スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり後継者

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


 本題の前の小ネタ。今日になりまさかと思う展開。
 
 《》は引用
 
------------------------------------------------------------

海水注入「中断してなかった」

東電が発表2011年5月26日15時24分

 東京電力は26日、福島第一原子力発電所1号機への海水注入を一時中断していた問題について、実際には発電所長の判断で中断していなかった、と発表した。本社内では「海水注入については首相の了解が得られていない」として、いったん注入を停止することを決めた。しかし、実際には発電所長が「事故の進展を防止するためには、原子炉への注水の継続が何よりも重要だ」として、注水を継続していたという。
 
 これはどういうことだ?と唖然とした人も多いのではないか。今の今まで、東電は癌の差し出口で一旦始めた注水を休止したとばかり思っていた。そして癌は、そんなことは俺は聞いてないぞ、そんなことをすれば再臨界になるからすぐに止めろ、と激高し、東電はそれで止めた、と言っていた。だが、癌は、自分がそんなことを言ったことはないと言っていた。
 
 枝野無能長官は、東電から連絡があったが癌はいつ中止したか再開したかはあずかり知らぬといったと明言した。細野参与は、斑目安全委員長が再臨界になるから注水を止めろと言ったと記憶していると言い、当の斑目委員長は、再臨界になるとは言っていない、鹿瀬委がゼロではないといったが、それは科学者の通常で事実上はゼロと言うことだと言った・・・
 
 そうしたら、今日になって、東電は官邸から中止の指示が来たが、福島第一原発の所長の判断で注水を中止しなかったと言い出した。
 
 いやはや、なにがどうなっているやら。
 
 それに対する反応が
 
 ------------------------------------------------------------
 
注水継続の吉田所長、処分も検討…東電副社長

読売新聞 5月26日(木)16時49分配信

 東京電力の武藤栄副社長は26日午後の記者会見で、福島第一原子力発電所1号機の海水注入の一時中断を見送った吉田昌郎所長の処分について、「それも含めて検討する」と述べた。

 武藤副社長は、海水注入を継続したことについては「原子炉を冷やすうえで大変正しい判断をした」としたが、「報告の在り方やその後の対処について、これで良かったか検討する必要がある」と述べた。処分の内容、時期については「慎重に考えたい」とした。
 
 そして、当然ながらネットでは
 
------------------------------------------------------------

「注水中断せず」判断した吉田所長 「処分検討」にネットで怒りの声

2011年05月26日19時38分

「海水注入は中断していなかった」――東京電力は2011年5月26日、福島第1原発の1号機で、震災発生翌日に冷却用の海水注入が一時中断したとされる問題で、実際には中断はなく、注水は継続していたと発表した。

それによると、現場の吉田昌郎・福島第1原発所長が注水継続が必要と判断し、「空白の55分」を防いでいたことがわかった。しかし、東電は吉田所長について「処分も検討する」としており、ネット上には怒りの声が溢れている。

「正しい判断をした」

これまで東電が公表した資料では、3月12日19時4分に海水を注入し始めた後、官邸の意向を汲んで19時25分に注入を一時中断し、20時20分に再開したとされていた。そして、この一時中断をめぐり、菅直人首相の関与の有無や原子力安全委員会の班目春樹委員長の発言など、事情説明や報道が二転三転、混乱した。

しかし今回の発表によれば、3月12日18時5分ごろに政府から海水注入の指示があり、19時4分に注入開始。約20分後、官邸に派遣した社員から「首相の了承が得られていない」と連絡があり、東電社内の協議の結果「注入停止」が決まった。しかし、吉田所長が「事故の進展を防止するためには、原子炉への注水の継続が何よりも重要」と独自に判断し、停止に至らなかったという。

東電の武藤栄副社長は会見で、「正しい判断をした」と吉田所長の行動を評価したうえで、「報告やその後の対処について、これで良かったか検討する必要がある」と、処分も含めて検討する考えを示している。

「もう無茶苦茶!」「おかしい」
この方針に対し、ネットユーザーの怒りが爆発した。

「吉田所長が私達を守った。吉田所長が処分されるのだとしたら、それはおかしい。凄くおかしい」
「吉田所長が処分されるなら、全ての関係者が処分されなければならない」
「もう無茶苦茶!現場はまさにやってられねぇって感じだろうなぁ…」
福島第1原発の現場では、多くの作業員が厳しい環境の中で復旧作業を続けている。吉田所長はその現場の最高責任者だ。

週刊誌報道などでは、不眠不休で1000人以上の作業員の指揮をとり、本店からの指示に対しも現場の立場から声を荒げて言い返すなど、たくましい人物像やリーダーシップが報じられてきた。

