スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは乾杯

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


 昨日実施された統一地方選では、予想していたとおり、民主が大敗した。まずは乾杯ということで、今日あたり缶ビールでも買おうかと思っているが、どうせ一本くらいしか飲まないので、とりあえずお茶で乾杯している。
 
 知事選では、震災による共闘態勢で自民民主相乗り候補が勝ったのは当然としても、対決した4道県では自民が一方的に勝った。また自治体の議会選挙では、ほぼ自民が第一党を占め、民主は大幅に議席を減らしたし、第一党になった自治体はない。議席を全く失ったところもあるようだ。
 
 これについては、岡田異音氏は震災で十分な選挙態勢が採れなかったと言い訳をしているが、それはどこも同じであり、まして危機の時は現政権が有利と相場が決まっている。それでもこれほど大敗したのは、紛れもなく国民が先の選択の間違いを認識し、それを正そうとした意思の表れだ。
 
 《》は引用
 
 ------------------------------------------------------------

菅降ろしの号砲鳴る 岡田氏に責任論 民主低迷で野党「震災休戦は終わった」

2011.4.11 03:02

 民主党が政権与党として初めて挑んだ統一地方選前半戦は、岡田克也幹事長のおひざ元の三重県をはじめ自民党との対決型となった3知事選で敗北するなど、昨年の参院選以来続く退潮傾向に歯止めをかけることができなかった。岡田氏は東日本大震災への対応に追われたことを「言い訳」にしたが、菅直人首相に「ノー」が突き付けられたことを意味する。「菅降ろし」の号砲が鳴った。

 「候補者の擁立が十分ではなかった。与党になった以上、もう少しチャレンジしてもらいたかった」

 岡田氏は11日未明、記者団から敗因を問われると、人ごとのように語った。東京電力福島第1原発事故に対する新聞各紙の政権批判も響いたとみているようで、「投票日に厳しい記事を書かれ、そういった認識が有権者の中にあった」とぼやいた。

 だが、三重県は岡田氏の地元であるとともに、衆院の県内5小選挙区のうち4つを占め、参院の2議席も民主党が独占する「民主王国」。石井一民主党選挙対策委員長も「勝てた戦いを落とした」と認めた。

 岡田氏は「党勢を立て直すために努力する」と続投の意向を示したが、党内からは岡田氏の辞任を求める声が出ている。小沢一郎元代表の側近の奥村展三衆院議員は「岡田氏の責任は重い。執行部の党運営に地方組織が違和感を覚え、足並みが乱れた」と批判した。
 
  首相や岡田氏は震災対応を優先することで、責任論への発展を回避しようとしてきた。だが、相次ぐ混乱はかえって政権担当能力の欠如を浮き彫りにした。首相が自ら仕掛けた「大連立」も2度にわたって頓挫し、各地で自民党と戦う候補者に冷水を浴びせた。

 野党側は「震災休戦は終わった」(自民党幹部)と倒閣に動きだそうとしており、11日以降の国会の雲行きも怪しくなった。

 「このままで18日の参院予算委員会の集中審議を乗り切れるのか心配だ」

 首相や閣僚らによる勉強会終了後、与党幹部の1人は懸念を示した。勝利に勢いづく自民党が、原発事故での首相の責任を追及してくることは確実なためだ。

 首相退陣をめぐるヤマ場は平成23年度第1次補正予算案が成立する予定の5月の連休前後にまず迎える。そして、最大のヤマ場は6月22日の会期末を前に、自民党など野党側が内閣不信任案と参院での首相問責決議案を提出するときだ。

 衆院では民主党が多数を占めているが、党内から造反が出る可能性もある。問責決議案は、野党が過半数を占める参院で可決される見通し。原発事故は収束しておらず、首相が衆院解散に踏み切ることは事実上不可能だ。同決議案に法的拘束力はないが、首相は総辞職するかの「重大な決断」を迫られる。

 民主、自民両党では「その時」を見据えた動きがすでに始まっている。
 
 実際の選挙結果については
 
 ------------------------------------------------------------

民主、道府県議選で大敗=公認候補の4割が落選-地域政党は大幅増【統一選】

 41道府県議選は11日未明、当選者が決まらない千葉県議選浦安市選挙区(定数2)を除き、無投票当選410人を含む全議席(総定数2330)が確定した。党派別内訳は、民主346、自民1119、公明171、共産80、社民30、みんなの党41、地域政党を含む諸派98、無所属442などとなっている。
 
