スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の宇宙技術

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


日本では余り大きなニュースにはなっていないようだが、先頃中国が自国の宇宙ステーション構築に向け、実験室「天宮1号」を打ち上げ、さらに無人宇宙船をドッキングさせた。それなりに中国は急速に宇宙技術水準を上げているのは事実だろう。

それに対し、韓国がまたうらやましいとため息混じりに報じている。

赤文字は引用

【社説】うらやましい中国の宇宙ドッキング成功

2011年11月04日11時44分

中国の宇宙技術発展のスピードは驚異的なほどだ。1961年に世界初の宇宙遊泳を達成したロシアや69年に月面に宇宙飛行士を着陸させた米国に比べ40~50年の遅れをとったのは事実だが、最近の発展速度は驚くべきだ。2003年に初めての有人宇宙船打ち上げ、2007年に初の月探査人工衛星打ち上げ、2008年に宇宙遊泳成功、2010年に2度目の月探査衛星打ち上げに成功した。今年末にはロシアと共同で火星探査衛星を打ち上げ、来年には無人探査船の月着陸、2013年に独自の火星探査衛星打ち上げ、2017年に月の土壌採取、2020年に宇宙ステーション運営などの息つく間もない計画を持っている。わずか10年余りの間に米国とロシアの宇宙技術に追いつくということだ。

確かに、中国の宇宙技術が格段の進歩を遂げたことは認めてもよいだろうが、米ロの技術にはほど遠い。むろん、日本や欧州宇宙機関(ESA)等とも未だ大きな隔たりがある。有人飛行をしたことで中国の宇宙技術が最先端であり、ドッキングをやったから最先端だと韓国あたりなら肝をつぶすのかも知れないが、中国の技術レベルが高いとはとうてい言えない。

簡単に言えば、中国は成功した結果以外はほおかぶりをしてきたし、今もしている。有人飛行は人命が消耗品である国に於いては、単にテストを繰り返しながらでかい馬力のロケットをぶち上げ、高熱からカプセルを守って回収できれば出来る。即ち、日本でも人命を無視するならすぐにでも出来るだろう。そして、運良く帰還したときだけ成功したと大々的にぶち上げれば良いだけのことだ。

今、一カ国でとにかく宇宙技術と呼べる物を持っているのは日本と米ロ中だけだが、中国は全面的にロシアからの技術をそのまま使っている。後述するがエンジン一つとってもヨーロッパにも及ばない。

なお、ヨーロッパが民間衛星の打ち上げを多く行っているのは、あくまで関係国の需要を満たしているだけであり、いわば営業力の差だ。丁度、エアバスが売れるのと同じ理屈であり、決して技術力があるからではない。そして、打ち上げ回数が増えれば当然成功率も上がる。

中国の宇宙ドッキング成功は祝うべきことだが、われわれの状況を考えると気持ちは楽なだけではない状況だ。われわれは依然独自の衛星打ち上げの意欲さえも出せずにいる。ロシアのロケットを借りて推進した羅老(ナロ)号打ち上げが相次いで失敗した末に、いまでは宇宙開発に対する期待まで大きく低くなった状態だ。人工衛星を100個以上保有する中国や数十個を保有する日本に比べ韓国はようやく4個だけだ。人口や領土、経済規模で大きな差を見せる国々と本格的な宇宙開発競争に出るのは無謀なことだろう。しかし独自の衛星打ち上げなど最小限の能力は確保しなければならない。

 韓国が嘆くのは見当違いではないのか。韓国よりも先に自力衛星を上げているインドやイスラエルが見えていないのか。中国は100%パクリで技術を盗んでいる。韓国が自力で衛星を打ち上げるには、まず人の力を当てにしないことから始めるべきだと思うが。
 
