FC2ブログ

松崎哲久本人の言い分

 先のエントリーでも触れたが、民主党の松崎哲久議員が、自衛隊入間基地で暴言を吐いたとの報道があった。事の真偽は本人が否定しているということで民主はすませたのだろうが、私も、新聞報道だけで一概に事実とも断定できず、報道があった旨だけ触れた。そして、事の真偽は、北澤防衛相も事実確認をするとその場限りの約束をしていたので、これ以上書くこともないと思っていた。
 
 重複になるが、報道内容を改めてここに紹介する。
 
 《》内は引用。
 
 --------------------------------------------------------


民主・松崎議員が自衛官を「恫喝」か 「俺を誰だと思っている」


松崎哲久


2010.11.18 01:30

松崎哲久衆院議員 民主党の松崎哲久衆院議員(60)=埼玉10区=が今年7月、航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)で行われた納涼祭で秘書が運転する車を呼び寄せる際、空自側の規則どおりの対応に不満を抱き、隊員に「おれをだれだと思っているのか」と“恫喝(どうかつ)”ともとれる発言をしていたことが17日、分かった。防衛省幹部や、自衛隊を後援する民間団体「航友会」関係者が明らかにした。

 入間基地では今月3日の航空祭で、航友会の会長が「民主党政権は早くつぶれてほしい」と発言。これを受け、防衛省は自衛隊施設での民間人による政権批判の封じ込めを求める事務次官通達を出した。松崎氏は会場で会長の発言も聞いており、周囲に強い不快感を示していたため、「納涼祭でのトラブルも遠因になり、異例の通達につながったのでは」(防衛省幹部)との見方も出ている。

 松崎氏は7月27日の納涼祭に来賓として出席。帰る際に駐車場から約30メートル離れた場所に自分の車を呼び寄せるよう、車両誘導担当の隊員に要求した。だが、歩行者の安全確保策として片側通行にしていた道路を逆走させることになるため、隊員は松崎氏に駐車場まで歩くよう求めた。
 
  ところが、松崎氏は歩行者はいないとして車を寄せるよう指示。隊員が拒否したところ、「おれをだれだと思っているのか」「お前では話にならない」などと発言した。

 別の隊員が松崎氏の秘書が運転する車を逆走させる形で寄せると、「やればできるじゃないか」という趣旨の発言もした。誘導担当の隊員が「2度と来るな」とつぶやくと、松崎氏は「もう1度、言ってみろ」と迫ったとされる。こうした過程で、松崎氏が誘導担当の胸をわしづかみにする場面もあったという。

 松崎氏は産経新聞の取材に一連の発言をすべて否定し、「(隊員の)体には触れていない」と述べた。一方、「(受付を通り越して)駐車場でしか車を降りられないなど誘導システムが不適切だと指摘はした」と説明し、「隊員に2度と来るなと言われたことも事実。(自分は)何も言っていない」と話している。
 
 報道内容はこのようなものであり、もしこれが事実であれば、松崎氏という人物の人間性に関わるものなのだが、現在は、私は報道内容が事実だろうと判断している。それはつぎのような本人の弁明に接したからだ。なにより、本人の公式サイトに書いてあるのだから、疑いようは無いだろう
 
 
 --------------------------------------------------------
 
本人オフィシャルサイト


産経新聞報道に関して(2010年11月18日)

 11月18日付の産経新聞の記事をはじめ、いわれなき中傷を受けていますが、全く事実無根だと申し上げておきます。まず7月の納涼祭の件は、基地内の誘導の仕方が不適切だと思いましたので、その旨、指摘したことは事実です。私に対し暴言を吐いた隊員には手も足も触れていません。総じて、新聞報道の名に値しない記事です。

 産経が「松崎議員自衛官を恫喝」車逆走指示「誰だと思っている」と見出しを掲げているのは、謀略の類の話です。とにかく民主党議員を片端から悪者に仕立て上げようとの魂胆が見え透いていて、仲間の多くからも毅然と対応しろと励まされています。ネットでは隊員が女性だったとのデマまで飛ばされているのです。

