FC2ブログ

黒川検事の件事追記

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


昨日の記事「黒川検事の件事」にたいし、あづまもぐら様からコメントを頂いた。確かに昨日の記事では私が書くべき事だったと思うので、追記という形で書いてみたい。まず、いただいたコメントはこちらのコメント欄にあるので、ご覧頂きたいが、要するに現在麻雀が大半賭け麻雀であり、それが一般に認められているなら、今回の黒川検事長の麻雀も別に取り立てて問題とすることではないはず。ただし、集近閉を避けるべき時にそれを破ったことは批判されても当然だということだ。(集近閉で三密を意味するが、どこぞの国家主席に居たような・・・)

あづまもぐら様のおっしゃる、賭け麻雀は実際には日常茶飯事に行われ慣習としてそれが賭博とは考えられないはずだとのこと。全くその通りで、現実に麻雀が行われる場合大半は金がかかっているはずだ。

したがって、黒川検事は引責辞任をする必要があるかどうかと言えば、社会常識としてはそんな必要は無い、と普通の日本人なら考えるだろう。麻雀をした経験があるなら、なおさらだ。

例えば日本では売春は犯罪行為であり、摘発され処罰の対象になるが、実際には多くの風俗店は売春であり、また援助交際もそうだろう。別にこれを合法化すべしとの意見が表立って出てくることはないが、現実には多くの場合不問に付されていることからそれをわざわざ取り上げる必要も無いとの意識が国民にあるからだ。これが良いとは言わないが、現実問題として不法と知りながら片目をつぶるのが現実だと言うことだ。法律では決まっているが事実上適用されていない例だ。他にもあるかもしれないが、意識する必要も無いので調べたことはない。

余談だが、競輪競馬パチンコなどは博打だが例外として法的に認められている。細かいことを言えば職場などであみだくじでおやつの金を集めるなども賭博だろう。どこに賭博とゲームの線引きをするかなど実際には当人達がどう考えるかの問題だ。競輪競馬パチンコは政府が管理できても麻雀やあみだくじは不可能だ。

観光立国を目指すとかでカジノの誘致を政府が持ちだしているが多くは地元民の反対で頓挫しているようだ。これも政府が監視できるから、税金でウハウハ,と言うことなのだろう。競輪競馬パチンコもその意味では良い税収源なのだろうが、麻雀など取り締まりのコストを考えれば黙認した方がましだ。ただ、法的な縛りは形だけでも残しておかなくては示しがつかないという所だろうか。

いずれにせよ多くの麻雀が実際は賭博だというのはその通りだが、それが摘発され刑事処罰の対象になった例は聞いたことが無い。つまり、国民の常識として認められていると言うことだ。あづまもぐら様のご指摘は全くその通りなのだが、私が問題にしたのは、黒川検事長がその国民の常識で責任を問われないはずだと言うことにならない点だ。

だからこそ、現実にこの件で森法務大臣は安倍総理に進退伺いを出し、慰留されているし、安倍総理自身定年制については無関係だが彼を任命した責任は自分に有ると言わざるを得なかった。社会常識として賭け麻雀は博打ではないとされても、それが表面化されてしまえばこの様な責任問題になる。そのような事態を招いたことが、彼の責任なのだ。むろん、道義的には習近平を無視した責任も大きい。

当然ながら野党も麻雀が実際は黙認されている賭博であることを理解していながらそれでも持ち出したのは、政府がそれに対し反論できないことを利用したからだ。慣習も国民感情もへったくれもない。今の野党にはとにかく政府をたたけるならその合理性も国民感情もどうでも良い。それがいきなり芸ノー人達から沸き起こったゴミツィッターだろうし、たたけるなら桜を見る会、モリカケなど何でも良い。

立民などは検事の定年延長はこの件で白紙にしろ、内閣は任命責任で法相は辞職しろ、アベガー(以下略)と言うことになる。それに対する世論は別に反安倍に動いているようには思えない。

今世間の関心事はあくまで武漢肺炎の収束であり、その点でおそらく来週月曜日にも全国での緊急事態宣言解除になる見通しだという日本の対策の成果だろう。それにより、初動のもたつきはともかく、安倍内閣が高い評価を受けるのは目に見えている。野党としてはとにかくたたけるなら何でも叩いて、自分では物を考えることの無いお花畑に訴えるのが目的なのだ。

もし本当に野党が黒川検事長賭け麻雀を問題としたいなら、麻雀公営化法案など提出してはどうか。麻雀は必ず国あるいは地方自治体の直営雀荘でのみ監視員の監視のもと麻雀をし、違反したら罰金禁固刑に科すべきとの法案を提出しそれが却下されたら政府を批判すれば良い。野党の支持率はぐんと上がるだろう。野党はそれを次の選挙戦の作戦とし自分たちのサイトなどでも大々的にアピールすることをお薦めしたい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)