スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴力に屈する国

 またまた日本のスタンスをそのまま示すようなことが起きた。日本の捕鯨調査活動を執拗に妨害し続けている狂犬SSの暴力に、為すすべもなく日本が屈したわけだが、これは自らを自力で守ることを放棄した日本の姿をそのまま示しているのではないか。
 
 《》は引用
 
 ------------------------------------------------------------

調査捕鯨打ち切り シー・シェパード妨害で 農水相表明

2011年2月18日11時49分

 南極海で実施中の調査捕鯨について、鹿野道彦農林水産相は18日の記者会見で、3月半ばまでの予定を切り上げて船団4隻を帰国させると表明した。反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)による妨害活動で捕鯨が不可能になったためという。4隻は鹿野農水相の指示を受け、帰国を始めた。

 1987年の調査捕鯨開始以来、途中での打ち切りは船団で火災が起きた99年のみで、妨害が原因は初めて。調査捕鯨の大半は南極海で実施されており、今後の調査や捕鯨を巡る議論に影響を与えそうだ。

 鹿野農水相は同日午前、打ち切りの方針を菅直人首相に報告し、了承を得た。鹿野農水相は会見で「乗組員の生命、財産、調査船の安全を確保するために、やむを得ず調査を切り上げる」と説明。来季以降の調査捕鯨については「なかなか困難な状況とみている。これから検討する」と述べた。

 今季の南極海調査捕鯨では、1月1日からSSによる発煙筒の投げ込みなどの断続的な妨害活動が始まり、今月11日までに9回を数えた。今季はSSの船の能力が上がり、日本の母船・日新丸(8044トン)がSSの追尾を振り切れない状態が続いていた。最近になり、SSがもう1隻の妨害船を派遣する動きを見せたため、「不測の事態が起きて乗組員に危険が及ぶ恐れがある」(鹿野農水相)と判断したという。

 日本の船団は昨年12月に出港。今季は3月中旬まで操業する予定だったが、1カ月近く残して帰国させる。今季のこれまでの南極海での捕獲頭数はミンククジラ170頭、ナガスクジラ2頭で、国際捕鯨委員会(IWC)で認められた枠であるミンク850頭、ナガス50頭を大幅に割り込んでいる。

日本はこれまで、外交ルートでSSが船籍を置くオランダやオーストラリアに対処を依頼。昨年3月には捕鯨船に侵入してきたSSメンバーを海上保安庁が逮捕し、SS代表の逮捕状も取るなどしたが、問題の解決には至っていない。

 捕鯨を巡っては、IWCでの議論が、捕鯨国と反捕鯨国の対立で近年足踏み状態に陥っている。昨年6月の年次総会では、調査捕鯨の頭数を大幅に減らす代わりに日本の沿岸商業捕鯨の復活を認める議長案が協議されたが、合意に至らず、今年以降の見通しはたっていない。(大谷聡)
 
 これに対し、SSは実績をふやしたと勝利宣言をしている。
 
 ------------------------------------------------------------

調査捕鯨中止、SS代表「クジラたちの勝利」

2011/02/18 12:53更新

 日本政府が、反捕鯨団体「シー・シェパード」の妨害を理由に今季の調査捕鯨の打ち切り方針を表明したことを受け、団体代表のポール・ワトソン容疑者=傷害容疑などで国際手配中=は18日、共同通信の電話取材に「(日本政府の)方針を歓迎する。クジラたちにとっての勝利だ」と述べた。

 ワトソン容疑者は、クジラの解体や保管をする母船「日新丸」の活動を妨害したことで「彼ら(日本側)には捕鯨活動を中止するしか方法はなかった」として、成果を強調。今季は計3隻の抗議船を派遣したが、来季はさらに1隻を増やす意向という。

 調査捕鯨には「クジラはとても知的な生き物。クジラを敬い、殺害するのをやめるべきだ」と訴えた。(共同)

 これに対し、日本の反応といえば、遺憾であり怒りを覚えるとのこと。しかし、暴力に屈したという事実はぬぐえない。SSと日本のどちらに日がある等という問題は全く別であり、テロに屈しないのが国債認識であるのに、日本は屈したわけだ。これは、後々取り返しのつかない日本に対するイメージとして定着するだろう。このような日本の姿勢が、中国やロシア、韓国の最近の傍若無人な国家テロを誘発しているのだ。
 
