スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つくづく半島は

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


昨日は韓国の二つのBBSを紹介し、中国と違って自由な発言が存在する韓国ネットだから、それぞれの異なる論調も韓国社会の中にあるものだ。その意味で韓国が分かるが、当然ながらありとあらゆる発言の中のごく一部でしかない。ただ、韓国政府の行動や声明、オピニオン紙ともいうべき新聞などの論調も基本的には日本を一方的に貶め、攻撃し、すこしでも韓国と異なる意見は右翼と決め付けているし、また昨日の料理のBBSにしても別に日本が正しいと行っているわけではない。

およそ、私たちが誰かに批判を受けた場合、その相手によって受け止める深刻度は大きく違う。幼い子供が、馬鹿と言ったり、お前の母ちゃんでべそと悪たれを言ってもそれを真に受けて腹を立てる大人は居ない。腹を立てるのは同じく幼い子供だろうし、確かに子供同士ではそれは深刻な批判なのだろう。

母親がでべそであるか否かは問題ではない。そこで、子供達が真実を検証しようとの発想はない。ようするに、相手の母親がでべそであると主張し、相手がそれで傷つくことで目的を達するわけだ。

大人になってからはこのような悪口を言われたことはないし、まあ子供時代はしょうがないと私も思い出すくらいの物だ。

ところが、国際社会においてはこのように、真実など全く無関係に、一方的に口汚く罵る国がかなりある。口汚く罵らないまでも真実など全く検証する姿勢も見せずに相手を攻撃する国がある。

赤文字 は引用

北朝鮮、野田首相を名指し非難 「拉致問題、存在しない」

 【ソウル=島谷英明】北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、金正日総書記の死去に日本政府が弔意を示さず、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)幹部の弔問を許可しなかったことに関して、野田佳彦首相や藤村修官房長官を名指しして「日朝関係の展望をさらに暗くした。我が軍隊と人民は決して許さない」などと非難した。朝鮮通信(東京)が伝えた。

今北朝鮮が何をしようと何を言おうとそれをまともに受け取る国など少なくとも先進国にはない。どうせ、異常な国なのであり、何を言おうとそれが真実かどうかなど検証する意味はない。軍隊と人民は許さないと息巻いていても、そうだそうだと同調してくれる国はないようだ。つまり、北朝鮮がなんと言おうと、お前の母ちゃんでべそ、と同じレベルでしか思われていないのだ。

大体が、北朝鮮に人民の意思があるはずが無く、また国家間の問題に軍が関与するなどもあり得ないのだが、それを真っ先に持ってくること自体が、金正恩など、軍の口ぱく人形に過ぎないことを吐露している。

北朝鮮にはまともな外交力など無い。まともに相手にしている国など無い。あるのは、核技術が欲しい独裁国家くらいだろうが、それで、まともな相手をしているわけではない。

あと、あるのは中国の後ろ盾と、わずかな核を以ての恫喝だけだ。

ところが、これは北朝鮮に限ったことではないのだ。

昨日こんな記事が目をひいた。

日本の市議会議員4人が尖閣諸島に不法上陸

読売新聞電子版など日本メディアは3日、沖縄県石垣市の仲間均市議会議員ら4人がこの日午前に尖閣諸島のうち最も大きい魚釣島に上陸した。彼らは2日午後10時40分ごろに魚釣島から約170キロメートル離れた石垣港を出発した。彼らは上陸から1時間で島を離れた。石垣市議会の「尖閣諸島を守る会」の会員の仲間議員らは尖閣漁船衝突事件が発生した2010年9月に市議会で「尖閣諸島視察を認める法案」を可決させた。同年12月に日本政府の許可を得ずに尖閣諸島の南小島に上陸した。

日本政府は尖閣諸島が行政区域上は石垣市に属すると主張しながらも島への上陸は禁止している。警察は国の許可なく上陸した仲間議員らを軽犯罪法違反容疑で取り調べる方針だ。


