スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっちまったか、癌総理

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



 いやはや、どうもまた大騒ぎになりそうで、自民の谷垣坊ちゃん総裁など、週明け国会で厳しく追及するというのだけれど、どうも迫力に欠け、また狡猾破廉恥な癌総理の敵ではないように思う。なにしろ、福島原発事故が人災であり、それも癌総理が直接其の原因を作った張本人だというのだ。この件については後述することにして、とにかく記事を時系列順に並べてみる。
 
 《》は引用
 
------------------------------------------------------------

震災翌日の原子炉海水注入 首相の一言で1時間中断

2011.5.21 00:42

 東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発1号機に関し、3月12日に東電は原子炉への海水注入を開始したにもかかわらず菅直人首相が「聞いていない」と激怒したとの情報が入り、約1時間中断したことが20日、政界関係者らの話で分かった。

 最近になって1号機は12日午前には全炉心溶融(メルトダウン)していたとみられているが、首相の一言が被害を拡大させたとの見方が出ている。

 政府発表では3月12日午後6時、炉心冷却に向け真水に代え海水を注入するとの「首相指示」が出た。だが、政府筋によると原子力安全委員会の班目春樹委員長が首相に海水注入で再臨界が起きる可能性を指摘、いったん指示を見送った。

 ところが、東電は現場の判断で同7時4分に海水注入を始めた。これを聞いた首相が激怒したとの情報が入った。東電側は首相の意向を受けてから判断すべきだとして、同7時25分に海水注入を停止した。その後海水注入でも再臨界の問題がないことが分かった。同8時20分に再臨界を防ぐホウ酸を混ぜたうえでの注水が再開されたという。

 自民党の安倍晋三元首相は20日付のメールマガジンで「『海水注入の指示』は全くのでっち上げ」と指摘。「首相は間違った判断と嘘について国民に謝罪し直ちに辞任すべき」と断じた。これに対し、枝野幸男官房長官は20日夜「安倍氏の発言が偽メール事件にならなければいいが」と牽制(けんせい)。首相周辺も「激怒はしていない。安全を確認しただけだ」と強調した。
 
 これだけ読むと、とにかく緊急手段として炉の冷却が何より最優先されたため、東電が現場の判断で海水の注入を始めたことを聞いた原子力安全委員会の斑目委員長が、そんなことをすれば燃料の再臨海が起きる可能性があると言いだし、また癌総理が、「海水注入など俺は聞いてないぞ、すぐ止めろ」と激怒し、中部電力社長が言ったように総理の言葉は非常に重いと考えたか、東電は海水注入を止め、その結果メルトダウンが起きたかもしれないとのこと。その後、海水を入れても再臨海の可能性は無いと分かり、海水注入が再開されたとのことだが、文脈からすれば癌総理が、海水を入れろと指示したのだろう。
 
 これが本当であればきわめてゆゆしい問題であることは間違いない。注水が一時中止されたことでメルトダウンが起きた可能性はむろん高くはなるが、全ての炉で完全なメルトダウンが起きていると見られるのだから、一号炉のみの注水停止が全ての事故の主原因ではないだろう。だが、そもそも現場の技術対処につき、総理大臣がその権限で口出しをすることが許されるのか。仮に、注水が中断されたことが事故に関係がないとしても、現場に任せることが出来ない指揮官など、空恐ろしい存在でしかない。
 
 癌総理は想定外の出来事だった、必ずしも完全ではないが最善を尽くした、と言い訳をするが、国家の運営などは想定外の連続ではないのか。大規模災害は想定外だと言ってはいられないし、戦争もそうだろう。まさか戦争になるなど想定外だというなら、国防など意味がない。
 
 新種の病気が蔓延するかもしれないし、テロが起きるかもしれない。このようなことに対処できない政府どころか、よけいな口出しをして災害を増幅させかねない総理大臣こそ、最大最悪の災厄ではないのか。今までも癌総理が最悪だとは思っていたが、日々新たにこれほどひどいのかとの思いをする。総理たる者、口が裂けても、初めてのことだからとか、想定を超えた出来事だから等と言ってはならないだろう。
 
 同じように言ってはならないことを、この男は平気で口にしている。すなわち、今は評価されなくても歴史が評価するだろうと言っているが、開いた口がふさがらない。この男の馬鹿さ加減で被害を被っているのは現在の我々なのであり、国民の多くが負の評価していないのに、それを無視して歴史が評価するとは、この男の恥という概念は、権力を失うことだけにしか関わっていないのだろうと思えて仕方がない。
 
 
 さて、例によって、この注水注視命令は言った言わないの責任のなすりつけ合いが始まった。いつものことではあるが、ここまで見苦しいと言葉が無くなる。しかし、言葉を続ける。
 
