スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウリジナル爆発

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


韓国ネタばかり書くのがこのブログの趣旨ではないが、つい面白い記事があると食いついてしまう。で、今日も休日前の息抜きに書くことにしたが、その前にいくつか。

以前、日進市で福島産の花火打ち上げを止めた件に就き同市に抗議のメールを送り、返事があったら報告するとしていたが、一ヶ月経った本日、回答があった。ただし、HPに書いたので読んでくれと言う、実に誠意のない返事だった。まあ、同市の役人などこんなものだろうと思うが、実際には何が悪かったのか分からないと言っていた状態のままなのだろう。HPも、単に文句を言われたから止めた、福島に行って頭を下げてきた、と言うだけの説明がとりあえず書いてあるだけのことであって、報道で何度も読まされたつまらない言い訳だ。

平成23年09月20日、当方から出したメールの一部抜粋。

「聞けば、抗議は8万を超す貴市から、20件だったとか。市外からかもしれず、しかも20件のメールや電話なら、嫌がらせをする個人や団体でもどうにでも出来る数ではないでしょうか。

日進市の大多数の市民は良識を持っているはずですが、その確認を担当者はしたのでしょうか。

なお、民間団体のことで市は責任がないとのことでしたら、市からその団体への指導が必要ではないでしょうか。なにしろ、この件で日進市の名誉が傷つけられたのですから。」

それに対する本日10月21日の日進市よりの回答抜粋

「平成23年10月21日

 xxxx 様
                        日進市長 萩野 幸三

                      にっしん夢花火実行委員会
                         委員長 水嶋 義弘

 今回の件につきましては、その経緯等をにっしん夢まつり公式Webサイト
上で発表しております。
 結果として、多くの皆様に多大なご迷惑をおかけいたしましたことにつきま
しては、心よりお詫び申し上げます。」


もうひとつ、これは見逃しに出来ない記事。日本のメディアではほとんど伝えられていないようだが、よほど都合が悪いのか。

赤文字は引用

顕忠院を訪れた野田首相

 19日午前、日本の野田佳彦首相が国立ソウル顕忠院(同市銅雀区)を訪れ、顕忠塔に参拝した。

顕忠院を訪れた野田首相

 
画像 顕忠院を訪れた野田首相

 野田総理は、総理在任中は靖国参拝をしないと公式に発表している。その彼が、飼い主の国の顕忠院には参拝した。ちなみに、顕忠院とは、

Wiki 韓国顕忠院

国立ソウル顕忠院は、大韓民国ソウル特別市銅雀区にある国立墓地である。朝鮮戦争の戦死者や新潟日赤センター爆破未遂事件のテロ工作員が祀られている。

と言うことであり、どの国にもある戦没者慰霊のための施設であって、通常であれば他国の首脳が訪問した際に参拝することは外交儀礼として普通のことだ。実際、かつては靖国にも他国の多くの要人達が参拝していた。

だが、今靖国には政権政党の政治家はまともに参拝しないのが通例になってしまった。これは一人民主党だけではない。自民もまた政権時代そうだった。そして、その現総理大臣が自国の戦没者慰霊施設には参拝せず、日本でテロを行った犯罪者達を祀っている施設に参拝した。これは、単なる外交儀礼だからと見過ごせるものではない。

もっとも、前総理のあの物体は中国の南京虐殺記念館で献花をしているくらいだから、民主党の歴史認識は完全に日本のものではなく、特亜のものを是としているわけだ。このような政党に、日本の舵取りが任せられるわけがない。

10月22日 追記

もうひとつ追記しておくが、韓国様のありがたいご説明では、スワップ枠を制限無しに、次に5兆円まで拡大することをお願いしてきたのは日本であり、それは日本が円高に苦しんでいるので韓国が助けてやったのだとのお話だった。

私も実は、日本円を塵紙交換に出せばそれだけ円の値打ちが下がるから、多少は円安になるのかも知れないと思ったし、事実直前までほんの少しだが円安に動いていたのだ。ところが、

円、最高値を更新 一時75円78銭

 21日、欧米の外国為替市場で、円相場は一時1ドル=75円78銭まで急騰し、8月19日に付けた過去最高値(75円95銭)を約2カ月ぶりに更新した。欧州の債務危機などを背景に、円高が長期化するとの見方が強まり、投機筋の円買いをきっかけに短時間に急上昇した。長引く円高は企業マインドの悪化を通じ、東日本大震災からの復興途上にある日本経済に悪影響を及ぼす恐れがある。
 
