スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泥棒に追い銭

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


本題に入る前にちょっと。先日のエントリー、「酷すぎる中国人の人間性」に対して、何人かの方からコメントを頂いたが、その中に、中国人をひとくくりにしてみるのはいかがなものか、中国にもいろいろな人間がいる、中国の地方や民族性もいろいろある、隣の国をもっと理解すべきではないか、と言うような趣旨の方もいらっしゃった。

中国人をもっと理解すればみんながあんな動画に出てくるような人間ではないと分かるはずだ、と言うことのようだ。

当然ながら、中国人の全てがあのような酷薄な人間ばかりであるはずはない。実際にあの動画で中国人を告発したのは中国人だし、それに対して中国国内でも批判はあまり無く、ほとんどがそれを嘆くものだし、それに最後にあの女の子を助けた女性もいる。

それは私が説明しなくとも当然のこととして、全ての中国人を私が人でなしだと決め付けているわけではない。ただ、私のあの動画に対する嫌悪感が文面に表れ、このようなコメントを頂くことになったのかも知れない。

だが、それでもあの数分の間に最後に助けられるまでに、ひき逃げをした二人の運転手を初め、十八人の通行人が見て見ぬ振りをして通り過ぎたのだ。そして、このような事件が中国ではあまりに多すぎる。

むろん、日本にも人でなしはいる。ひき逃げをする奴は後を絶たず、人が助けを求めていても関わりを恐れて黙っている臆病者もいる。が、それはたとえばやくざが絡んでいるなど、自分の身に危険が及ぶ場合だ。むろん、だから逃げても仕方がないとは言えないが、あの状況で、つまり女の子を救助し救急車を呼ぶことは自分の身に危険が及ぶわけでもなし、見殺しにはしないだろう。そのようなケースで、見て見ぬ振りをしたという話は日本では聞かない。

この差は実に大きいと思う。中国では、下手にこのような場合に関われば、自分の身に危険が及ぶケースがあると聞く。実際に倒れた老人を助けたら突き飛ばされたと言いがかりを付けられ、大金を取られた人物の話が以前話題になった。善意が悪意ある者につけ込まれるのだ。

今回も、最後にあの女の子を助けた女性は、売名行為だと非難されているという。

私が問題にしているのは、その中国社会がどうしてこうなっているのかだ。中国にもむろん良い人間は無数にいるだろう。が、良い人間が迫害を受けてきた。そうやって、中国は歴史上何度社会改革がつぶされてきたろうか。

今の中共も、つまるところ歴代の中国王朝と変わりはない。なぜなら、中国人の民族性が変わらないからだ。なぜ、明治維新に学び辛亥革命を成し遂げた筈の中国が今のようになったのか。中国が日本ではないからだ。中国の歴史も民族性も文化も価値観もまるで日本とは違うからだ。

日本が対峙しなければならないのは、人間の生命を重視せず、力によって要求を押し通す中国なのだ。どんなに良い人間が居ようと、どんなに優れた中国人が居ようと、現実に私たちは中国という国と、概念的な中国人の価値観と向き合っている。

隣の国だから関わり無しではいられない。それなら、中国という国、概念的な中国人の価値観、生命観をよく理解しなければならないのは当然であり、むしろ今の日本人にはそれがまだまだ足りない。東洋の大国、日本文化の源、二千年の交流の内で、両国が相反した歴史はごく一部だ、日本は中国に酷いことをしたなどなどの認識ばかりが先行し、そしてたまに中国人の犯罪などを聞いても、どこの国にも良い人間も居れば悪い人間も居る、もっと互いに理解し合えば争いもなくなると実に優等生的な思考をしてきた。

だが、現実に中国は力で要求を通し、その背景には、上記のような民族性があることを真から理解しなければならないと私は言っているのだ。

その意味で、本題だが、私たちが理解しなければならないもうひとつの隣国について、目を疑うような報道が入ってきた。

赤文字は引用

日本、韓国に通貨スワップの拡大を提案

 韓国政府のある幹部は18日「日本から『限度はいくらでも良いから、通貨スワップを拡大しよう』という提案があり、韓国政府も前向きに検討している。19日に行われる韓日首脳会談で結論が出る見通しだ」と述べた。
 