その奮闘ぶりを知ってか、ネットでは、

「所長を処分したら誰が指揮をとるんだ!」
「吉田所長には処分でなく、休息を与えて下さいよ!!」
などの声が上がっている。

 ここでは当然ながらネットの声が正しいだろう。現場の最高責任者の判断で処理をするのは当然だろう。わかりやすく言えば、一旦戦争になった場合、現場の指揮官が、どのように闘うかをその場の状況に合わせて判断し、兵を動かす。それが政府から、いちいち、状況を報告しろ、俺は聞いていないぞ、何もするな、ミサイルは何発ぶっ放せなどとやりとりをしていたら絶対に戦争には勝てないだろう。
 
 一分一秒をあらそう事態で、現場の指揮官が判断をする、当然のことが護られていたのであり、これを問題視して所長の処分を検討などと言い出す東電の幹部こそ処分されなければなるまい。このような連中が、判断を誤り、事故を拡大したのだ。
 
 しかし、それもさることながら、
 
 「しかし今回の発表によれば、3月12日18時5分ごろに政府から海水注入の指示があり、19時4分に注入開始。約20分後、官邸に派遣した社員から「首相の了承が得られていない」と連絡があり、東電社内の協議の結果「注入停止」が決まった。しかし、吉田所長が「事故の進展を防止するためには、原子炉への注水の継続が何よりも重要」と独自に判断し、停止に至らなかったという。」ことが問題ではないのか。すなわち、政府は明確に干渉したのだ。注水するしないは、癌総理の承認など関係がないはずだが、これが事実なら癌総理は明らかに干渉したのであり、自分が注水しろとか止めろ等と言ったことは一切無いというのが嘘だと言うことになる。
 
 ここまでおかしなことになれば、癌総理が福島第一の所長に責任を押しつけ、トカゲの尻尾切りをしたとしか思えない。最初から東電も細野不倫参与も、汗かき無能長官も癌総理も全てが嘘を付いている、ということになりはしないか。もし、癌総理が嘘を付いていないのだとすれば、誰も彼もが癌総理に事実を伝えていないと言う最も有ってはならない事態が官邸には生じていると言うことになるのだ。
 
 誰が嘘つきなのか。誰が責任を取るべきなのかを考えると、次のようなことが関連してくる。
 
------------------------------------------------------------

「20年代に自然エネルギーを2割」 菅首相が国際公約

2011年5月26日1時44分

 菅直人首相は25日夕(日本時間26日未明)、訪問先のパリで経済協力開発機構(OECD)の設立50周年記念行事に出席し、日本のエネルギー政策について講演した。発電量全体に占める再生可能な自然エネルギーの割合(現在は約9%)を引き上げ、「2020年代のできるだけ早い時期に20%とする」という数値目標を掲げた。

 首相は目標達成に向けて太陽電池の発電コストを「2020年に現在の3分の1、2030年に6分の1まで引き下げることを目指す」と強調した。首相は福島第一原発事故を受けて、太陽光や風力など再生可能エネルギーの利用を拡大する意向を示していたが、数値目標を示すのは初めて。昨年6月に決めた政府のエネルギー基本計画にある達成時期を10年程度前倒しする目標だ。国際会議で表明することで事実上の「国際公約」となる。
 
 なにやら、ルーピーが日本のCO2削減率を25%とするなどと、寝耳に水の国際公約をしたのがだぶって見えるが、その技術的見通し、コストの出所が一切無い。まるで、財源のないばらまき政策のような物であり、これが結局は国民生活を圧迫する結果になる。圧迫して実現できれば良いだろうが、技術的に見通しが立っていないのだ。どうして、このような公約が出来るのか。欧米が失敗した実情や原因を全く理解していない。
 
 だから、こんなことを言い出す始末だ。
 
 ------------------------------------------------------------
 
太陽光パネル1千万戸設置を表明 菅首相のOECD演説 原発事故を「おわび」と明言


2011.5.26 08:23

 【パリ=酒井充】菅直人首相は25日午後(日本時間26日未明)に経済開発協力機構(OECD)で行った演説で、「家屋への太陽光パネル設置1000万戸」という具体的な目標を掲げた。

 首相は演説で、従来の化石燃料と原子力中心だったエネルギー政策を、自然エネルギーと省エネルギーを加えた「4本柱」とする構想を示した。太陽光パネル設置はその一環だが、実現の時期は明示しなかった。

 首相はOECD設立50年記念フォーラムの中で議長役のクリントン米国務長官、フランスのフィヨン首相に続き3番目に演説。東京電力福島第1原発事故について「各国に多大な心配をおかけしたことをおわびしなければならない」と述べた。

