スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

従軍慰安婦おさらい

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


昨日も触れたが、民主党の従軍慰安婦問題認識は根底から狂っており、それが韓国をつけあがらせ、国連での日本非難(名指しではないが)のようなことにつながる。当ブログでも、従軍慰安婦は存在したが、韓国の言うような強制的な性奴隷ではなく、あくまで本人の意思あるいは、親族同胞などにだまされて売り飛ばされた人間達であることは、種々の証拠から明かであると主張している。

これについて、いつかまたまとめなければならないとは思っていたが、また馬鹿が一人現れた。

赤文字は引用

慰安婦問題の反日デモに参加 社民党の服部良一衆院議員


 元慰安婦を支援する団体が12日、ソウルの在韓日本大使館前で開いたデモに社民党の服部良一衆院議員(比例近畿)が参加した。服部氏は「野蛮な行いをしながら公式な謝罪をしていないのは、日本の国会議員として恥ずかしい。帰国したら慰安婦問題を広める」と発言。「闘うぞ」とのシュプレヒコールを上げた。

 服部氏は産経新聞の取材に「以前から関心があったので参加した」と話した。

 
 同じようなことは民主の岡崎議員もやっており、日本の国会議員でありながら日本を敵視している国のデモに参加し、反日運動をすること自体、国会議員としての資質を欠くと思う。これは善悪の判断以上に国益をどう守るかが優先されるべきと考えるからだ。
 
 しかし、この問題について言うなら明らかに善悪の判断も間違っている。日本が野蛮な行為を行いながら、というなら、まず日本が本当に野蛮な行為をしたのかを立証すべきではないのか。韓国が言うから本当で、日本国内の否定論が間違っていると言うなら、その根拠を示し、自分は日本人として日本の間違いを正したい、というなら、それなりに分かる。とはいっても、それでも議員を辞めてからにすべきだが。
 
 要するに服部や岡崎(文中一部敬称略)は日本国をおとしめるのが目的であり真実を明らかにすることが目的なのではない。
 
 さて、この前提となる、従軍慰安婦が、韓国の言うように、日本が国家として暴力を用いて一般の婦女子を拉致強制連行し、その意志に反して日本軍兵士の性欲処理のために供した事実があるのかを明らかにする必要がある。
 
 すでにこの問題については、当ブログでも多数のエントリーで採り上げており、むしろこのブログの一つのメインテーマと言って良い。
 
 そのごく一部を以下に再掲する。

当ブログ「嘘つき国家」より一部抜粋。

これはまず、日本が朝鮮人女性を暴力で狩り集めることにメリットがあるだろうか、整合性があるだろうかを考えている。結論として、暴力で大勢の一般女性を強制連行などすれば現地の住民の大規模な反発を買い、暴力沙汰にもなるだろう。家族を奪われた夫や親たちが泣き寝入りするだろうか。

その大規模な暴動を抑えるために軍隊が暴力を用いるよりは、当時合法であった慰安婦として金を使って募集するのがどう考えても合理的であり、また無駄な反発を抑えるようなことをしなくとも済む。

当時朝鮮は日本の一部であり、日本が朝鮮の地を統括するのになにより、治安の安定を重視している。その日本が、わざわざ現地の人間の大反発を買うような真似をする理由はない。金で済む話なのだ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

引用開始

従軍慰安婦として大勢の朝鮮女性が日本軍に強制的に連行され、性奴隷にされたと言うが、理論的に考えてそれはあり得ない。

当時、血気盛んな軍隊の性処理はどの国でも問題であり、そのための慰安所があったのは事実だが、そのために兵隊の何倍もの給料で女性を募集した。また、それは日本軍がやったのではなく多く現地の業者にやらせ、朝鮮では悪質な女衒が様々悪辣なことをやった事が記録に残っている。従軍慰安所があったのは世界中どこでも同じであり、とくにロシアやアメリカ、ヨーロッパでは兵士が現地で女性をレイプすることが甚だしく、慰安所の経営は必然であった。日本の兵隊が現地女性をレイプする事件はほとんど無く、あった場合は死刑をも含む厳罰に処せられている。

また売春自体は当時は合法であり、朝鮮人や中国人以上に多くの日本女性も高給に誘われて応募していった。その中で女衒にだまされた女性、親に売られた女性が居たことは事実であり、例えば自ら日本軍に従軍慰安婦にされたと名乗り出た女性の証言が矛盾だらけであり、結局親に売られたことが判明したりしている。

(ブログ主注:これについては当時民間業者が非常な高給を示して、慰安婦の募集広告をしており、それに応募した多数の売春婦達が楽しげに談笑している写真がある。これは韓国が、日本軍による強制慰安婦連行の証拠として示したものだが、あいにく漢字を読めなかったために、中身が慰安婦募集広告であることを理解しないまま採り上げたと、日本のネットなどでは笑い者になっている。当ブログ「新たなる伝説 3」



