スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネトウヨ

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


私が急遽このタイトルで書く気になったのは、某SNSで私のある記事に対し、次のようなコメントを受け取ったからだ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「一連の、いかに自分や家族は朝鮮人を嫌っているかをルルと書いた後、

国交断絶を望む、断絶すれば 即潰れる。

甘やかさないにしても、このままにしておけば、今までと同じ。更に闇にまぎれ在日のシロアリが蝕む。不当な手段で日本に貢いでる糞民族の金など(これは韓国が貿易黒字を拡大しても対日赤字がふくらむ鵜状態のことを指す)日本国民は、必要ない、そんな金を貰ってたら 世界中から 馬鹿にされる。(チョン野郎と 同じ)

ガンが、見つかれば 自身の身を斬り裂いても切除する。命懸けの 戦いで、当然、大量の血は 流れる。今も 昔も・・・一億玉砕魂・・・?

今 全ての在日&他国入国者の表で裏での極悪非道は目に余る。韓国北朝鮮の自動消滅はマスコミ情報の想定シナリオにすぎない。国民は洗脳されつつある。

戦後・・・確実に、在日が一方的に拡大してる。ガンで、そのまま日本国、日本人が死ぬのを待つのか?

いろいろな損得など考える必要はない、今迄、そんな事を言ってる日本人が在日に良いように 利用されてきた。

自分は日本国、日本国民 家族を守るために命をかける。鵜として飼い慣らせるならその方が良いならその方向で頑張ってくれ。

 この日記(私の記事)何を伝えたいのか、おおよその考えはすべてわかた」

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

まあ、確かに人それぞれの考えがあるのだろうが、どう考えても韓国人に対する憎悪に凝り固まっているようだ。まさに私が嫌うネトウヨの典型に思える。どのような人物なのか、本人の日記に行ってみたが、プロフィールは全くなし、そして自分の日記は書かず、もっぱら他の人間の韓国ネタにコメントを書いているようだ。それが目的でSNSに加入した御仁と判断した。

さて、上記についてだが、私は日頃から韓国の在り方と、それに同調して日本にかみつく韓国人は嫌いだし批判はしているが、韓国人に対する差別意識は持っていないつもりだ。そのことは過去にも再三書いてきた。また在日韓国人の全てが反日感情に凝り固まっている等とも思わない。したがって、韓国をつぶせば全てが解決すると言う話ではなく新たな問題を作り出すだけなのだ。少なくとも私がかつて関わってきた少数の韓国人達は、ほとんど愛すべき人間達だった。確かに問題もあったが。

かつてヒトラーはユダヤ人の脅威を国民に宣伝し、反ユダヤ人感情を盛り上げ、そしてユダヤ人弾圧を始めた。世界では、民族弾圧を同じように見る。

日本から見て韓国の在り方は卑劣で姑息で嘘に満ちているが、だからといって韓国人を弾圧する結果になったり、国がつぶれて大勢の難民が押し寄せてくるのを排除したりすれば、どんなに日本に正当性があると主張しても、世界の目はユダヤ人弾圧をしたナチスと同様に見る。これは、良い悪いではなく、彼らの古傷だから、無条件に日本は非難されるだけなのだ。

もし日本の正当性が本当に世界に通るなら、なぜ日中戦争のおり、欧米は日本を非難し、アメリカは介入したのか。あれは日本にとって生存のための戦争であったと言っても通らなかったし、そしてアメリカは一方的に中国の言い分に従い対日制裁を発動した。

なぜか。日本が弱者を侵略しているとしか考えなかったからだし、その時には自分たちが何をしたかなど全く考慮の他で、自分たちと同じことを日本がする権利があるとは思わなかった。

弱者の恫喝と言う言葉がある。韓国と日本が同じ土俵で喧嘩をするわけには行かないのだ。韓国が日本の国旗を破るからと、日本が韓国国旗を破ると必ず日本だけが非難される。国の格が違うのだ。それを韓国は知っている。だから、日本を標的とする。

それに応えて、本当に韓国を潰し、大勢の難民を追い返し、在日韓国朝鮮人を追放すれば、それだけで日本は十分世界の敵になる。

韓国が自然消滅する分にはかまわないが、消滅の仕方によっては本当に難民が押し寄せるなど破壊的被害が及ぶ。それなら、飼い殺しのほうが積極的な対処の方法として優れていると言うことを考えるべきなのだ。

