スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州放射線リスク委員会の詐欺商法

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


昨日のエントリー「洗脳」でも触れたが、脱原発派がよく持ち出すデータの元、欧州放射線リスク委員会のバズビー氏について、もうすこし詳しく書いてみる。つまり、彼は詐欺師であり、自分のインチキ商品を売るために脅威を煽っただけであって、それにお花畑が飛びついた。

赤文字は引用

一応原文を抜粋し、要点を付け足したが、あくまで要点であり、正確な内容は各自お調べいただきたい。この引用に続けて内容を説明しているので、特にその必要もないとか思う。

Post-Fukushima 'anti-radiation' pills condemned

by scientists Green party distances itself from Dr Christopher Busby, a former spokesman promoting products following Japanese nuclear disaster

緑の党は、前スポークスマンであったバズビー氏が日本において放射線除去関連商品の販売を行ったために、距離を置いた。

The Green party's former science and technology spokesman is promoting anti-radiation pills to people in Japan affected by the Fukushima nuclear disaster, that leading scientists have condemned as "useless".

バズビー氏が日本で販売している除染グッズは科学的根拠がないとされている。

Dr Christopher Busby, a visiting professor at the University of Ulster, is
championing a series of expensive products and services which, he claims, will
protect people in Japan from the effects of radiation. Among them are mineral
supplements on sale for ¥5,800 (£48) a bottle, urine tests for radioactive
contaminants for ¥98,000 (£808) and food tests for ¥108,000 (£891).


バズビー氏は事故後日本に来て様々な高額インチキ商品を販売した。

The tests are provided by Busby Laboratories and promoted through a body called the Christopher Busby Foundation for the Children of Fukushima (CBFCF). Both the pills and the tests are sold through a website in California called
4u-detox.com, run by a man called James Ryan.


これらの商品はバズビー氏の研究所で開発され、ネットを介して売られた。

Though a controversial figure, Busby has been championed by the anti-nuclear
movement and some environmentalists. He is still consulted by the Green party
on issues such as low-level radiation and depleted uranium, but when contacted
by the Guardian the party distanced itself from Busy's activities. Penny Kemp,
the Green party communications director, said that the party did not condone
Busby's promotion of the products.


バズビー氏は商品販売のために反原子力のキャンペーンを展開した。多くのお花畑がそれに乗った。

In a video on YouTube, Busby says that the calcium and magnesium pills will be
supplied "at the cost of production". But the prices being charged by
4u-detox.com are far greater than those of other mineral supplements on sale in Japan. Chemists in Tokyo sell bottles of 200 pills containing similar
combinations of ingredients for ¥1,029 (£8.49). James Ryan's website also
charges a minimum shipping cost of ¥2,300 (£19).


彼の売る商品が効果があると言うが、価格は原価からすれば異常に高額である。

The Japanese government already monitors human exposure to radiation and tests
food and water, banning contaminated products from sale. It works to stricter
radiation limits than the EU.


日本政府は放射線レベルがEUのそれよりも低いと表明している。

Fukushima prefecture has launched a comprehensive radiation testing programme,
as well as distributing radiation monitors to 280,000 children at elementary and junior high schools. Hospitals at the edge of the exclusion zone are offering
full body radiation scans and the government plans to check the thyroid glands
of 360,000 children by March 2014 ? with follow up tests continuing for the rest of their lives.


福島県からは避難民が強制的に退去させられている。

The CBFCF also solicits donations from the public, to be paid into an account
called Green Audit at a bank in Busby's home town of Aberystwyth. Green Audit is an environmental consultancy and research organisation founded by Busby.


バズビー氏は寄付も呼びかけている。(その金が何処に行くやら)

Launching the products and tests, Busby warns in his video of a public health
catastrophe in Japan caused by the Fukushima explosions, and claims that
radioactive caesium will destroy the heart muscles of Japanese children.