 あんな塵紙交換では円の信用は全く揺るがなかったのだ。一方、それだけ万全の信用力を持っている円に支えられ、確かにウォンは上がった。 
 
【解説】韓日通貨スワップ、規模が拡大した背景は
 
  韓日通貨スワップ拡大のニュースにウォン相場は1ドル=1130ウォン台まで上がった。19日のソウル外国為替市場でドルに対するウォンの相場は前日より13.70ウォンのウォン高ドル安となる1ドル=1131.90ウォンで取引を終えた。これは先月16日の1112.50ウォン以来の高値水準だ。


これでも韓国は日本に対して感謝などむろんするわけがなく、当然のことであり、日本に対して韓国が力を貸したのであり、もっと韓国に認めてもらいたければ竹島を手放し、売春婦に金を払えとのたまう。

 野良犬、もとい野田総理はこんな結果などどうでも良いのだろうが、つくづく嫌になる。ところで、この、円高に振れ、そしてウォン高になったと言う状況を、昔聞いたある話に重ね合わせた。
 
 林檎が木から落ちるのは、実は地球が林檎に向かって落ちているのでもあり、双方が引き合うから、林檎の位置が移動するのと同様地球の位置も林檎に向かって移動しているのだそうだ。ただし、質量が違うので、実際は林檎の移動しか問題にならないのだとか。
 
 円とウォンの質量、すなわち通貨の信用力の違いは、地球と林檎ほども違うのだと改めて思った。

追記分終わり

さて本題

慶南日報ホーム>文化/生活> 学術

韓国のウリジナルは病気であり、他国、特に日本から文化を盗んでは自分たちが作ったのだとおとぎ話を作り、それを信ずることでしか自尊心が満たせない哀れな国なのだが、そのおとぎ話には根拠どころか歴史上の時間の前後さえ無視している。むろん宇宙も太陽も地球も韓国人が作ったのだから、タイムマシンも作っていて不思議ではない。

日対馬、ハングル書いたというのに...

原文は韓国語 オンライン翻訳によるものは巻末に載せるが、読みやすく書き直した文章があったのでそれを要約して紹介する。

また、この資料を基に「対馬の言語はハングルで、ハングルが日本語になった」、「対馬は朝鮮の 島だから対馬藩主は印鑑を偽造して偽造文書を使った’、‘対馬を私たちの土地と表示した新しい 日本古地図’等多様な主張が提起された。

対馬が韓国領だというのはまあいつもの妄想だし、実際に彼らが元寇のさきがけとして対馬に来襲し、残虐の限りを尽くした事実は彼らは知っているのだろうか。対馬藩主がなぜ印鑑を偽造したのか、その辺りが分からない。そうしなければならない事情、すなわち対馬が朝鮮領か日本領かの論争など当時はなかった。そうでなければ、日本人の藩主が対馬に所領を持っていることに朝鮮が黙っていたはずがないのだが。なぜ、自国領に攻め込み住民を虐殺したのか。

私たちのハングルが日本の対馬に入って対馬原住民のアヒル族が使った。それがアヒル文字(訳 注:阿比留文字(あびるもじ)のこと)だ。アヒル文字を見て日本語になったという字原の本が発見 された。冊名は神字原であり、この本は1840年に発行されたパンフレットだ。神字原を書いた人物 は野之口隆正だ。

まず阿比留文字が後代の偽造であることがはっきりとしており、したがって、それにまつわる様々な彼らの妄想も、日本で一時盛んだった、神代文字が漢字以前からあったとされる一連の騒ぎであり、日本では完全に否定され省みられなくなった文書を掘り起こして、それに妄想を組み合わせて作ったハングル日本語起源説だ。

漢字と日本語をなくしてしまい、対馬のアヒル文字を使おうと国民らを指導して結局門下生500人 余りが明治維新を起こし師匠が主張した信徒思想を復興させて信徒思想に陰陽五行説で作られ たハングル(対馬文)を最もつりあった文字と言い、今日まで神社にたくさん残っている。韓国の文 字の偉大さは世界に誇れることだが、対馬原住民が書いた私たちのハングルが日本語の字源に なったことが今日になって判明した。

