スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家崩壊・・・?

 私の感覚としては許し難い行為が、例の民主党議員にあったとの報道があった。まず、その第一報。
 
 《》内は引用。
 
 -----------------------------------------------------

民主ベテラン議員が秋篠宮ご夫妻に野次 議会開設120年記念式典で みんなの党議員が指摘「国会崩壊だ」

2010.11.30 14:01

議会政治展示会で展示品をご覧になる天皇、皇后両陛下。後ろは秋篠宮ご夫妻=29日午前、国会・参院第一委員会室(酒巻俊介撮影) 29日に開かれた「議会開設120年記念式典」で、民主党ベテラン議員が、秋篠宮ご夫妻に対し「早く座れよ」などと野次を飛ばしていたことが分かった。野次を聞いたみんなの党の桜内文城参院議員が、30日朝の自身のブログで明らかにした。

 桜内氏のブログによると、先に式典会場の参院本会議場にお入りになった秋篠宮ご夫妻は、天皇皇后両陛下のご入場まで、ずっと起立されていた。その最中に民主党ベテラン議員が「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか」と野次を飛ばしたという。

 当初の式次第では、秋篠宮ご夫妻はいったん着席され、天皇皇后両陛下のご入場の際に起立してお迎えすることになっていた。

 しかし、議会開設120年を祝うために国会を訪ねられ、両陛下を起立して待ち続けられた秋篠宮ご夫妻に、国会議員が、非難がましく指図するような野次を飛ばすことは非礼の極みとしか言いようがない。

 桜内氏は30日朝のブログで「想像を絶するようなことが起こっていた。これでは『国会崩壊』だ」と記した。さらに同日午前のブログでも「天皇陛下をはじめ皇族の皆様に対する尊敬の念を強く抱いている1人の日本国民、参院議員として、今回の野次は決して許すことのできないものだという強い憤りを抱いている」としている。

 一方、野次を飛ばしたとされる民主党ベテラン議員は30日、衆院本会議後に産経新聞の取材に対し「『早く(秋篠宮ご夫妻が)座らないと誰も(国会議員が)座れないよ』と言ったかもしれない。宮様に(直接)言うはずがない」と述べた。
 
 この中の民主党ベテラン議員とは、この時点では明記されていないが、2ちゃんなどでは、中井前公安委員長らしいとの書き込みがあった。とにかく、このことを伝えたという桜内氏のブログを確認してみた。
 
 -----------------------------------------------------

議会開設120年記念式典テーマ:政治

一部抜粋

昨日(11月29日)、天皇皇后両陛下、秋篠宮殿下御夫妻のご臨席の下、議会開設120年記念式典が開催されました。


「半数近くの議員欠席…国会開設120年記念式典」
 国会が29日午前に参院本会議場で開いた議会開設120年記念式典を、国会議員の半数近くが欠席した。
 
 天皇、皇后両陛下らをお迎えして、国会の節目となる行事だっただけに、議員らの意識が問われそうだ。
 
 参院事務局によると、衆参両院の国会議員721人(衆院は欠員1)のうち、出席したのは約370人で、党として欠席した共産党(15人)以外にも、330人以上が欠席した。
 
 欠席した民主党の若手議員らからは「統一地方選に向けた地元会合を優先した」「陳情を受けていた」などの声が上がった。週末に地元に帰った議員がそのまま地元活動を優先したケースが多かったとみられ、「歴史への意識が薄いことの表れだ」という批判が出た。同党の岡田幹事長は29日の記者会見で、「それぞれ色々事情があると思うが、少し残念に思った」と述べた。
(2010年11月29日21時46分 読売新聞)


http://ameblo.jp/sakurauchi/entry-10722419845.html
「両陛下ご臨席の式典に鳴り響く携帯の着信音 自民の逢沢国対委員長失態」 2010.11.29 17:24 産経新聞

 天皇皇后両陛下ご臨席のもと、参院本会議場で厳粛に進んでいた29日午前、議会開設120年記念式典の最中、自民党の逢沢一郎国会対策委員長(56)の携帯電話の着信音が鳴り響く失態があった。
 着信音が鳴ったのは、竹崎博允最高裁長官が式辞を読み上げていたときだった。逢沢氏は国会内で、式典の直前まで取材に応じていたが、議場に入る際に携帯電話の電源を切り忘れた。
 式典に出席したある民主党参院幹部は「自民党の議員が『どこの党だか知らないが、携帯が鳴ったやつは登院停止だ』と怒っていたが、まさか逢沢さんだったとは…」とあきれた様子。別の民主党女性議員は「逢沢さんは、お疲れになっているのかしら」と皮肉った。