ビデオでは、バズビー氏はいかに放射線が危険であるかを宣伝している。

以下略。

彼の詐欺商法については、このような内容と言うことになり、英紙ガーディアン紙ですっぱ抜かれてから、このバズビー詐欺師はメディアから姿を消している。

下記は

放射線リスク欧州委員会のクリス・バズビー博士、「放射能対策商品」を販売中 61

より引用。

英アルスター大学の客員教授で、ECRR (欧州放射線リスク委員会) の科学委員長であるクリス・バズビー (Christopher Busby) 博士が、「放射能対策商品」を販売しているそうだ (The Guardian の記事より) 。

たとえば「ミネラルサプリメント」は 1 ボトルで 5,800 円、放射性物質による汚染を調べる尿検査キットは 98,000 円、食品検査キットは 108,000 円だそうだ。これら製品はバズビー氏の研究所やCBFCF (Chris Busby Foundation for Children of Fukushima) なる組織が関わっており、4u-Detox というサイトで購入できる。ただし、記事によると「これらのサプリメントは日本で販売されているほかのサプリメントよりも非常に高価」だそうで、たとえば似たような成分のサプリメントは 200 錠入りのボトルが 1,000 円程度で購入できるという。なお、CBFCF 側は「4u-Detox からの金は福島県や日本全国の子供達のために寄付される」と主張しているという。

ちなみに、CBFCF は Green Audit という同じくバズビー氏が関わる組織への寄付も呼びかけている。バズビー氏やこれらの団体は原発事故における放射性物質汚染についてその危険をアピールしているのだが、これらについては内外の研究者や組織などからその信憑性について疑問の声が上がっている。


このバズビー詐欺師は自分のインチキ商品を売るために

「犯罪的なくらい無責任」 欧州放射線リスク委員会のバズビー博士が政府を批判

ニコニコニュース(オリジナル):記事一覧
2011年7月24日(日)18時05分配信

ニコニコニュース(オリジナル) 欧州放射線リスク委員会(以下、ECRR)のクリス・バズビー博士は2011年7月20日、自由報道協会主催の記者会見で、「国際放射線防護委員会(ICRP)による放射線リスクモデルは内部被曝に関する点で、非常に危険だ」と指摘。その上でバズビー博士は「(ICRPのリスクモデルに基づいて)『そこに住み続けて大丈夫だ』と言う(日本)政府は犯罪的なくらい無責任だ」と語った。

その後延々と日本政府が嘘つきであり、放射線が危険であり、癌になるとお花畑を脅かしている。そして事実大勢のお花畑が、この博士とか、リスク委員会という名前に何か権威があると思いこんで騙され、インチキ商品に飛びついた。要するにこの詐欺師は日本にカモを探しに来たのであり、さすがにやりすぎたと緑の党から縁を切られている。

そもそも緑の党自体が、今では環境ビジネスに精を出す営利団体だが、傘下にはあのシーシェパードなどもいる。欧州放射線リスク委員会も同様の環境テロリストである。

一度wikiをご覧になることをお奨めする。

なお、自分で検証する能力のないお花畑には何を言っても通用しないことが分かっているし、今更お花畑にそんな能力が生ずるとも期待しないが、少なくとも、自分たちが詐欺の被害者であることくらいは理解して欲しい。バズビー詐欺師だけではない。武田詐欺師、児玉詐欺師、小出詐欺師と日本には自分の著作や講演料のために平気で嘘をつく輩が非常に多い。


最近もこんな記事があった。

被爆でがんリスク42%増加 放影研、50年余の追跡調査

 広島、長崎の被爆者のうち、30歳で1シーベルト被爆した人が70歳になった時に固形がんで死亡するリスクは、被爆していない人に比べて42%増加することが、日米共同の研究機関「放射線影響研究所」(放影研、広島市・長崎市)の研究で分かった。1日付の米放射線影響学会の学術誌に発表した。

