スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX選定

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


長い期間選定が注視されていた時期航空自衛隊主力戦闘機がほぼ確定したようだ。大体予想道理だったと思う。今回有力視されているF35はステルス機能を備えた第五世代戦闘機であり、現行の主力戦闘機F15の退役が間近に迫っている最中、選定が急がれていた。

現在、世界の最先端戦闘機は第五世代と呼ばれ、ステルス機能が重視されており、日本においても中国やロシアが実際にステルス機の開発を進め一部実用化されていると言うとき、F35と選考対象になっていたヨーロッパの共同開発機ユーロファイターや、F/A-18E/Fは、ステルス機能が劣り、かつ従来アメリカ仕様の戦闘機を採用してきた空自にとってヨーロッパの機体は保守の面でも不利だとの判断が働いたようだ。

ただ、F35は、ステルス機能を備えているとは言いながら、最先端のステルス機F-22には到底及ばない。それでも、F22は極めて高度な技術の塊であり、アメリカ議会が同盟国といえども輸出することを禁止したために日本は購入を希望したが断念した経緯がある。

その後、F22の価格があまりに高騰し、アメリカの軍事予算縮小の要求に伴い、当初導入予定だった数を大幅に下回り、結局はF22は生産打ち切りが決まっている。もし日本やカナダなどの同盟国に売ることを議会が認めていたら、或いは量産効果で価格が下がり、まらその利益でアメリカもまたより多く購入できた可能性もある。

けっきょく、アメリカは同盟国といえども、自国の軍事力にすこしでも並ぶことを嫌い、それくらいなら自国の力を殺いでも良いと考えたわけだ。これは、アメリカが最終的には同盟国も信頼していないことの一つの現れとも思えるが、現実的な選択だったのだろう。

今後ロシアがF22を上回るステルス機を作る可能性はかなり低いし、中国もおそらく20年以上の開きがある。

いま、アメリカがF22の設計図を引き出しに仕舞っても別にかまわないだろうし、同じことはステルス爆撃機B2にも言える。非常に高性能だが、非常に高額であり、維持が出来なければ無用の長物となる。

その意味で、或いは日本がF35を選択したのは結果として良かったのではないか。

赤文字は引用

次期戦闘機、F35選定へ=第5世代機で「性能重視」-防衛省

 防衛省は13日、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)に米ロッキード・マーチン社製のF35を採用する方針を固めた。F35は候補の3機種の中で、レーダーで捉えにくいステルス性や情報ネットワーク性能に優れた唯一の「第5世代」戦闘機。近く岩崎茂航空幕僚長が一川保夫防衛相に機種選定案を上申する。16日にも安全保障会議(議長・野田佳彦首相)で正式決定する運びだ。

実際、データだけを見るとF35は、F22を除いては世界でも最高峰の性能を持っていると言って良いし、まだ明らかになってはいないが、従来通り日本でのライセンス生産が出来れば技術の習得にもなる。しかし、F22ほどではないとしても、F35も極めて高額であり、また先日も機体に金属疲労破壊が見られたなどの報道もあり、大幅な変更を余儀なくされているとも伝えられている。実戦配備が17年とのことだが、間に合うかどうかは不安がある。

 今後30~40年の運用を想定する空自は機体の先進性が重要と判断。これを踏まえ、一川防衛相は13日午前の記者会見で「(機種選定が)最終段階を迎えたことは事実だ。選定に当たって、基本的に性能重視ということに尽きる」と強調した。
 
 一川氏が何を強調しようと素人だから無視しているが、今後一種の機体を30年~40年本当に使えるかどうかは分からない。航空機も、武器も探査技術も日進月歩であり、あっという間に設計が古くなるなどを考えると、30年使うことは今から考えるのは危険だと思う。確かに現在の主力戦闘機F15は、最初の採用からすでに30年を過ぎている。最初から将来の技術の発展に備え、改良の余地を入れておいた設計の為だが、それはまたその機体の特徴を活かしきれないジレンマを生じはしないか。要するに何でも出来る機体は、特別優れた能力を持てないわけだ。
 
 むろん、その辺りは専門家が設計し、専門家が選定するのだから私がここで四の五の言うことではないのだろうが、ただ、いくらパクリだとは言え、いくら古い技術だとは言え、中国はとにかく遮二無二ステルス機を作っているし、とにかく空は飛ぶ。
 
 そして数で圧倒する戦法を取る。中国では人命は極めて安く入手できるのだ。かつて、朝鮮戦争の折、アメリカの戦闘機は中国の戦闘機の数世代先を行く性能であり、ドッグファイトでは勝負にならないはずだったし、実際初期の頃の戦闘ではそうだったらしい。しかし、次第に、中国の旧式なミグがまるで雲霞のように群がって襲ってくるのに、アメリカの戦闘機パイロット達は恐れをなしたというのだ。いくら落としても次から次へと飛び上がってきて最終的には押され気味になることもあったという。
 
 日本の仮想敵国はなんと言っても中国であり、そしてロシアだ。アメリカの考える超高性能な戦闘機を少数配備することで済むとは限らない。確かに人命尊重の日本やアメリカでは、無数の戦闘機にろくに訓練もしないパイロットを乗せてとばせるわけには行かない。
 
