スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根本の問題

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


本日はいつもと趣向を変えて書いてみる。なお、登場人物は実在の人物とは関係がないことをあらかじめ確認しておく。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

留瀬「高尾爺さん、居るかい?」
高尾爺「おお、留瀬じゃないか、久しぶりだな」
留「役所仕事に手を取られてね、今日はブログを書かなかったみたいですね、それで来てみたんだ」
高「な、留瀬よ、そう決め付けちゃいけない。あたしだって時計通りに動ける訳じゃない。今日はちょっとアンプにのめり込んでいたんだ」
留「なんだ、またアンプか。どうせろくな音なんかでないでしょうが。高尾爺さんのアンプはまともな音が出ないって、みんな言ってますよ」
高「余計なお世話だ。世の中には自分の基準を持たずに、人の噂だけで判断する奴が居る。おまいさんもそうだよ。自分の線引きが出来ないだろ」
留「高尾爺さんみたいに、何でも気楽に断言できないだけだ。いくら偉い人が言っても、それが正しいなんて言い切れないでしょうが」
高「それが間違いだっってぇんだ。な、留瀬よ、おまいさん、自分で地球が太陽の周りを回っているのを確かめたのかい?絶対零度が、マイナス摂氏273.16℃だって、確かめたのかい?そうじゃないだろう、でもそれを事実として認めてるんだろ?」
留「高尾爺さんのアンプの音とは訳が違うと思うが、まあ、それはともかく、確かに自分で確認した訳じゃないけれど信じていることはたくさんありますね」
高「そうだとも、おまいさんの親父さんが本当の父親かどうかは、おっかさんしか知らないんだよ」
留「それこそ、余計なお世話だ。あたしがそれを疑う理由がない」
高「ところが、世の中には訳の分からない奴が居てねぇ、どんなに安全だと専門家が言っていて、事実上の統計からも一番安全だと証明されている原発が危険だからすぐに停めろってぇ奴らがいっぱい居るんだ。まあ、左翼に多いけどね」
留「それこそ、決め付けじゃぁ・・あ、にらんじゃいけません。はいはい、どうしてそう思うんですか」

高「まあ、お茶でもお飲み。出がらしだがね」
留「へい、頂き・・ほんとに出がらしだね。お茶の色が全くないよ。いつ入れ替えたんで」
高「お盆の頃はまだ色が出ていたな」
留「そんなに古いのをつかってるなんて・・・いつ入れ替えるんで?」
高「そりゃ、新茶が出たら新しいのに入れ替えて、古いのは捨てるよ。原発と同じだ。でもスットコドッコイは、古いのはまずいからすぐ捨てろ、新茶も入れるなって馬鹿なことを言うんだ」
留「ええっ?また原発の話ですかい?何が気に入らないんで。あたしもね、原発はすぐには無くすことは出来ないと思うけど、出来たら将来は無くした方が良いとは思いますね。専門家の先生達は安全だって言うけど、でも将来事故が起きる可能性がゼロって訳じゃないでしょ?」

高「な、留瀬よ。よくお聞き。何度も言っているが、絶対安全な技術など無い。自動車事故も列車事故も、船舶事故も飛行機事故も起きる。でも人々がこれらを止めてしまえとは言わない。なぜなら、これらが無くなったら、事故で死ぬ人の何倍、何十倍もの人間が生きてゆけなくなることを知っているからだ。原発にも確かに危険性はあるが、その危険性は原発が無くなった場合の危険性からすれば無視できる程の物だ。人間はな、留瀬、ある程度の危険を受け容れながら生きてゆかなければならないし、その危険が受容できる範囲であるなら、事実上危険はないと考える。さもなきゃ、おまいさん、誰も車にも飛行機も汽車にも乗れないよ。あたしもおまいさんの相談に乗れないやな」
留「なんか屁理屈に聞こえるなぁ。原発が無くなった場合の危険性って、何ですか」

高「それを説明する前に、まあ、これをご覧。また馬鹿な連中が馬鹿なことをしているんだ。あ、赤文字は引用だからね」

泊原発:廃炉求め612人が北電を提訴…稼働中は初

 訴えたのは学識者らが7月に結成した「泊原発の廃炉をめざす会」の呼びかけに賛同した住民ら。福島県からの避難者や道内在住の米国人もいるが、泊村民はいないという。

 訴状では、福島第1原発事故について「これまで安全確保の根拠とされた安全指針類が不十分なことが明らかになった」と指摘。泊原発は原子炉設置許可後に新たに周辺の活断層が見つかったなどとして「存在自体が原告らの生命・身体に危険を生じさせている。廃炉にしない限り、人格権の侵害は継続される」と主張している。