まず、尖閣列島については日中間の問題であり、韓国は完全な第三者である。したがって、どうしても伝えたければ、日本の議員が上陸したというだけだろうし、見出しに不法上陸とつければ、彼らが不法に中国の領土を侵犯したかのような印象操作にならないだろうか。むろん、文章を読めば不法とは、警察の許可無く上陸したことだろうが、それはあくまで日本の国内法の問題だ。

尖閣列島は個人の所有であり、所有者が埼玉にいる。個人の土地に勝手に上陸すれば確かに不法だろうが、あくまで国内問題であり、韓国メディアが嬉しそうに書くようなことではないだろう。

また、所有者の許可を得れば基本的に国の許可は要らないはずだが、どうして国の許可が要るのか、これは別の問題だが不思議だ。

韓国が官民挙げて嘘つき国家であることはつとに有名だが、こんな記事を読んでさすがは韓国と感心した。

韓国・高速鉄道の「約束」ほご? 平昌冬季五輪招致で

昨年7月、2018年冬季五輪の開催地が平昌に決まったと発表するIOCのロゲ会長=ダーバン(AP=共同) 【ソウル共同】韓国北東部の平昌で2018年開催が決まっている冬季五輪に絡み、MBCテレビは3日夜、同国の五輪招致委員会が招致活動時に確約した仁川国際空港から平昌までの高速鉄道建設を韓国政府が行わないと決めた、と伝えた。韓国政府は「建設計画は初めからなく、招致委が(政府との)協議もなく発表した」と主張しているという。韓国招致委は「高速鉄道で仁川から68分で会場に着く」と説明、誘致に成功していた。

ここで呆れるのが、五輪招致の条件として会場までのアクセスがあり、そのために高速鉄道を開通させるというのが大きなポイントになったはずだ。そして招致が決まった後、あれはウソピョ~ンと言われても、IOCとしては、耳を疑うしかないのではないか。韓国が何を約束しても全く責任を負わず人のせいにするのは日中では知られているが(とはいえ後述のように民主政権は信じているようだ)さすがにIOCまではそのことは伝わっていなかったようだ。

会場にはろくな競技施設がないし、今から作るのだが、本当に出来るのか、というより、高速鉄道と同じで、出来なかったから最悪日本の施設を使って韓国開催と言うことにしようくらいのことは言いかねないし、もし民主がその時政権にいたら、そうしかねない。なにしろ日韓共催ワールドカップの例がある。

会場が出来てもアクセスが出来ず、地元にはまともな収容力がなければ、実際は開催など到底無理だろうと思うが。いまから、高速鉄道の計画を立てても到底間に合うはずはなく、どうするつもりなのか。無責任と言って済むことではないはずなのだが。

そして、招致委員会に責任を押しつけている政府がまたあきれ果てる。五輪招致は国家事業だろう。国家挙げての運動だったはずだ。それが、韓国ケンチャナヨ招致委員会が勝手に国家計画をでっち上げ提示し、それで五輪招致をしたら、今度はあの高速鉄道については俺達は知らない、招致委員会が勝手にやったと白々しくも言う韓国政府に、どれだけの信がおけるだろう。

IOCの失敗は、韓国を先進国と勘違いし、国家事業として五輪招致をするからには、その提示された条件は全て国家が責任を持っているはずだと勝手に思いこんだことだろう。その意味ではIOCにも大きな責任がある。
 
韓国は嘘つき国家なのだ。民間レベルではかなり国際的に知られてきているが、ここまで酷いとは、たとえばパラオ大橋やインドネシア沖地震の寄付金未払いなど多くの前例があるはずなのに、なぜIOCは韓国を信じたのか。それがIOCの問題だろう。

韓国がどのような国かと言えば、このような記事からも分かる。

野田首相が「手土産」持って訪韓も国民感情の改善は難しい

  韓国の聯合ニュースは18日、野田首相が「手土産」を持って訪問したことを伝えた。韓国の大統領府はこの日、『日韓図書協定』に基づき、日本に略奪された朝鮮半島由来の図書1205冊のうちの一部が韓国に返還されると発表した。

