スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極左癌総理

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


昨日のエントリーで、ある投稿から保守革命氏の思考形式について採り上げた。その後もこのエントリーに対して同氏は延々とコメントを書き続けているが、自分の言いたいことを主張するのみで、当方からの疑問や何が問題とされているかの指摘には一切答えようとしない。

今回は彼の投稿をここに紹介するようなこともしないが、興味のある方は、ごらんになってみてはいかがだろうか。

最初から答えるつもりがない、質問や指摘を理解できない、答えを知らないなどなど様々な理由が考えられるが、対話の通用しない人であることは間違いがないだろう。理由は違うかもしれないが、国会答弁でものらりくらりと質問をはぐらかしているあのナマズ男と同じだ。

むろん、誰もが同じ考えを持っているはずはなく、100人いれば100通りの考え方があるが、それでも大きな共通項でまとまったり、あるいは互いの意見の交換で新しい考え方を組み立てたりするものだ。時には自分の考えを変えて相手に同調する場合もあれば逆の場合もあるだろうし、異なった意見のまま協調の道を探るのだろう。

しかし、保守革命氏の思考には、他者の言葉を吟味する等と言うことはないようだ。なにしろ、相手に自分の思いを一方的にぶつけるだけなのだ。

日本はアメリカに隷属しているとの主張に対し、対等ではないだろうが今の国益に一番叶う判断の元ではないのか、アメリカと離反して特亜とくっつくことで何か良いことがあるのか、ときいても、アメリカと特亜と等距離にすれば日本の自主性が保てるとのお話。それでは答えにならない。特亜との距離を縮めるメリットが語られていずに、日米特亜等距離で自主性が保てるかどうかが問題ではない。

A級戦犯の糾弾が激しいが、A級戦犯とはどういう存在かの認識が示されていない。保守革命氏の言うところのナチスと組んで戦争を始めた極悪人だからA級戦犯なのではない。同じ意味で、靖国合祀を糾弾しても意味がない。

反日政策を採っている半島国家に原発を作らせ電気を買うのがよいなどとは、脱原発の川上にも置けない利己主義だが、それはかまわないらしいし、まして命綱であるエネルギー源を明かな反日政策国家にゆだねることに問題ないのか、無いとすればどうしてかの問いかけも理解できないらしい。

その後も延々と独り言が書き込まれているが、きりがないと言いながら、私もついおもしろくて相手をしてしまった。

相手をしながら、この思考方法とは極左にありがちな独りよがり、独善、思いこみそのままだと思った。

前にも触れたが、左翼右翼自体は思想の違いであり別にそれ自体が問題なのではないが、近年左翼というと共産主義、社会主義を連想させる。しかし、共産主義社会主義自体もそれだけでは別にどうということはないのだが、現実の社会主義国家は事実上の独裁国家であり、権力側が大多数の人民を暴力で支配し隷属させるようになっている。これは本来の社会主義共産主義とは関係が無く、彼らが自分たち支配の理由付けにこれらの主義を用いているに過ぎない。

その結果の歴史捏造、すり込み教育、一方的なプロパガンダが左翼の代名詞になっている。

この保守革命氏の登場が、今の売国政権の誕生理由を思わせるのだ。なぜ、こんな分かり切ったプロパガンダに易々とだまされ、政権を盗らせたのだろう。嘘出鱈目と分かり切っている公約や政見をきいて、しかもその前提が全く根拠もなく検証もされていないことから、彼らが政見ほしさにうそを言っているのははっきりと見えていたのに、それが見えなかった人間が多いのだ。だから、こんな売国政権の誕生を許してしまった。

いまになって、こんなに酷いとは思わなかった、こんな嘘つきだとは思わなかったと多くの有権者が言いだし、だからこそ支持率が10%台に落ちたのだろうが、最初から分かり切っているはずの嘘にだまされたのだから、有権者も繰り返しのプロパガンダにだまされるという責任があるわけだ。

これがナチスだったら、一度政権を盗ったが最後徹底した暴力で国を乗っ取るのだろうが、民主党はもしその手段があるなら迷わずそうするだろう。

なぜなら、民主の中枢にいる連中が少なからず暴力を容認しているからだ。

癌総理が千葉景子氏や江田五月氏、土井たか子氏等と共に日本人拉致実行犯、シンガンスの釈明嘆願書に署名をしたのは有名な事実であり、それだけでもついうっかりしていたとか詳しく考えなかったなどの言い訳が通用するレベルではない。ついうっかりお茶をこぼしたけれど、ごめんなさい、と同じで通るはずがないだろう。

南京虐殺記念館に献花をしたのも癌総理だ。

今回も問題になっている市民団体への献金、およびそこからの癌総理への金のキックバック、また暴力市民団体の機関紙への長年の投稿など、つい知らなかった、あずかり知らぬことなどという言い訳が通用する話ではない。癌は、芯からの売国奴で芯からの極左で、芯からの暴力主義者だ。権力把握のためには手段を選ばない。