 争いを避けるといえば聞こえはよいが、暴力に屈することで新たな暴力を生むことを日本はいつになったら学ぶのだろうか。
 
 ------------------------------------------------------------
 
 捕鯨中止「遺憾を通り越して怒り」と枝野官房長官

2011年02月18日17時34分

反捕鯨団体「シー・シェパード」の妨害行為を受け、南極海で行われていた調査捕鯨が途中で打ち切られることが決まった問題について、枝野幸男官房長官は2011年2月17日の記者会見で、

「はなはだ遺憾なことだと思っている。大変残念だが、乗組員の安全の確保という観点から、こういった判断に至った。まさに、乗組員の生命・身体に危険を及ぼす行動を取られている。そのことは遺憾を通り越して怒りを禁じ得ない」
と述べ、シー・シェパードを非難した。さらに、

「今後、こういう妨害に屈することなく、しっかりと認められた調査捕鯨が進められる構図をつくっていくためにどうしたらいいのか、農林水産省にとどまらず、省庁横断的に対策をつくりたい」と、来年度も引き続き調査捕鯨を行う方向性を強調した。

 ここでは、日本の捕鯨が正当なのかとの論はおいておく。これは日本国内で検証し結果を出すべきことだろう。それに、日本の調査捕鯨は、れっきとした国際機関である国際捕鯨委員会IWCで了承された行為であり、それを妨害する狂犬SSの妨害行為は国際合意を妨害しているのだ。
 
 また、SSがなぜ潤沢な資金を得て高速船を建造したり長期に渡って妨害を行える活動を行っているかは、単に欧米基準で捕鯨を悪と見る差別意識を持った者達が支援しているからだ。このような団体は世界中にあり、環境の名の下に資金を集め政治活動をしている団体がある。これを環境テロという。
 
 環境保護はもちろん大切だが、人間が生きてゆくための環境制御や調査は必要であり、だからこそIWCが組織され協議が行われているのだ。近年、反捕鯨派の勢いが衰え、捕鯨派が力を増してきていることから、SSのような団体に支援をしているのが反捕鯨国家と言うことになる。
 
 先年、SSの船が日本の調査船に対する妨害の途中で船が沈没する事件があり、SSは日本船が故意に衝突したと主張しており、オーストラリアやニュージーランドもその主張を受け入れた形で日本に反発し、独自の調査をした。その結果、SSが嘘を付いていることが数々の映像や物的証拠から明らかになって、オーストラリアは沈黙してしまった。一方、オーストラリアは、増えすぎたカンガルーを駆除し、その肉を中国に売ると決めて、中国から反発を受けている。また野良猫の罠にガスを仕掛け最終的に殺処分することまでやっている。つまり、自分たちが都合で野生生物を殺すことは好き放題にやるが、自分たちが賢いと決めつけている鯨を殺すことは野蛮だと言っているわけだ。
 
 是非を論じないと言いながら、つい論じてしまったが、とにかく、今の日本には公海である南氷洋でSSを逮捕することができない。だから、暴力に屈したというのだが、今のままではもちろん来年度も不可能に決まっている。
 
 ソマリア沖やインドネシア海域での海賊行為は取り締まることができるのだから、SSもテロ行為を行う海賊として取り締まればよい。それは日本の国内法で行うべきであり、その上で武装した取締官を調査船に乗せるなり、高速取締艦を調査船にどうこうさせればよい。そのうえで、実際に妨害があった場合は警告の上で逮捕し日本に連行するだけのことだし、もし外国からそれを攻められたら、彼らのテロ行為を擁護するテロ支援国家として正面から受けて立てば良かろう。SSの本拠地はアメリカ、戦績はオランダ、補給基地はオーストラリアにある。これらの国々との関係悪化が云々と今更言うようなことではあるまい。
 
 実際にこれらの国々は、SSの暴力を目の当たりにしながらいっさい非難もせず取締もしないのだから、実際にテロ支援国家なのだ。先方の出方によっては、国際法廷に持ち込むべきことではないのか。
 
 なにしろ、妨害を受けたから、国際合意で承認されている調査捕鯨を中止するとは、他の捕鯨国家の立場も悪くするだろう。日本だけのことではない。日本が一人臆病であることで、それだけの責任が有るのだとの自覚が今の政権にはない。とにかく、相手が怒るから怖い、と言うだけのチキン政権だ。とうてい、日本を取り巻く特亜ロシアの暴力にこうすることなどできないし、自力で自国防衛をするということも叶わない。
 
