スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安を煽る菅内閣

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



 まず、何の説明もなくこのような発表があった。
 
 《》は引用
 
 ------------------------------------------------------------

海水から規制値上回る放射性物質…福島第一原発

 東京電力によると、福島第一原子力発電所の放水口近くで21日、海水をサンプリング調査したところ、国の規制値を上回る放射性物質が検出された。


 放射性ヨウ素131は規制値の約126倍、放射性セシウム134は約25倍だった。東電は原子力安全・保安院と福島県に連絡した。

 同原発3、4号機への放水や雨で放射性物質を含んだ水が海に流れた可能性があるという。

(2011年3月22日02時17分 読売新聞)

 このような発表をそのまますれば、国民の不安を煽り、なおさら食品に対しパニックを助長するだろう。なぜ発表するときに、数値を示し、基準値とは毎日接種しても一年で1ミリシーベルトに至る数字であり、全く健康には問題がないと断言しないのだろうか。
 
 各地の農産物で放射線物質が検出されたと言うことで政府は出荷規制をした。しかし、同時に、直ちには健康被害がないと、人ごとのように言っている。このことで、今はほうれん草や柿菜、牛乳などだが、どうせすべての農産物について同じことが言え、しかもその範囲は日本全国に広がってゆくのは目に見えているのだ。
 
 ただ、今検出されている放射線レベルは全く健康には無関係であり、出荷規制などする理由はない。なにしろ、一年食べ続けても健康被害がないと、政府自体が言っているのに、なぜ今このような出荷制限をするのだろうか。政府が出荷規制をするのだから感覚的に相当危険なのではないかと、知識のない一般人が思っても仕方があるまい。
 
 何も出荷制限などする必要はない。すべて、安全であり、食べても無害だと説明を付けて、産地などを明記して出荷すればよいのだ。それでも買いたくない人は買わなければよいだろうし、自分で確信を持てる普通の人は買うだろう。それは買う人の選択肢に任せればよいことだ。
 
 今日コンビニに行ってみたが、ミネラルウォーターやお茶のたぐいが完全に消えていた。しかし、首都圏の水道は全く問題がないし、そして福島や周辺の水道も、確かに放射線が検出されているものの、全く問題のないレベルであることは明確なのだ。
 
 しかし、政府が事務的に放射性物質が検出されたと公表するものだから一般市民の不安が煽られ、唯でさえ乏しい物資が窮乏してゆく。政府の罪は大きい。
 
 今回海水中に放出されたという放射線物質も、すぐに希釈されまたいずれ半減期で消滅する。
 
 すぐ最近まで世界中で海中での核実験が行われ、膨大な放射線物質が海中にばらまかれ、そして降り注いだのだ。それに比べれば今回の放射線物質の量など誤差の範囲でしかない。環境にばらまかれた放射線物質は今でも全く健康には無関係なレベルであり、今後同じレベルで何年もとり続けても絶対に問題がない。そして今後の推移によってはむろん、増えることもあるだろうが、いずれ拡散し消滅してゆく。
 
 そもそも放射性ヨウ素131は天然には存在しない。なぜなら一度生成しても半減期が8日なので、現在検出されている量では、一月もすれば検出不能なほどのレベルに下がる。セシウムなどはもっと半減期が長いが、いずれにしても絶対量がすくなく、そして拡散してゆく。
 
 つまり、政府は単に情報を隠蔽していると言われたくないために、まったくその影響も考えずに公表しているのだ。もちろん、公表するのはよい。だが、公表するからにはその意味も説明するべきではないのか。自分たちが専門家ではないのだから、専門家に依頼して政府公表として、画像やデータグラフなどで説明し、メディアを通じて過剰な不安を取り除く努力をすべきではないのか。
 
 それが出来ないから、福島県内への物流が滞ったり(物資を届けるのをためらう業者がいるため)、福島からの避難民の宿泊を断るホテルや、乗車を拒否するバスが出てくるのだ。これらの輸送業者やホテルやバス会社を罰しても仕方がない。責任は、政府にある。
 
