スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射線被曝 2


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


その前に小ネタ。

赤文字は引用

「日韓基本条約は無効」、国民行動を呼び掛ける委員会が発足―韓国

日韓基本条約を無効にしようという運動が始まったと伝えた。

 今後、準備委員会は政府と国会の公式的な場面で日韓基本条約が無効であることが反映されるよう行動し、日本軍慰安婦・強制徴用軍人・軍属労務者など、日本に対し、賠償請求訴訟を行う国民を支援する予定だという。


これには声も出ないほどあきれた。真意は、もう一度日本に併合してくれと言うことだろうが、ごめん被りたい。日韓併合は日本の最大の失敗だった。

さて、気を取り直し:

先のエントリーでも触れたが、今の放射線に対する無条件の拒否反応、及びそれに対する行政の及び腰はすでに危険レベルになっているのでないだろうか。前回も挙げた中世ヨーロッパの魔女裁判やナチスと同質、日本への憎しみで政府への批判をかわしたり支持を得る特亜とおなじだと思えて仕方がない。

被災地の松、「送り火」使用断念…専門家は批判

 保存会と京都市が行った薪の検査では放射性セシウムは検出されなかったが、放射能汚染を懸念する意見が相次いだためだという。
 
 放射線が検出されていないと公表されているのに、なお放射線汚染を懸念する人たちの頭は何かに汚染されているとしか思えない。放射線、と聞いた時点で、それが検出されないとは汚染にも関係がないとの、当然の類推が出来なくなっているのだ。
 
 多分作り話だと思うが、ある高齢のご婦人が、息子から、会社の金に手をつけてしまった、今穴埋めをしないと刑事告訴される、と電話を受けあわてて金を振り込んだけれど、考えてみたら息子はずうっと前に病気で亡くなっていたとのこと。しかし、今回の大騒ぎをしている人たちを見ると、愉快犯でなければあとはこのご婦人とおなじ状況になっているのだろうと思う。すると、このご婦人の話も、作り話ではないのかもしれない。
 
 私の知り合いの金融機関に勤めている人が言っていたが、ある人が血相を変えて大金を降ろそうとしているのを、様子がおかしいので聞いてみたら、明らかに振り込め詐欺にだまされていると思ったので、冷静に考えて、息子さん(だったか)に確かめてみてはどうですか、と説得したけれど、目をつり上げて、黙っていろ、何かあったら責任を取るのかと怒鳴られ、結局振り込んでしまったとか。詐欺だったのだが、そのあとどうなったかは聞いていない。しかし、新聞などでも同じような話が繰り返し報道され、警告されているのに、引っかかる人は引っかかる。
 
 誰もが、あんなに世間で話題になり、銀行にも注意書きが出されて警官が立っていて、テレビでも新聞でも街角の立て看板でも、振り込め詐欺に注意するように警告されているのに、どうしてこうも易々とだまされる人がいるのかと不思議に思う。そして自分は絶対にひっっかからないと思っている。しかし、引っかかっているのだ。
 
 特に頭が悪いとか、判断力がないと思われていない人たちが被害に遭う。それは、人間は一旦恐怖に駆られると、体が金縛りになるように思考も金縛りになり当たり前の判断が出来なくなるからだ。だから、あり得ないほど人は簡単にだまされる。
 
 ナチスも、魔女裁判も、脱原発もおなじなのだ。後から冷静になれば、自分も被害者だという。しかし、自分が与えた被害者に対する罪のことは都合良く忘れる。
 
 誰かに扇動され、放射線が検出されていないにも拘わらず汚染を心配する人がこんなにたくさん居て、しかもそれに行政が反論も説明もせずに動かされること自体が大きな問題だろう。行政の事なかれ主義、長い物には巻かれろ主義がどれだけ地方行政を腐らせていることか。
 
 私が人間的には問題にしている石原都知事などは、その点極めて冷静に、理論的に言っているので、評価している。
 
 放射線影響に詳しい松原純子・元原子力安全委員会委員長代理の話「原発から遠く離れた岩手県陸前高田市で、幹の内部にまで放射性物質が蓄積することはなく、誇大な不安だ。根拠のない不安をもとに行事を中止することは、むしろ不安をいたずらにあおることになる」
 
 しかし、専門家がこんなことを公に言うと、山本太郎氏のような連中が形相を変え声を荒げて詰め寄り、御用学者はだまれ、の大合唱が始まる。

放射線の専門家が激白シンポ「一部メディアの過剰反応に異議あり!」

2011.8.15 07:00

しかし、我慢しきれなくなった”御用学者達”が声を上げた。

 いまだに半径20キロ圏内の一般人立ち入り禁止が続く東京電力福島第1原発の事故。菅直人首相が4月に「10~20年、原発周辺には住めない」と発言したとされ批判を浴びたが、週刊誌などでは同様の主張が展開され続けている。この状況に、世界の核被災地を現地調査した放射線防護の専門家が「一部メディアによる福島県の人たちを混乱させ、心配させる報道には腹が立つ。ただ火のないところに煙は立たない。火をたいているのは日本政府だ」と声を上げた。
 
