スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥を知らないと言うこと

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


日本文化は恥の文化とよく言われるが、悪く言えば世間体を気にする、よく言えば自分をきちんと律することを旨とするということだろう。しかし、世間体を気にするのも、結局は人様に対して恥ずかしいことをしない、お天道様が観ているとの意識を、自分に対する戒めとして生きていることだと解釈すれば、決して悪いことではない。

恥を知るとは、たとえ人は口に出さなくとも、ちゃんと観ている。そしてそれが重なればいつか世間から相手にされなくなるということでもあり、集団生活をする動物である人間にとって基本の基本だから、ずるをして自分さえよければ、あるいは自分で基準を作ってそれにはずれなければ人が何を言っても気にしないという個人主義は、本来の人間という動物の生き方からはずれている。

なにしろ、私も幼い頃から祖父母や両親に、お天道様が観ていると繰り返し言われて育った。悪いことをすると、お天道様がそれを観ていて、死んだら地獄に堕ちるとさえ言われ、それが今では潜在意識に染みついている。おおかたの日本人はそうやって育ったのではないだろうか。

だから、恥を知らない人間を観ると、異種生物を観るような気がする。

昨日辞任を表明した松本復興大臣も、言葉遣いが悪かったが、それは吸収の人間であり、B型人間だから、と言っていた。つくづく恥知らずだと思う。

知恵を出さないものは助けてやらないと言う特権意識、さらに社会的に公的な場所で、命令口調で一方的に相手をしかりつける姿勢自体が、鼻持ちならない権力志向の亡者であり、あとから宮城県知事が自分を批判していたと聞いて、「ほう、大した知事さんだ」とうそぶいたとのことだが、これは俺に逆らうとは大したタマだ、との意識に他ならない。

自分のどこが批判されたのかを一切理解していないから恥知らずだというのだ。恥をしているが無視している、気にしていないというのとは大きく違う。最初から、何を恥じ賭すべきか、その基準を理解していないのだ。

だから、九州の人間だからとか、B型だから等と馬鹿なことを言う。九州出身でB型の人間は大勢居るが、恥知らずではない。

つまり恥知らずとは、何が恥なのかを理解していない輩のことだと言って良い。

想像だが、彼は生まれてからこの方、人から真に尊敬されたことがないのではないか。福岡の地元でも絶対的な力を持った家の生まれで、いわば物心ついたときから、周りにちやほやされて育ち、何かを頼むというのは、あくまで自分が上と認めた相手だけであり、他はやらせるのが当然と育てられたのではないかと思える。

むろん、このように生まれたのは本人の責任ではないが、いい加減の年になれば本当はそれではまずいと気づくはずなのだ。それが気づかないのでは、おそらく本人が愚かだから、人に納得させることが出来ず、結局力を背景に上から命令することでしか人を動かせないのだろうと思える。たまたま、彼はそれが出来るだけの生まれだったということだ。

どこの業界でも、業者に対して威張る人間が居るが、むろんその方が利用しやすいことを業者は知っているから、腹の中で馬鹿にしながらヘイコラする。馬鹿とハサミは使いようなのだ。

一方、かなりの地位にありながら腰の低い相手は油断が出来ないことを、普通の社会人であれば知っている。ごまかしもおべんちゃらも通用しない相手には、誠心誠意当たるしかない。

結局、この松本という人物は、生まれつき権力を持っていたかもしれないが帝王学を身につけていないと言うことだ。帝王学とは、権力は周りが認めるから成立することを教える。

思えば、天皇皇后両陛下の佇まいがきわめて柔らかく丁寧であり、それだからこそ威厳に満ちている。これこそが、帝王学とは何かをはっきりと認識できる例ではないのだろうか。

天皇陛下が泥だらけになって田植えをされ、災害時には跪いて被災者と話される姿を見ても頭が下がること自体帝王学とはそのようなものだと知るべきだ。松本氏にはこのような雰囲気が全くない。あの威張り腐った態度を見て、成り上がりもの、チンピラやくざ、下卑た権力亡者以外の印象は受けない。

