スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知ることが重要

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



 今までの寝不足を取り戻すかのように、今日は8時間くらい寝たようで、少なくとも4時間は熟睡したようだ。そして、先ほど見かけた記事がこれだった。これについて考えてみる。
 
 《》は引用

------------------------------------------------------------

「日本一の防潮堤」無残 想定外の大津波、住民ぼうぜん

2011年3月20日14時52分

住民たちが「日本一」と自慢していた津波防潮堤。右側奥は壁が破壊されていた=岩手県宮古市田老地区、吉村写す

 「日本一の防潮堤」「万里の長城」――。住民たちは、そう呼んで信頼を寄せていた。岩手県宮古市田老地区にあった全国最大規模の津波防潮堤。だが、東日本大震災の未曽有の大津波にはなすすべもなく、多数の死者と行方不明者が出た。「今後、どうやって津波を防いだらいいのか」。住民たちはぼうぜんとしている。

 「津波は堤防の倍くらい高かった」。防潮堤の近くに住んでいた漁師小林義一さん(76)は顔をこわばらせて振り返った。11日の地震直後、いったん堤防に避難した。だが、山のような津波が海の向こうから押し寄せてくるのが見えたため、急いで丘に駆け上り、難を逃れた。自宅は押し流されて跡形もない。

 小林さんは「防潮堤は安心のよりどころだった。『防潮堤があるから』と逃げ遅れた人も多かったのではないか。堤をもっと高くしないと、これでは暮らしていけない」。

 約4400人が暮らす田老地区は「津波太郎」との異名がある。1896(明治29)年の明治三陸津波で1859人が、1933(昭和8)年の昭和三陸津波で911人が命を奪われた。

 防潮堤は、昭和三陸津波襲来の翌34年に整備が始まった。地元の漁師らによると、当時の田老村は、高所移転か防潮堤建設を検討。結局、海に近い所に住みたいとの村民の要望や代替地の不足から防潮堤建設を決断し、当初は村単独で整備を始めた。工事は中断を挟みながら段階的に進み、半世紀近く後の78年に完成。総工事費は80年の貨幣価値に換算して約50億円に上る。

 こうして出来上がった防潮堤は、海寄りと内寄りの二重の構造。高さは約10メートル、上辺の幅約3メートル、総延長約2.4キロと、まるで城壁のようだ。岩手県によると、二重に張り巡らされた防潮堤は世界にも類はない。総延長も全国最大規模という。60年のチリ地震津波では、三陸海岸の他の地域で犠牲者が出たが、田老地区では死者はいなかった。日本一の防潮堤として、海外からも研究者が視察に訪れるほどだった。

 しかし、今回の津波は二つの防潮堤をやすやすと乗り越えた。海寄りの防潮堤は約500メートルにわたって倒壊し、所々にコンクリートの残骸が転がっていた。隣近所の多数の知人が行方不明になったという男性(45)は「津波の前では、頼みの防潮堤がおもちゃのように見えた。こんな津波を経験して、このまま田老で暮らせるのかどうか分からない」と泣きながら話した。

 今後の津波対策をどうするのか。漁師の川戸治男さん(69)は「漁師なら海の近くに住みたいと考えるだろうが、やはり高台の方に移住すべきではないか」と話す。

 宮古市は津波防災都市を宣言している。地域振興課長の鳥居利夫さん(59)は「防潮堤は、これまで経験した大津波を想定して整備された。だが、今回は想定外だった。今後、どう津波対策を立てるのか。今のところ思いつかない」と肩を落とす。(吉村治彦)
 
 
 まずここで問題なのは
 
 1) 「今後、どうやって津波を防いだらいいのか」。住民たちはぼうぜんとしている。
 
 結果として、すべての津波を防ぐことなど人間には不可能なのであり、防潮堤は小規模の津波をくい止め、大規模な津波の被害を減少させる役目があると認識すべきなのだ。チリ津波などを防ぎ、他の場所で被害が出ているとき、田老地区が守られたのは防潮堤があったためであって、このための投資は決して無駄ではなかった。
 
 2) 『防潮堤があるから』と逃げ遅れた人も多かったのではないか。
 
 結局、今回の悲劇の最大原因はこれではないのだろうかと思う。確かに世界一の防潮堤だったろうが、日本の三陸海岸は世界一の津波の危険地域なのだ。そして、その防潮堤でも、想定外の津波には無抵抗になる。結局、たとえ空振りだったとしても、津波警報が出たら避難するしかないのだ。それが、津波危険地帯に住む人間の常に持っておくべき意識ではないのだろうか。
 
 3)「漁師なら海の近くに住みたいと考えるだろうが、やはり高台の方に移住すべきではないか」
 
 かつて津波被害で壊滅した地域では、高台に家を移す政策を採ったのだが、やはり不便だと多くの漁民達が浜辺近くへ引っ越してしまったという。しかし、それは車がなかった時代の話だ。今は車があるのだから、居住は高台にすべきだろう。
 
