スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本経済がだめだなどと馬鹿な

 年が明けたというのに、相変わらず日本経済がもうすぐ破綻するかのようなメディアの報道や、経済専門家の言葉があふれていて、なんとなく日本はもうだめなのかとの感覚を持っている人が多い。しかし、このブログでは何度も採り上げているのだが、そんなことはない。比較の問題ではあるが、日本経済は世界では盤石と言っていい。
 
 まず、日本経済悲観論者が何の目的で言っているのかは知らないが、(おそらく増税のための理由付けと、特定の国から金をもらっているなどの理由だろうが)、とにかく日本経済はだめだめと誰かの命令で言っているかのような具合だ。なにしろ、我らが空き缶総理は:
 
 《》は引用
 
 ------------------------------------------------------------
 
 菅首相:科技予算増額で得意げ 「財務省は、なんとかしろと言うとなんとかする」
 
 菅直人首相は27日、官邸でノーベル賞受賞者の野依良治科学技術・学術審議会会長らの表敬を受けた。11年度予算案で、研究者に配分する科学研究費補助金(2633億円)が前年度比32%増となり、野依氏は「画期的なことで大変感謝しています」と評価。首相は財務省に「時間が足りない」と抵抗されたと明かし、「理屈は分からないが増やせ、と言った。財務省は『なんとかしろ』と言うとなんとかするところだ」と応じた。一方で財務省の対応を「いいと同時に悪いこと。歴代政権が『景気が悪いからなんとかしろ』と言って借金ができた」とも語った。【倉田陶子】
 
 とのことだ。これを聴いたときは耳を疑ったが、これほど無責任で自覚のない発言をとくとくと口にする人間が経済政策を語っているのだ。なにしろ、財務省に丸投げを自分の政策だと言っているのだから、この無責任、無自覚、破廉恥ぶりは想像を絶する。
 
 しかし、まあ気を取り直して:
 
 日本経済だめだめ論者の挙げる理由として;
 
 1)日本は借金漬けなので破綻する
 2)日本は輸出立国であり、円高だから破綻する
 3)韓国のサムソンなどが世界中で日本のシェアを奪っているので破綻する
 4)日本経済の成長率が低迷している間に、アジアは躍進している。中国はめざましいので日本は破綻する。
 5)日本経済は中国がなければ成り立たないが、中国との関係が良くない。だから破綻する
 6)中国人が日本に来て金を落とすので経済が成り立つのが、中国人がこなくなったから破綻する。
 7)日本製品はガラパゴス状態で世界では競争力がないから破綻する。
 8)日本は人口が減り続け、老人の割合が多くなるので破綻する。
 9)日本は労働力が無くなっているのに移民が少ないから破綻する
 10)日本は国土が狭いので破綻する
 11)日本は資源がないので破綻する
 12)食糧自給率が低いので破綻する
 13)凶悪犯罪が多いので破綻する
 14)失業率が高いので破綻する
 15)日本はアジアで嫌われているので破綻する
 16)何が何でも破綻する
 
 破綻の理由はとにかく何でも良いのであって、とにかく日本経済が破綻するのは動かしがたい事実であり、その理由はこれこれだ、ということらしい。
 
 1)日本は借金など一銭も負っていない。というより、世界で一番他国に金を貸しており、その投資が貿易収支による利益を上回りつつある。彼らが言う借金とは国債のことだろうが、これはあえて言うなら政府が国民から金を借りているのであり、さらに言うなら、国民のために使っているので、実質的には借金でさえない。これについては何度も当ブログで書いているので繰り返さない。


 2)日本は輸出立国であり、円高で破綻する
 
 日本の貿易依存度は対GDPで14%程度であり、OECD加盟国でも米国に次いで低い。また、上に書いているように貿易外収支の利益が貿易による黒字を上回る状態がずうっと続いている。日本は貿易立国ではない。また、通貨が強くなって経済が破綻するとは、収入が増えて破産するというのと同じような理屈だ。歴史上そんな国はない。
 