 ま、それはともかくとして、宗主国である中国様の宇宙開発に対しよだれの垂れ放題だ。
 
 米国脅かす中国の宇宙技術

 専門家は「エンジンなど重要技術はまだ米国の1960年代の水準だが、有人宇宙船に続いて、ドッキングにまで成功し、今後は米国を脅かす宇宙大国に浮上するはずだ」と評価した。
 
 これが本当の専門家なのかどうかはいつものように怪しいが、エンジン技術が原始時代のままでは、単に力業ででかいロケットを上げるしかなく、これではとうてい先進国だと言えない。ロケットを打ち上げるためには燃料を積まなければならない。同じ力を得るために効率の悪いロケットでは、その分余計に燃料を積まなければならず、するとその燃料を持ち上げるためにもっと大きなエンジンが要る。エンジンが大きくなればもっと余分に燃料が要るので、もっと大きなエンジンが要るという悪循環が起きる。
 
 話がずれるが、ロケットの効率が悪いと、打ち上げの最初に大馬力を出して、早く燃料を減らし、後は慣性で飛ばすことになる。いつまでも燃料を持ち上げるためにエネルギーを浪費できないからだ。ロケット打ち上げに際して強大なGが発生し、特殊訓練を受けた宇宙飛行士以外、生きていることも難しいと言われるのはそのためだ。
 
 打ち上げの最初の段階で大馬力を出すと言うことはロケット全体にも強大な衝撃がかかるから、ロケットの構造も勢い頑丈になり、それだけ重い機体が必要になる。
 
 つまり、ロケットの効率が悪いと言うことは何から何までロケットの性能を制限する。日米のロケットが液体燃料を使用しているのは、ロケットの効率が良いためであり、伊達ではない。効率の良いエンジンであるから、比較的ゆっくりと加速でき、さらに燃料が軽いのでその分エンジンの負担が減る。つまり、エンジンの効率がよいと言うことが、ロケット技術の基本なのだ。
 
 その点、日本の液体燃料エンジンは超一流であり、アメリカ製を凌駕している。つまり、客観的に観て、日本のロケット技術は超一流と言うことが出来る。なお、この場合の液体燃料ロケットとは液体酸素と液体水素の組み合わせのことであって、日米欧以外は使用していない。
 
 さらに、自動ドッキングをしたから中国の技術は米ロ並みだと、韓国の”専門家”は肝をつぶしているが、今では宇宙技術を有する国ではありふれたものであり、日本のHTVも無人で国際宇宙ステーションにドッキングしているし(後述)、ロシアやESAの無人補給機も、ほぼそれでドッキングしている。
 
 また、日本はきく7号衛星で14年前にすでに宇宙空間でのドッキングを成し遂げており、当時としては世界初だった。その技術の延長上にはやぶさがある。なにしろ、全く自動的にイトカワ衛星にタッチアンドゴーでサンプルを採取(本来の成功ではなかったが)を成し遂げている。地上から見守ってドッキングをさせるのとは大違いなのだ。電波で往復30分かかる遠方で、はやぶさがスタンドアロンで行ったのだ。この技術はいまでも世界ではほぼ唯一と言っていい。
 
 ただし、むろん、米ロの技術が並はずれて優れている事実を否定はしないが、中国が米ロに並ぶ可能性は、少なくともエンジンが何とかならない限り無理だ。おそらく必死になってパクっている最中だが、アメリカもロシアも散々やられて懲りているので、日本やヨーロッパなどがねらわれているかも知れない。とにかく三菱重工などがしきりにサイバー攻撃をされている事実は無視できない。
 
 米航空宇宙局(NASA)の専門家は、2007年に中国が初の月探査船打ち上げに成功した際「10年以内に中国がロシアや欧州の宇宙開発水準を追い越す可能性が高い」と述べた。宇宙でのドッキングにまで成功し、米国にも追い付く勢いだ。自国技術で有人宇宙船の打ち上げと宇宙ドッキングに成功した国は米国、ロシア、中国しかない。