 首相はこれまでの2国間の首脳会談などでは、日本の負の印象を強める「おわび」との表現を極力避けてきたが、東日本大震災後初めての外国訪問で緊張したのか、思わず本音が出たようだ。
 
 つまり、新築建築には太陽光パネルを設置することを義務化すると言うことなのだが、その負担増にたいし、公的支援をするその財源はどうするのか。そしてその結果電力会社に高額で売り渡される余剰電力はそのまま電気代として、太陽光パネルを設置していない一般の国民の負担となってくるが、その合意は取れているのかが一切無関係らしい。
 
 さらに、国際会議の場で謝罪するとは、全ての責めを負うと表明したような物だが、それは国益をきわめて損なうことから、従来このような謝罪をした例など無い。どこもそれを当たり前としているから、ソ連がチェルノブイリで謝罪したり、アメリカがスリーマイルで謝罪した試しなど無い。最善を尽くすから協力してほしいとだけ言えばよいのだ。
 
 つくづく馬鹿で無能な癌総理だが、少し前もODAを何倍にもすると口にしたり、放っておくと何を言い出すか分からない馬鹿を国際舞台に送り出した野党も責任重大だろう。
 
 ------------------------------------------------------------

説明責任果たせず 菅首相OECD演説

2011.5.26 02:06

 東日本大震災発生後、初めて外国を訪問した菅直人首相は経済協力開発機構(OECD)での演説で、自然エネルギー重視の姿勢を打ち出した。中部電力浜岡原発の停止要請に続き、自らのイニシアチブでエネルギー政策の新たな目標を表明することで、内閣支持率回復につなげたいとの思惑がみてとれる。ただ、東京電力福島第1原発事故に関しては説明責任を果たせたとはいえない。

 「事態は着実に安定してきている」「国の総力を挙げて取り組んでいる」

 首相は原発事故についてこう述べたが、抽象的な発言が多く収束時期を明言できなかった。

 むしろ首相の出発直前には、福島第1原発の2号機と3号機でも全炉心溶融が起きていたことが判明するなど、事故から2カ月半経過しても、次々と新事実が明らかになった。

 首相は「新たな多くの教訓を深く学び、世界の人々や未来の世代に伝えていくことはわが国の歴史的責務だ」と強調したものの、原発事故に関しては日本の情報開示が遅れたことに国内外から不信感が高まった。早期に事態を収束することが求められており、現状では各国の不安を払拭するにはほど遠い。

 原発事故では受け身にたたされている首相だが、対照的に積極姿勢をみせたのが自然エネルギーで、発電割合20%の達成を2020年代早期に前倒しするなど具体的な数字を挙げた。

 「日本には昔から『足るを知る』という言葉がある。この言葉が教えているのは自らの欲望をどこまでも増大させるのではなく、適切な欲望の水準を知ることの大切さだ」

 首相はこう呼びかけたが自然エネルギーの活用推進には技術面、コスト面での問題点が指摘されており、目標達成は容易ではない。

 国内調整を十分せずに海外で新たな方針を打ち出すやり方は前例がある。鳩山由紀夫前首相も就任直後に温室効果ガスを1990年比で2020年までに25%削減するという遠大な目標を打ち出した。


 高い支持率を背景に鳩山氏は国際社会に約束したが、その後約8カ月で辞任した。菅首相は支持率が低迷し、政権末期の状況にあることは、どの国の首脳も知るところとなっている。

 そんな首相が国際社会で新たな約束をすることは、むしろ次世代に新たな重荷を背負わせることにもなりかねない。(パリ 酒井充)
 
 いや、この無能馬鹿にとって、次世代は無論、現世代に対する負担増なども全く、自分のパフォーマンスのためにはどうでも良いことなのだ。

------------------------------------------------------------

ワイドショー通信簿】仏大統領にさっそく釘差された菅首相「脱原発なんて言うなよ」

2011年05月26日12時00分
提供:J-CASTテレビウォッチ 6コメント6total..朝ズバッ!


日本時間の今夜(2011年5月26日)からフランスのドービルで始まるG8サミット。東日本大震災による東電・福島原発の事故を受けて原子力の安全性が主要なテーマだ。日本の菅直人首相の発言が注目されている。だが、首相をみる「朝ズバ!」の面々の眼差しは期待というより不安気だ。

米仏「推進」、独伊「脱原発」のサミット
サミット開催に先立ち、首相は主催国フランスのサルコジ大統領と会談した。首相が原発事故への支援に感謝するとともに「原発事故の徹底的な検証を踏まえ、安全性を確保する中で原子力を活用していく」と述べたのに対し、サルコジ大統領は「原子力か原子力なしでいくのかという議論は適切でない」と応じた。



