スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳内麻薬に酔いしれる韓国

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


ちょっと前ネタ。昨日の「国防は悪か」で紹介した某ブログのコメント欄が非常に面白い。暇があったら覗いてみてはいかがだろうか。私は核武装論をぶったが、ブログ主氏は、それは筋が通っているが採用されないから言っても無駄だとのこと。また、核武装は使わないことが前提だと私が言っているのに対し、使えない核武装を持つ必要はないと言う御仁もいる。

本日私が書いた同ブログへのコメントでは、

「核が使えない外交手段なのは、双方が互いに完全に相手を破壊する手段を有しているからであり、片方だけがその手段を持っているなら、核は使えるし、それをためらう理由はない。だから核は持たなくてはならず、持って初めて使わない手段となりうる」

と言う趣旨だが、みなさんはどのようにお考えだろうか。一方だけが核を持っているなら相手から報復される心配がないので、好きなだけ恫喝に使えるし、実際に使っても良い。べつに相手を完全消滅させなくとも、都市の一つ二つ消滅させるだけで抵抗力を奪えるだろう。今の日中関係はまさにそのような状態であり、辛うじて中国が核を恫喝に表立って使わないのは、アメリカの核の傘があるからだ。が、最終的にはこれは当てにはならないことも私は書いている。

要するに国を守るのは自分でしなければならず、何処の国も自国民を犠牲にしてまで日本を守ってはくれない。まして理屈の通用しない中ロではそうなのだ。だから、使わないための核を持つ必要があるのだ。

さて、本題。

 韓国メディアが妄想で記事を書くことは日常茶飯事だが、ここまで日本を引きあいに出して自画自賛を重ね、最後に自国の戒めとする。裏を返せば、それだけ韓国内の問題が深刻だと言うことになるだろう。

記事の表題は、韓国をうらやむ日本だそうだが、このような記事を東京から書き送るようでは、我々が実感している以上に韓国は酷いのだろうと思う。韓国が俺たちは偉い、と書くときは必ず国内に問題が大きく存在し、それでも俺たちは日本よりましだとなるのが常だからだ。

アメリカもヨーロッパも深刻な経済不況に見舞われて、通貨の下落が停まらない。それでも日本が自分たちをうらやんでいるなどと日本メディアは書きはしない。まあ、あまりに遠すぎて関心が及ばないこともあるだろうが、暑いにつけ寒いにつけ日本を引きあいに出さなければ気が済まない韓国の意識とは何だろう。別に日本を引きあいに出さなくても自慢したければ自慢すればよいだろうし、反省したければ反省すればよいのではないかと思うのだが。

今回は結果として全文引用になってしまった。突っ込み箇所が満載なのだ。

赤文字は引用

【コラム】韓国をうらやむ日本

日本では今も李明博(イ・ミョンバク)大統領に賛辞を送る人たちが少なくない。李大統領が日本人に評価されるきっかけとなったのは、アラブ首長国連邦・ドバイの原子力発電所の受注だった。世界最高の技術力を有すると自負してきた日本が受注競争で韓国に敗れたことに対し「李大統領によるトップセールスが功を奏した」との見方が広がったからだ。

李明博大統領については、私は評価している。が、歴代の大統領の中では優れているという意味だ。彼が匹敵するかどうかはともかく、同じく私が評価しているのは故朴正煕大統領だが、むろん、二人とも韓国の大統領であり、韓国の国益のために働く。国を売る民主党の歴代の最低、最悪、最ドジョウ総理に比べても評価できる。

が、ドバイに原発を売ったから日本で賛辞がわき起こったとはどういうことか。韓国製原発はとにかくとんでもなく安く、中身はWEに抑えられ、間接的にWEを買った東芝が握っている。そして、技術移転などがこじれ、未だに建設開始が出来ていないと聞いているが、その辺りは韓国メディアは伝えないので分からない。

韓国製原発と言うが、本当にドバイで動くのかどうかも分からないし、なにより実績作りのために取っただけであって利益が犠牲になっている。それで大統領の手腕と言っても、それを今後につなげる体制が韓国にないのであれば、すなわち、独自の生産能力がないのであれば、結局はまた新しい鵜になるだけのことではないのか。


韓国では低価格での受注が李大統領に対する攻撃材料となったが、日本では「総理大臣は一体何をしたのか」という批判が巻き起こった。その後、日本政府は韓国をベンチマーキングし「官民共同によるインフラ輸出」を国家戦略に掲げた。このほか、米国との自由貿易協定(FTA)の締結も、李大統領に対する評価を高めた。これは「指導者たるものは国家の将来のため、たとえ反対意見が多くても決断を下すべきだ」という論理が背景にある。野田佳彦首相が、一種のFTAといえる環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の締結交渉への参加を表明したのも、韓国をけん制しようという心理が働いたとの見方が出ている。

