スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルスコアの大差とは

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


 誰も思わなかったのではないか。もっとも、出来レースを仕込んだとしたら癌小沢と仲間達は知っていたかもしれないが。
 
 それにしても、昨日までの報道は何だったんだろうと唖然とする。小沢派が72名を固め、鳩山派が自主投票でも10名くらいは造反し、他の無所属からも賛成票を投ずるから、可決されるのではないかとの下馬評だった。私は誰もがあてに出来ないから分からないとしか思っていなかったが、まさかこれほど大差で否決されるとは。
 
 ここまで見事にやられると、入念に仕込まれた出来レースだったとしか思えない。なにしろ、小沢氏は分裂して新党を作っても、すでに政治生命が終わったと見られているのだからだれも受け入れないと分かっていたし、それに子分達の大半は自動挙手マシンであり、解散したら二度と当選できない連中ばかりだから、小沢氏が寝返れば当然自動挙手マシンも追随する。
 
 ルーピーは結局自分が作った自分の民主党をつぶしたくない、それだけしか頭にない。どうせ鳩頭だ。
 
 《》は引用
 
------------------------------------------------------------

内閣不信任決議案を否決 衆院本会議

2011年6月2日15時27分

 自民、公明、たちあがれ日本の各党が提出した菅内閣に対する不信任決議案は、2日午後の衆院本会議で民主党などの反対多数で否決された
 
 それは小沢が裏切ったから。とはいえ、本人にしてみれば誰にも約束などしていない、あのときは賛成すべきと思っていたが、考えが変わったというだけのこと。
 
 ------------------------------------------------------------

小沢一郎元代表は採決を欠席 内閣不信任案

2011年6月2日15時26分

 民主党の小沢一郎元代表は2日午後、衆院本会議での菅内閣に対する内閣不信任決議案の採決に欠席した。
 
 だから、小沢待望論などもってのほかだと前々から私は言っていた。小沢の言葉に信など、無い。

 そもそも、土壇場になって会期延長を約束したり、辞任を匂わせるなど、はなからその場限りというか地位にしがみつくための口から出任せに過ぎないのに、誰がそれを信ずるのか。もちろん、今回賛成すると言われていながら反対に回った連中がそれを信じていたはずもない。これで自分も延命されたと思っただけだろう。解散が無くなれば、少なくとも次の衆院選挙2013年夏まではあと2年ほど民主が政権に居座るので、自動挙手マシン達も地位が保たれるわけだ。
 
 癌が仮に辞めても、民主が安泰なのだから、癌が解散するとの脅しは十分に利いたわけだ。所詮烏合の衆、こうなる可能性があるとは十分思っていた。でもダブルスコアとは・・・

------------------------------------------------------------

首相、いつ辞任? 時期には触れず、民主なお混乱か


2011年6月2日14時28分

 菅直人首相が2日、震災対応に一定のめどがついた段階で辞任する意向を表明したのは、内閣不信任決議案に対して民主党内から造反の動きが広がり、退陣に言及しなければ収拾がつかないと判断したためだ。ただ、時期については明言しておらず、小沢一郎元代表のグループは早期退陣を求めていることから、党内の混乱はなお続きそうだ。

 首相はこの日の党代議士会で「総理という立場の責任をしっかり果たしていかねばならない」と指摘。その上で「私がやるべき一定の役割が果たせた段階」で後進に道を譲る考えを示した。

 首相はこれまで本格復興対策を盛り込んだ2011年度第2次補正予算案を8月前後に編成し、国会審議にかける方針を再三にわたって表明。東京電力福島第一原発事故についても、遅くとも来年1月までに収束させたい考えを示した。6月22日までの国会会期の大幅延長にも踏み込み、こうした震災や原発事故への対応に取り組む考えだった。
 
 癌の言う一応の目処については時期が明確ではないから、癌が対策を遅らせ目処がいつまでも立たなければいつまでも居座れることになる。そんな馬鹿な、と言うのは通常の人間に対してのみ通用することばであり、想定を超えた恥知らず男には通用しない。
 
