スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主外交、このていたらく

 今日はなぜか夕食をおいしく食べた。取り立てて特別なおかずでもないのにと不思議だったが、すぐに理由が分かった。
 
 《》は引用
 
------------------------------------------------------------

内閣支持、最低の19%に 79%が与野党協議支持


2011年2月12日 16時47分

 共同通信社が11、12両日に実施した全国電話世論調査によると、菅内閣の支持率は19・9%と先月中旬の前回調査から12・3ポイント下落し、発足後最低となった。20%を割り込んだのは、鳩山内閣が退陣直前に記録した19・1%以来となる。

 前回53・9%だった不支持率は63・4%に上昇。不支持理由として「首相に指導力がない」を挙げたのが最多の30・5%だった。

 菅直人首相が呼び掛けている社会保障と税の一体改革に関する与野党協議については「野党は協議に応じるべきだ」との回答が79・8%で、「応じなくてもよい」の13・3%を大きく上回った。

 政治資金規正法違反の罪で強制起訴された小沢一郎民主党元代表に関しては「議員辞職すべきだ」が52・8%(前回58・7%)、「離党すべきだ」が24・4%(同22・4%)、「離党も議員辞職もしなくてよい」が16・2%(同14・2%)で、前回と傾向は変わらなかった。

 民主党支持率は前回22・7%から20・9%に下落。自民党も24・1%から23・7%になったものの、両党支持率の差は1・4ポイントから2・8ポイントに広がった。

(共同)

 改造をすれば多少は内閣支持率が上がるのは常のことだが、それが今回の改造ではほんの少ししか上がらず、それも国会が始まれば急落すると予想されていた。そしてまさにその通りだったから。
 
 国会が始まってみれば相変わらず空き缶総理は逃げ、責任回避、すり替えに終始し、改造しようがどうしようがこの政権には何をする能力もないことが連日明らかになっているからだし、国益そっちのけで内輪もめに明け暮れているのでは、それでも支持率が19%等まだまだ高すぎる。ネットではすでに10%を切っているのだ。
 
 その間抜け内閣の無能ぶりがまた国境を越えて報道されている。
 
 ------------------------------------------------------------
 
首相の「暴挙」発言は国民の声…前原外相が説明

 【モスクワ=穴井雄治】前原外相は11日の日露外相会談で、菅首相がロシアのメドベージェフ大統領の北方領土訪問を「許し難い暴挙」と批判したことについて、「国民の声を代表するものだ」と説明した。

 日本の国内世論の厳しさを伝えるとともに、日本政府の公式な見解ではないと釈明する狙いもあったとみられる。

(2011年2月12日01時17分 読売新聞)

 まさか自分の発言の責任をロシアに脅されて、国民に押しつけたか、まさかそこまで卑劣で汚いことはしないだろうと淡い期待を抱いていたが、やはりそれはまさかだった。
 
 ------------------------------------------------------------
 
菅首相「前原外相は頑張ってくれた」 日露外相会談

2011.2.12 11:28

 菅直人首相は12日午前、前原誠司外相とラブロフ外相との初の日露外相会談について「なかなか厳しい雰囲気の中であったが、非常に(前原)外相は頑張ってくれた」と評価した。首相公邸前で記者団に語った。

 首相は日露両国の溝が埋まらず、会談が平行線に終わった北方領土問題について「帰ってきてから報告を受けるが、北方四島は歴史的にわが国固有の領土である、この基本は揺るがない」と強調した。
 
 つまり、ロシアで一人つるし上げにあっている前原氏を全く突き放しているだけで、前原君はがんばってるね、うんうん、と言っているだけにすぎない。本当にバックアップする気なら、なにしろ、自分の発言、つまりロシアは傲慢だといったこと、に対してロシアが前原外相に難癖をつけているのだから、間違いなくあれは自分の言葉であり、前原君に八つ当たりするな、責任は自分にあると明確に言えばよいのだ。
 
 もちろ、今回のロシアの行動は強盗の開き直りだが、それにもましてまるで人ごとのようにノー天気な空き缶総理、国の責任を負っている自覚がまるでない。こんな人物が、支持率を上げるなどあり得ないだろう。とにかく、相手が目の前にいないときだけ威勢が良いが、正面切って対峙することが全くできないのが、この菅総理であり、そして民主政権と言うことだ。だから、海保が尖閣問題で船の修繕費などを船長に請求しても、餃子問題でさえ責任を認めない中国が応ずるわけがない。しかも、当人を早々に釈放して今更保証しろと言っても、全く何の意味もない。結局、菅内閣の逃げがロシア同様中国をもこれほどつけあがらせているわけだ。
 
------------------------------------------------------------

漁船衝突、日本に賠償請求権ない 中国外務省

2011年2月12日 12時45分

 【北京共同】中国外務省の馬朝旭報道局長は12日、尖閣諸島付近の中国漁船衝突事件で日本の海上保安庁が中国人船長に損害賠償を請求したことに対し「日本側は事件での行為を深く反省すべきで、賠償請求の権利はない」と反論する談話を出した。

 海上保安庁は10日、第11管区海上保安本部が中国人船長に、巡視船の修理費用など約1429万円の損害賠償を請求したことを明らかにしていた。

 馬局長は談話で「釣魚島(尖閣諸島)は古くから中国固有の領土」とあらためて表明した。
 
 とにかく民主党の崩壊は秒読み段階に入っていると思うが、現実に支持率が下がるだけでは解散にはならない。民主党では主流派も小沢派も、結局は政権にしがみつくことだけが目的という共通意識だけで結びついているのだから、そこへやはり社民あたりが色目を使えばますます分裂の可能性は下がる。そして、最初のアンケートにあるように、自民自身が民主に代わる支持を得ているわけではない。確かに谷垣氏の追求では迫力がない。正論を言っているのだが、菅総理ののらりくらりを追いつめることができていない。あれじゃあ政権とらせられないよな、と有権者が思うのもしょうがないのではないか。
 
 


言っていることは尤もだ、と思われたら、クリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。