またでたベンチマーキングだが、本当に韓国をまねて政府が売り込みをしたわけではない。なによりあの前総理の物体は、トルコへの売り込みを壊した男であり、それに対して批判がわき起こったからドジョウがあたふた動いただけだし、そしてそれ以前にベトナムは日本から買うことを決めていた。なんでもかんでも日本が韓国の真似をしたと話を作る気持ちは分かるが、要するに嘘でも幸福に酔いしれたいだけのことだ。

 韓国では「無能」の代名詞となってしまった韓国政府だが、日本では「万能」と評されている。

日本の小学生までがKARAや少女時代の歌やダンスを真似するほど「K-POP」の人気が高まったのも、全て韓国政府の政策のおかげというわけだ。K-POP成功の秘訣(ひけつ)について分析した記事で必ず登場するのは、韓国政府が文化の輸出を組織的に支援したという見方だ。

いやはや、文化の押し売りを日本が韓国の真似をしたとのことだが、日本は独自の文化を組織的にずうっと以前から海外に紹介している。決してパクリではなく、外国から観て独自の日本文化として受け容れられるようにしている。近年のアニメや漫画などもそうだろう。が、韓国は日本のアニメや漫画を丸パクリして、ベルギーなどでは日本フェアに割り込んできて韓国漫画などを売っている。これを政府主導でやっているのだとすれば、政府主導のパクリ、泥棒、詐欺であり、恥じるべきことだが、むろん、彼らは日本を出し抜くためにはどんな嘘も当たり前と思っている。


また、ベーカリーやカフェの経営にまで手を広げ、自営業者の没落の主犯と名指しされた財閥グループも、日本では賛辞を送る対象となっている。半導体や携帯電話、造船などの分野で韓国企業が台頭した秘訣は、迅速な意思決定や大規模な投資が可能な財閥のシステムにあるというわけだ。

これについては何度も書いているが、サムソン功なって万骨枯ると言う状況が益々明らかになっている。

ソニーやシャープといった日本を代表する企業が巨額の赤字を計上している中、韓国の財閥は羨望のまなざしで見られているのだ。もちろん、日本でも「サムスンが成功すればするほど、韓国国民が貧しくなる」といった批判もみられる。

批判と言うより、事実の指摘なのだが。

日本の半分程度という法人税や電気料金など、さまざまなメリットを享受し、輸出価格をめぐる競争力を高めている一方で、輸入価格を引き上げることにより市民を苦しめる高いレートなど、韓国政府の政策が韓国企業にとって真の競争力となっているというわけだ。だが、このような主張も、円高を放置し日本企業の業績悪化を招いた日本政府に対する批判へとつながっている。

むろん、日本政府、特に民主政権は酷い。が、それとは別に、韓国製品が売れるのは、単に量産効果と、ウォン安、さらに後述するように、日本の災害やタイの洪水など、韓国企業の自助努力とは別の要素でそうなっているだけだ。韓国の場合はウォン安が極めて深刻であり、韓国のGDPの伸び率が落ちているのに、物価上昇率がその落ちた伸び率以上であり結局韓国人の持つ資産価値が低下し続けているのに、巨大企業だけは海外での安売りの損失を国内の寡占状況を利用して、国内で利益を上げている。サムソンが利益を上げれば挙げるほど、韓国人が搾り取られるシステムを政府が作り上げている。

日本企業が到底ベンチマークするような代物ではない。

 日本人が韓国に対し、過剰なまでに賛辞を送るのは、韓国の弱点を知らないからではなく、日本のもどかしい現実が背景にある。人口は減少し、企業は赤字続きで、国家の債務が急増するなど、将来の見通しが暗い中で、政治家たちは早急に対策を打ち出すどころか、他人に責任を押し付け政争に明け暮れている。
 
 過剰なまでの韓国への賛辞を寡聞にして聞いたことがないのだが、おそらく韓国人の耳には日本からの賛辞の嵐がこだましているのだろう。幻聴だと思う。ここでも国家の債務が急増して、とあるが、単に国債発行額が増えただけのこと。韓国のように、通貨の信用ががた落ちして、円やドルとスワップ協定を結んでやっと支えて貰っているのとは訳が違う。
 
 野党・自民党は、かつて自分たちが公約した政策でも、与党・民主党が推進すれば頑として反対する。毎年首相が交代する中で、1-2カ月もたたないうちに期待が失望に変わる。日本の政治は「ただ首相のせいにし、何事も決断できない政治システム」に成り下がってしまった。
 