赤文字は引用。

拉致容疑者親族周辺団体への献金、菅首相側に1億2300万円


民主党側と市民の党、めざす会をめぐる資金の動き


画像 民主党側と市民の党、めざす会をめぐる資金の動き

政党交付金という国民の税金を受領する公党の資金が、めざす会に対する巨額献金の“原資”になっていた格好で、菅首相は献金の意図について改めて説明を求められそうだ。

これについて、癌総理は当時自分が責任者として献金したと答えている。法的に違反はなく、適切に処理したと答えていたが、質問は何故、何のために献金したのかだった。仮に法的に違法でなくとも、明かな反日活動団体に対し(代表者が左翼であることは本人が認めているし、過去に様々な問題を起こしている)、適切だと判断したとは、何を基準として適切と考えたのかを応えていない。ちょうど、保守革命氏が、きかれたことに答えないのと同じだ。


 (菅直人首相の資金管理団体)会はめざす会に対し、19~21年に計6250万円を寄付。この期間の民主党から草志会への献金総額は、計1億4980万円だった。菅首相は当時、党代表代行の立場。献金の意図について、菅首相は7日の参院予算委員会で「政治的にいろいろな意味で、連携をすることによってプラスになると考えた」などと答弁した。

つまり、「政治的にいろいろな意味で、連携をすることによってプラスになると考えた」などと答弁したとの内容が全く答えになっていないのだ。ようするに左翼団体、反日団体と連携をするのが自分たちにとってプラスになると判断したわけだが、なぜそう答えないのか。

 市民の党には、昭和55年に石岡亨さん=拉致当時(22)=と松木薫さん=同(26)=を欧州から北朝鮮に拉致したとして、結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順子容疑者(58)と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーの間に生まれた長男が所属。長男は今年4月の東京都三鷹市議選に市民の党から立候補したが、落選している。
 
 以前もだれかがコメントで、親が犯罪者でも子供に罪はない、書いていたが、むろん、その通りだ。だが、20才まで北朝鮮で教育を受けてきた人物が通常の日本人の感覚を持っているか、第一この市民団体自体が過去に日章旗引きずり降ろし事件など、不穏な事件を起こしている。そこから擁立されて立候補する人物が、たとえ親の犯罪とは無関係だとしても政治家としての資質が問われているわけだ。

現に、癌総理は、この人物について知らないと言っている。

「あずかり知らぬ」と謝罪せず 菅首相、市民の党献金問題で


 菅首相は答弁で、市民の党代表については「知っております」と長年の知人関係にあったことを認めたが、拉致容疑者の長男については「まったくこの人物については承知していない」と面識を否定。
 
 しかし、党の責任者として6千万もの金を献金していた本人が、相手団体について何をしているか、どのような人物を擁立しているか知らないなどあり得ない。なにより、癌総理の選挙地盤は武蔵野市だが、隣接の三鷹市市議選に立候補した人物が6千万もつぎ込んだ団体に属していることも、どんな人物であるかも知らないなど、普通に考えてあり得ないだろう。というより、癌の地元が武蔵野市だから、当該の人物が三鷹市から立ったと考えても不思議ではない。
 
 癌はそんな馬鹿なのか。シンガンス釈放嘆願書にうっかり署名してしまったというのと同じ、要するにこの癌という男は、自分の行動に全く責任を取るという概念がない。

 また、参院選のあった19年の市民の党関係の人件費が5500万円と突出していることをあげ、「民主党候補陣営にボランティアと称して裏で人件費を払っていた疑いが拭いきれず、悪質な運動員買収にあたる構図だ」と公職選挙法に抵触する可能性を指摘した。

これは民団などでもそうだったのだが、確かに外国人や外国の団体から選球活動に於いて資金援助を受けては行けないことになっている。しかし、それはあご足つきでポスター貼りや車の運転、選挙事務所の事務手伝いをやった人間がいるとすれば、実際はその人間が一日分の人件費、すなわち1万円や2万円の寄付をしたのと同じことになる。じっさい、彼らが無償で働けば、金を払って雇う人間が要らないわけだから。

現金を仮に受け取っていなくとも、実際には資金援助を受けたのと同じことだろう。実際、あの馬鹿松、もとい赤松元農相などは、民団の推薦を受けたことを感謝して民団の新年会で礼を述べている。民主がこれで民団や朝鮮系の団体と、全く清い関係だ等と言えるのだろうか。市民団体が日本人の団体であろうと、そこへ北朝鮮の金が流れ込んでいれば、それで民主党の支援をしたことで、実際は民主党が民団や北朝鮮の金で活動をしていたことになる。

そのための6千万の謝礼と考えて、実際はそれに倍する金が事実上民主に流れているわけだが、当然ではないのか。

癌総理は問題の団体の機関紙に30年も寄稿していたことが判明した。30年前といえば、癌総理が始めて政界入りをした1980年頃であり、そのころからこの団体とはつながりを持っていたことになる。

市民の党“機関紙” 菅首相、30年前から寄稿

 よど号犯やポル・ポト派幹部も
 
2011.7.17 22:09

菅首相が約30年前から、市民の党の“機関紙”に寄稿したりインタビューに応じたりしていたことが17日、産経新聞の調べで分かった。同紙には長男の父親であるよど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーが、北朝鮮から寄せたメッセージも掲載。市民の党側が、菅首相や拉致容疑者側と長年近い関係だったことが伺える。

この党の活動が極めて極左、暴力、朝鮮などと近い物であり、その団体と連携するのが有利と考えて金を渡していた癌という男が、まともな人間であると考えるのは相当無理がある。

