FC2ブログ

まだ責任逃れか2


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ




手ぬるい日本の入国規制 新型肺炎、各国は「中国全土」 - 産経ニュース

本来、中国全土、及び中国に寄ってきたと思われる人間の入国を全て止めるべきだった。

政府、水際対策で異例の措置 入国拒否、厳格化要求も―新型肺炎

それも厚生労働省の馬鹿共が、法律的にそれが出来ないと言っていたのをやっと政府が押し切って厳格化することにしたらしい。二ヶ月遅すぎたがしないよりはましだし、そして他国の中国全土からの入国を許さないという規定にはまだ遠く及ばない。今日本で二次感染をしたのがほとんど中国人との接触があったと思われる。観光バスやタクシー運転手、バスガイドなどが最初の感染者になっている。結局厚生労働省の馬鹿役人は、法律を破って責任を執らされるのが(実際そのようなケースが多い)嫌だと言っている状況ではなかったはずだ。

ただし、今回の件でも多くの公務員の方々が懸命の努力をしていることは知っているし認めるし感謝もしている。私が言っているのは責任を執りたくない者達が責任の所在を云々し、現場で必要な判断をしていないと言うことなのだ。

中国からの観光客が激減したため、日本のGDPは試算で0.9%減少するそうだ。だが、この肺炎が日本に蔓延してしまえば、90%も減少するのではないのか。

WHO「悪いサイクル」 クルーズ船感染拡大、精神ケアなど日本に注文 新型肺炎

この中国犬WHOがどれほど感染の危機を拡大したか、その責任を日本になすりつけようとしているだけのことだろう。元々は、去年の十二月初旬にすでに中国では異常事態とされていたはずだ。しかし、中国はそれを隠蔽していた。未だに患者数が数万人、死者が二千人ほどと言っているが、そんな数字を信ずるほど、そして中国犬のWHOの言い分を責任逃れの根拠にしている役人共も、結局は最も悪しき日本の責任の所在の曖昧さの結果ではないのか。

本当なら、日本がおそらく情報を得ていたであろう武漢での感染が拡大し始めた時点で、中国がどう言おうと中国犬がどう吠えようと日本独自の対策を執るべきだった。なにしろ、中国以外で最も大きな被害を受けるのは日本だとわかり切っているのだから。

誰も責任を執らない、実は日本だけではない。たとえば今回のクルーズ船は英国船籍であり米国の会社の物であり、クルーズ自体は日本の子会社が行っている。たしかに日本にも相応の責任はあるだろうが、というより責任を執らなくてはならないだろうが、では英国や米国には責任がないのか。全てが日本の責任なのか。クルーズ船の乗客乗員の半分が日本人だが、後の半分は多数の国の人間達だし中には香港で乗船した人たちもいる。

むろん、その外国人達も災難だし同情するが、その国の政府は何をしているのか。中国犬は日本に上陸させろと言うが、それらの国々の政府が日本にチャーター機を飛ばして自国民を引き取るなど何故しないのか。日本が全てやらなくてはならないことなのか。他国からも日本のクルーズ船対策は信じがたい、第二の感染中心になっているなどの批判が相次いでいる。たしかに、日本のやり方にもまずいところはある。が、他国は、特に乗船客の国籍のある国々、船籍のある英国、会社のある米国は何をしているのか。言われっぱなしでいるのも日本のだらしなさだ。

その後今日になって次のような記事が出てきた。

米、クルーズ船乗客をチャーター機で退避へ - 産経ニュース

そもそも、米国では二千二百万人がインフルエンザに感染し、一万二千人が死亡している。今になってこれが唯のインフルエンザではなく新型コロナウィルス肺炎ではないかとの検査を始めるとのこと。今まで、新型コロナウィルス肺炎の検査をまともにしていなかったとのことだ。

それは基本的に他国も同じで、まともに検査をしているのは日本とシンガポールだけとの話もある。シンガポールは都市国家であり、規模も人口も日本と比較しても仕方が無いが。

中国犬WHOは日本に後始末をさせる気満々だ。例えば、中国武漢から自国民を引き上げさせたのは日本など限られた国だが、他の国はそれをしようとしても中国が拒否しているという。なぜWHOは中国に拒否しないことを要求しないのか。それどころかWHOは中国の処置を賞賛している。