 現実に無能な政権は支持を失うのが当然であり、前韓国大統領の前代未聞の脳無ヒョ~ン氏が辞めろコールの中任期満了勤め上げ、挙げ句の果てに岩山から落ちて死んでしまったのはまるで人ごとのような記事だ。
 
 しかし、韓国の政界も、二極化や若者の失業など、当面する課題に対し、苦悩しながら対策を打ち出すのではなく、他人のせいにして非難を浴びせることに夢中だ。野党だけでなく与党も、大統領さえ代わればあらゆる懸案が全て解決するかのような主張を繰り返している。他人のせいにして無駄な歳月を過ごすだけの日本式政治を韓国も踏襲しているという懸念が、杞憂(きゆう)に終わることを願うばかりだ。

そう、他人のせいにする。韓国人の特質だが、それをここで指摘していながら、記事の内容がそれに伴っていない。韓国には民主主義がない。だから、国民が自分の責任で国を作り上げる意識が無く、国が悪いのは誰かのせいだと思い続けている。自分たち主権者の責任だとの意識がない。


日本電子メーカーが没落…「サムスンに世界市場奪われている」

パナソニックはタイの洪水と東日本大震災のような自然災害に円高という悪影響まで重なり営業環境が大きく悪化した結果と説明した。同社の大坪文雄代表は「赤字の最大の要因はテレビ部門。市場で競争している韓国企業などにデザインや技術力など学ばなければならない点があるのは明らかだ」と話した。

これに比べ韓国企業は昨年、比較的善戦した。サムスン電子は売り上げ165兆ウォンに13兆7000億ウォンの純利益を上げた。


よほど、日本の会社の赤字とサムソンの黒字が嬉しいらしいが、サムソンが売れば売るほど日本に貢いでいる状況、サムソンが売れば売るほど韓国人が損をすることについてはここでは触れていない。

日本企業の赤字は、むろん、企業自体の経営責任もあるだろう。が、災害、円高(これを利用して輸出を支えない政府の無能)タイの洪水などなど、不可抗力に近い原因も大きい。それに、実際にはどうなるか分からないが、パナソニックが7800億円もの赤字を出して倒産もしない、縮小もしないとすれば、空恐ろしいほどの規模の会社なのだとつくづく思う。サムソンやLG、現代などはどうなのだろう。


日本のデフォルトリスク、マレーシア・中国以上


 日本のデフォルトリスクが高まったのは、日本の昨年の貿易収支が31年ぶりに赤字となった上、財政赤字が深刻化するなど、日本経済に危険信号が表れているにもかかわらず、政治的な求心力不在で、問題解決の見通しが立たないためだ。

貿易収支が赤になったのは、ひとえに政府の責任だと言って良い。これを全て災害のせいにしているが、円高メリットを活かせず、経済浮揚政策を何一つ示せないからだ。ただ、日本は今は貿易立国ではない。GDPに占める貿易額は15%くらいのもので、OECD加盟国内でもアメリカに次いで低い。日本は貿易で経済を支える形から、海外にある資産から上がる利益で収入を得る形になっている。確かに貿易赤字は良いことではないが、政府が馬鹿だから化石燃料の輸入量が急増したのが主因だ。

もしこれが原因でデフォルトするとすれば、脱原発のリスクが現実に形を表すことになる。

実際はデフォルトはしない。巨大な債権国だからだ。貸し倒れになるとすれば、その時は世界が先にデフォルトしていることになる。

しかし、複数の専門家は、日本の格下げがデフォルトにまで至る可能性は低いとみている。日本国債は日本人による保有比率が95%に達し、世界的に国債の投げ売りを招く可能性が低いとみられるためだ。

債権国であり、国際がほとんど内債である以上、デフォルトは理論上あり得ない。なにより、通貨高がそれを示している。専門家がどう考えようと、市場は日本経済を信用しており、仮に何らかの原因、たとえば日中戦争勃発など、でもないかぎり日本がデフォルトする前に世界がデフォルトする。

韓国経済:「生活の質」伴わない成長、実態が明らかに

 韓国人の生活の質が所得の伸びほど改善していないことが現代経済研究院の分析で分かった。同院が5日発表した「所得の生活の質の格差拡大」と題する報告書によると、韓国の1人当たり国民所得は、1995年の1万1779ドルから2010年の2万756ドルへと15年間で1.8倍に増えた。しかし、同じ期間の「生活の質指数」は100から132.3へと1.3倍上昇したにとどまった。


まあ、様々な状況を見ればこれこそが韓国人の認識しなければならない問題であり、サムソンや現代が売り上げを伸ばした、でも貧乏になったニダとなるのは何故なのかを考えた方がよい。日本市場をねらい撃ちにして安値攻勢で日本から市場を奪った作戦がうまく行ったと思っているのだろうが、それを裏付ける技術がないために結果として売れば売るほど日本に貢ぐ形を作ってしまった。日本から市場を奪う馬鹿な計画を立てたせいだ。