 私が一方通行の「逆走」を要求したこともありません。だいたい、そこは両面通行の場所でしたから、受付方向に車が通れないと思う方が無理なのです。事情を聞いている時、上官の一人が私の車を誘導してきましたので乗り込みましたが、その際に『二度と来るな』と言われました。さすがにムッとしましたが、挑発に乗ったらダメと分かっていますから、立ち去りました。後日、基地側から謝罪にきましたが、私が謝罪を求めたのではなく、あくまで誘導システムに問題があることを指摘したのです。

 私は、むしろ男性隊員の立場を慮って、謝罪に来た上官に、「議員とは思わないで言ったのだろうが、誰であれ市民に対して『二度と来るな』と暴言を吐くのは好ましくない」と言ったものを、当日のことに事実を曲げ、趣旨を全く逆に変えて宣伝されています。が、本筋は11月の話の逆恨みでしょう。

 産経は一部しか書きませんが、自衛隊の基地内の公式行事で「みんなで、一刻も早く菅政権をぶっつぶして、昔の自民党政権に戻しましょう」(防衛省の記録)と、隊員を煽動する発言があったのです。これが不適切であるのは論をまちません。

 その後に、報告を受けた防衛省も「自衛隊法」等の政治的行為の制限に違反するという認識で事務次官通達を出しましたが、自衛隊員に倒閣を煽動するのは、自衛隊は文民である首相や防衛大臣によるシビリアン・コントロールに服する大原則に反します。もちろん、民間人が基地外の、公式行事でない場所で自由に発言するのを封じるものではありません。しかし、その大原則をルーズにしていると、戦前の軍国主義の跋扈(ばっこ)による蹉跌(さてつ)を繰り返してしまう恐れがあるのです。

 本当は、私はこれを基地内の問題だけにとどめておこうと思ったのですが、自衛隊側の問題意識が本省への迅速な報告になったようです。その判断に異を唱えるものではありませんが、結果、私が狙い打ちにされてしまいました。

 事務次官通達は「隊員の政治的中立性の確保について」というものです。市民が市民として菅内閣の政策を批判されるのは自由ですが、そこに隊員を巻き込むかのような動きは、かえって自衛隊の為にもならないと思います。ご自制をお願い申し上げます。

 平成22年11月18日

衆議院議員 松崎哲久


「議員とは思わないで言ったのだろうが、誰であれ市民に対して『二度と来るな』と暴言を吐くのは好ましくない」

 語るに落ちるとはまさにこのことだ。この一言が、すべてを表している。この一言が、産経新聞の報道の正しさを伝えているのではないのか。この松崎氏の意識では、一般市民なら暴言を吐いても良いが、議員に暴言を吐くなど許されないと言うことであり、まさに「俺を誰だと思っている」と怒鳴りつける意識そのままではないのか。
 
 ならば、この鼻持ちならない特権意識をご当人は自ら公言したわけだ。まさか、自らの暴言恫喝行動を裏付けしているとの意識はないのだろうが、もちろん、特権意識がそうさせている。これで弁明になっていると信じているのだ。
 
 もう一つ、ご本人がとくとくと説明している内容に、こんな物がある。
 
 (私が一方通行の「逆走」を要求したこともありません。だいたい、そこは両面通行の場所でしたから、受付方向に車が通れないと思う方が無理なのです。事情を聞いている時、上官の一人が私の車を誘導してきましたので乗り込みましたが、) 

 車両通行止めで車両が通れないはずの場所を、上官の一人が車を誘導してきた、とはその上官が自ら違反をしたわけだ。咎められるのはその上官ではないのか。しかしその上官が議員にへつらって違反をしたのに、それを受け入れあまつさえ隊員の指導を説教したこと自体が、松崎氏の、自分のような立場の人間のためにはルールも曲げて当然との意識が有ったとしか言いようがない。
 