 一方、同紙はよど号犯にも近いスタンスを示している。63年4月には、田宮元リーダーが北朝鮮から送った文章を掲載。「チョソン(北朝鮮)に来てから、これまでの18年間は自己を革命化する日々だった」などとつづられていた。同紙は田宮元リーダーの著書「わが思想の革命」の書評にも大きく紙面を割いている。

ネットチェックするだけでも、この団体の問題点が浮かび上がる。

 菅首相の資金管理団体「草志会」は、市民の党から派生した政治団体「政権交代をめざす市民の会」に、平成19~21年に計6250万円を寄付。民主党からは同時期、草志会へ計1億4980万円が献金されていた。献金の意図について、菅首相は7日の参院予算委員会で「政治的にいろいろな意味で、連携をすることによってプラスになると考えて寄付した」などと答弁している
 
 この団体とブラスになると考えて金を貢いでいたのが癌総理だ。この意味をよくよく考え、そして徹底的に追及する必要があるだろう。単に隠し子を作ったとか不倫をしただけのだらしのない男なのではなく、明らかに国を破損する思想に染まった危険人物なのだ。


------------------------------------------------------------

以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

拉致容疑者親族周辺団体への献金、菅首相側に1億2300万円


 民主の献金が“原資”か
 
2011.7.13 06:48

 菅直人首相の資金管理団体「草志会」が、日本人拉致事件の容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」から派生した政治団体「政権交代をめざす市民の会」に計6250万円の政治献金をした問題で、5千万円を提供した平成19年、民主党から草志会に計1億2300万円の献金があったことが12日、産経新聞の調べで分かった。政党交付金という国民の税金を受領する公党の資金が、めざす会に対する巨額献金の“原資”になっていた格好で、菅首相は献金の意図について改めて説明を求められそうだ。

 政治資金収支報告書などによると、民主党は平成19年、6回に分けて草志会に計1億2394万円を支出。過去10年間の支出で最も多額となっており、次いで多い21年の2500万円、15年の1399万円と比較しても、19年が突出していることが分かる。

 草志会は同年、政治団体間の献金の上限額である5千万円をめざす会に寄付。この年は、めざす会の収入の6割近くが草志会からの寄付だった。政界関係者は「19年は統一地方選や参院選などが相次ぎ、選挙関連の資金として供給されたのではないか」と指摘している。

 草志会はめざす会に対し、19~21年に計6250万円を寄付。この期間の民主党から草志会への献金総額は、計1億4980万円だった。菅首相は当時、党代表代行の立場。献金の意図について、菅首相は7日の参院予算委員会で「政治的にいろいろな意味で、連携をすることによってプラスになると考えた」などと答弁した。

めざす会には鳩山由紀夫前首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」も1千万円を献金するなどし、民主党側からの資金提供総額は8740万円に達している。

 一方、市民の党にも民主党議員6人の関係団体が寄付。資金提供を通じた民主党、市民の党、めざす会の密接な結び付きが鮮明となっている。

 市民の党には、昭和55年に石岡亨さん=拉致当時(22)=と松木薫さん=同(26)=を欧州から北朝鮮に拉致したとして、結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順子容疑者(58)と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーの間に生まれた長男が所属。長男は今年4月の東京都三鷹市議選に市民の党から立候補したが、落選している。





「あずかり知らぬ」と謝罪せず 菅首相、市民の党献金問題で

2011.7.19 17:41

 菅直人首相の資金管理団体が、日本人拉致事件容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」(酒井剛代表)から派生した政治団体に計6250万円を政治献金していた問題で、菅首相は19日の衆院予算委員会で「(長男が地方選に出馬したことは)私のあずかり知らぬこと」と述べ、野党から再三、拉致被害者家族への謝罪を求められたが応じなかった。

 自民党の「菅首相拉致関係献金疑惑追及プロジェクトチーム」座長でもある古屋圭司議員の質問に答えた。

 菅首相は答弁で、市民の党代表については「知っております」と長年の知人関係にあったことを認めたが、拉致容疑者の長男については「まったくこの人物については承知していない」と面識を否定。

 古屋氏から3度にわたり、政府の拉致対策本部長の立場にありながら多額献金したことへの謝罪を促されたが、「この問題で謝るということにならないと思っている」と繰り返した。

 古屋氏は質問に先立ち、市民の党や派生団体にあてた民主党側からの寄付が平成19~21年で、計1億433万円に及ぶと改めて指摘。市民の党を「いまも共産主義革命をしようとしている極左の過激派集団」と糾弾し、長男については「(ハイジャック犯らが北朝鮮に作った)日本革命村小学校で金日成主義など徹底的な思想教育を受けている」と指摘した

 また、参院選のあった19年の市民の党関係の人件費が5500万円と突出していることをあげ、「民主党候補陣営にボランティアと称して裏で人件費を払っていた疑いが拭いきれず、悪質な運動員買収にあたる構図だ」と公職選挙法に抵触する可能性を指摘した。

 市民の党には、昭和55年に石岡亨さん=拉致当時(22)=と松木薫さん=同(26)=を欧州から北朝鮮に拉致したとして、結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順(より)子容疑者(58)と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーの間に生まれた長男が所属。長男は今年4月の東京都三鷹市議選に市民の党から立候補したが、落選した。