それと韓国が日本に貢ぐ金など要らない、日本人は必要ない、そんな金を貰えば世界中から馬鹿にされるとのことだが、その根拠は?日本は韓国に物を売って代金を得ている。別に不正な金を受け取っているわけではないし、それで潤う日本人がかなり居る。そして、それを世界が馬鹿にしている事実がどこかにあるのだろうか。フランスは人権など無関係に中国に愛想を振りまき大量受注をした。クルップは武器を敵対国に売って大きくなった。

日本人のどれだけが、韓国から金を受け取るのは恥ずかしいから要らない、と思っているのだろうか。

また在日韓国人が確実に増えているのは両国の市場規模を考えれば当然の話であり、日本人が韓国に行く理由と、韓国人が日本に来る理由は全く違う。大勢の韓国人が政治にも影響を与えると言っているが、決して主流になっているわけではない。また、世界中の法律では条件を満たせば誰もが国籍を取れ、国籍が有れば国政に参加できるのが普通だ。日本が韓国だけを対象にそれを制限することは今の世界では許されない。精々、犯罪の取締と不正国籍取得、密入国を厳しくするだけだろう。

韓国人憎悪では物事は解決しない。どのみち、韓国は世界では3流国家であり、いくら政府が馬鹿でも、国民や文化経済力などでは日本は一流国家だ。これは各国の国民の意識でも裏付けられている。この日本が受けている恩典を捨てて、韓国と日本が抱き合い心中をする価値など全くない。それとも地上から韓国という国を消滅させ、在日も含めて韓国人も消滅させるのか。それ以外問題は解決しないが、積極的に日本がそんなことをすれば、それこそ、日本が世界に消滅させられる。冗談でもごめんだし、私自身もし日本でそんな議論が出てきたらとんでもないと大反対する。まあ、出てくるわけはないが。

ただし、日本の獅子身中の虫達などは決して許してはならないし、売春婦補償、強制連行、植民地支配、等々の嘘を、解決済みなどとごまかさず、最初から全て嘘だと主張できる政府を作るのが先だ。それは、民主国家である日本の、有権者の責任ではないのか。

たとえば次の例もある意味嘘なのだが、読んだだけでは分からない。

赤文字は引用

不況知らずのサムスン電子、過去最高の業績

 サムスン電子は6日、有機EL(OLED)事業の目覚ましい成長を受け、昨年第4四半期(10-12月)の売上高が47兆ウォン(約3兆1200億円)、営業利益が5兆2000億ウォン(約3500億円)を記録したとの速報値を発表した。この結果、通期の売上高は過去最高の164兆7000億ウォン(約10兆9300億円)に達し、営業利益は16兆1500億ウォン(約1兆700億円)で、前年(17兆3000億ウォン)に次ぐ記録となった。

まことに景気の良い話だし、実際サムソンの収益は非常に大きい。が、なぜ嘘が含まれているかというと、まず、電気会社の利益は日本の会社よりサムソンが大きいだろうが、広く日本から買い続けているサムソンが売り上げを伸ばすと、対日赤字が拡大している事実がある。

また半導体部門以外は軒並みサムソンでも赤字だが、その赤字分やでさえ、日本に金を払っているから日本はその分利益を得ている。

次に、サムソンの大量販売が世界で電化製品の価格を下げ、そして日本人とは違って欧米人はそこそこ使えるなら別にサムソン製でもかまわない。そのかわり、サムソンは国内で利益を確保するため、国内価格を高く設定している。つまり、サムソンの利益のために韓国人が不利益を押しつけられているわけだ。

だから、海外で買った同じ製品が韓国で買うより高くなったりしている。

さらに、韓国には巨大企業が数社しかなく、業界は寡占状態なので売り手市場になり消費者が高くて質の悪い物を買わされているが、その巨大企業には政府の特別支援があり、それが韓国貿易を支えている。言い換えれば、巨大企業に何かが有れば韓国経済自体がひっくり返ることになる。同じ業界で十数社が切磋琢磨し、優れた製品を安く売るのとは全く状況が違う。

韓国市場を独占しているサムソンが巨大な利益を上げることは韓国経済のゆがみを示しているのであり、決してこの記事のように喜ぶべきことではない。それが、ある意味の嘘だ。

そして、韓国にリモコン操作を受けた日本人が騙され続けていると言うが、現実には日本人の対韓意識はけっして良くはない。それは世界中の国の対韓意識が低いのと同じであり、日本中全てが韓国よりになるわけではない。

中国などは、同じく世界では好感度を持たれていない国だが、

中国の嫌韓と韓国の嫌中


因みに反対に「韓国が好き」と答えた中国人は44%、日本人は17%だったそうです。そして42%の中国人が「韓国のテレビドラマや映画などで韓国文化に触れ、韓国に対し親近感を持っている」と答えたそうです。

