スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急 何処まで腐りきった売国政権

 竹島は、日本領土ではないのか。


防衛白書の閣議報告先送り=「竹島」で韓国に配慮か

 政府が、30日の閣議で予定していた2010年版防衛白書の報告を先送りすることが分かった。複数の政府・与党関係者が27日、明らかにした。報告は8月下旬以降にずれ込むとの見方が出ている。
 防衛白書では、日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)について「わが国固有の領土」と明記。これに対し、韓国政府は例年、在韓日本大使館に抗議している。特に8月に日韓併合から100年を迎えるため、韓国内ではナショナリズムが高まっており、対北朝鮮政策で連携を強める中、日本政府としては竹島問題で韓国側を刺激するのは避けるべきだと判断したとみられる。 
 防衛白書は毎年、防衛相が閣議で報告し、了承されているが、その日程が先送りされるのは極めて異例。他国への配慮が理由となれば、菅政権の外交姿勢に対し、野党などから批判が出ることも予想される。(2010/07/27-22:53)
 
 
 さて、ここからは07/28に追記。
 
 上記の決定が如何に日本の立場をおとしめ、日本を仮想敵国としている毀日国家に口実を与えるか、その悪影響は計り知れない。
 
 ちなみに、韓国側の報道として次のような物があった。
 
--------------------------------------------------------

防衛白書の公表延期「韓国に配慮も、日本政府の軽薄な意図」-韓国

2010/07/28(水) 12:14


 政府は27日、当初は30日に予定していた2010年度版「日本の防衛」(防衛白書)の閣議了承と公表の延期を決定した。防衛白書では例年、日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名:独島)について「わが国固有の領土」と明記しているが、韓国政府はこの記述について、毎年抗議を行っている。日本政府は日韓併合100年を迎える8月29日以降まで、この了承と公表を控えるものとみられる。 

 韓国の複数のメディアもこの話題を取り上げ、日本が今年もまた「独島は日本の領土」という主張を織り込んだ防衛白書を発表するが、韓国側の反発に配慮し、来月末以後に先送りすることにしたと報道。

 また、日本は2005年版の防衛白書から、竹島が日本の固有領土という主張を盛り込み、公表するたびごとに韓国と摩擦をもたらしてきた。日本の防衛省は当初、30日の閣議で防衛白書の内容を報告した後、議決され次第、すぐに発表する予定だった。しかし、今回決断を下したのは、菅直人首相や仙谷官房長官など、現在の政権の上層部によるものだと伝えている。

 日本政府の中枢がこのような判断を行ったのは、菅内閣が中国、韓国などアジア国家との連係強化を中心にした「新しい成長戦略」を推進しているためだとの見方を示している。

 8月は解放65周年にあたる15日や、韓国強制併合条約締結日の22日、条約公表日の29日などの日韓併合に関係する記念日が続く。日本政府はこの期間中、竹島問題などで韓国側を刺激してはならないと判断したためだと分析している。

 また、日本では仙谷官房長官が韓国側に配慮して、防衛省に発表延期を指示したとの報道もあったが、これは問題を先送りにしただけで、29日の日韓併合100年を無事に切り抜けたいとの「軽薄な意図」だとの指摘も見られた。

 一方、野党である自民党を含む日本内保守勢力たちの間から、民主党政権は領土問題に対し弱腰であるとの非難が殺到する可能性がある。今回の防衛白書の発表延期は、日本内で相当な議論を呼び起こすことが予想されると伝えた韓国メディアも見られた。(編集担当:李信恵・山口幸治)
 
 
 日本は竹島の領有を放棄するのか。なし崩しに韓国にくれてやるのか。実際、前総理は尖閣列島の領有権に就き、中国と話し合って決める、などと耳を疑うようなことを言った。民主党には国家の主権の象徴とも言える領土の保全を何とも思っていない節がある。
 
 竹島は、歴史的に見てまた世界の同意の元に日本領土と明確にされている地域だ。それを戦後のどさくさに紛れて李承晩が勝手に日本の領海の内側に李承晩ラインを引き、そのときに竹島を強奪した物であり、また当時の日本は国際的に発言権が非常に弱く結局その状態が今に至っているに過ぎない。
 
 その後、韓国では歴史をねつ造し、資料をねつ造し、竹島を不法占拠している。事ある毎に国際的に竹島が韓国領であると宣伝し、日本海が東海だと宣伝し、国際司法裁判所に出ようと言う日本の申し出も一切受け付けない。
 
 国際的にも領土問題は当事者国同士が解決すべき問題として、介入はしないし、国際司法裁判所も双方が同意しない限り提訴を受け付けない。結局韓国も自分たちが不法占拠をしていることは知っているから、国際法廷に出ないだけの話だ。
 
 そのような状態で、韓国は正に日本の領土を侵しているのであり、それに対し日本は防衛白書に明記する事自体当たり前なのに、それが出るたびに韓国は声高に難癖をつける。なおさら防衛白書で踏み込んだ表現をし、韓国に突きつけるべきではないのか。何も宣戦布告をしろというのではない。主権国家として当然の主張をすべきなのに、韓国を刺激するから白書の発表を遅らせるなど、到底信じられない。
 
 民主党は何処の国の政権を担っているのか。それでなくとも、仙石大臣の対韓戦後補償を見直すだの、村山談話や河野談話からさらに踏み込んだ菅談話を発表するなど、到底信じられない事を次々と持ち出す民主党。売国政権と言うのも当然ではないのか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。