参照:画像 慰安婦募集慰安婦募集


上の写真の内、左下の女性達を見ていただきたい。白い服を着ているのは明らかに朝鮮人女性達だ。そして、前列に、明らかに日本人と思われる着物の女性が同じく日本人と思われる着物の男性と話をしている。おそらくこの男性は女性達をまとめる女衒なのではないか。しかし、いずれにしてもこの写真の中の女性達が暴力で強制的に連行されているように見えるだろうか。右端の白い服の朝鮮女性は、笑っているように見えるのだが。

かつて日本のメディアが自ら慰安婦と名乗ってきた女性達の話を聞いたことがあるが、一切質問をしてはならないという条件付きだった。

引用終了

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



同じく「韓国 どこまでつけあがるのか」より一部抜粋

ここでは、韓国がどのような嘘をでっち上げるかを一例としてあげている。梨花女子大学教授といえば、韓国でも知識人で通るだろう。韓国に知識人が居るとすればだが、後述するように居ることはいる。が、韓国で真の知識人であるためには、命の危険を冒さなくてはならない。

つまり韓国で知識人と自称する連中は、嘘を平気で言えるようでなければならず、例のIPS細胞騒ぎの黄教授のようなものだ。とくに、日本をおとしめるためには、嘘は大きければ大きいほど知識人としての名声を高めるようだ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

引用開始

「ここにある尹貞玉(ユン・ジョンオク、1925年 - )は、従軍慰安婦活動家。 元・梨花女子大学英文科教授、元・韓国挺身隊問題対策協議会共同代表、徹底したねつ造で従軍慰安婦問題を拡大し、挺身隊と慰安婦を同じだと言い広めた人物。
 
 尹貞玉のように、自説を主張するためには嘘も平気で付くのが彼らの特徴だが、この一連の彼らのつけあがりは、民主党の呼び込み姿勢があるのは言うまでもない。韓国は元々日本をおとしめて相対的に自分たちの地位を上げようとしているけちな国だが、何より日本を外国に売り渡そうとしている民主は売国政党そのものではないのだろうか。」
 
引用終了
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

同じく「金嬉老事件について韓国の報道」より一部抜粋

ここでは韓国メディアが、日本批判となると一切の冷静さをかなぐり捨て、理論的裏付けなど全く無視し、常には時に反目し合う韓国メディアが、こと日本批判では見事なほど横並びになる。本当にメディア各社の意思だとは到底思えないほど不自然だ。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

引用開始

「▼韓国側にはそもそも、「日本が悪い」というベースがある。“悪行”を十分反省しているか、否かの議論を仕掛けてくる。だから日韓が領有権を争っている竹島(韓国名・独島)問題など、テーマに含めることさえ許さない。それでいて、「従軍慰安婦」と「(女子)挺身(ていしん)隊」を混同する「重大な欠陥」には、無頓着だ。」

引用終了

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

その他

「韓国がうらやましくなる時」より一部抜粋

韓国は民主国家であり言論思想が自由な国であるとの思いこみがあるが、それは全くの誤解だ。ほんの30年ほど前まで、戒厳令国家であり、言論思想の自由など全くなかった。なにしろ、軍事クーデターによる政権奪回の軍事国家だったのだ。

30年と言えば、人間の一生の半分くらいか。当時幼少期だった人間が今社会の中枢におり、当時社会の実権を握っていた人間達は未だ韓国社会を牛耳っている。民主化や言論思想の自由が社会に根付くには、30年はあまりにも短い。

したがって、韓国には言論の自由など無いし、なにしろ事実を解明してゆく科学であるはずの歴史を政府維持のためのプロパガンダに使用している状態で、正常な思想の自由などあるわけがない。

そもそも、本当の言論思想自由のある国とそれらがない国の論争は意味がない。韓国の言い分は全て無視すべきなのだ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

引用開始

「 韓国には言論の自由がないことは当ブログで何度も採り上げているが、たとえば「日帝の罪」と題したエントリーの中で紹介した、ソウル大の李栄薫教授の発言、すなわち日韓併合時代の日本による収奪などは作られた神話だと主張し、そのために袋だたきになり、それどころか生命の危険さえ感じているとまで言われている。
 
 日本に対する肯定的な発言は徹底的に攻撃され排除され、そして自由にできるのは日本に対する批判的発言、侮辱であり、それも激しければ激しいほど、正しいとされる。教科書はでたらめであり、日本を侮辱する国は世界では韓国だけだと言われているが、その韓国が世界では侮辱され、何か危機がある度に日本に支援を求めている事実は、むろん、韓国内では隠されている。」
 
