スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主のどたばた

 今年の熱帯夜連続記録は観測史上最長タイ記録だそうで、そんな記録はうれしくも何ともない。この数日間、ちょっと無理をして(と言って大したことではないが)体調を崩した。仕方がないので、夜は早く寝て回復に努めた。そうしないと、回復に手間取るほど体調を崩してしまいそうだったから。おかげさまで、何とか回復基調なのだが、まだ本調子ではなく、今日は手短に。
 
 ながながと愚痴を書いて申し訳なかったけれど、せっかく回復基調だと言うのに、民主の醜悪きわまりないどたばたを見せつけられ、別の意味でおかしくなりそうだ。
 
 さて、つい先日伝書鳩氏があっちへこっちへ飛び回って、結局なんにもまとまらず、菅、小沢両氏のがちんこ対決だそうだ。大いにやってくれと言いたい。どうせ、民主はもう風前の灯火なのだ。
 
 最終的に小沢氏は民主党代表選に出るそうだ。そこで考えられるシナリオをいくつか考えてみた。結果は一週間くらいで出るだろうが、それまでのお楽しみだ。
 
 1)小沢氏が党代表になる。党内では最大のグループを形成しており、鳩山グループも支持するなど(必ずしもグループ内がまとまっているわけではないので、単純に小沢氏に票を入れるとは限らない)、得票数で小沢氏が優勢である。小沢氏が党代表になり、総理大臣となる。
 
 この場合、菅氏はほとんど影響力のない部分に追いやられ、小沢氏の天敵、仙石氏や枝野氏は事実上追放。
 
 少なくとも、実力、経験、知識、人脈などは、小沢氏はトンチン管氏や伝書鳩氏とは比較にならないほどあるから、次々と政策を実行し、世論の敵意を跳ね返し、民主政権を安定化させる。なにしろ、15分男の虚言症、破廉恥漢の鳩山氏、そして小沢氏よりもイメージは良くて80%の国民から支持を得ている(二人の内どちらがましかと言うだけの選択肢しかないが)という管氏にはそもそも偶然からなってしまった総理を務める知識も経験も人脈も、というより、総理大臣とは何かの理解さえないのだから、このまま総理大臣が務まるわけがないことは誰の目にも(管氏本人以外)明らかだった。
 
 だから、どんなに印象が悪くても国民に憎まれていても、民主党内で小沢氏が票を集め代表になり総理大臣になるとすれば、それを阻止できる人間は誰もいない。このまま、次の衆院選まで、本人が辞めると言わない限り小沢総理は任務続行できる。
 
 現在、小沢氏は金の問題で検察審議会の結論によっては起訴される可能性がなきにしもあらずだが、もしそうなっても、総理大臣の不逮捕特権があれば、彼が総理の座にある間は逮捕されない。
 
 そうやって、総理の座に居座って、その代わり奇跡的な手腕を発揮させ、日本経済をV字回復させ、国際的な日本の地位を劇的に上げ、安全保障面で特亜に頭を下げさせ、アメリカから大統領が愛想笑いをしながら日本に来て、北方領土を取り戻し、竹島から韓国をたたき出し、中国を尖閣列島に近づけず、EEZから中国を追い出したら、そりゃ希代の名宰相として評価が170度(10度くらいは残ると思うが)変わって、長期政権を成し遂げる。
 
 が、現実にはそれはおとぎ話であり、おそらく小沢政権は短寿命で終わり、そして民主も下手をすれば分裂し、政権の座から降りざるを得ない。
 
 したがって、小沢氏が総理大臣になる可能性はやはり低いとしか思えない。だれか、小沢氏が好きに操れる人物がお飾りで総理大臣に置かれ、小沢氏は幹事長などの立場で実権を握る。
 
 そのお飾り総理に適任なのが管氏だろうと思ったが、彼には実情を分析する能力がそこまでないらしい。まさか、山岡総理?国民の支持率がどうであれ政権にしがみつく。
 
 菅総理は閣僚の同意が得られず衆議院を解散できない。一人寂しく追放される。
 
 いずれにせよ、あらゆる議案が通らず、政権の機能は麻痺し、民主政権は倒れ、解散に追い込まれる。それまでに1年?
 
 2)管氏が勝利し、総理を続投する。これは最悪のケースであり、この場合は小沢グループが民主から離脱する可能性がある。すると、小沢グループは民主党を破壊するために動くので、野党との連立を組んでも菅内閣存続を阻止するし、実際にそうなると、民主党は、コウモリ党や斜罠党と組んでも政権は維持できないだろう。そうなることが目に見えていれば、菅総理は衆議院を解散する。ただし、閣僚全員の同意を得なければならないが、解散できなくとも閣僚は失業するのだから、同意するのではないのか。
 
 となれば、小沢氏と再度妥協し、小沢氏を幹事長に据え、小沢氏の天敵仙石氏などを首にするとの解決策も考えられる。実権を小沢氏に渡しても、形ばかりの総理なら菅氏でもつとまる。どうせ、政権を運営する能力は菅氏にはないのだから、その事実が今から分かっていれば、今妥協した方が条件がよいだろうに、それが出来ないのだから、おそらく最終的な妥協も出来ないだろう。民主党は分裂し、民主党政権は終わる。それまでに半年。
 
