FC2ブログ

それにしても超汚染


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


私が超汚染と書く場合は、韓国という国の実態を表記するためであり、超汚染人と書く場合も概念の超汚染人のこと。韓国人とかく場合は一般の意味であり、無論まともな人間も居る。しかし、まともな人間が主導力を持てないとは、彼等の国がそのような国だからと言うことになる。

むろん、馬鹿な人間、理論を持てない人間、根拠や証拠も無しに言われたことを信ずる人間は世界中に居るし、日本にも居る。が、日本やほとんどの国ではそのような者達が国家の主導権を取ることはない。ただし、絶体にそうだとも言えない事も事実であり、嘗て日本は悪夢政権の時代があった。幸いにも悪夢政権は直ちに引きずり下ろされたが、今後そのようなことがないとは残念ながら無い。

嘗て、日本は二大政党と言われた自民と社会党が張り合っていたし、一時は両党が連立して内閣を作った。その時点で社会党のメッキが剥がれ、政権の位置にかじりつくために党の大綱を捨てた社会党はあっという間に凋落し、今は事実上消滅している。

つまり、日本には悪夢政権や社会党を引きずり下ろせるだけの民意がまだあると言うことだ。ただし、今安定しているかに見える自民政権でも、党内に未だに超汚染を大切な隣国と戯言を言う者達が居るし、それどころか嘗て安倍内閣が2015年、日韓慰安婦合意を結び超汚染に謝罪し金まで払っている。むろん、これは当時の米国チキンオバマの圧力による物だったとは言え(別に私が証拠を持っているわけではなく、邪推しているだけである)このような事をやっている。それが、超汚染を今のようにつけあがらせたのだが、幸いというか、その安倍政権も以前に比べて超汚染に対しそれなりのまともな相手が出来るようになってきたかに見える。

トランプに安倍総理が教えているかどうかは知らないが、超汚染を対中国の防波堤にするのは間違っている。裏切り者を信じるのは敵を信じるよりも危険だと言うことをトランプが学んだとしたらそれなりに喜ばしい。まあ、トランプだけれど。

米国の変化もあったろうが、日本人の対超汚染意識が大きく変わってきたのなら何よりだ。政府が何を考えても、国民が支持しなければ何も出来ない。また、それが当然であり、国民が望まないことを政府が決めてしまうようではその国は中国並みの列島国家と言うことになる。

したがって、日本の最近の超汚染切り捨ての雰囲気も国民感情の反映と言うことになる。不思議なのは、いや、超汚染だから当然なのだろうが、日本人の対超汚染意識が明らかに変わって、今までのように難癖を付ければ日本が謝り金を出す状況ではなくなったのに、それが理解できないことだ。というより、日本人の意識が変わるなど想像も出来ないということなのだろう。

折からコロナウィルス肺炎感染者数が超汚染で当然ながら爆発的に増えている現状から、日本は超汚染からの訪日を制限した。本当は完全拒否すれば良いのだが、かなりそれでも甘い処置だ。それに対し超汚染が激怒し、直ちに日本人の訪韓を禁止し、日本大使を呼びつけ怒鳴りつけてあの通訳上がりの無能外務大臣がふんぞり返り大使が90度の礼をしている写真を公表している。彼等が意図的に公表しなければ出るはずの無い写真であり、いかに自分たちがイルボンを叱りつけているか偉いのかを示したわけだ。

むろん、この写真が更なる嫌超汚染意識を日本人に植え付けたかは普通に分かるだろうし、そうなれば日本人が政府に対し更に超汚染を締め付けろと発破をかけるだろう。邪推だが、この写真も日本政府がそのようにさせたと思えるほどだ。

日本が超汚染から距離を取れば、今世界中の株価も通貨も暴落しているとき、日本円だけが上昇しているその状況で、超汚染経済がどうなるかは目に見えているだろう。こんな場合支那は日本にすり寄る。日本もその魂胆を知りながらそれなりに扱う。