 放影研によると、1950年から2003年まで被爆者約12万人を追跡した調査に基づく研究で、個人線量が推定できる約8万7千人を解析の対象とした。約5万1千人が死亡し、このうち約1万1千人が、肺がんや胃がんなどのさまざまな固形がんで亡くなった。


これを読んで、詐欺師に騙された連中は、それみろ、やはり放射線で癌になるじゃないか、と鬼の首でも取ったように言うかも知れない。その気持ちは分かるが、この記事をきちんと読めば、いかに今問題になっている非難地域の放射線、除染規準、食品規準、瓦礫軒順が安全で健康に全く問題がないかが証明されている。

30才で1SVの被曝をした人が、40年後に42%癌になる可能性が高いと言っているのだが、1SVとは1000mSVであり、それも年間ではなく一時の被曝だ。今、WHOでも100mSVの被曝は、一時のものでも健康被害が認められないと言っているのであり、広島長崎ではその10倍の一時被曝をした人が、40年後に癌になる可能性が高いというのだ。

私は、いつも放射線が無条件で安全だ等と言ってはいない。今のレベルなら問題がないと言っているのであり、当然今回の事故で一時被曝が1SVなら、40年後に42%、本当に癌の発生率が高まるのだろう。が、今問題になっているのは数㎜SVであり、除染に至っては年間(一時ではない)1mSVが除染の規準なのだ。

いかに政府の規準が狂っているか、上記の記事で理解できないのであれば、バズビー詐欺師や武田、児玉、小出詐欺師のカモになるのも当然だろう。

上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

Post-Fukushima 'anti-radiation' pills condemned

by scientists Green party distances itself from Dr Christopher Busby, a former spokesman promoting products following Japanese nuclear disaster


The Green party's former science and technology spokesman is promoting anti-radiation pills to people in Japan affected by the Fukushima nuclear disaster, that leading scientists have condemned as "useless".

Dr Christopher Busby, a visiting professor at the University of Ulster, is
championing a series of expensive products and services which, he claims, will
protect people in Japan from the effects of radiation. Among them are mineral
supplements on sale for ¥5,800 (£48) a bottle, urine tests for radioactive
contaminants for ¥98,000 (£808) and food tests for ¥108,000 (£891).

The tests are provided by Busby Laboratories and promoted through a body called the Christopher Busby Foundation for the Children of Fukushima (CBFCF). Both the pills and the tests are sold through a website in California called
4u-detox.com, run by a man called James Ryan.

Though a controversial figure, Busby has been championed by the anti-nuclear
movement and some environmentalists. He is still consulted by the Green party
on issues such as low-level radiation and depleted uranium, but when contacted
by the Guardian the party distanced itself from Busy's activities. Penny Kemp,
the Green party communications director, said that the party did not condone
Busby's promotion of the products.

In a video on YouTube, Busby says that the calcium and magnesium pills will be
supplied "at the cost of production". But the prices being charged by
4u-detox.com are far greater than those of other mineral supplements on sale in Japan. Chemists in Tokyo sell bottles of 200 pills containing similar
combinations of ingredients for ¥1,029 (£8.49). James Ryan's website also
charges a minimum shipping cost of ¥2,300 (£19).

The Japanese government already monitors human exposure to radiation and tests
food and water, banning contaminated products from sale. It works to stricter
radiation limits than the EU.

Fukushima prefecture has launched a comprehensive radiation testing programme,
as well as distributing radiation monitors to 280,000 children at elementary and junior high schools. Hospitals at the edge of the exclusion zone are offering
full body radiation scans and the government plans to check the thyroid glands
of 360,000 children by March 2014 ? with follow up tests continuing for the rest of their lives.

The CBFCF also solicits donations from the public, to be paid into an account
called Green Audit at a bank in Busby's home town of Aberystwyth. Green Audit is an environmental consultancy and research organisation founded by Busby.

Launching the products and tests, Busby warns in his video of a public health
catastrophe in Japan caused by the Fukushima explosions, and claims that
radioactive caesium will destroy the heart muscles of Japanese children.