また、演壇の真正面には閣僚席も用意されていた(名札も置かれていた)のですが、最前列は(先週、問責決議された)仙谷官房長官のみ着席。どの閣僚が欠席したか確認していませんが、この緊張感の無さは一体何なんでしょうか。

その他、報道されてはいませんが、ある民主党ベテラン議員は、秋篠宮殿下御夫妻が入場された後、天皇皇后両陛下の御入場をお待ちになる間、ずっと起立されていた(当初の式次第では着席されることとなっていた)のに対して、「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか。」と野次を飛ばす始末。想像を絶するようなことが起こっていたのが実情です。

桜内氏はこのベテラン議員の名前を挙げていないが、続報によれば、明らかに前公安委員長、中井洽氏だったようだ。本人は、やじってはいない、なぜ座らないのか言っただけだ、と言い訳しているが、これ自体が不敬ではないのか。心の中で思うだけならやむを得ないが、周囲に同意を求める言葉を発したなら、野次と変わらない。本人に言ったのではないから問題がないなどというものではない。そもそも、国会議員の身で、厳粛な祝典でこのような言葉を思い浮かべるだけでも彼の意識がわかろうというもの。

私自身は自分で国粋主義者とか、天皇親政制度主義者だとは思っていないが、天皇制は日本の何物にも代え難い制度として守ってゆくべきだと考えている。国旗、国歌以上に、日本国、日本国民すべての象徴である天皇制は、選挙制の大統領などとは全く次元の違う存在であり、少なくとも千数百年以上その系譜が明らかになっている天皇家は、世界にも例のない国歌の存続の象徴だと感ずるから、天皇制を尊重しているのだ。

しかるにその象徴の一部である皇族に対し、このような言葉を発すること自体が、理屈抜きの不快を覚えるわけだ。中井氏の辞任理由(むろん、内閣改造が表立った理由だが)女性関係の乱れなどを思い起こすとさもありなんとは思うが、このような人物がやはり古巣の自民党には居場所が無くて、吹きだまり民主に流れ着いたのも宜なるかなと思う。

しかし、同様に腹立たしく不快に思ったのは、総員の内半数が欠席したという事実であり、誰が欠席したのかを明らかにしてもらいたいものだ。ただ、案の定というか、民主の若手議員、多くは小沢ガールズやチルドレンだろうが、地元に帰っていた、選挙戦を優先したなど、やはり今に地位にしがみつくしか意識にない買官議員だったのだと改めて認識した次第だ。このような、全く自覚のない自動挙手マシンで頭数をそろえている民主が、幹部独裁になり、権力欲だけでしがみついているその他大勢の寄り合い吹きだまり所帯である実体がよくわかる。

しかし、その独裁幹部たちの多くが欠席していること自体がさらに深刻なこの民主党の実態を示している。多くの閣僚が欠席したとあるが、是非とも明らかな欠席者を知りたい。

さらに私が生理的に受け付けられない共産党の体質がここでも明らかになっている。共産党は、天皇制が戦争を起こした、だから認められない制度であるということが党是である。それは主義主張だから、受付はしないがそれをとがめもしない。現実に天皇制が存在し憲法で天皇は日本国の象徴として定められているのだから、それをこのような形で否定するのは、公党として健忘を否定していることになるだろう。自分たちが認めないから憲法も認めないと言うので、万が一彼らが政権を執ったら、憲法など無視すると言うことだろう。このような政党が、ほんの少しでも政治に関わることは許されるべきではない。

主義主張は、この言論思想自由の国では、ほとんどが許されるが、しかし、それ以前に法律遵守が基本なのであり、我々も、とんでもない売国政権と知りながら、この売国政権が法律を作ってしまえばそれに従わざるを得ない。それが遵法精神であり、法治国家であるゆえんだろう。

なお、問題の式典の映像は下記にあるが、中井氏の野次がそれで聞こえる訳ではない。

(参院中継映像 2010年11月29日 議会開設百二十年記念式典)

これについて、続報で中井氏の名前が報道された。

-----------------------------------------------------

秋篠宮ご夫妻に「民主議員がヤジ」 みんなの党議員指摘

2010年11月30日23時56分

 みんなの党の桜内文城参院議員が自身のブログで、29日に国会であった議会開設120年記念式典で、民主党のベテラン議員が秋篠宮ご夫妻にヤジを飛ばした、と指摘した。自民党は「事実であるとすれば、あってはならない発言」(逢沢一郎国会対策委員長)とし、衆院の議院運営委員会で事実関係の調査などを求める構えをみせている。

