スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軍事力を考える 3


 この稿をまとめているとき、軍事力の真の意味を端的に表した発言をした国家リーダーの発言を読んだ。きわめて正論であり、もし日本で政治家がこんな発言をしたらとたんにマスコミから総攻撃を受け、結局その地位を失うのではないかと思える。その発言とは
 
 《》は引用
 
 ------------------------------------------------------------

韓国大統領「戦争恐れては、戦争防げない」

 【ソウル=竹腰雅彦】韓国の李明博(イミョンバク)大統領は27日のラジオ演説で、北朝鮮による11月の延坪島(ヨンビョンド)砲撃に関連し、「戦争を恐れていては戦争を防ぐことは決してできない」と発言。

 北朝鮮の新たな軍事挑発に対しては断固として軍事的な対応を取るとの立場を強調した。

 大統領は、延坪島砲撃を機に、「韓国は、北朝鮮の軍事挑発に強力に対応することだけが戦争を抑止し、平和を守れるという事実をはっきりと悟った」と指摘。韓国軍は「北朝鮮の攻撃を受ければ、容赦なく対応せねばならない」と語って北朝鮮をけん制した。

(2010年12月27日20時32分 読売新聞)

 私はいつも、李明博大統領を最近では傑出した能力を持つ指導者だと認めている。残念ながら、近年の日本の政治家の誰も彼の足元にも及ばない。むろん、言うまでもないが、李明博氏は韓国の大統領であり、当然ながら韓国の国益を第一と考える立場だから、日本の国益と反することは当然あるだろう。しかし、前任者達が自分たちの無能に対する批判をかわすために反日発言を繰り返したのとは全く違う。彼は日本で生まれ、物心の付く前に日本を離れたが、両親は長らく日本に滞在しており、間接的に日本の価値観を両親から受け継いだのではないかと推察される。彼の家は非常に貧しく、本来なら彼がまともな教育を受けるチャンスはなかったはずだが、彼自身が優秀だったことから学校の教師に勧められ、夜間高校に通い、さらに大学に進んだとある。
 
 その後、実業界で大成功を納め、ソウル市長になって手腕を発揮し、現在韓国大統領となっているが、前任者達があまりに愚昧であったためになおさら韓国でも支持率は高いようだ。
 
 日本の政治家の、特に閣僚クラスには2世3世などがおおく、とにかく虚弱体質で市民感情から離れているか、あるいは左翼活動に明け暮れとにかく権力の座にしがみつくしかない者が多いが、その点苦学をしながら真の努力と能力で現在の地位についた李明博氏が政治家として本物だと言うのは当然だと考える。いろいろ問題はあるが、それでも韓国が10年前の経済危機から逃れて、今なんとか安定しているのは彼の功績によるところが大きいと考える。つくづくそれに引き替え、今の日本の政権にいる穀潰し、売国奴達の無能、無責任、破廉恥ぶりはため息が出る。あまりに差がありすぎる。
 
 さて、つい日本の現状のひどさから愚痴が出てしまったが、上記の李大統領の発言はきわめて正しく、指導者として言うべきことを言ったまでと評価する。もちろん、彼の立場では、戦争をおそれて戦争を避けることができない、その仮想敵国として日本があるだろう。だから、今になってようやく北朝鮮を主敵と定義したかのように言っているが、実情は常に日本に対する敵意がある。日本にとっても韓国は仮想敵国であり、今は体制上日本と同じ側に経っているように見えるが、いつ後ろから弾が飛んでくるかわからない同じ側の国家であることは、李大統領の前任の史上3番目に愚かな大統領の言動を思い起こしてもわかる。李大統領はその姿勢は踏襲はしていない。日本が突き放せば韓国は成り立たない事実を十分知っているだろうと思える。
 
 ちなみに史上1番と2番目に愚かなリーダーは、現日本総理大臣と前任者だ。ま、それはともかく、戦争をおそれては戦争を防ぐことはできない。これは当然のことであり、ほとんどの国家の軍事力は、戦争を防ぐためにある。戦争は、現代では経済的に割が合わないし、先進国同士の全面戦争にでもなれば、世界が滅びかねない。だから、現実には使用できない大量の核兵器などが必要になるのだ。あくまで戦争を防ぐための手段が軍事力なのであり、それなりの国がそれなりの軍事力を備えるのは当然なのだ。
 
 しかし、日本ではルーピー鳩など、友愛で世界に平和が訪れると妄想し、それを実行しようとした、あえて言えば精神障害者が未だに外交はボクに任せなさいと、一端口にした政界引退宣言をあっさりと取り消した。彼のことを脳裏に浮かべると反射的に腹が立つが、それは今の極左政権の連中すべてに言えることだ。
 
