FC2ブログ

コロナウィルス生物兵器説


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


以前も、このウィルスが生物兵器では無いかとの噂があることを書いた。それについてはあくまで噂であり、この様なときに流布する悪質デマと考えるべきだと思うし、また根拠も示されていないと書いた。が、同時に、私自身がそれを否定する根拠を持っているわけではなく、結局事実が表れることは無いだろうとも書いた。

しかし、この様な話は根強く続いており、新しい”根拠”等も次々に挙げられてくる。

例えば、

新型コロナの正体、やはり“人工的”ウイルスか

と言うのがあり、その中では

 ”中国当局「荒唐無稽で無知だ」と否定も…米専門家激白 分子にある4つの違いは自然に起きるものではない”等と言っている。

等と言っている。 無論、私自身これをそのまま信じているわけではないし、この専門家の言葉の成否を判断できるだけの知識があるわけでは無い。しかし、中国の武漢が発生地であり、その武漢には中国唯一の生物兵器の開発機関があるというのだ。そもそも、ここに生物兵器の開発機関があると言うのが本当かどうかも分からない。しかし、事態が深刻になったとき、革命軍の生物兵器の専門家がここに派遣された等とも伝えられている。が、この専門家派遣云々が本当かどうかも確認しようが無い。

ただ、明かなのは、中国がこの感染が拡大し始めた頃隠蔽していたことが世界に感染を広げた最大原因でありながら未だ中国はその責任を認めていない。それどころか自分たちが感染拡大を押さえ込んだなどと犬WHOなどを使って自画自賛しているその姿勢を見ていると、生物兵器云々もあり得るだろう、中国なら当たり前に嘘をつくのはわかり切ったことだから、生物兵器も十分事実でありうるだろうとは思う。しかし、中国は無論、日米なども仮に真実を知っていたところでそれを公表するはずは無い。

しかし、それだけならともかく、中国は次のようなことを言い出した。つまり、今回のウィルスは米軍が中国に持ち込んだ物だと言うのだ。

China government spokesman says U.S. army might have brought virus to China

しかし、これはいくら何でも中国の責任逃れというかでまかせだ。もし米国が何らかの意思で中国に持ち込んだのなら、生物兵器としては全く未完成な物を持ち込んだことになる。兵器とは全てそうだが攻撃対象にダメージを与えるのが目的であり、自分たちはそれを完全にコントロールできるから使えるのだ。生物兵器が仮に実用化されたとすれば自分たちは感染しない、あるいは感染しても完全に治療が出来ることを前提として使われるのであり、実際にはそのような例は無い。

生物兵器は過去にも世界各国で研究されている。記憶に新しいところでは、例のオームがテロに使う為にボツリヌス菌、炭疽菌などを培養したが、結局実用化できなかったなどがある。

米国が実用化したなら今米国で感染が急拡大するなどあり得ないだろう。

では中国が開発した生物兵器でもないだろう、というのは当たらない。完成もしない物が研究所から外に漏れたとなれば必死に隠そうとし専門家を送り込んだ(これが本当なら)理由も分かる。

ところで、これと関係があるかどうか

軍事転用可能な噴霧乾燥装置を中国へ不正輸出か 警視庁、会社幹部ら逮捕へ

と言う記事があった。このタイミングで、と思わずにはいられないが、中国や北朝鮮が日本にダミー会社をつくって色々な物を直接あるいは第三国経由で送らせているのは紛れもない事実だ。それなら生物兵器説も全くのデマとも言い切れないというわけだ。

ただし、私は生物兵器説を事実として居るのでは無い。正式な報道など絶体にされるわけが無いし、生物兵器自体は世界中で研究されていたのだ。今は毒ガスなどと同様国際的に兵器として使わないように決められているが、むろん全くそんな物は無意味だ。核兵器の存在が認められている時代に、いざとなったら何でも使うのが兵器だし戦争だ。