が、超汚染は自ら自分の首を絞めることでしか政府が成り立たなくなっている。つまり超汚染人がそのような政府を作っていると言うことであり、現実に彼等には国家を形成し運営する能力が無い。千年以上も昔から無い。

ここで分かるのは、国家が形ばかり出来ていようが、国民が変わらなければ国家も変わらないと言うことだ。それを超汚染は間近に見せているわけだ。

今欧米が事実上衰退の一途をたどっている。百年二百年前に比べれば進歩はしているが、国際社会の進歩からすれば相対的に遅れているという意味だ。それに比べれば、途上国の方が相対的に進歩しているとさえ思える。

欧米が衰退しているその理由も実例も既に何度もこのブログに書いてきたから繰り返さないが、技術進化の故に国家が見かけ上進歩するのは当たり前だ。自国では何一つ工業製品を作り出せない国でも、地下資源を売れば皆がスマホを持てるようになる。見かけ上先進国のように見える。

超汚染の場合も、見かけ上どうであろうとゴキブリ集団から進化している訳ではないということだ。所詮、ゴキブリに国家は作ることが出来ない。近年、それが、そして国家の進歩の度合いの違いがまた明確になってきたと思えて仕方が無い。その縮小版が、日本国内で嘗て二大勢力の一方だった社会党が消滅し、有象無象野党が群がって自民の足元に及ばず、嘗て革新を唱えていた狂散頭が地域福祉でしか存在感が無くなっているなどの変化が起きていると思うのだが。自民にも嫌と言うほど欠点はある。が、日本人がそのような政権を今望んでいると言うことなのだろう。











スポンサーサイト



コメント

No title

たかおじさん今晩は。

世界中が混乱しつつある今回の新型コロナウイルスによる肺炎感染拡大ですが、このままずるずると終息が遅れれば我が国の経済がかなり悪化し私達一般庶民の暮らしは成り立たなくなる可能性が高くなっていきます。

我が国の政治家や官僚には終息へ向けてあらゆる手段をとっていただくしかないし、我々庶民も我慢するべき事は協力するしかないと思います。
ただし終息後は何故危険性を知りながら春節前に入国規制を行わなかったのか等説明責任を果たさせながら、その責任は取ってもらうべきであると考えます。

間違っても「中国の統計やWHOの発表を前提に対策したので政府に責任は無い」等とうそぶかせてはなりません。普通に考えても当初は中国に忖度したか、中国人観光客による観光収入をあてにした経済成長の為だろうと、ちょっと考えただけでも推察できます。あくまでも推察ですが。その判断がかえって国内の経済に大打撃を与えたのは非常に残念だし、残念で済ませられないと思って居ます。

そのような事を思っていたところこのような安全保障上に非常によろしくないニュースが目に留まりました。中国や超汚鮮に忖度している場合ではありませんが我が国企業にはモラルは無いようですね。

過去に東芝が起こしたココム違反の事件を教訓として学んでいない我が国の企業って一体何だろうと思います。金さえ儲かれば自国の安全保障などどうでもいいのか。?戦後教育の間違い?がここにも表れて居ます。これだから我が国は常任理事国にもファイブアイズにも参加できないのだろうと思います。本当の意味での信用が無いのですから。
スイスの暗号通信機器会社が1960年代からCIA等に買収されファイブアイズ5か国やイスラエル?スイスそして日本と同じ敗戦国のドイツが他国の(日本を含む)暗号を解析してその情報を共有していたとの記事もあります。我が国は全くめでたい平和ボケ国ですね。

<生物兵器の製造に転用が可能な噴霧乾燥装置を中国に不正輸出した疑いが強まったとして、警視庁公安部が外為法違反容疑で横浜市都筑区の機械製造会社幹部ら数人を逮捕する方針を固めたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。

公安部は、これまでに同社を家宅捜索し、押収資料を分析。中国に持ち込まれた噴霧乾燥装置の最終到着地や用途など実態解明を進めてきた。
捜査関係者によると、輸出された噴霧乾燥装置「スプレードライヤ」は、経済産業省が外為法に基づいて定めた輸出貿易管理令のリスト規制の対象。しかし、幹部らは、性能を偽り、経産相の許可を得ずに輸出した疑いが持たれている。>


