スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民度とは

よく、私はここで民度と言う言葉を使う。一つの例を挙げてみたいと思う。これは有名な話なので自分で調べてみればすぐに確認できることだ。

スマトラ沖地震が大変な被害をもたらしたとき、各国は早々に支援を申し出た。日本は、人的支援、資材の送付など素早く動き、さらに義援金として5億ドルの支援を約束した。同時に、お隣の某半島の某国は500万ドルの支援を申し出たが、日本が5億ドルを支援すると知った途端に、その義援金を10倍の5000万ドルに引き揚げることを約束。このさい、某国では、日本が金で歓心を惹く卑劣な行為だとさんざんにののしったとの付属ニュースもあったとか。まあ、これは国家の正式声明ではないと思うけれど。

その後、日本は5億ドルを全て支払った。一方某国は610万ドルに一方的に減額し、しかもその後295万ドルのみ支払い、残りはほっかぶりを決めた。

中国の四川地震が起きたとき某国のサムソンは早速会社としての義援金を送ろうとしたところ、某国政府は、13億もいる中国で1万人が死んだとしてもたいしたことではないし、義援金は送るなと止めたとか。この時に、中国では日本に対する好感度が大幅に上がり、嫌韓意識はいやが上にも高まったとか。

この手の話は枚挙にいとまもないが、最近でも

「国のイメージを失墜させた韓国学支援事業
 外交通商部傘下の国際交流財団は昨年12月、日本の立命館大学、米国のミネソタ大学、ドイツのライプチヒ大学など、海外7大学からの申請を受け、韓国学研究の支援を行うことを約束した。ところが経済状況が悪化したことやウォン安などを理由に、今になってこの約束を取り消した。立命館大学の場合、国際交流財団から14万ドル(約1320万円)の支援を受ける約束が交わされており、日本の大学の中では最初に韓国学の正規講座を開設して担当教授を採用することもすでに決まっていた。同大学は最近、すでにスケジュールまで決まっていた韓国学国際シンポジウムの開催を取り消したという。 ー 略 ー」
 
 つまり、韓国の研究をしてくれる研究機関には、韓国政府が金を出しますと言う約束を、相談も無しに一方的に破棄したと言うこと。どこの国でも、外国が自国のことを研究テーマにしてくれる研究機関に金を出すなどは良くあることであり、研究機関ではその金をあてにして研究者を増やしたり研究資料を購入したりする。だから、あとから金は出せないと言われると、大変なことになる。
 
 星野ジャパンがオリンピックに出たとき、対戦相手の某国チームとスターティングメンバーを決め互いに交換したが、実際の試合が始まったら某国のスターティングメンバーはまたく事前の通知とは違っていた。相手の監督はルール違反ではないからこれも作戦だと言ったが、国際的に批判された。紳士協定の意味を全く理解していなかったわけだ。
 
 某国の造船業は今は世界一の受注量を持っている。しかし、発足した当時、現代造船の社長は、社員を日本の造船会社に送り、コンテナ二本分の機密書類を盗み出したと告白した。それが現代造船の基盤になったわけだが、何の悪びれることもなく当然のこととして日本から技術を盗みだしたと言ったわけだ。罪の意識など全くない。
 
 ボスコ製鉄は世界有数の製鉄会社になったが、新日鐵の技術がそれを支えた。しかし、今では独力で成し遂げたと言っている。そもそもハンガンの奇跡という某国の急速な経済発展は日本からの資金と技術援助がなければ絶対に出来なかったことだが、それも独力で成し遂げたと、某国民は教えられている。
 
 とにかく日本は敵であり、某国は日本と戦って自力で近代化を成し遂げたとの歴史を創造し、学校で教えている。
 
 韓国、もとい某国にはこの手の話が、本当にあきれるほどあり、それが国家イメージを如何に下げ嫌われているのか分からないのだろうかと不思議に思う。それでなくとも外交には嘘が付き物だが、嘘しか無ければ頭から信用されないだろう。某国が熱意を持って反日宣伝をしても、日本海は東海ニダと宣伝しても、日帝が全てを奪ったと宣伝しても、強制連行をされたと宣伝をしても、従軍慰安婦で強制的に性奴隷にされたとわめいても、日本が特に相手にしなければ、どちらが信頼されるかははっきりしている。
 
 某国では偽証罪が日本の数百倍発生し、詐欺罪がきわめて多いなど、嘘が日常的にまかり通っている。
 
 さて、民度という話だが、前々から言うように個々の某国人は個人の責任でつきあうしかない。私は身近に某国人をしらないが、それでも数少ない経験で某国人に被害を受けたことはないし、むしろ好印象を持っている。また、日本人でも、海外で日本人以上の親身になって世話をしてもらった、とか日本人にない熱さを持っているとか、気のいい人間が多いとかなどの話は良く聞く。
 
 しかし、某国が確かに地勢的に中国、日本、ロシアなどの大国の狭間にあり、到底自力では独立できなかったなどの不運があるにしろ、余りに悲惨で嘘に満ちた惨めな歴史を有し、そしていま国家運営に当たっても嘘にまみれ嘘に固めた国しか作れないという事実がある。これが民度という所以ではないのか。
 