------------------------------------------------------------

政府、首相の注入中断否定に躍起 過去資料を訂正

配信元:
2011/05/21 23:12

 東京電力福島第1原発への海水注入が菅直人首相の「聞いていない」発言により中断したとされる問題で、政府は21日、打ち消しに躍起となった。細野豪志首相補佐官は「事実に基づかない」と反論したが、過去に発表した政府資料を都合良く訂正しており、むしろ疑念を深めたといえる。自民党は週明けから国会で徹底追及する構え。

 それによると、首相は3月12日午後6時に始まった政府内協議で「海水注入で再臨界の危険性はないか」と聞いたところ、原子力安全委員会の班目春樹委員長が「危険性がある」と指摘したため、ホウ酸投入を含めた方法を検討した。

 東電は午後7時4分から1号炉でホウ酸を入れない「試験注入」を始めたが、官邸の指示を待つために同25分に注入を停止。首相が海水注入を指示したのは同55分だったとしている。

 細野氏は、東電の試験注入について「原子力安全・保安院には口頭で連絡があったが、官邸には届かなかった。首相が激怒することもない」と首相の関与を否定。過去に公表した政府資料に「午後6時の首相指示」との記載があることについては「『海江田万里経済産業相が東電に海水注入準備を進めるよう指示した』と記述するのが正確だった」と訂正した。

 この問題を受け、自民党の谷垣禎一総裁は21日、新潟市で「事態の処理を遅らせたとすれば人災という面が非常にある」と批判。同日夕、大島理森副総裁、石原伸晃幹事長らと党本部で協議し、週明けから原発事故の政府対応を国会で徹底追及する方針を決めた。

 鳩山由紀夫前首相も北海道苫小牧市で、政府の事故対応を「事実が必ずしも国民に明らかにされていない。重く受け止めなければならない」と批判した。
 
 ルーピーが何を言うかとのつっこみは別として、結局政府が口を差し挟んだこと自体否定していないし、癌がかんかんに怒ったことはないというが、東電の幹部を怒鳴りつけたなぢ、イラカンがこのときは怒らなかったと言っても信憑性など全くない。案の定、責任を押しつけられた本人が、そんなこと俺は言ってないぞ、と言い出した。日本がつぶれると癌総理が言ったとぽろりと漏らし、後からあれは自分が言ったことだった、と言い訳をした本人が今度は俺はあんなこと言ってない、(いい加減にしろよ、まったく)。注:()内は私の想像による、本人の内心の声。
 
------------------------------------------------------------ 
 
「班目氏が再臨界の恐れ」…本人「言ってない」

 政府・東京電力統合対策室は21日の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所1号機で東日本大震災の発生翌日に行われていた海水注入が中断していた経緯を説明した。

 この中で対策室は、内閣府原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長が3月12日、菅首相に「海水を注入した場合、再臨界の危険性がある」と意見を述べ、それを基に、政府が再臨界の防止策の検討に入ったとしていた。しかし、班目氏は21日夜、読売新聞の取材に対し、「再臨界の恐れなど言うはずがない」と対策室の説明内容を真っ向から否定した。

 東電側は、官邸で再臨界の危険性の議論が続いていることを理由に海水注入を中断したとしており、班目氏の再臨界に関する指摘の有無は、対策室の説明の根幹部分といえる。対策室と班目氏の言い分の食い違いは、23日からの国会審議で大きな問題となりそうだ。

(2011年5月22日03時04分 読売新聞)

 そうしたら、今度はあれは東電が勝手にやったんだと汗かき無能長官が言い出した。
 
------------------------------------------------------------

海水注入中断は東電の判断 枝野氏が認識示す

2011年5月22日11時7分

 枝野幸男官房長官は22日、東京電力福島第一原発1号機で震災翌日の3月12日にいったん始めた原子炉への海水注入が一時中断された問題について「東電がやっていることを(政権側が)止めたようなことは一度も承知していない」と語り、海水注入の中断は東電側の自主的な判断との認識を示した。被災地視察で訪れた青森県三沢市で記者団の質問に答えた。

 政府・東電統合対策室も21日の記者会見で同じような見解を表明しており、枝野氏の発言は政権中枢としても確認したものだ。

 枝野氏は「なぜ早くやらないんだと催促したことは何度も直接知っているが、逆方向のことは一切ない」と強調した。
 
 それはまずいと思ったか、今度は細野不倫補佐官は、あれは斑目氏が言ったんだ、とまた不倫の言い訳のようなことを言い出した。
 
------------------------------------------------------------

再臨界「班目氏が言ったと記憶」=細野氏

2011年 5月 22日 12:10

 細野豪志首相補佐官は22日のフジテレビの番組で、福島第1原発1号機への海水注入が一時中断した背景に、班目春樹原子力安全委員長が再臨界の危険性を指摘したことがあったとされることについて「班目氏自身がそう言ったと記憶があるが、確認する必要がある」と語った。

