スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理論的に脱原発論を

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


 毎回原発推進論を、私なりに根拠を挙げ、事実を検証しながら主張しているが、あいかわらず反原発で書き込んでくるコメントは反論する意味もない単なる悪口でしかない。本日もこんなコメントが有った。

 私のエントリー「今こそ原発推進を」に対するもので、同じようなレベルの駄コメントが書き込まれているがおそらく同一人物ではないのか。


 「原発信者の皆さん、どうやら信心が足らなかったようですねw
これから原発を新設するには耐震基準やら安全基準やらが厳しくなってますますコスト高になるでしょうね
それ以前に用地はどう確保するのだろうか?
目先の利益のみを追求して得た素晴らしい結果ですねw
2011-05-02 08:24 | 原発教団」

 コスト高なら、自然再生可能エネルギーの方が桁違いに大きい、危険性も実際に出ている犠牲者の数や健康被害などをみると自然再生可能エネルギーも、火力発電も桁違いに大きな数字がすでに記録されている。用地に至っては噴飯物で、エネルギー密度の低い自然再生可能エネルギーの方がよほど用地確保など出来る物ではない。
 
 はしょって言うなら、危険性やコスト、環境負担は、エネルギー密度の低さに反比例する。
 
 100万kWの発電所を1年間運転するために必要な燃料

石炭236万トン熱効率:  41.2%、発熱量:約6,200kcal/kg
石油131万トン熱効率:  39.8%、発熱量:約9,600kcal/リットル
天然ガス97万トン熱効率: 48.0%、発熱量:約13,000kcal/kg
濃縮ウラン21トン熱効率: 34.5%、燃焼度:約45,000MWd/トン-U

(出典:原子力2003、経済産業省資源エネルギー庁編集)

 つまり単純に言うなら石炭236万トンと21トンの濃縮ウランは同じエネルギーを発生させることが出来るのであり、つまりウランは石炭の10万倍以上のエネルギー密度を有している。火力発電で一番効率の良い天然ガスよりも4万6千倍以上のエネルギー密度を有していることになる。この差が、コストやリスク、環境汚染度に反比例して原発が優れていると言えるゆえんだ。

とはいえ、このように説明しても、上記のような馬鹿なコメントしか書けない連中は読みもしないし、読んでも理解できない。だから、下記の記事は、こんなレベルの連中ではなく、もう少し理論的に考えられる反原発論者に対する物だが、探してみてもきちんと理論的に反原発を主張する記事が、メディアでもネットでも見つからないのだ。

とりあえず、反原発などでググって見たが、まとまった理論が出てこない。しかし、検索の上位に出てくる記事をとりあえず読んでみた。

反原発の項目で最初に出てきたのは

《》は引用

------------------------------------------------------------

原発がどんなものか知ってほしい

原発がどんなものか知ってほしい(全)
平井憲夫

私は原発反対運動家ではありません

 私は原発反対運動家ではありません。二十年間、原子力発電所の現場で働いていた者です。原発については賛成だとか、危険だとか、安全だとかいろんな論争がありますが、私は「原発とはこういうものですよ」と、ほとんどの人が知らない原発の中のお話をします。そして、最後まで読んでいただくと、原発がみなさんが思っていらっしゃるようなものではなく、毎日、被曝者を生み、大変な差別をつくっているものでもあることがよく分かると思います。

私は原発反対運動家ではありません

「安全」は机上の話
素人が造る原発
名ばかりの検査・検査官
いいかげんな原発の耐震設計
定期点検工事も素人が
放射能垂れ流しの海
内部被爆が一番怖い
普通の職場環境とは全く違う
「絶対安全」だと5時間の洗脳教育
だれが助けるのか
びっくりした美浜原発細管破断事故!
もんじゅの大事故
日本のプルトニウムがフランスの核兵器に?
日本には途中でやめる勇気がない
廃炉も解体も出来ない原発
「閉鎖」して、監視・管理
どうしようもない放射性廃棄物
住民の被曝と恐ろしい差別
私、子供生んでも大丈夫ですか。たとえ電気がなくなってもいいから、私は原発はいやだ。
原発がある限り、安心できない

 ここで主張されているのは、いかに原発の管理が出鱈目であったかということであり、原発自体が危険だ、コストが高い等という物ではない。だから、冒頭に、私は「私は原発反対運動家ではありません 」と断り書きがあるのだろう。この、原発管理体制がきわめて出鱈目であった点については私も否定しないし、それについては私も糾弾している。すなわち、技術的には未然に防げた事故を、人間の管理が出鱈目だったから引き起こしてしまった、あれは人災だと言っているわけだ。
 
 だから、技術的に確立している安全策をきちんと採れば、原発は安全だという反証の裏付けになるわけだ。
 
 次に、検索に出てきたのはヤフー知恵袋による物だった。
 
------------------------------------------------------------


Yahoo知恵袋 原子力発電所反対派の人に質問です。

紫文字は私の注釈。なお、省略せずに原文をそのまま載せている。

もとの質問

「原子力発電所反対派の人に質問です。○○○○さん

原子力発電所反対派の人に質問です。

今回の福島原発・・・・大変ですよね。原発はやはり危険です。
では原発はあってはならないのかと言われたらそれはNOではないかと
私は考えます。

●原発はなくてもいいのか?→なかったら現在のように電力不足となる
●じゃぁ代替となる発電設備を使えばいい。→火力発電所しかない
●火力発電所でいいじゃない。→大量のCO2排出に加え燃料は今後高騰していくので無理
●バイオマス、風力、水力、地熱発電を忘れてないか?
→バイオマスは食糧価格を急激に高騰させる
風力は台風に弱く騒音も激しい上に発電量は少ない
水力はクリーンだがやはり発電量が全然足りない
地熱発電は設置箇所が無い、おまけに発電量もきつい

やはりここまで電力に頼りきった生活環境が出来上がった以上原発は
必要じゃないかなと思います。豊かな暮らしの代償ですね。もし近所に
原発があったとしても私は従事している職員の方々を信じて暮らします。
いや、もちろんそれは詭弁だと言われるかもしれませんがね。
原発が無いと流通もストップしかねませんし社会の発展も減速します
それでもなお原発に反対する理由とは難なのでしょうか?意見を聞かせてください。

ただし、論理的な意見をお願いします。人の考え方は千差万別なので
私と正反対な意見は興味深く聞かせていただきますが感情論丸出しな
意見は・・・・・勘弁願いたいです。
馬鹿な私の駄文を読んでくださってありがとうございます。

補足なるほど、私の知らない情報も記述していただきうれしい限りです。
が、本文でも書きましたがxxxxxxさん のような感情論は
やめてください。他のお二方はなかなかためになる回答でしたがこちらの
方のような回答はなんの理解も深めることが出来ない上に不快です。
こう・・・・もっと実のある私への反論をお願いいたします。
意味は無いかもしれないけどxxxxxxさんは削除申請
しときます。


ベストアンサーに選ばれた答


「私は原発がそばに来たら引っ越します。しかし都市部なので原発が建設されることは100%ありませんね。

やはり作る側は、危険を知っていて、絶対安全と嘘をついていたことが今回の件で明らかに成ったと感じます。

つまり現在ある豊かな生活は、周辺住民を詐欺的行為でだまし犠牲にし、半減期が2万年に及ぶ廃棄物を何世代にも及ぶ、未来の子供に押し付ける極めて卑劣な行為だと思います。

きわめて悪意に満ちた印象操作でしかない。詐欺、だます、犠牲、おしつける、卑劣 これらの言葉の裏付けがない。プロパガンダによく登場する手段だが、原発による生活レベルで、どれだけの子供達が未来を保証されているかの検証を全くしていないなどがその理由といえる。

しかし資源の無い貧しい技術立国のわが国が原発をやめれば、現在の生活を維持できない事は当然理解できます。

現在の人口で高度経済成長期以前に戻れば、餓死者も出るでしょう。
でも今気持ち良かったら後はどうでも良い。というのはまるで麻薬中毒者のいう事と同じではないでしょうか?

