スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人災拡大中

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



 次のような記事に目を奪われた。これが事実かどうかは分からないが、日頃の菅総理の言動を見ていると、さもありなんと思う。
 
 《》は引用
 
 ------------------------------------------------------------

あ~あ~菅無知ぶり全開 有識者に「臨界って何だ?」


2011年03月26日17時00分

 「原子力に詳しい」と吹聴していた菅直人首相(64)が、有識者に「臨界ってなんだ?」と尋ねていたことが分かった。「臨界」は、原子力を少しでもかじったことのある人なら誰もが知る言葉だけに、あきれることを通り越して不安をかき立てられるようなエピソードだ。こんな人に原発対策や震災後の復興を任せていいのか。

 まさに“無知全開”ともいえる裏話を報じたのは26日の日経新聞。それによると、菅首相は「役所や東電とは違うセカンドオピニオンがほしい」として呼び寄せた有識者に対し、「臨界ってなんだ」と聞いたという。原発に関する「臨界」は、「原子炉で核分裂の連鎖反応を起こし続ける状態」を指す。大阪府在住の大学講師はこうあきれる。

 「最初に『臨界』という言葉に触れるのは高校物理。『反射の限界点』を指す『臨界点』という言葉を習う。大学で原子力を学べば、すぐに出てきますよ。1999年の東海村臨界事故で注目された言葉でもある。菅首相は本からも先例からも、何も学んでいないのでしょうか」

 福島第1原発の事故を受け、東工大出身の菅首相は16日、官邸で笹森清内閣特別顧問と会談、「私は原子力に詳しいんだ」と胸を張った。さらに、東京電力本店に自ら乗り込むパフォーマンスを演じ、原子力に詳しい学者3人も内閣官房参与に起用した。ところが実際には、基本中の基本を知らなかったことが露呈してしまったわけだ。菅首相は財務相時代にも、経済学の基礎用語である「乗数効果」と「消費性向」を取り違え、知識不足を露呈したことがある。

 そんな菅首相が率いる政府は25日、福島第1原発から半径20-30キロ圏内の屋内退避区域に対し、自主避難を促した。当初の3キロ圏から10キロ圏、20キロ圏に小出しで広がり、ついに自主避難になる泥縄式だが、これについて菅首相は「専門家の判断を尊重した」と責任転嫁。

 政治ジャーナリストの角谷浩一氏は「菅首相は無知なのに思いつきで行動する。反対する人は排除し、ダメな結果でも自画自賛する。厚生相時代のカイワレ神話が自分のなかに残っており、根拠を示さなくても自分が『安全だ』『頑張ろう』と言えばみんな付いてくると思っている。いま、世界中で『菅首相に日本が壊される』と心配する声が上がっています」と危機感を募らせている。
 
 この菅という男が、自分の無能さも自覚できるほどの知性さえ持ち合わせていない人間だと言うことがもう日本はおろか、世界中で知られている。最近この歩く災厄の露出が少なくなっているが、多分周囲から抑えられているのではないかとの憶測がなされており、それは次のような記事にも現れている。
 
 ------------------------------------------------------------
 
 「仙谷色」強まる官邸 首相補佐官に問責の馬淵氏起用


2011/3/26 20:30

 菅直人首相は26日、馬淵澄夫前国土交通相を東京電力福島第1原子力発電所事故などの問題を担当する首相補佐官に起用した。補佐官数はすでに上限の5人に達していたため、首相の“最側近”とされた寺田学氏が補佐官を辞任した。首相は11日の東日本大震災発生後、官邸の布陣を次々と入れ替えたが、人事から読み取れるのは仙谷由人官房副長官が官邸の実権を掌握しつつある姿だ。

 馬淵氏は昨年9月の菅改造内閣で国交相に就任。尖閣沖の漁船衝突事件の映像流出事件を巡り、昨年11月に当時の仙谷官房長官とともに参院で問責決議を受け、今年1月に国交相を退任した。仙谷氏に続く「問責復活組」の起用となる。

 枝野幸男官房長官は26日の記者会見で「これまでの様々な経験から原発事故に首相直轄で対応するのに適任だ」と起用の理由を説明。問責を受けた閣僚の政府入りには「過去に例のない大きな災害に対応するにふさわしい体制」と理解を求めた。

 馬淵氏が官邸から就任を打診されたのは前日の25日夜。これまでは党広報委員長で、一連の原発問題には関与していない。馬淵氏自身、補佐官の起用が決まった後でも周囲に「オレは党の人間で官邸とは接点はない」と漏らしていた。馬淵氏周辺は「岡田克也幹事長も25日には断るように馬淵氏に言っていた。原発問題なら他にもっと適任者もいる」と語る。