 つまり、防潮堤があるから安全だとの過信が被害を大きくしている。防潮堤でも防ぐことの出来ない津波があるから、避難する以外命を守る方法はないとの正しい知識が無かったことが問題なのだ。やはり知るということが命を守る。
 
 今問題になっているのは各地の食品から基準値を上回る放射線量が検出され、一部では出荷停止、廃棄の指示が知事などから出ている。しかし、現状では基準値を上回っても全く健康に問題がないレベルであり、それを知識としてしっかりと認識していれば、パニックになる必要もないし無駄に貴重な食品を廃棄する必要もない。
 
 基準値はあくまで自然状態ではこのくらいというレベルであって、その自然状態の放射線量も大きくばらつきがある。花崗岩などにはもともと放射線物質が含まれており、通常より放射線レベルは高いのだ。また、世界各地のウラン鉱山や多くの鉱山などではかなり高い放射線を発生しているが、人々は数千年数百年そこに住み続けそこで採れるものを食べ続けていたのだ。
 
 かつて世界中で大気圏内核実験が頻繁に繰り返されていたときも膨大な量の放射線物質が大気中に放出され世界中に拡散していて、かなり高い放射線量を記録していた。しかし、それによって、世界の人間の健康が著しく悪化した記録はない。
 
 もちろん、放射線レベルが高いことは良いことではないし、今後も見くびってはいけないだろうが、現時点では全く問題はないと知っておくべきではないのか。
 
 放射線物質はしばらくは増え続けるだろう。しかし、事態が収まればいずれ拡散し消えてゆく。また多くは生物に取り込まれ濃縮される形で取り除かれてゆく。人間の体内に取り込まれても、多くは排出されるし、残ったものもいずれは新陳代謝で抜けてゆく。
 
 いたずらに、放射能、放射線、放射線物質などの言葉に過剰反応すべきではないのではないのか。
 
 
 世界中から賞賛されている日本人のモラルの高さの中でも、火事場泥棒やこそ泥、割り込み暴力などが伝えられている。日本の安全神話は崩壊したと常日頃言っている人間達は、それ見たことかと思っているかもしれないが、日本の犯罪発生率が世界では桁違いに低いことは紛れもない事実であり、まさにゼロに等しい、無いに等しいと言っても良い。しかし、実際にはゼロではないし無くもない。
 
 今のようなときに卑劣なことを働く輩が皆無だ等とはあり得ない。こそ泥や詐欺師が出ても、それでも日本人の社会意識は世界で突出したものなのだ。
 
 福島原発の問題も、様々不安要素はあるが、知らないことから不安が募るのであれば、原発や原子炉、核反応などを自分で調べてみてはどうなのだろうか。私の場合は、根拠を組み立てて不安を取り除くことが出来ると思う。もちろん、にわか勉強ですべてを知り尽くすなど出来るわけがないが、そもそも専門家でも様々なことを言っているのだ。
 
 それなら、少なくとも福島原発事故は原理的にチェルノブイリとは原因が違うし、従って結果も違うことが分かれば過大な不安にとらわれることはない。福島原発の危険度レベルが5であり、スリーマイルと同じだそうだ。しかし、このレベルとは被害の大きさを示すのではなく、人間がコントロールできないそのレベルを示している。
 
 かつて東海村で起きたJOCの臨界事故では、2名が亡くなり、600名以上が被曝し(とはいえ、ほとんどその後健康被害が報告されているわけではない)た。それでも、レベルは福島より低い4だ。
 
 福島では、誰も放射線で亡くなってはいないし、被曝者もすべて防護服を着ており、それも基準値を大幅に下回っている。
 
 私はレベルではチェルノブイリに近いと思っていたから、5だと聞いて意外に思ったくらいだ。レベル=犠牲者のかず、汚染地域の広さではないとしっかり認識しておけば、パニックにならなくて済む。
 
 最後に、被災者に「がんばってください」との応援を送るのは、よく考えてからのことにしていただきたい。それは被災者からの声にもあるのだが、状況によっては本人がどうがんばっても事態が良くならない状況にある場合、がんばってくださいという言葉は本人を追いつめることになるというのだ。だから、私もこのブログではがんばってほしいという言葉を使ったことはないと思う。
 
 がんばれるのは、事態が好転しこれから再建に向かうときだ。今の状況を必死で耐えようとしている人には、善意から発せられた言葉でも残酷な場合があることを知っていただきたい。それは、被災地の人たちを救援するためや、原発事故を収集するために自分の命を削って闘っている人たちに対しても同じだろう。とうにこの人達も最悪の状態に耐えている被災者達も同じなのだ。
スポンサーサイト