 円高は日本経済の強さを示しているのであり、何度もこのブログで書いているから理由は繰り返さない。円高のメリットは計り知れない。ただ、急激な変動が、一部の人々に一時的な損失を生み出すので、安定することは望ましい。
 
 日本が経済発展をしてきた時代は、急激な円高が進んでいた時期でもあった。

  3)韓国のサムソンなどが世界中で日本のシェアを奪っている
 
売り上げだけを見ればサムソンなどは巨大だが、サムソンが輸出しているのは中間工業製品、すなわち民生品が主であり、その材料、技術、設備は日本から買っている。すなわち、日本の人件費では、完成品が高くなりすぎるために、日本は韓国に中間品や技術を売り、完成品として売らせているのであって、これにより日本はかつて経験した貿易摩擦を回避し、さらに、膨大な利益を得ている。日本メーカーは、一般製品では韓国との価格競争を避け、利益を上げているのであって、これにより韓国が売れば売るほど、対日赤字がふくらむ結果になっている。

 それを示す一例が
 
 ------------------------------------------------------------
 
円高の逆説…対日貿易赤字が過去最大に

 素材部品対日赤字ギャラクシー為替 韓国貿易協会は5日、「昨年の対日貿易赤字(暫定値)は348億ドルで、過去最大だった08年の327億ドルを超えた」と明らかにした。 昨年の韓国の貿易黒字(417億ドル)の83%にもなる。 昨年、対日輸出も29.5%増えたが、輸入は31.8%も増加し、赤字幅が過去最大になったのだ。

原因は、韓国の主力輸出品である半導体・家電などの核心中間材(素材・部品)を日本に依存しているからだ。 最近の円高は、輸入価格の上昇、貿易収支の悪化を深刻にさせている。

三星(サムスン)経済研究所が4日に発表した報告書「日本の円高対応力」によると、日本は輸出取引で日本円決済の比率を高める方法(00年の36%から昨年は41%)で為替の影響を減らしている。 報告書は、村田製作所やキヤノンなどの会社を例に挙げながら、「日本企業は圧倒的な品質力とシェアで価格交渉力を強め、為替レートの変動によるコスト負担を海外に転嫁している」と分析した。

建国(コングク)大学経営学部のイ・ジャンヒ教授は「対日赤字問題が浮上する度に政府は部品・素材産業の競争力を高めるという処方ばかり繰り返している」とし「輸入が減らなければ、逆に円高を活用して日本市場を食い込み、輸出を大幅に増やす攻撃的なアプローチが必要だ」と助言した。

最近、韓国企業は日本製品市場に続々と進出している。 昨年10月に登場したスマートフォン「ギャラクシーS」は日本での販売初週、アイフォーンを抜いて週間販売順位1位になった。LG電子もLEDテレビ10モデルを日本市場に投入した。

それでもサムソンは日本のイメージを利用し、あたかも海外ではサムソンが日本製メーカーであるかのようなイメージ操作をしている。サムソンばかりではなく、韓国の代表的メーカーを日本メーカーだと誤解している外国人は多い。

画像 韓国パクリCM韓国パクリCM
 

 4)日本経済の成長率が低迷している間に、アジアは躍進している。中国はめざましい。
 
 確かにかつての高度成長期のような成長率は無いが、そもそも、日本のような完成した経済大国では、中国のような二桁成長などはたんなるバブルであり、狂乱物価を招くだけのことだ。不景気とは言いながら最近でも年率2,3%の成長をしているのは、日本サイズの国ではきわめて当たり前の成長率である。なお、中国の成長率に全く信がおけないことは、当ブログでも書いている。したがって、2010年に中国の経済規模が日本を抜いたという話も、全く信頼できない数字である。
 
 また、中国はインフレ率が警戒レベルを超え、金融引き締めをしているが、日本はこの10年デフレ気味であり、購買力と分母の比率から言えば中国の成長率を遙かに越えている。
 