判明した、とは正しく訳せばそのように妄想した、と言うことだが、彼らの語彙には妄想という言葉がないのだろう。だから、妄想したと誰かが言ってもそれを判明したと言うことにしてしまうのではないかと、これは私の妄想だ。

そもそも、ハングルとは15世紀に韓国でモンゴル文字を参考に作られたのであり、日本ではすでに漢字からひらかなカタカナが作られていた。ハングルなど全くお呼びではない。

Wiki ハングル


朝鮮語は15世紀半ばまでそれを表記する固有の文字を持たず、口訣(こうけつ・くけつ)・吏読(りとう)など万葉仮名のように漢字を借りた表記法により断片的・暗示的に示されてきた。このような状況の下で李氏朝鮮(朝鮮王朝)第4代国王の世宗(在位1418年-1450年)は固有の文字であるハングルの創製を積極的に推し進めたが、その事業は当初から事大主義的な保守派から猛烈な反発を受けた。1444年に集賢殿副提学だった崔萬理らはハングル創製に反対する上疏文を提出し「自古九州之内、風土雖異、未有因方言而別爲文字者。唯蒙古・西夏・女眞・日本・西蕃之類、各有其字、是皆夷狄事耳、無足道者。(昔から中国の諸地は風土が異なっても、方言に基づいて文字を作った例はない。モンゴル・西夏・女真・日本・チベットなどは文字を持つが、これらはみな未開人のなすことであり、言うに足るものではない。)」と述べている。世宗はこのような反対派を押し切り、集賢殿内の新進の学者らに命じて1446年に訓民正音の名でハングルを頒布することとなった。字形の由来については起―成文図起源説、パスパ文字起源説など諸説がある。

ハングルを蒙古文字のパクリだとは言うまい。彼らのオリジナルであるとして、それにしても独自の文字を作るのは野蛮な国がすることだと学者が反対するような国で、実際にハングルはほとんど普及せず、日韓併合時代になってあまりに文盲率が高いので、まず覚えやすいハングルを日本が普及したのだ。今の韓国人の識字率は当時の日本の政策による。

そのため、韓国人はよほどの特殊な研究をした人間でない限り漢字が読めず、結局古い歴史書を読むことが出来ない。これが韓国人の妄想おとぎ話歴史教育の理由だとされている。韓国人にとって、歴史とは66年間の物が全てなのであり、それすら早期のものは脚色されている。だから、韓国が日本と戦ったことになっており、韓国が戦勝国だという歴史が学校で教えられている。おそらく教えている教師もそれを信じているのだろうが世界中では相手にされないおとぎ話であり、海外で学ぶ韓国人が良くぶつかる壁なのだ。

自分たちが習ってきた歴史が、世界では全く相手にもされないおとぎ話だと指摘され最初は反発するが、自力で正しい歴史を調べるか、あくまで自分が習った歴史に固執するか、何もなかったことにするかはその個人次第だろう。

ところで、ハングルが基になったというその日本語だが、

Wiki 日本語

仮名の誕生 [編集]元来、日本に文字と呼べるものはなく、言葉を表記するためには中国渡来の漢字を用いた(いわゆる神代文字は後世の偽作とされている[146])。漢字の記された遺物の例としては、1世紀のものとされる福岡市出土の「漢委奴国王印」などもあるが、本格的に使用されたのはより後年とみられる。『古事記』によれば、応神天皇の時代に百済の学者王仁が「論語十巻、千字文一巻」を携えて来日したとある。稲荷山古墳出土の鉄剣銘(5世紀)には、雄略天皇と目される人名を含む漢字が刻まれている。「隅田八幡神社鏡銘」(6世紀)は純漢文で記されている。このような史料から、大和政権の勢力伸長とともに漢字使用域も拡大されたことが推測される。

漢字で和歌などの大和言葉を記す際、「波都波流能(はつはるの)」のように日本語の一音一音を漢字の音(または訓)を借りて写すことがあった。この表記方式を用いた資料の代表が『万葉集』(8世紀)であるため、この表記のことを「万葉仮名」という(すでに7世紀中頃の木簡に例が見られる[147])。漢字の音を借りて固有語を表記する方法は、かつての朝鮮の吏読にも見られた。