引用終了

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

彼らは、ただどんな嘘でも不合理でも屁理屈でも並べるだけだ。このような国との賠償問題協議など成り立つわけがない。

たとえば、日本では反日デモに参加した岡崎のような人物でも、文革を礼賛した大江健三郎のような紛い物でも、命の危険を感ずるはおろか、土下座をせまられたり罵倒を浴びせられるようなことはない。韓国のような国で、仮に日本の言い分が正しいと思ってもそれを口に出来る人間は国内には居られない。だから、両国間で論争など意味がないのだ。当然、中国との論争も意味はない。東アジア共同体がいかに無意味かはそのことにもよる。

また当ブログの「従軍慰安婦」には

産経新聞ソウル支局長黒田勝弘氏の言葉として、次のように引用している。

これは彼らが最も証拠として重視している慰安婦達の証言であり、慰安婦達の高齢化が進んでいるから補償を一国も早くすべきだとの主張にもつながっているが、その慰安婦達の証言が極めて不自然であることは以前から指摘されていた。その一つの例として下記に引用した。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

引用開始

「そこでも元慰安婦の老女(82)が登場し過去を語っている。彼女の「記憶」はこうなっている。

 「父と死別し、再婚した母に連れられ忠清南道禮山にいた17歳の時、中国に行けば工場で働かなくてもお金を稼げる、という近所のお姉さんの話を聞いて、1944(昭和19)年6月、故郷を離れ、ソウルや中国の天津を経て12月に中国の漢口に着いた。着いてからどういう所か知ったが言葉も分からず、道も知らず、逃げ出すことなどできなかった。そこには12棟ほどの慰安所があり、入り口には日本軍が使っていた建物が守っていた。言うことを聞かないと平壌出身という主人夫婦に棒で殴られる者もいた…」
 
 (ブログ主注:この彼女の記憶の中の話が、どうして日本軍が強制的に彼女を拉致し、性奴隷にした話になるのか。結局近所のお姉さんの話を信じて売春屋にゆき、初めてそこで何をするか知った、とは単に同胞に騙されただけでのことであり、彼女を守らなかった親に売られた可能性が大きい。)

 8カ月後、1945年の日本の敗戦で同僚の多くは韓国に戻ったが、彼女は中国にとどまった。55年に子連れの中国人男性と結婚し中国で暮らしてきたが、2003年に民間団体の支援で帰国し韓国籍を復活した。しかし頼れる者もなく、周囲の冷たい目もあって2年半後、中国に戻ったという。彼女とのインタビューは現在の居住地である中国・武漢で行われている。
 
 彼女はインタビューの最後でこう語っている。

 「日本の民間団体も訪ねてきて日本の過ちを謝罪し、お金をくれようとしたが一切、断った。いくらであろうが日本が公式に謝罪し法に従い補償するのなら受け取れるけれど…」

 日本統治下の戦時中という時代背景の中で、韓国人の元慰安婦はこういう人生を経験した。その不幸は同情と慰労に値するが、現在の日本が国家としてどこまでその責任を負うべきなのか、あらためて考えさせられる記事だ。》」
 
引用終了
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

この記事に出てくる老女が仮に本人の意思ではなくだまされ或いは親にでも売られたのなら同情の余地はあるだろうが、それがどうして日本の責任になるのか。なぜ、日本が補償しなければならないのか。彼女が補償を求める相手は、同胞の近所のお姉さんであり、彼女を守らなかった親ではないのか。

ところで、脱原発批判にしてもそうだが、私も一方的に自分の主張をするだけではなく、相手の主張も可能な限り触れるようにしている。しかし、脱原発についてもそうなのだが、根拠が極めて希薄であり、裏の取れない主張のみが目に付く。

下記などは、日本軍により強制連行された性奴隷の存在を示す新証拠として、一時大きく採り上げられた報道だ。

従軍慰安婦問題、東京裁判関連文書に「新証拠」と研究者が発表

2007年04月17日 00:45 発信地:東京

 文書の1つは1946年3月13日にオランダ人検事が作成したもので、旧日本軍に雇われていた日本の民間人の言葉が引用され、占領先のボルネオ(Borneo)島で将校が現地の女性たちを裸で立たせ、顔をたたいたと証言している。

「抑留したのは彼らを淫売屋にいれることができるための口実を設けるために警備隊長の命令でなされたのであります」(文書中の記載)


オランダと言えば今でこそ親日国家の一つとされているようだが、太平洋戦争の頃はインドネシアなどに広い植民地を持ち、現地人を過酷な支配で縛り付けていた。彼らの権益は、オランダ東インド会社の名で知られるように、17世紀の初頭から東南アジアで広い植民地経営をしてきたことで得られており、オランダはそれで莫大な富を築いていた。それが日本との戦争で追い出され全ての権益を失い、あっという間にヨーロッパの辺境の小国に落ちぶれた。さらにそれまで恨みを抱いていた現地人にかなり酷い報復を受け、日本に対する恨みが未だに強い国だ。