下卑た権力亡者といえば、この男などもそうだ。

赤文字は引用

退陣という言葉を私自身は使ったことはない=菅首相

だから、その卑劣無知無責任破廉恥菅の癌総理は、まったく臆面もなく、俺はいつ辞めるなどと言ったことはない、と言っている。

菅首相は午前の衆院予算委員会で、自身の進退問題について「(首相を)辞める、退陣するという言葉を私自身、使ったことはない」と述べた。

まったくだ。具体的にいつ何月何日何時何秒に辞める等と言ったことはないが、それは好きなだけ居座るということとは普通解釈されない。


「若い方に責任を譲りたい。それまでは頑張らせていただきたい、と申し上げている」と語った。

恥を知る人間であれば、目処がついたら若い人間に引き継ぐとは、辞めるということだ。そしてなにより、身内からさえ辞めろと、面と向かって迫られて、それでもこのようなことを言う人間にまともな恥の概念などあり得ない。

癌総理は辞めない。

辞めるべきだと、あのご亭主に輪をかけた夫人にでも言われれば別だが、恥を知らない人間を、普通の人間の判断で語るわけには行かない。

石破氏が、内閣不信任案の再提出もあり得ると言っているすが、おそらく不発でだろう。民主党の大部分の議員は、二度と議員になれないことを知ってるから、任期いっぱい、集団で、イトミミズのようにしがみつくだろう。すると、癌総理の解散恫喝に屈する。

内閣不信任案、再提出あり得る…自民・石破氏

不信任案が再提出されても、土壇場でイトミミズ議員達が裏切る。

次期会期でも同じだ。だとすれば、癌降ろしを口にしている民主議員達が離党すれば良いのいだろうが、それはまず無い。

恥知らずの強さというのはここにある。そろって恥知らずで、怖いものなんか無い。

国会の同一会期内に同一議案を2度審議しない「一事不再議」の慣例について、「あくまで慣例だ。事情が変わった場合にはもう一度、その議案があがるものだ」と述べた。

それはその通りだ。わたしも前からそれは言っているが、じっさいにそれが不文律になっているのはそれだけの理由がある。何かある度に好きなだけ野党が不信任案を出し、それで国会が開店休業になる事態を避けるためだし、普通の内閣であればそのような事態になったとき、自分に信が無くなったと思えば解散するなり辞職するなりする。それが不文律になっているのであって、今回のように、恥知らずの人間もどきに通用する話ではない。

衆院事務局によると、内閣不信任決議案の同一国会中の再提出は可能だが、実際に再提出された例はない。

だが、今の自民党の体たらくでは、おそらく不信任案は再提出できない。自民自体がとにかくまとまり無く、党内でもそれぞれが好き勝手を言ってまとまる所の話ではない。


首相、松本氏の任命責任認める…早期退陣は否定

首相は、問題発言で辞任した松本龍前復興相の任命責任を認めて謝罪したが、自らの早期退陣は否定した。

癌総理のような人間にとって、頭を下げその場限りの謝罪を口にすることなど何でもない。なにせ、その場限りなのだ。人間、謝罪をするということは、二度と同じことをしませんという約束なのだが、恥知らずにはそのような期待など出来るわけがない。何度でも同じことをし、何度でも謝罪し、そしてまた同じことをする。謝罪など、この破廉恥菅にとってはあくびをするくらいの意味もない。


浜田和幸参院議員を自民党から引き抜き、総務政務官に起用した人事についても、「(自民党に)不快な念を与えたことは申し訳ない」と陳謝する一方、「(浜田氏側から)『復旧・復興に役立ちたい』という話があった。

腹の中では、この俺を総理大臣にしたのはおめぇらだろうが、と言っているのではないか、とはわたしの邪推。

「一日も長く首相の座にいたいように見えるかもしれないが、大震災の渦中の渦中だから、何としても次の段階までやるべきことをやっておきたいというだけだ」と強調した。

これを普通に日本語に訳すと、「俺は辞める気はない。お前らが馬鹿だからしょうがない」との意味だ。


また引きこもり?菅首相、佐賀知事と当面会談せず 玄海原発再稼働問題で

全原発対象の安全検査「ストレステスト」の検討を優先し、当面は応じない姿勢を示した。

急に言い出したストレステスト。原子炉にどれだけの負荷をかけると壊れるか、コンピューター上でシミュレートすることを言うが、EUではこれを実施することを決めている。これを聞きつけて、急にその場限りで言い出しただけだ。要するに、自分は辞めないと言っているだけのこと。

