FC2ブログ

文明と言語


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


今年から日本では小学三年生で英語教育を正式にスタートする。それにつき、様々なメリットがあると文科省は言っているがなにより子供の頃から英語を学べば外国人に対する警戒感が無くなり意思疎通がスムースになるそうだ。

むろん、なにより英語をより自然にネイティブに近く話せるようになるのは事実だ。が、そのような必要があるとも思えないし、最も言語能力を高めなければならないとき母国語である日本語教育をもっと充実させるのが先であり、英語は必要な人間が母国語を完全に身につけたときにそれを基として学べば日本人として、日本人の思考で外国人との意思の疎通が出来るはずだ。それも別に全ての人間がそうする必要など無く、必要な人間が必要になったときに学べば良い。必要なら十分に身につけることが出来るし、必要も無いのに学んでもほとんど身に付かない。

まして、現代ではポケットに入る通訳機もあるしスマホにアプリを入れればそれでも十分に意思疎通は出来るし、今後ますますこの分野の技術は発展するだろう。

つまり、普通の日本人にとって英語も、いかなる外国語も日常生活では必要が無い。日本人が英語を学ぶのは無駄なのだ。幼児期から学ぶことは母国語の習熟を阻害する。日本人は日本語だけで極めて短期間に優れた科学技術、文化、芸術を作り上げてきた。これも日本語にそれだけの能力があるかであり、それを更に充実させる教育をすべきでは無いのか。

近年、特に若い世代での日本語能力が大きな問題になっている。国際的にも読解力の日本人に於ける低下は極めて著しい。それを英語云々と言う前になんとかすべきではないのか。英語は必要な人間が必要になってから学んで十分なのだ。

上記については私は何度か書いているし、そして日本語の能力も書いている。

人間は言語で思考する。言語が未熟であれば思考も未熟でしかなく,途上国が先進国の言語を公用語、教育用言語にすることが多いのはむろん強制的に植民地化で変えられたこともあるが、未熟な言語では科学技術を発展させられない為だ。

日本語は日常のボキャブラリーが凡そ三万、欧米の言語が七,八千。一人称一つとっても日本には数十以上あり、一言でその場の状況、心理、人間同士の関係などが表現できる。その語彙を表現するために表意文字と表音文字の組み合わせで文字を作っている。つまり、この様な膨大な語彙で物を考えることが日本人の日常なのであり、先に書いたように日本が人類史の中ではそれこそ開国からあっという間に世界の最先端国家になった。資源も無く土地も狭い日本で、アジアの大国清と戦って勝ち、世界の軍事大国ロシアと戦って勝ち、世界の最強国家米国と四年近く戦って負けはしたが、敗戦後またあっという間に戦前を凌ぐ資産を有する国家になった。単に運が良いだけではない。日本人の世界では例を見ない複雑な言語で思考することが最大の理由ではないのか。

確かに欧米の言語は途上国の言語よりも完成し複雑でそれなりに高度な思考が出来るだろう。が、日本語のレベルには到底及ばない。日本が世界では想像を絶した進化をしていることは、未だ理解されてはいないだろうが、それでも数々の自然災害を克服してきた経験は他国には無い。さらにこれも何度も書いているが、日本がほぼ単独で世界トップレベルの宇宙開発技術を発展させ、電子技術で世界のトップにあり、そのた様々なレベルで日本は圧倒的な実力を持っている。それらが単に運が良かったからで割り切れる物ではない。

日本人がホモ・サピエンスとして特別優れているわけではないだろう。あくまで同じヒト化ヒトとして欧米人ともアフリカ人とも同じであり、独特の環境で育ったかに因り日本人として存在しているのだ。日本人として存在した大きな理由がその思考方法であり、つまり言語と言うことになる

今回のコロナ肺炎流行でも明らかだが、欧米は最盛期を過ぎ既に衰退期に入っている。彼等がそれを自覚することは無いだろうし、その理由も理解しないだろう。が、今実際に我々が見聞きしている事実、すなわち極めて短期間に、日本が資源も無く土地も無いのに世界トップの成功を収めている事実がある。その成功の基準を欧米基準でみれば無論彼等にそれを理解することはあり得ない。が、それでも社会の成熟度、を客観的に比べれば日本が欧米を圧倒して発展している事実が分かるはずだ。仮に欧米がそれに気づいたとしても、それこそ途上国が教育言語や公用語を欧米言語にしたように自分たちの言語を日本語にでもしない限り日本に追いつく手段は無い。

しかし、考えられる未来にその可能性は無いし、そして万が一そうなっても日本との差が開きすぎてどうしようもないというのが事実だと私は思う。

ただし、当然だが私は日本が完全無欠などと言うわけではない。完全無欠になるなど,人間の作る社会ではあり得ない。その日本で子供のうちから、幼児の頃から英語を本人の要不要など無視して押しつけるなど馬鹿の極みだ。今もNHKの番組で、幼児教育に英語を取り入れれば英語に堪能になる、良かったですね等と馬鹿なことを言っている.それによって失うものがあると考えないのだろうか。思いつかないのだろうか。多分英語頭なのだろう。

英語が必要ならそうなったときに学べば良い。しかし急速に通訳アプリや機械が発達してくればそれも要らなくなる。あとは、あくまで自分の趣味、自分の思いとして外国人との意思の疎通をしたければ学べば良い。学ぶなと言っているのではない。日本語を破壊するなと言っているのだ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)