スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酷すぎる中国人の人間性

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



各種の報道で割合大きく採り上げられているので、あるいはすでにごらんになったかもしれないが、下記の動画をごらんになっていただきたい。ただし、非常に息苦しくなるような映像であり、本日のエントリーの文章をお読みになれば内容は理解できると思うので、ご覧にならなくとも良いとは思う。決して平静な気持ちで観られるようなものではない。あらかじめその点はご了承いただきたい。



兩車輾女童下半身 冷血行人路過不屑一願

(女の子が車に下半身をひかれているのに、血も涙もない通行人達は一瞥もしないで通り過ぎてゆく)

と題されたこの映像は、中国国内でもネットに上げられ、大きな話題になっているようだ。

赤文字は引用


<中国気になる話>ある意味怖い中国人、車にひかれ重傷の少女を誰もが見て見ぬふり


2011年10月13日、広東省仏山市のある路地で、その事故は起きた。2歳の少女・悦悦ちゃんが車にひかれた。少女をひいた車はそのまま走り去っていった。

それだけならば、「たんなるひき逃げ事故」だが、その後が恐ろしいところ。重傷を負って動けない悦悦ちゃんを通行人は見て見ぬふりで、十数人が通りがかったが誰一人助けようとしなかった。ずっと道に横たわったままの悦悦ちゃんは別のトラックにもひかれてしまった。

この一部始終をとらえた監視カメラ映像が南方テレビで放映された。少女が車にひかれる瞬間、見て見ぬふりの通行人、道路に倒れたまま動かない悦悦ちゃん、抱きかかえて連れて行く悦悦の母親……そのすべてが映像におさめられている。


昨日も中国国内での逼迫した崩壊直前の軋む音が聞こえる、だから、崩壊したときに中国はその意に反して暴発し最悪大規模な戦争が勃発する可能性もあると書いた。

中国が見かけだけは膨張しかつてに比べれば確かに大きな存在感を示すようになったが、それにつれて中国の非人間性が世界に知られるようになり、だからこそ中国は異質の存在であり、並び立って存在はおろか、台頭も許すべきではないとの認識が世界中でわき起こってきている。万が一中国が世界を動かすスーパーパワーになった場合の恐怖は、到底受け容れられることは出来ないとの認識が国の伸張とともに広く拡大してきたわけだ。

中国が崩壊する理由としては経済的な破綻、軍部が制御不能になっていること、際限のない環境汚染、経済格差、人民の不満の鬱積、度を超した政治の腐敗、蔓延する不正などなど世界のマイナス面の全てが桁外れな規模で中国に集中しているのだが、考えてみるに、それら全ての原因は、この動画にあるような中国人の生命観にあるのかもしれない。

彼らにとって他人の命とは、感情を動かす対象にならないのだ。目前に助けを求めている人たちも自分に関係がなければ、一切感情を動かさない。これは前々から言われていた。大勢の子供や障害者達が拉致され奴隷使役をさせられていたり、人身売買が横行し、さらわれた子供は身障者にされた上で乞食として働かされるなどその手の話は枚挙にいとまがない。

以前も、全裸で乞食をさせられている女の子の画像がネットで紹介されたことがある。10歳くらいの女の子が全裸で路上で物乞いをしていながら、通り過ぎる人々がそれを全く不思議にも思わず通り過ぎてゆく映像はかなり衝撃的だった。彼らにとって、それは日常的に不審なものではないわけだ。日本でそんな子供がいたら2,3秒で保護されるだろうし、そんなことをさせた人でなしは重大犯罪を犯したとして裁かれるだろう。

中国ではそれは誰の注意も惹かないような光景なのだ。ヤラセではないのかと思えるようなこの種の映像が本当に中国関係では多いし、報道でも

転んだまま誰にも助け起こされることなく死亡した老人、病院の前でのたれ死んだ老人、人を助けようと川に飛び込み溺死した大学生の遺体の引き上げ料を釣り上げる漁師……。こうした事件がおきるたびに、「中国社会に助け合いの心は、公共心はないのか」と問題になる。今回はあまりにも残酷な動画が残されているだけに、従来の事件以上の衝撃を人々に与えることになるだろう。(筆者:chinanews)