 だから、退陣時期について、様々憶測が流れているが、全く信用できる根拠はない。
 
 ------------------------------------------------------------

不信任案は反対多数で否決 菅首相の退陣表明受け造反少なく


一部抜粋

2011.6.2 15:26

 小沢氏は1日夜、記者団に「国民が支持してくれた民主党に戻さなくてはいけない」と不信任案に賛成する意向を表明するなど造反の動きが広がり、不信任案可決の公算が大きくなっていた。

 首相や岡田克也幹事長らは当初、不信任案可決なら衆院の解散総選挙を断行するとして、造反組を牽制(けんせい)したが、造反の動きが予想以上に広がったため、党分裂の危機を回避しようと、首相の自発的辞任の表明に踏み切った。

 首相は2日昼、党代議士会で「東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に責任を果たさせてもらいたい。一定のめどがついた段階で若い世代の皆さんに責任の引き継ぎを果たす」と述べて自発的辞任を表明した。具体的な辞任の時期は明言しなかったが、鳩山氏は代議士会に先立つ首相との会談で、平成23年度第2次補正予算案にめどがついた段階で辞任することで合意したと明かした。政府の復興構想会議が復興計画を示す6月末以降の可能性が高い。
 
 可能性が高いといくら鳩が言っても、第二次補正予算は癌の元では通さないと野党が言っているのだから、それが遅れるのは野党のせいだと言うことになる。しかし、野党は、5K排除が条件でなければ通さないと言っているのだから、結局は癌の責任転嫁でしかない。まして、居座っている内に消費税5%上げを決めてしまうつもりだ。
 
 ようするにしがみついている間に闇法案を通し(野党に責任転嫁をしながら)そして総理の意志という形で閣僚さえも知らない内に勝手な公約をしてしまうことを繰り返す。
 
 大体が、世界でもレームダックとは交渉しないのが当たり前であり、辞意を表明した首脳は単なる飾りでしかない。そして、次が誰なのかも全く不明だ。
 
 かつて細川内閣の時、細川総理が私的会話で漫才師に辞めたいと漏らしたのが外にリークされ、結局退陣表明と言うことになって事実退陣に追い込まれた。しゃべりが商売の者達にうかつなことを言ってはいけないという教訓だが、それが鳩に何を言ったとしても、鳩は15分しか覚えていないし、鳩の言葉など誰もまともに聞かないし、そして根っからの恥知らずの癌が、時期も明確にしない退陣声明など、要するに任期いっぱい、しがみつくと言っているのと同じことだ。
 
 だから、次のような声がわき上がるのは当然だろう。
 
------------------------------------------------------------

有権者「卑怯」「被災地バカに」「単なる延命」

2011.6.2 14:08

 「居座るつもりか」「大震災の被災者がかわいそうだ」。内閣不信任案を突きつけられて初めて退陣を表明した菅直人首相と、手の平を返したように一致結束を訴える鳩山由紀夫前首相らの姿に、有権者らは怒り、あきれた。

 大阪市西淀川区の税理士、土屋俊雄さん(60)は「内閣不信任案が可決されそうになったことを踏んで、いきなりこうしたことを言い出すのは卑怯(ひきょう)だ」。同市生野区のタクシー運転手、細谷範夫さん(72)も「国を挙げて、復興に力を合わせなければならない時に、権力闘争をしていることは本当にばかばかしい。被災者がかわいそうだ」と話した。

 大阪市港区の自営業、以倉敬之さん(25)は「国民の大半はすでに政治に期待していないし、自分たちの生活は自分たちで守らなければならないと思っている。被災地の人には、政治に負けずにがんばってほしい」とまで言った。