 
留「ふーむ、柏村住民が居ないってぇのは不思議だね」
高「こいつ等の主張は何から何まで馬鹿げているよ。福島事故で安全性が成り立たないことが分かったって、原発はちゃんと自動停止したんだよ。後の事故の拡大は、政府の無策、東電のいい加減さが引きおこした物だし、もともと津波や地震が想定以上のものが有りうるとの警告が出ていたのに其れを無視したのが原因だ。その証拠に、福島第一よりも震源に近い女川原発はほぼ無事だったし、福島第二も無傷だ。また東海原発も津波で冷却施設が喪失したが、事故は食い止めた。原発がこれほど安全だとの証明が出来た訳じゃないか」
留「んなこと言ったって、実際福島第一は事故を起こしたんだし、何万人もの人が住む場所から追い立てられて・・」
高「だまらっしゃい!誰のせいでそうなったのかね。みんなあの無能無策の政府のためだろうが。必要のない強制退避や、必要のない食料の出荷規制をして、しかも規準は全く無意味な物に固執するから、ごらん、今も根拠のない不安に駆られている人が増えているし、本当に大勢の人たちが差別を受け、生活を破壊されているじゃないか」
留「でも分からなければ、誰だって念のために不安な物は避けますよ。あたしだって、今日は女房が何で怒っているのか分からないからここに来たんで」
高「何だ、あたしのブログが滞っているのを心配してきたんじゃないのか。
不安だって、政府が率先して解消する努力をすべきだし、国民に根拠を示して安全だと説明すべきじゃないのかね」
留「でも、政府だって本当に安全かどうかなど責任は取れないだろうし」
高「そんなことはないよ。子供向けの副読本で、年間100mSV以下の被曝では健康に被害が認められないと政府はちゃんと書いているんだよ。一方あの細野大臣は、年間1mSV以上の線量のある土地は国の費用で除染すると言っている。細野大臣は子供向けの副読本を読んだのかね」
留「あたしに聞かれても。でも住民に突き上げられてそう言わざるを得なかったんじゃないんですか?」
高「誰の金でやるのかね。あたし達の血税だよ。冗談じゃないよ。日本は全国どこだって、自然放射線レベルが年間2.4mSVなんだ。1mSV以上の土地を除染するって言ったら、日本中地面を削ったって不可能なんだよ。それに、これは福島県だけれど、子供の甲状腺に異常があるからって、おまいさん、36万人を生涯にわたって検診するんだって馬鹿なことを言っている。誰の金でやるのかね。専門家は健康には問題がないし、これくらいのばらつきは人間の身体では当然あるって言ってるんだよ。そういう専門家の意見など誰も聞かないで、御用学者だってレッテルを貼る。馬鹿じゃないのか」
留「あたしに怒らないでくださいよ。女房だけでたくさんだ、八つ当たりは」

高「腹も立つじゃないか。似非学者がそう言う一般人の不安をあおり立て、自分の著書の売り上げ増の為に宣伝しているんだ。武田、児玉、小出なんてぇ曲学阿世が精霊飛蝗している」
留「精霊飛蝗?」
高「跳梁跋扈だよ。あ、時にな、留瀬、おまいさん、狸系だって言ってたね」
留「狸系じゃなくて理系ですよ。顔で決め付けないでくださいよ、よく言われるんだ」
高「あ、すまんすまん。あたしは誤字脱字が多いってよく言われる。気を付けてるんだけれどねぇ」
留「絶対わざとだな。で、あたしが理系だと何だって言うんです?」
高「原発がいろいろなデータから、化石燃料なんかよりよほど安全でクリーンで安いことが分かっている。詳しくはあたしのブログをご覧」
留「ま、そう言うことだとして、あたしが理系なのとどんな関わりがあるんでしょうか」
高「おまいさんは理系だから、まあ線引きがないとか難癖で否定する癖はあるが、とにかく物理的に原発が安全だとは分かるだろう」
留「だからそれが言い切れないと・・あ、それじゃ話が先に進まないか。じゃあ、安全だとして何です」

高「さっきの話だが、原発が無くなった場合の危険性をわかりやすく説明したブログがあるよ。ちょっと読んでご覧。まあ、あたしが散々言ってきたことだが、別にあたしだけが言う訳じゃない。普通の思考力がある人なら当然分かることだよ」