 いずれは戦闘機同士のドッグファイトも無くなる。実際、アメリカの戦争でも近年ではドッグファイトなど無い。全て地上の対象物を攻撃しており、また地上からの攻撃で撃墜されている。ドッグファイトが起きるとしたら、対中、対露戦争しか考えられないが、そのためならやはりF35かと、勝手に悩んでいる。とにかく、日本の戦闘機が、スクランブルか領土内での迎撃しかできない状態では、そもそも戦闘機に金をかけてもしょうがない、という気にもなる。それくらいならミサイルの方がよほど効果的であり力を入れる方がよいのではないかとも思える。
 

 FXは老朽化したF4戦闘機の後継機で、防衛省は2012年度予算案に4機分の調達費を要求。16年度から引き渡しを受け、最終的に約40機調達する。FX選定ではF35のほか、米ボーイング製のFA18、英BAEシステムズなどによるユーロファイターの3機種が候補になっていた。
 
 FA18はコストと性能の問題で早くから脱落しており、ユーロファイターはアメリカとの共同作戦を採るときなどに支障が出ると当初から言われていたし性能がやはりいまいちだったようだ。

 防衛省は選定に当たり、各メーカーなどから提出された提案書を基に、性能や価格、国内企業参画などを評価して選定を進めていた。F35は、ステルス性やレーダーで捉えた敵機の情報を複数機で共有できる「データリンクシステム」など先端技術を備えている。
 ただ、同機は開発が遅れており、防衛省が条件とする16年度中の納入が間に合わない可能性が指摘されている。防衛相は会見で、F35の開発の遅れについて「その都度、全て確認しながら最終的に評価していく」と語った。(2011/12/13-13:18)

 
 結局はコストと納入の遅れが一番気になるのだが、その点はどう思っているのだろうか。アメリカは仮にF35が遅れても、F22があるので当面は大丈夫だろうが、日本はガタの来ているF15しかないのだ。
 
 ところで、日本が独自に開発を進めている実証機、心神はどうなったのか気になる。予定では15年には実機の試験が始まり、17年頃には実用化が可能だとの話だったと記憶している。ただし、心神は武器を積む想定ではなく、あくまでステルス機の実証用の機体であり、量産が想定されているわけではないし、そもそもスペックからして戦闘用には使えない。まともな武器が積めないのだ。武器を積んで十分な航続距離を確保するには機体が小さすぎる全長14メートルちょいしかないが、F35でも16メートル近くある。したがって、実証機として以外の目的ではないし、ステルス機としての性能が満足行く物のであっても、それを応用した日本独自のステルス戦闘機にはさらに数年はかかるだろう。それなら、何故今から戦闘機として開発しないのかが不思議だ。そうすれば、或いはF35と同時期くらいには完成するのではないかとの思いもある。
 
 とはいえ、無人機に転用するならかなり有効かなと想像もしているし、もしかしたらそれが最初から狙いかもしれないなどと想像したりしている。まあ、この方面には私はほとんど知識がないので、勝手な想像でしかない。
 
 ただ、開国してからたった50年で世界最強の戦闘機を作った日本が、いつまでもアメリカから戦闘機を買い続けるのも、上述したアメリカの方針と併せて考えれば、止めた方がよいとは思う。かつて国産FXが現実化しそうになったことがあるが、アメリカにつぶされた経緯がある。またその壁があるなら、心神のような一見戦闘機じゃないです、と言いながらステルス無人機を開発してしまうなどがあれば痛快だと、これまた勝手に思う。
 
 それに、今後は戦闘機の時代ではないだろう。ミサイル技術が全てであり、最終的にはミサイルが戦争の雌雄を決すると思っている。戦闘機も空母も爆撃機も、あくまで限定戦争のための道具であり、実際は偵察衛星で目標を定め、ミサイルでピンポイント攻撃をしたり、発電所や送電設備、水源、交通網、ネット環境を破壊すればそれで勝負はつく。最終的な人命の損傷も少ないし、インフラの破壊も最小限で済み、なにより、相手によるが、反撃の機会も少ない。なにおり、前面核ミサイルが飛び交うような事態になったら、反撃云々など話はどこかへ行ってしまうからだ。となれば、結局最も人道的な戦争が、ミサイルなら可能だと言うことだ。
 
 急速に戦闘機や爆撃機、空母の時代は終わるのではないのか。ミサイルと、ミサイル艦と、ミサイル原潜があれば、戦争には事欠かない。それを見据えて日本は武装計画を進めてゆくべきだと思う。

スポンサーサイト

コメント

当然です。

日本が独自で核兵器や原潜などの開発をすれば素晴らしい経済効果があります。
一つの物を作るのに国中の中小企業が必要なので…

当然です。

>2011-12-17 20:34 | ななし様

>日本が独自で核兵器や原潜などの開発をすれば素晴らしい経済効果があります。
>一つの物を作るのに国中の中小企業が必要なので…

ハイ、私も軍事力増強で日本の産業はかなり活気づくと思っています。また同盟国相手の限定された武器輸出も有効かと思っており、以前からそのように主張しています。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。