 京都市北区の主婦、荒川啓子さん(64)は単なる「延命」と受け取った。「大震災の取り組みはいつメドがつくのかわからない。結局は首相の座に居座るつもりなのでは。こんな独りよがり首相はさっさと辞めてもらわないと日本が不幸になる」と憤った
 
 憤ったところで後の祭り。今政局争いなどしないで、一段落つくまで菅にやらせろという世論が70%(まあ、メディアの嘘も入っているだろうが)だとしたら、今更こんなことを言ってもしょうがない。癌とはこういう人間なのだ。
 
 鳩頭、もとい、鳩山氏は、自分が何をしたかなど全く自覚がない。

------------------------------------------------------------

鳩山前首相、内閣不信任案に反対へ 首相の辞任意向で

2011年6月2日12時32分

 野党提出の内閣不信任案に賛成する意向を表明していた民主党の鳩山由紀夫前首相は2日、国会内で開かれた党代議士会で、菅直人首相が辞任を表明したことを受け、「民主党がバラバラに見えては『何をやってるんだ』とのそしりを免れない」と述べ、不信任案に反対する考えを示した

ルーピー15分男は、最後に会った人間に大きく感化されることで知られていたから、昨日小沢に会って感化され、今日癌に会ってまた感化されたわけだ。

 とにかく、これで政治的混乱が避けられたのではない。どのみち、癌の元では誰もまとまらないから、癌を取り去れと言っていたのだ。その元凶の癌が居座るとなると、日本はこれから非常に困難な時期を迎える。今まで以上の困難と言うことだ。
 
------------------------------------------------------------

辞任の日まで続く「日本の危機」

2011.6.2 14:26

 宇衆院での内閣不信任決議案採決の直前、菅直人首相が自発的に退陣する意向を表明した。しかし、具体的な辞任時期について、自らの言葉では語らないまま。不信任案可決を回避するための「窮余の策」だが、首相の不手際による政治の機能不全は当面続くことになった。

 民主党代議士会では、不信任案賛成を表明していた鳩山由紀夫前首相、原口一博前総務相が相次いで首相発言を評価し、流れは不信任案反対-党内結束に大きく傾いた。事前に首相と会談した鳩山氏は、首相の具体的な辞任時期に言及する「援護射撃」までしてみせた。

 鳩山氏が述べた「東日本大震災復興基本法案を成立させ、平成23年度第2次補正予算案編成にめどをつけた段階」とはいつか。復興基本法案は与野党で修正協議が進んでいる。しかし、2次補正編成について、政府の復興構想会議が6月末にまとめる提言や各被災自治体の意見を踏まえて検討する考えで、秋以降に先送りされる可能性も指摘されている。

 首相は1日の党首討論で、今年末までを視野に今国会を大幅に会期延長する考えを示唆した。首相が2次補正成立までその座にとどまるならば、まだ半年以上ある。

 不信任決議案は慣例上、一国会に一回しか採決できない。首相が「自発的に辞任」するまで、日本の政治的危機を解消する手立ては失われた。(総合編集部長 近藤真史)
 
 あとは、政治資金規正法違反で癌を訴追することだが、会期中は不逮捕特権があるから、癌には関係がない。

 まあ、癌と小沢の狡猾さは、常人の想像など遥に超えていると言うことだった。良い教訓かもしれないが、だれもそれに気がつかないだろう。
 
 それにしても、自民にこれほど狡猾な人間がいなかったのは、やはり長年温室暮らしをしていたからだろう。民主が吹きだまりで政権を担う能力も知識もないことは誰もが言うが、自民に野党としての能力がまるで欠けていることもこれで改めて証明された。
 
 それにしても疑問が残る。自民の町村氏と協議しながら反癌を主張していた民主樽床氏や、ポスト癌に名乗りを上げると言っていた原口氏は、何だったのだろう。出来レースの陽動作戦だったのか。いやはや、いずれ民主党議員だから、否決の後ケロリとしている二人を見ると、やはり彼らも小沢や癌と同じ穴の狢だったわけだ。
スポンサーサイト