  韓国の専門家は次のように分析する。日本の民主党はアジアに重視しているが、近ごろまた中国の台頭に敏感に反応し、日韓の協力を強化する必要があると思うようになっている。そのため、韓国を最初の訪問先に選んだ。これは韓国の日本の外交における地位が高まったことを示している。ところが、野田首相が韓国を訪問しても、日韓の間で竹島、慰安婦、靖国(やすくに)神社参拝、歴史教科書の4つの問題について有効な解決策がまとまることは期待できず、双方が立場を再度表明する段階にとどまると見られる。(編集担当:米原裕子)

  
 まず、あの手土産が、民団の世話になった民主党が国民の意思を無視して行ったスワップ枠拡大同様、韓国に取り入るためのご機嫌取りだったわけだ。その辺は韓国に見透かされ、おみやげを持っていったら売春婦補償問題がさらにわき起こったのだ。
 
 韓国は、相手が下手に出ると見るとさらに嵩にかかってたかりに来る国だ。売春婦問題にしても竹島問題にしても教科書問題、靖国問題、日本海問題、強制連行問題など等、韓国側の言いがかりには何一つ検証できる物がないし、そして韓国は国際裁判も拒否している。とにかく日本が下手に出れば高飛車にたかりに来るのが韓国であり、その繰り返しだった。
 
 全て、韓国が嘘を付いている、もし本当だというなら事実を示す証拠を出せ、と言えば情に訴えるしかないと言い出す。
 
 嘘か本当か、併合時代、朝鮮総督府に日本外務省が送った指示として、朝鮮人はすぐに裏切るので信用してはならない、朝鮮人に優しくするとつけあがるので厳しく当たれ、朝鮮人に任せず、必ず監視を付けろ、などなどがあったという。
 
 「併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達」で検索すると様々出てくるが、次のようなのはすぐに出てくる。実際の朝鮮の歴史や現在に至るまでの韓国北朝鮮の在り方を見ると極めて正鵠を射ていると思うので、通達が事実かどうかを別として引用する。

 というより、正式な公文書としての記録は見つかっていない。ただ、日本軍の朝鮮人取り扱いマニュアルは公式の物のようだ。アメリカ軍のマニュアルも、今も十分通用する内容だと思うが。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



■併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達

一、朝鮮人には対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心掛けること。

一、朝鮮人には絶対に謝罪してはならない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。

一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い、決して情を移さぬこと。

一、裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖あり。

一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること実に多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える傾向あり、重々注意せよ。

一、朝鮮人は虚言を弄する習癖を持っているので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。

一、朝鮮人と商取引を行う際には、正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。

一、盗癖があるので、金品貴重品は決して管理させてはならない。

一、職務怠慢、手抜きは日常茶飯事であるので、重要な職務は決して任せてはいけない。食品調理、精密機械の製作等は決してやらせぬこと。

一、遵法精神がなく規則軽視、法規無視は日常の事である。些細な法規違反でも見逃さず取り締まること。

一、朝鮮人には日常的に叱責の態度で接すること。勝利感を持つと傲岸不遜となるので決して賞賛せぬこと。

一、朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。

一、朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みを抱き後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄の官公署特に警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。危険を感じたる場合、即座に通報すること。

一、朝鮮人と会見する場合、相手方より大人数で臨むこと。武術等の心得ある者を最低二名から数名は随伴すべし。婦女子が単身及び少人数で会見することは、強姦及び秘密の暴露を言い立てての脅迫を受け、隷属化を招く危険があるので絶対に避けること。武術心得あるか、大柄強面にして強気なる男子を必ず複数名随伴同席せしむること。

一、争議に際して、弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。権威称号を称する同道者については、関係各所への身元照会を行うこと。

