スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印象操作

平成22年01月10日


マスコミの偏向報道について何度も書いているが、人間は感情の動物であり、感情移入してしまったものを信ずる傾向がある。それを利用してマスコミがそれに接する者に対し印象操作を行う事がある。

一つの例として最近始まったNHKの「龍馬伝」第一回に、土佐の上士、下士の激しい身分差別を表現するのに、幼い頃の龍馬が上士の若者を誤って突き飛ばしてしまったとき、その上士の家に引き連れてゆかれ玄関前で手打ちになりかけた描写がある。

また武市道場で共に学んでいた下士の門人が、上士に切り捨てられ、それが只の犬死にとなり、斬った張本人はおとがめ無しとの場面があった。

確かにドラマだから事実とは違う、脚色だ、と言ってしまえばその通りだろうが、大河ドラマ歴史ドラマというのであれば史実を全く無視して良いというものでは無かろう。

当時、確かに士農工商の身分制度があり、切り捨てごめん制度もあったが、その実情は

----------------------------------------------

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%87%E6%8D%A8%E5%BE%A1%E5%85%8D

概要 [編集]
近世において武士が町人・百姓らから耐え難い無礼を受けた時は、斬殺しても処罰されない。これは当時の江戸幕府の法律である『公事方御定書』71条追加条によって明記されている[1]。

無礼な行為によって武士の名誉が傷つけられる事を制止するための正当防衛的な行為と認識されていた。西洋では近代以前には決闘による名誉回復があった。これに対して日本の切捨御免には支配階層である武士の名誉と威厳を守る事によって武士を頂点とした当時の社会秩序が防衛されると考えられ、こうした観点より切捨御免が認められていたと考えられている。

あくまでも正当防衛の一環であると認識されているため、結果的に相手が死ぬことはあってもとどめを刺さないのが通例である。また無礼な行為とそれに対する切捨御免は連続している必要があり、以前行われた無礼を蒸し返しての切捨御免は処罰の対象となった。

切捨後 [編集]
斬った後は速やかに役所に届出を行うこと
どのような事情があったにせよ、人一人切った責任の重みゆえ、二十日以上に及ぶ自宅謹慎を申し付けられること
斬った刀は、詮議に使う証拠品として検分のため一時押収されること
無礼な行為とそれに対する正当性を立証する証人も必要とされる
など、適用の条件は厳格であった。

証人がいないなど、切捨御免として認定されない場合、その武士は処分を受け、最悪、武士としたまま名誉の死を遂げる切腹も申し付けられず斬首刑を受け、お家断絶の可能性もあった。そのため本人謹慎中は家人及び郎党など家来・仲間が証人を血眼になって探すが、見つかりそうにない場合、体面を保つために評定の沙汰(裁判)を待たずして自ら切腹する者が絶えなかった。無礼討のために刀を抜いたが、相手に逃亡された場合なども武士の不名誉とされ処罰の対象であった。

また、上意討ち・無礼打ちに理不尽を感じた者は、両者にどのような身分差があれど(たとえ上司であっても)、脇差でならたとえ殺すことになっても刃向かうことも許された。むしろ討たれる者が士分の場合、何も抵抗せずにただ無礼打ちされた場合は、国家鎮護守・外敵制征圧(軍事警察力)を担う兵(つわもの)である武家としての「不心得者である」として、生き延びた場合でもお家の士分の剥奪、家財屋敷の没収など厳しい処分が待っていたため、無礼打ちする方・受ける方双方命懸けで臨まねばならなかった。そのため上司が上意討ちをする場合、まず討つ相手に脇差を持たせてけしかけ、刃向かわせてから即座に斬る、という場合もあった。

ただしこのような騎士道的な態度が裏目に出ることもある。尾張藩家臣、朋飼佐平治は路上で町人と突き当たった。佐平治が咎めたのにもかかわらず、町人は無視してそのまま立ち去ろうとした。佐平治は無腰の町人を手打ちにするのを不本意と考え、自らの脇差を相手に渡して果たし合いの形式をとろうとしたが、町人はその脇差を持ったまま遁走し、「余れ佐平治をふみたり(打ち負かす)」と触れ回った。悪評を立てられた佐平治は已む無く出奔を余儀なくされ、武士の一分を立てるために町人の家を突き止め女子供に至るまで殺害するに至った[2]。