まして戦後すぐの1946年の彼らの証言にどれだけの信憑性があるのだろう。単に言葉だけであり、物的証拠が伴っていない。

 これまで保守派の活動家からは、日本軍の直接関与を示す証拠は被害者側から提供されたものばかりだと論じる声もあった。

 林教授が発見した文書は東京裁判資料として公式に提出されたもので、新たな重要性を帯びるといえる。また日本政府は同裁判の正当性について、1952年に発効したサンフランシスコ平和条約で承認している。

 
 当時の日本が、サンフランシスコ条約の条文に異を唱えることの出来る立場ではなかったことは明かであり、日本が認めたから真実と言うことではない。
 
 そして、被害者から提供されたものばかりの証言が、物的証拠を何一つ伴っていないことも特徴であり、単に誰かがそう言ったというだけのことだ。日本の反証には、さきに挙げた数々の文書、状況的整合性など様々な裏付けがある。そもそも、韓国は日本とこの問題で事実かどうかの協議に応じたことなど無い。そして、なにより問題なのは、日本国内でそれを真剣に論じて問題に決着を付けようとする政治的な動きがないことだ。
 
 本当に決着を付けるなら、状況や証言だけではなく物的な証拠がいくつでもある。
 
杉野洋明(SUGINO YOMEI)

等一例だが、

悪辣な遊郭業者


画像 悪辣な遊郭業者

この記事の中で

「秦郁彦著「慰安婦と戦場の性」(1999年 2刷)の54ページに以下のような文章があります。

「1939年3月5日付の「毎日新報(ママ)」(京城発行のハングル新聞)によると、逮捕された河允明は、妻と共に32年から各地の農村を歩き回り「生活難であえぐ貧しい農夫達」に良い仕事があるとだまして、約150人を満州や中国本土などに700円から1000円で売ったという。

ついでに河から50余人を買った京城の遊郭業者を警察が呼び出すと、それを察知して彼女達を牡丹江や山東省に転売したことも判明する・・・・」」

とある。


彼らがもともと人身売買に罪の感覚を欠いており、そして売春に対しても全く抵抗がないことは今、現代でも世界中で摘発される売春婦に韓国人(と中国人)が大半を占めることでも理解できるのではないのか。

主な売春先は日本…海外性売買ブローカーら225人を摘発=韓国

性売買が行われた国は、日本が132人(58.7%)でもっとも多く、全体の半数以上を占めた。次いでフィリピンが50人、中国が20人、米国が18人。日本や米国へは売春目的の女性が、フィリピンや中国には買春目的の男性が訪れる傾向があった。

韓国では海外で売春行為をする女性を「遠征女」と呼ぶことから、メディアは「海外性売買“遠征女”110人検挙」などと報じた。


 別に今に始まったことではない。70年前、当時は売春は合法的な女性の職業だった。だから、多くの日本人女性も大きな稼ぎを当てにして渡航したことは良く知られている。映画「サンダカン八番娼館」はボルネオにあった娼館にいたからゆきさんを実際に取材したノンフィクションであり事実を忠実に再現しているとされている。当時としては当たり前のことであり、朝鮮人女性がなぜ例外なのか。今でさえ、彼女らは自ら売春婦として外国に行くではないか。

「韓国は売春女性の供給国であり最終目的地」=米人身売買報告書

報告書は韓国について、ロシア、ウズベキスタン、カザフスタン、モロッコ、コロンビア、モンゴル、中国、フィリピン、タイ、カンボジアなどから就業や結婚のために入国した男女らが、実際には強制労働や売春の被害に遭っていると指摘。インターネットを通じた性売買が未成年者まで蔓延していることや、一部の韓国人女性たちが米国、カナダ、日本、オーストラリアなどで売春行為を行なっていることも明記した。

50年後、彼女達は世界中から強制的に自分たちを連行する軍隊がやってきた、といいはるつもりか。

韓国メディアは、わが国の人身売買実態は恥ずかしい水準だと伝え、一部メディアは「南北で性売買が蔓延している」と報じた。

白々しい。恥だと思うくらいなら、なぜ歴史を直視しないのか。今韓国人女性がこれほど売春に精を出しているのに、合法でしかも高給だった70年前、なぜ彼女たちが自ら喜んで売春業に精を出したかもしれないとの疑いを持たないのか。

いや、日本側にもむろん原因がある。真実を明らかにしないのは日本も同じであり、せいぜい基本条約で補償が済んでいると言い訳をすること自体、日本が彼らの言葉に裏付けを与えているし、そして口先前原氏のように、別枠で補償することを考えるなどと僭越なことを口走れば、それがまた彼らに言質を与えることになる。

上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

慰安婦問題の反日デモに参加 社民党の服部良一衆院議員

2011.10.12 23:43 [社民党]
 【ソウル=加藤達也】元慰安婦を支援する団体が12日、ソウルの在韓日本大使館前で開いたデモに社民党の服部良一衆院議員(比例近畿)が参加した。服部氏は「野蛮な行いをしながら公式な謝罪をしていないのは、日本の国会議員として恥ずかしい。帰国したら慰安婦問題を広める」と発言。「闘うぞ」とのシュプレヒコールを上げた。