 5)日本経済は中国がなければ成り立たないが、中国との関係が良くない。だから破綻する
 
 中国が今急になくなれば一時の混乱はあるが、結果としても別に日本経済にさしたる影響のある話ではない。現在中国との貿易で得ている利益は、大きく見積もってGDPの3%未満であり、急速にインドやほかのアジア諸国にシフトしているので、ますます、中国との経済的結びつきは減少している。
 
 別に中国が無くなっても日本は困らない。一方中国は日本からの技術、製造設備、投資、中間材料などが無くなれば瞬間的に経済破綻を引き起こす。それは韓国などにも言える。その実体を知っているからこそ、中国韓国は日本が彼らとの関係で経済が成り立っているかのようなプロパガンダをし、それに乗ってマスコミや売学経済専門家が宣伝しているだけだ。
 
 一方、中国のパクリ、経済的な不正義、軍事的脅威、中国人の集団犯罪、不公平な税制などで被る日本の被害は年々増え続けている。むしろ、中国が無くなった方が日本経済は有利ではないのか。
 
 6)中国人が日本に来て金を落とすので経済が成り立つのが、中国人がこなくなった。
 
 まさか。日本の観光業が締めるGDPに対する割合は0.3%。その中で中国人が落とす金は1%。まったく日本経済には無関係と言っていい。むろん、来るなとは言わないが。
 
 7)日本製品はガラパゴス状態で世界では競争力がない
 
 それは上記に挙げた一般民生品における日本の独自性についての話であり、しかも日本が特殊だというのは、世界一厳しい消費者の要求に応えるために世界トップクラスの技術を一般品に用いているから。これは、低い技術しかない国が高い技術の製品を作るのは無理でも日本はその気になれば他国向けの低い技術品を作ることは可能だということを意味する。しかし、むしろ、日本は高い技術を国内で磨いて、それによる製造設備や中間品を売っているのであり、一般低価格品で韓国や中国などと価格競争でたたき合いをする理由はない。
 
 8)日本は人口が減り続け、老人の割合が多くなるので破綻する。
 
 計算では50年後に日本人は一人も居なくなるそうだが、実際にそれが起きるなどはありえない。また日本が戦後めざましい経済発展をした時期、人口は一億くらいであった。さらに、終戦時は働き盛りの男性が少なくそして人口は8千万を割っていた。それでも、めざましい発展を遂げたのであり、日本の人口が少なすぎるなどはあり得ない。
 
 画像 日本人口推移日本人口推移
 
 労働力不足は、急速な機械化、ロボット化でむしろ余りつつあるくらいだ。現実に日本の失業率が5%程度あるのは、労働力が足りないと言う状況とは矛盾する。
 
 
 9)日本は労働力が無くなっているのに移民が少ないから破綻する
 
 空き缶総理が第二の開国だとか、民主党のリベラルの会や坂中なにがしが、1000万人の移民を入れるべきだと言っている。しかし、出生率の高い移民がそれだけ入ってくればあっという間に日本は外国人であふれる。急速な外国人の増加は、様々な摩擦を引き起こすが、特に福祉の充実した北欧を中心としたヨーロッパでは、すでに国内で文化摩擦が起きている。犯罪発生率の急速な増加や、宗教対立などが深刻になり、軒並み移民排斥勢力が政治的にも台頭してきている。
 
 むろん、日本を尊重し、良き日本人として定着する外国人の移住はかまわないが、単に日本では楽に暮らせるから、あるいは犯罪を犯す目的で入ってくる外国人、さらに、国民の大量移住を国策とし、相手国を支配することを目的としている国が現実にある以上、移民受け入れは簡単にすべきことではない。
 
