FC2ブログ

2020年1月14日の雑感


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



立民・社民 合併 

ゴミ+ゴミ=ゴミにしかならないと思うのだが、とにかく生き残りに必死で、それぞれの主張や政策などすりあわせているとは言うが、もともと自民を叩ければ良いだけの政策主張など、どうにでもなるだろう。国民もさすがに立民(前身の民主)に政権を任せた結果どうなったかを知っているし、前身が社会党の社民ももはやゴミの吹きだまりでしかないことを知っている。合併によってゴミがまとまってなくなるなら結構なことだ。

イラン米国対立 

イラン国民から絶対的な信頼を寄せられていたソレイマニ司令官の米国による殺害で、下手をすれば世界的な危機を迎えるかも知れないとの予想もあったが、ウクライナ航空機撃墜などがあったとしても(これもイランがミスを認め謝罪している)、どうやらエスカレートは無さそうだ。直前に安倍総理が両国の大統領と会談していたこともなにやら安倍総理が事前のストーリーで両国を説得していた等まことしやかに囁かれているが、真実は分からない。が、今回、イラン国民がかなり感情を高ぶらせているとは言え、これで暴発もなく済んだのだとしたら、意外だとも思える。

かつてイランは親米国家だったが、イスラム革命以後完全な宗教国家、反米国家になっていた。それが今回のような終了をむかえ、ウクライナ航空機撃墜の責任を取って、大統領や最高指導者ハメネイ師が辞任するという。宗教国家の宗教指導者が辞任するとはこれも意外だった。

うがった見方をすれば、イランの米国回帰が始まっていて、その為に邪魔になるソレイマニ司令官を米国、イランが共同で取り除いたなどの可能性も・・・とは私の妄想である。安倍総理がその筋書きを書いたとしたら・・・無論これも私の妄想である。



台湾選挙  

台湾の総選挙で、現政権の蔡英文氏がかつてなく大勝し、日本や米国、英国などが祝意を送っている。蔡英文氏は日米との絆を重要視し、中国との関係は節度を以て行うとの声明を出している。これらに対し、中国は日米英に対し、台湾は中国の一部であり、祝意を送るのはけしからんと文句を言っているが、ある意味日米欧の意図的な中国煽りと思えなくもない。米中は勿論、日中もとりあえずは上辺だけであり、さらに中国の失速が覆いきれないようになってきている今、台湾の現政府が更に支持を広げているのは、中国への十分なメッセージになる言うことだろうか。ところで、超汚染は、台湾に対し祝辞の一つも送っていない。まあ、送られたら台湾も不愉快だと思うが。

消費落ち込み 

去年の消費税増税以後、消費者の消費が落ち込んでいるそうだ。確かに増税の前後では消費が変わるのは仕方が無いが、そもそもそれを以て日本経済が危険になったと言えるのだろうか。日本のGDPは近年にはなく、上昇しているのだが。

超汚染 

超汚染の経済状況がどうしようもないほど落ち込んでいるし、若年層の失業率が大変な落ち込みをし、チキン屋も倒産が続いているとか。その中で現代造船が大量受注をしたと言っているが、確かに赤字受注でもしなければ経営が成り立たないならそうなるだろう。文在寅は韓国経済は堅実に伸びていると演説し、そして支持率もそれなりに高い。が国民は反日で気を紛らわせても腹は膨れないことにそろそろ気がつきそうな物なのだが。まあ、それはないだろう。ウリはイルボンを超えるニダと何十年も前から言い続けながら、目をつぶっていれば怖くないということだ。

自衛隊 

自衛隊が中東に派遣された。それについては今中東歴訪中の安倍総理がきちんと話を付けていて、概ね了承を得ている。むろん、米国の一員としてではなく日本独自のタンカー防衛の名目だが、確かに今は燃料の90%以上をあの海域を通って輸入している以上、それは単に名目だけではないだろう。イランも特に何も言っていないが、超汚染に対しては、もし覇権をしたら国交断絶だと言っている。イランばかりではなく、中東でも超汚染は信頼を大きく失っており、本当に原油輸入が不可能になりかねない。今までは日本が助けていたようだが、それもなくなるだろうし。




赤非新聞  

旭日旗を社旗にしている赤非が戯言を言っている。旭日旗をオリンピックで掲げると、不愉快な思いをする人たちがいるからやめろと言うことだ。自分たちの社旗を見て不愉快な思いをする人たちが沢山居るだろうが、それは無視するわけだ。当然赤非は、オリンピックを取材するときは、社旗を人目につかないようにして行うのだろう。そうでなければ、やはり嘘つき新聞社と言うことになる。今更のことではないが


対馬の仏像、韓国の寺に返還命令

超汚染人に理論など通用しないことは分かっているが、連中の司法(屍法)も連中にふさわしい物だ。それでなくとも徴用工でっち上げ問題や慰安婦問題で好きなだけやってきたのだから驚きもしないが、だからそれで良いというわけではない。

対馬の寺から盗まれた仏像を、俺たちの物だと主張する朝鮮の泥棒寺に渡せというのだ。まあ、国家自体が泥棒なのだから当然だと感心している場合では無い。日本政府はその泥棒に対し理屈では無く処罰を与えるべきではないのか。まあ、政府の中に超汚染の鼻薬を嗅がされているゴミもいるのだが。