He also alleges that the Japanese government is trucking radioactive material
from the Fukushima site all over Japan, in order to "increase the cancer rate in the whole of Japan so that there will be no control group" of children
unaffected by the disaster, in order to help the Japanese government prevent
potential lawsuits from people whose health may have been affected by the
radiation. The pills, he claims, will stop radioactive contaminants attaching
themselves to the DNA of Japanese children.

But Gerry Thomas, professor of molecular pathology at the department of surgery and cancer at Imperial College, London, describes his statements about heart
disease caused by caesium as "ludicrous". She says that radioactive elements do not bind to DNA. "This shows how little he understands about basic radiobiology." Of the products and services being offered, she says, "none of these are
useful at all. Dr Busby should be ashamed of himself."

Professor Ohtsura Niwa, a member of the International Commission on Radiological Protection, said that Busby had offered no evidence for his claims of
deliberate contamination. "It is not possible for the government and Tepco [the company that runs the Fukushima nuclear plant] to cheat people, now that so many citizens equipped with dosimeters are measuring radiation levels all over
Japan," he said.

Niwa described Busby's faith in magnesium and calcium supplements for guarding against radionuclides such as strontium, uranium and plutonium as "baseless".

A Japanese government spokesman also rebutted the accusation of deliberately
contaminating other parts of Japan. Noriyuki Shikata, deputy cabinet secretary
for public affairs in the prime minister's office, said that so far only tsunami debris from Miyako in Iwate prefecture has been transported to Tokyo for incineration, adding that the disposal of waste generated by the disaster applies only to Iwate and Miyagi prefectures, not Fukushima.

"At this point, there are no plans to transport radioactive waste outside
Fukushima prefecture," Shikata said. "Efforts are now being co-ordinated to
construct intermediate storage facilities for radioactive waste inside Fukushima prefecture."

Yasuhito Sasaki, executive director of the Japan Radioisotope Association,
described the idea that large swaths of the country were being deliberately
contaminated as "ridiculous". "No decision has been made on the final disposal
of radioactive waste," he said. "Local governments in Fukushima haven't even
approved a government proposal to store it locally on a temporary basis."

Busby told the Guardian that the money from the sales of pills and tests goes to the CBFCF, which was established by James Ryan. When asked what his involvement with the foundation is, Busby said: "It's got nothing to do with me. He phoned me up and asked if he could use my name and I said he could." But he added: "I'm conducting the tests. I promised him I would measure the samples he sent to me." Asked if Busby Laboratories was his operation, he said, "I'm Busby
Laboratories."

Ryan did not respond to a question from the Guardian on why the products and
services provided by 4u-detox.com are so expensive. Nor did he provide any
evidence for the efficacy of the products when asked.

He did say: "All money from 4u Detox goes to children of Fukushima and children throughout Japan. We have donated a great amount to children of Japan".


Products and services offered by Busby Laboratories and sold through 4u-detox.com


Testing urine for uranium and strontium: ¥98,000 (£808)


Testing food for caesium and iodine: ¥29,800 (£246)

Testing food for plutonium, uranium and strontium: ¥108,000 (£891)

Testing water for caesium and strontium: ¥59,800 (£493)


Russian-made radiation monitors: ¥28,000 yen + ¥3,200 yen for shipping (£257 in total). The same model is available on eBay for £170, including shipping
costs.