 日本の周囲には中国、韓国、北朝鮮、ロシアと仮想敵国が取り巻いている。一度形だけ民主化したかに見えたロシアは急速に全体国家に様相を変えている。そのよりどころは強力な軍事力であり、今ロシアが最も国家の根幹として力を入れているのは軍事力だ。中国は言うまでもないし、そして中国の価値観は、先に書いた一般の国に当てはまらない。すなわち、軍事力を戦争防止のための手段としてではなく、世界に力で進出するための手段として明確な意志を持っている。
 
 
 たとえば、下記のような見解は決して特別なものではない。世界では常識なのだが、ただ日本の政権内では常識ではない。
 
------------------------------------------------------------

日中問題を見よ、中国の『平和台頭』は表面だけ=インド紙

 22日付のインド紙「ザ・タイムズ・オブ・インディア」は、中国が主張する「平和台頭」は表面だけのものとする論説記事を発表した。日中の領土問題でも、そのことが分かるという。同紙は「中国問題は世界の心配事でインドにとっては頭痛の種」などと主張した。中国のニュース・サイト「環球網」は同論説に対して「再び、大げさに“中国脅威論”を書きたてた」と反発を示した。

  「ザ・タイムズ・オブ・インディア」は、最近になり多くのアジア・ウォッチャーが「中国が世界を統治する」、「新しい世界秩序を築く」などと警告していると紹介。「中国の影響力が経済分野だけにかぎらず、社会や文化、政治分野で世界に『不良なる影響』をもたらすとの見方の表明だ」、「中国が巻き起こす問題は世界の心配事であり、インドにとっては頭痛の種」と論じた。

  同論説は、「中国が唱える『平和台頭』は表面だけの現象であって、実際は異なる。中国の民族主義感情は極めて強い。日本と中国、インドと中国の領土問題をみても分かる」などと主張。

  インドと中国の「力の関係」については「中国の経済成長は2015年に減速する。インドは中国を追い抜ける」と指摘。さらに「民主こそがインドのブランド。世界に受け入れてもらえる」と論じ、「インドは弱気になるべきでない。(巨龍と自称する中国人に対しては)改めて“猛虎”になるべきだ」と、対中強硬策を主張した。

  環球網のコメント欄には、同記事に対して「中国の民族主義は、他国の敵対行為に対して憤激の言葉がでるだけのこと」、「インドは虎か。もうすぐ絶滅だ」などと反発するコメントが相次いだ。(編集担当:如月隼人)
  
 そもそも、軍事力自体が戦争の原因なのではなく、軍事力を使う者の思想が戦争の原因なのだ。その意味で、中国はきわめて危険であり、そして軍事力を行使する大義名分を普段から作り上げているのだ。したがって、実際に戦争を中国が始めても、絶対に中国を侵略から守るためだと国民に刷り込んでいる。そして、最もその標的になっているのが日本なのだ。これについては何度も書いているが、先日書いた石平氏の帰国に関する記事にあった様に、中国は上辺だけは日本に微笑外交ですり寄ることはあっても、それはあまりに日本と反目すれば必ずそれが中国のマイナスイメージとなって世界から返ってくるのと、実際に日本の技術と金が必要だからだ。しかし、国民の、特にネット世代に対する執拗な反日感情のすり込みはきわめて根深いものがある。若い世代は、確かに日本のアニメやサブカル、そして実際に見聞きする日本の優れた点についての知識はあるだろうが、感情的に日本は敵とのすり込みがされている。
 
 ------------------------------------------------------------
【中国BBS】理性的な「日本製品ボイコット」をしよう!l

【社会ニュース】 2010/12/27(月) 22:04

 先日の反日デモでも声が上がった「日本製品ボイコット」。中国の掲示板で最近、「理性的なボイコット」を訴え、意見を求めるスレッドが立ち上がった。ネットユーザーの反応はどのようなものだろうか。以下に紹介する。以下、中国語によるBBSの書き込みを、日本語訳した。(  )内は、編集部の“素朴な感想”。

---------------------------------

● スレ主:小陽

  理性的な日本製品ボイコットをしよう!その方法は、1.完全な日本製はできるだけ買わない!2.中国製で代替できるなら、国内製品を買う!(例えば国内の日中合資会社の車は買わないで、中国製か他国の車を買う)3.代替品がない場合は仕方がないので買う!すべてを買わないのは無理だからだ。特に国内に無い先進的な技術のものは、今は日本製品に甘んじよう。4.日本人から金を稼ぐのはOKだ!
---------------------------------

● yufang006
  スレ主の意見を支持する!

● candyfox
  中国は日本製品をボイコットする必要はない。ただ原材料と日常品の輸出を止めればいい。

● x5112000
  ↑日常品の輸出は止めなくていいだろう。日本人から金を稼ぐのに遠慮は要らない!資源は輸出禁止にするべきだ!

