FC2ブログ

民度とは


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


私は頻繁に民度と言う言葉を使う。しかし、この言葉には明確な定義が無く、かなり漠然とした使い方をされているようだ。

例えば「民度(みんど)とは特定の地域に住む人々の平均的な知的水準、教育水準、文化水準、行動様式などの成熟度の程度を指すとされる。明確な定義はなく、曖昧につかわれている言葉である。」等のようにwikiでは記載されている。

因みに他国版のwikiではどうなのかチェックして見ようとした。そうしたら他言語ではwikiの記事自体が無かった。

しかし、例えばgoogle翻訳などで見ると、英語ではcultural level of peopleが主な訳だとなっている、これは人々の文化的なレベル、と言ったところか。一言なら、popularity 等と出てくるが人々に於ける知られ具合位の意味で、民度とは異なる。序でなので、フランス語でも調べてみたら同様の単語だった。つまり、民度という概念というか言葉が欧米には無いのだろう。考えてみたら、今までも欧米人と国家の質、国民の質などについて話したことがあるが、それについての考えは彼等にはあるが、いわゆる概念としての物は無いようだ。あくまで思い出してみればそうだ、と言うだけのことだが。序でだが、中国語には、この言葉があるそうだが、wikiによれば、日本語からの導入だそうだ。

さて、民度という言葉で連想するのは冒頭に書いた知的水準、教育水準、文化水準、行動様式なども含まれるだろうが、それ以上に人間としての目的に近づいている度合いとでも言えるのではないかと私は思う。教育水準、知的水準が高いに越したことはないがでは日本人の全てが他国の人よりも教育水準が高い知的水準が高いとは言い切れない。欧米の特にエリート階級はそれなりの水準を保っていると言える。文化水準は見かけだけでは到底分からない。欧米の街のゴミだらけの様子や人々の不潔さや肥満度などは(無論全ての人間がそうだと言うことでは決してない)日本人が行けば度肝を抜かれるレベルだが、それでも彼等は自分たちの文化が高いと思っている。行動様式はしばらく滞在してみればよく分かるが、これは価値観の相違だと言ってしまえばそれだけのことだ。ただ、サッカーなどのフーリガンや乱闘などを見聞きすれば一般人が全てそうだとは言わなくとも日本では見聞きしないことから元々の感覚が違うのだと言うことだ。

結局、これらの知的水準から行動様式等など全てで民度などとは到底言えないのだろうと思うのだが。

何というか、安心して生活が出来る社会、例えばよく言われるが喫茶店などで貴重品を自分の椅子やテーブルに置きっぱなしにしてトイレなどに行くのが日本では普通に見られる、女性が夜中に一人で歩ける、鍵をかけずに外出する人は結構居る、無人の販売所が田舎にはある、なにより自動販売機が壊されもせずに無数に夜中もそのままになっている、落とした財布が大体戻ってくる、電車で皆が並んでいて降りる人が降りてから順番に乗り込む、まだまだ沢山有るが、日本人はそれを特別なことだと思っていない。店の商品が道路にまで並べられているのは通行の邪魔だと思う位で、それを買う人が商品を持って店内に行きレジで会計をする、何が不思議だと思うのは実は日本人だけなのだ。小学生が電車に一人で乗って通学している。当たり前の光景で誰も気にしない。欧米に行って同じ年頃の子供が一人で家から離れた市中を歩いているのを観たことがないことも日本人は気がついていないのだろう。が、気をつけてみれば子供の一人歩きは無い。田舎で見たことはあるし、パリの真夜中老婆が一人で歩いているのを見て珍しいと思ったことがあるが、考えてみれば私は一人で真夜中歩いてホテルに帰る途中だった。

民度とはこういうことではないのか。先進国と自認する欧米でもこんなことは無い。女性の一人歩きが誰も不思議に思わず、子供が一人で電車通学をしていても偉い子だと思う位のことが世界ではほぼ常識外れなのだ。

これが民度ではないのか。日本人は本当に知らないし、外国に行っても気がつかない。考えたことも考える必要も無い生活をしていればそうなるのだろう。以前も書いたが、日本で子供を育てた外国人が子供を連れて母国に帰るのが本当に不安だと言っていた。今なら彼の気持ちはよく分かる。だが、理由を聞かなければ普通の日本人は自分の国に帰るのは良いですね等と言っている。

日本人が日本のこと、日本人のことを世界で一番知らないと思うのはこういうことだからだろう。もちろん、日本にも本当に嫌になるほど問題は多い。また日本を褒める外国人もでは日本のようにするかと言えばそうとは限らない。言いたいことも言えない社会など息が詰まるというのだ。外国人から見て日本人が穏やかに暮らせるのは素晴らしいがきっと我慢を強いられているのではないか、と考えている節がある。日本人も確かに我慢をしている面は多々ある。が、それが今の日本を作っているならそれはそれで良いと思うのだが、外国人はまっぴらごめんだという。

日本に生まれ日本社会の中で育ってきた日本人にとって、外国の生活と日本の生活を比べて見ろと言っても無理だし無意味だ。ただ、日本という国の民度は世界でも想像を絶するほど高いとは、外国人もそしてそれ以上に日本人も知らないのだろうと私は思う。超汚染などを見ていると、つくづくそう思う。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)