いかにも韓国メディアの書きそうなことだが、日本は連中には見えないらしい。HTVが宇宙ステーションを追いかける形で位置調整を行い、最終位置からのドッキングはマジックハンドを使ったが、その時点で相対速度がゼロになっており、完全自動ドッキングと同じ技術を確保していると言っていい。

 しかし、ロケットの打ち上げ成功率は世界最高を誇る。1957年から2009年までの通算では88.64%で、ロシア、欧州、米国に劣る。しかし、2000年代以降の長征ロケットの打ち上げ成功率は100%だ。06年以降、地球観測衛星11基を打ち上げ、衛星打ち上げ数でも米国を上回った。中国は推力の限界を克服するため、米デルタ4ロケットに次いで重い搭載能力を持つ「長征5、6号ロケット」を開発している。
 
 せいこうりつが高いという理由の一つは、失敗した場合はほおかぶりをしていたから。村一つが消滅するほどの事故を起こしているとされるが、それも隠蔽されている。成功例だけを華々しく発表すればむろん成功率100%になるだろう。
 
 それと、長征ロケットはソ連のソユーズのままであり、単に図体をでかくしているだけ。新規のエンジンを開発しているわけではなく、それであれば成功率が高いのは当たり前であり、韓国から観れば輝かしいだろうが、それが中国の宇宙開発技術の足かせになっている。すなわち、エンジンが新世代にならなければ、絶対に日米欧には及ばない。
 
 安全性で観ればロシアのソユーズもむろん、成功率が高いが、それだけ発展していないと言うことだ。

 韓国から観ればため息の出る中国のロケットも、実態は
 
 中国発信源が大半=サイバー攻撃によるスパイ-米報告書

 報告書は「中国関係者による経済スパイ活動は世界で最も活発で執拗(しつよう)だ」と批判した。
 中国については、同国で科学技術の分野で西側との格差を縮めるために1986年に立ち上げられた「プロジェクト863」と呼ばれる政策の存在を指摘。報告書は、同プロジェクトには、米国の技術や経済機密を収集するための資金供与や指示書が含まれているとした。(2011/11/04-14:31)

 
 つまり中国にとって、米国に追いつく手段は盗むしかない。それはむろん、日本も標的になっており、三菱重工などがねらわれているのはその狙いもあると考えられる。
 
 そして、盗むことこそ、中国の伝統であり、

中国系元技師に経済スパイ罪の有罪判決、重要な宇宙技術を30年にわたり―米国

ジョン被告は中国系米国人。航空大手ボーイング社などから宇宙技術情報を盗んだとして6件の経済スパイ罪に問われていた。同被告は約30年にわたり、ボーイング社や関連会社に技師として勤めていたが、その間、計30万ページにおよぶスペースシャトルやロケットなど航空・宇宙関連の重要書類を自宅に持ち帰り、中国側に渡していたとされている。

このような事実があるのに、日本には防諜法一つ無く、自衛隊幹部や企業の技術者から技術が漏れる事件が後を絶たない。技術は国家存続の鍵になることを十分に認識し、技術漏出防衛を考えなければなるまい。当然だと思うのだが本当に政府はそう考えているのだろうか。

 むろん、韓国も技術発展とはベンチマーク、実態はパクリが全てであり、油断は出来ない。

上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません

以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

【社説】うらやましい中国の宇宙ドッキング成功

2011年11月04日11時44分


きのう明け方、中国はもうひとつの新紀元を達成した。中国西部陝西省と甘粛省の343キロメートル上空で無人宇宙船「神舟8号」と宇宙ステーション「天宮1号」のドッキング実験に成功したのだ。宇宙でのドッキングは超高速で飛行する宇宙船が速度を合わせながら接続する高難度技術だ。これまでにこの技術を確保した国は米国とロシアだけだ。今回の成功を土台に中国は宇宙開発に拍車をかけ、2020年までに宇宙ステーションを完成させ運営するという計画だ。主要20カ国(G20)首脳会議参加のためフランスを訪問中の胡錦涛国家主席がすぐにお祝いのメッセージを送るなど13億人余りの中国人がお祭りムードにひたっている。