市民の党“機関紙” 菅首相、30年前から寄稿

 よど号犯やポル・ポト派幹部も
 
2011.7.17 22:09

 菅直人首相の資金管理団体が、日本人拉致事件容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」(酒井剛代表)から派生した政治団体に計6250万円の政治献金をした問題をめぐり、菅首相が約30年前から、市民の党の“機関紙”に寄稿したりインタビューに応じたりしていたことが17日、産経新聞の調べで分かった。同紙には長男の父親であるよど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーが、北朝鮮から寄せたメッセージも掲載。市民の党側が、菅首相や拉致容疑者側と長年近い関係だったことが伺える。

 問題の新聞は「新生」というタイトルで、昭和54年から月2~3回刊行されていた。平成14年以降は休刊状態となっている。題字横には「市民の党をつくる新聞」とあり、酒井代表が主筆を務めていた。市民の党が推す議員らの選挙を詳しく報じるなど、事実上の機関紙として機能していた。

 菅首相が2期目に挑戦した昭和58年の衆院選を前に同紙は、菅首相を「市民派の象徴というべき人物」と紹介し、インタビュー記事を掲載。菅首相は軍縮に絡んで、「レーガン米大統領とアンドロポフソ連書記長をスペースシャトルに乗せて青い地球を見せる」と自説を語っていた。

 さらに菅首相は、59年1月の紙面に「“市民政治”の芽を太い幹に」との見出しのメッセージを寄せ、「労働運動と市民運動が両輪となるような運動のあり方をぜひ追求したいと思う」などと抱負を述べている。

 一方、同紙はよど号犯にも近いスタンスを示している。63年4月には、田宮元リーダーが北朝鮮から送った文章を掲載。「チョソン(北朝鮮)に来てから、これまでの18年間は自己を革命化する日々だった」などとつづられていた。同紙は田宮元リーダーの著書「わが思想の革命」の書評にも大きく紙面を割いている。

 市民の党は今年4月の東京都三鷹市議選で、田宮元リーダーの長男を擁立したが、落選している。長男の母親は、55年に石岡亨さん=拉致当時(22)=と松木薫さん=同(26)=を欧州から北朝鮮に拉致したとして、結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順子(よりこ)容疑者(58)。森容疑者は北朝鮮にとどまっているとされる。

 同紙は世界の共産主義勢力と親密な関係を構築していたとみられ、58年にはカンボジアのポル・ポト派幹部のイエン・チリト元社会問題相からもメッセージを受け取っていた。イエン氏は、今年6月に始まったポル・ポト派の大量虐殺を裁くカンボジア特別法廷に被告として出廷している。

 菅首相の資金管理団体「草志会」は、市民の党から派生した政治団体「政権交代をめざす市民の会」に、平成19~21年に計6250万円を寄付。民主党からは同時期、草志会へ計1億4980万円が献金されていた。献金の意図について、菅首相は7日の参院予算委員会で「政治的にいろいろな意味で、連携をすることによってプラスになると考えて寄付した」などと答弁している
スポンサーサイト

コメント

米中冷戦に日本は関わるべきではない

在日米軍基地そのものに反対しなければ、主権回復のための脱原発利権はこれからは無意味に成りますね。

何を隠そう
『平和的原子力の利用』には、大型化した爆弾は空爆からミサイル搭載に移行し、コスト高になった。他国が保持するのは迎撃出来ないから、『平和的原子力』を進めて、原子力の技術は保持しましょう。という国際社会の裏取引が有ります。
劣化ウラン弾ですね。
あれ原子力発電所の廃棄物ですね。

そして
既に戦国時代の国盗り合戦から壮絶な悪意が軍需産業にあるんですけど・・

ここ曖昧にして、何も変えれないと思いますね!

原発利権と在日米軍基地利権という二大利権を握っているのが対米従属史観で凝り固まった官僚利権政治なのです。

赤頭巾ちゃん

童話の一つに「赤頭巾ちゃん」があります。狼がお婆さんの衣装を着て待ち伏せ、声色も真似したりしましたが、最後にばれてしまいました。
保守革命さん、貴方はその狼と同じ事をしているのがばれちゃってますねぇ。
保守は「革命」と云う単語は使いません。使うなら「維新」でしょうか。「革命」は左翼の専売です。既にお婆さんの衣装の下から尻尾が出ていますよ。
次に声色を真似ていますが、保守ならずとも左翼を除き、誰が普通選挙もした事がない一党独裁で、周辺諸国と常に軋轢を起こし、他民族の土地を侵略して迫害し、捏造話で他国を貶める「一味」と、例え戦を交えた過去がありかなり我が儘であろうとも民主的手続きを経て存在する国家とを同列に評価するでしょうか。

先の大戦に於いても、欧州戦と大東亜戦の根本的な違いを理解していませんね。貴方はイタリアは敗戦国ではない事をご存知ですか。米軍が仏軍と交戦したのをご存知ですか。
ヒトラーやムッソリーニと東條英機を同列に論じる事に極めて単純な思考が見て取れます。
お婆さんの声色を真似たつもりでも狼の鳴き声にしか聞こえないのです。