孫社長、「電田」ムシが動いていませんが

急場を天然ガスによる火力発電に頼るとしても、天然ガス輸入によって発電コストが上昇することは避けがたく、福島第一原発事故補償などを加えた国民負担が増加する、つまり電気料金値上げという現実がやがてつきつけられてきます。もし円安にでも振れたら、さらに発電コストはあがります。

留「なるほど。でもそれはしょうがないでしょ。安全のためだ。それに今年の夏は何とか省エネ節電で乗り切ったんだから、これからもそうすればいいじゃないですか。ちょっとくらい電気代が上がっても、そこはLEDランプとか、灯油ランプとか」
高「節電で乗り切ったって、おまいさん、家庭での節電は大した割合じゃない。おおきなのは製造業で、それこそ大変だったんだ。なにしろ罰金付きだよ。だから製造業では自家発電をフル稼働した。どこだって製造業の大手は自家発電設備を持っているし、今日日、新しいビルや施設は自家発電設備を持っている。それを動かしたからしのげたんだ」
留「これからもそうすればいいでしょうが」
高「本気で言っているのかい。日本の貿易はずうっと黒字続きだったのが、今年は赤字転落だ。化石燃料の輸入が急増したからだよ。今は幸い円高だ。でももし円安に振れたら、とんでもない赤字になる。日本経済がおかしくなる危険性を言ってるんだよ」

天然ガスを当面としたのは、いまはTPP問題で農水省や農協などは、食料自給率を盾に反対の動きが活発ですが、食料は、土地と水と人、さらに技術と需要さえあれば、輸入が途絶えたり、その他の原因で価格の高騰が起こったときには、国内生産でも採算がとれるようになってなんとかなります。

高「結局これが大きな問題なんだ。いいかい、日本の食糧自給率は40%だが、実は、これもエネルギーが足りているからのことであって、もしエネルギーが不足すれば食糧自給率はもっと大幅に下がる。エネルギーがあれば、喩えレアアースが入らなくなっても国内のリサイクルでしのげる。でもエネルギー源が入ってこなくなれば、日本は全ての製造も食料生産も全て成り立たなくなる」
留「それなら、おてんとさんのエネルギーとか、風力とか無限にあるエネルギーを利用すればいいって、いろんな人が言ってますよ」
高「それが出来ればとっくにしているよ。出来ないから問題なんだし、無理してそんなものに頼ればもっとエネルギーが足りなくなる。環境も悪化するし、電気代は何十倍にも跳ね上がる」
留「そういやぁ、ヨーロッパなんか30年も前からそうするって言ってたけど、未だに出来ないみたいですね」
高「物理的に無理なんだよ。詳しくはあたしのブログに書いてある。それなのに、原発を停めろと言う連中は、停めた後のことを全く考えていない。あたしが頻繁に顔を出す町内会でもそんな輩が居るんだ。今も、脱原発の嘘記事を延々と貼り付けて、挙げ句の果てに、今まで貼り付けた膨大な記事から見ても、福島の事故がチェルノブイリ以上に酷いことが分かるだろうと得意になっている。自分じゃ判断できないから単に記事を貼り付けている癖に、チェルノブイリと福島は全く状況が違うし、チェルノブイリでは甲状腺癌はもちろん、いかなる癌も障害児の誕生も認められないってWHOが報告してるんだよ」
留「Who are they?」
高「世界の医学専門家の集まった国際機関だよ。この正式な国際機関が安全だと言っているのに、この貼り付け男は、出鱈目データを出している環境テロリストの欧州放射線リスク委員会なんかを基にした記事を貼り付けているだけ、自分で物を考えられないから、そうしているんだろうけど脱原発派にはそう言うのが本当に多いんだ」

高「まあ、続きを読んでご覧」

しかし、エネルギー資源はそうはいきません。2008年の原子力発電を含めるとエネルギー自給率は18%ですが、原子力発電を除くとなんと4%にまで低下しています。データを鵜呑みにできるかどうかは別としても、食料自給率より、はるかに自給率が低いことは想像に難くありません。

主要国のエネルギー自給率とエネルギー効率(2008年)


画像 主要国のエネルギー自給率とエネルギー効率(2008年)


高「どうだい。日本のエネルギー効率は世界でも最高だけれど、それでも自給率はゼロに等しい。日本はこれだけの経済規模と工業力を持っているから、いくら効率が良くてもやはりエネルギーの一大消費国だから、日本が原発を止めて化石燃料を買うと言うだけで、世界中の化石燃料が高騰している」
留「そうなると、どうなります?」
高「分からないかい?こうなるんだよ」