コメント

出来レースに付き合ってる暇はない

辞任の日まで続く「日本の危機」・・・ホント、そうなりますよ、これは。
いざというときは特に人間性があらわになりますね。
3.11以降、国の在り方から生活の在り方まで、日本人に
いろいろ問いかけられてきている気がします。
今後の国の在り方、生活の在り方をどうすべきか。
東洋の発想で、自然に寄り添い、ものを大切にしていく、
昔の日本的、東洋的な自然共生型に向かって行く、
そう感じています。時間はかかると思いますが・・・。

そして東洋的な発想といえば、陰陽五行をもとに、生年月日を分析して
宿命や運命を知ることが出来る、東洋史観。
今までの発想からちょっと目線を変えて、自然に寄り添った生き方が
見えてきます。
http://www.birthday-energy.co.jp/
の「運命2011」が分かりやすい。いまなら義援金になるそうですよ。

自分たちの生き残りの事ばかり考えていたら、そりゃ
発展性はないですよね・・・。

いえいえ

楔は入りました。
所詮民主党は、野合の衆の我欲の張り合いです。
密談で双方が自分に都合のよい勝手な解釈をし合うでしょう。それが火種となって燻ります。
民主贔屓のマスゴミも、贔屓議員に分かれて今まで「自民が」とやっていたのを「菅が」とか「鳩山が」とかに変わると思います。
野党にしても可決では小沢につけこまれる懸念がありましたから、今回またしても小沢が如何なる輩を天下に晒して点を稼いでいます。家来も一人討死させましたから。
本来、国政を担う能力以前に政党を纏める能力もないのです(不信任を突き付けられて急に身に付く訳もない)から、揺すればどんどん綻びを出します。
今回の不信任案否決で、自民党が失ったものはなく、民主党はあちこちにボロを出したのです。
又、小沢に尻尾を振った議員と稚拙ながらも一議員として行動した横粂議員と、次の選挙で生き残るのはどちらでしょう。どちらの行動が日本人の心に響いたかは一目瞭然です。
先のコメントは仕事中でしたので、後だしにならぬ様に一言で済ましましたが、攻める側がとにかく矢を放たねば、敵はボロの出し様もありません。特に民主党に刀を返す能力はないのですから、どんどん中性子をぶつけて放射線を出させ、崩壊を促せば、やがて臨界に達します

ウランはウランでも「(国を)売らん」の連中ですから。

お後がよろしい様で…

出来レースに付き合ってる暇はない

シェール 様

>辞任の日まで続く「日本の危機」・・・ホント、そうなりますよ、これは。

なるでしょうね。

>いざというときは特に人間性があらわになりますね。

いや、癌、小沢、ルーピーなどの人間性は、あのマニフェストの出鱈目ぶりから明らかだったんですが。

>3.11以降、国の在り方から生活の在り方まで、日本人に
>いろいろ問いかけられてきている気がします。

日本人自体は優秀ですよ。海外からも賞賛されたとおりです。
しかし、政治が馬鹿なのは、それも海外ではよく知られていて、今日なども海外メディアは癌政権にさんざんですよ。

>今後の国の在り方、生活の在り方をどうすべきか。
>東洋の発想で、自然に寄り添い、ものを大切にしていく、
>昔の日本的、東洋的な自然共生型に向かって行く、
>そう感じています。時間はかかると思いますが・・・。

まあ、それは世界的な傾向でも言えるとは思いますが、まだ彼らがそれを自覚しているわけではないでしょうね。それに東洋といっても、特亜のような、良き伝統をぶちこわしているところが目立ちますし。足るを知る等のような日本的価値観はおそらく理解されず、シンプルイスベストくらいのレベルにとどまるでしょう。