9世紀には万葉仮名の字体をより崩した「草仮名」が生まれ(『讃岐国戸籍帳』の「藤原有年申文」など)、さらに、草仮名をより崩した平仮名の誕生をみるに至った。これによって、はじめて日本語を自由に記すことが可能になった。平仮名を自在に操った王朝文学は、10世紀初頭の『古今和歌集』などに始まり、11世紀の『源氏物語』などの物語作品群で頂点を迎えた。

僧侶や学者らが漢文を訓読する際には、漢字の隅に点を打ち、その位置によって「て」「に」「を」「は」などの助詞その他を表すことがあった(ヲコト点)。しかし、次第に万葉仮名を添えて助詞などを示すことが一般化した。やがて、それらは、字画の省かれた簡略な片仮名になった。


日本人で、日本文字の基が中国から来た漢字であることを否定し、漢字は日本で作られた、中国人がパクった、ついでにアルファベットはひらかなから出来たなどという者は居ないだろう。きちんと中国伝来であることを認め、その漢字を日本語に併せて改良し、読み方を変え、まず万葉仮名として、つまり漢字本来の表意文字としてではなく、後のひらかなカタカナの基になる表音文字として使うようになった。これは実に大変な発想の転換であり、日本以外の漢字文化圏ではついに起こらず、ベトナムはアルファベットを、韓国はハングルを、中国大陸は簡略体と、ピンイン(アルファベットで漢字の発音を表したもの)を、台湾では旧字体そのままとピンインをつかっている。今ではピンインをそのまま中国語の表記文字として使う場合もある。

つまり、数万語はあるとされている漢字を学習することは普通の人間には不可能であり、その内のいくつかを単純に表音シンボルとして使う発想は、かつてのギリシャ文字がアルファベットになったのと同じような大転換だったのだ。

蛇足だが、アルファベットとは、ギリシャ文字のアフファα即ち牛、ベード(ベータ)β即ち囲いを意味する言葉だ。

万葉仮名が作られた時点ですでに日本は独自の文字改革をしているわけだが、その後漢字を崩してひらかなが生まれ、漢字の部首を取ってカタカナが生まれた。万葉仮名の時からすでに日本人は漢字を日本語に併せて改良していたわけで、それが11世紀、源氏物語の時代には完成していたのだから、15世紀に出来しかも全く普及しなかったハングルなど全く関係はないし、そもそも独自に文字を改良した日本よりも俺たちは偉いはずだとの例によっての妄想がこのような時間をさかのぼったタイムマシンまで使った学説を生み出したのだ。

いやはや、韓国の学問科学とは、妄想が基礎であり、盗むのが技術発展なのだから、もう無敵ではないのか。世界でどんなに相手にされなかろうが馬鹿にされようが、自分たちが妄想の世界で輝いていることで満足できるのであれば幸せかも知れないが、それが日本に実害を及ぼすから看過は出来ないのだ。


上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません


以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。


平成23年09月20日メール

「このたび、貴市において、花火大会に用いる福島県産の花火の使用を取りやめたとの報道に接し信じられない思いです。これは福島を差別しようとの公式な声明に等しく、なんら科学的危険が指摘されていないにも拘わらず、さらなる風評被害を広げるものです。

聞けば、抗議は8万を超す貴市から、20件だったとか。市外からかもしれず、しかも20件のメールや電話なら、嫌がらせをする個人や団体でもどうにでも出来る数ではないでしょうか。

日進市の大多数の市民は良識を持っているはずですが、その確認を担当者はしたのでしょうか。

単に、もめ事が嫌だからと、何の断りもなくこのような決断をしてしまう事なかれ主義、無責任体質は、それが風評被害を広め、福島の人々を苦しめるという責任は全く感じていないようです。

