FC2ブログ

なぜ日本政府は及び腰か


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



度重なる超汚染の対日侮辱に対し外相も政府のスポークスマンである管官房長官なども甚だ遺憾だと言っているが、現実にそんな事を超汚染に言っても無駄だろう。ゴキブリに、出てくるのは甚だ遺憾と言う人は居ないはずだ、とにかくゴキジェットを吹きかける。

以前にもオリンピックを侮辱する超汚染に厳重抗議すべし、と自民内で決議しようとしたものの、両国関係に悪影響があるとの慎重論で未だに未決になっているなどが度々ある。

自民、旭日旗で対韓決議を検討 日韓関係配慮で保留に - 産経ニュース

超汚染は日本を侮辱する事が出来る自分たちは日本より偉いと言っているわけだ。朝鮮社会はとにかく上下関係が全てで、初対面でも必ず相手と自分との上下関係を確認する。相手が自分の恫喝に対し抗議をしなければ相手が自分よりも下に存在することを自ら認めたのだから、あとは一方的に命令すれば済む。

両班が白丁にしていたことはそれであり、また超汚染ではレイプが異常に多いが、それは女は男の言いなりにするのが当たり前という意識による。中国に対する属国意識が今でも国家意識にあることは、嘗て中国に奴隷扱いされながら未だに同じ卑屈さで中国に跪き、中国は米国にはへいこらし、日本にはすり寄ってきても超汚染には絶体に歩み寄りはしないし、対等にも扱わない。中国は超汚染の本質をしり、扱い方を知っているのだ。

その超汚染が日本を必死になって侮辱するのはそうやって自分たちが日本よりも上の存在だと思い込んでいるからだ。この様な超汚染に、遺憾だと言っても何の意味も無い。

話し合いなども無駄であり、結局は中国のやり方に準じた事しかやれないだろう。中国が正しいと言うのではない。超汚染とはそのような対象なのだ。

しかし、実際に中国のやるとおりに真似をすることはない。そんな事をすれば日本が中国並みに落ちてしまう。ただ、遺憾だというだけではいかんだろうと言うことだ。

超汚染に対しては、嘘をつくな、日本を侮辱するなら制裁を科すと通告し、同時に国際社会に対し根拠を挙げ超汚染の戯言が単に反日のための反日である旨を説明し、超汚染に対しては経済制裁、人的交流の制限、出来ればビザの復活などすべきことは沢山有る。また日本の反日マスコミの偏向報道に対しては、法的な手段も執れるのではないか。

但し、国際社会、国内双方とも根拠を挙げて説明すれば理解を得られるわけではない。とにかく声の大きな方の言い分が通るのだ。そして理論よりも印象操作がお花畑には効く。パヨクが子供をデモに使い、アベ反対プラカードなどを持たせているのもその為だし、スェーデンのぐれた少女も親が誰に彼女を売ったかも既に明らかだろう。いたいけな子供が心を痛めているとのイメージでしかない。

結局イメージでしか理解できないお花畑も票を持っているのだから、やはりイメージを使うべきだ。

人間誰しもそうだが、自分の仕事や家庭内、人間関係などではそれなりに理詰めで考えるだろうし、何かをするにも何かを受け入れるにしても、それが理に適っているか、自分にとって損か得か等を考えるだろう。あくまで、それなりつまり自分の思考能力に応じてという意味だが、そのような経験を積むことで判断能力がついて行く。経験とはそういうことだ。

が、自分の生活に直接関係の無いことにはそのような裏付けや損得を考えるなどしない。それは人間として全てにそんな事をしていたらまともに自分の本来の生活が出来なくなる。極論を言えば、一般人にとって地球が太陽の周りを回っていようが太陽が地球の周りを回っていようがどうでも良いことで、学校で習った地球の公転説は別に自分で確かめようなどとは思わない。

あくまで極論だが、実は政治も外交も文化もほとんどがそれだと言って良い。しかし、本当は政治や経済は自分の生活に密着しているはずなのだが、それを実感できないのは特に日本のような国では社会が安定し政治に特に不満が無い(無論多々あるが、途上国や欧米とはレベルが違う)生活では自分と政治の関係性など余り意識に昇らない。

そのような状況では、とにかくイメージで植え付けれらた事を無意識に事実として思い込んでしまう。日本人であれば日本の価値観で生活するがそれは無意識にそれが正しいと信じ込んでいるからだ。

イメージ操作とは極めて有効なのだ。朝鮮の反日イメージ操作が国際社会でそれなりに有効であるとき、日本がそのイメージ操作に理論だけで対応しようとしてもおそらく無駄だ。あくまで日本もイメージ操作で対応しなければならない。

その点、日本政府は極めて稚拙だとしか思えないのだが。








スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)