別に気持ちの良い生活のためだけに原発を使っていたわけではない。快適な生活は副産物であり、より重大な理由は、日本経済を発展させ日本の製造業を支えるためだ。

我々が現在払っている代償はあまりにも大きいと思います。

そう言うなら、原発を廃した場合の代償と比較すべきではないのか。

ではどうすればいいのか?無駄を極力排し生活水準を落としてでも、可能な限り原発は止めていくべきだと思います。
電気代を10倍にすればもっと節電を出来るのではないかと感じています。

つまり弱者切り捨てを正当化しているわけだ。電気料金が10倍になれば当然支払えない経済弱者の生活は成り立たない。高齢者や病人、障害者は経済弱者になり勝ちだが、昨年の猛暑でさえ、エアコンをつけられなかった高齢者が多数亡くなった。この犠牲者を何倍にふやしても良いなら、むろん、電気料金を10倍にするのも良いだろう。日本の製造業の競争力を大幅に引き下げ、企業の海外脱出を促して大量の失業者が出ても良いならそれでも良いだろう。製造コストの大幅上昇から日本の物作りが壊滅するのもかまわないなら、それでも良いのではないか。未来の子供達がどんな惨めな生活をしようと、自分はかまわないならもちろん、良いのではないか。

未来の子供たちに21世紀人類の蛮行と批判されないように、私たち一人一人が考え次世代の真実クリーンな発電を待つしか無いと思います。

原発の安全性がもし高くてもテロや戦争で攻撃を受けたら・・・核弾頭に使用される核物質は十数キロ程度ですが、原発ではトン単位の核物質を使用します。人の住めない大地になりますよ。武力も外交力もないこの国が生き残れるのでしょうか?

これは理論にも何もなっていない。核爆発はそれこそ核分裂のエネルギーで瞬時に核物質をまき散らし、放射線物質をまき散らし、そして爆風と熱射で人を殺傷するのが目的であって、原発では原理的にそのようなことは起きない。これをためにする屁理屈という。実際に、原子炉用の核燃料の濃縮度は2-5%程度であり、核爆弾の濃縮度は90%以上であって、原子炉が核爆発を起こすことは物理的に不可能である。

それとも原子力を使い続け滅びの道を選択しますか?

最後に今回の被爆者もたとへ癌が発症しても因果関係が証明されていないとか言って、霞が関は長期の裁判で被害者が死ぬのを待つでしょうね。原爆被害者と同じように。

自分でも書いているように今回の被爆者と発ガンの因果関係が認められなければ意味がない屁理屈であり、原爆と原発の区別も付かない幼稚なおつむの持ち主の単なる感情論でしかない。


「質問した人からのコメント
なるほど、みなさんありがとうございます。
実は私は大学院で環境について学んでいまして・・・今回のことは
自分の認識を大きく見つめなおすいい機会でした。
私としては代替発電所ができるまでの間のつなぎとして依存する
しかないとは思う
のですがやはり学術的見解から見ると皆さんの
いうとおりなのですよね・・・。難しい問題ですが一番理論的で
しっくりと感じたこちらの方をBAとさせていただきます。
ありがとうございました。」

代替発電所が出来るならもちろん脱原発もけっこうだが、それまでにどのくらい待てばよいのか、日本がそれまでもちこたえられるかを考えなければ意味がない。


「結論から言うと私は原発には反対である。

ただしこの問題は感情論抜きで論じることは出来ない。
そもそも日本でこれほど電力が必要とされるのは際限なく欲望を満たそうとするからである。
つまり原発が必要だというのは、「贅沢したい」という感情に基づいている。

現代生活を維持することが贅沢をしたいという感情だけなら、贅沢を止めよう、で片が付くが、電気がないことで死ぬ人間はそうは言えないのではないか。ちなみに電気がないことで死ぬ人間とは、車が無いことで死ぬ人間は、交通事故で死ぬ人間よりも桁違いに多いという同じ理屈だ。電気が不足して食料生産が落ち、冷凍設備が働かなくて食料が腐って失われ、その結果飢えが広がることは無視できるのだろうか

逆に原発に反対するのは、今回のような事故で「死にたくない」あるいは「死ぬ危険性と共に生活したくない」という人々の感情に基づいている。

現時点で原発が利用されているのは、贅沢したい>死にたくない
という風潮が現代社会でまかりとおっているからでは?
その理由はおそらく単純に人数の問題。
原発で贅沢できる人間の数>原発で死ぬ人間の数だから。


この前提が間違っているのは上に述べた

しかし、贅沢したいという感情が死にたくないという感情より高い価値を持つというのはいかがなものだろうか?
大勢が贅沢出来るからという理由で少数が死ぬ危険と共に暮らすべきだというのは正しいのだろうか?

また、この種の問題でよくある誤りは、
原発賛成=豊かな暮らしのため、社会の発展のためであり<理性的な主張>
原発反対=危ないと騒ぐだけの<感情的な主張>
と思いこむことである。
原発賛成者の中にはこのような勘違いをしている者もいるのではないだろうか。

どちらも結局は利己的で感情的な主張である。ただし私はデメリットを受ける方の主張を優先すべきであると、取りあえずは主張したい。

※単純に、かつちょっと感情的に言えば・・・
原発に反対するのは危険だからに決まってるじゃないですか。今まで何回も事故ってたし。
そもそも贅沢しなきゃいいじゃないですか。「豊かな生活」とやらを守るためには原発周辺に住む人が今回みたいに危険な目にあっても良いってことですか?
私はそうは思いません。」

「数千万人を一度に殺してしまう可能性のある原発。
他の発電にはあり得ません。
メリットに比べデメリットがあまりに大きすぎる。


そもそもこの数千万人を殺す可能性というのはどこから出てきたのか。もしこの可能性を言うなら、明日核戦争が起きて人類が全滅する可能性を心配した方が現実的だが

確かに火力は環境汚染がありますが、何千万人も殺したりしません。

よって、この何千万人という数字は回答者の頭の中にだけある数字であり、意味がない。しかし、実際に確認されている数字なら、すでに化石燃料で数百万人が死んでいる

一律2割電力使用量カット、テレビ局は24時間放送をやめる、
24時間営業をやめるなどの対策で、電力使用量を減らし、
原発に頼らない国へ。

テレビ放送はともかく、一律2割カットで落ちる生産性や弱者の死亡率上昇は計算に入れないつもりらしい。なんとも都合の良い反対論だ


それと
放射性廃棄物の問題
コンクリートで固めて地中深く埋めても
100年後、200年後にどうなるのか。
放射能は半永久的に活動します」


人類が利用するその何十倍、何百倍もの天然ウランや放射性物質が地中や海中に地球誕生以来存在している。すなわち、放射性廃棄物は、人類から隔離できれば、天然に存在している放射性物質と同じこと。

 さて、個人の無知な反原発論とは別に、このような構想を打ち出す公的機関もある。
 
 ------------------------------------------------------------
 
震災復興住宅全戸に太陽光パネル 宮城県の会議が構想

2011年5月2日7時58分

 宮城県が各界の有識者らを集めて2日に初会議を開く「震災復興会議」は、被災者が将来入る公営の復興住宅や自ら建てる住宅などの全戸に、太陽光パネルを設ける構想を打ち出す。設置費用の融資を国に求める。太陽光発電で余った電力を電力会社が買い取る制度を使って返す仕組みだ。

 座長に就く三菱総合研究所理事長の小宮山宏・前東京大学総長が、初会議で提案する。会議は8月をメドに震災復興計画をまとめ、必要な支援を国に求める。

 小宮山氏は1日、朝日新聞の取材に「毎年の収入で初期投資分を返せば、その後の収入は生活費の足しになる。全戸が一括購入すれば安くなる」と語った。自然エネルギーの普及に弾みをつける狙いもある。

 太陽光発電の余剰電力を電力会社が買い取ることを義務づけた「固定価格買い取り制度」は、2009年にスタート。経済産業省によると、電力を1日10キロワット時使う家庭に平均的な太陽光パネルを取りつけると、年間約9万6千円の収入が見込まれるという。

 宮城県内では1日までの判明分だけで住宅5万5千戸が全壊、1万2千戸が半壊した。県は約3万戸の仮設住宅が必要と見ており、被災者の恒久的な住まいになる住宅も相当数必要になる。(田伏潤)
 
 ここで言われているのは、被災地に再建する全住宅に太陽光パネルをつけ、その費用は国家負担とし、余った電力を電力会社に買わせることを義務づければ、被災者達の生活再建に役立つということだ。実に明快だが、そのコストをすべて国家に負わせるとは、(設置費用を国家から借りたとしても、その負債を電力料金の節約および電力会社に売ることでまかなうのであれば、結果としてそれは電力料金に反映される。すなわち、国民が負担することになる)結局最終的にこのような構想は国家による支援がなければ成り立たないことを意味している。
 