一、朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。子女の独り歩きは厳に戒めて禁ずべし。交渉に先立ち人質を取る習癖あり。仲間を語らい暴行殺害を企てている場合が大半であるので、呼出には決して応じてはならない。

一、不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので、関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。

一、不当争議に屈せぬ場合、近隣や職場等周辺に誹謗中傷する例多々あり。隣人と職場に不審者との係争を周知し、流言蜚語により孤立せらるることなきようにせよ。

一、差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せしめよ。

一、無理の通らぬ場合には器物を破損し暴れ出す習癖があるから、日本人十名で一名の朝鮮人を包囲し制圧せよ。

一、排便してはならない場所をよく教えること。

一、排便、汚物取扱後は手を洗浄することをよく教え、かつ毎回確認すること。

一、食物と汚物の区別をよく教えること。一旦床に落ちた食物は既に汚物であることを十分認識せしめるように。

一、塵芥(じんがい。主に生ゴミのこと)の廃棄に関する規則を遵守するよう折に触れて繰り返し強く命じること。

一、朝鮮漬の製作は厳に戒めて禁じること。

一、調理器具と掃除道具の区別をよく教えること。

一、食器と洗面器の区別をよく教えること。

一、毎日入浴する習慣をよく教えること。


■旧日本陸軍の朝鮮兵に対する注意書き

一、いつ、いかなる時でも唐辛子粉を食事に際し好きなだけ使わすこと。

一、絶対に頭、体を叩いてはいけない。怨みを持って復讐する気質があり、脱走の原因となる。

一、清潔な食事運搬用バケツと雑巾バケツの区別をよく教えること。

一、危険な状況下では銃を投げ捨てて哀号!と泣き出す習癖があるから、日本兵二名で一名の朝鮮兵を入れて行動せよ。

■米軍による韓国兵の扱いマニュアル

1.韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。

2.命令を聞かない場合は身体で解らせろ。

3.同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上と言うことを身体で解らせろ。

4.理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。

5.身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。

6.相手を3才児と思い、信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

私自身は、日本への恫喝、様々なパクリ、犯罪大国、歴史の創造、などなど半島の在り方を見る限り上記が間違っているとは思えない。

ところで、たびたび書くが、嘘と出鱈目と捏造といい加減で固まっている韓国メディアが時々優れた記事を書くことがある。


【コラム】誰もがあざ笑う社会


 大統領、宗教家、学者、小説家、判事、記者。今や誰一人として敬語を使わない。最後のとりでと思われていた聖職者たちまでが、大統領に対して何のためらいもなく「ネズミのような」という下品な表現を使う。判事も「骨の髄まで親米」「閣下をわなにはめる」といった表現であざ笑う。第1次世界大戦時にフランスがドイツを阻むために国境に構築した「マジノ戦線」があっけなく破られてしまったように、一国の精神文化は言語のマジノ戦線を死守できないのだ。
 
 韓国のメディアの論調、与野党議員の発言などまさにその通りで、彼らに言霊という概念は到底理解できないのだろうと思う。
 
 良く引きあいに出される例だが、民主主義のお手本とされる英国議会では(英国が民主主義のお手本とは到底思わないし、ジェントルマンの国などとはほど遠いことはここではさておき)与野党が激しく論争をするが、そのようなときでも相手を罵ることはしない。「尊敬すべき○○議員閣下」と呼びかけ痛烈な皮肉で攻撃するのが一般的なのだそうだ。
 
 まあ、通常の先進国では大体こんな物だろうが、たとえばアメリカが精々サダムやビンラディンを悪魔と罵るくらいだろう。日本の前任、さらにその前任などの総理達は、アメリカにしてみればたたきつぶしたいだろうが罵りはしない。
 
 日本の政治家達も与野党激しくやり合っても敬語は使っている。日本のメディアにしてもそうだ。あからさまに政治家を馬鹿扱いしたり侮辱すれば読者の反感を買うから、そのような書き方はしない。
 