韓流韓流と騒ぐ割にこんな程度だ。全員が韓国嫌いなどあり得ず、韓国好きなどはさらにあり得ない。

 私たちが否定し排除しなければならないのは韓国という国の対日意識であり、それに同調する韓国人なのであって、現実に存在し2000万からの人間が住む国を無いことにするわけには行かない。それなら、韓国に対する対処をきちんと採りながら接するしかない。全否定で解決するなら気楽な物だ。
 
上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

不況知らずのサムスン電子、過去最高の業績

 サムスン電子は6日、有機EL(OLED)事業の目覚ましい成長を受け、昨年第4四半期(10-12月)の売上高が47兆ウォン(約3兆1200億円)、営業利益が5兆2000億ウォン(約3500億円)を記録したとの速報値を発表した。この結果、通期の売上高は過去最高の164兆7000億ウォン(約10兆9300億円)に達し、営業利益は16兆1500億ウォン(約1兆700億円)で、前年(17兆3000億ウォン)に次ぐ記録となった。


 欧州財政危機で世界的に景気が冷え込む中、ノキア、ソニー、モトローラ、エルピーダメモリなどのライバル企業は多額の赤字を出した。しかし、サムスン電子は技術力をベースに一人勝ちを収めた。半導体、ディスプレー事業は、ライバルの中で唯一黒字を確保した。1-2年前まで存在感が薄かったスマートフォンや有機EL(OLED)などの製品も成長軌道に乗った。アップルは最近、サムスンの競争力を恐れ、特許訴訟でけん制に乗り出している。


■アップルとの競争で鍛えた力


 好業績に最も貢献したのは、「ギャラクシー」シリーズに代表されるスマートフォンだ。サムスンによる昨年のスマートフォン販売台数は1億台で、昨年(2390万台)の4倍以上に増えた。証券会社は、昨年のサムスン電子の営業利益は、半分(8兆ウォン=約5300億円)が携帯電話端末によるものだったとみている。


 2009年には、サムスン電子のスマートフォン市場でのシェアは3.7%にすぎなかった。洗練されたデザインと多彩なアプリケーションを持つアップルの「iPhone」には太刀打ちできなかった。


 しかし、サムスン電子は昨年、ギャラクシーS2、ギャラクシーノートなど薄型で画面が鮮明なスマートフォンを相次いで発売し、業界地図を塗り替えた。昨年第3四半期にはスマートフォンを2800万台販売し、アップル(1700万台)を圧倒的に上回り、世界シェア1位に立った。サムスン電子の申宗均(シン・ジョンギュン)社長は「新たに発売するギャラクシーS3は、以前の製品に比べはるかに良い。期待してほしい」と語った。


■半導体業界で唯一黒字


 半導体事業部も不況に打ち勝った。サムスン電子を代表する製品は何と言ってもDRAM、フラッシュメモリーといったメモリー半導体で、圧倒的な首位の座にある。しかし、昨年はメモリー半導体の価格が過去最低水準まで急落し、困難に直面した。業界2位のハイニックス半導体は、昨年第3四半期に2700億ウォン以上の赤字を出した。


 こうした状況でも、サムスン電子は6兆ウォン(約4000億円)の営業利益を出した。その理由はシステム半導体(非メモリー半導体)にある。メモリー半導体は情報を蓄える役割を担い、システム半導体はデータの演算を行う役割を果たす。インテルが市場を掌握しているCPU(中央演算処理装置)が代表的なシステム半導体だ。


 サムスン電子はこれまで、システム半導体には非常に弱かった。そこで、サムスンはパソコン市場向けではなく、スマートフォン向けのCPUである応用プロセッサー(AP)を強化する道を選んだ。選択と集中という戦略だった。スマートフォン市場が急成長すると、昨年第4四半期には、システム半導体の営業利益がメモリー半導体を上回った。


■OLEDなど新製品で危機克服


 液晶パネル事業も昨年はつらい1年だった。中国、台湾の低価格攻勢に押され、液晶パネル価格が暴落したためだ。LGディスプレーは昨年第3四半期に5000億ウォン(約330億円)という多額の赤字を出した。日本、中国のメーカーも軒並み赤字だった。


 サムスンは次世代のディスプレーとされるOLEDで危機を乗り切った。液晶ディスプレーに比べ明るく鮮明な上、薄型化が可能なのが強みだ。技術は日本のNECが先に開発したが、製品化できずに事業を放棄した。サムスンは得意の製造技術力でOLEDの量産に唯一成功した。サムスンは昨年、OLED部門で9000億ウォン(約600億円)の営業利益を上げた。


