中国崩壊秒読み段階1

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



中国がいずれ崩壊は免れないと多くの人たちが言っているし私もそうなると思っている。が、なかなか中国は崩壊しないではないか、もう十年以上も崩壊すると言われながら、未だに健在ではないかとの反論もある。

確かに、あれだけ図体の大きな国は、少々の問題は内部で処理してしまうので崩壊するとしてもおかしくなってから短期間で崩壊するようなことはないだろうが、またあの図体であるが為に、一度崩壊するとなるとそれこそ一気に内側から爆発的な崩壊をする可能性が高いと思う。巨大な物が崩壊するのはいつもそうなのだ。内部の矛盾が抑えきれなくなったときそれまで貯まった負のエネルギーが大きければ大きいほど崩壊もすさまじくなると考えるのが普通ではないのか。

その大崩壊がいよいよ迫ってきたような感じがする。具体的にそれが始まったと言うより、中国に関する全てがそれに向かっているような気がするのだが、いろいろ中国のことを眺めてきた結果そう思うのかも知れない。何が変わったと言って、中国の過去の自信たっぷりの様子が最近は焦りに変わってきたような気がするのだ。自分たちが多少ごり押しをしても、世界はそれを受け容れざるを得ないはずだ、国民は多少の不満はあっても共産党についてくるはずだとの姿勢が過去にはあったと思うのだが、それが最近は消えつつあるのではないか。

大躍進も文革も天安門も、結局は中国は乗り切ったし、その後も経済発展を続け、日本を経済規模で抜き、押しも押されもせぬ経済大国になったはずなのに、却って自信を失った、というかこのままでは危ないという意識が芽生え、しかも図体が大きいために修正が利かず、自分でも望まない崩壊へ向かっていることに気がついたのではないかと、想像出来る。

本当は、時期が来たら修正し穏やかな大国に移行出来ると思っていたのではないのか。現在先進国とされている国々も過去にはかなり荒っぽいこともしたし非人道的なこともしてきた。しかし、経済や科学や政治制度が成熟してきたことで、自然に穏やかな大国になったのではないか。中国もそう出来るはずだともしかしたら思っていたのかも知れない。

小平氏の先に富める者が富んで、そのあと貧しい者に手を貸せば国全体が豊かになる、すなわち先富主義を唱え、まず豊かになること、そうすれば民度はあとからついてくると思っていたのだと思う。

しかし、それは根本的に間違っていた。中国は古代においては世界の富の三分の一を持つ経済大国であり、ヨーロッパに先駆けて科学技術大国だった。しかし、何度もその頂点を極めながら、内部から腐敗がはびこりそして崩壊しては、次の王朝に入れ替わることを繰り返してきたし、なんども異民族に支配されている。つまり、国が豊かになれば民度がついてくる、穏やかな大国に移行できるチャンスを自らつぶしているのだ。

今、中国が音を立てて軋み始めていると思えるのは、過去の歴史に比べあまりに急速に成長したため、そのひずみも急速に拡大したからではないのか。

さて、そう思える理由、そして日本としてはどうしなければならないのかを、三回くらいに分けて書いてみたい。

まず、中国が過去には余り言わなかったことを言いだしたのだが、つまりは日本はアメリカよりも中国を重視しなければならなくなった。日中の関係は、日米関係よりも深いと言う記事が最近も出てきた。

赤文字は引用

日本、朝鮮有事で米国より中国の重要性認識


第二に、朝鮮「有事」は中日の関係改善にチャンスとなる。日本はこれまでの朝鮮有事で、米日が「共に呼吸し、運命を共にする」ことが難しいとわかっている。3年前、朝鮮がミサイルを発射した際、米国は「朝鮮はミサイル発射に失敗、まったく脅威にはなっていない」と説明。今回も日本は米国の慎重な反応に不満を抱いている。それに比べ、「対立面」にある中国とのほうが、地域の「安定維持」に関してより多くの共通認識があると考えている。今月23日の6者協議の日韓首席代表協議では、影響力のある中国に局面の収拾を請うことで合意。日本の杉山晋輔首席代表は自ら直接北京に出向いて中国側の意見を聞きたいと述べた。