スポンサーサイト



コメント

No title

たかおじさん今晩は。

仰る通りと私も思います。しかし残念ながら与党にも腐ったミカンは混ざっているので与党の自浄作用を望むのみです。

以下与党HPへの抗議の投稿です。

<統合型リゾート施設事業を巡る汚職事件で、自民党の岩屋毅前防衛相は14日、贈賄疑いがある中国企業側が提供した現金が原資になった可能性がある100万円の寄付について「状況をよく見て、必要があれば返す」と述べた。>

100万円の金を返せばそれで済むとでも岩屋氏は思っているならばとんでもない大間違い。そのような人物が我が国日本国の防衛を担う大臣をしていたとは怒りを通り越して呆れてしまう。
自民党の自浄作用を発揮していただきたい。岩屋氏のような議員は懲戒処分相当ではないか。政務調査費も何に使っているかわからんものな。議員辞職をして一から出直しされたら良い。恐らく落選だろうが。!(怒)

私個人としては秋元容疑者ともども政界からは追放したい人物の一人です。野党は尚更ですが。

Re: No title

> たかおじさん今晩は。

今晩は
>
> 与党の自浄作用を望むのみです。

その通りなのですが、自浄作用は無理でしょう。政治家になる目的の多くは金です。これが事実です。また金が動かないなら金のない国民が政治家になれないという現実があります。つまり、理想とは別に政治と金はつきものであり、ただ、その金の動きが個人の利益第一になるから問題なのですけれどね、それをたて分ける人間は政治家になりません。

今の政府の中心人物達はほとんどが元々資産家でありまた事実上世襲です。ただし、選挙の結果なので世襲とは言いませんが、家の金と人脈、係累が大きくものを言っています。(管官房長官などは違いますが)。建前とは別に事実は事実です。田中角栄が金で失敗したのも、彼が世襲ではなかったからです。また一説には、彼は罠にはめられたとも言われています。

秋元議員や岩屋議員はいずれも否定しています。今は容疑者と言うことで断定は出来ませんが、結局は検察の挙げた証拠が事実かどうかが裁判で確定してからの話でしょうね。私は彼らが無実だと言っているわけではなく、ただ政治がらみだと罠という事も大いにあると言うことです。

かつて甘利氏がTPPで成果を上げたにもかかわらず事実上失脚したのは罠にはめられたとの噂、あくまで噂、も有りますし。
>
> 私個人としては秋元容疑者ともども政界からは追放したい人物の一人です。野党は尚更ですが。

と言うことで、私には断定できません。

野党はゴミです。これは断定できます。

No title

私がなぜ岩屋氏はふさわしくないと考えて居るのかと申しますと、防衛大臣の時に首相官邸からも?韓国閣僚との会談(のようなものだったか)について「今はまだ会う状況ではない」と諫められたにも関わらず会い、笑顔で写真に納まりそれを利用されたときの彼の釈明が「笑顔は私のモットー」等わけのわからん釈明をしてからの事ですね。
それ以前にも彼はパチ献金等の話もありましたし。

その時の政治状況は「レーダー照射問題」で韓国側が嘘をついて我が国を貶め謝罪をせず、我が国が毅然とした対応を取らねばならない時のこと。

あれを見て私は岩屋という人物は閣僚、ましてや防衛大臣不適格と判断いたしましたので。尖閣や沖縄等中国が我が国固有の領土領海に対して野望をもって侵入し主権を犯している状況の中、民間企業とはいえ中国資本から献金を受けるような体たらくでは日本国民から批判を受けても仕方がないと思います。

Re: No title

> 私がなぜ岩屋氏はふさわしくないと考えて居るのかと申しますと、

はい、岩屋氏については嘗て防衛大臣だったときの言動は全くおっしゃるとおりで、大臣どころか代議士としてもふさわしいとは全く思いません。ですから、この点についてはあなたに同意です。

しかし、彼が有罪か無罪かはあくまで裁判の結果次第です。日本は法治国家です。尤も、司法といえど人間が判断しているわけですから間違いはあるでしょう。それを踏まえてやはり日本人は自国の司法判断を受け入れることを認めているから法治国家ということであり、朝鮮のように国民感情や国策で国内法での決定を日本に受け入れろという呆痴国家では有りません。

人間の判断にミスがありうることを理解した上での法治国家が駄目なら、北朝鮮のような独裁国家になるか、あとは神の言葉に絶体に従う宗教国家になるしかありません。朝鮮が反日教で司法を動かしているのと同じことです。

重ねて言いますが、岩屋氏を私は弁護しているのではありませんし、また彼を全く信用していません。しかし、裁判の結果が出るまで、有罪とは決めつけられないと言っているのです。

No title

<人間の判断にミスがありうることを理解した上での法治国家が駄目なら・・・しかし、裁判の結果が出るまで、有罪とは決めつけられないと言っているのです。>

たかおじさんこんにちは。

はい理解しております。その点については全く同感ですので誤解の無いようによろしくお願いいたします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)