日本が真似の出来ない高級キムチ市場で世界を席巻し、利益を上げるなら日本に貢ぐことにもならなかったのだ。


上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。


【コラム】韓国をうらやむ日本

車学峰(チャ・ハクポン)特派員

 韓国では与党から離党を求める声が出るほどすっかり人気が落ちてしまったが、日本では今も李明博(イ・ミョンバク)大統領に賛辞を送る人たちが少なくない。李大統領が日本人に評価されるきっかけとなったのは、アラブ首長国連邦・ドバイの原子力発電所の受注だった。世界最高の技術力を有すると自負してきた日本が受注競争で韓国に敗れたことに対し「李大統領によるトップセールスが功を奏した」との見方が広がったからだ。韓国では低価格での受注が李大統領に対する攻撃材料となったが、日本では「総理大臣は一体何をしたのか」という批判が巻き起こった。その後、日本政府は韓国をベンチマーキングし「官民共同によるインフラ輸出」を国家戦略に掲げた。このほか、米国との自由貿易協定(FTA)の締結も、李大統領に対する評価を高めた。これは「指導者たるものは国家の将来のため、たとえ反対意見が多くても決断を下すべきだ」という論理が背景にある。野田佳彦首相が、一種のFTAといえる環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の締結交渉への参加を表明したのも、韓国をけん制しようという心理が働いたとの見方が出ている。


 韓国では「無能」の代名詞となってしまった韓国政府だが、日本では「万能」と評されている。日本の小学生までがKARAや少女時代の歌やダンスを真似するほど「K-POP」の人気が高まったのも、全て韓国政府の政策のおかげというわけだ。K-POP成功の秘訣(ひけつ)について分析した記事で必ず登場するのは、韓国政府が文化の輸出を組織的に支援したという見方だ。また、ベーカリーやカフェの経営にまで手を広げ、自営業者の没落の主犯と名指しされた財閥グループも、日本では賛辞を送る対象となっている。半導体や携帯電話、造船などの分野で韓国企業が台頭した秘訣は、迅速な意思決定や大規模な投資が可能な財閥のシステムにあるというわけだ。ソニーやシャープといった日本を代表する企業が巨額の赤字を計上している中、韓国の財閥は羨望のまなざしで見られているのだ。もちろん、日本でも「サムスンが成功すればするほど、韓国国民が貧しくなる」といった批判もみられる。日本の半分程度という法人税や電気料金など、さまざまなメリットを享受し、輸出価格をめぐる競争力を高めている一方で、輸入価格を引き上げることにより市民を苦しめる高いレートなど、韓国政府の政策が韓国企業にとって真の競争力となっているというわけだ。だが、このような主張も、円高を放置し日本企業の業績悪化を招いた日本政府に対する批判へとつながっている。


 日本人が韓国に対し、過剰なまでに賛辞を送るのは、韓国の弱点を知らないからではなく、日本のもどかしい現実が背景にある。人口は減少し、企業は赤字続きで、国家の債務が急増するなど、将来の見通しが暗い中で、政治家たちは早急に対策を打ち出すどころか、他人に責任を押し付け政争に明け暮れている。野党・自民党は、かつて自分たちが公約した政策でも、与党・民主党が推進すれば頑として反対する。毎年首相が交代する中で、1-2カ月もたたないうちに期待が失望に変わる。日本の政治は「ただ首相のせいにし、何事も決断できない政治システム」に成り下がってしまった。しかし、韓国の政界も、二極化や若者の失業など、当面する課題に対し、苦悩しながら対策を打ち出すのではなく、他人のせいにして非難を浴びせることに夢中だ。野党だけでなく与党も、大統領さえ代わればあらゆる懸案が全て解決するかのような主張を繰り返している。他人のせいにして無駄な歳月を過ごすだけの日本式政治を韓国も踏襲しているという懸念が、杞憂(きゆう)に終わることを願うばかりだ。


東京=車学峰(チャ・ハクポン)特派員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



日本電子メーカーが没落…「サムスンに世界市場奪われている」

2012年02月06日09時39分
[? 中央日報/中央日報日本語版] comment0mixihatena0 . 2008年4月1日、朝日新聞は「初芝電器産業は五洋電機と合併して誕生する初芝・五洋ホールディングスの初代社長に島耕作専務を選任した」というスクープ記事を載せた。島社長は実在の人物ではない。作家弘兼憲史が1983年に描き始め、これまでに3500万冊以上売れた漫画「島耕作シリーズ」の主人公だ。昨年発売された6巻で島社長は、「日本は外国から『ガラパゴスのような特異な国』という視線を受けている」と吐露した。すべての技術を日本標準にばかり固執し、世界市場で深刻に遅れをとっているということだ。彼は会社名を初芝から「TECOT」に変え、「海外市場開拓に力を集中し、韓国のソムサン・PG電子に追いつく」と乗り出した。ソムサンとPGはサムスンとLGがモデルだ。

