スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党の本質

 菅氏の質疑応答は、もちろんずうっと見ていたわけではないが、各種の報道などによれば、全く具体性のない、とにかくぼろを出さずに支持率が高いまま逃げ切る姿勢に徹していたようだ。
 
《》内は引用。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

予算委を与党拒否 国会16日に閉会、参院選へ

2010年6月15日21時48分

 今国会は会期延長が見送られ、16日に閉会することになった。野党は菅内閣の方針をただすため、全閣僚出席の予算委員会を開くよう求めていたが、15日に民主党がこれを拒否した。これにより、「6月24日公示・7月11日投開票」の参院選に向け、各党は事実上の選挙戦に突入する。

 所信表明演説に対する代表質問だけで国会論戦を打ち切った民主党に対し、野党側は荒井聰国家戦略相の事務所費問題などの疑惑を隠すためだとして反発を強めている。自民党は15日、衆院に内閣不信任決議案を16日中に出すことを決めたが、与党の反対多数で否決される見通しだ。参院では、菅直人首相と荒井氏の問責決議案と江田五月議長の不信任決議案を7野党共同で提出することも検討中だ。

 首相が交代した国会で新首相に質疑する予算委が開かれないのは、1994年の村山富市首相の就任時以来。その後は新首相の所信表明演説に対する各党代表質問のあと、衆参両院でほぼ3日ずつの予算委を開いていた。

 野党の党首・幹事長らは15日夕、東京・新宿でそろって街頭演説した。自民党の谷垣禎一総裁は「新しい内閣は必ず予算委員会をやり、(過去の内閣との)違いを明らかにする。自分が何をやるのかもハッキリさせずに選挙になだれ込むという選挙至上主義だ」と訴えた。
 
 
 しかし、その支持率なのだが、マスコミによる民主支持率ねつ造の疑惑がある。これについては、以前も動画が配信されて話題になったが、その動画がこれだ。

http://www.youtube.com/watch?v=ohr32-DZAIA

01分20秒頃、吉永みち子氏が、自分たちが支持率を上げていると発言しているが、前々からその疑念は言われていた。電話による対象が非常に少ないのと、またメディアによる違いがかなり大きいことなどによる。

さて、その民主だが、確かに一日でも早く選挙戦に入りたい心理は当然だろう。折からまた次のような問題が浮き彫りになってきた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本会議出席わずか1日 くら替えの河上議員 「労働なき富」批判も


2010.6.10 01:17

河上満栄・衆院議員 今夏の参院選に京都選挙区からくら替え出馬の決まっている民主党の河上満栄(みつえ)衆院議員(39)=近畿比例=が4~5月にかけ、衆院本会議に1日しか出席していないことが9日、分かった。選挙区内で遊説など選挙準備を行っていたとみられる。この間に支払われた議員歳費(給与)などは計約460万円になる。河上氏は小沢一郎前幹事長から強い要請を受け出馬が決まり、4月2日に公認を得ている。

 河上氏は、所属する農林水産委員会と消費者問題特別委員会にもそれぞれ1日しか出席していなかった。

 衆院事務局によると、河上氏は4月6日の衆院本会議に出席後、4月8日~5月31日に開かれた計14回の本会議をすべて欠席。農林水産委は4~5月に計10回開かれたが、出席は4月6日だけ。4月に2回開かれた消費者問題特別委も1日しか出席していなかった。

 4~5月に河上氏に支払われた歳費(月129万7千円)と文書通信交通滞在費(月100万円)は計約460万円。参院選出馬に伴い月内に辞職したとしても、6月分の歳費と文書通信費計約230万円と6月末支給の期末手当(ボーナス)272万6942円は満額が支給されるという。

 衆院議員は本会議時の登院が義務付けられている。欠席の場合には理由を付けた届を議長に提出することになっている。河上氏は欠席した14日間、横路孝弘衆院議長あてに欠席届を提出し、横路議長もこれを受理していた。


河上満栄・衆院議員 衆院事務局は欠席届に河上氏が記載した「理由」を明らかにしていないが、欠席理由には、病気やけがのほか「所用」なども認められるという。

 河上氏のブログなどによると、河上氏は4月2日に民主党の公認を受けた後、遊説などを開始。殺人罪の公訴時効の廃止などを盛った刑事訴訟法の改正案を衆院本会議で可決した4月27日には、京都市北区でビラを配布。口蹄(こうてい)疫対策特別措置法案を農林水産委が可決した5月26日には、同市伏見区で高齢者から戦争体験の話を聞いていた。

 河上氏は元全日空の客室乗務員で、昨夏の衆院選の近畿比例(名簿49位)で初当選。今夏の参院選の京都選挙区(定数2)から2人目の公認候補としてくら替えでの出馬が決まった。

