FC2ブログ

小沢の乱

 今日の報道で目を引いたのは次のようなもの。小沢切りの最終決断が出る前に、何らかのリアクションがあるとは思っていたが、案の定だ。この反乱に小沢氏は直接は名前が出ていないが、顔ぶれを見れば小沢氏が絵を描いたのは見え見えだし、元々、党内でも反発の大きな執行部だから、最終的には50人くらいが同調するのではないかとの見方もあるとのことだ。
 
 《》は引用
 
 ------------------------------------------------------------

小沢系16人が造反の構え 会派離脱届 首相退陣求める

2011年2月17日15時3分

 民主党の小沢一郎元代表を支持する同党衆院議員16人が17日、衆院の会派「民主党・無所属クラブ」(307人)からの離脱を求める意向を表明した。離脱には党の了解が必要で執行部は認めない方針だが、16人は菅直人首相の退陣を公然と要求。小沢氏の党員資格停止処分に反発して予算案や予算関連法案の採決で造反する構えもみせており、菅内閣の「倒閣」の動きが党内から噴き出した。

 16人は「民主党政権交代に責任を持つ会」と称する会派を立ち上げたい考えで、会長についた渡辺浩一郎衆院議員(比例東京ブロック)は17日記者会見し、「無原則に政策の修正を繰り返す菅政権に正当性はない」と述べ、首相退陣を迫った。

 16人は全員、2009年総選挙で比例区単独で当選。当面は離党しない方針だが、造反の動きを表面化させ、予算関連法案を社民党とともに衆院の3分の2の賛成で再可決・成立させることを目指す首相の戦略を揺さぶる狙いがある。3分の2の確保を見通せなくすることで、民主党と社民党との修正協議に水を差す思惑もありそうだ。小沢氏もこの動きを容認しており、こうした動きがさらに広がる可能性がある。

 16人は17日午前、国会内で岡田克也幹事長に会派離脱届を手渡そうとしたが、岡田氏は不在で、事務職員に託した。その後、横路孝弘衆院議長あてに新会派の結成届を提出したが、受理されていない。

 16人は会見で「約束を果たす民主党への回帰宣言」との文書を発表。「民主党を捨てるつもりはない」と離党は否定した。渡辺氏は予算案や予算関連法案への賛否は「現時点で決めていない」と述べたが、反対の可能性は「あり得る」と語った。離党しない理由は「マニフェストを実行していくために、離党しては何にもならない」と説明した。

 これに対し、岡田氏は「会派離脱は規約上できない。考え直してほしい」と記者団に語った。枝野幸男官房長官も会見で「理解しがたい。国民にわかりにくい」と述べた。

 さらに、小沢氏に近い原口一博前総務相が近く発売の月刊誌に「菅政権は打倒せねばならない」とする論文を発表。「政権交代の原点を見失い、既得権益にしがみつくのであれば、我々の同志ではない」などと菅首相を厳しく批判した。

 一方、民主党倫理委員会は22日に小沢氏本人から党員資格停止処分について意見を聴くことを決めた。

    ◇

 民主党会派の離脱届を提出した議員は次の通り。カッコ内は選出の比例ブロック。(敬称略)

 菊池長右エ門、高松和夫(以上東北)、石井章、川口浩(以上北関東)、相原しの、石田三示、水野智彦(以上南関東)、川島智太郎、渡辺浩一郎(以上東京)、大山昌宏、笠原多見子、小林正枝、三輪信昭(以上東海)、熊谷貞俊、豊田潤多郎、渡辺義彦(以上近畿)
 
 この、会派離脱はするが、党離脱はしないとのやり方は、明らかに政権にはしがみつきたいが執行部はたたき出したいという魂胆があからさまであり、所詮は権力だけが目的という民主党の体質に変わりはない。会派離脱を宣言した議員達は、民主党自体の支持がここまで下がっていれば当選できない比例代表区なのだから、民主党からの公認など別に関係がない立場だ。
 
 ちなみに、会派とはwikiによれば
 
 ------------------------------------------------------------
 
wiki 会派より

会派(かいは)とは、議会において政治上の主義、理念、政策を共有する議員が集まった団体。

日本においては、それぞれの議会(衆議院や参議院、都道府県議会・市町村議会等地方議会)の議長に会派結成届を提出している団体のことを言う。

会派の所属議員数によって委員会の議席数や、発言・質問の時間配分、議案提出権などの制約がある。一定議席が所属すると認められる交渉会派(交渉団体)は、議会運営委員会メンバーの選出基準として設けられていて、会派の命運にもつながる。

 そこで、会派から離脱するには代表者から議長に離脱届けを出さなければならないが、この場合代表者とは岡田異音氏のこと。したがって、手続き上岡田氏が承認しなければ離脱できないことになるだろうが、現実には執行部の出した法案に対し挙手するのは議員一人一人なのだから、今問題になっている予算周辺法案にそっぽを向けば今年度中に通らないことになる。子供手当もなにもかも民主のばらまき政策が通らなくなる。
 
 なにしろ、必死に社民を取り込もうとしている最中、社民はそれを逆手にとって言いたい放題の譲歩を突きつけており、そして例の鳩爆弾炸裂で民主はおめおめと民主に合流できなくなってしまった。あれだけ馬鹿にされて尻尾を振ったら、そりゃ社民など消えてしまう。
 