 およそ国家、すなわち国民に負担を負わせる発電方式は成立しないことを意味している。なぜそうなるのか。エネルギー収支のバランスが取れないからだと何度も書いている。
 
 まずそれだけ大量の太陽光パネルを生産するには膨大なエネルギーが要るが、そのエネルギーを火力発電や原発でまかなうこと自体がすでに矛盾ではないか。それを置いても、太陽光パネルが想定寿命、現在では最長25年~30年といわれているが、その間に発生させられる全生産エネルギーと、太陽光パネルを製造し、運搬し、組み立て、維持し、取り外し、廃棄するまでの全消費エネルギーのどちらが大きいかということだ。正確な計算は難しいし、設置場所などの条件にもよるが、現状では消費エネルギーが生産エネルギーを上回るのはほとんど無いと言える。なぜなら、太陽光エネルギーの密度が、あまりに低いからであり、さきに比較した化石燃料にも遙か遠く及ばないからだ。
 
 結局上記の提案が実現した場合、また太陽光エネルギーで原発に代替しようとした場合、その費用を国民が電気代負担するとすれば電気代がそれこそエネルギー収支バランスを無視ししても10倍になる。
 
 また、今は電気自動車が本格的に普及し始めるとされている。それも疑問があるが仮にガソリン車が電気自動車に代わった場合、そのための新しい発電需要は巨大な物になる。そのための電力を自然再生エネルギーでまかなうなら、とうてい電気自動車の不休は見込めない。電気自動車の本格的普及には政府の援助が無くても成り立つ状況、すなわち電池価格が今の十分の一くらいにならなければ成り立たない。
 
 また次のような記事もあった。それなりに根拠を挙げて、理論的な脱原発論ではないかと思うので、紹介する。

------------------------------------------------------------

【日曜経済講座】再生可能エネルギー、原発の代替は可能か

2011.5.2 08:55
.
 画像 各エネルギー源の特徴

各エネルギー源の特徴

 
 福島第1原子力発電所の壊滅的な状況を目の当たりにして、原発の安全神話は完全に崩れ去った。政府は平成22年のエネルギー基本計画で原発を軸に据えたエネルギー政策を打ち出したが、路線転換は必至だ。発電電力量の3割を担う原発をすぐに全廃するのは現実的ではないが、太陽光、風力などの再生可能エネルギーの潜在能力はどの程度のものなのだろうか。

原発の新規は不可能

 エネルギーは「安定供給性」「環境適合性」「経済効率性」を柱とする総合力が求められる。全てを満たす基幹エネルギーは存在せず、原子力、火力、水力を組み合わせて対応している。

 一方で、福島の事故は「安全」「制御」という原発の要を突き崩した。産経新聞が震災後1カ月の時点で企業にアンケートを取ったところ、「(原発を)減らす」と「新規凍結」が34%を占め、31%が「分からない」と回答した。節電で打撃を受ける企業ですら、原発への信頼が揺らいでいる。

 基本計画が示した「2030年までに14基を新設」というロードマップは頓挫するだろうし、定期点検で停止した原発の運転再開も不透明だ。

 原発が停止した場合、どの程度の出力を持つ電源が必要なのだろうか。

 日本の原発54基の総出力は4885万キロワット時だが、震災発生時に19基(1670万キロワット時)が定期点検や復旧作業で停止しており、35基(3214万キロワット)分が目安となる。また、設備稼働率が60%程度であるから、発電量だけなら、計算上は2千万キロワット時あれば、原発をゼロにすることが可能だ。


太陽光、風力は時間

 再生可能エネルギーのうち、太陽光発電の導入量はまだ277万キロワットだ。環境省は中長期的に3700万~5千万キロワットに増やすロードマップを描いている。

 太陽光は、エネルギー源に困らず環境にやさしく、産業の裾野が広いという長所がある。一方で発電原価が圧倒的に高い。発電単価が最も安いのは原発の5~6円/キロワット時。これに対して太陽光は49円/キロワット時だ。システム価格を3~5年で半額程度にすることを目指しているが、それでも経済効率性に課題は残る。

 また、エネルギー源に困らないとはいえ、夜間は発電できず、天候にも左右され、出力が不安定だ。稼働率は低く導入量の十数%程度にとどまる。さらに、本格導入には電力の流れを供給側と需要側の両方から制御、最適化する次世代送電網(スマートグリッド)が不可欠だ。リチウムイオン電池やナトリウム硫黄(NAS)電池など蓄電池のコスト削減も急務だ。

 2005年から導入を進めているドイツでも導入量は980万キロワット、それに次ぐスペインで350万キロワット弱。原発代替となるには時間が必要だ。

 風力も太陽光と同様の長所、短所を持つが、発電原価では10~14円/キロワット時と割安だ。導入が比較的手軽なことから世界中で増設が進む。日本は平成22年で218万キロワット強だが、中国は4473万キロワット、米国も4018万キロワット、ドイツも2710万キロワット、スペインが2070万キロワット。稼働率の問題は残るが、規模は大きく、原発代替の可能性も出てくる。ただ出力が不安定で蓄電池やスマートグリッドの必要性は太陽光と変わりない。
 
 結局、コスト的に太陽光も風力もとうてい実用化できないことを示している。なにしろ、発電コストだけで太陽光は原発の10倍、風力でも3,4倍だと有るが、ここにも有るように、スマートグリッドや大規模な蓄電方式の構築が欠かせない。そのためのコストはある意味発電装置自体より高額になるし、ロスが大きいので、結局これらの発電効率を下げるで、原発とのコスト差は、10倍や20倍では利かず、それ以上に開発の目処さえ立っていない大容量蓄電装置の完成が前提となっている。もちろん、大容量蓄電装置の環境破壊や人的犠牲を計算に入れないとしても、とうていこれらは実用化できないことを証明しているにすぎない。
 

潜在力持つ地熱

 これに対し出力が安定し、世界屈指の潜在力を持つのが地熱だ。地中の蒸気でタービンを回し発電をする仕組みで、石油危機の1970年代に注目されたが、原子力推進政策の陰に隠れ開発は下火だ。

 国内の地熱発電所は東北、九州など18カ所にある。出力1万キロワット以上の開発は最近でも15年前で、出力は54万キロワットのままだ。

 課題の一つは開発コストだ。蒸気が得られるかどうかは費用負担の大きい試掘頼みで、開発地域ごとにコストの差は大きい。発電原価は8~22円/キロワット時と、原発並みになることもあれば、4倍近くになることもある。

 また、開発有望地の多くが国立公園や温泉リゾートにあることも開発の制約要因だ。

 しかし日本の地熱資源量は2054万キロワットで、原発補完のポテンシャルを持つ。

 いずれの電源も課題はあり、明日から原発を代替するというわけにはいかない。しかし、採算ベースに乗れば電力会社の対抗軸にもなる。地域独占の市場に競争原理を持ち込む可能性もある。10年、20年という期間で原発代替を目標に技術開発を進めたい。(経済本部長・谷口正晃)、
 
 ここでもコストが問題となり、また地熱はその設備の維持管理の難しさ、当たりはずれなど様々な問題がある。ただし、私は、可能性は有るだろうと思っている。
 
 ここでも最後の結びにあるように、仮に原発大体発電方式の開発を止める理由はない。大いに進めればよい。そして、将来それがコスト、リスク、環境汚染などの面で原発よりも有利なら、それに切り替えればよい。ただ、それが確実にならない限り、原発は止めるわけには行かない。
 
 



付録 本日の癌語録

アホ菅がまた無責任振りを発揮

東日本大震災:仮設「お盆まで」発言…首相「私の見通し」


 菅直人首相は2日午前、参院予算委員会の締めくくり質疑で、東日本大震災の被災者の仮設住宅入居をお盆(8月中旬)までに完了させたいとの方針について「100%それぞれの部署で確定的になっていたわけではない。私が強く指示すれば実現できると私なりの見通しで発言した」と述べた。具体的な計画に基づくものではなく、首相の目標だったとの認識を示したものだ。

 首相は方針を表明した根拠については「財務省から国有地提供を提起され、外国の資材購入を検討すると国土交通省の意向を聞いていた」と説明した。質問した自民党の林芳正氏は「(首相が)発言したから後はやってくれというのはリーダーとして失格だ」と批判した。首相は4月26日の衆院予算委員会でお盆までの希望者全員の入居に「全力で努力したい」、1日の参院予算委員会でも「私の内閣の責任として実行する」と言明していた。