 産経新聞は河上氏側に取材を申し込んだが、9日夜までに回答がなかった。

      ◇

 政治倫理に詳しい近畿大法学部、石田榮仁郎教授(公法学)の話「国民の期待を裏切る行為で、選挙優先、国会軽視の民主党の姿勢がよく分かる。本来の仕事をせずに給与をもらって平然としていられるのは国会議員だけで、民間なら考えられない。歳費の返還請求訴訟をしてもいいレベルだ。鳩山由紀夫前首相がガンジーの言葉を引用し、大罪として挙げた『労働なき富』とはまさにこのことだろう」
 
国会議員の職務は国会での審議に出席することであり、すべてに優先しなければならない義務ではないのか。衆議院からの鞍替えは自由だとしてもそのための運動を、国会審議出席に優先するとはこの人は何を考えているのか。まさに、民主の自動挙手マシンでしかないと言うことではないのか。

ところで、話は戻るが、菅総理は様々なことを質疑応答で答えている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

首相、拉致実行犯の嘆願署名「反省している」

2010.6.14 17:00
 菅直人首相は14日の衆院本会議で、過去に北朝鮮による拉致事件の実行犯、辛光洙(シンガンス)元死刑囚の嘆願書に署名したことについて「対象の中に辛光洙が入っていたことを十二分に確かめずに署名したことは間違いだった。従来から反省している」と述べた。首相が就任後に嘆願書への署名を謝罪したのは初めて。菅原一秀氏(自民)への答弁。

今になるまで謝罪がなかったのはどうしてなのか。また未だに謝罪をしない千葉法相など他の人々はどうなのか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

首相「国旗大好き。国歌も嫌いではない」?

2010.6.14 15:59
 
 国旗は大好きだし、国歌も決して嫌いなわけではない-。

 菅直人首相は14日、衆院本会議の代表質問で、平成11年成立の国旗国歌法に反対した当時から方針転換した“心境”を語った。

 首相は「もっと元気のいい国歌でもいいかなという意見があった」と、同法の採決で対応が割れた民主党内の情勢を説明したが、自身が反対した理由は触れずじまい。その上で「今は常に国旗があるところではきちんと敬意を表し、国歌斉唱もしている」との弁明も忘れなかった。
 
 これも白々しい。もともと、民主の大会には日章旗の掲揚がないので有名だったし、鳩山内閣でも菅内閣でも閣僚たちの少なからぬメンバーが国旗に頭を下げないことで方々からたたかれ、苦し紛れに言い訳をしているだけのことだろう。
 
 人気取りと言えば
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

後継機「2」開発推進へ 参院本会議で菅首相


6月15日19時24分配信 毎日新聞


菅直人首相は15日の参院本会議で、小惑星探査機「はやぶさ」の帰還を受け、後継機「はやぶさ2」の開発を推進する考えを示した。自民党の西田昌司議員の代表質問に対し、「今回の実績を踏まえ、その開発経費について必要な手当てをできるよう配慮したい」と述べた。

 はやぶさ2は、はやぶさが試料採取に挑んだ「イトカワ」とは異なるタイプの小惑星に着陸し、内部の物質を採取する。本体開発費は約170億円。事業主体の宇宙航空研究開発機構の要望を受け、文部科学省は昨年、関連予算17億円を概算要求に計上したが、政権交代で基本設計分の3000万円に削減されていた。

 目標の14年打ち上げに間に合わせるには来年度の予算化が必要。首相答弁を受け、文科省は「目標年に合わせて事業内容の検討を進めたい」としている。【山田大輔】
 
 もし、はやぶさの地球帰還が失敗に終わっていたら関係予算は17億から三千万に減額したままだったろう。前にも書いたが、資源のない日本にとって、科学技術はくめどもつきぬ貴重な資源なのだが、その根本を刈り取るような民主が、なぜ急に開発経費は必要なだけ(いくらかは実際はわからない。口先だけかもしれない。三千万が四千万になるのかもしれない)と言葉を変えたのか。いかにも人気取りと言われて当たり前だろう。
 

また注目すべきは次の発言だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

菅首相「在任中は靖国参拝しない」 参院本会議で答弁


2010年6月15日19時11分

 菅直人首相は15日の参院本会議で、靖国神社に参拝するかどうかについて「A級戦犯が合祀(ごうし)されているといった問題などから、首相や閣僚が公式参拝することには問題がある。首相在任中に参拝するつもりはない」と述べた。首相は答弁で「これまで個人的には何度も参拝した」とも語った。自民党の佐藤正久氏の質問に答えた。

 首相はこれまでも、2002年の民主党代表選で「A級戦犯が合祀されている」として首相に就任した場合は参拝しない考えを表明。06年には「小泉氏がわざわざ問題にして、最大の懸案になった」と当時の小泉純一郎首相の靖国参拝を批判。日中、日韓などの外交関係が停滞する原因になったと指摘していた。
 