 10)日本は国土が狭いので破綻する
 
 日本の国土面積は世界200カ国ばかりの中で60番目であり、決して狭い国ではない。また排他的経済水域は世界6位の面積を有しており、日本が小さな国だというのは単なるイメージでしかない。さらに、日本は世界でも例の無いほど豊かな自然に恵まれており、日本の周囲の海は世界で一番豊かな生物層の存在が確認されている。また、国土の66%が森林であり、このような先進国は存在しない。その豊かな自然により、同じ面積の他の国よりもよほど豊かな生産量を持っている。同じ面積でもそれが砂漠だったり、氷原だったりした場合、土地の生産力はほとんど無いと言っていい。
 
 11)日本は資源がないので破綻する
 
 実際には、国内に資源があることで発展した国など無い。産油国も偶然からそれが金になっているが独自の産業もろくに育てられないでいる。また国内の資源が重荷になっているケースも非常にたくさんあり、現実に日本が資源不足で窮地に陥ったことなど無い。
 
 12)食糧自給率が低いので破綻する
 
 カロリーベースで40%と言われているが、その一方日本では毎年1000万トンの食料が廃棄され、国民はこぞってダイエットに関心を持ち、休耕田が全国に散らばっている。これが食糧自給率の本当に低い国と言えるか。作れないのではなく、作る必要がないから作っていないだけであり、食生活の切り替えやむだを廃することで、自給するにしろ輸入するにしろ、日本が食糧不足になることは今のところ無い。
 
 また、食料自給率が上がっても、飼料や肥料、燃料などの輸入ができなければいずれ食料生産もできない。したがって、安全のためであれば、それらも含めて自給しなければならないが、今のところそれは成り立たない。また、世界的な不作で確かに食料価格の高騰などはあるが、言い換えれば日本が不作で食糧不足になったとき、輸入できる体制がないともっと深刻な事態になる。

 むろん、農業を改善し、食料生産効率を上げること自体は必要だ。
 
 13)凶悪犯罪が多いので破綻する
 
 まったく、印象だけの話であり、マスコミの報道を鵜呑みにすれば日本が犯罪天国になったかのようだが、実際は、日本の犯罪発生率は減少し続けているし、また世界でも桁違いに犯罪の少ない社会である。
 
 14)失業率が高いので破綻する
 
 日本の失業率は今は5%程度。アメリカは、今9.8%で改善したとされている。他国では10%内外がふつうで、成長著しいはずの新興国でも20%などは珍しくない。
 
 15)日本はアジアで嫌われているので破綻する
 
 BBCなどの調査では、日本に対する印象は世界でもトップであり、ただ日本に対して悪感情を持っているのは特亜だけである。つまり、彼らがアジアと言うとき、特亜だけのことだが、アジアは40カ国以上からなり、ほとんどの国で日本に対する印象は高い。また、日本人はほとんどの国にビザなしでゆけるがこれは日本人に対する信用力がそうさせている。特亜はそうはいかないし、欧米ではますます特亜人は嫌われている。したがって、韓国人がアイアムザパニーズと言うのはもう有名になっており、最近では欧米人もそれにだまされることはなくなっているとのことだ。
 
 16)何が何でも破綻する
 
 確かに、民主政権が続けば破綻する。
 


言っていることは尤もだ、と思われたら、クリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

No title

 日本は国際金融家の陰謀で破綻する危険性が高い。経済的廃墟と化したあとも宗教的に洗脳するプランも持っている。

No title

>日本は国際金融家の陰謀で破綻する危険性が高い。経済的廃墟と化したあとも宗教的に洗脳するプランも持っている。

して、その根拠は?経済上の危険性なら、どこにでもあるし、どんなに好況でもあるもんですがね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本は借金など一銭も負っていない・・・

☆日本は借金など一銭も負っていない。 というより、世界で一番他国に金を貸しており、 その投資が貿易収支による利益を上回りつつ ある。彼らが言う借金とは国債のことだろうが、 これはあえて言うなら政府が国民から金を借り ているのであり、さらに言うなら、国民...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。