 たしかに、今の政府は酷い。率先して風評被害を広げ、不必要な犠牲を多くの人におしつけ、そしてその尻ぬぐいを国民全体がさせられ、そのうえ、何の前触れもなく脱原発を政策として決めてしまった。むろん、これは法的裏付けがないので、次の政権ではひっくり返される可能性があるが、それ以前にオレオレ詐欺の主犯達と、被害者達をなんと貸すべきなのだが、その主犯が政府なのだから始末が悪い。
 
 「福島県民に放射線による健康被害はない、福島は必ず復興できる、というのが最初に報告したい調査結果です」と、まず結論を提示。続けて、政府の被災地に対する調査のずさんさに触れ、同県飯舘村民を半強制的に避難させた根拠は非常に怪しいと指摘し、「私はあの避難は“無計画的避難だ”と菅政権を非難しております」とボルテージを上げた。
 
 つまり、あの無計画避難で人生を破壊された人々は、菅政権の延命のための犠牲にされたのだ。

致死線量まで計測可能な個人線量計を持っての、覚悟を決めての調査だったが、原発周辺まで近づいても放射線量は予想外に低かった。「原発の門の前まで行ったが、累積被曝線量はたったの0・1ミリシーベルトと意外な結果だった。防護服を着る必要すらなかった」と報告する。

 ところが、あの枝野長官は防護服を着たまま現地の知事達と挨拶や握手をし、イメージ的な宣伝を行った。あの無神経さ、あの狡猾さはその後の彼の良くやっているとの評価とは全く重ならない。まず最初の彼の罪は、初めに放射線について国民に開口一番発した言葉が、ミリシーベルト、マイクロシーベルト、ベクレル、セシウム137などなど、一般人が聞いたことのない専門用語の羅列だったことだ。それらの説明や何を根拠に規準が決まっているのかの説明も全くなかったし、専門家を同席させて説明をさせるなどを一切しなかった。
 
 このような場合、国民はまず恐怖に陥り、それ以後の思考が停止する。何か非常に怖いことが起きているに違いないとの国民の間に広がったパニックが、東京から逃げ出す者達や、子供を北海道に疎開させるなどと、実際は子供にストレスを与える運動を始めたNPOなどだった。あの水道水摂取制限の時、政府は、他に無ければ乳幼児に水道水を飲ませてもかまわないと言った。しかしそれを疑問に思った人がどれほど居たろうか。テレビではある老婦人が野菜をペットボトルの水で洗っている様子を映していた。この老婦人は人生を本当に無駄に過ごしてきたのではないだろうか。自分の思考をコントロールできないまま年を取ってきたのだ。

 その上で「広島、長崎も見事に復興している。福島の復興もできるはずだ」として、福島県内の放射線量の高い地域については表土を数センチ除去し、住民には個人線量計を配布することで、安全に住めるようになると提言。「私たちは福島県産の食品を買い、観光にも行って、福島を支援しましょう」と呼びかけた。
 
 広島長崎も調査の結果汚染されていることは明らかになっている。今でも場所によっては放射線が検出される。長年その土地で野菜を作り食べ水を飲み空気を吸い、そして何事もなく生活し広島も長崎も見事に復興している。あれは何かの間違いなのか。

 高田教授は「今後は現地の酪農家の皆さんを救うべく、検査をしながら食べることを実証していきたい」と決意表明。荒木教授が「高田さんのように考えている専門家は多いが、実際に発言される人は少ない。正面切ってものを言ってくださる方を皆でサポートしていきたい」と援護射撃した。
 
 発言する人が少ないのはやむを得まい。御用学者と言われ袋だたきになるからだ。ちょうど韓国で、日本は良い国だと発言する人たちや、従軍慰安婦はただの売春婦だったと発言する人が袋だたきになり、日章旗を燃やす人たちが愛国者とたたえられるのとちょうどおなじ現象が日本で起きているのだ。

原発に対する考え方については、出席者の間でも「脱原発依存で、再生エネルギーに力を入れていきたい」(根本氏)、「私は原発推進派。一流の国を目指す上で原発は必要」(田母神氏)と見解が割れた。それぞれの意見に拍手が起こったが、高田教授が「福島の場合はチェルノブイリのような核の暴走は起きておらず、それは世界が評価しているはず。

このチェルノブイリのような事故は起きていないとの世界の認識はまともに日本国内では伝えられていない。自然再生エネルギーに力を入れるのはよいだろうが原理的にメインのエネルギー源にはならない。どんなにがんばってもなり得ないことは、すでに技術大国であるドイツもアメリカも30年間努力をして見極めたのだ。