川俣市から抗議があったとのことですが、誠心誠意謝罪し、公開の場でも責任者からの謝罪をすべきではないでしょうか。

猛省を促します。

なお、この件については、私のブログでも採り上げ何件かの、中止に対する軽はずみな無責任さに対する批判が来ています。

日進市の市民の名誉のためにも、正式に謝罪する必要があると思います。

なお、民間団体のことで市は責任がないとのことでしたら、市からその団体への指導が必要ではないでしょうか。なにしろ、この件で日進市の名誉が傷つけられたのですから。」

本日10/21の日進市よりの回答

「平成23年10月21日

 xxxx 様
                        日進市長 萩野 幸三

                      にっしん夢花火実行委員会
                         委員長 水嶋 義弘

 この度は、ご意見・お問合せをいただきありがとうございます。
 また、回答を差し上げるのが遅くなり申し訳ありません。
 今回の件につきましては、その経緯等をにっしん夢まつり公式Webサイト
上で発表しております。
 結果として、多くの皆様に多大なご迷惑をおかけいたしましたことにつきま
しては、心よりお詫び申し上げます。
 今後は、皆様に正確な情報をお伝えしながら、誠心誠意、本花火の打上げを
はじめ、私たちにできることを検討し、実施に努めてまいりますので、ご理解
くださいますようよろしくお願い申し上げます。

*にっしん夢まつり公式Webサイト
 http://www.asobinohiroba.net/

問合せ先 にっしん夢花火実行委員会事務局
(日進市産業振興課商工労政観光係)
TEL 0561-73-2196 FAX 0561-73-1871
Eメール  sangyo@city.nisshin.lg.jp」

もうひとつ

顕忠院を訪れた野田首相

 19日午前、日本の野田佳彦首相が国立ソウル顕忠院(同市銅雀区)を訪れ、顕忠塔に参拝した。
 
画像 顕忠院を訪れた野田首相


顕忠院

Wiki 韓国顕忠院

国立ソウル顕忠院は、大韓民国ソウル特別市銅雀区にある国立墓地である。朝鮮戦争の戦死者や新潟日赤センター爆破未遂事件のテロ工作員が祀られている。


円、最高値を更新 一時75円78銭

2011/10/21 22:12 (2011/10/21 22:46更新) 小サイズに変更javascript:void(0)中サイズに変更javascript:void(0)大サイズに変更javascript:void(0)印刷
 21日、欧米の外国為替市場で、円相場は一時1ドル=75円78銭まで急騰し、8月19日に付けた過去最高値(75円95銭)を約2カ月ぶりに更新した。欧州の債務危機などを背景に、円高が長期化するとの見方が強まり、投機筋の円買いをきっかけに短時間に急上昇した。長引く円高は企業マインドの悪化を通じ、東日本大震災からの復興途上にある日本経済に悪影響を及ぼす恐れがある。

 欧州連合(EU)は20日、債務問題などの解決に向け、23日に加え、26日までに再度、首脳会議を開くことで一致した。当初は23日に債務問題への抜本対策を打ち出すとみられていたため、市場では、欧州金融安定基金(EFSF)の拡充などを巡り、ユーロ圏各国間の調整が難航しているとの見方が拡大。対外債権国で安全資産とされる円への資金流入が進んだ。

 円は日本時間夜、欧米市場で短時間に対ドルで急上昇した。外為市場では、首脳会議の結果を見極めたいとの思惑から商いが薄い中、ヘッジファンドなど投機筋の買いが入り、円高を加速させたとの見方も出ている。

 円相場は東日本大震災直後の今年3月中旬、76円25銭にまで上昇。日米欧の協調介入で円高はいったん歯止めがかかったものの、ギリシャ債務問題の再燃や世界経済の減速懸念を背景に7月以降は、円高基調が再び強まっていた。

 政府・日銀は8月4日、約4兆5千億円に上る円売り介入を実施。円相場はいったん80円台に急落したが、その後は再び円高に振れ、8月19日に75円95銭の最高値を更新。その後も76~77円台の高値圏で推移していた。

 円相場が最高値を更新したことで、外為市場では介入警戒感も高まっている。安住淳財務相は「必要な場合には断固たる措置をとる」と強調しており、政府・日銀が介入に踏み切る可能性も出てきた。ただ、世界的なリスク回避の動きに単独介入で歯止めをかけられるかどうか疑問視する声もある。

 円は対ユーロでは、1ユーロ=105円台で推移している。
 
 
【解説】韓日通貨スワップ、規模が拡大した背景は

2011年10月20日09時46分

[? 中央日報/中央日報日本語版] comment0mixihatena0 . 韓日通貨スワップ拡大のニュースにウォン相場は1ドル=1130ウォン台まで上がった。19日のソウル外国為替市場でドルに対するウォンの相場は前日より13.70ウォンのウォン高ドル安となる1ドル=1131.90ウォンで取引を終えた。これは先月16日の1112.50ウォン以来の高値水準だ。