昔の事ばかりではありませんよ。現在の事でも誤認がありますね。
日本は特亜諸国が無くとも何ら困りません。特亜諸国は日本がなければ困ります。ですから、本当は悪態ばかりついているのだから放っておけばよいのです。そうすれば寄って来ます。仮に来なくとも構いませんが。それなのに、日本にもこちらから近づけと叫ぶ連中がいます。叫ぶだけでその連中の何たるかを自ら明かしている事になりますね。そして、それを具現化して見せているのが民主党政権ではないですか。

No title

こういうの粘着しているのを見ると、このブログもかなり影響力を持っている、又はいずれ脅威になるとあちら側には認識されているのでしょうか?だとすれば一読者としては胸が熱くなりますね。

No title

>あづまもぐらさん

私はイタリアの特派員とは仲がよかったので、(その父親が連合国と一緒にムッソリーノ政権を倒したことを誇りに思っていた)実戦の声を聞いています。
そのイタリア人がよく、日本人が立ち上がって東条政権を倒さなかったから、未だに中韓に土下座外交をさせられているのだよと教えてくれましたからね。

まさか、富田メモや戦後、天皇がマッカーサーに沖縄を米国に献上すると発言したメモがワシントン公文書博物館に保存されていることを知らないわけではありませんよね。

天皇は負け戦覚悟で太平洋戦争に望んだ東条に裏切られたと発言していることもご存知ですよね。

国民にカミカゼが吹くと風評被害を与え、テロ国家ナチスと同盟を組むために国連を脱退させて世界を敵にし、国際法を無視して不意打ち的に真珠湾を攻撃した東条英樹が開戦宣言の責任を取って真のA級戦犯として裁かれて初めて責任を取れる国になれるのです。
ナチスと同盟を組むことで間接的ユダヤ人大虐殺にかかわり、南京大虐殺も踏まえれば、世界の二大大虐殺に関わった日本軍部のトップのA級戦犯を世界の常識は許すはずがないのです。

日中国交正常化の大義がこの戦争主導者=A級戦犯の責任問題であり、日本政府が認めたから国交回復できたのですから、靖国神社にA級戦犯が合祀された1978年から天皇が靖国参拝を辞退したのは、国際社会の常識を天皇が知っていた証拠なのです。

赤頭巾ちゃん

>あづまもぐら様

>保守は「革命」と云う単語は使いません。使うなら「維新」でしょうか。「革命」は左翼の専売です。既にお婆さんの衣装の下から尻尾が出ていますよ。

私は一番最初のレスで、成りすましの保守と書いていますが、最初から尻尾も耳も牙も見えているのに、ちゃんと化けているつもりのようです。言葉使いもさることながら、持ち出す前提が全て自分は見習い宣伝工作員です、と言っているようなものですね。

>(独裁国家を)例え戦を交えた過去がありかなり我が儘であろうとも民主的手続きを経て存在する国家とを同列に評価するでしょうか。

まあ、ルーピー鳩くらいでしょうね。あれが評判悪くて、少なくとも癌はアメリカ大事と言っていますが、肝心のアメリカには見向きもされていません。

>ヒトラーやムッソリーニと東條英機を同列に論じる事に極めて単純な思考が見て取れます。

というよりまともな歴史を教えられていないんですよ。たとえば、彼の投稿(2011-07-20 03:40 )で、「ナチスと同盟を組むことで間接的ユダヤ人大虐殺にかかわり、南京大虐殺も踏まえれば、世界の二大大虐殺に関わった日本軍部のトップのA級戦犯を世界の常識は許すはずがないのです。 」などは彼のプロパガンダのキモでしょうね。これにまともに反論するのも時間の無駄。もちろん、彼の頭の中ではこれが正当なのかもしれませんが、そのように刷り込まれている頭に向かって、そうではないと言っても仕方がないでしょう。

>お婆さんの声色を真似たつもりでも狼の鳴き声にしか聞こえないのです。

でも、本人はおばあさんに化けたつもりなんですよ。まあ、正しいおばあさんの姿も声も知りませんからしょうがないんですが。

>昔の事ばかりではありませんよ。現在の事でも誤認がありますね。

誤認ではなく、これも宣伝目的ですから、刷り込まれた捏造ですね。

>日本は特亜諸国が無くとも何ら困りません。特亜諸国は日本がなければ困ります。ですから、本当は悪態ばかりついているのだから放っておけばよいのです。そうすれば寄って来ます。仮に来なくとも構いませんが。

その事実が知られるのを何より阻止したいのが、アルバイトを雇っても宣伝に努めたい連中の目的です。

でも、それも効果があるようで、自称経済専門家と称する新手の芸人には、日本は輸出大国だ、特亜がなければ日本は破綻すると、これもアルバイトに精を出しています。そしてその宣伝に乗っている有権者などが、売国政権を誕生させたんでしょうね。

>それなのに、日本にもこちらから近づけと叫ぶ連中がいます。叫ぶだけでその連中の何たるかを自ら明かしている事になりますね。そして、それを具現化して見せているのが民主党政権ではないですか。

ええ、ですから、宣伝する方も宣伝工作員のクオリティなどあまり問題にせず、とにかく同じことを相手の反論など無視して繰り返し、脳内お花畑に毒キノコの胞子をばらまくんです。

No title

> ジェム様

>こういうの粘着しているのを見ると、このブログもかなり影響力を持っている、又はいずれ脅威になるとあちら側には認識されているのでしょうか?だとすれば一読者としては胸が熱くなりますね。