 確かに私は、韓国など放って置いて、つぶれようと崩壊しようと好きにさせておければ良いのだが、現実にはそんなことになったら、大勢の反日プロパガンダ教育で洗脳され日本を憎悪している韓国人が大挙して日本に押し掛けてくる。このような事態を避けるためにも、韓国をつぶさない程度に支援しなければならないだろうと言っているが、こんな形で支援するのは間違っているだろう。
 
 案の定、日本側から韓国にお願いして、限度無しのスワップに応じてくださいとお願いしたことになっている。それに対し、韓国側が、日本がそこまで頼むのなら仕方がないから助けてやろうとでも言うような文面だ。

 だが、円高に苦しむ日本が、円を外国に放出するために通貨スワップを推進しているため、簡単に応じてはならないという声も出ている。金融業界の関係者は「韓国は外貨準備高が3000億ドル(約23兆円)以上に達しており、通貨スワップ協定を結ぶ理由がない。むしろ、外国からのドルや円の流入に期待することで、ウォン高を招き、輸出産業が競争力を損なわれる恐れがある」と指摘している。
 
 確かに世界で一番強い通貨である円を塵紙交換に出してしまえば、レートは下がるだろう。が、円高によるメリットを日銀は考えたことがないのか。確かに、輸出企業には急速な円高は応えるとは思うが、結局は過去もそれを乗り越えてきたし、そして円高によって日本がどれだけ潤っているかを日銀は無視しているのだろうか。
 
 当然そうではあるまい。これは口実であり、韓国支援以外の何物でもない。およそ、将来の危機に備えスワップ枠を拡大したという説明でなるほどと納得できるのか。現在の韓国は危機なのだ。ウォン安を意図的に誘導したとさえ言っていて、結局国内の停まらないインフレと、輸出高は増えたが対日赤字も増え、なにより海外での利益も大幅に減ってしまい、だからこそ韓国は通貨危機を迎えているのではないか。だから、前回も日本が通貨保証をして、やっと韓国は持ち直したのではないか。その結果が、韓国の異常な日本に対する憎悪の拡大だった。前回で味を占めたから露骨に反日行動を拡大し、まんまと金をゆすり取ったのだ。
 
 それにたいし、今日本が韓国様に通貨保証をしていただく理由は何かあるだろうか。たしかに今後ウォンが持ち直し、ウォン高になるかも知れない。そうすれば日本にとって利益になるかも知れないが、それを今期待してスワップ枠を増やしたわけではあるまい。ウォンはこの所の急落以前から円に対しては下がり続けているのだ。
 
 なるほど、韓国をつぶすことは日本にとっても大変な負担になるから、助けなければならないと言うなら、IMF経由で貸し付けでもすれば済むことではないのだろうか。どうせ、韓国は過去に何度も借金を踏み倒しているから国際的に信用がないのだ。IMF管理下になれば、そんなことは到底出来ない。それこそ、寝ている布団まで取り上げるのがIMFなのだ。韓国に対してはそれで十分だろう。
 
 ただし、IMFは今ヨーロッパにかかりきりで、韓国にまで手が回らないのかも知れないが、それにしてもあまりに馬鹿にした話だと腹が立つ。 
 
外貨融通、700億ドルに拡大=為替安定へ規模5倍に-日韓首脳合意

 日韓両国は19日の首脳会談で、韓国銀行(中央銀行)と政府・日銀が結んでいる外貨融通協定(スワップ協定)の限度額を現在の5倍強の700億ドル(約5兆4000億円)まで拡大することで合意した。韓国では欧州債務危機に端を発した世界的な金融市場の混乱で通貨ウォンが急落し、ドルなどの外貨不足が懸念されている。日韓両国は今後の緊急時の備えとして融通枠を拡充し、東アジアの金融為替市場の安定強化を目指す。(2011/10/19-13:53)
 