2008年10月に韓国が米国と通貨スワップを締結すると、ウォンは1日で151ウォン上がった。当時に比べ市場の反応が大きくなかいのは、外国為替市場が比較的安定した状況のためだ。

韓国政府が通貨スワップを推進したのは8月からだった。米国の格付け引き下げで国際金融市場が揺れている時だった。先月にワシントンで開かれた国際通貨基金(IMF)と世界銀行の年次総会で、企画財政部の朴宰完(パク・ジェワン)長官は日米中など5カ国の財務相と2国間会談を行った。特に日米中との会談では異例の合意文まで作った。韓国政府当局者は、「2国間会談で金融市場安定のための幅広い共感を形成した。韓中通貨スワップ延長・拡大議論もうまく進められていると承知している」とした。他の当局者は、まだ危機局面ではないという判断で先送りしたが、韓米通貨スワップのための協議もたくさん行われた。韓米通貨スワップは最後の避難所(last resort)として残しておいた」と明らかにした。

韓日両国が合意した700億ドルの通貨スワップ規模は現在の130億ドル水準の5倍を超える。当初市場が予想した規模より大きかった。その上世界的安全資産のドルで借りることができる300億ドル規模の通貨スワップが新しくできた。2008年の金融危機の際に韓国は米国と300億ドルの通貨スワップを締結し、その後韓日、韓中とも通貨スワップを締結した。だが、実際に通貨スワップを活用して金を借りた先は米国だけだった。当時ドル不足が激しかったが韓日、韓中通貨スワップは円や人民元をウォンと交換する契約だったためだ。企画財政部の申斉潤(シン・ジェユン)第1次官は、「両国ともに役立ち、先制的で、十分な規模でしなければならないという3つの原則により(通貨スワップを)大幅に拡大した」と話した。

今回の通貨スワップで韓国は9月末現在の外貨準備高額3034億ドル、中国との通貨スワップ260億ドル相当を含め4000億ドル水準の外貨流動性を確保した。市場では韓日通貨スワップが長期的にウォンの上昇圧力として作用するとみている。



本題

慶南日報ホーム>文化/生活> 学術


日対馬、ハングル書いたというのに...

(原文は韓国語 オンライン翻訳による)


過去の我々の領土立証資料公開されて

ガンミンジュン記者@ gnnews.co.kr


日本の対馬島が過去に私たちの国土だったという事実を立証する資料が公開される。また、この資料を基に、"対馬の言語はハングルで、ハングルが日本語になった"、"対馬島は朝鮮の速度でてるから対馬藩主は、塗装を偽造し、偽造文書を使用していた"、"対馬を我らの領土として表示して、新しい日本の古地図"など、様々な主張が提起された。


馬山文化院は19日午前11時30分馬山文化院展示室(馬山総合運動場)で関連資料を初展示して、同日午後3時3.15アートセンター国際会議場では、ギムムンギル韓日文化研究所長の招請特講とイムヨウンジュ馬山文化院長特別講義を行う。一方、本紙は、今回の写真、関連資料を基にしたギムムンギル韓日文化研究所長の主張とイムヨウンジュ馬山文化院長の主張を3回にわたって掲載する。


◇対馬の言語はハングルで、ハングルが日本語になった
ギムムンギル韓日文化研究所長(釜山外大名誉教授)

私たちのハングルが日本の対馬に入り、対馬先住民アヒルジョクドゥルイ使用した。それがアヒルの文字です。アヒルムンジャルル見て日本語になったのリソース(字原)の本が発見された。チェクミョンはシンジャウォン(神字原)で、この本は1840年に発行した冊子です。信者の元を書いた人はノノグッチダッカ将(野之口正)である。この著者はおお小区神社の神主(神主)です。この人の主張は同僚の平田アスダネ(平田?胤)が主張したシンデ文字(神代文字)がどのような原理で作られたのかをよく描いたのだ。

オリグルインシンデ文字はウェギュ(外圭)と中浪(中廊)の中心(中心)の文字が原子力発電所(原典)になってシンデ(神代)から降りてきたと主張する。再度説明すると、ウェギュ+浪+中央=オリグル( ? ? ? ? ? ? )シンデ文字(日本語の原典)このようにして日本語の50音が表記とした。ウェギュヌンオジュラン意味で、中浪は、日本国と表現して、中心のリソースは、日本語の母体となった私たちの記事です。