中国では死刑になる覚悟で役人は公金横領をし、妻子をさきに国外に出しておいて、本人は最後に身一つで逃げるケースが後を絶たない。先の高速鉄道の事故も、最高責任者が巨額の公金横領で逮捕されている。見せしめのために、公金横領でも死刑になるケースがあるが、その危険性を冒してまでも国を出ることが彼らの目的なのだ。そうでなくとも、一般の中国人の希望は金を貯めて国を出ることだそうだ。こんな国に未来があるわけがない。

国の在り方が根本から狂っているから、国民も人間としての感覚を失うのか、或いは中国民族にもとから人類共通の生命観がないから、あのような国になるのか。どちらとも言えない。数百年前までは、西欧も似たようなものだったのだ。しかし、今はやはり生命観はそれなりにうち立てそれを全ての源にしている。日本も時代の差こそあれ、過去はそうだったのかもしれないが(とはいえ、近代、前近代まで今の中国のような感覚を日本人がもっていた時代があるとは思えない。まあ、それは身びいきかもしれないが)、中国は歴史上全ての時代がそうだったとしか思えない。古代王朝から今の中共による人民共和国も、経済と技術で近代化したかもしれない古代国家のままなのだとしかおもえない。

中国が真の近代国家になるにはまだ1000年もかかるのではないのか。むろん、それだけの時間を中国がもちこたえるとは到底あり得ないことだ。

だから、中国は崩壊しつつも、誰もそれを停めないのだ。


上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません


以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

<中国気になる話>ある意味怖い中国人、車にひかれ重傷の少女を誰もが見て見ぬふり

2011年10月17日、ニュースサイト「KINBRICKS NOW」は、中国市民の怒りをかきたてた交通事故のニュースを紹介している。

ある交通事故の映像が中国で話題となっている。「もはや中国には助け合いの心は存在しないのか」と見る者すべての背筋を凍り付かせる内容だ。16日、羊城晩報が伝えた。

2011年10月13日、広東省仏山市のある路地で、その事故は起きた。2歳の少女・悦悦ちゃんが車にひかれた。少女をひいた車はそのまま走り去っていった。

それだけならば、「たんなるひき逃げ事故」だが、その後が恐ろしいところ。重傷を負って動けない悦悦ちゃんを通行人は見て見ぬふりで、十数人が通りがかったが誰一人助けようとしなかった。ずっと道に横たわったままの悦悦ちゃんは別のトラックにもひかれてしまった。

この一部始終をとらえた監視カメラ映像が南方テレビで放映された。少女が車にひかれる瞬間、見て見ぬふりの通行人、道路に倒れたまま動かない悦悦ちゃん、抱きかかえて連れて行く悦悦の母親……そのすべてが映像におさめられている。

16日現在、悦悦ちゃんは広東省軍区陸軍総医院の集中治療室(ICU)にいる。脳腫瘍ができ、深い昏睡状態にあるという。ICU副主任の文強医師は、まだ脳死だと断定はできないが命を保てる可能性は少ないと話している。なお、ひき逃げ犯2人は16日までにいずれも逮捕された。

転んだまま誰にも助け起こされることなく死亡した老人、病院の前でのたれ死んだ老人、人を助けようと川に飛び込み溺死した大学生の遺体の引き上げ料を釣り上げる漁師……。こうした事件がおきるたびに、「中国社会に助け合いの心は、公共心はないのか」と問題になる。今回はあまりにも残酷な動画が残されているだけに、従来の事件以上の衝撃を人々に与えることになるだろう。(筆者:chinanews)

■中国在住経験を持つ翻訳者Chinanews氏は、ニュースサイト「KINBRICKS NOW」を運営。ネットの流行から社会事情、事件、スポーツ、芸能など中国関連のトピックを幅広く紹介している。
スポンサーサイト

コメント

No title

今CNNでもこの映像を取り上げていました。
目を疑った次第です。

No title

>2011-10-18 00:39 | 花岡 鉄様

>今CNNでもこの映像を取り上げていました。
目を疑った次第です。

ええ、もう世界中に広まっていますよ、きっと。CNNのネット版のビデオでもこれは酷い、中国人は公共の場での助け合いをしないと非難しています。

chine little girl runover 等でググルとたくさん出てきます。海外のブログなどでも、かなり採り上げられていますね。

他にも、英国のTelregraphなど、主要メディアが採り上げているようです。

以前から中国のこのような映像は数限りなくありますが、中国が世界に覇を唱えることが人類にとってどれほど危険か、感覚的に先進国は理解してきたと思います。経済的な利用価値だけで中国を観るわけにはいかないですから。