 服部氏は産経新聞の取材に「以前から関心があったので参加した」と話した。

 この集会には2003年、民主党の岡崎トミ子元国家公安委員長が参加し、問題視された。


従軍慰安婦問題、東京裁判関連文書に「新証拠」と研究者が発表

- 東京
2007年04月17日 00:45 発信地:東京

【東京 16日 AFP】第二次世界大戦中の従軍慰安婦問題をめぐり、東京裁判関連文書が新たに見つかったと研究者が16日、発表した。物議を醸した安倍晋三首相の「軍の強制性を裏付ける証拠はない」との発言に対し、さらに波紋が広がりそうだ。

 文書を発見したと発表したのは、関東学院大学経済学部の林博史教授(現代史)。1946年から48年までに行われた東京裁判中に提出された大量の証拠書類が保管される倉庫を調査し、7つの関連書類を発見したという。

 文書の1つは1946年3月13日にオランダ人検事が作成したもので、旧日本軍に雇われていた日本の民間人の言葉が引用され、占領先のボルネオ(Borneo)島で将校が現地の女性たちを裸で立たせ、顔をたたいたと証言している。

「抑留したのは彼らを淫売屋にいれることができるための口実を設けるために警備隊長の命令でなされたのであります」(文書中の記載)

 他の文書に含まれる旧陸軍将校の証言では、インドネシアのモア(Moa)島で同軍が女性たちを強制的に従軍慰安婦にしたと述べられている。

「島民が日本軍を襲撃したのでその関係者40人を軍が殺害し、彼らの娘たち6人を慰安所に入れたと陸軍中将が言っている。ひとりは慰安所にいくことに合意したが他の5人は拒否したと」いう。

 第二次大戦終了時までに旧日本軍の従軍慰安所に居たことのある女性は、アジア全域で計20万人に上るとみる歴史家もいる。

 安倍首相は3月、まるで拉致するかのように慰安婦らを「強制的に連行した証拠はない」と発言し、波紋を呼んだ。しかし以後、「広義の強制性はあった」などと繰り返し発言し、さらに慰安婦問題に対する日本政府の謝罪と反省を示した1993年の河野洋平官房長官(当時)の談話を「継承する立場だ」と繰り返し強調した。

 これまで保守派の活動家からは、日本軍の直接関与を示す証拠は被害者側から提供されたものばかりだと論じる声もあった。

 林教授が発見した文書は東京裁判資料として公式に提出されたもので、新たな重要性を帯びるといえる。また日本政府は同裁判の正当性について、1952年に発効したサンフランシスコ平和条約で承認している。

 歴史研究者の一部や反戦活動家らが調査を進める「日本の戦争責任資料センター」で研究事務局長も兼任する林教授は、同共同代表の吉見義明中央大教授とともに17日に、文書を公開する予定だ。

 吉見教授は、旧日本軍兵士が中国人女性に性的暴行を加えることを避ける目的で慰安所が設置されたことを示す資料を発見したとしている。吉見氏の発見は、「心から」の「お詫びと反省の気持ち」を示し、「慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した」と認めた1993年の河野談話へとつながった。

 林教授によると、今回自身が発見した内容に似た文書は、個別には過去10年間でも発見されたことがあるという。一方で同教授は「他国によって東京裁判に提出された証拠書類が、しっかり調べられてこなかったことは事実だ」とする。

 米国では民主党が多数派を占める議会で、日本政府に慰安婦に対する無条件の謝罪を求める法案の可決が見込まれる中、安倍政権は同法案に強く反発している。

 一方、前週訪日した中国の温家宝(Wen Jiabao)首相が歴史認識に関して融和的な姿勢を見せ、慰安婦問題に関し言及しなかったことから、安倍首相の発言に関する混乱もこの数週間は沈静化している。
 

杉野洋明(SUGINO YOMEI)

等一例だが、

画像 悪辣な遊郭業者

「秦郁彦著「慰安婦と戦場の性」(1999年 2刷)の54ページに以下のような文章があります。

「1939年3月5日付の「毎日新報(ママ)」(京城発行のハングル新聞)によると、逮捕された河允明は、妻と共に32年から各地の農村を歩き回り「生活難であえぐ貧しい農夫達」に良い仕事があるとだまして、約150人を満州や中国本土などに700円から1000円で売ったという。

ついでに河から50余人を買った京城の遊郭業者を警察が呼び出すと、それを察知して彼女達を牡丹江や山東省に転売したことも判明する・・・・」」

とある。

主な売春先は日本…海外性売買ブローカーら225人を摘発=韓国

2011/10/11(火) 20:13


  韓国の警察庁は10日、海外での性売買を斡旋(あっせん)するブローカーなどの取り締まりを行い、8月22日から9月30日までの40日間で計225人を海外遠征性売買容疑で検挙したことを明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。