 また、首相は原発の地震と津波に対する安全基準について「(新たに設置する福島第1原発事故の調査委員会の)結論を待つのではなく、検討する必要がある」と述べ、見直しを前倒しする必要性に言及。中部電力が7月にも浜岡原発(静岡県御前崎市)の3号機の運転を再開する方針を示したことについて「国民に安心してもらえるかしっかり見極めて判断しなければならない」と語る一方、「現在の電力供給の状況なども無視するわけにはいかない」と述べた。共産党の大門実紀史氏への答弁。【中山裕司】
 
 そりゃ、お盆の頃に癌総理が今の位置にいる可能性はかなり低いから好きなことを言えるし、仮に居座っていたとしても、一生懸命やったけれど国交省がやらなかった、と言い訳をするに決まっている。なにしろ、かつて財務省は何とかしろといえば何とかするんですよ、と言っていた人物だし、なにしろ言葉に責任を取るという概念を持っていない癌総理だから。

スポンサーサイト

コメント

感想

原子力発電推進の立場です。
原子力発電であれ、火力など他の発電方式であれ、プラスとマイナスの側面をあわせ持つという、当たり前の認識を前提とすべきです。プラスとマイナス、それぞれを客観的に評価・比較し、容認できる程度のマイナスで満足できるプラスが得られればよい。放射線で言えば被曝のリスクを容認してでも病気の早期発見の効果を認め、レントゲンやCTスキャンが実用化し、福利増進に寄与しています。

貴ブログをはじめとしてこれまで見聞きする範囲で言いますと、総じて原子力発電に反対を唱える人たちには、客観性に欠けたマイナス面の過大評価が目立ちます。

チェルノブイリ、スリーマイルの両事故が人為ミスからはじまったのに対し、福島原発は、自然災害=不可抗力です。これに対して想定外を許さない風潮がありますが、それなら事前に際限なく莫大な費用をかけてもよいのか。100mの津波も想定せよとでもいうのか。150mがきたらどう答えるのでしょう。100mは非常識な数字ですがこのような津波の危険性は絶対にゼロではありません。そのためにかかる費用を納得できるのでしょうか。今回、結果だけをみて想定の甘さをことさらに指摘し非難することの無責任さを感じます。

人間が作り出した技術ですから、絶対の安全はありえません。99.99・・・%の安全にとどまり、人間の力では9を増やすのが精一杯です。現在でも原子力発電の技術は他の分野と比較して9の数が最高レベルにあると考えます。今後も人々の安全・安心、福利増進を期して9を増やす努力は必要です。人類が火を使い始めた太古の時代から今日まで、有害もしくは危険のマイナスを減じ、福利増進に努力を続けて火をコントロールできるようになりました。こうした積み重ねによって今日の高度で質の高い生活が成り立っています。それが人類の叡智というものでしょう。

1960年代、現在の安全基準の数万倍といわれる核実験の放射能を帯びた雨に濡れた記憶のある世代です。リスクマネジメントをかじったことのある理科系人間の感想でした。

感想

>akunin様

貴重なご意見、ありがとうございます。


>原子力発電であれ、火力など他の発電方式であれ、プラスとマイナスの側面をあわせ持つという、当たり前の認識を前提とすべきです。

>貴ブログをはじめとしてこれまで見聞きする範囲で言いますと、総じて原子力発電に反対を唱える人たちには、客観性に欠けたマイナス面の過大評価が目立ちます。

まさに、脱原発を主張する人たちに客観的な視点が欠けているのが問題だと思います。それぞれの方法にプラスマイナスがあり、その比較でどの方法を採るかを決めなければならず、そのためにはまず分析が必要ですが、彼らにはその分析が全くありません。

>チェルノブイリ、スリーマイルの両事故が人為ミスからはじまったのに対し、福島原発は、自然災害=不可抗力です。

それは事実ですが、自然災害がきっかけになったとしても、それが今の状況になったのは、あくまで甘い管理体制です。それが人災といえるゆえんです。

>これに対して想定外を許さない風潮がありますが、それなら事前に際限なく莫大な費用をかけてもよいのか。100mの津波も想定せよとでもいうのか。150mがきたらどう答えるのでしょう。100mは非常識な数字ですがこのような津波の危険性は絶対にゼロではありません。そのためにかかる費用を納得できるのでしょうか。

絶対的な自然の脅威を構造物で完全に防ぐことは無理です。 それは分かり切ったことですが、ただ、ここで問題にするのはあくまで確率です。耐震構造を施したビルが絶対的にどんな地震にでも耐えるわけではないでしょうが、しかし、昔なら建物が倒れるような震度でも耐震構造ビルは倒れない事実も無視すべきではありません。

昔に比べ台風や水害で死ぬ人間が桁違いに少なくなったのは、構造物、すなわちハード面による防止策が有効だからです。むろん、退避行動を取るための事前の知識の普及、すなわちソフト面の有効性も非常に大きいですが。

今回も防潮堤が役立たなかったとの報道がほとんどですが、実際には防潮堤で犠牲者が出なかった集落や、防潮堤で被害の少なかった事実も無数にあるのです。ゼロには出来なくとも被害を抑えるための手だては不可欠です。それを怠ったから、今回の自然災害がきっかけで起きた原発事故が人災で広がったと言っているわけです。福島以上の津波を受けた女川原発がとりあえず保護されたのはなぜかを考えるべきです。

仰るように、無限の災害に耐えることは出来ませんが、100メートル、150メートルの津波が仮に発生した場合は、原発どころかほとんどの地域が壊滅し、日本自体が消滅するでしょう。原発を守ったところで意味がありません。

直径10キロの隕石が原発を直撃したら守れるのかという議論に等しいでしょうね。そんなことがあったら、日本自体が消滅していますから。其の確率はゼロとは言えませんが、それに対する対策を立てる意味はないということです。

>人間が作り出した技術ですから、絶対の安全はありえません。99.99・・・%の安全にとどまり、人間の力では9を増やすのが精一杯です。現在でも原子力発電の技術は他の分野と比較して9の数が最高レベルにあると考えます。今後も人々の安全・安心、福利増進を期して9を増やす努力は必要です。人類が火を使い始めた太古の時代から今日まで、有害もしくは危険のマイナスを減じ、福利増進に努力を続けて火をコントロールできるようになりました。こうした積み重ねによって今日の高度で質の高い生活が成り立っています。それが人類の叡智というものでしょう。

全くその通りです。

>1960年代、現在の安全基準の数万倍といわれる核実験の放射能を帯びた雨に濡れた記憶のある世代です。リスクマネジメントをかじったことのある理科系人間の感想でした。

私もあの放射性雨を浴びた世代です。現在も当時の放射性物質は広く世界に残っています。あの大規模な核実験を擁護するものではありませんが、あの膨大な放射性物質の放出による健康被害や死者は確認されていません。

核実験と原発を同一視する反原発論者達には、理解力、想像力が全く欠けています。

はじめまして、お世話になります。

いつも御高説をありがとうございます。

基本的に原発は必要です。
と、云う立場で、物事を考えている私にとって、
今回の反原発運動のようなモノは、理解するのが
困難でした。

原子力発電所が暴走し、爆発を起こした訳でもなく、
津波の被害であり、その後は政府による人災により起きた
ものであると認識しています。

それが何故か、原発事故のような報道になり、風評や噂を呼び、
原発は危険で、環境破壊の根源のようなモノとなっています。
すでにこれは報道被害を日本人が受けているのではないかと
感じます。

反原発を掲げる人たちにとっては都合のよい口実だったのかも
知れませんが、津波事故を原発事故にすり替えただけに見え、
核アレルギーを持つ方々がヒステリックに騒いでいるとしか感じません。

はじめまして、お世話になります。

>百式様

>いつも御高説をありがとうございます。

恐れ入ります。

>原子力発電所が暴走し、爆発を起こした訳でもなく、
>津波の被害であり、その後は政府による人災により起きた
>ものであると認識しています。

私もそう思っております。自然災害は防ぎ様はないけれど、それによる被害を最小限にとどめるための手段があったにもかかわらずそれを怠ったために被害が拡大した人災だと考えています。

>それが何故か、原発事故のような報道になり、風評や噂を呼び、
>原発は危険で、環境破壊の根源のようなモノとなっています。
>すでにこれは報道被害を日本人が受けているのではないかと
>感じます。

そうですね。印象操作を受けているようですが、基本的な知識の普及がなされていなかったためでしょう。また、プロパガンダをするほうとしても広島長崎の脅威をだぶらせる感情論を用いて、それに乗せられているかのような気がします。
>
>反原発を掲げる人たちにとっては都合のよい口実だったのかも
>知れませんが、津波事故を原発事故にすり替えただけに見え、
>核アレルギーを持つ方々がヒステリックに騒いでいるとしか感じません。