また、他領の領民に対する危害行為は、たとえ正当防衛である切捨御免の結果であったとしても、その領民が属する封建領主への敵対的行為とされる恐れがあった。つまり幕府直轄地である江戸で町民に危害を加えた場合は、徳川幕府への反逆行為とみなされる恐れがあった。このため諸藩は江戸在勤者に対し、直接切捨御免には言及していないものの『町民とトラブルを起こさずにくれぐれも自重すべき』旨の訓令をたびたび発した記録が残っている。このため簡単には斬れない事情を知っていた町民の中には、粋を衒ったり、度胸試しのために故意に武士を挑発する言動をする者もいたという。もっとも町人から侮辱を受けたまま何もせずにいたところを朋輩に見られた場合、今度は「臆病者」との謗りを受け、これまた「士道不覚悟」で罰せられることになる。従って武士は街中でこのような恥辱を受ける事を避けるために、供を付けず一人歩きするようなことは避ける必要があった[3]。特に芝居小屋のような、町人と密接な接触が想定される場に足を踏み入れることは、極力慎むことが求められた(もっとも、江戸中期以降にはこのような芝居小屋・銭湯などの大抵の公共施設では刀を預ける刀架所が下足所の横に設けられた)。

以上のように切捨御免は武士の特権としては認められてはいたものの、気ままに実行出来るようなものではなく、正当なものと認定されなかった場合のリスクも高かった為、実際に切捨御免を行い、認められた事案はそれほど多くはない。

主従関係と無礼討 [編集]
主人が不都合をしでかした家来を斬る場合も無礼討(上意討ち)という。この場合の家来には武士のみならず中間や下男下女などの武士以外の奉公人も含まれた(理論的には日雇いの奉公人も対象となった)。主従関係に基づく無礼討ちでは主人が有する家臣への処罰権の行使と考えられたため上述のような厳格な規定は適用されず、殺害自体の刑事責任も問われなかった。但し家来に対する管理能力に問題があるとみなされ「家中不取締」として御役御免や閉門といった処分をうけることもあった。また正当防衛ではなく処罰であるためとどめも行われた。

----------------------------------------------

つまり無礼打ちといえども斬る方は命に関わる所業であり、現実に幼い子供が無礼を働いたからなどと言って切り捨てたり自分の門前で手打ちになどしたらその家は断絶され本人は処刑される。

また下士を切り捨ておとがめ無しなどあり得ない。さらに、岩崎弥太郎がいやしくも武士でありながらその父がまるでごろつきやくざのように描かれているのも、あれでは史実とは違う。武士はくわねど高楊枝であり、農工商の上に立つものとして常に厳しく律することを義務づけられていたから、武士が内職をすることはあってもあのような商売などしては居ない。

つまり、NHKは当時の日本が如何に野蛮国であったかの印象操作をしているわけだ。多寡がドラマだと言っての言い逃れは通用しないのではないのか。三文テレビの三文芝居だと自ら認めるならいざ知らず、ドラマの後で何とか紀行などと、さも尤もらしく史跡をたどって見せていかにもドラマが史実に基づいているかのように宣伝しているのだ。ドラマ自体の内容に史実とはまるで違う描写があって構わないとは言えないだろう。

NHKはジャパンデビューという番組で訴訟されている。台湾で取材をしながら、発言した人たちの意見をまるで反対の意見であるかのように編集して報道したから、当の台湾人から激しい怒りを買っている。

この顛末はやはりWikiに詳しい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/NHK%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB_%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA_%E3%80%8CJAPAN%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%8D


たとえばこれはNHKに限らないが、時代劇で良く三行半が取り上げられ、昔は女性には何の権利もなかったかのような描写があり、それを本当に信じている人が大勢居る。しかし、三行半は一方的に亭主が書いて成り立つ物ではなかった。

これもWikiだが

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A1%8C%E5%8D%8A

詳しく説明してあり、女房の方から亭主に突きつけられた三行半も発見されている。

なお、まとまっているのでWikiを出しているが、Wikiには一次資料が明記されているので裏がとれる意味で役に立つ。逆に裏がとれない場合はWikiは信頼出来ない。無礼打ちや三行半、身分制度などは他にも様々な資料があり、Wikiの記述は信頼出来る。

印象操作と言えばお隣の人気ドラマ、「チャングムの誓い」なども、作者自身はほぼ創作であると書いている。しかし、韓国では自国の歴史を正確に伝えていないので、あのドラマで描かれている昔の韓国をそのまま事実として受け入れてしまい、当時から韓国が文明国であって日本の倭寇は野蛮人との印象を持ってしまっている。

これもドラマだから、と言ってしまえばそれまでだが、本来の知識を持っていない人間には真実のイメージとして染みついてしまう。これは日本でも同じ事だ。

以上、マスコミの報道という事ではないが、印象操作という意味では考える必要がある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。