日本語はもともと私たちの文を見て操作して、日本の神が与えたグルイラとシンデ文字であっている。シンデ文字が再度、今日の日本語のひらがなカタカナがされたという内容だ。最初にシンデ文字を主張した人は、明治維新の抗議はグクハクジャ(国学者)平田アスダネ(平田?胤)です。ひらという王朝国家(王朝国家)を設立するために、信徒の思想を主張した。神道思想(信徒思想)から明治維新の最大の障害となるのが仏教や儒教から出てきた漢字とひらがなカタカナ日本語のだった。

漢字と日本語をなくしてしまって、対馬アヒルムンジャルル使おうと人々を指導し、最終的に門下生500人余りが明治維新を起こして師匠が主張した神思想を復興させ、神道思想の陰陽五行説で作られたハングル(デマドグル)を最適なムンジャラて、今日まで、神社に多く残っている私たちの記事の偉大さは世界に自慢の種になるのは、対馬島先住民が書いた我々のハングルは、日本語のリソース(字源)になったというのが今日に来て判明した。この飼料は、京都大学文学部古書籍室で発見された。表紙にも表示されていますが、ローンの地と書いていて、図書館ムンバクも持っていくことができない(?外不出)と書かれている。この冊子は、去年の夏、京都大の訪問時に発見することになった。



写真説明=元対馬の先住民たちが書いた我々のハングルは、陰陽五行説であることに自然になったことで、世界に誇れる文字だ。明治維新の先駆者である平台あ書かれていた一家は1811年の漢字ひらがな、カタカナを排除し、対馬のハングルを使用しようという運動が起こり、1867年に明治維新を起こし、明治維新政府は、すべての記事では、対馬の文を使用しようという運動の中で、日本最高の歴史書である"古事記(古事?)に寛容で発表されたのだ。


編集後

日本の対馬が過去、私たちの国土だった事実を立証するとみなされる資料が公開される。

また、この資料を基に「対馬の言語はハングルで、ハングルが日本語になった」、「対馬は朝鮮の 島だから対馬藩主は印鑑を偽造して偽造文書を使った’、‘対馬を私たちの土地と表示した新しい 日本古地図’等多様な主張が提起された。

馬山(マサン)文化院は19日午前11時30分、同院展示室で関連資料を初めて展示し同日、午 後3時3・15アートセンター国際会議場では金文吉(キム・ムンギル)韓日文化研究所長の招請特 講とイム・ヨンジュ馬山文化院長特講を持つ。

一方、本誌は今回の写真関連資料を土台にしたキム所長の主張とイム院長の主張を3回にわけ て掲載する。

画像 ハングルが日本語になった


◇対馬言語はハングルで、ハングルが日本語になった キム・ムンギル韓日文化研究所長(釜山外大名誉教授)

私たちのハングルが日本の対馬に入って対馬原住民のアヒル族が使った。それがアヒル文字(訳 注:阿比留文字(あびるもじ)のこと)だ。アヒル文字を見て日本語になったという字原の本が発見 された。冊名は神字原であり、この本は1840年に発行されたパンフレットだ。神字原を書いた人物 は野之口隆正だ。

この著者はオオソク神社の神主だ。この人の主張は同僚の平田篤胤が主張した神代文字がどん な原理で作られたかをよく描写している。韓国の文字の神代文字は外圭と中廊に中心の字が原 典になって神代から下りてきたと主張する。

さらに説明すれば、外圭+中廊+中心=韓国の文字(ㅓ ㅏ ㅗ ㅛ ㅜ ㅠ) 神代文字(日本語原典) このようにして日本語50音が表記されると言う。外圭は宇宙という意味で中廊は日本国を表現し、 中心字原は日本語の母体になった韓国の文字だ。日本語は本来私たちの文を見て操作し日本の 神が与えた文として神代文字といった。神代文字がまた今日の日本語ヒラカナ・カタカナがなった という内容だ。