>自分たちの生き残りの事ばかり考えていたら、そりゃ
>発展性はないですよね・・・。

生き残りを考えても良いのですが、他者を犠牲にして省みないのが獣と同じなんですよ。

いえいえ

>あづまもぐら様

>楔は入りました。
>所詮民主党は、野合の衆の我欲の張り合いです。
>密談で双方が自分に都合のよい勝手な解釈をし合うでしょう。それが火種となって燻ります。

との見方が多いようですが、そこは常識の通じない野合集団です。彼らの目的は、今逃したら二度と手に入らない今の地位です。そのためには自分の主義主張など喜んでどぶに捨てますよ。だいいち、そんなものなど最初から持っていない連中も多いし。

だから、党が分裂すれば元も子もないので、どぶ川のあぶくのように集まります。

>民主贔屓のマスゴミも、贔屓議員に分かれて今まで「自民が」とやっていたのを「菅が」とか「鳩山が」とかに変わると思います。

表面上は変わりますね。でも分裂はしませんね。

>野党にしても可決では小沢につけこまれる懸念がありましたから、今回またしても小沢が如何なる輩を天下に晒して点を稼いでいます。家来も一人討死させましたから。
>本来、国政を担う能力以前に政党を纏める能力もないのです(不信任を突き付けられて急に身に付く訳もない)から、揺すればどんどん綻びを出します。

それは甘い見通しです。どんなに綻びを出そうがボロを出そうが、恥をかこうが罵られようが、蛙の面にしょんべんです。もう内閣不信任案を出される心配など無いから、あとは法的効力のない問責決議案などがあるだけです。そんなもん、いくら出されたって、癌が辞めるわけがないし、口先だけで党内から批判があってもそれは国民の前のポーズであり結局党を割るなどあり得ませんね。

今回形だけ小沢が泥をかぶるかもしれないけれど、子分はおとがめ無しですよ。親分について行く子分がいるとはとうてい思えません。


>今回の不信任案否決で、自民党が失ったものはなく、民主党はあちこちにボロを出したのです。

いや、自民の失った物はとんでもなく大きいですよ。政治力がないと分かってしまたのだし、谷垣氏にも求心力がないことがこれで明らかになりました。結局倒閣してもその後を引き受ける能力がないと証明したような物です。だって、倒閣した後の代替案を出していないんですから。

>又、小沢に尻尾を振った議員と稚拙ながらも一議員として行動した横粂議員と、次の選挙で生き残るのはどちらでしょう。どちらの行動が日本人の心に響いたかは一目瞭然です。

それはそうでしょう。松木、横粂氏などは、小沢にはしごを外されたんですから。でも、彼らが次回議席を取れる可能性は相当低いと思います。

>先のコメントは仕事中でしたので、後だしにならぬ様に一言で済ましましたが、攻める側がとにかく矢を放たねば、敵はボロの出し様もありません。特に民主党に刀を返す能力はないのですから、どんどん中性子をぶつけて放射線を出させ、崩壊を促せば、やがて臨界に達します。

でも崩壊する際にこの国を破壊しかねませんからね。

>ウランはウランでも「(国を)売らん」の連中ですから。

でも、民主を政権につけたのは国民ですから、だれをウランでもしょうがない。

>
>お後がよろしい様で…

へい、またどうぞ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: できれば、取り上げて頂きたいです

>michimac 様

貴重なコメントを頂きありがとうございます。以前もこの話題については採り上げたことがありますが、裏がとり切れていない部分については、書くわけには行きません。

もし、ご指摘の事実を示す根拠となる一次資料がありましたら、お示しいただければ確認いたします。むろん、私も調べてみます。

とはいえ、S氏の行動には仰るような問題も多々あるとは思っていますので、裏付けが取れ次第、まとめて採り上げてみたいとは思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ありがとうございます

>michimac様

わかりました。現代の記事については読んでみます。

たしかに、あのCMなどはネットでは評判が悪いですが、一般受けはしていて、CMランクでは上位です。そのようなこともあるので、確実な裏の取れた部分に絞ってまとめてみますが、もう少しお持ちください

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。