だが、最近発表された日本の電子メーカーの業績を見ると、島社長のシワがさらに深くなりそうだ。初芝のモデルになったパナソニックは3日、2011年度に7800億円の純損失を記録するとの見通しを発表した。昨年10月に出した赤字予想額の4200億円を大幅に上回るもので過去最大規模だ。日本企業の年間赤字幅でも過去最大だ。これまで最大純損失は2008年度に日立が記録した7873億円だった。多くの日本メーカーは4月に始まり翌年3月に終わる会計年度を使っている。

パナソニックはタイの洪水と東日本大震災のような自然災害に円高という悪影響まで重なり営業環境が大きく悪化した結果と説明した。同社の大坪文雄代表は「赤字の最大の要因はテレビ部門。市場で競争している韓国企業などにデザインや技術力など学ばなければならない点があるのは明らかだ」と話した。パナソニックだけでない。ソニーはテレビ事業の不振に業績悪化が続き2200億円の赤字を出す見込みだ。4年連続での赤字だ。赤字規模も94年の2933億円、と2010年の2599億円に次ぐ3番目の規模だ。サムスン電子とのテレビ用LCDパネル合弁から撤退したことで発生した損失を含めテレビ部門だけで2300億円の損失を出した。テレビ部門は8年連続赤字だ。シャープも2011年度の赤字が過去最大の2900億円と推定された。これら日本3大電子メーカーの2011年度の赤字を合わせると1兆2900億円に上る。これに比べ韓国企業は昨年、比較的善戦した。サムスン電子は売り上げ165兆ウォンに13兆7000億ウォンの純利益を上げた。

日本のメディアは一斉に「没落」と大々的に報道した。朝日新聞は「コスト削減では耐えられない円高で利益が急減したうえに世界市場ではテレビと自動車分野で韓国メーカーの猛烈な追撃を受けた」と分析した。産経新聞も「日本の電子メーカーがライバルのサムスン電子などに世界市場を奪われている。電子業界が総体的崩壊状態だ」と報道した。




日本のデフォルトリスク、マレーシア・中国以上

 金融市場では、投資家が評価する日本のデフォルト(債務不履行)リスクがマレーシアや中国を上回った。


 これにより、日本の信用格付けの引き下げが近いという観測が高まり、欧州財政危機が一段落する間もなく、世界経済に赤信号がともるのではないかとの声が出ている。


 韓国の国際金融センターや金融業界によると、デフォルトリスクの指標となる日本のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のプレミアム(上乗せ金利)が1日、136ベーシスポイントまで上昇し、マレーシア(134ベーシスポイント)、中国(132ベーシスポイント)を上回った。


 日本のデフォルトリスクが高まったのは、日本の昨年の貿易収支が31年ぶりに赤字となった上、財政赤字が深刻化するなど、日本経済に危険信号が表れているにもかかわらず、政治的な求心力不在で、問題解決の見通しが立たないためだ。


 経済協力開発機構(OECD)によると、日本の昨年の国内総生産(GDP)に占める財政赤字と政府債務はそれぞれ8.9%、211.7%に達した。財政危機に直面しているPIIGS諸国(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン)の平均7.0%、118.3%よりも深刻だ。


 日本政府は増税を含む財政健全化策を3月末までに国会に提出する方針だが、野党が反対している。格付け会社のスタンダード&プアーズ(S&P)は昨年12月の段階で既に日本の信用格付けを随時引き下げる可能性があるとの警告を発している。


 教保証券のソン・サンフン・リサーチセンター長は「日本経済が揺らげば、日本の投資資金が韓国から一度に流出し、金融市場に負担となるばかりか、円の急落は韓国製品の輸出競争力を低下させる要素になる」と分析した。


 しかし、複数の専門家は、日本の格下げがデフォルトにまで至る可能性は低いとみている。日本国債は日本人による保有比率が95%に達し、世界的に国債の投げ売りを招く可能性が低いとみられるためだ。


崔炯碩(チェ・ヒョンソク)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版





韓国経済:「生活の質」伴わない成長、実態が明らかに

 韓国人の生活の質が所得の伸びほど改善していないことが現代経済研究院の分析で分かった。同院が5日発表した「所得の生活の質の格差拡大」と題する報告書によると、韓国の1人当たり国民所得は、1995年の1万1779ドルから2010年の2万756ドルへと15年間で1.8倍に増えた。しかし、同じ期間の「生活の質指数」は100から132.3へと1.3倍上昇したにとどまった。