さて、今緊急の事態としては北朝鮮の人工衛星発射がある。現実にはこれが人工衛星だ等と考える国はなく、彼らが核を積んだ長距離ミサイルの開発の一環として、大型ミサイル発射をするのだと誰もが考えている。

北朝鮮の核弾頭がどれくらいの大きさなのかは分からないが、それとは別に北朝鮮がアメリカにまで届くICBMを開発したのだとすれば、これはアメリカにとっても対岸の火事では済まない。アメリカが北朝鮮のミサイルについてどれほどの情報を持っているのかは知らないが、信用出来ない日本に対し確かにアメリカが詳細な情報を渡すとは限らないだろう。

今一番北朝鮮の標的になりやすいのはどう考えても日本であり、だからこそ日本が神経をとがらせるのは当然だろうが、アメリカが当てにならないから運命共同体の中国を重視しなければならないと言う理屈だ。

が、北朝鮮の核については、明らかに中国は運命共同体ではない。それこそ高みの見物が出来る立場だし、そもそも北朝鮮が今の状態になったのは中国が支えたからだ。運命共同体とは実に白々しい。自分で原因をつくっておいて、日本が中国に頼らなければならないはずだと言っているのだ。

こうした中で何事もないときには大喧嘩をするが、いざ火事が起きれば日頃どんなに仲が悪くても、運命共同体となる。それぞれがけんかしつつも、協力して火を消し止めなければならない。でなければ火の手は激しくなり、自分も危なくなる。遠く離れた米国は「対岸の火」を眺めているだけで、火に油を注ぎさえしなければいい。火を消し止める力があるものが信頼され、火元と関係が近いからといって誤解を招くわけではない。

したがって、もし北朝鮮が本当に中国の意向も無視して居るのだとすれば、それは中国が加害者なのであって、協力して火を止める関係ではない。

中国はこうした情勢下にあって、地域の安全をリードするイメージが各国の目に入っている。近年中国と意見が合わない日本もその例外ではない。昨年金正日総書記の死去後に日本の野田首相が訪中した際、日本は中国のこうした重要性を痛感。今回の朝鮮「有事」でこうした認識がより強化されるだろう。(庚欣 日本JCC新日本研究所副所長)

中国が地域の安全をリードしているのではない。中国が地域の不安を作り出しているのは誰の目にも明かであり、民主党政権はともかく、日本人の意識としては中国が北朝鮮を抑える義務があると思っている。だから、こんなことで中国に借りを作るべきではない。北朝鮮が脅威なのは、結局後に中国が居るからだと、はっきりと中国に言うべきなのだ。

つまりこの記事は何から何まで都合良く書いているが、日本は北朝鮮はむろん、中国に対する警戒感を強めつつあるのは事実であり、それに対する記事だろう。

それとは別に、最近やたらに対日懐柔記事が目立つ。政府の公式な声というより、一般人の声としてブログや掲示板などの声と言う形なのだが、むろん、これが中国政府の意思であることは間違いがない。そうでなければネットがそのままこちらに伝わるわけが無く、本当に個人のブログや掲示板かどうかも信ずることは出来ない。全て政府のシナリオで書かれた物だと考えていた方がよいだろうし、政府が関与しない物が出てくるわけがない。そのつもりで読むと

【中国ブログ】日本人と会話してたら、過去のことは忘れようと思えてきた


  最近、日本人と話をしていたら、彼はこんなことを言っていた。「僕は日本人だけど、日本がかつて中国に対しいろいろ悪いことをしたのは知っている。でもそれは50年も60年も昔の話。どうして中国人はいつまでも日本を恨んでいるんだろう。かつてアメリカも日本にひどいことをしたけれど、今の日本の若者はアメリカのものが好きだ。まあ、お年寄りは反感を持っている人もいるけど。
  
