FC2ブログ

武漢肺炎克服、安倍政権の功績?



最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


このところ、日本の武漢肺炎感染者が減っている。特に東京などは、目立って減っているのは嬉しいことだが、今感染者とされる人は、最大二週間ほど前に感染したまま無症状だったのかも知れず、ゴールデンウィークである程度人出の戻ったこの2,3日の感染者が出てくるのは最長二週間位の間だ。だから、今感染者が少ないと言って安心は出来ない。

ただ、前々から言われているのだが、日本は元々感染チェック数が少ないから感染者数が少ないだけだという者達対しては、現実に死者が桁違いに少ない事実をどう説明するのか、と問いたい。

今日なども国会では野党が全員をチェックしろと言うのがいる。まあ一億三千万人を全員チェックするにはどれくらいの時間がかかるかを計算して見ろと言ってもこう言うだけの物に理解は出来ない。さらに、一度チェックして感染していないとされた人がその後感染したらそんな事はあり得ないというのか。

感染チェックの精度もかなり低いことが分かってきている。感染者では無いとされた人が後から亡くなって、その後感染者だったことが分かったなども伝えられている。

とにかくやたらにチェックをして、片端から病院に入れたら医療体制がどうなるかは欧米が示しているではないか。

それなら、基準を定め、例えば発熱が続いている、嗅覚味覚が失われている、異常にだるいなどの症状が何日か続いたら、あるいは高齢者や持病を持っている人が異常を覚えたら直ぐに保健所を通じて検査を受けるように、そうでない人はとにかく閉じこもって様子を見るように、としている日本の対応は結果として世界でも際だった効果を上げている。

感染者発見もむろん必要だろうが最重要なのは死亡者を出さないことだろう。その意味で日本の対応は極めて優れてることが明らかではないのか。

朝鮮メディアの記事だが、どこかのお節介機関が世界の何千人かにアンケートを採り、日本政府の対応が一番不評だったそうだ。しかし、現在の結果を見れば日本の対応が一番優れていたというのは間違いが無い。むろん、台湾のような例はあるが最初の武漢肺炎の兆候があったときにいち早く国を閉鎖し厳重に管理したからだ。同時に世界に警告したがどこもまともに相手にしなかったし中国犬のWHOはパンデミックになぞならないと言っていた。フランスだったか、そのメディアによると習近平が犬WHOにパンデミックになるとはまだ言うな、と電話をしたそうだ。ただし、ネット上の噂話の域を出ないが、ただそれからの犬WHOの言動を見るとさもありなんとは思う。

それはさておき、確かに初動で安倍政権は大変な間違いをした。それは十分に糾弾されてしかるべきだが、では安倍政権を退けて誰が代わりを務めるかと言えば、それがない。全くない。

現状の、とにかくクラスターを徹底追跡し潰すやり方と感染力は強いが発症率、重症化率が低いことから、とにかく医療制度崩壊を防ぎ死亡者を少なくする今の日本のやり方が、嘗て日本を馬鹿にしていた欧米よりは百倍以上優れていることになる。

今回のような疾病の流行は近年無かったことだ。だから、どの国もその対応は初体験だった筈だ。それは日本も同様であり、当初の判断が間違ったことはともかくその後の対応が最善なのかどうかは誰にも分からない。が、他国と比べて最善と言えるのは事実だろう。なにしろ、最も避けるべき死亡者数が極端に少ないし、これはごまかしようがない数字なのだ。

中国の感染拡大が収まったとされるのを本当に信じている国など無いだろう。もしそれが本当だと世界が信じているなら中国経済がこんなに落ち込むわけがない。

ウリのことを世界がうらやんでいるニダ、という超汚染の死亡者は人口比率では日本の倍になっている。それでも世界では低い方なのだろうが、そのやり方をフランス辺りに人権無視と言われてファビョっている。まあ、フランスに人のことは言えないだろうが。