早急にスパイ防止法や外国資本による土地買収規制等やるべき事はいっぱいあるのにねぇ。・・・・・・

Re: No title

> たかおじさん今晩は。

今晩は。

> 世界中が混乱しつつある・・・・一般庶民の暮らしは成り立たなくなる可能性が高くなっていきます。

世界全体の経済状況が急速に悪化しています。我が国も例外では無いのですが、ただ相対的に日本円は上昇しています。つまり日本経済は今は世界で一番信頼されているのです。これは極めて大きいと思います。日本経済がこれで破綻することは無いでしょう。日本経済がこれで駄目になるようでは世界全体が破滅します。あくまで相対的なものですが。

厳しくなるのは当然ですが、ただ、日本が海外から輸入する資源は暴落状態です。円が高くなり、世界の製造業が不振になれば当然です。つまり、日本の経済状態が悪化しても円高が支えてくれる形です。

観光業は確かに駄目でしょうけれど、かつての自然災害を乗り越えてこられた日本がこのまま駄目になることは無いだろうし、相対的に他国に対し強くなるでしょうね。
>
> 我が国の政治家や官僚には終息へ向けてあらゆる手段をとっていただくしかないし、我々庶民も我慢するべき事は協力するしかないと思います。

コロナ肺炎の収束は政治ではどうにもならない自然災害に近いものです。ただ、初動がまずかったのは動かしがたい事実ですが、欧米は今になって患者数が激増し、相対的に日本の対処が優れていたのは否めません。なにしろ死者数が極めて少なく、更に人口比で考えると、ほとんどの西欧国家よりも極めて少ないのが事実です。まだ、これからも増えるでしょうけれど、欧米は今後悲惨になるし、そして中国にはもう欧米は経済的な効果を望めません。嫌でも日本に頼らざるを得なくなります。これは2,3年ではっきりすると思います。

> ただし終息後は何故危険性を知りながら春節前に入国規制を行わなかったのか等説明責任を果たさせながら、その責任は取ってもらうべきであると考えます。

それは当然ですね。ただし、責任を取って貰うとして、では今の内閣を辞めさせて替わりになる者が居るかというと残念ながら居ません。確かに自民の支持は下がっていますが、野党がその分上がっているわけでもありませんし、野党の無能ぶりも明らかになっています。

結局、安倍内閣に続投させ、後始末を安倍内閣にさせることで責任を取らせるしかないと思います。

責任を取るとは、経済の復活だけではなく、国際関係の再構築が重要です。今後世界は様々な要因で大混乱に陥ります。それに対処できる内閣でなければならず、今考えられるのは安倍内閣しか無いのが事実です。安倍内閣の失態は事実だけれど、代わりうる存在が無ければ選択肢は他にありません。
>
> 間違っても「中国の統計やWHOの発表を前提に対策したので政府に責任は無い」等とうそぶかせてはなりません。

さすがにそれは通用しないこと位は理解していると思いたいですね。
>
> 我が国企業にはモラルは無いようですね。

企業の存在理由は利益を上げることです。モラルは通用しないと考えておかなくてはならないと思います。これは世界共通ですよ。
>
> しかし、幹部らは、性能を偽り、経産相の許可を得ずに輸出した疑いが持たれている。>

これは明らかに犯罪なので、激しく罰するべきでしょうね。唯、日本には北朝鮮や中国に不正輸出する会社が沢山有ります。データ関連などにもありますね。米国がファーウェイを排除するのは理由があります。
>
>
> 早急にスパイ防止法や外国資本による土地買収規制等やるべき事はいっぱいあるのにねぇ。・・・・・・

結局日本人の関心はそこに無いということです。日本人がお花畑である事が最大の危険要素です。改憲してはならないとか、軍事力反対などとさえずっている連中が未だに多くの票を持っていますから。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)