特に相手が中国となれば、嘘でしか存在できない国のこと、中国が認めるわけが無い。今もコロナ肺炎患者数が正式発表では十万にも届いていないが、実際はその十倍は存在し、多くの患者が唯隔離され死ぬに任され死体はそのまま埋められているなどとの推測さえ有る。いや、かつての高速鉄道事故の時のことを思えば中国としては当然の話だろうとはおもう。中国に言わせれば、改革開放でも天安門でも中国人は全く死者がいないことになっているし、南京では数十万の市民が日本兵に殺されたことになっているのだから。


スポンサーサイト



コメント

No title

<世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は13日にジュネーブで行った記者会見で、新型コロナウイルスへの日本の対応について「安倍(晋三)首相の主導の下での政府挙げての対策」が、感染の抑制に決定的な役割を果たしていると称賛した。
さらに、日本が今週、WHOの同ウイルス対策に1億5500万ドル(約166億円)の資金拠出をしたとして、謝意を表明した。また、中国と韓国、シンガポールについては「積極的な検査、接触者の捕捉」が感染拡大を防げることを示したと評価した。

たかおじさん今晩は。

中国の出鱈目やWHOのテドロス事務局長の中国擁護の姿勢が世界中に新型コロナウイルスによる肺炎感染拡大を招いた事は事実であり、各国とももっと中国やWHOを糾弾するべきと思います。

我が国も政府の対応が後手後手に回ったことも事実であり、今は抑え込むことが急務ですが、終息後は必ず政府、与党にその責任を取らせることが絶対に必要。

さて我が国の外交?は相変わらずの音痴ブリで3流4流といわれても仕方がありませんね。
中国の犬に支援をするくらいならば我が国の経済活動やマスク等衛生用品調達の為にその血税を使うべき。
安倍さんは我が国の血税を他国に大盤振る舞いするのがお好きなようで。(怒)しかしその結果としての成果は得られていないようです。いずれしっかりと責任を取ってもらいましょう。!(怒) 

Re: No title


> たかおじさん今晩は。

今晩は。
>
> 中国の出鱈目やWHOのテドロス事務局長の中国擁護の姿勢が

それはもう世界中で分かっていることですが、この様にしたのも今の国連を作った連合国ですよ。
>
> 終息後は必ず政府、与党にその責任を取らせることが絶対に必要。

そうなのですが、具体的にどう採らせるかです。責任を取って辞めろというのは簡単でも、では誰に代わりをやらせるかとなると、誰もいないと思います。つまり、責任を取らせるとは、最後まで後始末をし、二度とこのような事にならない体制を作れ、国民にその必要性を知らしめろと言うことしかありません。最終的に責任を取るのは政府を選んだ国民ですから。
>
> さて我が国の外交?は相変わらずの音痴ブリで3流4流といわれても仕方がありませんね。

とはいえ、従来からすればかなり進歩はしています。外交力とは結局力です。力の背景が無ければどんなに優れた発言をしても無視されます。日本にはその力が単独では無く、結局米国のバックアップがあるからある程度の存在感があると言うことです。つまり、日本の外交力とはその米国のバックアップをどの様に使うかです。今回中国を締出しできなかったのは、明らかに米国の思惑です。これについては過去にも書いているし、今後も書いて行くつもりですが、結局日本に力が無いのも、国民がそれを政府に認めないからです。国家は国民が作る、それを抜きにして政府に責任を求めても政府が無力化するだけです。

> 中国の犬に支援をするくらいならば我が国の経済活動やマスク等衛生用品調達の為にその血税を使うべき。

それはそうですね。

> 安倍さんは我が国の血税を他国に大盤振る舞いするのがお好きなようで。(怒)しかしその結果としての成果は得られていないようです。

これについては、全てが表に出てくるはずが無く、果たしてどの様な結論がいつ出るのかは分かりません。

>いずれしっかりと責任を取ってもらいましょう。!(怒)

その為には、国民が意識を変えなくてはなりません。国民の意識が変わらずに政府に変われと言っても全く無駄だし理不尽です。今までの日本の変化政府の変化は全て国民の意識の変化に基づいていますよ。

欧米の没落が思ったより激しいようです。彼等国民の質の故ですよ。前のように豊かな生活が出来なくなったから本来の質に合わせた政府しか作れなくなっているためです。米国は実際はひどいことになっていますしね。日本は真剣に米国との距離を取れるように考えなくては。 

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)