 年寄りが反感を持ち若者がアメリカ好きだというのもむろんそうとは限らない。私が年寄りに入るかどうかはともかく、直接戦争を経験したわけではないが、戦後のさまざまな両国の日本のあり方を見ながら、アメリカという国を理解している。
 
 仕事柄アメリカとの接触は多く、多くのアメリカ人と接し、彼らに対しては悪感情は持っていないが、アメリカという国自体はどうしても好きにはなれない。あまりに身勝手なのだ。好き嫌いで言えば中国と大差ないのかも知れないが、ただ、認めているのはアメリカの価値観であり、民主主義であり、多様性であり、自由さであり、公平さ(中国に比べれば)、なにより自浄作用のあるところだ。だから、アメリカは受け容れているが、中国は拒否する。
 
 したがって、日本人の対米意識がここで語られるような簡単な物ではないが、このような例を持ち出す場合、絶対に中国では価値観の違いには触れない。日本人が中国に対して拒否感を持つのは、価値観が容認出来ないからだ。
 
   この話を聞いて、僕は日本人の彼に対してこう言った。「中国は別に歴史問題にこだわり続けるつもりはないんだ。ただ、日本政府が過去の過ちを認めずに、靖国神社に参拝を続けているからこうなってしまう。日本政府には過ちを認めるよう抗議しないといけない。靖国参拝は中国やアジア諸国の国民感情を深く傷つけるものだし、ひょっとすると過去の過ちを再び繰り返すことにつながるかもしれない。
   
 これも良く出てくる話だが、歴史問題で中国が何を言っても説得力はない。政府の方針に対し何一つ口答え出来ず、まともな情報も得られない中国人が、日本に対し歴史を正しく認識しろといっても、それをその通りだというのは民主党政権や頭のいかれた連中だけだろう。

  日本人の彼はうなずきながら、こう言った。「その通りだよ。確かに日本政府の政策は良くない。中国人たちが不満に思うのももっともだ。でも、日本の若者たちは、実際のところ政府をあまり支持していない。日本の若者は政治に対する関心なんてないし、投票にも行かない。だから政府と言っても僕らが選んだわけじゃないから何も分からないんだ。政治家を選んでいるのはお年寄りたちで、どういう人が選ばれているのかも僕ら若者は知らない。
  
 日本人が政府を支持していないのは日本が民主国家だからそう出来るのであり、中国とは次元が違う。また、日本人が政府を信用していないとしても歴史問題で中国を信用しているわけではない。つまり、ここに出てくる日本人の若者はたんなる馬鹿なのであり、これを一般の日本人として採り上げざるを得ないところに彼らのでっち上げブログのネタがどこから出ているのかがよく分かる。
 
   日本の若者は、サッカーと女ぐらいにしか興味がないんだよ。日本の若者はみんな中国が好きだよ。中国の政府だって必ずしも中国人の民意を反映していないことは僕も知っているし、中国人の若者がみんな共産党の支持者だとは思っていない。だから、若い人同士では憎み合う必要はないと思うんだ」。
   
 日本人はこう考えているはずだから、中国も日本を憎むな、と言いたいわけだ。中国の若者が全員共産党を支持していないのはそうだろうが、それをこういう形で書くこと自体、今まで無かったような気がする。つまり、中国にも思想の自由はあると嘘をついているわけだ。本当に中国に思想の自由があるなら、このような日本人の若者が平均の姿として出てくることもないはずだ。

  それを聞いて、僕は何も言えなかった。日本人の彼によると、責任はすべて日本の政府にあるということだ。そう言われたら、どう返答して良いのか分からなくなる。
  
 日本は主権在民であり、政府の行為は最終的に国民が責任をとらなければならない。国民が政府の行為に責任をとらなくても済む、あるいは責任を取れないのは中国であり、日本とは全く違うのだが、恰も日本が中国と同じだと締めくくっている。
 
 一方、若い中国人の声としてでっち上げられたのは次の記事だ。


【中国BBS】中国の未来はどうなっていると思う?