そうですね。結局ヒステリー以上の反応をしていないとしか思えません。

技術には常に危険が伴います。車でも電気でも火でさえも、管理が悪ければ大事故になります。原発も例外ではないから、厳重な安全策が開発されていて、ほとんど事故を起こしていません。

車や飛行機、電気などなどでどれだけ多くの人が死んでいるかを考えれば分かるはずで、それでもこれらを今無くすることは不可能です。原発も同じことです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

経済効率

原発の建築コスト、発電コスト、今回の事故があったときのようなコスト、寿命を迎えた原子炉の処理コスト、使用済み核燃料の処理コスト等全て込みでの原発の経済効率ってどうなんですか?純粋に気になるんですけど。あと、原発の付きまとうマイナスイメージによって誘致の際などに、莫大なお金が動いている気もするんですが。本当に純粋に気になります。

Re: No title


> また似たようなことを書いて恐縮ですが、ビンラディンが殺害されたことで、テロの報復攻撃が危惧されていますね。福島原発がその標的になっているという話を見聞きしました。世界中で注目されている福島原発を狙うことで与えられるインパクトはとてつもなく大きいからだと。それで反原発組だけではなく、普通の人達も恐怖感を強めているようです。ネットの一部の間で特にその傾向が強いのかもしれませんが。

仰るように、どの原発でもどの国でも、どんな理由でテロの標的になるかならないかは、誰にも分かりません。しかし、確率の問題としていま彼らが福島原発を攻撃しても、憎しみの対象になりこそすれ決して彼らのイメージアップにはならないし、また反原発派がテロを起こしても、やはりひとくくりで反原発派が批判を浴びるだけでしょう。

実際に、アルカイダなどのテロ集団は急速に支持を失っています。その意味で、福島原発がテロ攻撃される可能性はかなり低いと思いますが、実際には通常の攻撃で破壊されるような柔な物ではありません。本当に広範囲の汚染を引き起こすような破壊は、そうとう大規模なことをやらなければならず、たとえば飛行機でつっこむとか、ミサイル攻撃をする等でしょうが、それほど簡単に出来ることではないでしょうね。


> この場合は、国の判断でミサイル攻撃してくる場合と違って、相手はテロですから事情が違いますので、どう言ってあげれば、この恐怖感が和らぐのだろうかと案じています。

限りなく確率は低いだろうしか言えません。むしろ、巨大な余震による炉心破壊の起きる方がよほど可能性が高いと思いますよ。ただ、核兵器と違い、原発の引き起こす汚染は、きわめて限られた物であり、イメージされているような大規模な物ではありません。

> 不安を広げたくないので、この質問は非公開としますが、お時間がおありの時に返信板だけましたらありがたく思います。

ということで、仮に最悪の事態が起きても、限られた物だと思っておりますし、その可能性はかなり低い、ほぼ起きないと断定しても良いだろうと思えるものだと思います。

首都直下型巨大地震に備えることの方が先決でしょうが、仮にそうなっても死者は10万名単位、損失は100兆円。十分回復可能な損失です。ほとんど起きないテロ攻撃は除外しても(有るかもしれませんが被害はそれに比べて小さいという意味)きりがないと思っています。

代替案

原発不要派のしかも
小出詐欺氏の事が載っているサイトですが感情論的なところは読み飛ばしてください(笑)
http://d.hatena.ne.jp/hilapon/mobile?guid=on&date=20111018

ガスコンバインドサイクルについて簡単に理解出来ると思います。
反原発派がヒステリックに誇張するまでもなく
実績があるのも事実で
検証可能でかつ
現実的な選択肢です。

いろいろ調べましたが
自分も恥ずかしながらここまで使える代物とは知りませんでした。

原発は核武装の為の黒鉛炉一つあれば充分かと…

だから正確には原発削減派ですね。

代替案

>2012-03-10 09:45 | アトム 様

>ガスコンバインドサイクルについて簡単に理解出来ると思います。
>反原発派がヒステリックに誇張するまでもなく
>実績があるのも事実で
>検証可能でかつ
>現実的な選択肢です。

これについてはむろん存じております。三菱重工などではすでに30万Kwクラスのガスタービン発電機を開発しており、半年もあれば設置出来ます。いま、電力会社が大急ぎで建設したのは全てこのタイプです。したがって、原発よりは早く簡単に出来るのも事実ですが、原発より安く、は前回述べた計算根拠の違いであって、一概には言えません。ガスの埋蔵量についても前回述べたとおり。有ってもコスト的に合わなければ絵に描いた餅です。さらに、安全保障面についてはペケですね。

実際にこのために、日本の貿易は大赤字になり、電力料金負担が増えています。ガスコンが原発の代替にならない証明が出来ているのに、このブログ主は感情的に吠えてますね。

基本的に、現時点で見通しがないのであればこれが代替エネルギーになる要素はありません。

>いろいろ調べましたが
>自分も恥ずかしながらここまで使える代物とは知りませんでした。

そうですか。私は、原発推進を主張するからには、当然確認してあります。 貿易が赤字になり、経済に大きな負担が生ずることも予想していたとおりです。以前のブログにありますが、よろしければご確認下さい。

>原発は核武装の為の黒鉛炉一つあれば充分かと…

核武装論は別の話ですので、ノーコメントと言うことで。

>だから正確には原発削減派ですね。

それにしても、安全保障と天然ガスの低コストで確実に確保出来る事実が有っての話ですね。

ちょっと苦しい

昨年石油、LNGのタンカーが撃沈されましたか?
海賊に全部強奪されましたか?
ニュースでは輸入が増えて赤字と言っていた…
その意味するところはおわかりですね。


そこまで
コンバインドサイクル発電についてご存知でしたら、わかるはずでは?

今日本の火力発電をすべてコンバインドサイクル発電に変えて行くとトータルコストはどうなるか。

原発と比べてみてください…言うまでもないと思いますが。

供給力が大きく天災や
ヒューマンエラーで
容易に事故にいたり停まる原発が経済に与える影響を考慮すればおのずと見えてきませんか?

現実はどうしょう?

プルサーマル計画はどうなりましたか?

昨年起きた事故から一年たちましたが収束しましたか?、
風評被害はなくなりましたか?。
お花畑が多い現状は変わりましたか?

今まで呆れるほどトラブってるような代物に莫大な
研究予算を注ぎ込む
合理性はありますか?

それと
ライフラインがないから住めないというのはダメです。

道路は復旧しているので
車と資金があれば問題ありません。
仕事で昨年南相馬市に居ましたがコンビニ、スーパー等通常営業しています。
車ですぐですよ。
商品はかなり充実してました。

天幕生活すれば問題ありませんが…。
まぁ、オススメしませんが。

ご存知でしょうが
WHOはIAEAの許可がなければ放射線疾病に絡む発表はできません。

事実上の検閲と問題視されています。

No title

ちょっと苦しい屁理屈ですね。


>昨年石油、LNGのタンカーが撃沈されましたか?
>海賊に全部強奪されましたか?
>ニュースでは輸入が増えて赤字と言っていた…
>その意味するところはおわかりですね。

おわかりですが、昨今撃沈されないから未来永劫撃沈されるはずがないと確信される根拠が理解不能です。

日中戦争は、戦後一度も起きていません。ですから、今後未来永劫、中国の脅威はないんでしょうかね。未来永劫、日本は他国の脅威がないと確信出来る方がいるとは知りませんでした。たしか、核武装には賛成だったはず。核武装なんて要らないじゃないですか。

その意味するところはおわかりですね。


>今日本の火力発電をすべてコンバインドサイクル発電に変えて行くとトータルコストはどうなるか。

で、原発のコストが正しくないととの条件はスルーですか?
>
>原発と比べてみてください…言うまでもないと思いますが。

はい、言うまでもありません。日本は化石燃料輸入拡大で赤字になり、それが現在、及び将来国民に負担となってかかってくることがあって、初めて今の辛うじて電気が足りているのですが。ピーク時に足りないことは無視して、それでも余裕で電気は余っているのでしょうかね。これもスルーですか?
>
>供給力が大きく天災や
>ヒューマンエラーで
>容易に事故にいたり停まる原発が経済に与える影響を考慮すればおのずと見えてきませんか?

容易に事故に至るとは何を規準にでしょうか。この50年、延べ千基を超す原発で事故は三回、一般人の死亡被害はなし。これが容易に事故に至ると言うことですか?