 「とうとう菅は1人になったな」。あるベテラン議員は一連の人事を聞き、こうつぶやいた。

 人事で外されたのは共に「自他共に認める菅側近」の加藤公一氏と寺田氏の2人の補佐官。引きこもりがちの首相に代わり、首相官邸の実権は仙谷氏と枝野官房長官の「師弟コンビ」が握る。

 震災後には仙谷氏と近い無所属の辻元清美氏も災害ボランティア担当の補佐官に就任した。

 仙谷氏の存在感が増すにつれ、自民党との大連立を予測する声も広がっている。仙谷氏は25日夜には岡田克也幹事長とともに、自民党の大島理森副総裁、石原伸晃幹事長と会談。特に大島氏とは頻繁に会談を重ねているとされており「震災対応」を大義名分とした大連立構想もちらつく。

 自民党の谷垣禎一総裁に副総理兼震災復興担当相を打診したのは、首相の独断専行とされる。仙谷氏周辺は「根回しもせずに連立工作に走った首相のやり方を仙谷氏は苦々しく思っていた」と政権運営への実力行使に乗り出した背景を語る。
 
 かつて仙石氏は菅木偶総理の傀儡師として事実上の最高権力者として振る舞っていたが、あまりの独断専行や左翼思考などから、政権から追いやられた形になっていたが、今あまりに愚かで常軌を逸した菅という男を押さえつけられるのはこの仙石氏しかいないということで、誰かが呼び戻したのではないのか。そんな憶測さえ出来る。
 
 仙石氏は、このような場合リーダーシップを採るにはきわめて不適切な人物だ。相手の意見を聞かず、一方的に押しつけ、そのためには恫喝する。だが、そのような人間しかこの前代未聞の愚かな菅総理を押さえつけられないのだとしたら、この国はまことに不幸な回り合わせに会ってしまったと言うしかない。
 
 結局仙石氏は表に出る事が却って混乱を招くこと自体は理解しているだろうから、もちろん、空き缶を飾りにしておくことはそのままにして、とにかく表に出るな、しゃべるな、ときつく申し渡しているのではないのか。
 
 今、政府の顔として獅子奮迅の働きをしているのは枝野氏だ。
 
 しかし彼の能力もきわめて低い。それは、次第に明らかになってきている。
 
 ------------------------------------------------------------

「予断許さず」「念のため出荷停止」 政府の曖昧な説明、膨らむ不安
 
2011.3.27 01:46


 「予断を許す状況ではない」「直ちに健康被害はないが、念のため出荷を控える」。東日本大震災や福島第1原子力発電所事故をめぐり、政府はどのようにとらえていいのかはっきりしない、曖昧な言葉を連発している。専門家は「かえって不安を増幅させている」と指摘。政府の“無策”は、こうしたところからも透けてみえるようだ。

 《予断を許す状況には立ち至ってはいない。緊張感を持って一つ一つの事態に当たらなければならない局面が続いている。力を合わせて乗り越えていこうではありませんか》(25日、菅直人首相)

 東京女子大の広瀬弘忠教授(災害・リスク心理学)は、これまでの政府の発表を「混乱を起こさぬよう慎重に言葉を選んでいるのを日本人は見抜いている。『何か裏に隠している』との想像力が働いてしまう」と分析する。

 特に25日の菅首相の会見は不安をあおるものだったという。「今回の震災は予断を許さないことは誰もが知っている。具体的な方策を示さず精神論を持ち出し、逆に『無策なのではないか』との不安を覚えた」。政府は25日に原発30キロ圏の住人に自主避難を呼びかけたが、広瀬教授は「明確な理由の説明がなく、危険性が広がっていると錯覚させた」という。

放射性物質の拡大や食物への影響など、考えられる“最悪のシナリオ”をすべて公表する必要があったとする広瀬教授。「そのうえで『今はまだこうした段階にない。具体的にこんな対策もあるから安心してくれ』と言うべきだ」と主張する。

 《検出の放射線量によれば、直接に、直ちに健康に害を与えるものではありませんが、念のため水道水は飲用を控えること》(21日、枝野幸男官房長官)

 《念のために早い段階から出荷を差し控えていただき、かつ、できるだけ摂取しないようにしていただくことが望ましい》(23日、同)