 このように次々と社会不安を広げ、流通を破壊し、復興を妨げているのは他ならぬ菅民主人災内閣だ。
 
 一生懸命やっているから今は見守ろう、応援しようなどと言うのは、この人災に荷担することだと言えるだろう。


3/22 07:55 追記

------------------------------------------------------------

規制値超えた食べ物続々 安心して食べるには
配信元:
2011/03/22 01:35更新

東日本大震災「イザ!わかりやすい放射能…食の安全安心放射線量を明記して販売せよ雨の記憶から

 福島第1原発の事故以降、各地のホウレンソウやカキナ、原乳などから暫定規制値を上回る放射性物質が検出され、国が出荷制限を指示した。気になる疑問や注意点をまとめた。

 Q なぜ葉ものの野菜から検出されるの?

関連記事
福島県の原乳などから新たに放射性物質…
放射性物質が体内に入ったら? 京大・…
記事本文の続き A 放射性物質は風で運ばれて付着するため、ホウレンソウのように表面積が大きいものほど付着しやすい。キャベツやハクサイは表面の葉には付くが内側には付着しにくいため、表面の葉をはがすとよい

 Q 政府が出荷制限の指示を出したけど

 A 政府は暫定規制値を超えたためと説明している。規制値を設定したときから、上回った場合は出荷を制限する方針だった。ただ、政府は今後も放射性物質の観測を続け、出荷制限の品目などは変化することもありうるとしている

 Q ジャガイモなど根菜類は大丈夫?

 A 土の中に入っている根菜類は、土が放射性物質の付着から守ってくれている。雨などから放射性物質が土中に入ったとしても、根菜が吸収するのはごく微量で人体に影響はない

 Q 野菜を食べるときに注意することは

 A 日本分析センター(千葉)は「検出された数値は人体に影響を与えることはない」とした上で、「野菜を水で洗えば付着している放射性物質が半減し、煮れば3分の1まで取り除くことができる。ただ、煮汁は放射性物質が含まれるので飲むのはなるべくなら避けたほうがいい」と説明している

 Q 肉や魚は大丈夫?

 A 家畜は放射性物質を含む水分を大量に取ることで放射性物質を体内に蓄積するため、直接付着している野菜などと比べて検出値は小さくなる。魚も海水や食物連鎖の中で放射性物質を取り込むが、間接的な摂取となるので量は少ない

 Q 牛乳や鶏卵は?

 A 乳牛が水分から放射性物質を体内に取り込んだ場合は、多くが尿や原乳として体外に排出される。水分を多く含む牛乳のほうが肉より影響が大きいといえる。卵の場合は産むまでに時間があるので、含まれる放射性物質の数値は減ると考えられる

 Q 肉や魚からは検出されていない

 A これまで検出の報告はない。もっとも20日に野菜から暫定規制値を超える放射性物質が検出された栃木、群馬両県、東京都(検出は千葉県産の野菜)では肉や魚の検査をしていない。検査は影響の出やすい露地植えの葉物野菜や原乳、主要な産品など、自治体ごとに優先順位を決めているためだ

 Q 食べたら体内に蓄積されないの?

 A 仮に体内に入っても放射性ヨウ素は8日間で放射線量が半減し、16日後には4分の1まで減少する。放射性セシウムも多くは体外に排出されるため長く体内に蓄積されるとは考えにくい

 Q ハウス栽培は?