 しかるに、韓国ではこの筆者が嘆くような状況のようだ。むろん、私たちが日本語に訳された物を読む場合はかなりニュアンスが変わっているのだろうと思うが、それでも伝わってくる。まして、相手が日本の場合は、どれだけ口汚く罵るのが愛国心を示すことになるか競っているようだ。
 
 侮辱や罵りは劣等感の裏返しであり、相手を罵ることで自分が上位にあるような錯覚を覚え満足するのだが、それは冒頭の、おまえのかあちゃんでべそ、と同じなのだ。相手を傷つければそれで自分の目的を達成でき幸せになるわけだ。
 
 が、あいにくそれが通用するのは子供同士だからであり、大人は子供に悪態をつかれて傷つくようなことなどあり得ないし、まあ子供だからと気にもしない。
 
 ところが、北朝鮮、南朝鮮とも、この子供同士のメンタリティが政治を動かし、世論を形作り、そしてメディアがそれを国民に伝えている。それ以外の方法だと国民が理解できないからだとは思うが、たかが子供じみた悪態では済まない。実際に日本はそれによって限りない損害を受け、そしてとうとう、それに同調する政権まで生み出してしまった。
 
 言葉遣いはともかく、真実の証明など無関係に声のでかい方を信じてしまう幼児性は、日本にも根強くあるのだと思う。脱原発や日本が借金国家だなどという主張がはびこるのもそんなためだろう。

上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

北朝鮮、野田首相を名指し非難 「拉致問題、存在しない」

2012/1/3 19:30

 【ソウル=島谷英明】北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、金正日総書記の死去に日本政府が弔意を示さず、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)幹部の弔問を許可しなかったことに関して、野田佳彦首相や藤村修官房長官を名指しして「日朝関係の展望をさらに暗くした。我が軍隊と人民は決して許さない」などと非難した。朝鮮通信(東京)が伝えた。

 日本人の拉致問題についても「もはや存在しない問題」と改めて主張し、対日強硬姿勢の継続を鮮明にした。



日本の市議会議員4人が尖閣諸島に不法上陸

2012年01月04日08時36分


日本と中国が領有権を争っている東中国海の尖閣諸島(中国名・釣魚島)で新年早々から緊張が感知されている。日中両国は2010年に尖閣諸島付近で中国漁船と日本の海上保安庁巡視船の衝突事件で深刻な外交対立を経た。

読売新聞電子版など日本メディアは3日、沖縄県石垣市の仲間均市議会議員ら4人がこの日午前に尖閣諸島のうち最も大きい魚釣島に上陸した。彼らは2日午後10時40分ごろに魚釣島から約170キロメートル離れた石垣港を出発した。彼らは上陸から1時間で島を離れた。石垣市議会の「尖閣諸島を守る会」の会員の仲間議員らは尖閣漁船衝突事件が発生した2010年9月に市議会で「尖閣諸島視察を認める法案」を可決させた。同年12月に日本政府の許可を得ずに尖閣諸島の南小島に上陸した。

日本政府は尖閣諸島が行政区域上は石垣市に属すると主張しながらも島への上陸は禁止している。警察は国の許可なく上陸した仲間議員らを軽犯罪法違反容疑で取り調べる方針だ。

中国外交部の洪磊報道官はこの日外交部のサイトに「中国は今回の事案に対し日本側に厳重に抗議した。釣魚島と付属島しょは以前から中国の固有領土という点を再度確認する」と明らかにした。

一方、やはり尖閣諸島の領有権を主張する香港と台湾の団体「世界中国人釣魚島保護連盟」が3日午後1時に尖閣諸島に向かい香港から漁船を出発させたが当局の阻止によりすぐに戻った。この団体は昨年1月2日に香港と台湾・中国・マカオ・米国などの活動家が集まって設立した。彼らは団体設立1周年を記念して今回の航海を計画した。 .