司会のみのもんたが問いかける。「このやりとりはなにを意味しているのか」

コメンテーターの金井辰樹(東京新聞政治部次長)が解説する。「こんな事故があってからといって、まさか、脱原発なんて言うんじゃないよね、菅さん、という意味ですよね」。

みの「念を押された?」

金井「そうだと思いますよ。原発に関しては推進の米仏と脱原発に舵を切った独伊で見解がかなり違う。それで、サミットが始まる前に菅さんと最初に会って・・・」。

みの「釘をさされたわけ?」。

金井「そういうに理解していいと思いますよ」

みの「そういえば、サルコジさん、震災後いきなり飛んできましたよね」

金井「それぐらいフランスにとって、原発は自分たちのエネルギー政策という意味でも、原発の技術を輸出する意味でも、大事なものだということです」

心配な受け狙いの思いつき「国際公約」
北川正恭(元三重県知事)も「菅さんが推進派のサルコジさんにつられて、安全性を確保しながら活用といったのか、そんな(外交の)駆け引きが垣間見られたですね」

小松成美(ノンフィクション作家)は「いまだからこそ、日本はエネルギー政策を提言できる立場にいる。未来の子どもたちにとってどんなエネルギーがいいのか、このサミットで提言してほしい」

最後に北川が駄目を押した。「思惑で先行してしゃべるんじゃなくて、科学的な根拠をそろえて断固やるという決意が見えなくてはいけない」

みの「まあ、サミットというと、写真撮影の時、どの位置に並んで写るかといったことばかりが話題になるんですけどね」

さて、菅首相、記念写真でどの位置に並ぶのか。ともかく、受け狙いの思いつき的パフォーマンスで「国際公約」をして来てもらっては困ります。

 まあ、ワイドショーネタではあるが、今までの経緯や癌総理、猿誇示氏の発言など考えればそんなところだろうとは十分に納得できる。
スポンサーサイト

コメント

子孫への負債

震災復興資金に対して、国債は子孫への借金の付け回しとの意見はよく耳にします。実際は、対外国負債でない限りは、債権を残すとも云えるのですが…。
しかも、代わりに消費税での調達となると、以後も税率が引き下げられる見通しはなく、負荷増を確定させるだけでも罪作りでないかと思えます。
その一方で、税の無駄遣いはおざなりにもなって、この点も子孫への背徳行為と云えます。

さて、ルーピー鳩山によるCO2の25%削減に続き、今回もまたスッカラ菅によって技術的裏付けも未だない目標を世界に向けて公言されました。どちらも国民の預かり知らぬ内に狂人により勝手に為されたとは云え、日本の看板の下である以上、その実行が伴わぬ場合は日本の信用を貶める事となります。云わばこれも姿を変えた子孫への負債と云えます。
何が債権で何が負債であるかの見極めも付かぬ政治家、評論家、マスゴミは、真に生ける負債の放し飼いと思えてなりません。

子孫への負債

>あづまもぐら様

>震災復興資金に対して、国債は子孫への借金の付け回しとの意見はよく耳にします。実際は、対外国負債でない限りは、債権を残すとも云えるのですが…。

そうですね。貸しているのは国民なんですから。

>しかも、代わりに消費税での調達となると、以後も税率が引き下げられる見通しはなく、負荷増を確定させるだけでも罪作りでないかと思えます。

結局、将来100年に渡って処理すれば済む借金(だとしても)を、今寝ている病人の布団をはぎ取るやり方で返させようとしているのが馬鹿政権です。よいよい与謝野とかね。

>その一方で、税の無駄遣いはおざなりにもなって、この点も子孫への背徳行為と云えます。

今私たちがなすべきは、日本を建て直し、きちんと復興した状態で子孫に引き渡すことであり、税金で疲弊し、節電で衰弱した産業を引き渡すことではないはずです。

>さて、ルーピー鳩山によるCO2の25%削減に続き、今回もまたスッカラ菅によって技術的裏付けも未だない目標を世界に向けて公言されました。どちらも国民の預かり知らぬ内に狂人により勝手に為されたとは云え、日本の看板の下である以上、その実行が伴わぬ場合は日本の信用を貶める事となります。

実際、震災があったとはいえ、25%のCO2削減も、その反対政策を癌総理が打ち出したわけですし。

>云わばこれも姿を変えた子孫への負債と云えます。

全くです。

>何が債権で何が負債であるかの見極めも付かぬ政治家、評論家、マスゴミは、真に生ける負債の放し飼いと思えてなりません。

そのことを無視して、今政争をしている場合ではないから癌除去は後にしろという世論が大きいのは、いかに自分たち及び子孫に降りかかる災厄を見過ごしているかと言うことなんですが。

さるお方も、間接的に原発を将来廃絶しなければならないと主張することで、その愚民に荷担していることになります。ええ、さるお方です。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。