いや、本当にそうならうれしいのですが、最初に見習いで質の悪い宣伝工作員にとりあえずやらせてみた、というのかもしれません。とにかく、連中のネタが古すぎるんですよ。30年前だったら本当に効果のある宣伝だったんですが、でも今でもお花畑はたくさんいますからね。現に売国政権が出来てしまったわけですし。

でもあちこちのブログや掲示板に、飽きもせず出てきますよ。

本当に、彼らの脅威になるなら本望です。

No title

>30年前だったら本当に効果のある宣伝だったんですが、

70年経っても、吉田ドクトリンはそのままですが・・
未だに国連憲章敵国条項・東京裁判は無効であるといった国際法が出てこない


何故、日中国交正常化の大義を日本側から破ったのか甚だ遺憾ですが・・

No title

ソ連国境オトポール駅に停滞の猶太難民を関東軍樋口一郎少将は、当時の満鉄総裁松岡洋右に無賃運送を依頼し、大連へ送り米国に亡命させた。
之を知った独よりの抗議に関東軍参謀長東条英機は之を拒否。
’吾が国は貴国の属国ではない、国策として人種差別はしない’と主張。

以上が「事実」ですが、ドイツと協定や同盟を組んだからユダヤ人虐殺の片棒を担いだというのは所謂「電波」ですな。
それと真珠湾奇襲については東京裁判では罪状から外されてますな。

No title

>花岡 鉄様

>以上が「事実」ですが、ドイツと協定や同盟を組んだからユダヤ人虐殺の片棒を担いだというのは所謂「電波」ですな。

しかし、電波発信機としては、事実を流すわけには行かないので、どうしてもナチスと同盟を組み、人類最大の虐殺者であるA級戦犯は激しく糾弾しなければならなーい、と繰り返すすわけです。史上最大の虐殺者はヒトラーもまっつぁおの毛沢東である、とか進行中の虐殺者は金正日だなどと間違っても放送することはありません。、発信器に向かって、正しい知識を説いてもむろん、それは無駄で、最初から仕込まれた内容しか発信できません。考えてみれば哀れともいえますが、本人の責任でしょうね。これだけ日本語を操れるなら、日本で広汎な情報を得ることも出来るはず。

まともな中国人や韓国人はそうやってすり込みから目を覚ましていますよ。でも目を覚ませない哀れなほど刷り込まれてしまった連中も多くいるんです。どんなに理論的に破綻していても、それしかよりどころがないんですから、哀れですが実害があるなら排除しなければならない、それにつきます。

でもこのような場に出てきて電波をまき散らせば、より多くの人の目に触れ何が問題なのかを考える契機になると思います。その意味で、電波発信機を解析するのは大いに意味がありますね。ですから、相手にはしませんが、保守革命氏の書き込みを拒否するようなことはしません。まあ、荒らしに移行すれば別ですが。


>それと真珠湾奇襲については東京裁判では罪状から外されてますな。

戦争を開始した罪など問題にしていたら、アメリカは最大の被告ですから。

No title

>戦争を開始した罪など問題にしていたら、アメリカは最大の被告ですから。

歴史は勝者が作るだけです。
東京裁判はサンフランシスコ講和条約で否定されなかった。
だから、吉田ドクトリンがあるのです。
国連を脱退させてまでナチスと同盟を組んだ当時の戦争主導者達に恥じらいという文字はないのでしょうかね。

靖国で会おう、天皇バンザイと言って死んでいった英霊達が眠る靖国神社には、永遠に天皇が参拝できないのですから、弱者は割に合わないということでしょう。

No title

歴史は勝者が作るという言葉には、歴史の真偽は勝者がどうにでも出来るということを含んでます。勝者が提示する歴史には嘘や欺瞞があることを認めてるわけです。確かに支那王朝史はその通りですが、日本人の感覚ではありませんね。

No title

関が原の戦いで、徳川方に動いたし毛利の小早川、そして静観して毛利の存続を徳川家康と約束した吉川は、見事に徳川家康に裏切られたのです。

これこそ、日本人の戦の欺瞞でしょう。

No title

>花岡 鉄様

>歴史は勝者が作るという言葉には、歴史の真偽は勝者がどうにでも出来るということを含んでます。勝者が提示する歴史には嘘や欺瞞があることを認めてるわけです。確かに支那王朝史はその通りですが、日本人の感覚ではありませんね。

中国の歴史捏造は、中共の存在意義として、中国を侵略した日本と戦い国を守ったという歴史が必要だったからそのように捏造したわけで、勝者であるかのように振る舞わなければならなかったという事情があります。

現実には、解放軍はろくに日本とは戦わず、実際は日本にボロ負け状態でしたが、アメリカの参戦によって戦勝国側に名前が連なっただけ、それもポツダム宣言に参加したのは国民党であり、サンフランシスコ講和条約には招聘もされていません。実際は戦勝国とは認めがたい状態です。

韓国に至っては、戦勝国に加えろとアメリカに申し入れ、門前払いを食っています。韓国は当時日本に併合されていたのであり、実際は敗戦国です。しかし、日帝を退け輝かしいウリナラを建国したニダとの歴史が必要であったから歴史の捏造をしたわけです。