この手の話は黄文雄氏や宮崎正弘氏、石平氏の著書で何度か読みましたが、実際に映像として見たのは初めてだったのでさすがに驚きました。
近いところですと、四川大地震での逃げ足先生が有名ですね。
まぁもっと広い目で見ますと環境汚染や毒食品、炭坑事故、それらすべてが人命軽視なわけですけど。

No title

>2011-10-18 13:34 | ひろおじさん様

>この手の話は黄文雄氏や宮崎正弘氏、石平氏の著書で何度か読みましたが、実際に映像として見たのは初めてだったのでさすがに驚きました。

中国の歴史を見てもこのような話に満ちあふれています。小説でさえ、たとえば西遊記には人を食う妖怪の話が随所に出てきますが、当時の人間の行為が反映されて要ると言われています。

>近いところですと、四川大地震での逃げ足先生が有名ですね。

ほんの一例ですが。

>まぁもっと広い目で見ますと環境汚染や毒食品、炭坑事故、それらすべてが人命軽視なわけですけど。

ええ、中国では人民の命は消耗品です。

No title

 文化大革命で伝統的な中国の「秩序礼節」の思想を完全に破壊した段階で、昨今のようなモラルハザードは目に見えていた。ある意味当たり前の結果です。

 ただ、元々中国に昔から存在していた伝統的道徳観というのは、実は「そうであったらいいなあ」という彼らの願望にすぎなかったという側面も強い。古代中国の思想家たちは様々な道徳を説いて回ったものの、それでも一般大衆の民度の低さや官僚の腐敗はひどく、なかなか人々に受け入れられないままということが多かったらしい。そんな現状をニヒリスティックにとらえて、半ば願望と化したような形で伝わったようです。

「本当はこうだと理想的だけど、無理だろうなあ」

みたいな感覚でしょうか(笑)。

 まあそれでも、「こうあるべき」という指針としては文革以前まで継承されてきた訳ですから、ある程度の効果はありましたが、文化大革命でそれすらも破壊してしまったわけで、今後もっと恐ろしいモラルハザードが起こるのは避けられないでしょうな。ましてや一人っ子政策の結果、「小皇帝」が誕生しまくっているわけですから、これで経済が失速したら、はてさていったいどうなることやら。

No title

>2011-10-18 17:05様

> 文化大革命で伝統的な中国の「秩序礼節」の思想を完全に破壊した段階で、昨今のようなモラルハザードは目に見えていた。ある意味当たり前の結果です。

そうでしょうね。しかし、下記に仰るようにそれ以前に中国人の千年以上にも渡って形作られてきた価値観や道徳観がその根本にあると思います。

>
> ただ、元々中国に昔から存在していた伝統的道徳観というのは、実は「そうであったらいいなあ」という彼らの願望にすぎなかったという側面も強い。古代中国の思想家たちは様々な道徳を説いて回ったものの、それでも一般大衆の民度の低さや官僚の腐敗はひどく、なかなか人々に受け入れられないままということが多かったらしい。そんな現状をニヒリスティックにとらえて、半ば願望と化したような形で伝わったようです。

そうですね。 一般に宗教とは道徳律から始まっていることが多く、自然崇拝、神、神の命令による道徳とい形で利用されてきています。キリスト教もイスラム教も当時の殺し合いの世の中で、神の命令だから戦争は止めようとの側面が大きくあるようです。

>「本当はこうだと理想的だけど、無理だろうなあ」
>
>みたいな感覚でしょうか(笑)。

儒教が宗教かどうかは異論がありますが、まさにその通りでしょうね。孔子が諸国から招かれたのも、諸国の道徳があまりに酷かったからですね。
>
> まあそれでも、「こうあるべき」という指針としては文革以前まで継承されてきた訳ですから、ある程度の効果はありましたが、

それは中共絶対支配を確立するための秩序として利用されただけです。

>文化大革命でそれすらも破壊してしまったわけで、今後もっと恐ろしいモラルハザードが起こるのは避けられないでしょうな。ましてや一人っ子政策の結果、「小皇帝」が誕生しまくっているわけですから、これで経済が失速したら、はてさていったいどうなることやら。

すでにモラルハザードの破壊は回復不能の(というより回復すべきレベルを彼らが持っていたことがない)段階まで来ています。自己破壊しかないでしょうね。つまり、国家の自殺です。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。