 生活の質指数は同院が独自に開発したもので、経済的安定(所得・教育水準)、社会的結び付き(家族・安定・情報・文化)、保健・福祉(健康・社会保障)、生活基盤(住居・環境・交通)という4項目で1995年と比べた指標の変化を数値化したものだ。

 このうち、保健・福祉指数は期待寿命の伸び、医療従事者の増加などで、95年の20から10年には41.5へと2倍以上伸びた。生活基盤指数は住居・環境・交通の改善が続き、30から41.6へと1.3倍上昇した。

 しかし、経済的安定指数は20から18.0へと逆に低下した。雇用不安、所得分配の悪化が原因に挙げられる。95年に2.1%だった失業率は、2000年以降は3%台に上昇した。社会的結び付き指数は、無線通信機器の発達、公演文化の量的成長で情報・文化部門が改善したが、離婚、自殺、犯罪の件数が大きく増え、30から31.2へとほぼ足踏み状態だった。

 同院のキム・ドンヨル首席研究委員は「生活の質指数を向上させるためには、雇用創出と所得分配の改善を通じ、経済的安定性を高める必要がある。家族と安全のための対策も急がれる」と指摘した。

崔炯碩(チェ・ヒョンソク)記者


スポンサーサイト

コメント

少子化

友人の韓国本国人の医師から5年ほど前に聞いた話ですが、韓国の少子化は日本よりも酷いとの事でした。
その時に出生率を調べたところ、チェルノブイリ禍の影響で人為的に控えられたウクライナを最低値として、次いで韓国でした。謀らずもこちらでは確かに日本を凌いでいます。
如何なる社会保障制度かは存じませんが、もし日本を真似ていたなら同じ轍を踏む事となります。

私は少女の尻振り踊りに興味はありません(もっとスケベなのには興味ある)が、あれを文化とするにしてもせいぜい?類でしょう。伝統に裏打ちされていないものは所詮流行りものであり、永続性がないからです。
例えば、海外でじわじわと愛好家を殖やしている日本文化の一つに盆栽があります。流行るのではなく、ゆっくりと浸透して行き、決して廃れる事がありません。今では国内向けの5倍の海外需要があるとの事です。
南部鉄びんもカラーリングされた輸出仕様が持て囃されているそうです。これらは文化?類の好例でしょう。
?類があってこそ、こんな?類もあるのかと多様性も評価されると云うものです。
和装の一方でゴスロリもあるから注目度合いも高まろうと云うものです。
この連綿とした文化の連鎖は、百年かけても容易に出来るものではなく、従って苦し紛れに嘘をつくしかなくなるのでしょう。

少子化(補遺)

東大の学部をもじったつもりが、「?類」に化けてしまいました。
以下の様に訂正したす。

私は少女の尻振り踊りに興味はありません(もっとスケベなのには興味ある)が、あれを文化とするにしてもせいぜい「2類」でしょう。伝統に裏打ちされていないものは所詮流行りものであり、永続性がないからです。

南部鉄びんもカラーリングされた輸出仕様が持て囃されているそうです。これらは文化「1類」の好例でしょう。
「1類」があってこそ、こんな「2類」もあるのかと多様性も評価されると云うものです。

少子化

>
>2012-02-07 00:24 | あづまもぐら様

>謀らずもこちらでは確かに日本を凌いでいます。
>如何なる社会保障制度かは存じませんが、もし日本を真似ていたなら同じ轍を踏む事となります。

韓国は日本など足元にも及ばない学歴社会ですが、その学校の質が悪く、荒廃しきっています。つまり、少子化した上に子供の質が極端に低下しているのです。これは中国も同じことですが、学歴社会とは言いながら、知識の詰め込みしかできない社会に問題があります。

>私は少女の尻振り踊りに興味はありません(もっとスケベなのには興味ある)が、あれを文化とするにしてもせいぜい?類でしょう。伝統に裏打ちされていないものは所詮流行りものであり、永続性がないからです。

あれは劣等日流コピーです。所詮まねごとですよ。彼らには文化がないので、文化とは何かも理解できないのでしょうね。

>例えば、海外でじわじわと愛好家を殖やしている日本文化の一つに盆栽があります。流行るのではなく、ゆっくりと浸透して行き、決して廃れる事がありません。今では国内向けの5倍の海外需要があるとの事です。