白剛寧(ペク・カンニョン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版




中国の嫌韓と韓国の嫌中

2012年01月06日 20:54



支持する0
 『環球網』が、『東亜日報』と『朝日新聞』が共同で行った日中韓3ヶ国世論調査の結果について言及しており(「??称?国人?中国“好感度”?降 ?3成看好中??系」調査によると韓国人の中国人に対する”好感度”は急激に下がっており、3割の者が中韓関係が良いと見ている)、いろいろ興味深かったもので、これについて少し。


1 3ヶ国世論調査
 『朝日新聞』が共同で起こったということで、ネットで探してみたところ見つかった記事が「日中韓FTA「賛成」過半数 3カ国共同世論調査」で、関連記事は後日掲載されるということでしたが、メインはFTAに関する記事となっていました。


 それでも日中韓三国の関係についても多少言及しており、以下のような記載がありました。

 ただ、他の2国との関係は、3カ国とも「うまくいっているとは思わない」が「うまくいっていると思う」を上回った。

 「うまくいっているとは思わない」がとりわけ高かったのが日中関係で、日本で83%、中国でも62%。調査をした昨年12月は慰安婦問題で日本への批判が高まっていたためか、日韓関係が「うまくいっているとは思わない」も韓国で62%と高めだった。

2 韓国人の中国人に対する印象
 『環球網』は標題にあるように、中国人と韓国人の関係(印象)について主に言及しております。韓国で中国を「好き」と答えた者は12%で前回(2005年)の20%より大きく低下しています。反対に中国が嫌いと答えた者は40%(前回24%)と大きく増加しています。中韓関係についても「良好」と答えた韓国人は31%に留まり、前回の51%より大きく減少しております。

 韓国人の日本に対する印象も紹介しています。当然の如く低く日本を「好き」と答えた者は12%にしかすぎません。しかし前回8%だったので、僅かですが増加しています。又日韓関係を「良好」と見る韓国人も6%から31%に増えています。

 因みに反対に「韓国が好き」と答えた中国人は44%、日本人は17%だったそうです。そして42%の中国人が「韓国のテレビドラマや映画などで韓国文化に触れ、韓国に対し親近感を持っている」と答えたそうです。

 『環球網』は李揆亨在中韓国大使に取材をしており、李大使は両国には先入観があり、これをなくすためには、両国は互いに相手を理解するように努力しなくてはならず、そのためには交流を活発にし、互いに交流を深めなくてはならないと述べております。


3 中国の嫌韓
 因みにこの調査が実施されたのが昨年の12月17、18日です。いろいろ差し障りがあったためか記事では言及されておりませんが、どう考えても12月12日に発生した韓国の海洋警備艇隊員が韓国領海内で違法操業をしていた中国人漁師に刺殺された事件が影響を与えているのは間違いありません。

 ある意味最悪のタイミングで韓国の中国に対する世論調査が実現されたわけですが、この記事が掲載されたのが、愛国主義者が見ることが多い『環球網』ですので、当然こうした記事には大いに反応し、コメントは嫌韓一色となっております。


 棒子(韓国人に対する蔑称)と交流をしてよかったことはない、経済的には私の金を儲けて、軍事的には封じ込めに参加する。また全国民に対し、我々の領土を侵略するように鼓舞している。棒子、我が国から出て行け。

 棒子は無限の恥知らずだ。

 もしおまえが、南朝鮮に対し好感をもっていたとしたら、おまえは精神病患者か知恵遅れのどちらかだ。
 斯様に、「棒子」「南朝鮮」(南韓)といった明らかな韓国に対する蔑称を用いてコメントを書き込んでおり、かなり激しい口調となっております。これまでも何度か中国の「嫌韓」について紹介してきましたが(中国人ネットユーザーの嫌韓2題、中国漁船韓国警備艇衝突事件(中韓コメント)等)、相変わらずといったところです。


4 最後に
 先に書いた様にこれは日中韓3ヶ国の調査ですので、その気になれば、韓国を日本に置き換えた記事も書けたはずであり、そうした記事が掲載されていれば、同じように嫌日のコメントがずらりと並んだかと思います。

 どうして『環球網』が韓国を選んだのか多少気になると共に、この3ヶ国の間には本当にいろいろ難しい問題が多く、こうした感情的なわだかまりが無くなるのは、まだまだ先のことだなと実感させてくれる記事でもありました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。