 上記の記事は冗談でも誤報でもなく、矢張り事実だった。五兆円もの金をどぶに捨てるのと、震災復興のために使うのとどちらを優先すべきなのかなどといっても、韓国の飼い犬内閣に聞くだけ無駄だろう。なにしろ、国有財産である韓国文書を勝手に手みやげに持って行くくらいの民主党だから。
 
 なお、野田氏は中央日報とのインタビューに応じ、日韓関係の伸張はアジアの発展につながる、中国の経済発展は日本にとってチャンスであるなどと言っている。通常なら外交辞令だろうし、仮に私が総理大臣で韓国に行ってもこのくらいのリップサービスはするかも知れないが、野田氏の場合はそれが単なる外交辞令ではないから始末に負えないのだ。
 
 韓国の経済発展の結果、日韓関係が改善されたろうか。中国の経済発展の結果、アジアが平和になったろうか。
 
 現実を観ることの出来ない人間が、単に餌をくれた飼い主に尻尾を振る。そんなものを見る思いだ。
 
 ところで、円安が若干進んでいるが、
 
為替:メガバンク系は80.24円を超えれば「40年間の円高終了」との見解を継続


 国内大手銀行系証券では、ドル円は9月9日高値77.86円を上回ると、8月19日の75.95円と9月22日の76.11円とで、短期ダブルボトム形成が確認され、上値を追う体勢が整うと指摘。この場合、8月4日の日銀単独介入後高値の80.24円を目指すとの見方で、この80.24円をブレイクすると「40年間の円高が終わった」との最初の感触が得られることになると解説。この場合は4月6日の85.53円を速やかに目指す展開を想定している。
 
 確かに急激なレートの乱高下は一時的なマイナスを生み出す。また、本当の円の実力以上に、投機対象として円が高くなりすぎるのも確かに良くはないだろうが、円安に単に戻すことを目指すのではなく、今の円高を利用して海外資産を増やすとか、国内に投資できるように税的優遇策を採るとか、もうすこし工夫があるのではないかと思う次第だし、急激な円高が問題を起こす何倍もの弊害を急激な円安は引きおこす。
 
 韓国との通貨スワップ枠拡大などをするような政府と日銀に期待が出来ないのはあきらめるしかないのだろうか。
 
 四十年間の円高が終わる、としているが、この四十年間で日本がどれだけ経済発展をしたか思い出してみればよい。その直前に始まっていた日本の世界史に例のない高度成長も円高が始まったにも拘わらず、成長率は下がったが続いている。そしてどんなに不景気だと言われているときでも、ほとんど成長を続けている。デフレが続いていながらも、1,2%の成長は維持してきた。このサイズの国でしかもデフレ下でそれだけの成長を続けてきたことは、大変なことであり、その間に日本は貿易収支や所得収支を積み上げ続け、世界最大の債権国の地位として揺るぎのない国になった。これが、日本円の強い理由だ。
 
 この理由が無くならない限り、すなわち世界一の債権国の地位をどこかに譲らない限り、円安にはならない。
 
 日本がずうっと不景気だと経済専門家は言う。が、それは嘘だ。日本は世界でも並びの無いほど景気は順調なのだ。あくまで比較の問題であり、欧米が軒並み青息吐息の時、日本はあれだけの大震災をたった七ヶ月前に経験したのに、すでに短観は上向いている。
 
 これが不景気だというのか。
 
 世界経済を引っ張ると言われている新興国も、顧客の懐具合が悪くなればたちまち行き詰まる。すでに急速なブレーキがかかっており、中国などはこの三年、経済拡大率が前年を下回り、多くの中小企業が倒産し、国内では抑えようのないインフレが拡大している。
 