文化とは受け容れる方の姿勢が大きくものを言います。ヨーロッパでは100年前にジャポニズムがブームとなり、ゴッホやマネなどが非常に影響を受けたのは良く知られていますが、それが一時のブームではなく今に至るまで持続されています。文化とは、受け容れる方がその動機を持っていてこそ伝搬してゆくものですね。

確かに日本も政策として日本文化の紹介はしていますが、確実に日本に根付いたものをベースにしています。けっして他国のマネをして、ジャズやロックを日本文化だとは言いません。奇しくもおとといですか、スイスローザンヌのバレーコンクールで日本人が優勝しました。ここはかつて多くの日本人が優勝したり良い成績を収めていて、その後海外で活躍しています。が、それでもバレーを日本文化だとは言いません。あくまで日本人が学んだ西欧の芸術であり、そこへ日本人のテーストを付け加えたことが海外で評価されているのです。体格では明らかに日本人は不利ですが、それをカバーできる技量や表現力を日本人が持っていて、それを評価されたわけです。

私はテレビを観ませんので、韓国グループが何をしているのかは余り知りませんが、知っている限りでは、あれは日本のグループのコピーにしか見えません。韓国的な表現とか技量が感じられないのですが、それは私がスケベではないからかもしれません。

>南部鉄びんもカラーリングされた輸出仕様が持て囃されているそうです。これらは文化?類の好例でしょう。

そうですね。そして、洋食器などでも日本的な趣向が込められるから、マイセンやロイヤルコペンハーゲンや、ウェッジウッドとは違う優れものとしての評価があるのでしょうね。

>この連綿とした文化の連鎖は、百年かけても容易に出来るものではなく、従って苦し紛れに嘘をつくしかなくなるのでしょう。

そうですね。文化を海外に紹介したくても無いからパクる。どうせ西洋人はウリジナルと言っても分からないだろう位の気持ちなんでしょうが、当座はだませても化けの皮は剥がれますね。

No title

某ブログのコメント欄を読みました。面白いですね。ブログ主と反対の意見でもコメント欄に載せてくれるのはありがたい。このブログもそうですが極めて公平です。先日私も元左翼の方の某ブログにコメントしたのですが、残念ながら反映されませんでした。事実認識の誤りや意見の相違ならば指摘いただくと、私も勉強になるのですが。

No title

>2012-02-07 12:27 | 花岡 鉄様

>某ブログのコメント欄を読みました。面白いですね。ブログ主と反対の意見でもコメント欄に載せてくれるのはありがたい。

ブログの方針はそれぞれありますが、反論でも載せるブログは貴重ですね。ただ、人気ブログになると、コメント管理が到底追いつかなく、さらに膨大な荒らしが寄せられるので結局承認制にもできずに、コメント機能を廃止するケースがあるようです。

幸い(?)当ブログはそのようなことがありませんし、コメントを下さる方々のほとんどは極めて良質な意見を下さるので、それが励みになりますね。

>このブログもそうですが極めて公平です。

ありがとうございます。反論や批判はご賛同と同様、大切です。あえて反論や批判を寄せて下さる方はある意味真剣に考えて下さる方だと思っていますので。だから、真剣に再反論します。

>先日私も元左翼の方の某ブログにコメントしたのですが、残念ながら反映されませんでした。事実認識の誤りや意見の相違ならば指摘いただくと、私も勉強になるのですが。

多いですね、そう言うところ。そして、美辞麗句賛同賞賛コメントばかりがひしめいています。まるで、一人芝居じゃないかと思えるほど。私も自分のコメント欄にたかおじさんは救世主だと書き込んでみたいですよ、ほんと。←冗談ですからね。

さて、本日のエントリーをUPしました。某ブログについてかなり辛口に書いていますが、皆様はどう感じられるでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし


>12/02/08 xxxxx様

管理者のみ閲覧可能になっていたのですが、内容からして、一般閲覧でもかまわないと思います。が、とりあえず、お名前は伏せました。

>日本メーカーが韓国メーカーを参考にするとすれば、高額な高性能多機能の製品開発よりも高性能単機能でそれなりに価格を抑え誰にでも扱い易いものを創る事ではないかと。

それは昔から言われていますね。が、実際に単機能製品は日本では売れないのです。日本人は新しもの好きで、結局ガラパゴス化と言われても、使いこなせなくても目新しいものを買います。ただし、それが過ぎると、単機能レンジや、単機能携帯などがでてくるのですが。

一つは日本にはメーカーがひしめいており、すこしでも他社と違った物を作らなければならないとの事情があるのと、たしかに日本のようなマーケットでは消費者はその違いにうるさいし、そしてそれが、日本メーカーの技術力を高めています。

単機能製品は確かに必要であり、レンジにしても電話にしても洗濯機にしても最終的にはそのような製品がでてきますが、それまでに蓄えた技術の成果が詰まっており、単に最初から単機能にした製品とは違うのではないでしょうか。