本来、感染者数や死亡者数、治癒率など別に世界ランキングで競争しているのでない。他国がどうであろうと、そして日本のことをどう考えようと馬鹿にしようと羨望しようと日本政府が最大に努力するべきは日本人の命を救うことだ。他国の評価などどうでも良い。自発的に日本の真似をするならそれで良いし、その為の協力を求められたら可能な範囲で協力すれば良い。別に自分から売り込むことではないだろう。

初動の遅れは返す返すも残念だが、現状の方策としては私は安倍政権を評価している。しかし、安倍政権よりも今の結果を出しているのは日本人の規律、協調性、公共精神、道徳観なのだ。それらが強制もされないのに自粛し、そして結果を出した。また大昔から日本人は世界でも際だって清潔だった。前にも書いているが当時世界の最先進国とされていたフランスでは窓から糞尿を道路にまき散らし、それを踏まないようにハイヒールが出来た、かぶらないように傘をいつも使っていた等とされていたとき、日本では毎日風呂に入るのが当たり前だった。

「日本人は生魚を喰う」と少し前まで野蛮人扱いされていたが、事実は、日本では江戸時代から生寿司を食べられるほど清潔だったのだ。外国では生のものを食べるのは病気になるから野蛮だとされていた時代だ。今でも生卵を食べられるのは日本だけであり、海外で日本の真似をすると下手をすればサルモネラ菌に冒される。水道水をそのまま飲めるのは世界でも限られている。

日本人が当たり前だと思っている町の景色が、外国からすれば驚嘆に値するほど綺麗なのだ。実際に海外の大都市に行ってみるとその汚さに日本人は驚嘆する。

つまり、今の武漢肺炎蔓延が防げ、終焉の兆しさえ見える日本のやり方はむろん安倍政権の航跡でもあろうが、最も大きな要因は日本人の国民性にある。安倍政権は日本人を信頼して対策を進めてきたのだ。

だから、諸外国が日本の真似をしても絶体に出来ないと断言できる。
スポンサーサイト



コメント

No title

たかおじさん今晩は。

<最も大きな要因は日本人の国民性にある>たぶんこれが上手くいきつつある一番の要因ですね。

安倍政権がではないと思います。どちらかというと政権は失態の方が大きいと思います。首相官邸HPにも春節前に早く入国規制をと意見投稿もしましたが、逆にウエルカム。あの対応の遅さがここまで感染拡大したきっかけだと思っていますし、いまだ支援対応もその傾向が続いていると思います。

Re: No title

> たかおじさん今晩は。

今晩は
>
> <最も大きな要因は日本人の国民性にある>たぶんこれが上手くいきつつある一番の要因ですね。

そうですね。だから欧米や超汚染が日本のやり方をまねても絶体に駄目でしょう。国民の資質が結果を作っているのですから。

> 安倍政権がではないと思います。どちらかというと政権は失態の方が大きいと思います。

それは色々な見方がありますが、確かに初動の遅れ、春節を控え中国人ウェルカムとやったのは取り返しのつかない失敗です。しかし、だからといって今安倍政権を退陣させても今の状況がうまく行くとは思えません。

さらに、どの国にとっても初めての事態です。結局どうすれば一番良いのかは、誰にも分からなかったはずですが、結果(まだ油断は出来ませんが現状までの結果)は日本が一番優れた状況を示しています。それはそれで評価しなければならなく、むろん、国民の資質によるものですが、その国民の資質を信じて国民にそうさせたのは安倍政権です。その意味で安倍政権のやり方はやはり優れています。

>首相官邸HPにも春節前に早く入国規制をと意見投稿もしましたが、逆にウエルカム。あの対応の遅さがここまで感染拡大したきっかけだと思っていますし、

それは間違いありませんね。私もそう考えますが、私が評価しているのはあくまで他国に比べての現在までの結果です。

>いまだ支援対応もその傾向が続いていると思います。

それについては明らかになっている事が少ないのでなんとも言えません。ただ、他国でも収まらなければ、仮に日本が収まっても外国人の来日は許可できません。その為に支援すると言うのもあるでしょうね。超汚染は永久に訪日禁止で良いと思いますが。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)