 ロシアも似たようなものだし、経済成長著しいとされていた韓国経済がいかにもろいものであるかも露呈している。
 
 アメリカでは、経済政策に対する不満が渦巻き、オバマ氏の再選も危ないくらいで、オバマ氏が公的資金をつぎ込んで産業を振興すべきだとすることに反対が渦巻いている。これ以上借金をしてはならないと、それこそアメリカがデフォルトに陥りそうな事態までに至った。かろうじてそれは回避したが、根本は変わらない。アメリカには景気回復を自力で出来る力がない。
 
 そして大量にアメリカ国債を持っている中国の顔色をうかがわなくてはならない始末だ。
 
 日本が、どこかの国から借りた金で貸し主の顔色をうかがう事態になっているのか。どこかの国に通貨の保証をお願いしなければならない事態になっているのか。高くても必要な資源が買えない状態になっているのか。国民がインフレで食料も変えない状態になっているのか。
 
 日本が不景気だというのは全く違う。日本は怖いくらいに順調なのだが、それが当たり前になってしまった国民の目には、不景気に見えるのだろう。たしかにこれで十分というわけにはいかない。今の状態では、景気回復がもっと必要だ。だが、それを怖いくらいに破壊するのが民主政権というわけだ。
 
 ところで、あの愚か者(と言えば二人いるので、先の方と言うことで)がまたさえずっている。確かに見事なほど求心力もなくなり、去年は自分のグループで百六十名いたのが、今年は十名になってしまい、だれも鳩のポッポッポなど聞く耳持っていない。だから、韓国でよけいなことを言うのだろう。相手は外交辞令で、とにかく聴く振りはしてくれる。
 
 「韓日中協力事務局、EUのような共同体も可能」

鳩山氏「国ごとに違いがあるのは当然。尊重し合えば共同体は可能」

唐家セン氏「アジアの経済成長は今最も活発、協力し美しい未来を」

鳩山氏は「3カ国の協力の象徴(的な場所)を訪問することができ、非常に感慨深い。昨年3カ国首脳会議で李明博(イ・ミョンバク)大統領が『3カ国協力事務局は、必ず韓国で開設したい』と話したことが思い出される」と話した。さらに「日本、中国、韓国の3カ国の協力は東アジア共同体の核心であり、さらに世界平和にも寄与するだろう」と話した。


 あの愚か者と言えば、最後にあった人間に影響されることで知られているから、今回は唐家セン氏の影響を受けているのだ。

 芳名録に「三国共生友愛」と書いた鳩山氏は、事務局職員らと20分ほどの歓談会を行った。鳩山氏は「一緒に座っていると、誰が韓国人で誰が中国人や日本人なのか分からない」と述べながら職員たちと話を続け
 
 三国共生友愛だそうだ。惨酷強制憂哀ならなるほどと思うが。

 鳩山氏は「欧州は(内部的に大小の)問題があっても欧州連合(EU)という共同体を作ったが、それ自体が立派なことだ。今回、3カ国協力事務局ができたことは、日本、中国、韓国がこのような共同体を設立する可能性を持っていることを示すものだ」と述べた。
 
 日本では鳩のポッポッポなど誰も聴かないが、相手はそれを承知でも、言質を取る目的でおだてる。おだてられた鳩はなおさらよけいにポッポッポと鳴く。なにしろ、何でこの男が韓国くんだりにいたのか、よほど、国内で邪魔にされているのか。
 
 愛想笑いをしてくれた中国では、

高速鉄道建設が減速で「日本のスパイに用心」(1)=中国

 中国の鉄道設備、車両、列車の先頭部分などの輸出額はここ数年、12―15億ドルに達している。梅新育氏は、中国の高速鉄道はさらに大きな海外市場を獲得し、中国の輸出の目玉商品になるとの見解を示した。

 高速鉄道の追突事故の後も、わが国の高速鉄道、列車は欧州などの先進国で飛躍し続けている。2011年下半期、中国はエストニアなどの国に車両設備を輸出し、日本、ドイツ、フランスといったライバルを打ち負かした。米国で、中国企業はゼネラル・エレクトリック(GE)と合弁会社を設立し、米国の高速鉄道事業の入札に参加した。