●スレ主:永恒の虫族
  おまいら、中国の未来はどうなっていると思う? オレには想像がつかん。



●SSS帝国
  分からんけど、「某組織」が崩壊する必然的だろうな。
(「某組織」って、どこかの政党のことでしょうかね)

 こんなことを、身元証明しなければ書き込みも出来ないネットに書く中国人の若者が居ると想像出来るわけがない。本当にそんな人間が居たら、今頃行方不明になっているだろう。

●第73号
  その通りになれば、中国の未来は明るいなw

●単眼皮?猪
  ↑73条に気をつけな。
(中国の刑法73条では、国家の安全に危害を与える疑いがある人を監視できるらしいです)

●絶恋?
  この国の政治は持ちこたえられるかね。いつか世界大戦が起きれば楽しいのに。


●Multitalent
  分からんが、未来はあまり良くないかもしれない。これまで盲目的にまっしぐらに発展してきて、自分を見失っている。後で気づいても遅すぎる。
(編集担当:西山正)


国民に対するそれとなしの警告なのかも知れないし、盲目的に突っ走ったのは国民であって、共産党ではないと言いたいのかも知れない。


【中国BBS】中国人が反日なのは政府の世論誘導のせい?

●スレ主:我叫空寂?
  80年代に中国とアメリカが蜜月期を迎えていた時期には、南京大虐殺の話題なんて全然出ていなかった。中国人がどの国を嫌うかは、庶民の意識というより政府の世論誘導の結果ではないか。それと、中国人は政治的には反日だけど、文化的にはこの上なく親日。上半身は反日で、下半身は親日だ。実に奇妙。


なにしろ、日本と本当に離反するには、まだ外資頼みの経済やパクリ頼みの産業が心許ないと言うことだろうか。

●Falling Down
  この国には言論の自由があるからねぇ。
(皮肉でしょうか…)

●電力星際
  国内の矛盾をどうにかするためだろ。

●SSS帝国
  お上は国内の不満を転化させようとするからね。アメリカは強すぎて逆らえないから、怒らせても大丈夫そうな日本をやり玉に挙げているってわけか。

●秋千AS
  中国人が日本を嫌うのは、やはりお上の世論誘導の結果だろう。お上の言うことがすべてだからな。誰かが考えた通りの結果になる。

  
 こういう言葉がでてくることはかつてなかったと思う。どういう変化なのか、次に考えてみたい。

  
  
中国崩壊秒読み段階2へ続く



上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

日本、朝鮮有事で米国より中国の重要性認識

日本、朝鮮有事で米国より中国の重要性認識。 朝鮮「有事」は中日の関係改善にチャンスとなる。日本はこれまでの朝鮮有事で、米日が「共に呼吸し、運命を共にする」ことが難しいとわかっている。3年前、朝鮮がミサイルを発射した際、米国は「朝鮮はミサイル発射に失敗、まったく脅威にはなっていない」と説明…

日本の内閣官房長官は今月23日、朝鮮の人工衛星打ち上げ予告を受け、例年4月に行われる「桜を見る会」を中止し、「対応に万全を期す」と述べた。

この対応に、中国国内では日本人は「わざとらしい」「大げさ」といった声がインターネットで聞かれた。確かに朝鮮が再び「打ち上げ」を発表して以来、日本国内はほぼ2日おきに動きがあり、朝鮮の衛星に関する情報が錯綜し、外から見ると少し大げさに騒いでいるようにみえる。ただ長年日本に在住している筆者としては、今回の件を笑い事ですませることはできない。その反応の中身を中国人はよく理解する必要がある。

