結構距離はとっているみたいですよ、これでも。メディアのアンケートは信用出来ませんが、それでも国民の特亜嫌いは急激に進んでいます。良いことです。

>ポスコ(浦項製鉄)は新日鉄が協力しなければ出来なかった製鉄所です。

そうです。自力でやったと韓国人は本当に信じているようですが、嘘を教えられているのだからしょうがないと言えばしょうがないし、本当のことに気がついてもそれを口にすると袋だたきになる国ですから。

サムソンも東芝がなければ出来なかったし、現代自動車は三菱が無ければ車など作れなかったし、(フォードのコピーはやってましたが)現代重工も川重から盗まなければ船など造れませんでしたから。

日本も確かに欧米から技術を学んだでしょうが、パクリはしなかったし、欧米を凌ぐ技術を開発しています。

>彼らだけではろくな物は出来なかったでしょう。本当に知れば知るほど嫌いになる国ですね韓国や北朝鮮、支那は。

実際に世界が特亜を知るに従って嫌われ度が上昇してますね。

No title

たかおじさんおはようございます。

例の場所は見るようにはしていますが他の人達が意見投稿をしているのを様子見しています。

自分の勉強不足もありますから(特に法律関係は)専門家の人達の意見を見ているのもそれはそれで良いかと。中には専門家であるあまり世間常識と乖離していておやっと思う事も多々ありますが。(失礼ながら所謂専門バカという輩ですね)

かなり前に韓国起源説というものを見ましたが、よくここまで日本固有のものを自分達のものだと平気で嘘をつき主張するものだと呆れていましたが、そろそろ日本人も我慢するのではなく徹底的に反撃するべき時になってきたのではないかと思います。

一番良いのは経済的なお付き合いをぐぐっと締めていけば良いんじゃないかと思います。

No title

>2012-04-29 08:06 | 一有権者様

>たかおじさんおはようございます。

お早うございます。あ、もう午後ですね。

>例の場所は見るようにはしていますが他の人達が意見投稿をしているのを様子見しています。

なるほど。

>自分の勉強不足もありますから(特に法律関係は)専門家の人達の意見を見ているのもそれはそれで良いかと。中には専門家であるあまり世間常識と乖離していておやっと思う事も多々ありますが。(失礼ながら所謂専門バカという輩ですね)

いや、それは非常に多くありますね。時々裁判などでも全く世間常識を無視した判決が出ることがあります。刑事裁判で無罪になった痴漢容疑者が、民事裁判で負けることなどはしょっちゅうあるし、暴力団排除を訴える住民が裁判で顔をあわせさせられる等多数あります。検察の暴走もよく言われますし、弁護士の嘘も無知もさんざん聞きます。

法律の専門家になるのは厳しい試験があるし、人格形成期に勉強に没頭するため常識を身につけることが出来なかった為です。その意味で裁判員裁判制度が取り入れられたのですが、司法試験に世間常識という項目や、一般人による人格調査などが採用されるとずいぶん違うのではないかと思いますね。

司法試験受験の回数が制限されたのは良いことだと思いますが、準司法試験、即ち、判事、検事、弁護士以外に彼等を補佐する一般人が受けられる試験制度などが有れば良いかも知れません。

ただし、罰則規定などがそれでいい加減になると人治国家になりかねません。一般人には不合理に見えても、法的に規定されればそれに従う必要があります。それがあまりに常識と乖離しているときは、法律を変えなくてはならないでしょう。

話がずれました。

>かなり前に韓国起源説というものを見ましたが、よくここまで日本固有のものを自分達のものだと平気で嘘をつき主張するものだと呆れていましたが、そろそろ日本人も我慢するのではなく徹底的に反撃するべき時になってきたのではないかと思います。

最近はネットによる情報でウリジナルについて知られてきましたが、一般にはまだまだ知られていませんね。世界的にもテコンドーがオリンピック種目になっても、日本がまともに対処しないなどの理由があり、それがまた朝鮮人をつけあがらせています。

>一番良いのは経済的なお付き合いをぐぐっと締めていけば良いんじゃないかと思います。
私もそうしたいんですが、実際韓国がらみで利権を持っている人が政府にも多数居ますのでね。政治家の掃除から始めなくては駄目みたいです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。