>
>現実はどうしょう?
>
>プルサーマル計画はどうなりましたか?

どれだけ邪魔が入ったでしょうかね。もんじゅ(プルサーマルじゃないけれど)実験炉の不具合一つで、10年も再開出来ないような状況を作り出しておいて、高速増殖炉もプルサーマルも有ったもんじゃないでしょ。
>
>昨年起きた事故から一年たちましたが収束しましたか?、
>風評被害はなくなりましたか?。
>お花畑が多い現状は変わりましたか?

はい、全て人災ですね。お花畑が正しいんですか?風評被害が正しいんですか、収束しないのは誰のせいですか?癌政権は正確無比に復旧を進めましたか?1mSVの除染は正しいんですか?

結果を見て、その結果がどうして起きたのかを理解しなければどんな難癖でも付けられますよ。

>
>今まで呆れるほどトラブってるような代物に莫大な
>研究予算を注ぎ込む
>合理性はありますか?

なぜトラブルになったかを検証せずにこれも結果論ですか?
>
>それと
>ライフラインがないから住めないというのはダメです。
>
>道路は復旧しているので
>車と資金があれば問題ありません。
>仕事で昨年南相馬市に居ましたがコンビニ、スーパー等通常営業しています。
>車ですぐですよ。
>商品はかなり充実してました。
>
>天幕生活すれば問題ありませんが…。
>まぁ、オススメしませんが。

はい、だから、今の仕事を捨てて、政府の規制を破って、テント生活をすれば問題が無いですか。仰るとおりなら、代々木公園のブルーシート生活もあまり変わり有りませんね。コンビニに行くのに車も要りませんし。

>ご存知でしょうが
>WHOはIAEAの許可がなければ放射線疾病に絡む発表はできません。

そして、発表しています。 チェルノブイリについての報告はご存知なのでしょうね。

>事実上の検閲と問題視されています。

問題ですね。で、WHOが嘘をついていると?

WHOの発表が全てなのですか?
ならば当のWHOの9000件というデータは何を根拠にだされたのですか?

確か最終報告は28件だけですよね?

リグビダートルは平均35歳で全員健康だったのにたった八年で7.6%も亡くなりましたが…WHOが正しいならばこの追跡調査は嘘ということなのですね?
一応国による
公式な調査なのですが…

ではなぜ現在国家登録制度でチェルノブイリの被爆者を登録する必要があるのですか?
いないはずの被害者を捏造してるわけですか?

例えるならば
慰安婦みたいなものなのですね。

No title

>2012-03-10 22:47 | アトム様

>WHOの発表が全てなのですか?

様々矛盾するデータが有る場合、一番信頼の置けるデータに統一して考えると言うことですね。そうでないと、原発事故で一般人の死亡者がゼロというWHOのデータと、欧州リスク委員会の数十万人が癌になったというデータ、数十万人がそれで癌になったなら、数万人はそれでなくなったでしょうから、その平均をとれば正確と言うことになりますか?

一番信頼が置ける、と言う意味ですが。

というより、WHOが信頼出来なければ何を信頼するのですか、何を根拠に信頼するのですか?

>ならば当のWHOの9000件というデータは何を根拠にだされたのですか?

少なくとも原発事故で亡くなった人数ではないですね。放射線でなくなった人間なら、各地の放射線事故がありますし、限に日本でもJOCや、第五福竜丸がありますから。世界中では放射線事故による死者が居るんじゃないですか?それを私が確認する術はありませんが、少なくとも原発事故でなくなったのは、現場に入った人間だけですね。
>
>確か最終報告は28件だけですよね?

29名と記憶してましたが、違いますか?いずれにせよ、そのくらいの人数ですね。

>
>リグビダートルは平均35歳で全員健康だったのにたった八年で7.6%も亡くなりましたが…WHOが正しいならばこの追跡調査は嘘ということなのですね?

で、そのデータが正しいという確証をあなたがお持ちならね。

>一応国による
>公式な調査なのですが…


>
>ではなぜ現在国家登録制度でチェルノブイリの被爆者を登録する必要があるのですか?
>いないはずの被害者を捏造してるわけですか?
>
>例えるならば
>慰安婦みたいなものなのですね。

で、私がそれを知る何か理由でもお持ちですか?どうして私にお聞きになるのでしょうかね。

ところで、あなたの問題は、少しずつ焦点をずらしてゆくことですね。

最初PPSで安くなると言い、ガスタービンで安くなると言い、LNGは安くなると言い、電気は余裕で余っていると言い、日本は安全に低価格でLNGを数百年も購入出来ると言い(それが事実で有れば代替エネルギーなど開発はチョロいもんですが)、未来永劫中国は脅威ではないと言い(言ってませんが事実はそう言うことですね)、原発事故が容易に起こると言い、原発のコストは人間のルールの故にバカ高くなっているのは無視し、お花畑や風評被害が有るから駄目だという。今は死者の数ですか?

PPSで安くなる話はどうなったんですか? 電気の需要を喚起しているくらいだから電気は余裕で余っている話はどうなりました?

・・・・すべて、その後どうなったか気になって居るんですがね。

で、一つのたとえですがロッククライミングは3点保持が原則だそうです。両手両足で壁面に4カ所のポイントで体を保持してから、手足の一カ所だけを動かして、新しいポイントを確保し、その間は他のポイントは確保したままでなければ落ちるとのこと。

LNGの価格が下がることが確実というポイント、LNGの購入が安全に長期間可能であるというポイント、中国の脅威が長期間存在しないというポイントを確保しておいて、原発というポイントから次のポイントに移るべきでしょうね。

私も未来永劫原発でゆくべしと言ってはいません。が、代替エネルギーが原発以上に安全で、原発以上に低コストで、国家の安全保障を脅かさず、環境にクリーンな方法が確立されたら、そこで脱原発にすべきだと言ってますが、今はそんな代替エネルギーは存在しません。

LNGも理屈はそうだと言うだけ。それなら、太陽光も、地熱も、風力も、海洋エネルギーも、藻も全て可能ですよ。ハイドロメタンだって見込みはあるというだけです。

アメリカがLNGの本格生産をしても、カナダからパイプラインを引く計画があり(環境面でオバマ大統領は拒否してます)、原発を大量に建設しています。そのアメリカがLNGを本格生産すれば価格が下がる根拠が私には理解出来ません。領土問題を抱え、軍事的な恫喝や挑発を繰り返しているロシアのLNGがどうして当てに出来るのかも理解出来ません。領土問題を抱え海軍力を増強している中国が日本の燃料輸入を絶対に阻害しない、或いは日本とLNGの取り合いをしない(EEZでのガス田開発はご存知ですよね)と確信し、昨年LNGタンカーが撃沈されないから今後も中国ロシアも日本にとって脅威ではないと確信出来ることが私には理解不能です。

で、今は死者の数ですか?他のことはどうしたんですか。

論点がずれた事は申し訳ありません。
あまりにも貴方が安全などと極論をいうものですから。

まぁ戻しますと

企業にとって
現状はPPSの方が安く
つくのは事実です。
NHKの報道が嘘ならば
別ですが。

現に電気代を大幅にカットした企業があります。

そして代替としてすでに実績のあるコンバインドサイクル発電の推進。

ガス会社(名前は失念しました)も建設中で燃料費用を考慮したとしても価格を安く出来るとの事。

ちなみにコンバインドサイクル発電はLNGだけではありません。石炭、石油等も含めます。

シーレーンの確保は今更いうまでもありません。
我が国の電力供給の半分以上は火力発電なのですから。
原発で使うウランも輸入であり同じことです。


そして現在はLNGの供給は安定しています。
ちなみに石炭は日本でも
とれるみたいですね。

電力については自分が余っていると言ったわけではありませんが…
原発以外の
すべての休眠している発電所を稼動させそして新たに建設されてる火力発電所も含めればどうでしょう?
だいぶ余りませんか?