韓国・高速鉄道の「約束」ほご? 平昌冬季五輪招致で

2012年01月04日17時03分

提供:共同通信

 昨年7月、2018年冬季五輪の開催地が平昌に決まったと発表するIOCのロゲ会長=ダーバン(AP=共同) 【ソウル共同】韓国北東部の平昌で2018年開催が決まっている冬季五輪に絡み、MBCテレビは3日夜、同国の五輪招致委員会が招致活動時に確約した仁川国際空港から平昌までの高速鉄道建設を韓国政府が行わないと決めた、と伝えた。韓国政府は「建設計画は初めからなく、招致委が(政府との)協議もなく発表した」と主張しているという。韓国招致委は「高速鉄道で仁川から68分で会場に着く」と説明、誘致に成功していた。



野田首相が「手土産」持って訪韓も国民感情の改善は難しい

2011/10/20(木) 15:17

  日本の野田佳彦首相は18日夜、ソウルに到着し、韓国訪問を開始した。野田首相は韓国を最初の訪問先に選び、朝鮮半島由来の図書などの「手土産」を持って訪問したが、日韓両国民の間には対立感情が今も残っている。韓国で18日、反日デモがあり、日本国内でも反韓デモが行われた。韓国紙は、「近ごろ、日本のネットユーザーの反韓感情は急激にエスカレートしている」と論じた。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

  訪問日程によると、野田首相は19日に韓国の李明博大統領と非公開会談を行ったあと、さらなる話し合いを展開し、日韓自由貿易協定(FTA)、慰安婦問題、竹島(韓国名:独島)の領有権争いなどについて突っ込んだ意見交換を行う。

  韓国の聯合ニュースは18日、野田首相が「手土産」を持って訪問したことを伝えた。韓国の大統領府はこの日、『日韓図書協定』に基づき、日本に略奪された朝鮮半島由来の図書1205冊のうちの一部が韓国に返還されると発表した。

  韓国の専門家は次のように分析する。日本の民主党はアジアに重視しているが、近ごろまた中国の台頭に敏感に反応し、日韓の協力を強化する必要があると思うようになっている。そのため、韓国を最初の訪問先に選んだ。これは韓国の日本の外交における地位が高まったことを示している。ところが、野田首相が韓国を訪問しても、日韓の間で竹島、慰安婦、靖国(やすくに)神社参拝、歴史教科書の4つの問題について有効な解決策がまとまることは期待できず、双方が立場を再度表明する段階にとどまると見られる。(編集担当:米原裕子)




【コラム】誰もがあざ笑う社会

キム・グァンイル論説委員
 大統領、宗教家、学者、小説家、判事、記者。今や誰一人として敬語を使わない。最後のとりでと思われていた聖職者たちまでが、大統領に対して何のためらいもなく「ネズミのような」という下品な表現を使う。判事も「骨の髄まで親米」「閣下をわなにはめる」といった表現であざ笑う。第1次世界大戦時にフランスがドイツを阻むために国境に構築した「マジノ戦線」があっけなく破られてしまったように、一国の精神文化は言語のマジノ戦線を死守できないのだ。


 誰に対しても尊敬の念を抱かない。17世紀にトーマス・ホッブズ氏が語った「万人の万人に対する闘争」のように、われわれは万人対万人という形のあざ笑う社会へと突入した。時代の痛みを全身で叫ぶ人々の声は、何事もなかったかのようにかき消されてしまうのだ。過去に詩人の申庚林(シン・ギョンリム)氏は、われわれから「叫び」が消えてしまったと語った。人をあざ笑うことが、最も人気のあるライフスタイルとなってしまったのだ。


 嘲弄(ちょうろう)は、皮肉を販売戦略として打ち立てた非主流メディアの専有物と思われてきた。彼らはこの世の頂点に立った既得権勢力を蹴落とすことで、短時間で自分の名前を世間に知らしめた。時には告発者の役目も担った。反撃を避けるためには比喩的要素を多彩に織り交ぜた嘲弄が効果的だった。10年ほど前から、こうした勢力は社会の四隅に腰を据えるようになった。監視役といった意味から、このような人々は社会にとってなくてはならない存在であるかのように思われた。しかし、そう思っていた私の愚かさが天をも貫いた。彼らは非主流にとどまらなかった。嘲弄を上手く扱うことができる勢力は、すでに高みに立って世の中を見下している。