むろん自然再生エネルギーが、補助として役立つ面はある。それは大いに研究すればよいだろう。だが、メインのエネルギーにするなどと何の裏付けもない政策を延命のために唐突に言い出した菅政権と同調するには、独自の説得できる理論が要るだろう。根性でやり遂げる、では通用しない。日本の高速鉄道は頭打ちなので、20年代までにどこでもドアをメインにすると菅総理が言い出すのと何ら変わらない。どこでもドアが駄目で、自然再生エネルギーなら良いという根拠が示されたことはない。計算上無限にあるエネルギーだからというが、そのエネルギーをかき集め凝縮し、安定化し、蓄積するために消費されるエネルギーが遙かに得られるエネルギーよりも大きいのだ。

My 日本 6/8 「武田邦彦氏を糾弾する」に対するコメント

に対して次のよう無いコメントを頂いた。ここで断っておくがこのコメントを寄せてくださった人を揶揄しているのでもなければ作り話だ言っているのではない。本当に不安なのだろうとよく分かる。

私は放射能のことはよくわかりませんがこれだけ言わせてください。

水が汚染されていたときに体に起こったこと。
・手が赤くなり荒れた。
・お風呂で体を洗ったら汚れ落ちが良すぎてひりひりした。
・顔を洗って荒れてしまった。
・少し飲んでみると渋い味がした。

普段からペットボトルの水を使うので飲み水の影響はわかりません。


被曝してからのこと、
・家族の顔が赤く日焼けしたように真っ赤になった。
・外に出たときに舌の先がびりびりした。(3月12、13日あたり。急に体がだるくなり半日寝込んだ)
・家族全員一回下痢した。(同じ時期)
・下痢気味が何日か続いた人もいた。
・20km圏内に行った夫と一緒にいただけで具合が悪くなった。
(夫は酒のまわりが良過ぎて悪酔い)
・抜け毛が一時的に多くなった。
・原因不明の高熱が3、4日出た。


しかし、これとおなじ訴えは、多くの人が言っているらしいし、中にはこんな例もある。

エントリー「脱原発の人たちの不安」

親子の生活を分断する反原発イベント


以下、茶色文字は、この記事を書いた人物が元記事からの引用をしたもの。

そして、その診断会を企画した人たちが

なお、こども福島情報センターの協力・賛同人リストに小出裕章氏が名を連ねているあたり、「もれなくついてくる」感が漂います。調べてもらえばわかるでしょうが、原発維持・容認という人は、この中にひとりもいないでしょう。



反原発を主張するのは勝手だが、その言論がどんな影響をおよぼすのか、少なくとも売文家には理解して欲しいものです。

いや、当然反原発を感情的に人々に植え付ける手段がこの診断であり、その結果が、実は放射線は健康に関係がなかった等となるわけがない。果たして:

福島市内でも最高レベルの線量が測定される小学校に子供(小3)を通わせる母親に話を聞いた―

「目の下のクマが気になる。先月末に鼻血と下痢があった」。母親は問診前、我が子の体調をこのように話した。



お母さんが訴える症状は、栄養・睡眠・衛生面が不十分だったり、何かに感染している可能性を疑うべきです。お子さんの健康管理をおろそかにして、放射線被曝のせいにしていては子供が可哀想です。

小児科医の問診を受けること、20分あまり。母親は目を赤く腫らしていた。「医師からは『(福島に)戻るな』と言われた。『住み続けると19才までに発ガンする可能性がある。早ければ1年後に発症する』と言うことだった」。



この、最後に出てくる医師の言葉が、本当に医師だとすれば見識を疑う。これは医師という権威を利用した脅迫ではないのか。本当にその恐れがあるなら、なぜ放射線医学専門病院を紹介しないのか。白血球の損傷や、増減、遺伝子検査など、放射線障害を疑わせる症状はいくらでも検査で分かるだろう。そして、本当に患者が、それだけの被曝をした事実を証明して、初めて可能性が言えるのではないのか。

これだけのストレスを背負いながらむりな生活をしていれば、いろいろな症状が出てくるだろう。それを全て放射線のせいにするのは、確信犯であれ無知によるものであれ犯罪だろう。

放射線障害の実例は次回に (多分明日)に続く。
スポンサーサイト

コメント

No title

日韓基本条約を無効にすると韓国の独立がなくなります。たかおじさんも書いてますが、あきれるばかりです。

No title

>2011-08-19 15:35 | 花岡 鉄 様

>日韓基本条約を無効にすると韓国の独立がなくなります。たかおじさんも書いてますが、あきれるばかりです。


だから、連中はあの条約の中身も意味も知らないまま言ってるんでしょうね。馬鹿の極みです。連中は真実を調べる確認するなどの思考はないのでしょう。だから、捏造歴史でも何でも自分が真意対ものを信ずるわけです。

超3流国家とするゆえんです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。