コメント

普代村

軒並み被害に遭った三陸地域で、あまり報道されていませんが、普代村は防潮堤が効を奏しています。
そこの防潮堤の高さは15mと、他地域の10mより一段と高く造られていたそうです。

普代村

>あづまもぐら 様

>軒並み被害に遭った三陸地域で、あまり報道されていませんが、普代村は防潮堤が効を奏しています。
そこの防潮堤の高さは15mと、他地域の10mより一段と高く造られていたそうです。

そうでしたか。知りませんでしたが、防潮堤は確かに有効なんです。ただ、田老地区の場合は津波の規模が高すぎたと言うことですね。

どんな防潮堤があろうと、避難はしなければならないでしょうね。

堤防ではないですが、
世界遺産の番組で見たクロアチアのドブロブニクの城壁…あのくらい高さがあれば安心かなと思います。
言うは易く…で気候も違うので比べられないですが。
ドブロブニクも内戦や震災で壊滅的になりながら、今やアドリア海の真珠と言われるほどになりました。

ここのところ津波で瓦礫の街の道路がかなり清掃されてきましたね。
これだけでもすごいと思います。自衛隊の仕事だと思うのですが
その様子をニュースで詳しくやっているのを見たことがないのは私だけでしょうか?

No title

>
>読者様


>世界遺産の番組で見たクロアチアのドブロブニクの城壁…あのくらい高さがあれば安心かなと思います。

あの程度の城壁なら世界中の城壁都市にあります。しかし、城壁の作りでは、津波の最初の一撃で壊れますね。津波は少なくともその他か最上に破壊力が増すそうです。不確かな記憶で申し訳ありませんが、水の質量に比例するわけですから。

田老地区の防潮堤も破壊されています。つまり、城壁並みの防潮堤ならその厚さは何十メートル、100メートル越えにもなるのではないでしょうか。到底不可能でしょうね。

>言うは易く…で気候も違うので比べられないですが。

ええ、地震にも耐えなくてはならないので。

>ここのところ津波で瓦礫の街の道路がかなり清掃されてきましたね。
>これだけでもすごいと思います。自衛隊の仕事だと思うのですが

自衛隊だけじゃないですよ。日本道路公団とか様々な機関が働いています。自衛隊がやっているのは特殊な能力を要求される一部の地域です。

たとえば常磐自動車道は地震で壊滅的に破壊されながら、4日間で埼玉県の三郷JCT~水戸ICが完全復旧し、ネットユーザー達が、神業のスピードと驚いています。日本のこのような技術は至る所で証明されています。


>その様子をニュースで詳しくやっているのを見たことがないのは私だけでしょうか?

そんなことはないですよ。結構報道もされてますし。

更新、編集ができないので

 3/21 06:15 追記
 
 放射線については次のような記事が参考になる。
 
 ------------------------------------------------------------
 <a href="http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/498063/">放射性物質が体内に入ったら? 京大・渡邉教授に聞く</a>
2011/03/21 01:37更新

 福島第一原発の事故による被曝(ひばく)など、社会的な不安が広がる中、京都大学原子炉研究所の渡邉正己教授(放射線生命科学専攻)は20日、「発表数値によると、現時点で日常生活に大きな問題はない」と、冷静な対応を呼びかけた。渡邉教授に放射性物質への疑問と対応を聞いた。

 「放射性物質は体内に残って放射線を出し続ける危険がありますが、一方で排尿などにより体外へ排出されます。取り込まれた放射性物質の半分が排出されるまでの時間は、長いとされるセシウムで約100~200日です」

 --体内にたまる放射性物質はどんなものがあるの

 「放射線ヨウ素131が有名です。放射性物質量が半減するまでの時間(物理的半減期)は約8日、セシウム138は30年です」

 --放射線量は低いけど、がんになる危険性は

 「国際的な報告書では100~200ミリシーベルトという低い線量域での影響を測ることは難しいとされます。低い線量でも健康に害を与えると仮定しても、発がん率はおよそ100人に1人。放射線の被曝がなくても100人のうち50人はがんになるので、あまり影響はないと予想されます」

 --福島県周辺の住民は大丈夫か

 「現時点で発表されている放射線量から逆算すると、放射性物質の量はわずかで、ほぼ考慮する必要はないでしょう。ただ、大量の放射性物質が限定した地域に運ばれることもないとはいえません」

 --どんなことに気をつければいいか

 「念のため、外出時は肌の露出を少なくし、帰宅後はうがいと手洗いをしてください。風に乗って大量の放射性物質が運ばれてきたとの報道があれば、関係機関に相談してください」

 --東京、大阪でも放射性物質に対する対応が必要なのか

 「大阪や東京については現状、まったく考える必要はありません」

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。