太陽光や地熱を入れないでも余裕ありますよね。

そしてピーク時に散々電力不足になると煽られましたが停電が何日も起きる事態には結局なりませんでした。
原発の稼働率が低いにもかかわらずです。

燃料の高騰といいますが
電力会社が安く買えばいいだけのこと。
LNGは米の2倍、EUの六倍で買っている状況なので。

それからロシアから買えばいいなどと言ってません。ただサハリン2は日本との共同開発ですから選択肢の一つです。

これはサピオの記事や日経新聞の記事にも載っていますしたが
シェールガス採取で
米国内でもLNGが供給過多となり輸出に転じるのは
もう時間の問題です。
そうなれば市場原理で価格は下がると思うのですが。
間違いでしたらすみません。
日本も既にアメリカと交渉を始めてます。

400年というのは現在確認されている地点での採取可能だと推定されている量であり、日本が輸入出来る量ではありません。
それは結局すべての資源にいえることですね。

それで原発を稼動させるには万全の安全対策が
求められますが
事故から一年たっても安全対策は万全には程遠い実態が昨日のNHKニュースで流れていました。

いつまた巨大地震がくるかわからないのに
このていたらく…
これで再稼動なんて正気かと思わざるをえません。

貴方の言う事が正しいのかもしれませんが

自分は昨日のニュースで正直呆れました。

お花畑が多いこの国で
原発はもう無理です。

No title

>2012-03-11 02:55 | アトム様

>論点がずれた事は申し訳ありません。
>あまりにも貴方が安全などと極論をいうものですから。

いいえ、他の手段に比べれば安全だと言っているのであって、100%安全な手段など有りません。人間は得られる利益と危険性で失う不利益のバランスで利益を選びます。車だって飛行機だって、100%安全などあり得ないでしょ。容認出来る安全性なのは当然ですね。そのなかで、原発は田の手段より安全だと言っているんです。

>企業にとって
>現状はPPSの方が安く
>つくのは事実です。
>NHKの報道が嘘ならば
>別ですが。

はて、国家のメイン電源の話ではなかったですか。多くの製造業が原発の出来る前から廃熱や廃棄物を燃料にしたコジェネなどは普通にやってますが、製造業が作る電気をメインには出来ないでしょ?それと、NHKの番組は観ていませんが、家庭での太陽光パネルが節電になるとの放送はしていましたね。しかし、それは政府からの大型補助が出るのと、発電した電気を電力会社に売るからです。

補助金はソーラーパネルを買えない貧乏人が、買える資産家のために負担をしているということ、電力会社が買った電力は割高であり(価格以外に不揃いの電気を売り物に加工する設備や新たな送電路が要ります)、その差額は電力料金に上乗せされます。

要するに他の人間の負担でPPSで電気代を抑えることが出来たという話なら、前にやってましたが、NHKだったかどうかは分かりません。

風力発電も、他人の負担でなんとか黒字になっている例はあるようですね。

>
>現に電気代を大幅にカットした企業があります。

上記の2例以外でですか?お知らせいただけませんか?むろん、計算根拠も一緒に。
>
>そして代替としてすでに実績のあるコンバインドサイクル発電の推進。
>
>ガス会社(名前は失念しました)も建設中で燃料費用を考慮したとしても価格を安く出来るとの事。

で、設備費は当然入って居るんでしょうし、燃料は安く、国家の安全保障とは別に安定供給されることが保証されて居るんでしょうね。
>
>ちなみにコンバインドサイクル発電はLNGだけではありません。石炭、石油等も含めます。
石炭石油はLNG以上に、不安がありますね。

>シーレーンの確保は今更いうまでもありません。
>我が国の電力供給の半分以上は火力発電なのですから。

>原発で使うウランも輸入であり同じことです。

一年に一回数トン運べば済むウランと、毎日数十万トン輸入しなければならない化石燃料が同じ条件ですか?

>そして現在はLNGの供給は安定しています。

現在はね。将来は?何か確信を持てる根拠があるんですか?

>ちなみに石炭は日本でも
>とれるみたいですね。

採れますね。でも、採算が採れないので閉山してますが。
>
>電力については自分が余っていると言ったわけではありませんが…

そうでしょうね。じゃあ、余っては居ないわけで、電力会社に勤めているご友人に間違いを指摘してあげてください。

>原発以外の
>すべての休眠している発電所を稼動させそして新たに建設されてる火力発電所も含めればどうでしょう?
>だいぶ余りませんか?

だから、燃料はどうするんですか?
>
>太陽光や地熱を入れないでも余裕ありますよね。

燃料が安く安全に入り続けるなら、そうですね。で、その確証をどうして持てるんでしょうか。
>
>そしてピーク時に散々電力不足になると煽られましたが停電が何日も起きる事態には結局なりませんでした。
>原発の稼働率が低いにもかかわらずです。

節電が大きいですね。それと、休眠火力発電所を動かしたのと、当時は原発が多数動いていて、各電力会社の融通がある程度利きましたからね。でも強制的な節電が割り当てられ、違反すると罰金を取られることになってましたね。それが電気の足りている状態ですか。


>燃料の高騰といいますが
>電力会社が安く買えばいいだけのこと。
>LNGは米の2倍、EUの六倍で買っている状況なので。

で、買えれば良いですね。今は円高ですから、割安の筈ですが、なにしろ価格のことなど居ていられないほど大急ぎで買いましたからね。それと、アメリカでは今ガソリンの高騰が大問題で、FANを聴いていると、毎日ガソリンことを言ってますよ。普段かけっぱなし何で、今も言ってますね。
>
>それからロシアから買えばいいなどと言ってません。ただサハリン2は日本との共同開発ですから選択肢の一つです。

選択肢は多い方が良いです。太陽光も風力も地熱も藻も、選択肢のうちですよ。でも当てには出来ません。ロシアガスは選択肢にも入れない方が良いですね。リトワニアにガスを使って何をしたかお忘れじゃないと思いますが。日本近海の天然ガスも、ハイドロメタンも、将来の核融合もすべて選択肢です。無いよりはましですね。気休めになるかも知れません。

>これはサピオの記事や日経新聞の記事にも載っていますしたが
>シェールガス採取で
>米国内でもLNGが供給過多となり輸出に転じるのは
>もう時間の問題です。

本当にそうなってから考えましょう。

>そうなれば市場原理で価格は下がると思うのですが。
>間違いでしたらすみません。
>日本も既にアメリカと交渉を始めてます。

で、そうなったら考えましょう。アメリカが何時までも安定供給を保証してくれるならですが、アメリカは前触れ無しに大豆輸出を停めたりしますからね。トウモロコシもバイオ燃料に回して、国際価格が高騰してますし。

まあ、保証も当てにはなりませんね。
>
>400年というのは現在確認されている地点での採取可能だと推定されている量であり、日本が輸入出来る量ではありません。
>それは結局すべての資源にいえることですね。

当然そうですね。しかし、全世界で400年分を日本が全て輸入するわけがないですね。ざっくり言えば、日本が輸入する分でもそれだけ豊富にあると言うことなのは別にお聞きしなくても分かりますが。
>
>それで原発を稼動させるには万全の安全対策が
>求められますが
>事故から一年たっても安全対策は万全には程遠い実態が昨日のNHKニュースで流れていました。

はい、人災ですね。
>
>いつまた巨大地震がくるかわからないのに
>このていたらく…
>これで再稼動なんて正気かと思わざるをえません。

正気ですよ。巨大地震が来るから必ず原発が事故を起こすと言う方が間違ってますね。今までも自身は来たし、今回も事故を起こしたのは福島第一だけです。あれだけ、管理がずさんだったらそりゃ事故も起きますね。

だから、東電の管理や保安院の出鱈目委員長のように、国の関わりが出鱈目だったのは、よく分かりましたよね。原発の問題ではないことが。

それに原発は停止していても危険性は同じなんですよ。福島第一の確か4号炉でしたか、休止中で、燃料も抜いた状態で事故を起こしましたね。

これから全ての原発を停めても、最低限の危険性は変わらないんですよ。

となると、 これから原発の電気は駄目だわ、危険性は同じだわ、そして管理費はかかりつづけるわという結構な話になりますが、それを当たり前と考えるのは狂気の沙汰じゃないんでしょうか。

今すぐ一部のアホ達が言うように、廃炉にするとしても完成するには30年かかるそうですよ。あなたは削減派だそうだから、そんな極論は言わないでしょうけれど。そして、御説の通りなら、52基の原発を廃炉にするコストで日本は破綻ですね。実際は、廃炉コストはそんなにかかりませんがね。全てを廃炉にするコストは膨大だし、廃炉にするまでは危険性もコストも同じなんです。何年それを続けますか。

現実的な方法としては、今休止している炉の安全対策をきちんと立て、稼働して電力を得ることですよ。同じ危険性と管理費がかかるなら、停止しておく方がどう考えても狂気の沙汰ですがね。
>
>貴方の言う事が正しいのかもしれませんが
>
>自分は昨日のニュースで正直呆れました。

昨日のニュースって何ですか。呆れたくても内容が分からないので、呆れられません。

>お花畑が多いこの国で
>原発はもう無理です。

それはお花畑が問題なのであって、原発の問題ではないですね。

停止しようが稼働しようが、事故の可能性は同じ。管理費も同じ、でも停めろというお花畑の問題では、昨日はお花畑も風評被害も復旧の遅れも当然だとのお話だったと記憶してますが、変わったんですか?