 
 まあ、おもしろいから紹介したが、鉄面皮とはこういうことを言う。むろん、国内向けの宣伝だろうが、中国人が一番信用しないのではないのか。どうして、世界一安全な新幹線を運行している日本が、中国の高速棺桶の技術を盗みに行く理由があるのか。日本人が中国人技術者にハニトラでも仕掛けると言うことだろうか。


上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

日本、韓国に通貨スワップの拡大を提案

韓国政府も前向き

きょうの韓日首脳会談で結論

 韓日両国の通貨スワップ(交換)協定が大幅に拡大される見通しとなった。通貨スワップとは、各国の中央銀行が互いに協定を結び、自国の通貨危機の際、自国通貨の預け入れと引き換えに、あらかじめ定めた一定のレートで協定相手国の通貨を融通してもらうことができるよう定める協定のことで、「第2の外貨準備高」と呼ばれる。


 韓国政府のある幹部は18日「日本から『限度はいくらでも良いから、通貨スワップを拡大しよう』という提案があり、韓国政府も前向きに検討している。19日に行われる韓日首脳会談で結論が出る見通しだ」と述べた。


 現在30億ドル(約2300億円)となっている韓日両国の通貨スワップの限度額をどの程度まで拡大するかについては、現在最終的な調整が行われている。2008年のリーマン・ショック当時の200億ドル(約1兆5400億円)を上回るとの見方も出ている。韓国と日本が通貨スワップ協定を結ぶことにより、韓国が通貨危機に陥った場合、日本に韓国ウォンを預け入れ、引き換えに日本円を受け取って運用することができる。


 だが、円高に苦しむ日本が、円を外国に放出するために通貨スワップを推進しているため、簡単に応じてはならないという声も出ている。金融業界の関係者は「韓国は外貨準備高が3000億ドル(約23兆円)以上に達しており、通貨スワップ協定を結ぶ理由がない。むしろ、外国からのドルや円の流入に期待することで、ウォン高を招き、輸出産業が競争力を損なわれる恐れがある」と指摘している。
 
 
外貨融通、700億ドルに拡大=為替安定へ規模5倍に-日韓首脳合意

 日韓両国は19日の首脳会談で、韓国銀行(中央銀行)と政府・日銀が結んでいる外貨融通協定(スワップ協定)の限度額を現在の5倍強の700億ドル(約5兆4000億円)まで拡大することで合意した。韓国では欧州債務危機に端を発した世界的な金融市場の混乱で通貨ウォンが急落し、ドルなどの外貨不足が懸念されている。日韓両国は今後の緊急時の備えとして融通枠を拡充し、東アジアの金融為替市場の安定強化を目指す。(2011/10/19-13:53)


方顕哲(パン・ヒョンチョル)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


為替:メガバンク系は80.24円を超えれば「40年間の円高終了」との見解を継続

2011/10/19(水) 14:30

  東京時間午後のドル円為替レートは76.7円台で小動き。欧州系によりドル調達コストの高まりが意識されたことやフランス国債格下げの噂などもあり、引き続き様子見ムード。下落圧力にはなっていないものの、東京株式市場で売買代金低下が鮮明となっており、外為市場でも東京時間の参加者減少が指摘されている。一部海外勢は「ユーロの戻り売り」スタンスを徹底しているようだ。

  国内大手銀行系証券では、ドル円は9月9日高値77.86円を上回ると、8月19日の75.95円と9月22日の76.11円とで、短期ダブルボトム形成が確認され、上値を追う体勢が整うと指摘。この場合、8月4日の日銀単独介入後高値の80.24円を目指すとの見方で、この80.24円をブレイクすると「40年間の円高が終わった」との最初の感触が得られることになると解説。この場合は4月6日の85.53円を速やかに目指す展開を想定している。(編集担当:松浦多恵)