 嘲弄とは本来、芸人の専売特許だった。王は自分の権威に挑戦する貴族や宗教家、学者たちをあざ笑いたかったが、王という立場から露骨にそのような態度を見せるわけにはいかなかった。そこで、その代わりを演じたのが芸人だった。芸人は、王が見守る宴会で貴族や宗教家、学者たちをあざ笑った。紀元前のギリシャの喜劇作家アリストパネスが残した伝統に倣い、下品な言葉を使ったり、性や金、政治について語ったりすることにも恐れを抱かなかった。

そして今では全ての人が芸人の役目を担っている。嘲弄の対象だった宗教家や学者、判事までがまるで芸人になったかのように嘲弄することに徹している。この世の中には何かしらのわなが仕組まれていると見て、まずは疑って掛かる。嘲弄する人々は、辺境の非主流ではなく、今では中央の大勢力となった。記者だけではなく、教授や小説家までが手を組んでいる。主流と非主流の境界が完全にぼやけてしまったのだ。


 嘲弄をライフスタイルとしたことで、厳しい賛否論争は色あせてしまった。人々は取っ組み合いのけんかをするために、二つの勢力に分けられた。街頭で問題を叫び、街頭で問題を解決した。こん棒や拳、盾、武器、放水機が入り混じった混沌(こんとん)状態が続いた。


 討論と採決がなくなり、民主主義の殿堂は荒廃した。ひたすら嘲弄産業だけが大きく発展した。昨年は、無償給食、選択的福祉と普遍的福祉、韓米自由貿易協定(FTA)、四大河川(漢江・洛東江・錦江・栄山江)再生事業などをめぐり宣伝戦とポピュリズムがはびこり、有権者たちはこうしたやり方に成すすべがなかった。舌戦の土台には嘲弄があった。あざ笑って、あざ笑って、さらにあざ笑った。


 昔からフランスの街頭では「水曜日に表れる風刺」という副題が付いた週刊新聞「カナール・アンシェネ(鎖に縛られたカモ)」が人気を呼んでいる。さまざまなニュースを取り上げて徹底的に冷笑的な社会批評を浴びせるのだ。100年の歴史の中で風刺と嘲弄は区別され、読者はそれを理解した。魯迅は「風刺の生命は真実にある」と主張した。しかし、真実を気にしない現代の嘲弄者は、一人の時はひきょう者で、大勢になると危険な存在と化すようになった。


キム・グァンイル論説委員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


スポンサーサイト

コメント

実績が全て

フィリピンでは「お前の母さん出べそ」を「お前の母さん売春婦」と言います。品の悪い表現ではあるそうですが。
母親が自分の幼児を叱る時に言っているのも聞いた事があります。まぁ、意訳すれば「お前は私の子ではなく、売春婦の子だろ」なのでしょうが、幼児が売春婦を理解しているのかの疑問もあります。でも泣くのを見ると、多分「私の子ではない」を理解しているのでしょう。私も母に「この唐人!」とよくたしなめられましたから。
寄付にしろ、ハイブリッドカーにしろ、高速鉄道にしろ、実績だけが全てと云うのが日本人の常識で、それ故に世界から信頼されている事をわからないのでしょう。蛇足ながら大陸の500km/h高速鉄道も似た様なもので、浮上式(リニア)を開発する能力がないから粘着式で10年も先の事を言っているのでしょう。仮に出来なくとも10年後に憶えている人はいないでしょうから。
日本の施設を五輪に借りる場合は、また「共同開催させてやった」とも言い兼ねないので、一切係わるべきではありませんね。それで世界に恥をかかせて反省させた方が為にもなるのですが、その反省をしないのだから困ったものです。
仮に高速鉄道が出来たとしても、安全運行実績がない訳で、乗ろうとは思いませんが。
それにしても、日米での取扱説明が和文と英文の違いしかないとは…。