 これらを鑑みると、件の記事、すなわち松崎氏が暴言を吐き恫喝したのは事実だと判断して間違いだろうか。
 
 このような人間が平然と嘘をついているのだとすれば、それをかばい立てする民主の閣僚も脛に傷を持っているのだろうと勘ぐりたくなる。
 
 何か似たようなことが、今年の宮崎県口蹄疫の発端となったとされている道休誠一郎民主党議員のサイト上の言い訳でも臭う。
 
 この民主党の隠蔽工作、言い逃れ体質は、11/20 9:00 NHK 政治討論 で岡田氏が発言したのをたまたま聞いていてつくづく思った。

 仙石氏の自衛隊は暴力装置発言につき、「誰にでも言い間違いはある」。あの発言は単なる言い間違いなのではなく、国権の最高地位にいる人間の根本的な思想を示している。これが単なる言い間違いだから問題ないと本当に思っているなら、この岡田氏の資質も到底幹事長など務まるものではない。仙石総理(確信的言い間違い)が柳腰外交と得意げに言ったのとはまったく意味が違うが、岡田氏はそれを言い間違えだと言い間違えている。

 もちろん、柳田法相の、法務大臣は気楽な稼業ときたもんだ、二つの言葉ですごしゃいい、という発言も、もちろん単なる思い違いではない。
 
 とにかく、責任とらない、言い逃れをする、開き直る。同じ事でかつて自民党を執拗に攻撃していた民主が、より悪質な問題を指摘されるとこのように平然と言い逃れをする。これもまた民主の体質なのだ。
スポンサーサイト



コメント

松崎の嘘

松崎のうそがバレました

胸倉つかんだところを見られていたようです。
ソースは2ちゃんねるの自衛隊板なのですが、
火のないところには煙は立たないわけで・・・・

---------------------------------------------------
入間基地スッドレ7
http://read2ch.com/r/jsdf/1264990759/

188:専守防衛さん[] 10/07/28(水) 00:58:54
テレビで見たことがある国会議員が自衛隊員の胸ぐらをつかんだり、
大声出してたけどあれなに?ただの酔っぱらい?

189:専守防衛さん[sage] 10/07/28(水) 02:01:08
闘魂注入じゃね?

190:専守防衛さん[] 10/07/28(水) 02:54:50
あー見た見た。大の大人がみっともないよね。隊員さん可愛そう

192 + 1:専守防衛さん[sage] 10/07/30(金) 16:56:57
国会議員WHO?

194:専守防衛さん[] 10/07/31(土) 18:57:33
>>192
民主埼玉10区の人

No title

>ななしさん様

>
>松崎のうそがバレました
>
>胸倉つかんだところを見られていたようです。
>ソースは2ちゃんねるの自衛隊板なのですが、
>火のないところには煙は立たないわけで・・・・
>

ええ、このスレなら私も見ました。松崎氏本人の言い訳から、おそらくこれは本当だと思いますが、伝聞であって事実として拡散するわけにはいかないと考えています。

北澤法相は事実を明らかにする、といってますし、野党側も確認するでしょう。もし本当のことであれば、野党側によって裏付けが為される物と考えています。

まぁ、もう当選しないわけで・・・。

本人HP未だ訂正無し

こんにちは、いつも興味深く読ませていただいています。

衆議院議員 松崎哲久氏への公式調査結果が先月出ました。

 Wikipedia 松崎哲久 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B4%8E%E5%93%B2%E4%B9%85#cite_note-4

調査結果 [編集]2011年3月、
防衛省の調査結果がまとめられ、松崎は隊員の腕を押した事などは否定しながらも事実関係を大筋で認めていた事が報道された[5]。

輝かしい学歴をもっても、知性と品性が身に付かず、良心、反省、と言う物を
持とうとしないで六十を超える日本人も、居るのですね。
私は、講演の際、「小沢さんの懐刀の一人である」と胸を張られていたのを憶えています。。 その影響なのでしょうか。
衆議院は、良識の府 というのは昭和で終わったのですね。

本人HP未だ訂正無し

>一読者様

ありがとうございます。私も確認してみましたが、防衛省の公式発表

http://www17.ocn.ne.jp/~isozaki/data/matsuzaki.pdf

に仰るようなことが出ていますね。やはりちんぴら並の男だったわけですが、まあ民主議員はこうでないと務まらないのでしょう。

恥知らずで嘘つきなのは、執行部からしてそうですから。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)