「韓日中協力事務局、EUのような共同体も可能」

協力事務局発足国際会議に出席する唐家セン氏、鳩山氏が来韓

鳩山氏「国ごとに違いがあるのは当然。尊重し合えば共同体は可能」

唐家セン氏「アジアの経済成長は今最も活発、協力し美しい未来を」

鳩山由紀夫元首相(右側)と中国の唐家セン元国務委員(左側)が19日、外交部、世宗研究所、朝鮮日報社主催の国際会議に出席するため来韓した。2人は18日、ソウル市内の新門路にある韓日中3カ国協力事務局を訪れ、3カ国間の協力を強調した。/写真=李徳熏(イ・ドクフン)記者
 「中国と米国の関係や、中国とロシアの関係について、あまり心配しないでください」


 18日午前10時、ソウル・新門路にある韓日中3カ国協力事務局を訪れた中国の唐家セン元国務委員は「韓中であれ、中日であれ、東北アジア各国間の関係は、全て正常に発展している」とした上で、冒頭のように述べた。中国外交部長(外務相に相当)を務めた唐氏は、3カ国間の国際機構として先月発足したばかりの協力事務局の若い職員の前で、豪快な笑顔を見せ「中国、日本、韓国の協力機構が設置されたという事実自体が、アジアの共同繁栄と平和のための重要な一歩だ」と話した。


 唐氏は、3カ国協力事務局の発足を記念し、19日にソウル市内の新羅ホテルで、外交通商部(省に相当)、世宗研究所、朝鮮日報社が共同で主催する「平和と共同繁栄の新東北アジア時代のために」と題する国際学術会議に出席するため来韓した。日本の鳩山由紀夫元首相と共に基調講演を行う予定だ。


 来韓後、初めての公式日程として、この日3カ国協力事務所を訪問した唐氏は、約10分間、事務局の中を見て回り、職員らと自由に言葉を交わした。唐氏は職員の出身国を尋ね「アンニョンハシムニカ」「こんにちは」「ニーハオ」とそれぞれの言葉であいさつをした。


 唐氏は、芳名録に「3カ国の協力のために努力し、美しい未来を共に作りましょう(服務三国合作, 共創美好未来)」と記した。その後、3カ国協力事務局の申鳳吉(シン・ボンギル)初代事務総長に会い「事務局の発足に合わせて韓国で国際学術会議を開催するのはタイミングがいい。招待を受けたことを光栄に思う」と話した。さらに「世界的に見ても、現在アジアの経済成長が最も活発だ。東アジア地域の協力モデルの中でも、核心は中国、韓国、日本の3カ国の協力だ」と述べた。


 記者が「東北アジアにはいまだに競争が残っているが、どのように協力していくことができるか」と尋ねると、唐氏は「『共同の目標』を通じて、互いに信頼を積み、より密接な関係を結ぶことができる」と話した。さらに「共同の目標とは何か」との質問には「例えば、今回開催される国際学術会議も共同の目標となり得る。このような機会を通じてさらに明るい未来を作ることだ」と説明した。

鳩山由紀夫元首相は、唐委員より1時間遅れて、午前11時ごろに3カ国協力事務局を訪れた。鳩山氏は「3カ国の協力の象徴(的な場所)を訪問することができ、非常に感慨深い。昨年3カ国首脳会議で李明博(イ・ミョンバク)大統領が『3カ国協力事務局は、必ず韓国で開設したい』と話したことが思い出される」と話した。さらに「日本、中国、韓国の3カ国の協力は東アジア共同体の核心であり、さらに世界平和にも寄与するだろう」と話した。


 芳名録に「三国共生友愛」と書いた鳩山氏は、事務局職員らと20分ほどの歓談会を行った。鳩山氏は「一緒に座っていると、誰が韓国人で誰が中国人や日本人なのか分からない」と述べながら職員たちと話を続け、途中韓国語と日本語だけで話が続いた際には「中国人職員たちが聞き取れないのでは」と英語の通訳を頼む場面もあった。