まず、09年に朝鮮のミサイルが頭上を通過した日本としては、朝鮮のどんな動きも他より敏感になるのは認めるべきだ。特に日本は大地震を経験したばかりで、経済も政治も不安定な時期にある。朝鮮はその日本人の最も敏感なところをつこうとしている。当然、日本の「桜を見る会」中止は、外に同情を求め、自らの北東アジアにおける下り坂の局面を変えるためではあるが、危機に対応し、国民の安全を守る対策でもある。

第二に、朝鮮「有事」は中日の関係改善にチャンスとなる。日本はこれまでの朝鮮有事で、米日が「共に呼吸し、運命を共にする」ことが難しいとわかっている。3年前、朝鮮がミサイルを発射した際、米国は「朝鮮はミサイル発射に失敗、まったく脅威にはなっていない」と説明。今回も日本は米国の慎重な反応に不満を抱いている。それに比べ、「対立面」にある中国とのほうが、地域の「安定維持」に関してより多くの共通認識があると考えている。今月23日の6者協議の日韓首席代表協議では、影響力のある中国に局面の収拾を請うことで合意。日本の杉山晋輔首席代表は自ら直接北京に出向いて中国側の意見を聞きたいと述べた。

長年続く朝鮮半島核問題はイデオロギーや単なる冷戦時代の2大戦略グループの対立ではなく、一種の地政的な勝負となってきていることを示している。

今日に北東アジアは雑居状態で、朝鮮と韓国という仲の悪い兄弟のほか、中国と日本、ロシアは少し遠いが、米国は「遠くの親戚」としてにらみをきかせている。こうした中で何事もないときには大喧嘩をするが、いざ火事が起きれば日頃どんなに仲が悪くても、運命共同体となる。それぞれがけんかしつつも、協力して火を消し止めなければならない。でなければ火の手は激しくなり、自分も危なくなる。遠く離れた米国は「対岸の火」を眺めているだけで、火に油を注ぎさえしなければいい。火を消し止める力があるものが信頼され、火元と関係が近いからといって誤解を招くわけではない。

中国はこうした情勢下にあって、地域の安全をリードするイメージが各国の目に入っている。近年中国と意見が合わない日本もその例外ではない。昨年金正日総書記の死去後に日本の野田首相が訪中した際、日本は中国のこうした重要性を痛感。今回の朝鮮「有事」でこうした認識がより強化されるだろう。(庚欣 日本JCC新日本研究所副所長)

「中国網日本語版(チャイナネット)」2012年3月28日



【中国ブログ】日本人と会話してたら、過去のことは忘れようと思えてきた

【社会ニュース】 2011/06/30(木) 17:58



  中国人ブロガー「中国版矢野浩二」さんは、「日本人と会話してたら、不快な過去のことは忘れようと思えてきた」というタイトルのブログを掲載している。それぞれの言い分を考えた上で、結果的にはブロガーは未来志向の考えを抱いたようだ。以下、ブログの引用。
■厳選!人気の中国ブログ テーマ別アーカイブ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

  最近、日本人と話をしていたら、彼はこんなことを言っていた。「僕は日本人だけど、日本がかつて中国に対しいろいろ悪いことをしたのは知っている。でもそれは50年も60年も昔の話。どうして中国人はいつまでも日本を恨んでいるんだろう。かつてアメリカも日本にひどいことをしたけれど、今の日本の若者はアメリカのものが好きだ。まあ、お年寄りは反感を持っている人もいるけど。

  今の日本の若者たちは、中国や韓国が好きな人も多いし、中国や韓国に旅行に行く人も多い。でも、過去の人の過ちをどうして今の人が背負わなければいけないのだろう。それがまったく分からない。それに、中国人は日本があまり好きじゃないみたい」