 結局、上記の会派離脱宣言を撤回させるためには、小沢処分を撤回することになるだろうが、そんなことをすれば民主が吹き飛ぶ。あとは空き缶氏が辞任するかもしれないが、今そんなことをしても全く意味はない。処分した小沢氏に処分されたのでは、やはり民主が吹き飛ぶ。まあ、いずれにせよ、空き缶氏も解散はしないといっているのだから、もう打つ手はない。そこまでして権力にしがみつきたい妄執はある面安部氏などにも学んでほしかった。
 
 それにしても、これだけどん詰まりになって何をするつもりだろう。とにかく自主的解散はしない、党は分裂しない、法案は通らない。何もせず、とにかく日本を破壊し続ける政権がこのように存在し続けるなど、奇跡に近いと思えるのだが。それもこれも、すべて民主政権の無恥無理無駄無能無責任無節操にある。自民にもひどい政権があったが、これほど腐りきった政権はなかったと記憶する。それでも小沢待望論や民主再生期待論が有るのはこの国の懐の深さ?


言っていることは尤もだ、と思われたら、クリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント

怖いんです・・・・・

私はとてもこわい。
数年前から政府や、メディア、中国や韓国に
不信感を持つようになりいろいろと調べるようにしました。
しかしこのままでは2014年前後までに日本が
今のまま平和で領土もなにもかも侵されてないという
自信がありません。
私はまだ高3ですが、中国が侵略しにきたら
日本男児として戦いたいと思います。
戦わなければ通信兵として戦った祖父に顔向けができません。
私は4月からロボット工学を専門に学びます。
この知識を生かし日本の国防のため・・・・・・
いや、なにかいざという時に家族を守るために
開発をしていきたいと考えております。
まずはメディアと在日と民主党が
1日でもはやく日本からいなくなることを切に願います。

No title

こんにちは

>しかしこのままでは2014年前後までに日本が
>今のまま平和で領土もなにもかも侵されてないという
>自信がありません。

たしかに、今の事態に気が付けばそう感ずるかもしれませんね。私も危惧はしていますが、多分彼らの思うとおりにはならないと思います。日本の現状も大変ですが、特亜はそれどころでなく、いつおかしくなっても不思議ではない状態です。

>戦わなければ通信兵として戦った祖父に顔向けができません。

なるほど、父上を誇りに思っているのですね。国を守った人々がいたということを私たちは忘れてはならないと思っています。

>私は4月からロボット工学を専門に学びます。
>この知識を生かし日本の国防のため・・・・・・
>いや、なにかいざという時に家族を守るために
>開発をしていきたいと考えております。

確かに、ロボットは日本の強みの大きな柱だと思います。今後ますます重要な技術になるでしょう。

>まずはメディアと在日と民主党が
>1日でもはやく日本からいなくなることを切に願います。

売国メディアと、反日犯罪在日が無くなることは一日でも早いほうがよいですね。民主は今すぐ消えてほしいと思っています。

No title

返信ありがとうございます。
これからは若者の行動力が力になるとおもいますので
現在、日本が危険な時期になってきていることを
知らない友人などに少しずつですが
教えていくようにしています。
やはり平和ボケなのかマスコミに踊らされているのか、
信じない人が大半ですが・・・・

No title

>烈 様

>これからは若者の行動力が力になるとおもいますので

本当にそうです。

>現在、日本が危険な時期になってきていることを
>知らない友人などに少しずつですが
>教えていくようにしています。

私は、若者とは言い難い年ですが(精神的には若いつもり)それでも機会があれば話すようにしています。しかし、仕事上などでは利害があるので、無難な話題しか言えないことも多々あります。よく仕事をくれる会社の社長、これがまた良い人なんですが、熱狂的な鳩山フアンで、鳩山氏が一番との思いこみがすべての思考をストップさせているようです。こうなると、私も曖昧に相づちを打つしか有りません。やはり仕事をもらう方が優先しますので。

その意味で、利害関係が複雑に絡み合っている世代よりも若い人の方が活動しやすいだろうし、それに頭が柔軟ですから、一度理解すれば考えを変えるようですよ。私にとっても若い人と話すのはその意味で有効ですね。

>やはり平和ボケなのかマスコミに踊らされているのか、
>信じない人が大半ですが・・・・

でも、手応えは有りますよ。私があなたくらいの頃は、日本は左翼運動が吹き荒れていて、赤軍派などが一定の支持を受けていたし、中国も東洋の大国として日本ではかなりの期待感があり、援助すべきだとの世論が多かったようです。それもこれも、情報が乏しかったからだし、そして当時のマスコミなども今以上に偏っていたようです。

今はネットという強力な武器があるし(私の周囲で私の世代でネットをやっている人はほとんどいませんが)実際に社会党は壊滅状態で共産党も絶対に少数政党でありつつけるし、民主の支持率も直近では内閣支持率が16%とのこと。これはとうてい政権を維持できる支持率ではありませんが、恥知らず政党ですから、支持率が1%になっても辞めないと言っています。まあ、権力にしがみつくだけが目的ですから、党が分裂しない限り自分から解散はしないでしょう。今はまだ脅かしで言っているだけです。ただ、分裂の見通しが強くなれば、解散するかもしれませんが。

いずれ、国民の意志が働いているのである、30年、40年前とは大きく違います。大丈夫ですよ。

マスコミも軒並み大赤字で存続ができなくなりつつありますしね。今後は双方向の報道機関以外生き残れないでしょう。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)