 鳩山氏は「東アジアには、まだ幾つかの紛争がある」としながらも「価値観が違ったり、民族が違ったりするため、違いがあるのは当然のこと。互いに尊敬する姿勢が重要だと思う」と話した。鳩山氏は「欧州は(内部的に大小の)問題があっても欧州連合(EU)という共同体を作ったが、それ自体が立派なことだ。今回、3カ国協力事務局ができたことは、日本、中国、韓国がこのような共同体を設立する可能性を持っていることを示すものだ」と述べた。


 続いて鳩山氏は、今年3月の東日本大震災と津波、さらに、福島第1原子力発電所の事故に触れ「日本の国民に力を与えるメッセージを送っていただけるとありがたい」と話した。さらに「雨の日に訪ねてくれる友人が本当の友人だという。一歩前進して、このような痛みを科学的に克服する知恵と知識を3カ国が共同で研究し、再びこのような災害が起こった場合には協力して対応する道を準備すべきだ」と話した。


 鳩山氏は「3カ国が互いの違いを乗り越えて、経済だけでなく多様な分野で協力することを期待する。具体的な例を挙げると、最近論議されている3カ国間の大学の単位交換制度のようなプログラムを通じ、学生たちが、われわれは一つであるということを感じられれば、平和と和解にも役立つだろう」と話した。


金真明(キム・ジンミョン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


高速鉄道建設が減速で「日本のスパイに用心」(1)=中国

サーチナ 10月19日(水)10時48分配信


拡大写真
中国商務部国際貿易経済合作研究院の梅新育研究員は取材に対し、高速鉄道は「メード・イン・チャイナ」の目玉商品になるとの見解を示し、高速鉄道の建設ペースの減速で、欧州や日本などのメーカーは産業スパイを使って中国の高速鉄道の技術を盗み取る可能性があるとし、設備メーカーにスパイ対策を強化するよう促した。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は同記事より。

 中国商務部国際貿易経済合作研究院の梅新育研究員は取材に対し、高速鉄道は「メード・イン・チャイナ」の目玉商品になるとの見解を示し、高速鉄道の建設ペースの減速で、欧州や日本などのメーカーは産業スパイを使って中国の高速鉄道の技術を盗み取る可能性があるとし、設備メーカーにスパイ対策を強化するよう促した。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は同記事より。

■「中国の鉄道高速化・高速鉄道」写真特集

 高速鉄道は「メード・イン・チャイナ」の目玉商品に

 中国の鉄道設備、車両、列車の先頭部分などの輸出額はここ数年、12―15億ドルに達している。梅新育氏は、中国の高速鉄道はさらに大きな海外市場を獲得し、中国の輸出の目玉商品になるとの見解を示した。

 高速鉄道の追突事故の後も、わが国の高速鉄道、列車は欧州などの先進国で飛躍し続けている。2011年下半期、中国はエストニアなどの国に車両設備を輸出し、日本、ドイツ、フランスといったライバルを打ち負かした。米国で、中国企業はゼネラル・エレクトリック(GE)と合弁会社を設立し、米国の高速鉄道事業の入札に参加した。

 GEは中国の技術を導入し、米国で高速鉄道設備を生産する方針を固めている。また、イギリスの高速鉄道事業も中国の技術を採用する可能性が非常に高い。さらに、中国はブラジルの高速鉄道設備の運営にも技術を提供すると見られる。(つづく 編集担当:米原裕子)
スポンサーサイト

コメント

No title

私の場合、お隣の国、中国・韓国・北朝鮮に関して理解しようとすればするほど嫌悪感が広がります。
助けた女性が売名行為と非難されるなんてのがその最たるところです。
以前、新大久保駅のホームから転落した女性を助けたのが韓国人でした。
誰も彼の勇気ある行動に感謝こそすれ、売名行為だなんて非難した日本人や報道機関は無かったと思います。
賞賛する行為は賞賛する、賞賛する行為に対しても非難するこれは国民性の違いだけではないと思います。
私は問題も山積していますが美しい日本に生まれた日本人として誇りをもっています