● zch_553
  日本製品のボイコットというが、北京の地下鉄と飛行場の建設費の中に日本からの借款があるのだが、まさか日本から金を借りてるからこれらの施設を使わないとはいわないだろう。今作ってる地下鉄の建設機械も日本製だ。だから地下鉄建設も止めるべきか?それに国内ブランドの車の中にはエンジンは日本製というのもある。これはどうするんだ?日中間の経済交流は両国に益をもたらしている。このグローバル化した世の中で「ボイコット」とは、現実的じゃないな。

(まっとうな意見ですね)

● xinfulieche
  日本製品のボイコットは、中国への経済的干渉の理由を日本に与えることになる。中国経済を発展させることがまずは先決ではないだろうか。

● ア~ハ~
  俺が生きているうちに、そして日本が中国の安全を脅かす前に、大規模な日本製ボイコットが、日本の経済とサービスに多大な利益をもたらすだろう。そして大規模な宣伝でさらに多くの人が日本製品をボイコットし、中国製品を支持するだろう。そしてそれが中国に富と強さをもたらすだろう。

  全体的には、スレ主の意見は「理性的」として支持する意見が多かった。いずれにしても、やはり反日感情は根強いものがあるのだろう。(編集担当:畠山栄)
  
 中国のこのような声は、いつも書いていることだがすべて中国政府のフィルターを通している。したがって、これは中国政府のメッセージであると同時に、次のような声も、日本を懐柔するために発信されている。
 
------------------------------------------------------------

【中国BBS】日本の欠点ばかりではなく、良いところも挙げようぜ!

 中国の掲示板では、やはり反日的な内容が多いのだが、「日本の良いところも挙げてみよう」というスレッドが立ち上がった。中国人は日本のどんなところが良いと感じているのだろうか。以下、中国語によるBBSの書き込みを、日本語訳した。(  )内は、編集部の“素朴な感想”。

---------------------------------
● スレ主:xo12ox21
  2chに「中国の欠点ばかりでは無く 良いところも挙げようぜ」というスレッドが立ったのを見た。俺たちもお隣さん日本の良い所を挙げてみようぜ!
---------------------------------

● dsxiaolei
  伝統文化をちゃんと保存しているところだね。だから日本で唐の時代の名残を見ることができる。

● nami803
  全体的に民度が高い。

● shidisd
  環境がいい。公共心がある。伝統文化の保存が良い。あとは、交通施設、アニメ、AV。
  (AVは必ずと言っても良いほど「評価」のうちに入るのはなぜだ?)

● 接二連珊
  オレは日本に1週間遊びに行った事があるが、どこもとてもキレイだった。そして生活に秩序がある。日本の老人は非常に心優しく、穏やかだった。
  (たしかに日本は清潔だと、中国人観光客はよく言いますね)

● 香山リカ
  日本はアジア最強の経済国家。日本はアジアでノーベル賞受賞者が最も多い国。日本はアジアで唯一、白人に戦争を挑んだ国。日本の商品は世界的に有名で、生活必需品のほとんどを網羅している。

● F蛍児
  日本に行ったばかりのころ、中国人のクラスメートが財布を落とした。中には10万円入っていて、友人は一晩中泣いていた。だが、思いがけず3日後に学校に郵便で届けられた。誰が拾って届けてくれたのかも分からない。オレも郵便局に財布を忘れて10分後に戻ったら、誰かが拾って局の人に預けていてくれた。感謝したかったが、拾ってくれた人は名前も残さず行ってしまったそうだ。日本とはそういう国だ。

● hwy_184
  政府関係の機関に行ってもだまされる事がない。公務員の態度が非常に良い。日本の中国領事館に行くとその差は明らかだ。(中国はそんなにひどいのですか?)

● QQ1024817076
  ↑の意見に激しく同意!

● 暖暖7688
  環境保護が素晴らしい。技術の応用力がスゴイ。アニメ、音楽の面で進んでいる。とても礼儀正しい。人に迷惑をかけないという意識が徹底している、まあ時に度が過ぎてクールで偽善的な印象を受けるがな。

  ほかにも日本人の謙虚さ、法を守ること、食の安全性やニセモノがないことなどが挙がっていた。中国のネットユーザーたちは、わりと冷静に日本の良いところを認識しているようだ。(編集担当:畠山栄)
  
 つまり、中国はきっかけがあれば日本に対しては軍事力を行使する理由を国民に刷り込んでいるのだ。これは単に軍事力を戦争抑止のための手段として用いているのとは違う。丹羽売国大使が、中国に土下座して金を差し出せば許してもらえるなどと政府に進言する様な状態で、しかも政府がそのような売国商人を罷免もしないようでは、きわめて危険だと言わざるを得ない。
 
 たとえば、ロシア大統領の北方領土訪問を事前に探知できなかったという理由で、中ロ日本大使が更迭された。それなら、尖閣問題での中国の対応を事前に察知できなかった丹羽大使も更迭されるべきではないのか。ここに、民主の明確な意志がある。
 
 つまり、中国には土下座外交で行こうという意志だ。

ーまた続くー
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。