 3)菅内閣は衆議院を解散し、総選挙に突入。もしかしたらかろうじて、連立で過半数をとれるかも知れず、そうなると、菅内閣は続投する。ただし、小沢グループは党を離れるだろうし、小沢氏の手腕がなければ到底民主党は現実には過半数をとれない。従って、民主党政権は終わる。それまでに二月。
 
 まあ、このくらいの想像をして暑気払いの一つもしたくなる。
 
 しかし、それにしても鳩山由紀夫という人物。これほどひどい人間でも政治家になれるのだから、政治の世界とは正にヤクザ社会と同じなのだろう。この人物、破廉恥と言うより、精神的に何か問題を抱えた妄想癖、あるいは生来の虚言症なのだろう。もちろん、本人にはその自覚はない。
 
 
 
 ところで、このところ朝鮮日報が「韓日強制併合100年、あすを語る」として、シリーズ物の記事を連載している。その中には、近年の韓国人の新しい世代が、日本に対する好意を持ちあこがれ、積極的に日本人と知り合って日本を理解する様になってきている。
 
 今までの様に単に日本を憎むのではなく、新しい日韓の未来を構築することも考えるべきだ、と言う記事が目に付く。
 
 また、日本を憎むだけではなく、日本に侵略され植民し支配される様になったのは、当時の韓国にも原因がある、との論調も出てきている。
 
 さらに、「日本の謝罪などいらない 韓国保守派の嘆きと憤慨 」と題して、韓国空軍大佐の崔三然氏(81)のインタビュー記事があり、日本は植民地支配などして居らず、韓国にインフラを投下し、平等な教育を施した、と言っているが、そのような記事がこれほどまともに韓国メディアに載るのも珍しい。
 
 先にもソウル大の李榮薫教授が、強制連行され性どれにされた従軍慰安婦など存在しないとの説を発表している。
 
 確かに今の李明博大統領になってから、政府主導であからさまに反日を叫ぶことはなくなったし、このような報道が増えてきたのは事実だ。やはり、従来の様に歴史をねつ造し、日本をののしっても結局はそれが韓国に還ってくる、韓国をおとしめることを李大統領は十分に理解しているのだろう。
 
 ただ、日本を好きだという韓国の若者達も、日本はひどいことをしたが、今の日本人はそれを知らない。歴史を認識すべきだと言っていること自体は変わらない。本当の理解とは、日本側も十分に日韓の歴史を若い人間に教え、そのうえで、言われ無き非難や侮辱を受ける必要はない、自虐史観を保つ必要はない事を理解させ、同時に韓国側でもその事実を若い人間に知らせて、初めて両国の和解が成り立つだろうし、協調も成り立つのだろう。ただし、そこに韓国の戦略もあるので、信頼できるわけではない。
 
 ただ、それを一番阻害しているのが、日本国内の獅子身中の虫たちで、その急先鋒に踊らされ談話などをだす愚かな総理でもあるだろう。だから、その獅子身中の虫を一秒でも早くたたきつぶす必要があるわけだ。
 
 中国との間も、同じようなことが言えるのかどうかは分からない。なぜなら、口先だけでは確かに(これは韓国も同じなのだが)日本に対してにじり寄る様な記事が最近増えているが、中国は歴史問題などでイデオロギー的に世界中で日本を追いつめている。それに対抗できる体制が日本にはない。そして、軍事的な圧力も高めているが、その相手に対し友愛だ、共同体だなどとノー天気なことをいっているのが、民主なのだ。もっとも、これほどひどくはないが、自民にも売国奴、獅子身中の虫はいる。従来にないほど親中政権であるはずなのに、中国は日本に対するレアメタルの輸出を40%削減した。中国にとって、民主の友愛や共同体など、一方的に利用する物でしかない。
 
 結局、日本国内の寄生虫を排除することから急がなければ、特亜に対し対抗は出来ない。何度も書いているが地政学的な変化は近年アジアにおいて著しい物があり、中国も韓国も、そしてむろん米ロもそれを十分に認識している。ただひとり、日本だけがあまりに無恥であり、民主はそんな状況なのに国を守る意識などみじんも持たず権力争いに明け暮れている。
 
 これだけ一直線に降下していた日本の株価が、小沢氏の民主党代表選出場の方を受けて一時的に回復したのはなぜか、政府が為替介入を諮詢しているにもかかわらず円高が止まらず株価も反応しないのはなぜかを菅内閣は考えてみればよいのだ。
 
 国際状況の変化も国際的不況も地球的天候変動もこれは日本一国でどうにもならないが日本一国の問題として、売国政権が国を亡ぼす可能性は十分にある。その責任は、最終的にこの政権を誕生させた日本国民が取らなくてはならない。それを十分に理解する必要がある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国益を考えないリーダーばかり・・・

★続く猛暑で脇に汗疹が出来た。 で、汗疹にはドクダミがいいようなので、 庭にあるドクダミを取って来て擦り込んだら 痒みが治まったようだw先人の智慧は凄い。  http://asemo.akhealthnews.com/asemokouka7.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。