もはや水掛け論ですねぇ(苦笑

確か安全性についてだいぶ力説していたと記憶していたのですが…チェルノブイリで亡くなったのは29人でしたよね。

それ公言しないほうが
良いですよ
圧倒的多数のお花畑に笑われますから


現実を見てください
実際に事故は起こり
被害は政府試算で安く見積もっても5兆円。
ありえない数字ですが…

事故は終息していませんので暫定的な数字です。これからかかる費用は不明です。

去年新たに輸入にかかった燃料費が約4兆円…

全てを消費したと仮定しても火力で4兆円の増加。


原発のコストが安いとのことですが…ちょっと厳しいかと。

ちなみに先般の損害賠償請求が認められ避難者一律一人月50万支払う事になれば…避難した人数は80000人…住めなくなればプラス一人2000万…。
絶対認められないから心配ないですか?

プラス観光、食品の風評被害、電力停止による企業の損害賠償。
中間貯蔵施設の建設、維持費用。

かかった費用全て電気料金に上乗せされますが…総括原価方式はご存知ですか?。
現実に出ている数字でこれですよ。

これ火力で起こりますか?起きてもこれだけの規模にはならないと思うのですが。

もう疲れたのでやめます
ありがとうございました。

No title

>2012-03-11 15:05 | …(多分アトム様)

>もはや水掛け論ですねぇ(苦笑

いえ、そうとも思いませんが、終わりにされたければどうぞ。 水掛け論とは両論均しく決着が付かないことですが、明らかにあなたの説明は無意味な繰り返しに終始してますよ。後述するように、あなたはこちらの論点をほとんど無視していますしね。これを水掛け論とは言いません。

>確か安全性についてだいぶ力説していたと記憶していたのですが…チェルノブイリで亡くなったのは29人でしたよね。

危険性を過大に主張される方には、安全性を力説するのは当然ですね。しかし100%安全ではないことは言うまでもなく、あくまで容認出来るリスクとして、他の方法と比べて圧倒的に安全だと言うことです。むろん、国家の安全保障も大きく絡みますしね。
>
>それ公言しないほうが
>良いですよ
>圧倒的多数のお花畑に笑われますから

お花畑はお花畑ですよ。お花畑が笑うから正論を引っ込めろとは、つまりバカの言いなりになれと言うことですな。あなたはいつもそうしているんでしょうね。

どうしても理解出来ないバカは、放って置くしかないし、笑っても別にかまいませんよ。それに、お花畑のようなバカでも、チェルノブイリの29人は知っているでしょう。知らないなら枯れたお花畑です。

お花畑。かつて自衛隊は継子扱いで、それこそお花畑が口をそろえて違法だ、軍国主義だとわめいていました。むろん、それを煽るプロパガンダ屋が居て、平和という言葉に騙されたお花畑です。

現在自衛隊は91%の国民が評価し、震災復興の働きを評価する国民は97.7%ですよ。だから煽り屋もこの件については口をつぐんでいます。下手なことを言えば反感を買うからです。

お花畑がどういう物か、彼らが笑うから口をつぐむことがどういうことか、理解した方がよいですね。まともな人々に笑われますよ。

>現実を見てください
>実際に事故は起こり
>被害は政府試算で安く見積もっても5兆円。
>ありえない数字ですが…

だから、その被害のうち、どれだけが避けられない数字なんですか?人災は含まれないんですか?そもそも人災という意味ご存知でしょうか。そんな数字の何に意味があるんでしょうかね。

>事故は終息していませんので暫定的な数字です。これからかかる費用は不明です。
>
>去年新たに輸入にかかった燃料費が約4兆円…
>
>全てを消費したと仮定しても火力で4兆円の増加。

これは、故意にこのような無意味な計算を繰り返すのですか、理解していないと言うことですか?

>原発のコストが安いとのことですが…ちょっと厳しいかと。

どんな数字でも人災を入れればそりゃ難しいですね。
>
>ちなみに先般の損害賠償請求が認められ避難者一律一人月50万支払う事になれば…避難した人数は80000人…住めなくなればプラス一人2000万…。
>絶対認められないから心配ないですか?

不要な賠償だと言っているんです。むろん、今回は政府の無策により、結果として国民が負担を強いられます。それは原発のせいではなく、政府のせいです。

なぜ、政府の無策を原発にすり替えるんでしょうね。恰もお花畑を煽るプロパガンダ屋の方法ですが、あなたもそうなんですか?それとも煽られている方ですか?

>プラス観光、食品の風評被害、電力停止による企業の損害賠償。
>中間貯蔵施設の建設、維持費用。

>かかった費用全て電気料金に上乗せされますが…総括原価方式はご存知ですか?。
>現実に出ている数字でこれですよ。

はい、人災による被害額ですね。原発自体の是非というこのテーマには無関係ですね。人災費用がテーマの時にどうぞ。

>これ火力で起こりますか?起きてもこれだけの規模にはならないと思うのですが。

人災で故意に数字を作ればいくらでも出来ますよ。代替技術には石炭も含まれるとのことですので、付け加えますが、石炭煤煙による死者は確実に数百万人を越えています。ロンドンだけで一冬に15000人亡くなったこともあります(ロンドン煤煙事件)。どうしてこれらの損害額は今回入ってこないんですか?自然再生エネルギーのコストや被害などはこれでは済まないですしね。

>もう疲れたのでやめます。

そりゃ疲れるでしょうね。名前を入れ忘れるくらいですから。ご苦労様でした。

>ありがとうございました。

はい、こちらこそ。脱原発(原発削減を含み)にたいする今後の反論に磨きをかけることが出来ました。

煽るつもりはありません

復旧は進みません、というより民主党が進ませないようにしていますから。
岩手の知事は小沢のお仲間なので資金を投入してますが、松本龍と衝突した知事のいる宮城には金を出し渋っています。復旧しないのは事故ではなく民主の日本破壊工作のためです。意図的なんですよ。

中国の原子力潜水艦が沖縄沖にすでに出没しています。中国は大陸からアメリカに向けてミサイルの発射ができません。なぜならロシアの空域を通過させることになり、ロシアが絶対に認めないと中国に言ってるからです。東シナ海に原潜を出せばアメリカに誰からも文句を言われずに発射できるわけです。今年もまた必ず中国は東シナ海に出てきます。もう日本のシーレーンは風前の灯火なんですよ。

煽るつもりはありません

>
>2012-03-11 17:29 | 花岡 鉄様

>復旧は進みません、というより民主党が進ませないようにしていますから。
>岩手の知事は小沢のお仲間なので資金を投入してますが、松本龍と衝突した知事のいる宮城には金を出し渋っています。復旧しないのは事故ではなく民主の日本破壊工作のためです。意図的なんですよ。

というより、復旧を政争に使う破戒集団ですね。

>
>中国の原子力潜水艦が沖縄沖にすでに出没しています。中国は大陸からアメリカに向けてミサイルの発射ができません。なぜならロシアの空域を通過させることになり、ロシアが絶対に認めないと中国に言ってるからです。

実際に戦争になってしまえばロシアに中国のミサイルを停める手だてはありません。それを理由に中国と核戦争をするつもりなら別ですが。

それと、米ソ冷戦時代の(今でもそうですが)米ソのミサイルはカナダ上空を通ります。それに、空域が主張出来るのはちょっと具体的数字は忘れましたが、地上何キロかまでです。実際、人工衛星は世界中の国の上空を通っていますしね。

それに、ロシア上空を通らなくても中国ミサイルはアメリカに届くと思ってましたが違うんでしょうかね。東風41は最大射程15000キロと思ってましたが。

>東シナ海に原潜を出せばアメリカに誰からも文句を言われずに発射できるわけです。今年もまた必ず中国は東シナ海に出てきます。もう日本のシーレーンは風前の灯火なんですよ。

そうですね。まあ日本も潜水艦を増強することになってますが、根本解決にはならないようです。核報復能力が必要不可欠でしょう。日本沿岸からなら中距離ミサイルで中国の人口密集部をたたけますので、すぐにでも出来るんですが。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。