  警察庁によると、摘発されたのは海外での性売買を斡旋したブローカー61人、買春した韓国人男性54人、売春した韓国人女性110人。女性の場合、「海外なら誰にも知られずに大金を手にすることができる」という斡旋業者の誘惑にのり、経済的な目的で売春するケースが多かった。

  性売買が行われた国は、日本が132人(58.7%)でもっとも多く、全体の半数以上を占めた。次いでフィリピンが50人、中国が20人、米国が18人。日本や米国へは売春目的の女性が、フィリピンや中国には買春目的の男性が訪れる傾向があった。

  韓国では海外で売春行為をする女性を「遠征女」と呼ぶことから、メディアは「海外性売買“遠征女”110人検挙」などと報じた。

  海外での性売買をめぐっては、6日にソウル地方警察庁国際犯罪捜査隊が、韓国人女性に日本での売春の仕事を斡旋したブローカー6人と、売春した韓国人女性16人を摘発したばかり。警察庁の関係者は、「海外での性売買予防や取り締まりを強化し、国家イメージの失墜を防ぐ」と述べた。(編集担当:新川悠)




「韓国は売春女性の供給国であり最終目的地」=米人身売買報告書

2011/06/29(水) 10:55

  米国務省は27日、世界184の国や地域の人身売買の実態をまとめた年次報告書を発表。韓国について、「強制売春や強制労働の被害に遭う男女らの供給地にも経由地にも最終目的地にもなっている」と指摘し、韓国政府に取り締まりや法の整備を求めた。複数の韓国メディアが伝えた。
■「韓国」に関する写真
  報告書は、人身売買に関連する各国政府の対応などをもとに分析し、4段階にランク付けした。韓国はもっとも良い1番目のランクだったが、民間レベルでは相当な問題を抱えているとした。

  報告書は韓国について、ロシア、ウズベキスタン、カザフスタン、モロッコ、コロンビア、モンゴル、中国、フィリピン、タイ、カンボジアなどから就業や結婚のために入国した男女らが、実際には強制労働や売春の被害に遭っていると指摘。インターネットを通じた性売買が未成年者まで蔓延していることや、一部の韓国人女性たちが米国、カナダ、日本、オーストラリアなどで売春行為を行なっていることも明記した。

  一方、北朝鮮を含む23カ国を、米政府の経済制裁対象になり得る最低ランクとした。北朝鮮について、強制労働や強制結婚、性売買の被害に遭う男女や子どもたちの供給国家と非難した。

  韓国メディアは、わが国の人身売買実態は恥ずかしい水準だと伝え、一部メディアは「南北で性売買が蔓延している」と報じた。(編集担当:新川悠)
スポンサーサイト

コメント

従軍?追軍では

NHKでは「所謂従軍慰安婦」としていますが、要するに民間業者が需要のある所で供給をした普通の経済活動であったと云えます。
あの当時は合法であり、今も再度合法に転じたオランダやドイツ、フィンランドは有名です。合法な経済活動ですから、従事する方々も自らの意志で就業し、誇りを持ってちゃんと納税しています。
ヒストリーチャンネルによると、ポンペイの遺跡からはおびただしい数の売春宿が明らかになっており、人口比で考えるとかなりの密度です。ポンペイでもきちんと登録制となっていて、一般女性とははっきり見分けがつく外見である事が義務付けられていたそうです。
我が国の状況は申す迄もありませんね。
タバコの課税を増やす前に、そっちに課税しろっ!

チャールズ皇太子が、或るスピーチで「私達(王室)は、人類最古の商売を営んでおります。」とのジョークを言って大ウケした程に、人類発祥以来栄々と営まれて来た事は常識でもあります。そこには法の壁などいとも簡単に通り抜ける、γ線の如き存在感すら覚えます。どちらも適度であれば害がないのに、過剰に反応する者がいる点まで同じです。
私がある国で実見した最年少は13歳でした。当人のキャッチフレーズは「it's very fresh!」でした。
タリバン支配下のアフガニスタンでは、女性の労働が禁止されていた為に、内戦で未亡人となった女性が仕方なく身を売っていた哀しいケースも伝わっています。
本人の意に沿うことなく為される事はあってはなりませんが、軍が率先して慰安所を経営する道理も証拠もなく、増して太古より自由意志で為されて来た事は現状からも明らかであり、韓国の言いがかりなど門前払いにすべき事柄です。

従軍?追軍では

>2011-10-13 23:23 | あづまもぐら様

>NHKでは「所謂従軍慰安婦」としていますが、要するに民間業者が需要のある所で供給をした普通の経済活動であったと云えます。

そうですね。つまり利益を求めて日本軍の後をついていったわけですから、追軍なのでしょうが、日本軍の方もそれを認めていたのですから、従軍でも良いとは思っています。

>あの当時は合法であり、今も再度合法に転じたオランダやドイツ、フィンランドは有名です。合法な経済活動ですから、従事する方々も自らの意志で就業し、誇りを持ってちゃんと納税しています。