供給が不安定になる、さらに価格が高騰する、最悪は輸入が途絶えると、日本はたちまち立ちいかなくなってしまいます。外交上も供給国に対して弱みをもつことになります。日本はエネルギー確保で大きなリスクを抱えた国だということはもっと強調されてもいいのではないかと感じます。日本が第二次大戦に走ったのも石油を遮断されたことが大きな原因です。

高「これは日本だけの問題じゃない。中国は今膨大なエネルギー源を必要としているが、なにしろ通貨が安く、しかもエネルギー効率が悪いので、化石燃料の確保が大変なんだ。だから、世界中からかき集めようとしているが、目を付けたのが日本領である尖閣諸島の石油ガス資源や、日本の排他的経済水域内のガス資源だ。そうやって、他国の資源を見境無く盗んでいる。これも世界的なエネルギー源の高騰のためだよ」
留「中国って、酷い奴らですねぇ」
高「世界中が同じだ。すると、世界でも食えなくなる国が出てくる。つまり世界情勢が極めて不安定になる。それもこれも日本で脱原発だなんて馬鹿なことを、自分でわかりもしない癖に言う奴や、線引きも出来ないで難癖を付ける、な、留瀬、おまいさんのような連中のためだ」
留「え!あたしのせいですか」
高「そうだよ。何が本当に危険なのか考えてみれば良いんだ。さ、本当はこのブログはもっと続くけれど、よく書けているよ」
留「偉そうに・・」
高「何か言ったかい?」
留「いえいえ、だから、日本は工業先進国で技術もあるんだから、太陽光発電なんかやればいいでしょ。孫社長も本気みたいですよ」
高「どうなのかねぇ。最初の話と違って、やってみたら見通しが立たないからって、多くの自治体じゃ、熱が冷めてしまったようだよ。前の総理大臣のあの物体は、日本の家屋1000万戸の屋根にソーラーパネルを載せるなんて馬鹿なことを言っていたけれど、実際物理的に不可能なんだ。電気代が上がる上にその補助金が、ソーラーパネルを付ける余裕のない他の人に負担として押しつけられる。こんな馬鹿な話はないよ。見通しのある技術なら、それもいいかも知れないよ、投資だから。でも欧米が30年かけて出来ないことを証明した技術だ。太陽光だ、自然再生エネルギーだと聞くと、美しい、クリーンだ、優しいと思いこむお花畑の人たちにおもねているのが今の政権だよ。

人気取りのために国家の安全保障も経済活動も犠牲にするから、あの政権は駄目だって言うんだ」
留「結論はそこですか」
高「そうだよ。ボロを出さないことだけを考えているから、肝心なことはいくら訊いてもあたしのアンプだ」
留「なんです、それ」
高「うんともすんとも言わない。昨日からかかりっきりなんだ」

留「あ、女房からメールだ。なんだ、歯医者に行ったら歯の痛いのが治ったそうで、機嫌が悪かったのはそのためだったんだ。じゃあ、帰ります」
高「ちゃんと理由を自分で確認しないでただ不安を持つからそんなことになる。あ、分かった」
留「何です?」
高「アンプに電源コードを付けるのを忘れていたよ」


上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

泊原発:廃炉求め612人が北電を提訴…稼働中は初

 北海道電力泊原発(泊村)の安全性に問題があるとして、道内外の612人が11日、北電を相手取り原子炉3基すべての廃炉などを求める訴訟を札幌地裁に起こした。原告側弁護団によると、同様の集団訴訟は東日本大震災以降、全面停止した中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)で2件起こされたが、稼働中の原発では全国初。

 訴えたのは学識者らが7月に結成した「泊原発の廃炉をめざす会」の呼びかけに賛同した住民ら。福島県からの避難者や道内在住の米国人もいるが、泊村民はいないという。

 訴状では、福島第1原発事故について「これまで安全確保の根拠とされた安全指針類が不十分なことが明らかになった」と指摘。泊原発は原子炉設置許可後に新たに周辺の活断層が見つかったなどとして「存在自体が原告らの生命・身体に危険を生じさせている。廃炉にしない限り、人格権の侵害は継続される」と主張している。

 北電は「安全性などの主張を尽くし、裁判所の理解を得られるよう適切に対応したい」とコメントした。

 泊原発を巡っては、88年に近隣住民らが運転停止などを求め訴訟を起こしたが、99年に敗訴が確定している。【金子淳】




孫社長、「電田」ムシが動いていませんが

2011年11月11日12時40分

大西宏

プロフィール / 記事一覧(482)