実績が全て

>2012-01-05 01:13 | あづまもぐら様

>フィリピンでは「お前の母さん出べそ」

>私も母に「この唐人!」とよくたしなめられましたから。

なるほど、お前の母ちゃんでべそは、むしろ品の良い方ですね。ベトナムでは、ガオライバンズが来るよ、と子供に言うそうです。ベトナム戦争時の韓国兵の残虐さが未だに語りぐさになっており、実績に基づいた言葉なのでしょう。

>寄付にしろ、ハイブリッドカーにしろ、高速鉄道にしろ、実績だけが全てと云うのが日本人の常識で、それ故に世界から信頼されている事をわからないのでしょう。

韓国では、その場でごまかせればそれで全て面子が立つので問題ないようです。あとのことはケンチャナヨです。

>蛇足ながら大陸の500km/h高速鉄道も似た様なもので、浮上式(リニア)を開発する能力がないから粘着式で10年も先の事を言っているのでしょう。仮に出来なくとも10年後に憶えている人はいないでしょうから。

ああ、あれは単に馬力を上げれば速く走るという理屈ですね。到底信じられませんが、摩擦係数とか剛性とか風圧とかの概念はどう考えてるんでしょうか。人民を実験台にすれば済むから良いんでしょうか。今に超音速列車も開発すると思いますよ。

>日本の施設を五輪に借りる場合は、また「共同開催させてやった」とも言い兼ねないので、一切係わるべきではありませんね。

それはもちろんですが、民主政権が続いている内だったらあり得ますね。

>それで世界に恥をかかせて反省させた方が為にもなるのですが、その反省をしないのだから困ったものです。

韓国については、恥をかかせるなどは到底無理です。恥知らずですから。嘘を付いたり約束を破ることは彼らにとっては恥ではなく、信じた方が馬鹿なんです。中国は、土に埋めて無かったことにしますから、やはり恥をかかせるのは無理ですね。

>仮に高速鉄道が出来たとしても、安全運行実績がない訳で、乗ろうとは思いませんが。
>それにしても、日米での取扱説明が和文と英文の違いしかないとは…。

おそらく、ロシア語もフランス語もスペイン語も内容は同じでしょうね。マニュアルが無いのは韓国語だけだと思います。

他山の石

> たかおじさん 様

新年、おめでとうございます。

事実や真実のみならず、原理・原則の重要性を忘れた(元々、無い?)韓国社会を他山の石として、日本社会がそのような轍を踏み始めることの無いように声を上げて行きたいと思います。

まぁ、原発全面停止した場合の設備償却損は株主や投資家ではなく、国民が負担するとのミンス政府に止まらず、

原発全面停止かつ電気料金値上げ反対かつ増税反対でバラマキ容認とのマスゴミ紙面...韓国マスゴミに優るとも劣らず?

等々から、日本人取扱いマニュアルに「不合理を合理という日本人への対処」と云う項目が追加されないように。 

他山の石

>2012-01-05 10:46 | ムフフ様

>新年、おめでとうございます。

おめでとうございます。

>事実や真実のみならず、原理・原則の重要性を忘れた(元々、無い?)韓国社会を他山の石として、日本社会がそのような轍を踏み始めることの無いように声を上げて行きたいと思います。

でも実際に民主が政権を盗ってしまいましたからね。

>韓国マスゴミに優るとも劣らず?

大衆に売れる記事を書くのが彼らの商売ですから。欧米も酷い偏向記事を売り物にしてますよ。

>等々から、日本人取扱いマニュアルに「不合理を合理という日本人への対処」と云う項目が追加されないように。 

あ、この項目なら民主主義国家全てに当てはまります。欧米がこれで機能不全に陥っています。教育論で述べたと思いますが。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。