FC2ブログ

妄語録

平成20年05月29日


 わが鳩山友愛総理の語録には様々あり、すでに妄語録としてアーカイブされている。「妄たくさん語録」とも言うが、ちなみに、
 
 日本列島は日本人だけのものではない
 恵まれた家庭に育ったので管理できません
 秘書が罪を犯したら政治家は(わたし以外は)辞任すべき
 海兵隊が抑止力になることを知りました
 たかおじさんに政治を任せるべきです
 
 などなど、すでに多くの言葉を発しておられる。しかし、今回また新しい言葉をアーカイブに付け加えることになった。

《》内は引用
 
--------------------------------
尖閣諸島「日本の領土問題ではない」 外相が強調

2010年5月28日19時37分

 沖縄県・尖閣諸島をめぐり、鳩山由紀夫首相が帰属問題を「中国と議論して結論を見いだしてもらいたい」と発言し、物議をかもしている。岡田克也外相は28日の記者会見で「尖閣は日本の領土問題ではない」と述べ、尖閣諸島の帰属をめぐる問題はないとの認識を強調した。

 首相の発言は、27日の全国知事会で東京都の石原慎太郎知事に尖閣諸島に対する日米安全保障の適用を問われた際のもの。岡田氏は「誤解を招くということであれば、より正確な表現をどこかの段階でされることになる」と述べ、首相が発言を修正するとの見通しを示した。
 
 
 以前、岡田異音外相は、竹島を韓国が不法占拠していることを認めろと迫られても最後までそれを口にしなかっただけの信念をお持ちの立派な外相だが、今回はさすがにあわててたらしい。
 
 尖閣列島がどこの領有か、中国と協議して決めるなど、一国の総理として唖然とするような発言なのだが、ご当人にそれはまずいと忠告する人間は居ないのだろうか。自民も最低だったが、それでも総理の発言に対しては党内から批判が出た。しかし、今の民主を見ていると、総理の周りには常識を伝える人間が居ないと思われる。どうせ、民主党は小沢独裁政党なのであり、総理など単なる飾りだから、批判の矢面に立てておけばそれでよいと小沢氏が考え、周りのすべてがそれに従っているのだと思われる。総理どころか、大の大人が口にするような言葉ではあるまい。
 
 ネットでは、鳩山氏は東大を出て博士号をとっているくらいだから頭はよいはずなのだが、との判断もあるようだが、これは違う。学者馬鹿といわれるが、あまり能力のない人間がとにかく周囲から責め立てられ何とか成績を上げようと勉強をした場合、それだけに能力のすべてを使ってしまって常識を身につけることが出来ないケースはかなりある。
 
 東大や京大の学生の常識が一般人に比べて非常に劣るとか、精神的な問題を抱えている率が非常に高いとのデータがあるのだ。
 
 鳩山氏の場合はそれに当たるのではないか。そして政治の世界に入り、とにかく敵を作らないことだけに汲々としてきたからその場その場で相手に逆らわないことしか言わない。それが15分で言葉を変える15分男の異名がついた理由だ。
 
 そもそも国の最高責任者である総理大臣とは(なったことがないので聞いただけだが)実に孤独な立場であり、最終的な責任をすべて自分が引き受けることを厳重に自覚しなければつとまらないと言う。むろん、官僚、周囲の人間の意見を聞き、専門家の意見を聞き、なにより世論に耳を傾け、しかる後に自分で決定するわけだが、この心構えのひとかけらも鳩山総理にはない。よく、わたしが決めます、というけれど、実際には何一つ決まったことがない。すべて状況に押し流され、最終的になるようになったと言うだけのこと。
 