Twitterブログ
0コメント.原子力発電は、安全性の見直しと国民や地域の納得が得られないと定期点検にはいった原発の再稼働すらおぼつかない状況のままです。どうなるのかはわかりませんが、あるいは場合によっては止まってしまうこともありえます。

止まらなくとも、安全性の見直しによって、いくつかの原発が廃炉になる可能性もあり、原発による発電量は減少することが想定されます。

急場を天然ガスによる火力発電に頼るとしても、天然ガス輸入によって発電コストが上昇することは避けがたく、福島第一原発事故補償などを加えた国民負担が増加する、つまり電気料金値上げという現実がやがてつきつけられてきます。もし円安にでも振れたら、さらに発電コストはあがります。

現在は、原価の上昇分を料金に転嫁することを認めている「原価総括方式」については、有識者会議で精査されていて結論は年越しということですが、いずれにせよ電力料金値上げ申請が行なわれ、東電に限らず全国に飛び火していくことになりそうです。

天然ガスを当面としたのは、いまはTPP問題で農水省や農協などは、食料自給率を盾に反対の動きが活発ですが、食料は、土地と水と人、さらに技術と需要さえあれば、輸入が途絶えたり、その他の原因で価格の高騰が起こったときには、国内生産でも採算がとれるようになってなんとかなります。

しかし、エネルギー資源はそうはいきません。2008年の原子力発電を含めるとエネルギー自給率は18%ですが、原子力発電を除くとなんと4%にまで低下しています。データを鵜呑みにできるかどうかは別としても、食料自給率より、はるかに自給率が低いことは想像に難くありません。

図録▽主要国のエネルギー自給率とエネルギー効率

供給が不安定になる、さらに価格が高騰する、最悪は輸入が途絶えると、日本はたちまち立ちいかなくなってしまいます。外交上も供給国に対して弱みをもつことになります。日本はエネルギー確保で大きなリスクを抱えた国だということはもっと強調されてもいいのではないかと感じます。日本が第二次大戦に走ったのも石油を遮断されたことが大きな原因です。

エネルギーこそリスク分散する必要があるのですが、そのためには、長期的に化石燃料への依存率を下げていく必要があり、発電に関しては、原発がどうであれ、自然エネルギー利用を増やしていくことに異論を持つ人はいないと思います。

ただ、それはすぐさま達成できる話ではありません。いくつものイノベーションを重ねてはじめて現実的になってきます。つまり非常に長期的なエネルギー政策や、さまざまなイノベーションが起るしかけづくりが重要になってきます。発送電の分離も、長期的なエネルギー開発を促進するしかけとして十分に考えなければなりません。

電力会社がすべての主導権を握る状況のままでは、通信キャリアが主導権を握った日本の携帯がイノベーションに遅れ、世界で敗北していったのと同じ構図になりかねないのです。独占企業からはイノベーションを起こす強い動機が生まれて来ません。自らが投資したことをゼロにしてしまうイノベーションのダイナミックな創造的破壊は、電力会社にとっては脅威であり、それを排除しようとするのは当然の原理です。

大きなイノベーションは周辺から起こってくるものです。周辺の企業が参入できるしくみが重要です。

太陽光発電もそのひとつの選択肢でしょうが、発電効率の低さや天候で左右されることを考えると本命とは言いがたいのが本当のところでしょう。しかも太陽光パネルを製造するためにはたくさんの電力が必要だということもあまり触れられていません。

太陽光発電のほうが馴染みがあり、分かりやすいからでしょう。神奈川の黒岩知事も、選挙公約で「4年間で200万戸の太陽光パネル設置」を掲げ、テレビでも熱のこもった話をされていて、ずいぶん軽いなあと感じていましたが、「忘れてほしい」などと述べて、事実上撤回したようです。
神奈川県黒岩知事、選挙公約「忘れてほしい」 「太陽光で脱原発」トーンダウン : J-CASTニュース :

冷静に考えれば、補助的な発電方式でしかないことはわかるはずです。またそうとうイノベーションが起こらないと費用対効果もあがってきません。

またソフトバンクの孫社長が、20メガワット級の発電所を全国に約10カ所建設する「メガソーラー構想」を『電田プロジェクト』としてぶちあげ、それに全国の知事さんから期待が集まりました。

しかし、発電した電気の全量買取りは決定したものの、価格が決まっておらず、ソフトバンクとしては価格が決まっていないところに事業投資はできず前に進まないのでしょう。どうも当初に思ったほどは、この事業が甘くないと知事たちも考え始めたようで、『電田プロジェクト』にも黄色信号が点滅し始めているようです。;
ソフトバンクがメガソーラーに尻込み、自治体から上がる不満の声(1) | 企業戦略 | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン :

思いつきもいい場合もありますが、あくまで補完的な発電方式でしかない太陽光発電に、みんなが殺到することが避けられそうなのは結構なことです。

原発反対の声をあげることはたやすいのですが、では日本の将来世代も安心して暮らせ、仕事ができるエネルギーのインフラをどうするかをあわせて考えないと本当の解決にはなりません。

経済や社会が高度化してくると、しだいにさまざまな要素が複雑に絡んでくるようになり、多くの問題が、あちらを立てれば、こちらが立たずのいわゆるトレードオフになってきて、そのなかでの選択が迫られるようになってきます。しかも選択の結果が吉とでるか凶とでるのかも不透明な問題が増えてきます。だから、どう決断するかだけでなく、さまざまなシナリオを想定して、問題が起こったときにどう対処するかの重要度も高くなってきています。

TPP問題もそうです。原発問題もそうです。だから情報も議論も透明にして、リスクも課題をも明確にして、国民の合意を得ることがますます政治には求められてきます。TPP問題もそいういう意味では、議論が巻き起こったことはいいことだと思います。

しかし、問題の重要性からいえば、電力をどうするのかの議論をもっと巻き起こしてもらいたいものですが、どうも票や利権がからまないと動く政治家もすくないのでしょうか。


主要国のエネルギー自給率とエネルギー効率

画像 主要国のエネルギー自給率とエネルギー効率(2008年)

画像 エネルギー効率(石油換算供給トン/実質GDP1ドル)

画像 エネルギー自給率解説

主要国のエネルギー自給率とエネルギー効率の指標を示した。主要国としては日本の他、米国、フランス、ドイツ、イタリア、英国、スウェーデン、韓国、中国を取り上げた(エネルギー効率について、より多数の国の間の比較と推移は図録4070参照)。

 日本のエネルギー自給率は18%とイタリア、韓国と並んで非常に低いレベルにある。これは、石油、石炭、天然ガスなど主要なエネルギー資源がほとんど国内に存在しないためである。こうした統計では、原子力は燃料のウランを一度輸入すると数年間利用できることから自給エネルギーとしているが、もし原子力を自給エネルギーに入れないと自給率は5%ともっと低くなる。

 他方、1ドルのGDPを稼ぎ出すのに必要なエネルギー供給量を石油換算で計算すると、日本の場合は、100キログラムと世界の中でも最も少なく、エネルギー効率の非常によい国となっている。自給率が低いだけに、エネルギーを大切に使う技術が発達した結果だといえる。

 米国の場合は、同じGDP単位を得るため、日本の約2倍のエネルギーを使用するエネルギー多消費型の経済構造を有している。それだけ石油高騰などエネルギー価格の上昇が経済に大きな影響を及ぼすと考えられる。

 また、後発経済発展国は、エネルギー効率が高まるまでにあれ程度時間を要すると考えられる。韓国は、なお、米国よりもエネルギー効率が悪い。中国に至っては、1ドルのGDPを生み出すために、日本の7.5倍の石油換算750キログラムのエネルギーを必要としている。中国のエネルギー源の中心が石炭であることも加わって、こうしたエネルギー多消費構造が深刻な環境問題を生じることとなることはいうまでもない。

 なお、こうした各国比較が原発の施設利用率により影響を受けている点については図録4050参照。

(2005年10月3日収録・10月4日追加修正、2011年5月30日更新)

スポンサーサイト

コメント

No title

爆笑しました。実在の人物を思い浮かべてしまいました。
そういえばトルコもベトナムも日本の原子力導入を希望しているようですね。
一部の日本人だけが見えていないのでしょう。

つい最近、脱原発派の人と話をしたのですが、原子炉がメルトダウンすれば比重の同じものが集まるので核燃料の濃縮が起こり核爆発すると思うと言ってました。有りえないと思っているのですが、自分ではうまく説明できません。たかおじさんはどう思いますか?