 民主党は、前回を200人近く上回る立候補者を擁立したにもかかわらず、現有議席を大幅に減らす議会が出るなど大敗した。前回の獲得議席数(335)は辛うじて上回ったものの、公認候補の当選率は約9割からおよそ6割に低下。4割が落選した。第1党となった道府県議会もなかった。
 
 一方、大阪府の橋下徹知事が代表を務める「大阪維新の会」などの地域政党が躍進した。同党は、府議会で過半数を獲得。大阪市議会、堺市議会でも第1党となった。自民は、立候補者数を131人減らしたが、当選者数は21人の減少にとどまった。みんなの党は現有議席を大きく伸ばした。女性当選者数は前回比5人増の180人となった。
 
 道府県議選は、統一選対象外の茨城、東京、沖縄3都県と、東日本大震災の影響で延期となった岩手、宮城、福島3県を除く41道府県で実施。このうち、千葉県議選浦安市選挙区は、市選管が震災被害を理由に選挙事務を拒否し、当選者が決まらない異例の事態となり、県選管は5月中旬にも「再選挙」を行う方針だ。
 
 15政令市議選(総定数924)の党派別内訳は、民主147、自民222、公明157、共産99、社民7、みんな40、諸派73、無所属178など。被災地の仙台が延期となった。 (2011/04/11-03:54)
 
 特に、岡田異音氏や枝野汗かき無能長官の地元で民主候補が大敗したのは象徴的ではないのか。これで、癌総理の地元で議会選挙があったら、おそらく全滅だろう。
 
 今回の選挙で特徴的なのは、地方の首長が率いる独自政党が躍進したことで、たとえば橋下知事が率いる大阪維新の会が第一党を占め、名古屋では河村市長の率いる減税政党がやはり大躍進をしている。これは河村市長の言うように、既成政党が批判されたためだろうが、たしかに自民も諸手をあげて万歳をしている場合ではない。
 
 自民の信頼が回復したわけではなく、民主があまりにひどいからそれよりはましだろうという程度の勝利でしかない。実際に議席数では改選前より減らしている。
 
 もう一つ特徴的なのは、やはりこのような危機の時、現職が強いという法則がやはり成り立ったということだが、それより民主後任を辞退する候補が続出するなど、当初民主が予定していた1000名の候補を立てる事が出来なかったことが大きく響いている。
 
 なにしろ、東京都では、事実上自民の無所属石原氏が他候補に圧勝し、非公式に民主が支持したという和民社長は伸び悩むなど、ここも象徴的な結果になった。なにしろ、現政権が首都で独自の候補を立てられないということ自体が、すでに負け戦なのだ。
 
 私個人としては石原氏は好きな人物ではないが、ただ、今回の候補者の中ではやはり最も信頼が出来ると言えるのではないか。
 
 どの候補も防災対策の強化を主張したのは当然としても、直ちに脱原発、太陽エネルギーなどへの切り替えを訴える実情無視型の候補がそれなりに票を集めているのはやはり問題だ。
 
 それが可能であるなら、確かに太陽光エネルギー、クリーンエネルギーに全面的に切り替え、原発も火力発電も全廃してしまえばよい。だが、実際にそれが出来ない、それも単なる技術的問題ではなく、物理的に不可能であるからこそ、日本よりも大胆に太陽光発電の実施を試みたヨーロッパが、軒並み原発新設に切り替えたのだ。
 
 太陽光発電では原発に替えることはできない。また大規模洋上発電もオランダなどではかなりの規模が実現しているし、ドイツなどは太陽光、風力発電でも世界のトップランナーだが、それでもドイツの産業を支えることが出来ないことが、太陽光、風力の開発を進めるに従って明らかになったから、原発新設に家事を切り替えたのだ。
 
 なぜそうなのかを理解しないまま、日本では原発をクリーンエネルギーに替えるべきだと主張する候補者達はそれが実現できる根拠を示していない。そして根拠もないのに、原発は怖いからとその候補者達に票を入れた有権者は、結局出来もしない公約をした民主に票を入れた有権者と同じ過ちをしている。
 