No title

>2011-10-20 11:39 | ダジャ様

>私の場合、お隣の国、中国・韓国・北朝鮮に関して理解しようとすればするほど嫌悪感が広がります。

ネットが発達し、今まで信用していたマスコミが全く偏向したいることで自分で調べる人が増えてきました。それにつれて、特亜を嫌うようになった人が確実に増えています。それは嫌中、嫌韓の率が毎年上がってきていることでも示されています。

>助けた女性が売名行為と非難されるなんてのがその最たるところです。

まあ、全部がそうじゃないですけれど、日本ではあまり、というか聞いたことがないですね。

>以前、新大久保駅のホームから転落した女性を助けたのが韓国人でした。
>誰も彼の勇気ある行動に感謝こそすれ、売名行為だなんて非難した日本人や報道機関は無かったと思います。

そうですね。それに、彼の場合は本当に命をかけたわけですから。でも一緒になくなった日本人については、韓国では全く触れていません。韓国人が日本人を助けたとだけ伝えられているかのようです。花堂監督の、「あなたを忘れない」と言う映画はあの事件を題材にしていますが、一緒に亡くなった日本人のことは完全に忘れています。そんな映画に、文化庁は補助金を出していますね。

>賞賛する行為は賞賛する、賞賛する行為に対しても非難するこれは国民性の違いだけではないと思います。

国民性と、社会の質の問題でしょうね。両者は切って離せません。

>私は問題も山積していますが美しい日本に生まれた日本人として誇りをもっています

全くです。日本の問題は、今はあの売国政権の存在です。韓国の飼い犬内閣が成立する国である日本は、その意味で大きな問題を抱えているかも知れません。長年の自民の責任でもあるのですが。自民にも韓国の飼い犬はたくさん居ますからね。

No title

先着のダジャ様に自分の言いたいことをほぼ言ってもらえました。

野○豚が財務省、官僚の言いなりで、先の円高阻止に使った円交換のドル在庫処分を行った。
これが妙手の部類に入ると他では解説されておりましたが(年間3兆円の鵜であるK国)やはりそれでも国民感情は水面下ではかなり荒れているのではないでしょうか?

嫌韓が世界中に広がる今、さすがの情弱様方も自分の知りえる範囲で、とんでもない政権であることを肌で感じているような気がする今日この頃です。

No title

>2011-10-20 23:44 | 名無し侍様

>野○豚が財務省、官僚の言いなりで、先の円高阻止に使った円交換のドル在庫処分を行った。

今、ドルも確かに下がっていますが、日本円以外全て下がっているのであり、その状態で円高を阻止するには、ドル買いか、円の流通量を増やすか無いのであり、別にどぶに捨てることが妙手ではないでしょうね。しかし円高を無理に阻止するより、円高のメリットを輸出に回せば済むこと。妙手ではなく、無用手です。

>これが妙手の部類に入ると他では解説されておりましたが(年間3兆円の鵜であるK国)やはりそれでも国民感情は水面下ではかなり荒れているのではないでしょうか?

鵜に魚を捕らせるのはけっこうですが、その鵜が日本の養殖池から盗んだ魚を余所に売り、一部を日本に持ってくるような状態がいいとは思えませんね。鵜飼いの鵜はあくまで日本の養殖池以外から魚を運んでくるようにしつけなければ。

たしかに、韓国のことを知れば知るほど韓国が嫌いになったという声がかなりあるし、今回の馬鹿なこと、すなわち野田鵜が韓国様に魚をくわえていったことはかなり各界で批判があるようですよ。
>
>嫌韓が世界中に広がる今、さすがの情弱様方も自分の知りえる範囲で、とんでもない政権であることを肌で感じているような気がする今日この頃です。

気づくのが遅すぎましたね。まあ、野田ドジョウはこれからまた泥の中に潜り込むと思いますよ。先の国会を早じまいしてまで韓国に餌を持っていったくらいですから。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。