No title

>2011-11-12 10:50 | 花岡 鉄様

>爆笑しました。実在の人物を思い浮かべてしまいました。

いえ、あくまで架空の人物です。でも、本当に最近来ないんですよ。

>そういえばトルコもベトナムも日本の原子力導入を希望しているようですね。

ベトナムはかなり可能性が高いですね。トルコはあの物体が拒否してから複雑なようで、トルコの駐韓大使が韓国製も有力だと外交辞令を言ったのを韓国では真に受けているみたいです。中身は日本製なんですが。でも先の地震でやはり日本製の方がいいと思っているのなら、是非安全な原発を提供できると思います。

>一部の日本人だけが見えていないのでしょう。

本当ですねぇ。NHKラジオなどは、脱原発派の人間しか放送に出させませんよ。ますますおかしくなってますね。
>
>つい最近、脱原発派の人と話をしたのですが、原子炉がメルトダウンすれば比重の同じものが集まるので核燃料の濃縮が起こり核爆発すると思うと言ってました。有りえないと思っているのですが、自分ではうまく説明できません。たかおじさんはどう思いますか?
可能性はありますね。事実今回も放射性キセノンが検出されてそれが心配されましたが、あり得ることだからです。でもその可能性は極めて低く、事実上限りなくゼロに近いと言われています。比重が同じものが集まる可能性はありますが、同時に他の物質と混じって急速に温度が下がり、固まってしまえばもう動かなくなりますからつまり希釈されたままです。

むろん、その場で崩壊熱が高まってまた溶ける可能性も全くゼロではないでしょうが、事実上はゼロと考えて良い確率ですね。

風で飛んできた1万円札が開けていた財布に入り込むくらいの偶然です。

相変わらずすごい文才・・・
そのうちたかおじさんさんの本が出そうですね。

No title

>いえ、あくまで架空の人物です。でも、本当に最近来ないんですよ。

私の責任かもしれません。すみません。

No title

>2011-11-12 16:51 | ひろおじさん様

>相変わらずすごい文才・・・

いやぁ、恐れ入ります。

>そのうちたかおじさんさんの本が出そうですね。

でも文科省などの推奨図書には選ばれそうもありません。

No title

>2011-11-12 17:03 | 花岡 鉄様

>私の責任かもしれません。すみません。

とんでもない。本人が決めることですから、誰の責任などと言うことではありませんよ。

その内、ひょっこりと来るかも知れませんよ。でも架空の人物ですから・・・

高尾爺さん……

とりあえずコメント一覧に載っているやつを見てみました。
ちょっと、前のやつまで遡って拝読しきれず申し訳ない限りです。

> 私の責任かもしれません。
花岡様、何かお心当たりでも?
特にわたくしには思い当たる節はございませんが。


このエントリー、架空のお話とのことですか。興味深いですね。
よく出来ていると思いました。
論点整理など、秀逸と存じます。
やはり、閣下は素晴らしいと思います。

> 今日日、新しいビルや施設は自家発電設備を持っている。それを動かしたからしのげたんだ

爺さまのご認識が、ちょっと不正確な気もしますが、なにぶん架空ですのでまあ、アレです。森さんたちのお話だとすると、ですけど。

No title

高尾爺さん……
>
>2011-11-21 21:54 | 成瀬健三様様

>とりあえずコメント一覧に載っているやつを見てみました。
>ちょっと、前のやつまで遡って拝読しきれず申し訳ない限りです。

いえいえ、別に義務でもありませんので。

>このエントリー、架空のお話とのことですか。興味深いですね。
>よく出来ていると思いました。
>論点整理など、秀逸と存じます。
>やはり、閣下は素晴らしいと思います。

いやいや、すばらしいのは知人の高尾爺さんです。私も時々、ご高説を拝聴していますよ。
>
>> 今日日、新しいビルや施設は自家発電設備を持っている。それを動かしたからしのげたんだ

>爺さまのご認識が、ちょっと不正確な気もしますが、なにぶん架空ですのでまあ、アレです。森さんたちのお話だとすると、ですけど。

これが単なるイチャモンだと言われる所以ですな。反証を挙げるなら、具体性が無く茶森さんとは、森進一、森昌子、銛の石松?どこの森さんがどこで、日本中の製造業やビル施設などは自家発電を使わずに、立派に節電を成し遂げた、自分が責任を持って断言すると仰ったのか、是非伺いたいですな。

だからな、留瀬、おまいさんはただのいちゃもんつけと言われるのだ、まあ出がらしのお茶でもお飲み、と高尾爺さんなら言うでしょうな。

No title

>花岡様、何かお心当たりでも?