  この話を聞いて、僕は日本人の彼に対してこう言った。「中国は別に歴史問題にこだわり続けるつもりはないんだ。ただ、日本政府が過去の過ちを認めずに、靖国神社に参拝を続けているからこうなってしまう。日本政府には過ちを認めるよう抗議しないといけない。靖国参拝は中国やアジア諸国の国民感情を深く傷つけるものだし、ひょっとすると過去の過ちを再び繰り返すことにつながるかもしれない。

  日本政府は国連の常任理事国入りをしようなんていう愚かな考えを持っているようだけど、過去にあんな罪を犯した国がほかの国々から支持を得られるとは思えない。周辺諸国との関係すら良くないのに、ほかの国の信頼なんて得られるはずがない」

 中国人ブロガー「中国版矢野浩二」さんは、「日本人と会話してたら、不快な過去のことは忘れようと思えてきた」というタイトルのブログを掲載している。それぞれの言い分を考えた上で、結果的にはブロガーは未来志向の考えを抱いたようだ。以下、ブログの引用。
■厳選!人気の中国ブログ テーマ別アーカイブ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

  日本人の彼はうなずきながら、こう言った。「その通りだよ。確かに日本政府の政策は良くない。中国人たちが不満に思うのももっともだ。でも、日本の若者たちは、実際のところ政府をあまり支持していない。日本の若者は政治に対する関心なんてないし、投票にも行かない。だから政府と言っても僕らが選んだわけじゃないから何も分からないんだ。政治家を選んでいるのはお年寄りたちで、どういう人が選ばれているのかも僕ら若者は知らない。

  日本の若者は、サッカーと女ぐらいにしか興味がないんだよ。日本の若者はみんな中国が好きだよ。中国の政府だって必ずしも中国人の民意を反映していないことは僕も知っているし、中国人の若者がみんな共産党の支持者だとは思っていない。だから、若い人同士では憎み合う必要はないと思うんだ」。

  それを聞いて、僕は何も言えなかった。日本人の彼によると、責任はすべて日本の政府にあるということだ。そう言われたら、どう返答して良いのか分からなくなる。

  この話のあと、僕はいろいろ考えた。今の日本人とかつての日本人が犯した罪は、確かに関係がない。いつまでもこだわり続けるのはやめて、中国と日本の間の経済交流を進めていった方がよいだろう。日本人は台湾人と同じで、どちらも中華文明の子孫なのだ。ともに協力し合って、東アジア経済圏を発展させようじゃないか。

  日本、韓国、台湾は実力のある国だし、中国も経済発展が進んでいる。中国と日本と韓国が過去を忘れ未来志向で力を合わせたら、きっと向かうところ敵なしだ。きっとEUやアメリカを超えることができるだろう。(引用おわり)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

  ブログ中の日本人が発言している「日本の若者はみんな中国が好き」、「日本の若者は政府を支持していない」などの発言は、ちょっと極端な見方であろう。戦争体験がないのは事実だが、「中国」という国に対してマイナスイメージを持っている若者も少なくない。また、若者の投票率が低いのは確かだが、それでもまったく支持していないわけではないだろう。

  このブロガーは日本の若者に対して多少誤解を抱いてしまったようだが、それでも中国では近年、「日本政府」と「日本人」を分けて捉えようとする言説が増えてきている。経済発展が進むにつれ、「対日感情」の質も変化しているようだ。(編集担当:西山正)



【中国BBS】中国の未来はどうなっていると思う?

【社会ニュース】 2012/03/28(水) 18:56



  中国のネット掲示板に「中国の未来はどうなっていると思う?」というスレッドが立っている。以下、検索サイト「百度」掲示板の翻訳。(  )内は、編集部の“素朴な感想”。
■中国BBS - サーチナ・トピックス
---------------------------------

●スレ主:永恒の虫族
  おまいら、中国の未来はどうなっていると思う? オレには想像がつかん。

---------------------------------

●a2301927
  とりあえず寝ろ。考えすぎると寝れなくなるぞ。

●氷糖
  北朝鮮みたいになる。

●外星人erio
  そんな空想しているよりは、なんかうまいモンでも食った方がいいって。

●幸福?心鎖
  明るい未来!