最初に神代文字を主張した人は明治維新を唱えた国学者平田篤胤だ。平田は王朝国家を設立 するために信徒思想(訳注:神道思想の誤り?)を主張した。信徒思想で明治維新の最も障害物 になったのが仏教と儒教から出た漢字とヒラガナ・カタカナ日本語であった。

漢字と日本語をなくしてしまい、対馬のアヒル文字を使おうと国民らを指導して結局門下生500人 余りが明治維新を起こし師匠が主張した信徒思想を復興させて信徒思想に陰陽五行説で作られ たハングル(対馬文)を最もつりあった文字と言い、今日まで神社にたくさん残っている。韓国の文 字の偉大さは世界に誇れることだが、対馬原住民が書いた私たちのハングルが日本語の字源に なったことが今日になって判明した。

この資料は京都大学文学部古書籍室で発見された。表紙でも表示されているが貸し出し禁止と 書かれ図書館門の外でも持って出て行くことはできない(門外不出)と書かれてある。このパンフレ ットは昨年夏、京都大訪問時に発見した。

カン・ミンジュン記者

ソース:慶南日報(韓国語) 日対馬、ハングル書いたというのに…


Wiki ハングル

朝鮮語は15世紀半ばまでそれを表記する固有の文字を持たず、口訣(こうけつ・くけつ)・吏読(りとう)など万葉仮名のように漢字を借りた表記法により断片的・暗示的に示されてきた。このような状況の下で李氏朝鮮(朝鮮王朝)第4代国王の世宗(在位1418年-1450年)は固有の文字であるハングルの創製を積極的に推し進めたが、その事業は当初から事大主義的な保守派から猛烈な反発を受けた。1444年に集賢殿副提学だった崔萬理らはハングル創製に反対する上疏文を提出し「自古九州之内、風土雖異、未有因方言而別爲文字者。唯蒙古・西夏・女眞・日本・西蕃之類、各有其字、是皆夷狄事耳、無足道者。(昔から中国の諸地は風土が異なっても、方言に基づいて文字を作った例はない。モンゴル・西夏・女真・日本・チベットなどは文字を持つが、これらはみな未開人のなすことであり、言うに足るものではない。)」と述べている。世宗はこのような反対派を押し切り、集賢殿内の新進の学者らに命じて1446年に訓民正音の名でハングルを頒布することとなった。字形の由来については起―成文図起源説、パスパ文字起源説など諸説がある。


Wiki 日本語


仮名の誕生 [編集]元来、日本に文字と呼べるものはなく、言葉を表記するためには中国渡来の漢字を用いた(いわゆる神代文字は後世の偽作とされている[146])。漢字の記された遺物の例としては、1世紀のものとされる福岡市出土の「漢委奴国王印」などもあるが、本格的に使用されたのはより後年とみられる。『古事記』によれば、応神天皇の時代に百済の学者王仁が「論語十巻、千字文一巻」を携えて来日したとある。稲荷山古墳出土の鉄剣銘(5世紀)には、雄略天皇と目される人名を含む漢字が刻まれている。「隅田八幡神社鏡銘」(6世紀)は純漢文で記されている。このような史料から、大和政権の勢力伸長とともに漢字使用域も拡大されたことが推測される。

漢字で和歌などの大和言葉を記す際、「波都波流能(はつはるの)」のように日本語の一音一音を漢字の音(または訓)を借りて写すことがあった。この表記方式を用いた資料の代表が『万葉集』(8世紀)であるため、この表記のことを「万葉仮名」という(すでに7世紀中頃の木簡に例が見られる[147])。漢字の音を借りて固有語を表記する方法は、かつての朝鮮の吏読にも見られた。

9世紀には万葉仮名の字体をより崩した「草仮名」が生まれ(『讃岐国戸籍帳』の「藤原有年申文」など)、さらに、草仮名をより崩した平仮名の誕生をみるに至った。これによって、はじめて日本語を自由に記すことが可能になった。平仮名を自在に操った王朝文学は、10世紀初頭の『古今和歌集』などに始まり、11世紀の『源氏物語』などの物語作品群で頂点を迎えた。

僧侶や学者らが漢文を訓読する際には、漢字の隅に点を打ち、その位置によって「て」「に」「を」「は」などの助詞その他を表すことがあった(ヲコト点)。しかし、次第に万葉仮名を添えて助詞などを示すことが一般化した。やがて、それらは、字画の省かれた簡略な片仮名になった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。