世界には売春を合法化している国はかなりあります。ある意味、日本もソープランドなどを黙認しており、売春防止が形骸化している面があります。まあ、お目こぼしをしないと、却って社会の性犯罪が増えるなどがあるのではないでしょうか。

>ヒストリーチャンネルによると、

>γ線の如き存在感すら覚えます。どちらも適度であれば害がないのに、過剰に反応する者がいる点まで同じです。

クレオパトラが売春をしていたと言う説があります。まあ、国を守るために身体を武器にしましたからある面そうかもしれませんが、フランス文学でも椿姫など娼婦が高い地位を持っていたことを示しています。日本でも郭文化は日本文化の一つの大きな分野でしたし。太夫などは、当時の女性のあこがれだったと言いますよ。

>私がある国で実見した最年少は13歳でした。当人のキャッチフレーズは「it's very fresh!」でした。

そりゃまあ、freshでしょうがねぇ、でも本人の意思と言うより、売られたんでしょうね。

>タリバン支配下のアフガニスタンでは、女性の労働が禁止されていた為に、内戦で未亡人となった女性が仕方なく身を売っていた哀しいケースも伝わっています。

それは良く聞きます。

>本人の意に沿うことなく為される事はあってはなりませんが、軍が率先して慰安所を経営する道理も証拠もなく、

おおっぴらにすることではなかったでしょうが、軍が民間に委託して慰安婦を確保したとの記録もあるようです。むろん、全く正当な手段であり、非難されるべきことではありません。むしろ、きちんと管理した慰安所を作ったことは日本軍の知恵と理性を思わせます。兵士を野放しにして、現地の女性をレイプするなど他国では今でも常に問題になっています。

Wiki 軍慰安所従業婦等募集に関する件

>増して太古より自由意志で為されて来た事は現状からも明らかであり、韓国の言いがかりなど門前払いにすべき事柄です。

全くですが、飼い主に尻尾を振る奴が政権にいる間は無理ですね。自民にさえ大勢居ますから。国民が強く政治家に働きかけなければ解決しないと思います。

まして、社民の服部のような馬鹿や共産党など、国内に内側から冒してゆく癌細胞がいますのでね。

No title

クレオパトラがbaishunをしていたと言う説があります。まあ、国を守るために身体を武器にしましたからある面そうかもしれませんが、フランス文学でも椿姫など娼婦が高い地位を持っていたことを示しています。日本でも郭文化は日本文化の一つの大きな分野でしたし。太夫などは、当時の女性のあこがれだったと言いますよ。

>私がある国で実見した最年少は13歳でした。当人のキャッチフレーズは「it's very fresh!」でした。

そりゃまあ、freshでしょうがねぇ、でも本人の意思と言うより、売られたんでしょうね。

>タリバン支配下のアフガニスタンでは、女性の労働が禁止されていた為に、内戦で未亡人となった女性が仕方なく身を売っていた哀しいケースも伝わっています。

それは良く聞きます。

>本人の意に沿うことなく為される事はあってはなりませんが、軍が率先して慰安所を経営する道理も証拠もなく、

おおっぴらにすることではなかったでしょうが、軍が民間に委託して慰安婦を確保したとの記録もあるようです。むろん、全く正当な手段であり、非難されるべきことではありません。むしろ、きちんと管理した慰安所を作ったことは日本軍の知恵と理性を思わせます。兵士を野放しにして、現地の女性をレイプするなど他国では今でも常に問題になっています。

Wiki 軍慰安所従業婦等募集に関する件

>増して太古より自由意志で為されて来た事は現状からも明らかであり、韓国の言いがかりなど門前払いにすべき事柄です。

全くですが、飼い主に尻尾を振る奴が政権にいる間は無理ですね。自民にさえ大勢居ますから。国民が強く政治家に働きかけなければ解決しないと思います。

まして、社民の服部のような馬鹿や共産党など、国内に内側から冒してゆく癌細胞がいますのでね。

No title

クレオパトラが娼婦をしていたと言う説があります。まあ、国を守るために身体を武器にしましたからある面そうかもしれませんが、フランス文学でも椿姫など娼婦が高い地位を持っていたことを示しています。日本でも郭文化は日本文化の一つの大きな分野でしたし。太夫などは、当時の女性のあこがれだったと言いますよ。