 如何に、個々の某国人がよい人間であろうと、国家として、民族としてのあり方ははっきり言って日本が関わりたくない部類である事実は否めない。スマトラ沖地震義援金、海外研究機関への支援一方的打ち切りなどは実際に国としての行為なのだ。強姦事件が以上に多く日本でも要注意国家として旅行社に対し注意を喚起している。裁判での偽証罪の異常な多さ、詐欺罪の多さなど、某国政府のあり方ではなく某国民のあり方なのだ。
 
 研究会では、歴史が好きなだけ捏造曲解され、正論を口にすることは社会的な死を意味する。親日法などという、世界に例のない遡及禁止に反する法律を作るなど、某国が本当に文明などを理解した民族の国なのかと思わざるを得ない。
 
 民度とはこういう事を言う。あるめん、主観的な判断もあるだろうから、客観的な数値や事実で見るしかない。
 
 日本は世界でも最も安全であり、犯罪の少ない国である。
 日本は世界で最も教育レベルの高い国である
 日本は世界で最も長寿の国である
 日本は世界で最も健康寿命の長い国である
 日本は世界でもトップクラスの科学技術立国である
 日本は世界でも資産格差の小さな国である
 日本文化は今世界で受け入れられている
 日本は世界で最も好印象をもたれている国である
 日本は最も戦争をしない国である
 日本にはたかおじさんが居る
 日本は歴史上もっとも教育が古くから普及していた
 日本は男女間差別が最も少ないといえる
 日本は国連に対する拠出金を最も滞納せず、滞納しているアメリカを抜いて実際の支払額は世界一である。
 日本の経済力は世界でトップクラスである。
 日本円は世界で最も信用されている通貨である
 日本食は最も健康的であると認められている
 日本人旅行者は世界で最も歓迎されている
 
 まだまだある。やはり、このような国を作り上げた日本人の民度は世界で一番高いと言って間違いだろうか。もちろん、主観的な判断基準があるので、あくまで客観的な部分に限定しての話だ。私たちも、連日心の暗くなるようなニュースに触れているし、政治のごたごたや企業の不正にうんざりしている。しかし、日本だから日本のニュースが一番報道されるだけであって、世界はもっと犯罪が横行し、暴力、腐敗に満ちている。
 
 客観的に見ると言えば、アフリカ系の人間はアジア系や欧米系、アラブ系に比べIQが低いという事実がある。これは客観的な事実であり、理由として十分な教育を受ける機会に恵まれていないからといえる。つまり十分な教育を受ければ、アフリカ系でもむろんIQはたかくなるし、それなりの業績を上げられると言うことなのだ。
 
 だが、アフリカ系の人間のIQが低いと公に言った為にイギリスに入国を拒否された学者が居る。これはイギリスの判断が間違っており、IQを生物学的な決定要素と決めつけるからそうなる。IQは環境、教育により大きく変化するものであり、アフリカ系の人間は、平均として劣悪な環境、教育が原因でIQが低いのだから、それを何とかしなければ真の平等はあり得ない、とその学者は言っているのだ。
 
 民度にも同じようなことがある。民度が低いというと差別だとの言葉が返ってくるが、なぜ民度が低いのか、どうすれば改善できるのか、国家がレベルアップするのかを真剣に考える必要があるだろう。

 ここではわかりやすい例として、お隣の半島の某国の例を挙げた。しかし、世界中の国で言えることだ。中国がなぜ国内紛争を繰り返し、対外戦争で死ぬよりも内戦で死ぬ人間が桁違いに多く、過去には人口が内戦のために十分の一になったこともあるのはなぜなのか、現在経済成長著しいと言われながら、崩壊も十分ありと思われるのはなぜか、どうして国民は金を貯めると国外に逃げ出し国に戻らないのか、なぜ世界中で警戒され嫌われるのかは、中国人一人一人の問題と言うより、集団になると現れる民度に問題があるとしか言えない。
 
 先に書いた、アフリカはなぜ発展できないのかも、なぜロシアが発展途上国なのか、もイスラム教国がなぜ近代化できないのかも、結局は個人個人の資質とは全く別に集団としての民度の違いと言うしかない。
 
 個人の業績としては、歴史上も現在も優れた中国人、アフリカ人、アラブ人、ロシア人はたくさん居る。民度とはそれとは全く関係のない事らしい。個人と集団では全く違う様相を示すことを理解しなくてはならないのではないか。
 
 何度でも言うが、民度は遺伝とは関係がない。某国人達をあたかも遺伝的の劣っているからと言うような差別発言をする者が、掲示板やブログなどで見受けられるが、このような者達には一切同調しない。国家としてのあり方、民族としてのあり方、集団としてのあり方を私は問題視しているのだ。現実に今の日本人には多くの大陸人、半島人が古来より渡ってきて日本人となっている。日本の民度は、これらの多くの渡来人(というより、日本人の祖先は全てどこからかの渡来人だ)が作り上げたのだ。
 
 さらに、民度のある部分はきわめて主観による判断が関係する。いくら日本が平和だ、健康だ、長生きすると言っても、外国人には、日本には個性がないとか、余りにきちんとしていて窮屈だとか、住みにくいと言う話もある。日本人が日本に住みやすいのは日本人だからであり、日本人としての価値観や行動様式を身につけているから、集団としての日本人の中で暮らしやすいと言うことだ。しかし、日本社会が余りにきちんとしていて、また集団社会であるために、一匹狼が受け入れられず行きにくいと言う面も確かにある。
 
 民度とは、このような面をも考えなければならない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。