まず、このA級戦犯の意味を管氏は本当に理解しているのだろうか。あの東京裁判自体が戦勝国によるリンチであり、A級戦犯に課せられた罪状、平和に対する罪・人道に対する罪の適用は事後法であり、法の不遡及原則に反していることから、このリンチ裁判は、当時から法的に無効であることが指摘され、戦後では一貫して裁判としては認められないとの解釈が大半になっている。したがって、国内では、彼らは犯罪者の扱いをされていない。

しかし、この靖国問題をとやかく言っているのは実際には中韓のみであり、それを非難することで日本に縛りをかけているだけのことだが、それに呼応する必要が本来独立国である日本の政権にあるはずがない。中韓が納得しようとしまいと、これは教科書問題同様、完全な国内問題なのであり、中韓の言い分は内政干渉なのだ。

果たして、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

菅首相の「靖国神社に参拝しない」発言、中国で歓迎・期待の声

中国新聞社は15日、日本の共同通信社電を引用して、菅直人首相が同日の参院本会議で、「首相在任中に靖国神社に参拝するつもりはない」と発言したと報じた。同記事に対して中国のインターネットでは、歓迎や期待を示す書き込みが集まりはじめた。

  菅首相は、A級戦犯が合祀(ごうし)されている問題などから、首相が閣僚が公式参拝することに問題があるとの考えを表明した。中国新聞社は菅首相の「個人的には何度も参拝したことがある」との発言部分は伝えなかった。

  中国新聞社の記事を転載した中国の大手ポータルサイト・新浪網には、菅首相を歓迎するコメントが集まり始めた。これまでの首相以上に、中日関係を注視してほしいとの期待を示す書き込みもある。菅首相は庶民出身なので、靖国神社問題で圧力がかからないのだろうとする見方もある。(編集担当:如月隼人)
  
  
  さて、序でと言っては何だが、次のような報道がテレビで紹介された。新聞ではまだ見つけていないが、資源の高騰に伴い、新日鐵とトヨタ、自動車用鋼板20%値上げで合意したというものだ。

菅氏は、日本経済活性化のためには輸出を振興しなければならず、円安が望ましいと公言している。そのような経済知識では、今回の原料の値上げがどう輸出企業のトヨタに影響するか理解できないのではないか。

円安になれば、当然輸入資源の価格があがる。輸入した原料を加工して輸出している企業にとって、円安により輸出が出来ても、原料高騰により製造コストが上がるから、利益が減る。一例では、トヨタが輸出する自動車は、大量の鉄、アルミニウム、石油製品、輸入エネルギーに依存している。結局円安が続けば、これら原料の値上がりから、最終的には輸出企業の首を絞めることになるのだ。

しかも、日本は輸出依存国家ではない。輸出依存度が仮に20%であっても、残りの80%は、円安による原材料資源コストの上昇の影響を受けるのだ。つまり、衣食住から生活用品すべてに値上がりがおきる。さらに、輸出も日本だけしか作れない物、すなわち産業資材がほとんどなので、円高になってもあまり影響を受けない。円安で一時的に、あくまで一時的に得をするのは、GDPに対して精々数パーセントの輸出企業だけなのであり、円安は結果として日本経済の低下の原因になる。

管氏は基礎の基礎であるこれくらいの常識を是非わきまえてほしいし、それを教えるブレーンが周りにいない現状が如何に危険なのかも認識してほしいものだ。

ところで、辞任した鳩山氏が、とんでもないことを言っているらしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳩山前首相「『裸踊り』をさせて下さったみなさん、有り難う」 発言の真意は


2010.6.15 20:25 産経

 民主党の鳩山由紀夫前首相のインターネットのミニブログ「ツイッター」で15日、「私に『裸踊り』をさせて下さったみなさん、有り難うございました」などとする書き込みが行われ、ネット上で「いたずら?」「なりすましじゃないか」などと疑念の声が広がった。

 関係者は「なりすましではない」としており、発言の真意は不明だが、鳩山前首相本人の書き込みとみられる。

 書き込みは鳩山前首相の公式ツイッターで15日午後7時ごろに行われた。

 「『新しい公共』が一人歩きを始めました。こんなに嬉しいことはありません」と書き出し、「私に『裸踊り』をさせて下さったみなさん、有り難うございました。その私に続いて『裸踊り』をしようと立ち上がって下さったみなさん、有り難う。この伝播力が必ず社会を大きく動かすでしょう」と書いた。

 鳩山前首相のツイッターの登録読者からは「裸踊りってなんですか?」「いたずら?」「乗っ取ったってことですかね?」などと、発言の真意を問いかねる書き込みが相次いだ。
 
 鳩山氏は以前にもポーランドの政府関係者が飛行機事故で死んだとき、ツィッターで、”「カチンの森事件」の追悼式典への大統領の強い思いが、この悲劇につながったのでしょうか。”と呟き、物議を醸したことがある。
 
やはり前総理は異常者であり、その異常者を必死になって隠し、原則的にその政策を継承すると言っているのが菅総理なのだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。