 ところで、中国からパンダが来る。
 
 ------------------------------------------------------------
 
前原外相、パンダに期待 「対中印象よくなれば…」

2011年2月18日20時12分

 前原誠司外相は18日の会見で、21日に来日し、東京都立上野動物園で公開されるパンダについて「人気者になって、たくさんの方に見ていただくことで、対中印象がよりよくなることを期待する」と述べ、尖閣諸島沖の漁船衝突事件で冷え込んだ日中関係の改善につながることに期待を寄せた。ただし、東京都がパンダを借り受ける代わりに中国に支払う保護協力資金は年95万ドル(約7800万円)で、前原氏は「結構高い」とこぼした。(山尾有紀恵)
 
 かつて、この前原氏は少しは買っていたことがあったが、自分の不明を恥じる。この人物は口先だけの人間だった。とにかく言いっぱなし、責任を取らない。
 
 パンダはかわいいだろうし、パンダに罪はないが、中国に対する印象が悪いのは、中国という国の在り方が悪いからだ。パンダが来れば中国の在り方が変わるとでも言うのか。この前原氏、ここまで愚かだとは思わなかった。
 
 ちなみに、パンダはあの見かけによらず非常に獰猛な動物であり、飼育員が大けがをさせられたりしている。
 
 
 


言っていることは尤もだ、と思われたら、クリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

No title

元出もかからない野性動物のバンダなど日本に持ってきて金払ってまだ喜んでいるのか。「バンダ外交」などいい加減卒業しろよ。バンダは野性の中で生活しているのが一番幸せのはずだ。

人間よりクジラの命が大事の様だ

そもそもXXX動物愛護団体なるものは胡散臭い団体が多い。クジラの最大の庇護者はクジラ取りだろう。ライオンが必要以上にシマウマを捕獲しない様に、クジラに関してクジラ取りが一番知っているだろう。SSの様な団体は「動物愛護」看板にしたサーカスの芸人の様なものだろう。危険なパフォーマンスほど金になるので、やることがエスカレートしてくる。一時的にでも捕鯨を止めればSSの収入源も細ってくるだろう。カンガルーや牛や豚は殺してもよく、クジラは「知性」が高いからダメだと言う。「知性」が低ければ殺しても良いならば、SSの団体の連中は殺されても文句は言えまい。

No title

>元出もかからない野性動物のバンダなど日本に持ってきて金払ってまだ喜んでいるのか。「バンダ外交」などいい加減卒業しろよ。バンダは野性の中で生活しているのが一番幸せのはずだ。

ただし、中国で野生のままにしておくと、密猟と環境汚染で絶滅する。

日本に貸し出すことで保護資金も得られるし、ノー天気な民主党もだませる。

No title

>そもそもXXX動物愛護団体なるものは胡散臭い団体が多い。

環境に名を借りたテロリストだが、それを利用する国が確かにあるから連中が活動できる。

どこの国でも、合法活動と非合法活動を使い分けており、中国などはチャイナマフィアが中共の非合法活動を行っている。SSはそのようなものと考えた方がよい。

No title

>ただし、中国で野生のままにしておくと、密猟と環境汚染で絶滅する。

はあ、だから日本に連れてくるの???

>日本に貸し出すことで保護資金も得られるし、ノー天気な民主党もだませる。

姑息な発想だ。

No title

>はあ、だから日本に連れてくるの???

まさか。中国でパンダが自然状態では絶滅しつつあるのは事実。密猟と環境汚染。

>姑息な発想だ。

いかにも。でも前原君はだませる。

No title

>まさか。中国でパンダが自然状態では絶滅しつつあるのは事実。密猟と環境汚染。

「密猟と環境汚染」は「保護資金」があれば解決出来るんですかねえ。ははは、ノー天気な発想だ。チャイナはえげつないよ。

> いかにも。でも前原君はだませる。

あ~あ、だましたとかだまされたとか、まあ、こう言う発想や視点は非21世紀的なものだな。男女間のゴシップの様な視点レベル。これで何か問題が解決できる時代でもなかろうに。

No title

>「密猟と環境汚染」は「保護資金」があれば解決出来るんですかねえ。ははは、ノー天気な発想だ。チャイナはえげつないよ。

中国では解決できない。モラルがないから。金が有っても役人が横領する。

> あ~あ、だましたとかだまされたとか、まあ、こう言う発想や視点は非21世紀的なものだな。男女間のゴシップの様な視点レベル。これで何か問題が解決できる時代でもなかろうに。

実際に何も解決できないがね。何を言いたいの?日本サイドがシャカリキになっても中国にその気がなければ変わらない。当たり前のことだがね。そして、中国にそんな気もないし、モラルもない。1000年経っても同じことだが。だから、理屈の通用しない動物は力で押さえるしかないであり、分かり切っているのだが、なにかそれに反論でも?

あるなら、きちんと言うべきだね。相手の揚げ足とりばかりならおつきあいしかねるが。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。