>私がある国で実見した最年少は13歳でした。当人のキャッチフレーズは「it's very fresh!」でした。

そりゃまあ、freshでしょうがねぇ、でも本人の意思と言うより、売られたんでしょうね。

>タリバン支配下のアフガニスタンでは、女性の労働が禁止されていた為に、内戦で未亡人となった女性が仕方なく身を売っていた哀しいケースも伝わっています。

それは良く聞きます。

>本人の意に沿うことなく為される事はあってはなりませんが、軍が率先して慰安所を経営する道理も証拠もなく、

おおっぴらにすることではなかったでしょうが、軍が民間に委託して慰安婦を確保したとの記録もあるようです。むろん、全く正当な手段であり、非難されるべきことではありません。むしろ、きちんと管理した慰安所を作ったことは日本軍の知恵と理性を思わせます。兵士を野放しにして、現地の女性をレイプするなど他国では今でも常に問題になっています。

Wiki 軍慰安所従業婦等募集に関する件

>増して太古より自由意志で為されて来た事は現状からも明らかであり、韓国の言いがかりなど門前払いにすべき事柄です。

全くですが、飼い主に尻尾を振る奴が政権にいる間は無理ですね。自民にさえ大勢居ますから。国民が強く政治家に働きかけなければ解決しないと思います。

まして、社民の服部のような馬鹿や共産党など、国内に内側から冒してゆく癌細胞がいますのでね。

No title

>タリバン支配下のアフガニスタンでは、女性の労働が禁止されていた為に、内戦で未亡人となった女性が仕方なく身を売っていた哀しいケースも伝わっています。

それは良く聞きます。

>本人の意に沿うことなく為される事はあってはなりませんが、軍が率先して慰安所を経営する道理も証拠もなく、

おおっぴらにすることではなかったでしょうが、軍が民間に委託して慰安婦を確保したとの記録もあるようです。むろん、全く正当な手段であり、非難されるべきことではありません。むしろ、きちんと管理した慰安所を作ったことは日本軍の知恵と理性を思わせます。兵士を野放しにして、現地の女性をレイプするなど他国では今でも常に問題になっています。

Wiki 軍慰安所従業婦等募集に関する件

>増して太古より自由意志で為されて来た事は現状からも明らかであり、韓国の言いがかりなど門前払いにすべき事柄です。

全くですが、飼い主に尻尾を振る奴が政権にいる間は無理ですね。自民にさえ大勢居ますから。国民が強く政治家に働きかけなければ解決しないと思います。

まして、社民の服部のような馬鹿や共産党など、国内に内側から冒してゆく癌細胞がいますのでね

従軍?追軍では

>2011-10-13 23:23 | あづまもぐら様

>NHKでは「所謂従軍慰安婦」としていますが、要するに民間業者が需要のある所で供給をした普通の経済活動であったと云えます。

そうですね。つまり利益を求めて日本軍の後をついていったわけですから、追軍なのでしょうが、日本軍の方もそれを認めていたのですから、従軍でも良いとは思っています。

>あの当時は合法であり、今も再度合法に転じたオランダやドイツ、フィンランドは有名です。合法な経済活動ですから、従事する方々も自らの意志で就業し、誇りを持ってちゃんと納税しています。

世界には売春を合法化している国はかなりあります。ある意味、日本もソープランドなどを黙認しており、売春防止が形骸化している面があります。まあ、お目こぼしをしないと、却って社会の性犯罪が増えるなどがあるのではないでしょうか。

>ヒストリーチャンネルによると、

>γ線の如き存在感すら覚えます。どちらも適度であれば害がないのに、過剰に反応する者がいる点まで同じです。

クレオパトラが娼婦をしていたと言う説があります。まあ、国を守るために身体を武器にしましたからある面そうかもしれませんが、フランス文学でも椿姫など娼婦が高い地位を持っていたことを示しています。日本でも郭文化は日本文化の一つの大きな分野でしたし。太夫などは、当時の女性のあこがれだったと言いますよ。

>私がある国で実見した最年少は13歳でした。当人のキャッチフレーズは「it's very fresh!」でした。

そりゃまあ、freshでしょうがねぇ、でも本人の意思と言うより、売られたんでしょうね。
>タリバン支配下のアフガニスタンでは、女性の労働が禁止されていた為に、内戦で未亡人となった女性が仕方なく身を売っていた哀しいケースも伝わっています。

それは良く聞きます。

>本人の意に沿うことなく為される事はあってはなりませんが、軍が率先して慰安所を経営する道理も証拠もなく、

軍が民間に委託して慰安婦を確保したとの記録もありますが、全く正当な手段であり、非難されるべきことではありません。むしろ、きちんと管理した慰安所を作ったことは日本軍の知恵と理性を思わせます。

Wiki 軍慰安所従業婦等募集に関する件

>増して太古より自由意志で為されて来た事は現状からも明らかであり、韓国の言いがかりなど門前払いにすべき事柄です。

全くですが、飼い主に尻尾を振る奴が政権にいる間は無理ですね。自民にさえ大勢居ますから。国民が強く政治家に働きかけなければ解決しないと思います。

まして、社民の服部のような馬鹿や共産党など、国内に内側から冒してゆく癌細胞がいますのでね

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。