したがって、特亜の特徴としては、自国民にその歴史を刷り込む必要があったわけで、アメリカは歴史自体の捏造はしていませんし、国民に刷り込んでもいません。ただし、歴史の解釈は自国に都合良くやってはいますが、そうでないと戦争の大義名分が立たないからです。勝者による歴史とはこのくらいの意味であり、特亜のような自国民をだます捏造までは入っていないでしょうね。特亜の場合は単なる負け犬の遠吠えですから。

嘘で固めた国だから、今世界で嫌われていると言うことでしょうね。

勝者の歴史は世界中にありますが、それは解釈の違いであって、捏造まではしていないからです。

それに、保守革命氏の 2011-07-20 14:47 の書き込み「これこそ、日本人の戦の欺瞞でしょう。」の言葉に、彼の本音が表れています。つまり日本人が憎くて堪らないのです。日本人を憎まなければ惨めな劣等感にさいなまれ、いても立ってもいられない哀れな精神状態を、図らずも漏らしてしまったわけで、そのためには理屈などどうでも良いんですよ。日本叩きをすれば飯を食えるあの国の文化人も、理屈などどうでも良いわけで、自国民の劣等感を飯の種にしていると言えるでしょうね。

国連を脱退してナチスと同盟を組む大義とは?

イラク戦争を米国は大量破壊兵器の解体に大義を置いていましたが、発見されませんでした。
結局、大義がなかったのです。
小泉首相は、大義を語らず、ただ、日本の国益と言って、国民を騙して自衛隊をイラクに派遣しました。
日本に大義はないと小泉批判をしたレバノン日本大使は即更迭されました。

日本の大義は米国の国益のためということでしかなかったのです。

これも、鬼畜米英の大義を一夜にして親米の大義に変えることが出来る自己都合のよい保守の世過ぎの方便と解釈しておきましょう。

No title

>見事に徳川家康に裏切られたのです。

家康が謀略を用いたことくらい日本人はみんな知ってますよ。
事実を知らされていない支那史や朝鮮史と根本的に違うところです。

日中国交正常化の大義はA級戦犯の責任問題

>謀略を用いたことくらい

だから、戦後、A級戦犯という戦犯を放棄したいがゆえに、米国に忠誠を誓い、米国が作った国内法で無罪にし、実際はサンフランシスコ講和条約で否定されなかった東京裁判という国際法で有罪であるにも関わらず靖国神社にA級戦犯を合祀したから天皇が怒って靖国参拝しなくなった(富田メモ)ことぐらい保守も知ってますよ。

これは、A級戦犯が世襲利権自民党を作って、子孫に利権を持たせるための謀略であったことぐらい保守でも知ってますからね。

No title

>花岡 鉄様

>>見事に徳川家康に裏切られたのです。

>家康が謀略を用いたことくらい日本人はみんな知ってますよ。
事実を知らされていない支那史や朝鮮史と根本的に違うところです。

基本の違いは、歴史を捏造するかしないかの違いですね。日本では、都合の悪い歴史でも、学問として扱い、良し悪しとは別に真実を掘り起こします。

特亜では、歴史とはプロパガンダの手段であり、自由に作り替えます。

2011-07-21 12:19 | 保守革命氏のように、何が何でも日本をおとしめたいがため脚色した歴史を刷り込まれた出来の悪い宣伝工作員にはとうてい理解できないことでしょう。なにしろ、刷り込まれた歴史だけが真実だと思いこんでいるし、疑いを持つほどの知性を幼い頃から封じられているんですから。

日中国交正常化の大義はA級戦犯の責任問題

>疑いを持つほどの知性を幼い頃から封じられているんですから。

これは、自己確立する前に、軍国教育で死んで行った特攻隊のことですね。
天皇バンザイと言っても、その祭られた靖国神社さえ天皇が参拝してくれないのですから・・

まずは、鬼畜米英から一夜で親米政権に変わるため、A級戦犯という犯罪を米国が作った国内法で無罪にしてもらって、サンフランシスコ講和条約では否定されなかった東京裁判という国際法を無視して世襲利権制度を作ったA級戦犯岸信介が、統一教会・パチンコ特亜利権を作った総括をしてからでしょう。

ナチスと同盟を組むために国連を脱退して世界を敵にし、国際法を無視して不意打ち的に真珠湾攻撃した負け戦覚悟の太平洋戦争お開戦宣言をした東条英樹の総括もしてほしいものです。

No title

>A級戦犯という犯罪を米国が作った国内法で無罪にしてもらって

日本国内にこんな法律ありましたっけ?

No title

日本国憲法ですよ。

No title

>花岡 鉄様

>>A級戦犯という犯罪を米国が作った国内法で無罪にしてもらって

>日本国内にこんな法律ありましたっけ?

アメリカの国内法、と言う意味らしいですよ。いずれにせよ平和に対する罪、戦争を起こした罪自体が遡及法ですから、アメリカにもこんな国内法は無いと思いますが。

昔のSPレコードは、古くなると同じ場所を何度も繰り返して再生することが頻繁にありました。

かの宣伝工作拡声器には、よほど古いSPレコードが使われているのでしょうね。しかし、別に懐かしくもありませんが。

あれまっ!