さて、恥知らずは別に民主の面々だけではない。

孫社長 携帯つながらないとの苦情に「政府が悪い」と反論

以前も書いたが、この孫社長、自分は損をしないで、国と自治体に金を出させて、自分が儲かる国家事業をぶちあげている人物。それだけ世話になっている政府だって、金が絡めば容赦ない。

太陽光発電事業「電田プロジェクト」を突如ぶち上げたソフトバンクの孫正義・社長。ぶち上げるときはいいが、都合が悪い時は政府のせいにするのが孫氏の特徴だ。

これは前々から有名なのだそうだ。だから、

最高幹部は、知人にこう漏らしたという。

「政治に頼って利権を握るのは勝手だが、やるなら私財でやってくれ」


さもありなん。でもそのような利権に載せられ馬鹿な自治体や総理が血税をつぎ込む。


恥を知らないと言えばパクリ新幹線の中国、欧米、ロシア、中東、朝鮮、そして日本恥の概念は価値観で違う。したがって、中国や朝鮮、諸外国に日本の恥の概念を求めること自体は無駄だ。しかし、日本の政府に日本文化で培われた恥の概念を求めることが無理だとすれば、それは日本の政府ではない。


以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

退陣という言葉を私自身は使ったことはない=菅首相


2011年07月06日10時50分

提供:ロイター


 7月6日、菅首相は午前の衆院予算委員会で、自身の進退問題について「(首相を)辞める、退陣するという言葉を私自身、使ったことはない」と述べた。5月撮影(2011年 ロイター/Yuriko Nakao) [東京 6日 ロイター] 菅直人首相は6日午前の衆院予算委員会で、自身の進退問題について「(首相を)辞める、退陣するという言葉を私自身、使ったことはない」と述べた。

 その上で、2011年度第2次補正予算案、公債特例法案、再生可能エネルギー法案の成立を「一定のめど」として「若い方に責任を譲りたい。それまでは頑張らせていただきたい、と申し上げている」と語った。自民党の石破茂政調会長に対する答弁。





内閣不信任案、再提出あり得る…自民・石破氏


 自民党の石破政調会長は6日午前の衆院予算委員会で、菅内閣の不信任決議案に関連して、国会の同一会期内に同一議案を2度審議しない「一事不再議」の慣例について、「あくまで慣例だ。事情が変わった場合にはもう一度、その議案があがるものだ」と述べた。


 6月2日の衆院本会議で否決された不信任案を、今国会中に再提出することもあり得るとする見解を示したものだ。

 衆院事務局によると、内閣不信任決議案の同一国会中の再提出は可能だが、実際に再提出された例はない。

(2011年7月6日13時22分 読売新聞)


首相、松本氏の任命責任認める…早期退陣は否定

 衆院予算委員会は6日午前、菅首相と全閣僚の出席による集中審議を行い、空転が続いていた国会は2週間ぶりに正常化した。

 首相は、問題発言で辞任した松本龍前復興相の任命責任を認めて謝罪したが、自らの早期退陣は否定した。

 首相は松本氏の辞任に関し、「被災地の皆さんに大変不快な発言があり、私からもおわびしたい。大変残念な思いだ。任命責任は私にある」と述べた。

 また、浜田和幸参院議員を自民党から引き抜き、総務政務官に起用した人事についても、「(自民党に)不快な念を与えたことは申し訳ない」と陳謝する一方、「(浜田氏側から)『復旧・復興に役立ちたい』という話があった。党を離れたりすることについては、最終的には政治家本人と有権者に(是非の)判断を委ねるべきだ」と語った。

 自らの進退については、2011年度第2次補正予算案、特例公債法案、再生可能エネルギー特別措置法案の成立が退陣条件だとする考えを重ねて示したうえで、「一日も長く首相の座にいたいように見えるかもしれないが、大震災の渦中の渦中だから、何としても次の段階までやるべきことをやっておきたいというだけだ」と強調した。

(2011年7月6日13時54分 読売新聞)