 今回普天間基地の移転先を日米合意文書で明確に辺野古と書き込み、かねてからそれに反対していた社民の福島氏を罷免することになった。
 
 
-------------------------

社民、連立離脱論強まる 福島氏「沖縄を裏切れない」


消費者担当相を罷免され、会見する社民党の福島瑞穂党首=28日午後8時40分、東京・永田町の社民党本部、細川卓撮影
 社民党の福島瑞穂党首は28日夜、閣僚罷免後に党本部で記者会見し、「社民党は沖縄を裏切ることはできない。これ以上の負担を押しつけることに加担もできない」と強調した。同党所属の国会議員は衆参12人で、大半は連立離脱に慎重だった。だが、最後まで党の主張を貫いた党首が罷免されたことで、政権に残留する理屈が立ちにくくなり、連立離脱論が強まっている。

 福島氏は会見で、政権離脱について「社民党はボトムアップの政党であり、全国幹事長会議を開いて十分に議論して決めていきたい」と強調。30日に予定している臨時常任幹事会と全国幹事長会議を通じて、最終決定する見通し。

 連立離脱をめぐっては、党幹部から「やむを得ない」との声が出ており、28日の両院議員懇談会でも閣外協力はしない方針を決定。今のまま連立政権にとどまるのか、連立を離脱するかの二者択一となりそうだ。

 閣内に残っている辻元清美国土交通副大臣は現在、外国訪問中だが、離脱には慎重だとされる。また、重野安正幹事長はこの日、民主党の小沢一郎幹事長と電話で会談。重野氏が夏の参院選に向けて社民党候補の支援を求めると、小沢氏は「今後も固く協力していこう。心配しなくていい」と語ったという。
 
 で、そこから想像をたくましくして楽しい計算をしてみる。
 
 

国会議席配分


衆議院の議席配分(総議席:480)2010年4月23日現在

与党317議席
民主党  307議席
社民党   7議席
国民新党  3議席


野党など163議席
自民党   116議席
公明党    21議席
共産党     9議席
みんなの党   5議席
たちあがれ日本 3議席
新党日本    1議席
その他     1議席
無所属     7議席



参議院の議席配分(総議席:242)2010年5月17日現在

与党127議席
民主党116議席
社民党5議席
国民新党6議席


野党など115議席
自民党   72議席
公明党   21議席
共産党    7議席
みんなの党  1議席
新党改革   6議席
たちあがれ日本2議席
その他    1議席
無所属    4議席
欠員     1議席



7月参院選の改選数は121(選挙区73、比例48)。民主党の「非改選」は62議席で、単独過半数には60議席が必要だ。

民主の 改選数は 54議席。6議席伸ばさなければいけない、という訳だ。「連立与党」で見ても、社民・国民新の両党が改選議席数を 維持すると仮定すると、過半数確保のためには49議席前後は獲得しなければならない。「40議席を割り込む」ようでは「大敗」

で、現実には、何か法案を通す場合、衆議院では過半数の賛成があれば良い。したがって、民主は単独で衆院の過半数を超えているので、問題なく好きな法案を通せる。その法案は参議院に回る。

参議院でも過半数が賛成すればそれで法案は最終的に成立する。

しかし、ここから楽しい話だが、もし社民が連立から離れ、参院で民主が過半数割れをした場合、すなわち、単独で62議席とれなかった場合、仮に衆議院で通った議案でも参議院で否決される可能性がある。

参議院で否決された法案は再度衆議院で採決にかけられるが、もし社民が与党でなくなっていた場合、民主票だけでは通せない。なぜなら、この場合は3分の2以上の賛成票が必要だからだ。つまり、安定多数とは衆院480議席のうち320議席以上を確保している状態を言う。

もっとも、野党だからすべて与党案に反対するわけではないし、反対に与党でも党の方針に逆らう連中が居る場合もある。自民政権下、郵政民営化の時の評決で反旗を翻した自民議員が居たのは記憶に新しい。

だから、民主が離脱したから直ちに法案が全く通らなくなるわけではないが、やはり民主にとってはやりにくくなるだろう。

ところで、民主が小沢独裁党であることはつとに知られた事実であるが、おそらく実務能力としては小沢氏は与野党含めてぬきんでた物を持っている。しかし、残念なことに、小沢氏にはモラルがない。何かに憑かれたような顕示欲なのではないか。それが政治理念ではなく、集票に向かっているとしか思えないのだ。