英アルスター大学の客員教授で、ECRR (欧州放射線リスク委員会) の科学委員長であるクリス・バズビー (Christopher Busby) 博士が、「放射能対策商品」を販売しているそうだ (The Guardian の記事より) 。

たとえば「ミネラルサプリメント」は 1 ボトルで 5,800 円、放射性物質による汚染を調べる尿検査キットは 98,000 円、食品検査キットは 108,000 円だそうだ。これら製品はバズビー氏の研究所やCBFCF (Chris Busby Foundation for Children of Fukushima) なる組織が関わっており、4u-Detox というサイトで購入できる。ただし、記事によると「これらのサプリメントは日本で販売されているほかのサプリメントよりも非常に高価」だそうで、たとえば似たような成分のサプリメントは 200 錠入りのボトルが 1,000 円程度で購入できるという。なお、CBFCF 側は「4u-Detox からの金は福島県や日本全国の子供達のために寄付される」と主張しているという。

ちなみに、CBFCF は Green Audit という同じくバズビー氏が関わる組織への寄付も呼びかけている。バズビー氏やこれらの団体は原発事故における放射性物質汚染についてその危険をアピールしているのだが、これらについては内外の研究者や組織などからその信憑性について疑問の声が上がっている。



「犯罪的なくらい無責任」 欧州放射線リスク委員会のバズビー博士が政府を批判

ニコニコニュース(オリジナル):記事一覧
2011年7月24日(日)18時05分配信
tweets
350
ECRRのクリス・バズビー博士(写真・左)

ニコニコニュース(オリジナル) 欧州放射線リスク委員会(以下、ECRR)のクリス・バズビー博士は2011年7月20日、自由報道協会主催の記者会見で、「国際放射線防護委員会(ICRP)による放射線リスクモデルは内部被曝に関する点で、非常に危険だ」と指摘。その上でバズビー博士は「(ICRPのリスクモデルに基づいて)『そこに住み続けて大丈夫だ』と言う(日本)政府は犯罪的なくらい無責任だ」と語った。

 バズビー博士が科学議長を務めるECRRは、放射線による人体への影響等について研究する独立機関である。核実験やチェルノブイリ原発事故などで飛散した放射性物質により内部被曝をした人々に疫学(地域や集団内での疾患などを明らかにする)的な調査を行い、ICRPとは別に独自の放射線リスクモデルを構築している。

 「ICRPのリスクモデルは内部被曝に関して、非常に危険だ」「ECRRのリスクモデルを福島第1原発から放出された放射性物質にも適用するべきだ」――。このように語るバズビー博士は、「日本政府はICRPのリスクモデルに基づいて、たとえば『毎時1マイクロシーベルトの地域では安全に暮らせる』と言っている」点に注目する。バズビー博士らの調査によると、福島第1原発から100キロメートル付近を走っていた自動車のエアフィルター内部から人体に非常に有害なα線を放出するプルトニウムやウランが検出されたという。エアフィルターをガイガーカウンターで検査しても低い線量しか示さないため、博士は「毎時1マイクロシーベルトでも避難すべきではないか」と主張する。

 博士はさらに、

「空気中のホットパーティクル(放射能を帯びた粒子)濃度は、北半球で核実験が行われたピークの時と比べても、福島県のほうが約1000倍になっている。そこに今の人口が残るということになると、(福島第1原発から)100キロメートル以内の地域の場合、今後10年間の間にガンの発生率が約32%増加する」
と独自の計算結果を提示し、

「こういうことはかなり前から分かっているので、『そこに住み続いて大丈夫だ』と言う日本政府は犯罪的なくらい無責任ではないか」
と、日本政府の対応を批判した。

(山下真史)

被爆でがんリスク42%増加 放影研、50年余の追跡調査

 広島、長崎の被爆者のうち、30歳で1シーベルト被爆した人が70歳になった時に固形がんで死亡するリスクは、被爆していない人に比べて42%増加することが、日米共同の研究機関「放射線影響研究所」(放影研、広島市・長崎市)の研究で分かった。1日付の米放射線影響学会の学術誌に発表した。

 放影研によると、1950年から2003年まで被爆者約12万人を追跡した調査に基づく研究で、個人線量が推定できる約8万7千人を解析の対象とした。約5万1千人が死亡し、このうち約1万1千人が、肺がんや胃がんなどのさまざまな固形がんで亡くなった。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。