日本が入港を拒否したクルーズ船をカンボジアが引き受け、乗客を下船させたが感染者はゼロとのこと。到底信じられないが。

ところで、今回の新型コロナウィルス肺炎につき、ネット上では様々な情報が飛び交っており、むろんそれをそのまま信ずるなど有ってはならない。こういうときにデマを振りまきあおる者達が必ず出てくるのだ。

例えば、あのウィルスは生物兵器だ、アジア人だけが罹患するように作られている、全世界の人口は半分になる、日本が狙われた作戦だ、などは別に正式な報道などない、また絶体に出てくるわけがない。更に、キムチを食べれば大丈夫だ、たかおじさんのブログを読めばこの病気にかからないなど、全く根拠のないデマにとりつかれないようにしたいものだ。福島原発事故で散々この手のデマがあったことを忘れてはならない。


スポンサーサイト



コメント

カンボジア下船客からも

感染者が出ましたよ。
最初に支那人の入国を拒否した北鮮でさえも感染者が出ていますから、当初にクルーズ船の入港と客の入国を止めなかった日本で、今の感染情況になるのは当然です。
台湾でさえ、中共の次に感染リスクの高いのは日本であると言い出しましたが、悪意からとは取れず、実際に私もそう思います。
中共からの観光収入減を危惧して入国を止めなかった為に他国の観光客減へも招くに至った訳で、悪い表現をするなら、馬鹿を絵に書いた様なものです。
ここに至ったからには、五輪の延期(3ヶ月程度)を決めるべきでしょう。選手はコンディションを五輪に絞って作って来る訳で、ドタキャンは日本の信用問題となります。また運営関係者への負荷も大きい点も云う迄もありません。
さっさと先手に転じるべきタイミングであり、五輪開催国として延期こそは責任ある態度です。
11月から2ヶ月も隠蔽していた中共政府が主犯ではありますが、それを理由にした処で、我が国の失策への言い訳にはなりません。巻き込まれたなら巻き込まれたなりの対応をすべきが出来なかった無能さを少しでも挽回すべく行動を今からでも取らねば、ずーっと馬鹿のままで終わります。


Re: カンボジア下船客からも

おはようございます。

> 感染者が出ましたよ。

確かに、十五日の報道で出ていますね。感染者がいないという前提で下船をさせたはずでしたが、カンボジアに検査能力がないのはわかり切っていたことでした。

> 最初に支那人の入国を拒否した北鮮でさえも感染者が出ていますから、

はい、当然のことで、軍が大変なことになっているし国家崩壊さえ噂されているようです。問題は多くの北鮮人が日本に押しかけてくることです。それでなくとも漁船が多く流れ着き死体が発見されているのに、日本政府はその対策を執っているのでしょうか。中国からだって場合によっては密航してきますし、今も解熱剤を飲んで入国時の検査をごまかし日本で治療をする中国人が大勢いますよ。日本で治療した方が確実に自国よりも良いですから。

> 台湾でさえ、中共の次に感染リスクの高いのは日本であると言い出しましたが、

いや、誰でもそう思うはずです、日本の政府以外は。

> 中共からの観光収入減を危惧して入国を止めなかった為に・・・馬鹿を絵に書いた様なものです。

未だにそんな事を言っている者が居ますよ。

> ここに至ったからには、五輪の延期(3ヶ月程度)を決めるべきでしょう。

私は一年程度と考えていましたが。というのは季節をずらせばそれでは出来ない選手などが国によっては出てくるなどがあるかと考えたし、サーズでも終焉に半年かかっています。年内は無理と思ったからです。いずれにせよ、日本の役人ならドタキャンもやむを得なかったとやりかねません。

> さっさと先手に転じるべきタイミングであり、五輪開催国として延期こそは責任ある態度です。

それでもIOCの意向ではキャンセルが無いと言っていた、言い訳するでしょうね。自分で決定すれば責任を問われますから。IOCは日本の責任だと言うに決まっています。


> 11月から2ヶ月も隠蔽していた中共政府が主犯ではありますが、それを理由にした処で、

中共が基本嘘つきであるという大前提さえ今に至っても理解していない事が分かりました。確かにあきれ果てていますが、それでも悪意政権でなかったことはまだましなのでしょうね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)