 ドイツも原発推進を主張した現メルケル政権が苦境に陥っている。ドイツ人もどうして現実を理解できないのか。なぜ、かつては国を挙げて原発を全廃すると決めたのに、それが不可能だから原発推進に切り替えたかを理解できないのか、それが不思議でならないが、そう言う物なのだろう。やはり、人間は感情を刺激されるとそこからさき自分で考えることが出来なくなる。民主が政権を盗んだのも、友愛、非核、平和といった中身の伴わない空虚なスローガンにだまされた結果だ。
 
 同じ過ちを人間は何度でも繰り返す。それを前提に私たちは国のあるべき姿を考えなければならないのだろう。今後も、旧社会党崩れの売国者達は、感情に訴える形で国民に訴え続け、政治の中に潜り込んでくるだろう。かつて50年前は左翼の全盛時代であり、国中がデモで大荒れし、各種の左翼ゲリラ組織が暴れた。
 
 今、もちろん当時のような左翼の存在は全く認められず一見彼らは姿を消した様に見えるが、ソフト路線でしぶとく生き残り、そして結局政権まで盗むようになった。彼らは未だに生息しており、決して息の根が止まったわけではない。
 
 実現出来もしないスローガンで感情的に訴える政党、政治家には十分注意しなければならないが、それには何が出来もしないスローガンなのかを自分で判断する必要がある。今回の民主政権のように、やらせてみたら全く話にならない無能無責任無知だったと分かれば国民は学習するだろうが、売国奴達も学習するのだ。
 
 より巧妙になるだろう。私たちはよほど用心をしなければならない。
 
 
スポンサーサイト

コメント

乾杯です

飲めない自分も今夜は晩酌いたしました。たこ焼きもつまみに作って美味でした。
みんなの党が十倍に増えたのが気がかりですが、これは今後十数年の間に皆さんに危険性を認知させることとなるでしょう。

先ほどのたこ焼きですが、市販のタコ焼き機にこれまた市販のたこ焼きのもと。ソースはオタフクを使って。そしてこれがミソなのですが市販の昆布つゆ、七味唐辛子を混ぜて焼いたところの仕上げに油をかけて表面をパリパリにすると大変おいしいです。
お茶にも合います。たかおじさん様も如何でしょうか。

書き忘れました

生地の段階で紅ショウガを半分に切って混ぜ込むとさらにおいしいです。
ひっくり返すのが手間なのでご家族のどなたかにやってもらう方が良いでしょう。

乾杯です

>名無し侍様

たこ焼きですか。あれは旨いですね。大阪では家庭の必需品で、もしたこ焼き器を持っていないことがばれると、町内引き回しの刑に処せられると聞いています。

私の家では鉄板焼きが普通です。4.5mmx300x300の鉄板に自分で縁をつけ、柄をつけて、また上から抑える鉄板も作って、(商売柄このような加工も出来ますので)、折があるとお好み焼き等を作っています。これにたこを入れると、四角いたこ焼きが出来ます。

たこ焼き器はあまり売っているのを見たことがありません。探せばもちろん有ると思いますが。

普通の家庭では、電気式の鉄板でお好み焼きを作ったり焼きそばを作るのが多いみたいです。結構、たこ焼き屋は有るんですがねぇ、あまり自分の家で焼く人は聞いたことがないですね。

No title

え~、旨いんですけどね。自分は希少派でしたか。

四角いたこ焼きも面白そうです。

たこ焼き

>え~、旨いんですけどね。自分は希少派でしたか。

私の周りではあまり家で作る人の話は聞いたことがないんですが、地域で違うんでしょうね。たこ焼き自体は人気があるし、町中でたくさん売ってますよ。

>四角いたこ焼きも面白そうです。

ええ、そのほか、エビとかイカとか、いろいろやれます。こういう鉄板があると、残ったご飯で煎餅なども作れるし、非常に利用範囲が広いです。厚い鉄板が非常に具合良く何でも焼けますが、欠点は、鉄板が厚いので、やたらに重く、女性だと扱いきれないみたいです。

聞いてみたら、たこ焼き器はホームセンターなんかで普通に売っているそうです。でも、たこ焼きは買って食べるものだと決めつけていたようです。電気式たこ焼き器も普通にあるんだとか。知りませんでした。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。