中国の宇宙技術発展のスピードは驚異的なほどだ。1961年に世界初の宇宙遊泳を達成したロシアや69年に月面に宇宙飛行士を着陸させた米国に比べ40~50年の遅れをとったのは事実だが、最近の発展速度は驚くべきだ。2003年に初めての有人宇宙船打ち上げ、2007年に初の月探査人工衛星打ち上げ、2008年に宇宙遊泳成功、2010年に2度目の月探査衛星打ち上げに成功した。今年末にはロシアと共同で火星探査衛星を打ち上げ、来年には無人探査船の月着陸、2013年に独自の火星探査衛星打ち上げ、2017年に月の土壌採取、2020年に宇宙ステーション運営などの息つく間もない計画を持っている。わずか10年余りの間に米国とロシアの宇宙技術に追いつくということだ。

中国の宇宙ドッキング成功は祝うべきことだが、われわれの状況を考えると気持ちは楽なだけではない状況だ。われわれは依然独自の衛星打ち上げの意欲さえも出せずにいる。ロシアのロケットを借りて推進した羅老(ナロ)号打ち上げが相次いで失敗した末に、いまでは宇宙開発に対する期待まで大きく低くなった状態だ。人工衛星を100個以上保有する中国や数十個を保有する日本に比べ韓国はようやく4個だけだ。人口や領土、経済規模で大きな差を見せる国々と本格的な宇宙開発競争に出るのは無謀なことだろう。しかし独自の衛星打ち上げなど最小限の能力は確保しなければならない。 .



米国脅かす中国の宇宙技術

 中国は3日未明、無人実験機「天宮1号」と無人宇宙船「神舟8号」のドッキングに成功した。米国とロシアが運営する宇宙ステーションが2020年に退役すれば、宇宙には中国の宇宙ステーションだけが残る。ロシアが国家主導による宇宙開発から商業化へとかじを切る中、宇宙開発競争は米中の2強体制か、場合によっては中国が独走する可能性も出てきた。専門家は「エンジンなど重要技術はまだ米国の1960年代の水準だが、有人宇宙船に続いて、ドッキングにまで成功し、今後は米国を脅かす宇宙大国に浮上するはずだ」と評価した。


■ドッキング成功、技術水準の高さ


 米航空宇宙局(NASA)の専門家は、2007年に中国が初の月探査船打ち上げに成功した際「10年以内に中国がロシアや欧州の宇宙開発水準を追い越す可能性が高い」と述べた。宇宙でのドッキングにまで成功し、米国にも追い付く勢いだ。自国技術で有人宇宙船の打ち上げと宇宙ドッキングに成功した国は米国、ロシア、中国しかない。


 航空大航空宇宙機械工学部の張泳根(チャン・ヨングン)教授は「宇宙技術のうち、二つの宇宙船を同じ速度で接近させるランデブーとミリ単位の誤差で正確に船体を連結するドッキングが最も難しい。中国の宇宙飛行士を宇宙ステーションに送る道が開かれた」と指摘した。

 KAIST(韓国科学技術院)のイ・イン教授(航空宇宙工学)は「中国はロケット分野で米国、ロシア、欧州、日本と共に5強を成している。超精密制御技術が不足していたが、ドッキング成功によって解決された」と述べた。


 ただし、中国が計画している宇宙ステーションは、米国主導の国際宇宙ステーションのレベルには及ばない。現在国際宇宙ステーションの重量は約400トンだが、中国が建造する宇宙ステーションは60トン規模で、1986年から2000年まで運用されたロシアのミール(80トン)程度の水準だという。しかし、専門家は今後、中国が唯一の宇宙ステーション運用国として経験を積めば、短い期間に宇宙ステーション分野でも最高レベルに到達するとみている。


