スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出た、鳩騙し!

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


《》は引用

------------------------------------------------------------

菅首相、辞任の意向 「一定の役割果たせた段階で」

2011年6月2日12時21分

 菅直人首相は2日正午すぎ、民主党代議士会に出席し、「大震災に一定のめどがつき、一定の役割が果たせた段階で、若い世代の皆さんにいろいろな責任を引き継いでいただきたい」と語り、辞任を表明した。
 
 それを受けてだまされ鳩は
 
------------------------------------------------------------

鳩山前首相、内閣不信任案に反対へ 首相の辞任意向で

2011年6月2日12時32分

 野党提出の内閣不信任案に賛成する意向を表明していた民主党の鳩山由紀夫前首相は2日、国会内で開かれた党代議士会で、菅直人首相が辞任を表明したことを受け、「民主党がバラバラに見えては『何をやってるんだ』とのそしりを免れない」と述べ、不信任案に反対する考えを示した



 15分男の面目躍如。癌の、一定の目処はいつ着くのかが、きわめて不誠実。つまり、目処はまだついていないと癌が言い張れば、辞任の必要はないということ。
 
 松原仁氏が日テレの午後のニュースで、おそらく目処がつくのは遅くとも9月だろうから、それで、民主がまとまるのであれば良しとする、国民もそれを望んでいると言っている。日頃、民主ではまともな人との評価があるようだが、所詮民主党員だ。
 
 確かに、癌が罷免されて解散した場合、混乱が生じ、法律で定める40日(以内)で総選挙が出来たとしても、その後の組閣や人事などの駆け引きで2ヶ月は政治空白が生まれる。だとすれば、遅くとも9月までに癌が辞めるのであれば、その方がよい、と考える人も多いだろう。たしかに、今解散総選挙などになれば政治的空白が生まれるのは事実だから。
 
 しかし、解散総選挙に持ち込むのは癌その人であり、彼が解散はしないと明言すれば済むこと。また、9月までには、というのはどこにも根拠のない時限であり、一つの条件としては東電の原子炉の安定冷却に4月半ばの段階で半年から9ヶ月といっている。すなわち、最長来年初頭までかかるわけだ。しかも、今の時点でそれが確実かどうかは不明だ。
 
 尤も
 
------------------------------------------------------------

めどは二次補正…鳩山前首相が「総理と合意」

 鳩山前首相は2日午後に開かれた民主党代議士会で、代議士会前に首相官邸で首相と会談した内容を明かし、「復興基本法を速やかに成立させ、二次補正予算のめどがついた段階で、身を捨てて頂きたいと述べた。そのことに対して、菅首相から(一定のめどがついた段階で辞任するという)先ほどの発言があった。これは菅総理と鳩山との合意だ」と述べた。


(2011年6月2日12時48分 読売新聞)

 嘘つきと15分男の合意。そりゃ、信用できるわ。

 
 何を以て一定の目処なのかが不明である以上、癌は、何月何日までに辞めると言う以外、彼のことを信ずることが出来るのか。もちろん、時期を明言しても彼のことを信ずることも無理だが、少なくとも、言質は取れる。
 
 6月22日に国会を閉会すると言っていたのが、ギリギリ自分の首が危なくなると、通念国会まで言いだし、さらに不信任案が可決されそうになると、目処がついたら辞めるからそれまでやらせてくれと言い出す。今の地位にしがみつくための、例のその場限りの、というより、狡猾に準備していた騙しではないのか。それでなくとも、外国人からの献金問題で、震災がなければ今頃どうなっていたか分からない癌だろう。
 
 評判が悪いといえば、末期の麻生氏もそうだったが、癌のような意味とはちがう。政治家どころか、一般人としてもこれほど最低最悪破廉恥嘘つき狡猾な人間が総理大臣になるなどの想定を事前に誰もしていなかった。つくづく、日本人はお人好しだとおもう。
 
 裏切られてから自分は信じていた、だまされたのだと言っても、民主のマニフェスト一つみて、あれが嘘の羅列だと思わなかったらそれは単なる馬鹿なのであり、実際マニフェストが破綻してもまだ民主に期待していて人災を広げたのを見て、民主は支持しないが今総理を代えるのは混乱を招く、とおもっているのだから、日頃政治論争をしない日本人がいかに危険なのかがわかる。結局、癌を総理にしたのは日本国民なのだ。よほど、高い授業料を払わなければ、政治が自分の生活に直結していることを理解できないのではないのか。授業料を払うだけで済めばよいのだが。
 
 ところで、鳩騙しの鳩は
 
------------------------------------------------------------

鳩山氏「こんな民主党にしたつもりない」

2011/06/02 10:20更新

 内閣への不信任決議案をめぐり、民主党では2日あさからあわただしい動きが続いた。

 菅直人首相は2日朝、民主党の岡田克也幹事長と公邸で約30分会談した。不信任決議案をめぐる情勢について協議したとみられる。

 安住淳国対委員長は2日午前、不信任決議案の採決で民主党議員の大量造反が見込まれることについて、「与党の責任を果たすため、大差で否決しないといけない。(賛成者は)誰であっても、何人であっても除名になる」と述べた。

 ただ、欠席・棄権者にも重い処分で臨むかに関しては「まだ分からない」と述べるにとどめた。党執行部による造反者への処分方針の決定を2日中に行うとの見通しも示した。都内で記者団の質問に答えた。

 鳩山由紀夫前首相は2日午前、「(東日本大震災の)被災者に迷惑をかけた遅れを取り戻さなければいけない。そのためには党を超えた協力を作っていく」と語り、重ねて不信任案賛成の意向を表明。

 離党の可能性に関しては「むしろ民主党を立て直さなければいけない。こんな民主党にしたつもりはなかった」と述べた。都内の私邸前で記者団に答えた。

 仙谷由人官房副長官(民主党代表代行)は2日午前、内閣不信任決議案に賛成を表明している小沢一郎元代表らについて「そんな血迷った人がいるとすれば、議院内閣制は持たない」と激しく攻撃した。不信任案の見通しについては「明らかだ」と答えた。都内で記者団に語った。



こんな民主党にした覚えはないそうだ。


NHK1時のニュースによれば、小沢氏は、この言葉を癌氏から引き出したのだから、自主投票で良いだろうと言ったとのこと。まあ、この男がこんな物だとは思っていたが、多分不信任案は否決される。なにしろ、自動挙手マシンの小沢チルドレンやガールズがほとんどなのだから。出来レースではないのかとさえ思える。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。