私の思い過ごしです。お気になさらずに。

No title

> 日本中の製造業やビル施設などは自家発電を使わずに、立派に節電を成し遂げた

いえ、そういう事を言わんとしてるわけではございませんので、あしからず。
そう単純な話ではないのですが、そういう要素がある事は否定しておりませんから。

大規模施設がなぜ自家発電設備を有しているか、ということでして。
何も電力会社に協力するためにボランティアで設置しているものではございませんので。
ただ、それらを必要以上にフル稼働することで大いに協力することはできましたから、閣下の仰せはご尤もなのでございまして、ですから別にわたくしめが反論を申し上げているわけではないのでございます。

No title

あらあら、名前の変換ミス。
お恥ずかしい限りです。
留なんとか などの登場人物のせいかも。

No title

やはり原発は大いに推進すべきだなと笑いながら再認識いたしました。ちょっと変な気分です。

ところで、例のナントカ会が圧勝しました。彼らは市の大株主としての力を背景に脱原発に舵を切るなどと言っております。不届きな職員や生保の削減は止むを得ないとしても、彼らの再就職先まで丸ごと潰すようなことをこの時期にやるなんて正気の沙汰とは思えません。特に事故を起こしたわけでもないのに・・・。はっきり言って、今回の選挙はウンコカレーかカレーウンコかの選択にしか見えませんでした。

汚い話で恐縮ですが、国政進出の見方もすでに出てきており、そうなるとこれはもう大阪だけの問題ではありません。

No title

>2011-11-28 21:04 | 成瀬健三様
>
>> 日本中の製造業やビル施設などは自家発電を使わずに、立派に節電を成し遂げた

>大規模施設がなぜ自家発電設備を有しているか、ということでして。
>何も電力会社に協力するためにボランティアで設置しているものではございませんので。

まあ、思った通りですな。当然でしょ。東電の電力が足りないと分かったとき、住友金属と新日鐵がおのおの各100万キロワットの自家発電をフル稼働し、東電に電力を提供してくれたおかげで何とかしのげたものであり、当時の私のブログにもあるように最初から東電に提供するために彼らが自家発電施設を作ったわけではないでしょ。万が一にでも東電から電力が停まった場合でも全電力を確保して生産を続けない限り、全施設が永久に使えなくなる危険性があるからですよ。

どこの世界に、電力会社に提供するために自家発電設備を作る会社がありますかいな。

>ただ、それらを必要以上にフル稼働することで大いに協力することはできましたから、閣下の仰せはご尤もなのでございまして、ですから別にわたくしめが反論を申し上げているわけではないのでございます。

あ、そうですか。じゃあ、あれはなんなんだろう。高尾爺さんに心得違いを説教していると思ったものですからね。

ちなみに、シャープが、今回は自家発電でしのいだが、化石燃料コストが高騰し、極めて採算が採れなくなっているので、今後はそのためにも海外に製造拠点を移さざるを得ないと言ってますよ。ちょっとアーカイブしてなかったので改めて記事を探したけれど一次資料が見つかりませんがね。

No title

>2011-11-28 22:23 | ジェム様

>やはり原発は大いに推進すべきだなと笑いながら再認識いたしました。ちょっと変な気分です。

本当に脱原発で大変なことになりますよ。先のコメントでも触れましたが、多くの製造業が、電力不足を理由に海外移転に拍車をかけています。これはすでに起きている事実であり、よく言われるように、電力会社の恫喝などではありません。この事実を見ながらも、出てゆく企業は勝手に出てゆけと言う脱原発連中の無責任さがどこから来るのか理解に苦しみます。
>
>ところで、例のナントカ会が圧勝しました。彼らは市の大株主としての力を背景に脱原発に舵を切るなどと言っております。不届きな職員や生保の削減は止むを得ないとしても、彼らの再就職先まで丸ごと潰すようなことをこの時期にやるなんて正気の沙汰とは思えません。特に事故を起こしたわけでもないのに・・・。はっきり言って、今回の選挙はウンコカレーかカレーウンコかの選択にしか見えませんでした。

これはたまたま今日のエントリーで取り上げましたが、私個人としては維新の会がやはり時流に乗ったとしか考えられない理由で脱原発を主張しているのが気にいりません。しかし、腐りきった大阪を何とかするという為には、彼らの勝利は良かったと思っています。なにしろ、既成政党がこれだけ嫌われ不信を持たれていることがはっきりしましたから。

しかし、橋下氏に具体的などのような手腕があるのかは未だ見えていません。未だ結論は出ませんが、とにかく大阪刷新から始めるのを見るより仕方がないでしょうね。

>汚い話で恐縮ですが、国政進出の見方もすでに出てきており、そうなるとこれはもう大阪だけの問題ではありません。

そうですね。維新の会が、国政で何をするのかもほとんど分かりませんし。ただ、既成政党をぶちこわすだけが目的なら危険極まりありません。結局は民主と変わりませんから。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。