 細野氏は、海水注入中断を含む検証作業に関し、「全ての責任は、関わった人間は全て、政治家は特に取らないといけない」と強調した。 

[時事通信社]

 つまり、俺はそう聞いたと思っているけれど確認はしていない、と実にいい加減なことを言っているわけだ。政治家は責任を取らなくてはならない、って今更何を。癌総理に一番必要な心がけだと思うが、自分も確認さえしていないことを言い出す無責任さは自覚していないらしい。モナもあきれるだろうかモナ。
 
 まあ、要するに上から下まで全員が俺は知らない、俺のせいではない、あいつが悪いと言い合っているわけだ。こんな政府に復興の舵取りを任せるしかないと思っている国民が、一説には70%も居るそうだけれど、たしかに誰に代わっても同じだとの思いが大きいのだろう。
 
 いずれにせよ、癌政権が口裏を合わせ、責任転嫁をしたのは間違いがない。なぜなら、斑目委員長の抗議にたいし、簡単に声明を訂正している。何度も何度も同じことを繰り返すこの無神経さがとうてい理解できない。
 
------------------------------------------------------------

班目氏が政府発表に「名誉毀損だ」と反発 政府は「再臨界の危険」発言を訂正

2011.5.22 20:42

 内閣府原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長は22日、東京電力福島第1原子力発電所への海水注入が菅直人首相の発言を契機に中断したとされる問題で、政府・東電統合対策室が「班目氏が首相に『海水注入の場合、再臨界の危険がある』と述べた」と発表したことに反発し、福山哲郎官房副長官に文言の訂正を求めた。政府は班目氏の発言は「そういう(再臨界の)可能性はゼロではない」だったと訂正した。

 班目氏が官邸・東電側の説明の根幹を否定し、政府が追認したことで、政府発表の信憑(しんぴょう)性に疑問符がついた。海水注水がなぜ中断したのかは、明らかにされておらず、首相の発言が事態を悪化させた可能性は残っている。混乱する政府の対応は、23日からの国会審議で問題になりそうだ。

 班目氏は22日、内閣府で記者団に「そんなことを言ったら私の原子力専門家の生命は終わりだ。名誉毀損(きそん)で冗談ではない」と強調。さらに「(真水を)海水に替えたら不純物が混ざるから、むしろ臨界の可能性は下がる」と説明していた。

 一方、細野豪志首相補佐官は22日のフジテレビ「新報道2001」で「『真水から海水に替わるわけだから何か影響はないのかしっかり検討するように』という首相の指示は出た」と述べた上で、海水注入による再臨界の危険性には「班目氏自身がそう言ったと記憶がある」と語っていた。

 枝野幸男官房長官は青森県三沢市で記者団に「東電がやっていることを(政府が)止めたことは一度も承知していない」と政府の指示を否定した。
 
 そして、最終的には汗かき無能長官が、何をやったにしても東電の責任だと言い放ったわけだが、ここに至るまでずいぶん紆余曲折がある。なぜ、こんなに時間がかかるのか、即座に否定すれば良かったろうし、癌総理がよけいなことを言ったのではないかとは、事故発生の直後から言われていたのではないか。そして、癌総理の失言は公の場でも数限りなく繰り返されているのだ。この件に限って癌総理が何も言わなかったとはとうてい思えない。なにしろ、自分は原発には詳しいと自慢した人物ではないか。俺は聞いていないと何度も怒鳴った人間ではないのか。一切自分では責任を取ろうとしない人物が、今回だけは関与していないなど、とうてい信じられないが。

 
スポンサーサイト

コメント

No title

海水注入の件を自民が国会で追及したら、
「そんなことやっている場合か。今そんなことどうこう言ったところで、原発が収束するのか。被災者のことを考えろ。自民がやってきた原発推進政策の反省がない」
と、マスコミから逆に総叩き。

今こんな記事を見ました。

*****

浜岡原発、永久廃止を=参院で地震学者の石橋氏
2011年5月23日
 地震学者の石橋克彦神戸大名誉教授は23日、参院行政監視委員会で参考人として意見陳述し、全面停止した中部電力浜岡原発について「東海地震による大きな揺れ、大きな地震の続発、地盤の隆起変形などすべてが恐ろしく、津波対策をすれば大丈夫というものではない」と述べ、永久に閉鎖すべきだとの考えを表明した。
 かねて地震と原発事故が複合した「原発震災」が起きると警鐘を鳴らしてきた石橋氏は、浜岡以外の原発についても第三者機関を早急に設置してリスクを評価し、危険なものから順次閉鎖するよう求めた。また、地震という観点から浜岡の次に危険な地域として、14の原発が林立する若狭湾一帯を挙げた。
 同委員会には、石橋氏や京大原子炉実験所の小出裕章助教ら4人が参考人として出席した。
******