また引きこもり?菅首相、佐賀知事と当面会談せず 玄海原発再稼働問題で

2011.7.6 13:39

 菅直人首相は6日午前の衆院予算委員会で、運転停止中の九州電力玄海原発の再稼働問題で古川康佐賀県知事が首相との会談を求めたことに関し、全原発対象の安全検査「ストレステスト」の検討を優先し、当面は応じない姿勢を示した。

 首相は「どういうルールで再稼働や運転継続を認めるのか、基本的な考え方をしっかりしておかなければ(知事と)お会いしても申し上げられない」と述べた。

 自民党の塩崎恭久氏への答弁




孫社長 携帯つながらないとの苦情に「政府が悪い」と反論

2011.07.05 16:00

 太陽光発電事業「電田プロジェクト」を突如ぶち上げたソフトバンクの孫正義・社長。ぶち上げるときはいいが、都合が悪い時は政府のせいにするのが孫氏の特徴だ。

 本業の携帯電話事業では、ソフトバンクの電波がつながりにくいのは有名な話。6月下旬に開かれた株主総会では当然の如く、株主から「携帯がつながりにくい。どうにかしろ」と追及された。

 すると孫氏は、「ゴールデン周波数といわれる800メガヘルツ帯を持っているかどうかのハンディキャップは大きい」と、自由化しない政府が悪いと反論してみせた。

 ついには社内からも反対意見が噴出し始めている。孫氏を見かねて、あるソフトバンクの最高幹部は、知人にこう漏らしたという。

「政治に頼って利権を握るのは勝手だが、やるなら私財でやってくれ」

※週刊ポスト2011年7月15日号


スポンサーサイト

コメント

No title

3年前の菅さんのセリフ。

「麻生首相は中山さんの考え方をよくご存じで任命したが、わずか5日後に辞任した。適任者を選べなかったという意味でリーダーシップを欠いていた」

どの面下げてと思いますね。鳩もそうですが。

こんな自国を崩壊させようとする大政権が他国にあるのでしょうか・・・

No title

>ラウール 様

>3年前の菅さんのセリフ。


>どの面下げてと思いますね。鳩もそうですが。

鳩も癌もこのようなブーメランは無数にありますよ。いちいち、報道でつっこまれてますが。


>こんな自国を崩壊させようとする大政権が他国にあるのでしょうか・・・

少なくとも先進国にはないですね。

No title

ブーメランは毎度のことですね。

No title

>花岡 鉄 様

>ブーメランは毎度のことですね。

ええ、普通の人なら、ブーメランが帰ってくれば恥じ入るのが普通ですが、異常者である癌や鳩は恥の概念がないので、人ごとだと思っています。

恥知らずって、最強なんですよ。

No title

私もこの癌直人と言う生物は、本当に何があろうと辞めないと思います。

後2年は総理のイスが何もしなくても保証されているから、自分の口から辞める云々の言葉は一切出す事はないでしょう!

マスゴミも最近は報道が上手くなり、叩いておきながらきっちりとその後の尻拭いをする事を決して忘れません!

前回のブログでも恥について書かれてましたが、仰る通りだとおもいます。
まさにお天道様は見ています。

しかし癌総理は天に唾し己に返ろうと、落ちた意味さえ理解不能の輩ですので、もはやなんの救いもないですね!

No title

>火野竜様

>私もこの癌直人と言う生物は、本当に何があろうと辞めないと思います。

次の総選挙まで居座るつもりでしょうね。
>
>後2年は総理のイスが何もしなくても保証されているから、自分の口から辞める云々の言葉は一切出す事はないでしょう!

あり得ません。

>マスゴミも最近は報道が上手くなり、叩いておきながらきっちりとその後の尻拭いをする事を決して忘れません!

煽っては記事を売るのが商売ですから。でも、マスゴミも今じり貧ですよ。
>
>前回のブログでも恥について書かれてましたが、仰る通りだとおもいます。
>まさにお天道様は見ています。

結局、自分が自分に恥じるようなことをしないのが日本人です。でも癌は人間もどきですから。

>しかし癌総理は天に唾し己に返ろうと、落ちた意味さえ理解不能の輩ですので、もはやなんの救いもないですね!

ええ、だから、恥を知らない奴は最強なんですよ。自分の破滅さえ自覚しないですから、国や国民などどうでも良いんです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。