スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反国家議員面目躍如

 今日、こんな記事があったので、とりあえずご紹介したい。
 
 《》内は引用。
 
 --------------------------------------------------------

岡崎国家公安委員長、元慰安婦への金銭補償「検討していかなければならない」

2010.10.28 18:34
 
岡崎トミ子国家公安委員長は28日の参院内閣委員会で、韓国人などの元外国人慰安婦について「名誉や尊厳を回復する措置をしっかりとしていきたい。(金銭支給も)含むものとして検討していかなければならないと思う」と述べ、新たな個人補償を検討したい考えを示した。

 政府はこれまで、先の大戦にかかわる賠償、財産、請求権の問題はサンフランシスコ平和条約と2国間条約で対応しており、新たに個人補償を行うことはできないという立場を堅持してきた。岡崎氏の発言はこれを大きく逸脱している。

 岡崎氏は平成15年2月、ソウルの駐韓日本大使館前で、韓国の慰安婦支援団体主催の反日デモに参加。民主党が野党時代には、元慰安婦に日本が国家として謝罪と金銭支給を行うための「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」を繰り返し国会に提出していた。

 自民党の西田昌司氏への答弁。

 岡崎氏のでたらめ振りはさんざん伝えられているが、この異常者を民主党は事も有ろうに国家公安委員長の座に据えた。故意に国民の常識を踏みにじったのではないのか。本来、岡崎氏は公安の調査対象になってしかるべき人物であろうが、この地位に就いて、国家機密を中国様に差し出しているのではないかとさえ思える。それは、民主制県全体がそうなのだが、韓国の前脳無ヒョ~ン大統領のケースが思い当たる。彼は、国家機密の多くを無断で北に流した疑いをもたれたまま死んだ。本当に自殺だったのか、それとも始末されたのかは未だに不明だ。
 
 岡崎氏が始末などされなければよいとは思うが、しかし、たった今職を辞して、議員も辞して、自宅のトイレにでも引きこもってほしいとは思う。
 
 彼女だけではないが、自分の妄想を事実として物を考える人間が日本の政治を動かしている現状を、一般の国民は何とも思っていないのだろうか。いや、正しい近代史を教えられていないから、自らそれを学んだ人間以外は本当に日本が一方的な非道を働いたと思いこんでいるのではないか。
 
 従軍慰安婦、強制連行、植民地支配などがすべてねつ造でありおとぎ話であり、まったく検証などもされていないことなど、岡崎氏にとってはどうでも良いことなのだろう。とにかく、日本をおとしめ、日本を侮辱し、国際的イメージ、評価を下げ、日本人に回復使用のない罪悪感を植え付けることが国益にかなうと言い放つ。
 
 菅談話しかり、韓国への国家財産返還の約束しかり、条約で決した事実とは別に個別保証をしなければならないと主張した傀儡師官房長官、木偶総理、素人外務大臣などなど、どうしてこうまでひどい人間達を政権の座につけてしまったのか。あれだけ嘘を並べて、しかもその場限りの嘘を未だに繰り返し、官房長が国会で陳謝する事態になってもおどおどと逃げ回る無責任総理。本当に多士済々だが、喜んではいられない。
 
 本当は別の記事を書きたかったけれど、あまりにひどい岡崎氏の記事に接し、書かざるを得ない気になった。いや、毎日予定を変更して書かざるを得ないほどばかげてでたらめで卑怯で無責任な事がこの政権には多すぎる。
 
 これで事業仕分けなどで人気盛り返しを図っているのは見え見えだが、たしかに長年自民が培ってきた利権の構図もひどい。腐りきっている。完成までに400年かかるスーパー堤防など、知らなかったが、これなど典型的な役人の天下り先を400年確保していただけのことであって、即時廃止は尤もだ。まあ、蓮舫氏の功績というより、自民の膿なのだが、そんな自民でさえ、民主よりはましだと思えるのだからしょうがない。
 
 自民が支持率回復に結びつかないのは自業自得だが、だからといって民主にやらせてみようなどと未だに考えている有権者がいるとすれば間違っている。自民はだめだが、民主は危険なのだ。どちらがよいという比較論では決められない。民主は絶対否定が前提なのだ。
 
 アメリカは自己中で横暴だが、中国は危険なのだ。やはり比べられる物ではなく、中国もまた絶対否定が前提なのだ。
 
 民主と自民のどちらがましかを判断しようとしている有権者は間違っている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。