●SSS帝国
  分からんけど、「某組織」が崩壊する必然的だろうな。
(「某組織」って、どこかの政党のことでしょうかね)

●第73号
  その通りになれば、中国の未来は明るいなw

●単眼皮?猪
  ↑73条に気をつけな。
(中国の刑法73条では、国家の安全に危害を与える疑いがある人を監視できるらしいです)

●Crying小処
  ワカラン。最悪パターンは軍閥による内戦状態。

●Zengbao-naruto
  台湾と一戦交えて祖国統一。ともに豊かになる。今の若者は全滅して祖国統一だ!はっはっは。

●電力星際
  人間が海で養殖されるようになる!
(SFですか)

●Vampire珈藍
  最悪なのは、ウイグルとチベットの分裂。最高に良いのは全地球が真っ赤に染まることだな!
(真っ赤って、共産主義化ということでしょうか)

●穀塵不染的心
  軍閥とかジョーダンみたい。

●Kim小花
  ↑いやいや、歴史は繰り返す。二度目は名前を変えて。

●絶恋?
  この国の政治は持ちこたえられるかね。いつか世界大戦が起きれば楽しいのに。

●VX-striker
  2031年まではアメリカ帝国の最後の繁栄期で、その後のアメリカは今のヨーロッパみたいな感じになるだろう。中国にとっては2021年までが重要で、某政権が持ちこたえられなかったら軍閥内乱状態になるだろう。

●今までに
  CPCが滅びないならば中国が滅びる!
(CPC=Communist Party of China。中国共産党)

●Multitalent
  分からんが、未来はあまり良くないかもしれない。これまで盲目的にまっしぐらに発展してきて、自分を見失っている。後で気づいても遅すぎる。
(編集担当:西山正)


【中国BBS】中国人が反日なのは政府の世論誘導のせい?

【社会ニュース】 2012/03/26(月) 19:24



  中国のネット掲示板で、「中国人が反日なのは、政府による世論誘導の結果ではないか」というタイトルのスレッドが立っている。以下、検索サイト「百度」掲示板の翻訳。(  )内は、編集部の“素朴な感想”。
■中国BBS - サーチナ・トピックス
---------------------------------

●スレ主:我叫空寂?
  80年代に中国とアメリカが蜜月期を迎えていた時期には、南京大虐殺の話題なんて全然出ていなかった。中国人がどの国を嫌うかは、庶民の意識というより政府の世論誘導の結果ではないか。それと、中国人は政治的には反日だけど、文化的にはこの上なく親日。上半身は反日で、下半身は親日だ。実に奇妙。

---------------------------------

●Falling Down
  この国には言論の自由があるからねぇ。
(皮肉でしょうか…)

●電力星際
  国内の矛盾をどうにかするためだろ。

●Crying
  敵対心を弱めるのは良いことだが、我々は歴史から何を学べるか考えなくてはいけない。

●Leaddavid
  ↑歴史から学べるのは、中国人は自分の脳みそを使わずに上から“指導”を受けるだけの人が多いってこと。

●中華永遠
  なんでも政府が原因ってわけでもないだろ。韓国だって日本の植民統治を未だに恨んでいるわけだし。それと、中国人には「大中華コンプレックス」みたいなものがあるからな。かつては中国の方が日本の上をいっていたから、日本に対しては複雑な感情を抱いているのだ。
(大中華コンプレックス、ですか…)

●醤缶工文化
  日本だって政治上は反中でも文化的には親中なんでは?