■ロケットの成功率は世界最高


 中国は1970年代に旧ソ連の支援を受け、中距離弾道ミサイルを改良し、長征ロケットを開発した。韓国航空宇宙研究院の趙光来(チョ・グァンレ)ロケット研究本部長は「中国のロケットは軍事用ミサイル燃料を使っており、エンジンの推力が米国のスペースシャトルや、日本のHIIロケットの88%にとどまっている。エンジン技術だけを見れば、米国の60年代の水準だ」と説明した。


 パク・テハク韓国型ロケット開発事業団長も「素材など基礎宇宙技術も米国にかなり遅れている」と述べた。


 しかし、ロケットの打ち上げ成功率は世界最高を誇る。1957年から2009年までの通算では88.64%で、ロシア、欧州、米国に劣る。しかし、2000年代以降の長征ロケットの打ち上げ成功率は100%だ。06年以降、地球観測衛星11基を打ち上げ、衛星打ち上げ数でも米国を上回った。中国は推力の限界を克服するため、米デルタ4ロケットに次いで重い搭載能力を持つ「長征5、6号ロケット」を開発している。


■独自のGPS、月探査


 中国は35基の衛星で構成する独自の衛星利用測位システム(GPS)の「北斗プロジェクト」を推進している。2007年には退役した気象衛星をミサイルで破壊することにも成功した。米政府は2020年までに中国が衛星で敵国の衛星を攻撃するシステムを構築するとみている。


 中国はまた、既に月探査船の打ち上げに2回成功した。17年には探査ロボットを月に送り、その後は有人月面探査や月面基地建設も計画している。米国は最近、有人月面探査計画を予算上の問題で中止した。

 張教授は「中国は有人宇宙船技術とロケットを確保しており、有人月面探査は十分に可能だ」と述べた。趙本部長も「現在の中国のロケットでも月や火星への探査船を打ち上げる能力は十分にある」と指摘した。

李永完(イ・ヨンワン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版




中国発信源が大半=サイバー攻撃によるスパイ-米報告書

 【ワシントン時事】米国の情報機関を統括する国家情報長官室は3日までに、サイバー空間における「外国スパイによる米国の経済機密不正入手に関する報告書」をまとめた。米政府や企業、大学などの研究機関へのサイバー攻撃によるスパイ活動の発信源の大半が中国とみられると分析。ロシアの情報機関も米国の経済、技術情報獲得を狙っていると警戒している。
 報告書は「中国関係者による経済スパイ活動は世界で最も活発で執拗(しつよう)だ」と批判した。
 中国については、同国で科学技術の分野で西側との格差を縮めるために1986年に立ち上げられた「プロジェクト863」と呼ばれる政策の存在を指摘。報告書は、同プロジェクトには、米国の技術や経済機密を収集するための資金供与や指示書が含まれているとした。(2011/11/04-14:31)




中国系元技師に経済スパイ罪の有罪判決、重要な宇宙技術を30年にわたり―米国

2009年7月17日、シンガポール華字紙・聯合早報によれば、米カリフォルニア州連邦地裁は、経済スパイ法違反の罪に問われていた中国系元技師のジョン・ドンファン(鐘東凡)被告(73)に、有罪判決を下した。国際オンラインが伝えた。

ジョン被告は中国系米国人。航空大手ボーイング社などから宇宙技術情報を盗んだとして6件の経済スパイ罪に問われていた。同被告は約30年にわたり、ボーイング社や関連会社に技師として勤めていたが、その間、計30万ページにおよぶスペースシャトルやロケットなど航空・宇宙関連の重要書類を自宅に持ち帰り、中国側に渡していたとされている。

同被告は書類を自宅に持ち帰ったことは認めたが、それを中国側に渡していたことは否認している。同被告の弁護士は、同被告が中国側に渡していた証拠を検察側が持っていないと指摘し、経済スパイ法違反にはならないと主張している。(翻訳・編集/NN)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。