だから、票を集めるためには外国団体である民団に働きかけ外国人参政権を約束して選挙協力をさせ、中国を動かして国内の中国人を動かし、陳情を幹事長室に一本化して票と引き替えに利権をつかい、また自民の票田であった医師会などをやはり医療手当がらみの利権で味方につけ、そしてアマチュアスポーツ界の票を集めるために谷亮子氏を擁立し、浮動票を比例区に集めるためにタレント乱立をする。

とにかく、見栄も外聞もありはしない。モラルもなければ政治的理念もない。あるのはとにかく権力欲ではないのか。あ、金銭欲もあるか。辺野古に土地を買ってあるから、米軍基地が移れば大もうけをするだろうし。どうせ、辺野古に移るしかないと分かり切っていたから、鳩山氏が何をどういおうとまったく関わることをしなかったのだろう。

その鳩山氏だが、前述したようにその場その場の雰囲気で反応する人であり、我が国の当面の脅威が中国であることなどまったく念頭にはないらしい。想像も出来ないのだろう。中国は大きい国だし古い国だし、当然仲良くすべきだとしか考えていない。だから、アメリカの抑止力について学んだとか、尖閣列島云々の信じられないことを何のてらいもなく言うのだろう。だが、鳩山氏のこのようなあり方は小沢氏には分かり切ったことだから、とにかく小沢氏の独裁体制さえ確立すれば、鳩山氏は居るだけでかまわない。とうぜん、責任をとってやめるなどしない。


それにしても赤松農水相って人格的に破綻していないのだろうか。

次の動画が話題になっている。

赤松大臣「だから早く殺せって言ったのに」
スポンサーサイト



コメント

No title

ようやく選挙の話になってきましたね。

> たかおじさんに政治を任せるべきです

ふむふむ。
で、参院選はどちらの党からお出になるのですか?
それとも、無所属でしょうか?

候補者としての政策披露ページが完成しましたら、
こちらのブログでもご紹介下さいませ。


閣下一人で単独過半数は無理ですから、
他に選ぶとしたらどの党がオススメですか?
きっちり見解を明らかにされないと、愚民は右往左往しますよ!


あと、閣下ご自身の妄語録も作成なさってみて下さい。

No title

>ふむふむ。
>で、参院選はどちらの党からお出になるのですか?
>それとも、無所属でしょうか?

いや、あたしが自分の党を作ります。そうすると、議員たちが我先にと駆け付けて参りますので、厳正に選出し、いくら本人が望んでもだめな者は振り落とします。500人くらいでまとまれば・・あ、参院の議席はそんなに無かったっけ。残りは予備にします。
>
>候補者としての政策披露ページが完成しましたら、
>こちらのブログでもご紹介下さいませ。

まさか。ブログで読まなければわからない人など、日本にいるとは思えません。

>閣下一人で単独過半数は無理ですから、
>他に選ぶとしたらどの党がオススメですか?

あたしが自分の党を作ると、ほかの党はすべて消滅します。

>きっちり見解を明らかにされないと、愚民は右往左往しますよ!

なにをおっしゃる。何も考えんとあたしの党、俺党と名付ける予定、に入れればそれで日本は永久繁栄、来年には所得10倍、税金撤廃、教育医療費、衣食住すべて無料、冠婚葬祭すべて無料、高速道路も鉄道も飛行機もすべて無料、すぐに核武装して、少しでも逆らう国には直ちに核攻撃をくわえ足りなければデスラー砲もお見舞いします。

いえね、鳩山語録を見ていると、これと大差ないような気がしてくるんです。

>あと、閣下ご自身の妄語録も作成なさってみて下さい。

それは、100年ほどたったら、偉人伝の中に含まれる予定ですので、ちょっとお待ちください。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)