これから定期点検に入る原発も、その後の再開はできない可能性が
高いですよね。自治体が再稼働を認めないでしょうから。
菅首相が「要請」して再稼働させるなんてことは考えられないですし。その頃自民党に政権交代していたとしても、再開させられるかどうか・・・
SoftBankの孫氏がやけに元気に動き回り、神奈川新知事も「太陽の神奈川へ」なんて張り切っていますが、日本はもう貧困国への道へまっしぐらかもしれません。
暗澹たる思いです。

No title

>麻美様


>「そんなことやっている場合か。今そんなことどうこう言ったところで、原発が収束するのか。被災者のことを考えろ。自民がやってきた原発推進政策の反省がない」
>と、マスコミから逆に総叩き。

大体赤非系だと思いますが。ただ、今日などの国会でも、自民の谷垣総裁の詰めが甘く、結局癌総理にのらりくらりと逃げられたようで、やはりこんな坊ちゃん総裁では狡猾な癌総理には太刀打ちできないとの印象を深めてしまったようです。そんなところをマスコミにつっこまれるんでしょうね。

> 同委員会には、石橋氏や京大原子炉実験所の小出裕章助教ら4人が参考人として出席した。

この石橋氏や小出助教は、普段から原発廃止論者ですね。むろん、彼らなりの主張をするのは自由ですが、廃止論者を参考人として呼ぶなら、推進論者も同数呼ぶべきです。しかし、もし、廃止論者だけを呼んだのだとしたら、非常に意図的な世論操作ということになるでしょう。ですが、自民が原発推進というわけではなく、感情的に原発は怖いという世論に今自民が逆らうわけにも行かず、雪崩を打って反原発に動くのでしょう。現実に、福島の直前まで原発推進を打ち出していたドイツのメルケル政権は、本格的に原発廃止を政策として決めました。いま、国民の意思に逆らって政権を失うわけには行かないと言う思いがあるのでしょうね。

日本の場合も、理論ではなく感情が突っ走っており、現実に原発を廃止した場合の経済的な負担増、自然再生エネルギーの危険性やコストが、いずれ重くのしかかってくることまで国民は理解していません。しかし、政府は無論、野党もあえて国民の感情に逆らうことが出来ない状態です。



>
>これから定期点検に入る原発も、その後の再開はできない可能性が
>高いですよね。自治体が再稼働を認めないでしょうから。

多分そうでしょうね。

>菅首相が「要請」して再稼働させるなんてことは考えられないですし。その頃自民党に政権交代していたとしても、再開させられるかどうか・・・

いや、無理でしょうね。

実際に、原油が暴騰し、資源の取り合いで国際情勢が不安定になり、電力不足や自然再生エネルギー導入のための負担が大きくなって経済が傾いても、それが原発廃止のためだと理解する国民がどれだけ居るか、民意がどれだけ動くかは分かりません。


>SoftBankの孫氏がやけに元気に動き回り、神奈川新知事も「太陽の神奈川へ」なんて張り切っていますが、日本はもう貧困国への道へまっしぐらかもしれません。
>暗澹たる思いです。

同感です。太陽光発電の現在のエネルギー収支は20-30倍です。これは太陽光発電装置の生産に必要なエネルギーの20倍から30倍のエネルギーを太陽光パネルの寿命内に得ることが出来るから、太陽光発電は原子力に代わりうるというのが孫社長の主張であり、それに乗っかることが政治家としてのイメージアップにつながるからでしょう。静岡の川勝知事など最たるものです。しかし、このエネルギー収支は全くの出鱈目であり、だからこそ、莫大な公的支援が必要になるし、またあれだけ国を挙げて推進していたドイツがあきらめた訳です。

太陽光発電も風力発電も、結局送電や蓄電のためのコストが入っていなく、それを入れるととうていメインにはなり得ないエネルギー収支なのですが、故意にこの必要経費を入れない(蓄電コストは技術的な見通しさえ立っていません)数字で推進しようとしているわけで、結局イタリアのように自前の原発を止めて、他国の原発による電力を買う羽目になります。あるいは、スエーデンやデンマークなどのように、たくさんの火力発電所を作らなければならないことになります。

しかし、脱原発論者はそのような論争はとても出来ない状態ですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。