●外聖人Erio
  当局に誘導されない世論なんて、世界中どこにもないよ。アメリカの世論誘導テクニックは世界一と言われているし。

●荷尓蒙変成液体
  日本が何もやらなかったら、中国のお上だって誘導のしようがなかったはず。だから中国には何の原因もないね。

●氷刀
  政府が世論誘導するのはしょうがないことだよ。国を統治して国内矛盾を転化されるためにはね。

●SSS帝国
  お上は国内の不満を転化させようとするからね。アメリカは強すぎて逆らえないから、怒らせても大丈夫そうな日本をやり玉に挙げているってわけか。

●秋千AS
  中国人が日本を嫌うのは、やはりお上の世論誘導の結果だろう。お上の言うことがすべてだからな。誰かが考えた通りの結果になる。

●外星人Erio
  ↑やむを得ん。中国はアホが多すぎる。お上に洗脳されなくても、今度は西洋社会に洗脳される。88+1年のアレは、別に洗脳された右翼集団がやったというわけでもないだろう。民衆というのは、結局常に何か攻撃対象が欲しいもんなんだ。でも自分たちが攻撃されるのは困るから、スケープゴートが必要になる。それで日本を担ぎ出すんだろう。
(「88+1年のアレ」というのは天安門事件のことですよね)

●轟隆轟隆揮口阿揮
  ↑壁越えソフト使ってYoutube見てみろ。日本人がいかに侵略戦争と南京大虐殺を否定しているかがよく分かる。反日なのは必ずしも政府の誘導ってわけじゃない。
(中国でYoutubeは通常閲覧できないので、「壁越えソフト」が必要)

●秋千AS
  ↑それが日本全体の意見ってわけでもないだろ。

●暗的謝幕
  あの党は自分たちの偉大なる功績だとかは宣伝するけど、党に関係ないことは宣伝しない。国内の矛盾を転化って、それまで政府に不満を抱いていた人が日本に不満を抱くようになったっていうのを見たことあるのか?

●某腹黒的外星人
  ↑大多数の中国人は「日本は謝罪せず歴史を直視せず、教科書を改ざんしている」と思っている。でも実際は謝罪もしているし、改ざんされた教科書の使用率も2%足らず。こんな大誤解が全国的に広がっているのはどうしてよ?

●Shimily_jjj
  大学入学前はお上の影響が大きいけど、大学卒業後は自分の判断力と知識で決めたいもんだ。(編集担当:西山正)
  
スポンサーサイト

コメント

中国の崩壊を望みます

たかおじさん様、初めまして。sancarlosと申します。my日本会員でニックネームは、musoutyuunenと言いました。今度、自分のブログ「護国夢想日記」で拡散しようと思いました。
中国が早く崩壊してくれることを願います。あの国は世界を不幸にするし、我が国に仇名す国でもあります。一緒に頑張りましょう。よろしくお願いします。

中国の崩壊を望みます

>2012-03-30 17:13 | sancarlos様

>たかおじさん様、初めまして。sancarlosと申します。

いらっしゃいませ。

my日本会員でニックネームは、musoutyuunenと言いました。今度、自分のブログ「護国夢想日記」で拡散しようと思いました。

今、フィリピンにいらっしゃるのですか?海外からご覧になれば日本の民主党などがどう評価されているのかお知らせいただければと思います。

まあ、他国の新聞などもチェックしていますが、問題にされていませんね。

>中国が早く崩壊してくれることを願います。あの国は世界を不幸にするし、我が国に仇名す国でもあります。一緒に頑張りましょう。よろしくお願いします。

そうですね。私も一刻も早く中国が崩壊するのが、当の中国人にとっても幸福だろうと思います。奴隷の身分から解放されますからね。

しかしその崩壊が穏やかである可能性は低く、かなりの暴発が予想されますし、大量の武装難民が日本に押し寄せてくるなどが有るでしょう。しかし、今の政権はそれに対する準備を全くしていません。というより、野党も極めて無関心です。

その状態の日本が中国崩壊でどのような脅威を受けるかも心配しなければならないと思っています。一刻も早く、防御策を立てなければ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)