どうしても日本は技術を高めてゆくしか生き残る道はないし、むしろ、単機能製品は韓国に任せ、中身の技術を売って利益を得る道の方が効率がよいと思います。いずれ、韓国通貨安と、たたき売りの製品との価格競争は単機能製品でも損失がかさみますから。

>世界のマーケットは勿論、日本のマーケットでさえ多機能は必要無いとしている消費者の方が圧倒的です。

ところが、売れるのかというと話は別ですね。

>開発の技術者は機能を何でも詰め込み過ぎですね。

それは技術屋自身が知ってはいるんでしょうが、それでは売れないとの矛盾があるんですよ。いくら単機能にしてもどうせ韓国製人には太刀打ちできませんので。

>後は営業努力です。

それは常に必要ですね。


>日本メーカーはネームバリューに胡座をかいて戦後のハングリーな精神を忘れてしまった感があります。

それはそう思える節がありますね。ソニーなどはそうでしょうね。

>モノが良いのだから大丈夫なハズだと、輸出市場でも現地の国の市場調査を怠っているのではないかと思います。今一度商いとは何かを考える必要がありそうです。衰退の原因は大抵、基本原則を忘れたことに原因があるからです。

ただ、韓国のやり方をまねるのは危険ですね。国が自滅してしまえば元も子もありません。

日用品には常に同じ問題がつきまといます。日本がドイツのカメラ市場を奪い、結局その後を低価格で韓国や中国が市場を奪ってゆきます。スイスの時計も、結局は中国韓国の安物が数では席巻してしまったので、スイスは高級機械時計で新しい需要を起こしています。

結局日本も中韓の出来ない高級市場をねらうしかないのでしょうが家電にはその余地は余りありません。あるとすればipadやiphoneのやり方ですね。どうせ中韓がぱくりますので製造技術のないアップルは苦労しています。製造技術を活かした高級品で市場を守り、かつ高機能資材を中韓に売って利益を得る今の方式が良いのではないでしょうか。

HVなどはそれが生きていると思いますよ。まあ、輸出会社は苦労してますが、それでも技術を輸出している会社は余り円高にも苦労していないようです。あくまで日本の家電会社の貿易赤字は、基本的に政府の無策によるものですので、製品開発とは直接の関係はないと思います。

Re: タイトルなし

>12/02/08 xxxx様

> 追伸:私の意見は韓国企業賛辞でも日本企業叩きでもありません。

それは理解しています。単に、日本企業の問題と韓国企業の方針を比較されたものと解釈しております。

>おっしゃる様に韓国には国にも企業にも様々な構造上の欠陥があります。ただ、プレゼンの巧みさは見習うべき所があるかと思っているのです。

なるほど、韓国企業とのつきあいがないので、その辺りは分かりませんが、他国でのプレゼンにはなりふり構わぬ成りすましや対日ネガティブプロパガンダがあると聞いています。それは裏が取れないので、それをブログに書いたことはありませんが、ただ、CMなどで日本企業に成りすましたり、途上国で日本企業と偽って売って歩いた手柄話ならここでも書いたことがあります。

>日本の円高は企業の力ではどうしようもない事ですが、営業や製品開発のコンセプト次第では、まだまだ工夫の余地があるのではないかと思っています。

あると思います。前コメントで書いたように、ブランドにあぐらを書いたこともあると思います。ソニーなどそうでしょうね。しかし、日本メーカーが単機能製品で韓国と張り合うのは無駄です。

>それは例えばアップルの製品に代表されるものとかです。技術力もあり知恵もあり勤勉さも兼ね備えた日本企業ならではの底力を、危機的環境の今こそ発揮して欲しいと願っています。

それはもちろん思います。かつてウォークマンやビデオ、レーザーディスク、DVDなどで日本は十分競争力を持っていたはずです。唯、この分野の製品は量産効果と技術革新で数年で価格が10分の一、100分の一になります。メモリなどは、20年間で数万分の一の価格になりました。そうなると、人件費など言う縮み代のない部分を抱えている日本企業は太刀打ちできません。価格の低下は避けられず、そうなると中韓に勝てないとすれば、中韓の届かない技術をさらに開発するしかありません。

No title

お前はネトウヨおっさんかよ

No title

面白いので展示しておきます。

脳みその無いのに限って、このようなコメントを寄せますね。

------------------------------------------------------------
お前はネトウヨおっさんかよ
2012-02-11 23:59 | 世界地図に日米中露韓しかないおっさんは無様だね URL

------------------------------------------------------------

本人が消さないようにこちらに保管。

なお、これのIDは

eaoska219234.adsl.pppxxxxxx

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。