 桜内氏は30日付のブログで「ある民主党ベテラン議員は、秋篠宮殿下ご夫妻が入場された後、天皇皇后両陛下のご入場をお待ちになる間、ずっと起立されていた(当初の式次第では着席されることとなっていた)のに対して、『早く座れよ。こっちも座れないじゃないか』とヤジを飛ばす始末」と報告した。桜内氏は朝日新聞の取材に対し、「周りには聞こえたが、壇上に聞こえる大きさではなかった」と話した。

 一方、ヤジを飛ばしたと指摘された議員は30日夜、東京都内で記者団に「隣の人に式次第を見せて『着席と書いてあるよな。お座りにならないのかな』と話した。ヤジではない」と説明した。

-----------------------------------------------------

非礼の極み 民主・中井前国家公安委員長が秋篠宮ご夫妻に不平…「早く座れよ」 議会開設120年記念式典

2010.11.30 21:09

 11月29日の議会開設120年記念式典で、民主党の中井洽前国家公安委員長が、来賓の秋篠宮ご夫妻が天皇、皇后両陛下のご入場まで起立されたのを見て「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか」と不平を漏らしていたことが30日、分かった。自民党は「懲罰の対象になりうる著しく品を欠く発言だ」と問題視している。西岡武夫参院議長も事実関係を調査する意向を示した。

 複数の国会議員によると、秋篠宮ご夫妻は式典会場の参院本会議場に入られ、天皇、皇后両陛下のご入場まで約5分間起立して待たれた。国会議員も立っていたところ、中井氏は1分半ほどで「早く座れよ」などとぼやき始めた。それほど大声ではなかったが、議場は静まっており、周囲に響き渡ったという。

 みんなの党の桜内文城参院議員は30日にブログで「想像を絶することが起こった。これでは国会崩壊だ。1人の国民として今回の野次は決して許すことはできない」と批判した。

 中井氏は30日、産経新聞の取材に「『早く座らないとだれも座れないよ』と言ったかもしれないが、秋篠宮さまに向けて言うはずがない。副議長らに言った」と釈明した。

 ただし、桜内氏のブログでもふれているように、携帯の呼び出し音が祝典の最中に鳴り響いたというのも情けない。
 
 -----------------------------------------------------

両陛下ご臨席の式典に鳴り響く携帯の着信音 自民の逢沢国対委員長失態

2010.11.29 17:24

天皇、皇后両陛下を迎えて開かれた、議会開設から120年の記念式典で祝辞を述べる菅首相=29日午前、参院本会議場 天皇皇后両陛下ご臨席のもと、参院本会議場で厳粛に進んでいた29日午前、議会開設120年記念式典の最中、自民党の逢沢一郎国会対策委員長(56)の携帯電話の着信音が鳴り響く失態があった。

 着信音が鳴ったのは、竹崎博允最高裁長官が式辞を読み上げていたときだった。逢沢氏は国会内で、式典の直前まで取材に応じていたが、議場に入る際に携帯電話の電源を切り忘れた。

 式典に出席したある民主党参院幹部は「自民党の議員が『どこの党だか知らないが、携帯が鳴ったやつは登院停止だ』と怒っていたが、まさか逢沢さんだったとは…」とあきれた様子。別の民主党女性議員は「逢沢さんは、お疲れになっているのかしら」と皮肉った
 
 本会議場では携帯を持ち込まないというルールがあるそうだが、議員の多くが審議中に携帯を眺めていたりメールを打ったりしている姿がよくカメラにとらえられたりしている。これら議員たちは、ルールなど眼中にないのだろうが、その延長が今回のようなことになったわけで、逢沢氏には猛省を望む。ただ、中井氏の発言は、だから仕方がないといえるようなものではない。次元が違う。

スポンサーサイト

コメント

No title

確かに国家崩壊です。真の街宣右翼は今こそ現れるべきなのに。

偽装街宣右翼しか生存してないんですかね?絶滅したのか元からいないのか。

No title

名無し侍様

>確かに国家崩壊です。真の街宣右翼は今こそ現れるべきなのに。

いえ、街宣右翼は暴力団と紙一重、あるいは暴力団です。そもそも、右翼も左翼も本来の意味と全く違っていますからね。

私は保守系ですが、右翼ではありません。街宣右翼とは全く相容れません。

>偽装街宣右翼しか生存してないんですかね?絶滅したのか元からいないのか。


そうですね。たとえば、特亜にいわせれば、がんばれ日本も右翼と言うことになり、先日来の市民のデモも、右翼に先導されたデモと報道されています。

今の日本は、特亜に言わせれば右傾化しているとのことですが、もちろん違います。民主の馬鹿さ加減に気がつき、特亜の欺瞞に気がついてきただけです。



偽装街宣右翼しか生存してないんですかね?絶滅したのか元からいないのか。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。