憲法は「憲と云う名の法」ではありません。
「憲法」で一つの単語です。
会社で云えば、「定款」に当たるでしょうか。
国家は如何にあるべきかを定め、法律がそれに沿っているかを照合し、国家が国民に無謀な事をせぬ様にしています。
ソフトバンクが今回慌てて定款を直したのも、売電が定款に抵触しない様にする為です。
ご存知ないとは、東條だナチスだと語る資格はありません。

あれまっ!

>あづまもぐら様

>「憲法は「憲と云う名の法」ではありません。
「憲法」で一つの単語です。

最新の彼のコメントを見落としていました。これで、彼がどこでどのような教育を受けたか分かりますね。

もっとも、日本人にも分からないのはいますが、でもこんな書き込みはしないでしょうから。

管総理は日本の解体を狙う。

[ご指摘のとうりです。櫻井よしこ氏も<異形の者>と言われておりますが、闇の者です。少しでも長く<総理>の」座に居座っていたいのが、お解かりでしょう。日本は、歴史的にも、兵站面が理解できない国民のようです。つまりは、エナルギーがないと、生活・物づくりが出来ない国家である事が理解できていないのです。今、日本経済は断崖に差しかかってまいりました。このままで在れば、日本のGDPは30%近くダウンいたします。そして、海上輸送路<シーレーン>が::台湾海峡::が封鎖されれば、国家として機能が出来なくなります。北朝鮮と中国は軍事・経済同盟が結ばれています。経済と国防の国難が近づいております。経済戦士.comの神 龍太<ジン リュウタ>です。

管総理は日本の解体を狙う

>2011-07-22 09:55 | 神 龍太 様

>[ご指摘のとうりです。櫻井よしこ氏も<異形の者>と言われておりますが、闇の者です。

あの記事は読みましたが、櫻井氏指摘の通りだと私も思いました。

>日本は、歴史的にも、兵站面が理解できない国民のようです。つまりは、エナルギーがないと、生活・物づくりが出来ない国家である事が理解できていないのです。

そうとも言えないのですが、たとえば先の大戦における開戦決定も、アメリカによる石油禁輸などが理由になっています。ですから、長期間の戦闘は無理だとの前提で一か八かの開戦に踏み切ったわけですから。

しかし、それ以前の中国戦線で兵站を無視して戦線をのびるだけ伸ばしてしまったのも、その教訓を軍部が理解しなかったからでしょうね。

>今、日本経済は断崖に差しかかってまいりました。このままで在れば、日本のGDPは30%近くダウンいたします。

一度破綻が始まると、加速度的に落ち込むものです。これはなんとしてもくい止めなければなりません。癌のへばりつきも原因ですが、ご指摘のように日本人が真の脅威を理解していないところが最大の原因です。すなわち大量の物質の供給を受けなければ存続できず、そのためには富を創出しなければならず、その富の源泉は物作りであり、それを維持するのはエネルギー源の確保であること、それがあらゆる安全策の最優先事項であることを国民が理解する必要があります。

原発利権=対米従属史観

自民党の政治資金団体「国民政治協会」本部の2009年分政治資金収支報告書で、
個人献金額の72・5%が東京電力など電力9社の当時の役員・OBらによることが22日、
共同通信の調べで分かった。当時の役員の92・2%が献金していた実態も判明した。

役員個人の献金は政治資金規正法上、問題ないが、個人献金として会社ぐるみの
「組織献金」との指摘が出ている。
http://jp.reuters.com/article/kyodoPoliticsNews/idJP2011072201000981

原発利権=対米従属史観

>2011-07-23 17:58 | 娘を東電に入社させた世襲原発利権を手放さない自民党の石破茂殿

これが投稿者のHNかどうかは不明だが、日本は職業自由の国。石破氏の娘さんがどこに就職しようとそれ自体は問題なし。ただし、一般の就職希望者を差し置いてこね入社させたとしたらそれが証明され次第、問題となるでしょうな。

で、こね入社をした明かな証拠があるんですかね。大体、タイトルと本文内容が何の関係があるのか。いかにも例の低レベル宣伝工作員と同じレベル。同一人物?

いずれにせよ、これが脱原発や原発推進と何の関係があるのか、不思議なコメントですわ。いや、原発推進が政府と原発村との癒着にあると言うんでしょうが、で、原発が無くなってその代案は?それがないなら、こんなコメントも的はずれだと気がつかないのが、このような人たちの発想。


>役員個人の献金は政治資金規正法上、問題ないが、個人献金として会社ぐるみの
>「組織献金」との指摘が出ている。

なるほど。あまり感心はしないけれど、共産党以外は企業献金や団体献金が普通に行われているのであって、東電が企業ぐるみで自民党に献金していてもそれのみが非難されるいわれがあるとも思えないが。たまたまその東電が事故を起こしたと言うだけのこと。経団連だって、挙げて民主を支援し、今になって裏切られたと文句を言っているトンチンカン振りだし。

テロリスト団体に献金をした見返り、すなわち迂回献金が疑われている卑怯で卑劣で嘘つきで無責任で無知で無能な癌総理が、2億もの金を献金した相手団体の素性を知らなかったととぼけるほどの悪質さ卑劣さとは思えませんな。

はてな、これも原発村擁護になるのかな。たしかに、へりくつで何とでも言うのがこういった人たちだからなぁ。


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。