FC2ブログ

欧米目線


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


先に書いた、国連無価値論でも書いたが、国連を仕切っているのは事実上欧米文化圏の国々だ。しかし、国連だけではない、様々な国際的な機関が現実には欧米基準で動いている。まあこれは国連の成立自体が、戦勝国である西欧基準で作られた(中国も一応入っているが)からだが、本来国の数なら途上国が圧倒的に多い。しかし、発言権はほとんど無い。

また様々な国際比較が頻繁に発表される。国際的な好感度、人権、幸福度、自由度などなどだが、その調査をしたというほとんどが欧米の調査機関や企業だ。がいつも気になるのが全て欧米目線上から目線ということであり、近年日本は例外的に非西欧国家としては高い評価を受けることもある。が自由度、平等、政治制度などなどでは評価が低いケースが往々にしてある。一方犯罪発生率、道路の汚さ、国民の身勝手さなど自分たちに都合の悪いランキングは出さない。それをいちいち気にすることも無いが、あくまでその国の人間にとって住み易いか否かが重要なのであって、他国の評価などどうでも良いし、西欧基準など更にどうでも良い。

しかし、自分たちの基準で多の文化を判断評価するのは、彼らのいかんともしがたい性癖と思われる。実は、この様に自分たちの優越を無意識に持っている状況は、(無意識では無く、他をおとしめるための超汚染のようなケースもあるが)現実には自分たちが既に落ち目になっている焦りの裏返しと思える節がある。

いずれにせよ、未だ西欧、米、豪などが世界では先進地帯だというのは事実だろう。

最初に、なぜ欧米が世界のリーダー的存在になっているのかを考えてみると、ある意味それは当然だ。アジアアフリカ中南米超汚染などに比べ、なにしろ力が違う、科学技術力が違うからにつきるがでは何故そうなったかには様々な理由があるだろう。数百年前まで欧米はそれらの面でアジアアフリカなどにむしろ劣っていた。が、あの狭い地域で厳しい自然や地形から、土地や食料の奪い合いで互いに絶えず戦争をしていたことから、国民同士が団結する能力、その政治的仕組みを発展させ、また戦争の結果科学技術を発展させざるを得なかったということが後の欧米、正しくは西欧を後の征服者の地位に就けたと思う。

言い換えれば、嘗てあれほど高い文化を有していたアフリカ、中東、インド、中国辺りが停滞したのは、無論それなりに戦争も争いもあったろうが西欧のような狭い地域でひしめき合っていたのとは基本的に違い、争いを避けて他の地に移るなども出来たし、結局は西欧とは全く違う発展をした。そもそも、その発展の違いもせいぜい数百年であり、これは歴史の尺度で言えばほんの一瞬と言っても良い。むろん、人間の一生と比べれば長い時間だが、国家の歴史の時間単位で比べるときは本当にあっという間の短い時間で生じた差と言えるのではないか。今後同じ位の数百年でその差が縮まるか広がるかは分からないが、一番考えられるのは一番優れた、あるいは許容力のある文化に吸収されるなどだろうか。人種の混血も進んで行くだろうし、人は最も住みやすい場所に移るからアフリカやアジアから米国などに移住する人間が多いが、その逆は極めて少ない。中韓から日本に移り住んでくる人間は極めて多いが、その逆は極めて少ないなどを見れば、途上国から先進国に人が流れるのは人間の本能として当然だとよく分かるはずだ。また、先進国から技術が移転されて、それなりに科学技術は発展するだろうが、あくまで後追いに終わるか、先進国を抜くかといえば、それは分からない。かつては西欧がイスラム圏やインド、中国の科学技術を抜いた。日本は明らかに科学技術面では後追いだったが、それこそ瞬く間に追い抜き、それがWW2の原因になったとも言える。今の途上国がかつての西欧、日本の様に今の先進国をその面で抜けるかどうかはわからない。ニダー国がイルボンを抜いたニダ、と言うのはそもそもゴキブリが人間より繁殖力が強いのと同じ様な物、中国が全てパクりで技術を作り上げるのとは別のことだが。

いずれにせよ、あと百年か二百年で、今の途上国の多くが消えて無くなるか、今の先進国並みになるか今の先進国が落ちぶれるかは分からない。そもそも人類が存続しているかどうかも分からない。多分その頃は私も生きていないので確認は出来ない。

ところで最近youtubeなどでは来日した外国人が日本や日本人を褒め称えているという動画がやたらに増えてきた。この様な動画が多く閲覧されるからアクセス稼ぎに増えたのだろうが、むろん日本人対象の物が、ほとんどだ。当然、日本語の物がほとんどだ。

そこで、試しに日本語以外の動画がどうなっているかチェックしてみた。つまり、自国民向けの日本紹介動画を探してみたのだ。

Japon muy bien     スペイン語
Japan ganz wunderbar ドイツ語
Japonais tres bien    フランス語
Japan wonderful country 英語 
日本、太好了   中国語

他の単語も使ってみたが、例えば上記の単語を使ってみると、スペイン語、ドイツ語、フランス語の物は余り見当たらなかった。むろん、有ったとしても私の語学力では英語以外は多分こんなことを言っているのだろう位の見当を付けるだけだが。で、別に他国人は日本について日本人が自画自賛しているような賞賛などしていないと納得した。

動画だけではなく、外国語の新聞などもチェックしてみたが、私が見た限りでは、日本についての記事はよほど大事でもない限り出て来ない。日本の新聞がやたらに外国のことを記事にするのとは対照的だ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)