 「『直ち』にとは1年か10日か。『できるだけ』とはどれぐらいの頻度か。一概に言えないのは分かるが、そこをあえて説明する努力をしてほしい」と話すのは、政治家の発言などを研究している日本大学芸術学部の佐藤綾子教授(パフォーマンス学)。福島県などの農産物の出荷制限の発表に必要だったのは、具体的な“数字”という。

 「成人の平均体重や平均身長のデータをもとに、今の放射線量なら、何グラムを何年摂取したら健康に被害が出るなどと数字を明示してほしい。放射線量は刻々と変動して計算は面倒だろうが必要なことだ」

 佐藤教授は、災害時は不安な精神状態から「悪い情報」を選択してしまう心理が働くと指摘。「悪い方悪い方へと思考が流れる。枝野官房長官の落ち着いた話しぶりは安心感を与えている面もあるが、『念のために』という言葉はあまりに曖昧だ」と苦言を呈する。

 危機管理コンサルタントの田中辰巳さんは「枝野官房長官の話し方はいかにも弁護士出身らしい。法廷で淡々としゃべっている感じがする」と分析。「しかしここは法廷ではなく会見場。裁判官には専門的な言葉は伝わるが、国民はそうではない。もうすこし具体性を持たせて話すことを心がけてほしい」と話している。



枝野氏は一生懸命やっているのだろうが、無能だということ。所詮弁護士の法廷陳述、つまり言質を取られないためだけの言葉に徹している。だから、自ら風評被害を拡大していることについて、気がついてはいるのだろうが、その責任を自分で引き受ける事の出来る器ではない。

ただ、嫌われ者の仙石氏が表に出るよりは増しだし、ましてや最低という言葉でも足りない愚かな菅という目立ちたがり屋よりはよい。彼は、自分の問題を理解しているから、他者の言葉に耳を傾けることは出来ているようだ。

自分が広げた風評被害が、たとえば日本産科学会から水道水の安全性に対する声明が出たり、

飲食物の放射性物質 測定し対策可能、冷静な行動を

の様な記事が最近増えてきたのは良いことだし、先日福島原発から20-30Km範囲の自主退避を求めた際、最初に放射線レベルではなく物流が滞って日常生活が成り立たないからだ、と説明した等に、枝野氏の自省があると見受けられる。

いずれにせよ、今の立場に立つには、枝野氏は全力を尽くしているだろう事は認めるが、能力はない。しかし、他者の意見を採り入れているのであれば、良しとしなければなるまい。なにしろ、民主には彼よりも適任と思える人物がいないのだから。

普段あれだけさえずる渡部氏などが沈黙を守っているのは、陰で何か画策しているのかと邪推の一つもしたくなる。

なお、先日の朝生に出演した片山さつき氏によれば、自民党から様々な提案をしてもすべて民主党に拒否されており、その最たるバリアは岡田氏だという。岡田氏も、正直者ではあろうが、全く自分でものを考える能力のない人物だ。ありそうなことだと思う。

だが、その自民でも谷垣氏が大連立に色気を出し、さらに復興のための増税を菅氏に持ちかけているなど、馬鹿な動きをしている。このような災害時、増税で乗り切った例など無い。リーマンショックで大きく落ち込んだアメリカでも、オバマ氏は大規模な借金で資金をつぎ込み、そして事実相当回復した。増税など、この国を潰すつもりでなければ考えることではないが、それは財務省が一番簡単な方法として自民に突き上げているやり方ではないかと思われる。

谷垣氏も小者だ。大連立などではなく改編で乗り切るべきなのだ。自民に政権を戻したくはない、一度選挙をして、その後の自民を軸とした連立が実際的な方法になるべきだとは私も言っているが、今のままの大連立では、民主の大本、すなわち左翼思考が残る事になる。

谷垣氏がこれほど近視眼的で愚かだとまでは思っていなかったが、むろん、自民の中には仙石氏や渡部氏などと強いつながりを持っている同根の連中が大勢いる。それらをふるい落とさなければ、連立の意味はない。

まず今の危機が収まったらすぐに解散総選挙に持ち込まなければ、ずるずると今の形の大連立に持ち込まれる危険性がある。自民が信用できないのは、今に始まったことではないが、こんな災害が起きるとは誰も考えていなかった。もし、この災害で一番成立してはならない政府が成立するとしたら、この国の復興は大幅に遅れる。

今考えられるのは、一部延期にはなったが来月予定されている統一選挙でどれだけ民主が泥船であるかを自民に知らしめ、民主と組むことがどれだけ自分たちにとって危険かを意識させることだろう。だが、知事選ではかなり多くの知事達が、自民民主相乗りになっている。見通しは明るくない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。