 A ビニールハウスなどが放射性物質から作物を保護する役割があるので、ハウス栽培の野菜には付着しにくい。ただ、換気が行き届くハウスだと放射性物質を含む外気を取り込むことになるので効果は少ない

 Q 政府が出荷停止の指示を出したがなぜ

 A 政府は暫定規制値を超えたためと説明している。規制値を設定した時から、上回った場合は食品衛生法に基づき出荷を停止する方針だった。ただ、政府は今後も放射能物質の観測を続け、出荷停止の品目などは変化することもありうるとしている。


13:40 追記

案の定怒るべくして起こった人災。枝野氏があわてて放射線レベルは全く問題がないと説明したが、一度このような動きが出てしまえばなかなか収まるものではない。

------------------------------------------------------------

ホウレンソウ以外の茨城産野菜も返品 農水省が風評被害を確認

2011.3.22 12:29


茨城県など4県産のホウレンソウとカキナの出荷停止の影響か、それ以外のホウレンソウも売れ残りが目立った=22日午前、東京・築地市場(緑川真実撮影)
 食品衛生法の暫定基準値を超える放射性物質が検出されたホウレンソウなどを4県が出荷停止にしてから初めての市場取引が22日朝、行われた。農林水産省は市場関係者からの聞き取り調査で、茨城県産の他の野菜が小売業者から返品されるなどの風評被害を数件確認した。また、東京都中央卸売市場の入荷量は1週間前と比べて半分以下に落ち込むなど、出荷停止の影響が出ている。

 農水省は同日朝から、全国の136の卸売業者から聞き取り調査を行っている。この中で、小売業者が茨城県産のチンゲンサイやレタスなどを卸売業者や仲買人に返品するなど、出荷停止されていない野菜が小売業者から敬遠されるケースが数件、確認されているという。農水省では「小売りの業界団体などに冷静な対応を要請していくが、民間の契約なので罰則はない」と対応に苦慮している。

 東京都中央卸売市場によると、22日のホウレンソウの入荷量は34トン。1週間前の87トンから半分以下に落ち込んだ。茨城、群馬をはじめ、首都圏でのシェアの大きい産地からのホウレンソウ入荷が止まったことで、供給量が大幅に落ち込んでいる。

先ほどもテレビで何とか大臣が、ほうれん草以外には問題はないのだから、引き取り拒否をしないでくれ、といっていた。しかし、この原因を作ったのは不安を煽った政府自身だとの自覚はないのだろう。いずれ、自然の既決としてほうれん草以外でも放射線物質は検出される。だから、今から規制撤廃をすればよい。もし、卸売業者が引き取らなかったら、自衛隊でも使って安値販売をすればよい。そのくらいの思い切ったことをしないと、風評被害は収まらない。そして、これは完全な菅内閣の無知による人災だ。

スポンサーサイト

コメント

まともな報道

それにしてもいつお仕事をしておられるかと余計な心配をしてしまうくらい精力的な文筆啓蒙活動、お疲れさまでございます。

政府や東電の発表も確かに困ったものなのですが、またそれをまともな解説や分析や訂正などを加えること無く垂れ流し不安を煽るマスコミも困ったものです。というか、存在意義を自ら放棄しています。

真っ当なジャーナリズムが存在しないと言われていたわが国ではございますが、大震災を以てして更にそれを露呈しております。

閣下、ネット新聞社を設立なさっては?

まともな報道

>それにしてもいつお仕事をしておられるかと余計な心配をしてしまうくらい精力的な文筆啓蒙活動、お疲れさまでございます。

いえ、ほんのついでです。私は書くのも読むのも非常に早いほうですので。
>
>政府や東電の発表も確かに困ったものなのですが、またそれをまともな解説や分析や訂正などを加えること無く垂れ流し不安を煽るマスコミも困ったものです。というか、存在意義を自ら放棄しています。

でも、私が日頃批判しているNHKなどは、以外にも結構よくやってますよ。

>
>真っ当なジャーナリズムが存在しないと言われていたわが国ではございますが、大震災を以てして更にそれを露呈しております。

いえ、世界中そうです。アメリカなんかひどいですよ。

>
>閣下、ネット新聞社を設立なさっては?

ええ、ただ読者がつかなければねぇ・・・

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。